このド素人的ホームページは昭和ひと桁族・満86歳超の吉田祐起(本サイトでは「ヨシダ」と表現しています)が編集しているものです。編集ソフトの契約は米国本部の「cPanel」と称するソフトのフィリピン契約会社によるものです。編集ソフトはもとより、フィリピンの契約会社等との交渉や問い合わせ等々はすべて英語のみです。日本式のCSとは異なる一面があり、戸惑うことも少なくありませんが、郷に入れば郷に従え・・・って按配で何とか過ごしています。毎日のデスクワークは10時間を下りません。でも、元気ハツラツでやってます!ご覧のように、ホームページ編集ソフトを使わず、レイアウト等々のすべてはド素人的。ヨシダ流儀の編集は「縦長式」でして、両サイドにはなにも配さずに「縦長式一本」で、スクロール・ダウンしながら全てに目が通せます。目を左右にキョロキョロさす必要がないのがせめても、と自我自賛しています(笑)。(2018年1月1日記) 

    「吉田祐起」の画像検索結果
   吉田祐起(Yuuki Yoshida) 満86歳7か月 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ"

 左の写真は偶然にも2011年3月11日の東日本大災害の直前数時間前に写したもので、その直後に停電になりました。ちなみに、この写真はジャパン・タイムズ紙Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'にどか~んと掲載されたものです。写真中央は2014年9月11日のパスポート更新の際に写したもの。右の写真は2017年10月21日に写した「ステテコ&半そで」の年中姿でデスクに向かう満86歳一週間前のものです。
               コンテンツ(順不同)
著書・執筆実績・懸賞論文(冊子・雑誌・単行本等)記録
拙著・執筆実績(目次)
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
専門業界誌(紙)寄稿論文記録
一般出版物寄稿エッセイ
SAM NEWS誌寄稿エッセイ
ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧<株>ロジタント時代) 
トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
特ダネ情報(No.1-No.82)
フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ
(2010.11.30-2013.10.6)
フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
人生いろいろ いきいき ハツラツ わが人生は五毛作!
"A-bomb and Me"(原爆と私)
原爆生存者としての各種証言論文等
・「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下」 
ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード
Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'(ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
・「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
・フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
・「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著
グーグルから拾った「今日のできごと」
ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
インタネット情報&ヨシダブログ
過去の日本語版トップサイト一覧表
グーグル検索習慣が招来したヨシダ二十歳(はたち)時代の想い出話とその関係画像~ポリオアメリカ人女性芸術家との出会い~                                   

                                      English             
       
    2018年 6月 4
日(月)        
          Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!手 製のささやかなウェブサイトですが、ボリュームだけは人後に落ちません!「データーサイズ(編集容量)」 が証明します。
単行本に換算したら「ン拾冊相当のボリュームだそ~!」 とは、他愛もない編集長の自負です(笑)。
        過去の日本語版トップサイト一覧表
     
English top site records(End of the day)
  「吉田祐起」の画像検索結果「吉田祐起」の画像検索結果「吉田祐起」の画像検索結果「吉田祐起」の画像検索結果
 上左の写真3枚はこのウェブサイトを立ち上げた2001年頃のものです。60歳を過ぎてスタートした自称「人生第三毛作」時代で、離日2009年1月直前まで の16年間の株式会社ロジタント(Logitant, Inc.)(Logistic & Logical Consultant)社長時代のものです。広島市中心地に本社事務所を構えたものの、当時のクルマは米車フォード・トーラスで燃費や片道30数キロでム ダが少なくなかったことから、当時、「同棲居候中(笑)」のカノジョの助言に従って、同自宅のSOHO(Small Office Home Office)に転じた頃のものです。
 このウェブサイトの立ち上げはその最中の時代でした。上掲の右端写真は米国に本部を持つ「SAMの会」(The Society for Advancement Management)の広島支部長時代に国際賞を受賞してその授賞式晩餐会(ラスヴェガス)で9分間のスピーチを した時のもの。3百人(経営者・大学教授・大学院生各三分の一づつの構成)の参加者を前にしたもので、口笛付きやんやのスタンディング・オベーションを受 けたものです。ヴィデオがあったのですが、日本に置き去りしました。いろんな多くの写真も無しで、これらの写真はグーグルで「発見」したものです。
 人生第一毛作、第二毛作、第三毛作の経営者人生延べ60余年を後にした現在のヨシダは自称「人生第四毛作」を演出中!ってところですが、現在では「人生第五毛作」を視野に入れています。
 80歳直前にこの 国フィリピンに永住を決意して来比し現在に至るものですが、ご覧のように経営者マインドそのままの人生を演出中です。
 ちなみに、肝心のこのヨシダウェブサイトですが、ウェブサイト編集既製ソフトを使わず、レイアウト等々は全て手製。お見苦しい点が多々あることを承知の上の、「中身で勝負!」って気分で編集しています。
 これからが本番!といった感じのヨシダの自分史みたいなものだと位置づけているのがこの手作りウェブサイトです。
 言いたい放題、書きたい放題、まさにブログし放題・・・って感じですが、多少の過剰さは86歳超のニッポン男児爺ちゃん・ヨシダの「ボケ防止」とご理解のうえ、ご寛容のほどお願いします。
 注: 以下、お気付きのように、本サイトにおける編集者のブログは「行換え&一字空け」の通常スタイルでなく、★or▼マークでそれらを代行しています。「縦長 式サイト」で字数が多いために、行換えによる過度のスペース取りを防ぐためです。多くの新聞コラムが採用されているスタイルを真似ましたのでご理解くだ さい。

 注: 以下、お気付きのように、本サイトにおける編集者のブログは「行換え&一字空け」の通常スタイルでなく、★or▼マークでそれらを代行しています。「縦長 式サイト」で字数が多いために、行換えによる過度のスペース取りを防ぐためです。多くの新聞コラムが採用されているスタイルを真似ましたのでご理解くだ さい。

 

                       ヨシダが選んだ「きょうのできごと特集号」(不定期)
                                       (きょうのできごと実績一覧表
お知らせ:本コラム「ウィキペディアからヨシダが選んだ  ○月○日の国内のできごと」を開設して間のない昨今ですが、「国内のできごと」に限定すると内容が乏しく、かつ、国際的にも通用するものに成り得ないことに気付きますので廃止することにします。替わって、(VOA@com)のお休みの日(米国時間の土・日)はヨシダ選択肢で「日本時間の日土両日」のできごとをもって編集します。(2017年5月30日記)
    ウィキペディアからヨシダが選んだ
  6月 4日・5日のできごと(予定)
ウィキペディア(日本語版)(6月 5日)851年-ハリエット・ビーチャー・ストウの小説『アンクル・トムの小屋』が奴隷制度廃止運動家の新聞『National Era』で連載開始。」
Wikipedia(English edition) (June 5)"1851Harriet Beecher Stowe's anti-slavery serial, Uncle Tom's Cabin, or Life Among the Lowly, starts a ten-month run in the National Era abolitionist newspaper."     (The 80-photo-attached file/215.3KB)
   「1851 – Harriet Beecher Stowe」の画像検索結果「1851 – Harriet Beecher Stowe」の画像検索結果「1851 – Harriet Beecher Stowe」の画像検索結果
     「Samuel Charles Stowe」の画像検索結果「1851 – Harriet Beecher Stowe」の画像検索結果「Samuel Charles Stowe」の画像検索結果
           関連画像「Harriet Beecher Stowe」の画像検索結果
     「wikipedia」の画像検索結果 Uncle Tom's Cabin, CLEVELAND, OHIO: JEWETT, PROCTOR & WORTHINGTON edition
 
    
  
     「wikipedia」の画像検索結果 Beecher-Stowe.jpg
  
   「Harriet Beecher Stowe」の画像検索結果「Samuel Charles Stowe」の画像検索結果
  「Harriet Beecher Stowe」の画像検索結果「Harriet Beecher Stowe」の画像検索結果「Harriet Beecher Stowe」の画像検索結果
     関連画像「Harriet Beecher Stowe」の画像検索結果
    関連画像「Harriet Beecher Stowe」の画像検索結果
   「Harriet Beecher Stowe」の画像検索結果  関連画像「Harriet Beecher Stowe」の画像検索結果「Harriet Beecher Stowe」の画像検索結果
     関連画像「Harriet Beecher Stowe」の画像検索結果  関連画像「Samuel Charles Stowe house」の画像検索結果
   「Harriet Beecher Stowe」の画像検索結果 「Harriet Beecher Stowe」の画像検索結果「Samuel Charles Stowe」の画像検索結果
   「Samuel Charles Stowe」の画像検索結果 「Samuel Charles Stowe」の画像検索結果        関連画像
   「Samuel Charles Stowe」の画像検索結果 「Samuel Charles Stowe」の画像検索結果  「Samuel Charles Stowe」の画像検索結果
   「1851 – Harriet Beecher Stowe」の画像検索結果「Samuel Charles Stowe」の画像検索結果「Samuel Charles Stowe」の画像検索結果
  「anti slavery」の画像検索結果Uncle Tom's Cabin, CLEVELAND, OHIO: JEWETT, PROCTOR & WORTHINGTON edition「the National Era abolitionist newspaper.」の画像検索結果「the National Era abolitionist newspaper.」の画像検索結果「ten months」の画像検索結果 「publication」の画像検索結果

            today@VOA & NYTimes.com
 このコラムは本来、英語版トップページだけに掲載してきた「きょうのできごと」英語版ってものです。発信元はVOA(The Voice of America:アメリカの声)の(VOA@com)とニューヨーク・タイムズ紙(The New York Times)は「訃報欄」で100歳以上を生きた人物に関心を抱いての編集です。編集しながらパワーを頂戴する感じです。
 「できごと」を文字でなく画像をもって表現するものでして、「絵物語」ってものです。当該画像の入手手法は当該人物に関する「代表的な記事」を選択して、その記事内容を追いながら当該画像を選択する、という手法です。
 なお、「100歳以上を生きた人物」に限定するのは、二つの理由があります。ひとつは、ハワイ生まれのお袋は102歳。その妹(叔母)は104歳を生きました。私の父は被爆翌年に当時の義兄が経営していた製材所の人手不足を背景に請われて支援していたものですが、相棒の不手際で労災事故死したものの、観る易者の全てが100歳以上はゆうに生きる、と鑑定したこともあったりで、長生きの相があることを自負して現在に至るものです(笑)。なお、加えてのこと、他愛もないことですが、ヒバクシャの立場にあって、証言論文等はこのウェブサイトに多く発表してきてはいるものの、語り部役はしたことがありませんし、することもしませんが、「最期のヒバクシャ」として人生を生き抜きかつ、その証としての本ウェブサイトの編集でもあることから、ここは一番、「100歳以上を生きた人物」を取材して可能な限りの当該画像をもってその人物を偲びかつ、見習いたい、というのが動機のコラムです。
 英語が主流の本サイト編集ですが、多忙で手が回らないこともあって、そのままで掲載することを余儀なくすることをお許しください。(2018年5月21日記)

                No.454(6.2, 2018)
On June 1, 1779, General Benedict Arnold is court-martialed "  
(アメリカの独立戦争の折、ベネディクト・アーノールド元帥が軍法会議に・・・)
                                                           (The 28-photo-attached/99.43KB)

On This Day in American History
On June 1, 1779, General Benedict Arnold is court-martialed during the American Revolutionary War. Arnold fought for the American Continental Army, but later defected to the British side. As a general on the American side, he secretly planned to surrender the fortifications at West Point, New York, which were under his command, to the British. Today, the name ‘Benedict Arnold’ is synonymous with treason and betrayal in the US.
  「On June 1, 1779, the man who would become America’s most infamous traitor, Benedict Arnold,」の画像検索結果「betrayal」の画像検索結果「Arnold’s name goes on to become synonymous with betrayal.」の画像検索結果「On June 1, 1779, the man who would become America’s most infamous traitor, Benedict Arnold,」の画像検索結果「Arnold’s name goes on to become synonymous with betrayal.」の画像検索結果 
   「On June 1, 1779, the man who would become America’s most infamous traitor, Benedict Arnold,」の画像検索結果 「Arnold’s name goes on to become synonymous with betrayal.」の画像検索結果            関連画像
     「On June 1, 1779, the man who would become America’s most infamous traitor, Benedict Arnold,」の画像検索結果「On June 1, 1779, the man who would become America’s most infamous traitor, Benedict Arnold,」の画像検索結果「On June 1, 1779, the man who would become America’s most infamous traitor, Benedict Arnold,」の画像検索結果
   「General Benedict Arnold」の画像検索結果「General Benedict Arnold」の画像検索結果
    関連画像関連画像「On June 1, 1779, the man who would become America’s most infamous traitor, Benedict Arnold,」の画像検索結果「Arnold’s name goes on to become synonymous with betrayal.」の画像検索結果
   「escaped」の画像検索結果「Arnold escaped to British lines.」の画像検索結果「Arnold escaped to British lines.」の画像検索結果「British lines」の画像検索結果「“traitor.”」の画像検索結果
       「General Benedict Arnold grave」の画像検索結果
      「General Benedict Arnold」の画像検索結果「General Benedict Arnold」の画像検索結果
     「General Benedict Arnold grave」の画像検索結果 「General Benedict Arnold house」の画像検索結果  「General Benedict Arnold」の画像検索結果              "1779 Benedict Arnold is court-martialed(HISTORY)"

            編集者のダイアリー・コーナー 
             2018年 6月 4日(月)

(VOA@com)が週休二日制のための埋め合わせの意味をもって新設しているのが「ウィキペディアからヨシダが選んだきょうのできごと」なるものがありますが、日米時差のためになんだか混んがらがっています。要するに米国時間土日の空白を埋めるのが狙いですが、多少の混乱はご寛容のほど・・・
トランプが米朝会談中止の大バクチを平気で打てた理由DIAMONDonline):2018.6.3.(5.28付)上久保誠人:立命館大学政策科学部教授)はトランプ大統領を「ディールの達人」と持ち上げていますが、ちょっと抵抗を感じますがどうでしょう?★「中見出し」は、■「アメリカファースト」のトランプ大統領は既に「ディール(取引)」を終えている、■トランプにとって「完全な非核化」以外に会談実施の意味はない、■金正恩も事実上の「核保有国」となるために会談を回避したほうがいいと考えるか?、■「ディールの達人」トランプは、金正恩を完全に「袋小路」に追い込んだ・・・と続きます★「末尾の言葉」は、「・・・ 金委員長は、結局経験不足だったのだろうか。軽率にも首脳会談の前に、トランプ大統領の欲しいものを渡してしまった。結果、米朝首脳会談は「退くも地獄、進むも地獄」となってしまった。「ディールの達人」トランプ大統領は、完全に金委員長を袋小路に追い込んだように見える」です★金委員長にとっては国連制裁決議もあるし、この際、捨て身の戦法に出るしか対策はないとしたことだとも考えるのがヨシダではあるのですが、皆さんはどう分析されるでしょうか・・・?。(添付画像=7枚)(3日20:00)
 「トランプが米朝会談中止の大バクチを平気で打てた理由」の画像検索結果 「トランプが米朝会談中止の大バクチを平気で打てた理由」の画像検索結果「トランプが米朝会談中止の大バクチを平気で打てた理由」の画像検索結果
                    「writer」の画像検索結果「上久保誠人:立命館大学政策科学部教授」の画像検索結果 「上久保誠人:立命館大学政策科学部教授」の画像検索結果 「上久保誠人:立命館大学政策科学部教授著書」の画像検索結果
体制を保証?トランプの「譲歩」はヤバすぎる 「個人崇拝のカルト国家」の存続を許すのか東洋経済ONLINE:2018.6.2.高橋 浩祐 : 国際ジャーナリスト)は直前記事とは異なる視点です。「中見出し」は、■非核化の見返りとして北の「体制保証」を明言、アメリカ国内で反対の声が出る、「CVID」から「PVID」へ、自由と平和は両立しないことがある・・・と続きます★「末尾の言葉」は、「・・・自由と平和は両立しないことがある。今の北朝鮮情勢も同じだ。平和という秩序を重視するばかりに、自由はく奪を強いられている庶民がいる。筆者はもちろん北朝鮮と戦争をせず、平和であることを望んでいる。しかし、その下では、自由なき社会であえいでいる北朝鮮国民がいる。それが本当の意味で平和と言えるか。薄っぺらな偽の平和ではないか。アメリカによる北の体制保証を考えるとき、こうした自由と平和の問題を考えざるを得ない」と、直前の同類記事と比べて説得力は大とみるのがヨシダですがどうでしょう?(添付画像=8枚)(3日21:00)
 「体制を保証?トランプの「譲歩」はヤバすぎる 「個人崇拝のカルト国家」の存続を許すのか」の画像検索結果「体制を保証?トランプの「譲歩」はヤバすぎる 「個人崇拝のカルト国家」の存続を許すのか」の画像検索結果関連画像
  「金三代」の画像検索結果「Cult nation of personality cult」の画像検索結果「Cult nation of personality cult」の画像検索結果関連画像「Cult nation」の画像検索結果
定年後にNPOを目指す人が活かせる「6つの企業人スキルDIAMONDonline):2018.6.4.野田 稔:明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科教授)にヒットして痛切に感じることは、「まったくデス!そのとおりデス!」のひと言デス!ヨシダの場合は車椅子生活。自身の身体条件に応じた生き方選択肢だけが有効です。相手がなくても自身の過去の体験や蓄積していた諸々のモノを記録に遺す・・・ということに集中し、それで満足しているのですからイイ按配って気持ちです★「中見出し」は、■経理・広報・IT・営業・管理・交渉……様々な専門性を生かせる、■50の手習いでオンリーワン人材を目指す、■営業や管理のスキルもものを言う、■構交渉術やコーチングを学び直せばヒーローになれる・・・と続きます★「末尾の言葉」は、「・・・いずれにしても、これまでの経験にプラスワンする、あるいは学び直しをすることで、NPOのような社会貢献性の高い組織にセカンドキャリアを見出し、そこで満足度の高い「働き」をするのも魅力的なのではないでしょうか。それこそ、その先の一生ものの働き場所になるのではないでしょうか。」です★・・・さてここでですが、ちょっと大胆なブログを躊躇いません。定年後人生を巡っての諸問題の根源に関する「ヨシダ持(自)論」です。退職後の生き方、人生観に通じる大きな問題です。概して言えることは、サラリーマン人生を貫いた人にありがちな人生観。それは「働かされた・・・嫌なことをしてでも・・・おれは被害者だ・・・定年後こそオレ自身のもの・・・好きなことをせずして俺の人生は無かったに等しい・・・」という欲求不満であり、そうしたことを取り戻そう!といった感じの晩年人生の在り方選択肢です★一方、ヨシダみたいに生涯を経営者人生で全うした人間はちょっと異なります。それは、「経営者人生を貫かれたのは、従業員のお蔭、お得意様のおかげ、仕入れ先のおかげ・・・なかんずく、世の中の多くの人々のお蔭があったればこそ!」という人生観。その裏返しは、「定年後はそうした事柄等々に報う、お礼返しをする人生であらねばない自分本位の引退後の人生の選択肢には罪意識すら感じる・・・」という概念デス!★この両者の人生観こそが晩年人生の格差を招来するという持(自)論を持ち続けて現在に至るのがフィリピンを終の棲家とするヨシダの人生であり、人生観です★ちなみに、ご覧のような現在のヨシダの生き様。独りよがりとも思われるような「自身編集のウェブサイト」を通じた情報発信。読まれているいないは無関係に、自身の生涯体験を通じて培ってきた想いや意見の発露の場。あれもこれもお伝えしたい・・・!といった心境がそのエネルギーです★・・・とこういった自意識の裏返しにあるのは、感謝、かんしゃ、カンシャ!といった晩年人生観そのものです。自他共の幸せ感に満たされた人生そのものと自負します★(添付画像=5枚)(9:30)
     「定年後にNPOを目指す人が活かせる「6つの企業人スキル」の画像検索結果「定年後にNPOを目指す人が活かせる「6つの企業人スキル」の画像検索結果
 「writer」の画像検索結果「野田 稔:明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科教授)」の画像検索結果「野田 稔:明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科教授)」の画像検索結果



    英語と私―わが人生に英語が果たしてきている役割りを語るー新設)
(ご丁寧に英語版まで作っていたのですが、そのファイルが行方不明で目下探索中。なにせ、編集ソフトの量は膨大ですので!・・・膨大とは大げさな!でもホント!)

          私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ           
 本コラムは2010年11月30日に新設したコラムでしたが、その存在に編集者自身がど忘れしていました。継続していきたいと考えていますが、当時より多忙を極める現在の編集者・ヨシダですので、追記は滅多にできない状態ですが、本欄に常設することにしました。(2018年1月26日記)


          「末尾の特別情報お知らせコーナー
 トップページ最終下段場所のこのコラムはわが長い人生なかんずく、去る2009年1月にフィリピンを「終の棲家」として移住して現在に至る身の中で執筆した特別に印象深くしている小文を時おり時機を変えて掲載することにしているものです。その舞台裏は上掲のタイトルをクリックするとご覧いただけま すが特定のものを除いて再編集中です。(2017年3月28日記)

 財を遺すは下 事業を遺すは中 人を遺すは上  されど 財をなさずんば・・・
 人生第一、第二、第三毛作の通算60余年間を経営者として貫き、フィリピンに移住して始まっている人生第四毛作はそうした経営者人生の総仕上げって感じで、こんな自編集ウェブサイトを通じて経営者的視野でブログし続けているヨシダです。わが人生は経営者人生成り!と自負するために、以下に掲げる名格言は殊のほか大好きなものです。なお、蛇足の弁ですが、最終自分史執筆を頭に入れた「人生第五毛作」としての言わば人生総仕上げみたいなものとして「人生いろいろ いきいき ハツラツ わが人生は五毛作!」の執筆完成を期している次第です。
         ”財を遺すは下 事業を遺すは中 人を遺すは上 
                  されど 財をなさずんば 事業保ち難く 
                        事業なくんば 人育ち難し”

 (中国唐代の大詩人・白楽天<
772年(大暦7年) - 846年(会昌6年)>の言葉)  
 
「『晩笑堂竹荘畫傳』」の画像検索結果「『晩笑堂竹荘畫傳』」の画像検索結果「『晩笑堂竹荘畫傳』」の画像検索結果
                           (白楽天・『晩笑堂竹荘畫傳』より)         
 人生第一、第二、第三毛作の通算62年間の経営者人生を通して、好きな格言として愛唱してきている格言です。とりわけ、人生第ニ毛作時代 はトラック運送事業で「7社グループによる総合物流商社」体制を構築したなかで、米国から導入した「ジーバート自動車防錆処理事業(Ziebart Rust-proofing system)」が話題性を呼び、それが導火線みたいになって、運送業界関連紙・誌に加えて、一般のマスメディアにも結構取材を受けるなどしました。
  下記左端の経済ウィークリー誌「経済レポート」の表紙写真記事はヨシダの記事が同誌に多く登場したことから、請われてこのようなことになったものです。なにせ、毛書は我流もイイところで、人様にお見せす るには気恥ずかしさで一杯ですが、中身で勝負って気持ちで応じて出版されたものです。蛇足ですが、こんな調子の毛筆年賀状表書きを毎年4,5百枚書いたも のです。
 画面がちょっとボケていますが、下手くそでも言葉の意義を強調したいがために記録に取っていたものです。なお、この格言の主白居易(はく きょい、772年(大暦7年) - 846年(会昌6年)字(あざな)を楽天と称した)は、中唐の詩人です。経営者としての存念を代弁して余りあることから、ご覧に入れる次第です。
 末尾に蛇足の弁をひとつお許しのほど。最下段に添付しているのは著作資料の一部です。「わが人生論」(青少年に贈る言葉 広島編(下))は全239頁、60余名の寄稿者です。蛇足の厚かましい弁を本サイトでブログしています。「この自作・自編集のウェブサイトを単行本に換算したら「ン拾冊相当」になるんだぞ~!と(笑)。
  http://www.a-bombsurvivor.com/contents/writing/writing_No.1/writing_No.1-11.jpg
「財を遺すは下 事業を遺すは中 人を遺すは上    されど 財をなさずんば 事業保ち難く 事業なくんば 人育ち難し」の画像検索結果「財を遺すは下 」の画像検索結果
  「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果 関連画像 (最下段右端の書籍のヨシダ受賞論文は「人生の恩人 プラトニックラヴした永遠のカノジョ」 デス!クリックすると、その全文ラヴ・ストーリー(?)がご覧いただけますよ。笑)    
(追記)「・・・人を遺すは・・・」で、現在にして我ながら大きく自負できることを追記できることを誇りであり名誉と受けとめています。それは離日前までの9年間の経営コンサルタント顧問契約締結の栄に浴した創業100年に近い東京新橋の老舗運送会社のことです。全国に数十箇所の営業所を有する企業でして、私はそれらを巡回してレクチャーして回ったものですが、数百人社員すべてに拙著「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」を配布されました。著者の下手なサイン入りのものでして、離日後も現在に至って、毎期の新入社員(総合職員)に対しては同書を読んだ感想文を会社指示フォームに従って書いて会社に提出される仕組み。そのレポートが現在にしても著者ヨシダの手元にEメールで送付され、その行間を割っての著者感想意見等を書き込んでリターンするという仕組みを継続して現在に至ることです。破格の名誉と受けとめて毎期のレポートを楽しみにしているものです。一人分の「感想&著者コメント」はA4板で10ページ近くに及びます。
 ・・・と、自称「人生第四毛作」を演じてはや、10年。にも関わらず、その延長線上にヨシダの経営者(即・教育者)としての役割を果たす機会を与えられているのです。そんなことから、この格言「財を遺すは・・・」も現在にして実践しているのが86歳超のヨシダですこの格言は奇しくもヨシダ生涯の格言足り得るものとして自身のウェブサイトのトップの末尾に掲載して自他共に味わいたいという心境です。

★なお、末尾にあしらた米漫画「スヌーピー君」のひとコマ。ワンちゃんを相手に言っている言葉にヨシダは深~い味わいを感じます。それは 「自然に到達したヨシダの「自利から他利の人生選択肢」のヨシダ人生観に通じるものがあるからです。マンガ主人公スヌーピー君曰く、"What would you say if I told you I was going to devote the rest of my life to making you happy?"(ボクの余生はお前さんを幸せにするためだと言ったらどう思うかい?)とは、なんとも微笑ましいひとコマでしょう!前記したヨシダ人生観に通じるし、数年来実践中の自称「相互扶助精神に基づく運命共同体生活」によるフィリピン人家族との共同生活の精神にも通じることから、この漫画コーナーは「常時掲載」することにしています。ヨシダ精一杯の(?)ユーモアです(笑)。    
    「余生」の画像検索結果 「the peanuts」の画像検索結果「the peanuts」の画像検索結果「the peanuts」の画像検索結果                では、またのお越しをお待ちしていま~す! ご機嫌よろしゅう!
                             
                  (557.18KB)                2018年 6月 4日(月)   
            “生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”  
                      
吉田祐起
                
(満86歳7ヶ月)
              (フィリピン共和国ラグーナ州サンタ・ローザ市在住)
                 yoshidayuuki@rocketmail.com  
            URL(日本語版):http://www.abombsurvivor.com/index_japanese.html
                              URL(英語版):http://www.abombsurvivor.com
        
(このトップサイトはインタネット接続状況を考慮しかつ、先取り精神(?)をもって午後5時前には翌日のものと差し替えることにしています。当該日のサイトは「2018年 6月 3日」をクリックするとご覧いただけますのでご利用ください。)                                                                                                   (660px)