本サイトの編集者はヒロシマ・ヒバクシャです。
 Image result for 広島電鉄本社ビルImage result for 広島電鉄社章Image result for 戦時中の広島電鉄本社車庫Image result for 広電本社ビル被爆時写真「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果Related imageImage result for 広島電鉄本社ビル
(画像説明(左から):左端は現在の電鉄本社ビル、2は同社社章、3、は当時の電車車庫、4は紙屋町交差点の電車、5はヨシダが廊下づたいにその右の2階建て所属事務所(電気課)に向かう途中に被爆して倒壊した建物。這い出たのがその最上段で顔面深い裂傷で血まみれ状態。5、6、7は現在の本社玄関前掲示板にある画像で、最右端の2階建てビルの一角が所属の電気課事務所でして、当時の課長さんは戦後に独立して会社社長になられました。ついでのことに電鉄の現在の「社章」は当時の塗装工さんが優勝して採用されたもの。ヨシダの上司は佳作の賞金をポ~んと僕らのクラスに下さいました。なお、「
吉田祐起少年時代の被爆関連画像&体験記をクリックすると上掲の拡大写真と説明文がご覧いただけます。 追って、下記一列右4枚の画像は被爆直後間もない頃の画像ですが、右端の電車残骸画像が悲惨な光景を想起させます。黒焦げ遺体が昇降ステップに這い出た光景です(合掌)。(2019.8.6.記)        
 Image result for 被爆時の紙屋町交差点航空写真 Image result for 紙屋町交差点今昔  Image result for 被爆時の紙屋町交差点Image result for 被爆時の紙屋町交差点  Related imageImage result for 被爆直後の紙屋町交差点 Related image
                                                        2020年 2月 1日(土) English
「喜寿過ぎ爺さん・ヨシダの独りごとサイト」って感じの気楽な内容に転じます。ヨシダがトライするボケ防止のための新型サイトって感じで受けとめてくだされば幸いです。念願の自分史編集への突破口にもなるとも自負します。題して「ヨシダ自分史:人生いろいろ いきいき ハツラツ わが人生は五毛作!総仕上げって按配にです。なお、下段7枚の写真左4枚は在日中、右3枚はフィリピンに移住してからのもの。その下3枚は居住するラグーナ・ベルエア・ヴィレジ(住宅団地)関連の写真です。・・・と、こんな調子のわが輩のウェブサイトは遊び心からです。

  「吉田祐起」の画像検索結果「吉田祐起」の画像検索結果「吉田祐起」の画像検索結果「吉田祐起」の画像検索結果 「吉田祐起」の画像検索結果
                
 Image result for Laguna BelAir1Image result for Laguna BelAir 1 main streetImage result for Laguna BelAir 1 main streetRelated image
 以下に列記するのは過去の本ウェブサイトのレイアウトで掲載した主要項目です・・・と仰々しく表現していた「吉田祐起執筆実績関連コラム」でしたが、本サイトにそれらをズラッと仰々しく掲載することは慎ましく避けて、リンクをクリックしてご覧いただける形に慎ましく(?)変更しました(苦笑)★執筆実績関連コラムがそれですが、満88歳の米寿を過ぎた編集者ヨシダの反省を含めたウェブサイト部分修正です。と、思い付いたようにコラム編集に転じたのは「吉田祐起少年時代の被爆関連画像&体験記(執筆中)」の執筆です。ヨシダが屡々ゲットするそれは「発想の動機」です。そのほか、1945年8月6日の広島市原子爆弾被爆関連写真集(特集)」、「1945年8月6日の広島市原子爆弾被爆関連写真集(特集)等々のリンクを本欄に常設して簡素化を推進します。本コラム末尾のお詫び:日本語版サイトでありながら、英語がやたらと出てきますが、これは英語版が本家みたいな形で編集したためのやむなき結果です。日本語版でその翻訳をする時間がないことをお詫びします。(2019年9月30日7:32記)
                                                         2020年 日本語版トップページ記録                       
                                       www.a-bombsurvivor.com/2020-japanese-toppage-record.html   
                                                2020 English top page record
                                        www.a-bombsurvivor.com/2020-english-toppage-record.html

                        2020年 2月 1日(土) English
                              編集者のダイアリー・コーナー


久々に100歳以上を生きたご人物の訃報記事にヒット。「No.95"Anne Cox Chambers, Media Heiress and Ex-Ambassador, Dies at 100"、"Anne Cox Chambers, Media Heiress and Ex-Ambassador, Dies at 100-The New York Times"、
"
Anne Cox Chambers, media heiress and former US ambassador, has died at 100-CNN"、"Anne Cox Chambers-Wikipedia"、"Annex  Cox Chambers-Images"、(The 12-2 -line-photo-file-attached/   . KB/  . KB/line)がそれですが、どうも編集上の具合が良くない感じで頭を抱えています・・・★本日は2PMから5PMまで配線工事のために停電です。火山Taalの噴火による火山灰除去のためだそうです★ところで、火山灰と言えば「廃物利用」でセメント・ブロック造りのニュースにヒットしたことがありますが、砂の代わりって按配でしょうが強度は・・・?(添付画像=6枚)(8:42)
  Image result for philippines Taal ash into concrete blocksImage result for philippines Taal ash into concrete blocksImage result for philippines Taal ash into concrete blocks
  Image result for philippines Taal ash into concrete blocksImage result for philippines Taal ash into concrete blocksImage result for philippines Taal ash into concrete blocks
英語版トップページの末尾に長文の This editor's hidden talent is the English recitation of 1. "Lord's Prayer2. "The Lion's Code of Ethics"  3. "Youth " 4.  "Lincoln's Gettysburg's Address"   5. "My Way " ってものを掲載しています。なんだか自画自賛的な印象を与えるかもしりませんが、ヨシダのホンネをこの際、表示します。ヨシダの日課のひとつにあるのが、毎朝5時半過ぎに車いすで野外にでてヨシダ流の車いす上における健康管理法を実践しているのですが、その一連の中に位置づけているのが表示した一連の英語の詩文朗誦にあります。具体的には「車いすに後ろ向きの膝立ち」をして密かに行うこれらの詩文の「無言の朗誦」です。具体的には後ろ向きのままで両手を左右のハンドル(介護人が握って移動するためのもの)に据えて行うことに結びつけてるのです。左右のハンドルにわが両腕を添えての「屈伸運動」(と言っても、本格的な深いものでなく、僅かに両腕を曲げる程度)のなかで密かに口にする前記6編の米語詩文です。周辺の人から見れる位置だけに、「独り言を呟いていると観られる」ことへの対策です(笑)★とりわけ、最後のくだりの、かのフランク・シナリオの言葉"I faced it all and I stood tall; And did it my way..."って感情!シナトラVSヨシダでは様にならない対象ですが、末尾のこの言葉に関する限り差異のない一節であると感じるからです。ヨシダって発想の転換やものごとの解釈等々に関する限り、独特の性格とか感受性を有し実践に結びつけています。8分間を要するこれら米詩文の朗誦ですが、「ヨシダ式軽い腕立て伏せ姿勢の維持実践」を8分間するに等しく、かつ、複合的な時間利用機会を与えてくれるものと受けとめています★・・・と、今朝のその運動をする中であることのヒントをゲットしました!吾輩の食生活の在り方へのヒント付けデス!その内容の詳細は省くとして、世話役のセニーさんにその場で注文!何と!なんと!ナント!一時期導入していた吾輩のブレンチ(一日一食の献立)への復帰を頼んだのです!・・・と、長くなるからその先はまたの機会にってところですが、発想、即実践!結果再確認!ってところで大喜び!って図式です★・・・と、やあ、新月2月に入っての第一声ならぬ、発想・実践第一号って図式で大喜びってのが今朝のヨシダのホンネです!(添付画像=4枚)(31日12:07)
   Image result for my wayImage result for my wayImage result for my way
日付表示はイギリス式よりアメリカ式のほうがニッポン式に近い感じですネ。これを機会に曖昧だったヨシダ英語表示を米語式に統一します(笑)★・・・と、吾輩のウェブサイト英語版"A Few Words of the Editor on This Day"をみるに、アメリカ式表示でした!良かった、よかった、ヨカッタ!がニッポン人ヨシダの気分デス(笑)★と、ヨシダ独自のキーワード「感謝、かんしゃ、カンシャ!」もそういった意味ではカッコいい文字表現ではあるでしょう(笑)。(添付画像=3枚)(11:07)
 Image result for 2月1日は何の日英語Image result for february 1, 2020Image result for date english way
昨月末に掲げた最終ページコラム最終版編集概念を2月の初日本欄に再度掲載します。自身のウェブサイト編集が吾輩の人生の終末に至るまでの終生仕事であるだけに、貴重なわが人生概念として本欄に再現します。このままスクロール・ダウンすればご覧いただけるコラムですが、実にイイ最終コラムになったし、思い付くままに「加筆」も可能なものになったことを殊のほか喜んでいます★88歳喜寿過ぎのヨシダが現在にして痛感、体感することは、「あっという間の正月だった」では全くあり得ないということです。あれもやった、これもやった・・・でして、ヨシダの場合は手作り編集のこの「日英語版ウェブサイト編集」のひと言に尽きます。車いす生活ゆえに高齢引退者に多い「盆栽づくり」ってものには全く無縁、というより不可能!★でも、「天は自らを助くる者を助く」を体感中です。財を遺すは下 事業を遺すは中 人を遺すは上  されど 財をなさずんば・・・ がそれですが、わが人生の締めくくり人生観を意味するお好みのページでして、永遠のわが輩自慢の経営者人生を自他ともにする1ページでありかつ、在り続ける「わが人生は経営者人生で始まり、経営者人生で閉じる・・・」の自作自演って図式デス!★今後はその貴重な1ページに若干の書き増しや修正・・・ってことに始終するでしょう。わが編集体験の自慢の最終ページ足り得るでしょう!★ちなみに、「財を成さずば・・・」は「永年の年金受領&使用実態」デス。わが人生を祝すに足りる自作自演のわが人生!って図式です。


ヨシダが選んだ「きょうのできごと」("Today@VOA"休刊日”に限定) 
(注:本コラム編集に際してウィキペディア日英語両版を横睨みでのできごと選択肢でしたが、日米時間差で混乱することから、英語版に限定することにしました。)

                     The Events Yoshida selected from Wikipedia
   1月 26日:"1926年最初のテレビジョンがジョン・ロギー・バードで開示"

              1月 27日:"チェロキー族強制移住「涙の道」"

                                       https://www.voanews.com/                                
                                                 Today@VOA                                             
                                                     No.891

"On Feb. 1, 1790, the Supreme Court of the United States meets for the first time in the Royal Exchange Building in New York City."
                "1790 First session of the U.S. Supreme Court-HISTORY"   
                     "
Supreme Court of the United States-Wikipedia"   
          "
1790 First session of the U.S. Supreme Court-Pictures-Wikipedia"
                      
(The 56-14-line-photo-attached file/350.58KB/25.0KB/line) 

                                                  No.890
"On Jan. 31. 1971 Apollo 14 successfully launches from Cape Canaveral, Fla., on its way to the moon."
                   "1971 Apollo 14 departs for the Moon-HISTORY"   
              "
Apollo 14 launch-Images"     "Apollo 14-Wikipedia"                                     (The 64-14-line-photo-attached file/291.67KB/20.8KB/line)  

           "today@VOA English edition Records"(June 15, 2016
  Image result for The announcer of the VOA to the Far East in around 1946Image result for the VOA to the Far East in around 1946Image result for the VOA to the Far East in around 1946Image result for the VOA to the Far East in around 1946Image result for the VOA to the Far East in around 1946Image result for the VOA to the Far East in around 1946Image result for the VOA to the Far East in around 1946
This is the Voice of America for freedom and peace. We are broadcasting from Washington, the nations capitol, to the people of the Far East. Monday through Saturday we present reports from the USA, a daily half hour of music and special features....♪ 
The ending message was You’ve been listening to the VOA from Washington, until next time, bidding you "Good night" from Washington!♪ I was charmed by the announcers beautiful voice!    


     グーグル検索習慣が招来したヨシダ二十歳(はたち)時代の想い出話とその関係画像
                ポリオアメリカ人女性芸術家との出会い


      "Obituaries": Who lived more than 100-year-old or close"     
           (100歳以上、もしくは、それ近くまで生き抜いた人物像)    

                                                   No.95
       "Anne Cox Chambers, Media Heiress and Ex-Ambassador, Dies at 100"
  "
Anne Cox Chambers, Media Heiress and Ex-Ambassador, Dies at 100-The New York Times"   
      "
Anne Cox Chambers, media heiress and former US ambassador, has died at 100-CNN"
          "Anne Cox Chambers-Wikipedia"      "Annex  Cox Chambers-Images"
                  (The 40-8-line-photo-file-attached/308.12KB/38.5KB/line)    
  Image result for Anne Cox ChambersImage result for born wordImage result for December 1, 1919Image result for died wordImage result for January 31, 2020Image result for 100 year old words
    Image result for Anne Cox Chambers,Image result for american wordImage result for media  wordImage result for proprietorImage result for stake of interest in Cox EnterprisesImage result for stake of interest words

  Image result for media  wordImage result for empire wordImage result for includingImage result for newspapers, television, radio, cable television, and other businessesImage result for other businesses
    Image result for newspapers wordImage result for publisher wordsImage result for father wordImage result for She was the daughter of James M. Cox,Related imageImage result for She was the daughter of James M. Cox,   
    Image result for Annex Cox net worth was estimated by Forbes at $16.1 billion in September 2014Image result for net worthImage result for estimated wordImage result for $16.1 billionImage result for September 2014Image result for byImage result for by Forbes word
   Image result for laterImage result for divested her shares.Image result for her wordImage result for shares
  Image result for Anne Cox Chambers familyImage result for Anne Cox Chambers familyImage result for Anne Cox Chambers,Image result for ten world richest women

                                           Image result for wikipediaAnne Cox Chambers.jpg 
                                  "Anne Cox Chambers-Wikipedia"

どうしたことか、編集作業にトラブルが発生しています。メモリー機能に不可解な結果が発生して折角の編集が乱れています。今しばらくのご猶予をお願いします・・・。

 財を遺すは下 事業を遺すは中 人を遺すは上  されど 財をなさずんば・・・
 人生第一、第二、第三毛作の通算60余年間を経営者として貫き、フィリピンに移住して始まっている人生第四毛作はそうした経営者人生の総仕上げって感じで、こんな自編集ウェブサイトを通じて経営者的視野でブログし続けているヨシダです。わが人生は経営者人生なり!と自負するために、以下に掲げる名格言は殊のほか大好きなものです。なお、蛇足の弁ですが、最終自分史執筆を頭に入れた「人生第五毛作」としての言わば人生総仕上げみたいなものとして「人生いろいろ いきいき ハツラツ わが人生は五毛作!」の執筆完成を期している次第です。
         ”財を遺すは下 事業を遺すは中 人を遺すは上 
                  されど 財をなさずんば 事業保ち難く 
                        事業なくんば 人育ち難し”

 (中国唐代の大詩人・白楽天<
772年(大暦7年) - 846年(会昌6年)>の言葉)  
    
「『晩笑堂竹荘畫傳』」の画像検索結果「『晩笑堂竹荘畫傳』」の画像検索結果Image result for 晩笑堂竹荘畫傳
                           (白楽天・『晩笑堂竹荘畫傳』より)         
 人生第一、第二、第三毛作の通算62年間の経営者人生を通して、好きな格言として愛唱してきている格言です。とりわけ、人生第ニ毛作時代 はトラック運送事業で「7社グループによる総合物流商社」体制を構築したなかで、米国から導入した「ジーバート自動車防錆処理事業(Ziebart Rust-proofing system)」が話題性を呼び、それが導火線みたいになって、運送業界関連紙・誌に加えて、一般のマスメディアにも結構取材を受けるなどしました。
  下記左端の経済ウィークリー誌「経済レポート」の表紙写真記事はヨシダの記事が同誌に多く登場したことから、請われてこのようなことになったものです。なにせ、毛書は我流もイイところで、人様にお見せす るには気恥ずかしさで一杯ですが、中身で勝負って気持ちで応じて出版されたものです。蛇足ですが、こんな調子の毛筆年賀状表書きを毎年4,5百枚書いたも のです。
 画面がちょっとボケていますが、下手くそでも言葉の意義を強調したいがために記録に取っていたものです。なお、この格言の主白居易(はく きょい、772年(大暦7年) - 846年(会昌6年)字(あざな)を楽天と称した)は、中唐の詩人です。経営者としての存念を代弁して余りあることから、ご覧に入れる次第です。
 末尾に蛇足の弁をひとつお許しのほど。最下段に添付しているのは著作資料の一部です。「わが人生論」(青少年に贈る言葉 広島編(下))は全239頁、60余名の寄稿者です。蛇足の厚かましい弁を本サイトでブログしています。「この自作・自編集のウェブサイトを単行本に換算したら「ン拾冊相当」になるんだぞ~!と(笑)。
   http://www.a-bombsurvivor.com/contents/writing/writing_No.1/writing_No.1-11.jpg
「財を遺すは下 」の画像検索結果
     「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果
  「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果  関連画像
(最下段右端の書籍のヨシダ受賞論文は「人生の恩人 プラトニックラヴした永遠のカノジョ」 デス!クリックすると、その全文ラヴ・ストーリー(?)がご覧いただけますよ。笑)    
 ・・・と、自称「人生第四毛作」を演じてはや、10年余。にも関わらず、その延長線上にヨシダの経営者(即・教育者)としての役割を果たす機会を与えられているのです。そんなことから、この格言「財を遺すは・・・」も現在にして実践しているのが88歳超のヨシダですこの格言は奇しくもヨシダ生涯の格言足り得るものとして自身のウェブサイトのトップの末尾に掲載して自他共に味わいたいという心境です。

  なお、末尾にあしらった米漫画「スヌーピー君」のひとコマ。ワンちゃんを相手に言っている言葉にヨシダは深~い味わいを感じます。それは 「自然に到達したヨシダの「自利から他利の人生選択肢」のヨシダ人生観に通じるものがあるからです。マンガ主人公スヌーピー君曰く、"What would you say if I told you I was going to devote the rest of my life to making you happy?"(ボクの余生はお前さんを幸せにするためだと言ったらどう思うかい?)とは、なんとも微笑ましいひとコマでしょう!前記したヨシダ人生観に通じるし、目下実践中の自称「相互扶助精神に基づく運命共同体生活」によるフィリピン人家族との共同生活の経営者投資マインド&精神にも通じることから、この漫画コーナーは「常時掲載」することにしています。考えてみるに、年金等の全てをそっくりと家長・アーネルに託した現生活形態は財政等々全てがヨシダが投じる資本。健康管理の在り方からその実践手法等々は全て自前でかつ、「経営者的マインド的」!とすれば、生涯を通じた資本投下をしているみたいなもの。上掲の大きく掲げた吾輩の人生観が名実ともに活きてくるって図式です。・・・と、これってヨシダ精一杯の(?)ユーモアでもあります(笑)。おって、吾輩の日本語版ウェブサイトの末尾に用意している幾つかのコラムがあるなかで、どうやら、本コラムを「終生固定掲載コラム」とすることに到達した感です。
   「余生」の画像検索結果 「the peanuts」の画像検索結果「the peanuts」の画像検索結果「the peanuts」の画像検索結果

                       ( 651.91KB) 660px
                  2020年 2月 1日(土) 

               生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ  
                           吉田祐起
                       (満88歳3か月)
          (フィリピン共和国ラグーナ州サンタ・ローザ市在住)
                      yoshidayuuki@rocketmail.com
          URL(日本語版):http://www.abombsurvivor.com/index_japanese.html
                            URL(英語版):http://www.abombsurvivor.com