このド素人的ホームページは本日8月28日で満85歳10ヶ月になった吉田祐起(本サイトでは「ヨシダ」と表現しています)が編集しているものです。編集ソフトの契約は米国本部の「cPanel」と称するソフトのフィリピン契約会社によるものです。編集ソフトはもとより、フィリピンの契約会社等との交渉や問い合わせ等々はすべて英語のみです。日本式のCSとは異なる一面があり、戸惑うことも少なくありませんが、郷に入れば郷に従え・・・って按配で何とか過ごしています。毎日のデスクワークは10時間を下りません。でも、元気ハツラツでやってます!ご覧のように、ホームページ編集ソフトを使わず、レイアウト等々のすべてはド素人的。ヨシダ流儀の編集は「縦長式」でして、両サイドにはなにも配さずに「縦長式一本」でして、スクロール・ダウンしながら全てに目が通せます。目を左右にキョロキョロさす必要がないのがせめてもと、自我自賛しています(笑)。 (2017年8月28日記)

    「吉田祐起」の画像検索結果 http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg 
      吉田祐起(Yuuki Yoshida) 満85歳11か月 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 

 左の写真は偶然にも2011年3月11日の東日本大災害の直前数時間前に写したもので、その直後に停電になりました。ちなみに、この写真はジャパンタイムズ紙(下記No.20)インタビュー記事のものです。写真右は2014年9月11日のパスポート更新で写したもの。エッ?最近のものは?近年は「ステテコ&半そで」ですので、近い将来に予定する「サンタローサ・ハイツ」近くの新家屋に移ったら、立派なオフィスを背にした正装(姿)で写す予定です(笑)。

                       コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧<株>ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ
(2010.11.30-2013.10.6)(注:編集者自身が実は驚いています!そうだった、こんなものを編集していたんだっけ!と。再編集してもっとかっこイイコラムにしようかな、と思っているところです。2017.6.22.)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」
15."A-bomb and Me"(原爆と私)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下」 
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'(ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」( 編)
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
27.インタネット情報&ヨシダブログ
28.過去の日本語版トップサイト一覧表
29. グーグル検索習慣が招来したヨシダ二十歳(はたち)時代の想い出話とその関係画像ポリオアメリカ人女性芸術家との出会い

                         English               
                  2017年9月28日(木)
       
              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手 製のささやかなウェブサイトですが、ボリュームだけは人後に落ちません!「データーサイズ(編集容量)」 (1ページ当たりの編集容量)
にみる.主要企業を横目に、ヨシダサイトは量的にはトップ・クラスを自負しています。画像も含めてのボリュームですが、単行本に換算したら「ン拾冊相当のボリュームだそ~!」とヘンなところで自負しています(笑)。
             過去の日本語版トップサイト一覧表
        「
English top site records(End of the day)

 「吉田祐起」の画像検索結果  「吉田祐起」の画像検索結果   「吉田祐起」の画像検索結果       「吉田祐起」の画像検索結果 「吉田祐起」の画像検索結果
 上の写真はこのウェブサイトを立ち上げた2001年頃のものです。60歳を過ぎてスタートした自称「人生第三毛作」時代で、離日2009年1月直前まで の16年間の株式会社ロジタント(Logitant,Inc.)(Logistic & Logical Consultant)社長時代のものです。広島市中心地に本社事務所を構えたものの、当時のクルマは米車フォード・トーラスで燃費や片道30数キロでム ダが少なくなかったことから、当時、「同棲居候中(笑)」のカノジョの助言に従って、同自宅のSOHO(Small Office Home Office)に転じた頃のものです。
 このウェブサイトの立ち上げはその最中の時代でした。上掲の写真で特記したいことは、米国に本部を持つ「SAMの会」(The Society for Advancement Management)の広島支部長時代に国際賞を受賞してその授賞式晩餐会(ラスヴェガス)で9分間のスピーチを した時のもの。3百人(経営者・大学教授・大学院生各三分の一づつの構成)の参加者を前にしたもので、口笛付きやんやのスタンディング・オベーションを受 けたものです。ヴィデオがあったのですが、日本に置き去りしました。いろんな多くの写真も無しで、これらの写真はグーグルで「発見」したものです。
 人生第一毛作、第二毛作、第三毛作の経営者人生延べ60余年を後にした現在のヨシダは自称「人生第四毛作」を演出中!ってところです。
 80歳直前にこの 国フィリピンに永住して現在に至るものですが、ご覧のように経営者マインドそのままの人生第四毛作を演出中です。離日直前の16年間に及んだクライアント 会社は現在に至って、同社の「月例安全会議」に「ヨシダメッセージ」(A4板ビッシリ)をお届けしているクライアント関係にあることを誇りに思っていま す。
 ちなみに、肝心のこのヨシダウェブサイトですが、ウェブサイト編集既製ソフトを使わず、レイアウト等々は全て手製。お見苦しい点が多々あることを承知の 上の、「中身で勝負!」って気分で編集しています。でも、でもですが、その「編集実績容量」だけは天下一を誇ります!「データーサイズ(編集容量)」をクリックしていただくと、へ~!というお声が聞こえてきそうです。単行本に換算したら「ン拾冊相当分だぞ~!」が他愛もない自負です。まだまだ続く、これからが本番!といった感じのヨシダの自分史みたいなものだと位置づけているのがこの手作りウェブサイトです。
 言いたい放題、書きたい放題、まさにブログし放題・・・って感じですが、多少の過剰さは85歳のニッポン男児爺ちゃん・ヨシダの「ボケ防止」とご理解のうえ、ご寛容のほどお願いします。

 注: 以下、お気付きのように、本サイトにおける編集者のブログは「行換え&一字空け」の通常スタイルでなく、★or▼マークでそれらを代行しています。「縦長 式サイト」で字数が多いために、行換えによる過度のスペース取りを防ぐためです。多くの新聞コラムが採用されているスタイルを真似ましたので、ご理解くだ さい。
 なお、「縦長式トップサイト」の利点を手前ミソですが指摘するとしたら、通常のトップサイトにみられるような、左右に別のコラム群を掲載していて、目を左右に動かさないと見落とすのに対して、本サイトは縦方向だけに目を向けることから、ゼッタイに見落とししません。・・・とはこの道の素人のやせ我慢ですが、多くのウェブサイトをみても、そういった点を感じます。目をキョロキョロと左右に移動する常態です。85歳の爺ちゃんはなお更のこと、少々シンドイ感じで、本流上下だけで済ます場合がほとんどであることを否定しません。 
 

              ウィキペディアから拾った9月28日のできごと
                       (過去のきょうのできごと一覧表)
                      (英語版きょうのできごと;Sept. 28
  このコラムは2014年4月21日にi開設したのものですが、編集の在り方に色々と変化をしてきました。ウィキペディアにある「きょうのできごと」(日本語版)の 全てを一応そのまま転記し、折角ある多くのリンクでも「できごとの内容」が理解できないのが多いことと、加えて「絵物語」的な編集手法で編集者サイドの判 断で当該写真資料等を選択して表示することにしています★本コラム編集の最大の魅力は、編集過程で自然に「世界史の一端」を学ぶことができることです。過去のものは(「きょうのできごと」記録集)に収録しています。「英語版きょうのできごと」もありますのでクリックしてご覧ください。
(515.06KB:30.3KB/line)
 3     「The Norman Conquest of England」の画像検索結果「1066年 - ノルマンディー公ギヨーム(ウィリアム1世)がイングランドに侵入。ノルマン・コンクエストが始まる。」の画像検索結果     「1066 William the Conqueror into england norman conquest」の画像検索結果「The Norman Conquest of England」の画像検索結果「The Norman Conquest of England」の画像検索結果
   5「1745、God Save the King」の画像検索結果「1745、Theatre Royal, Drury Lane」の画像検索結果        「1745、God Save the King」の画像検索結果       「1745、God Save the King」の画像検索結果 「1745、God Save the King」の画像検索結果
  6「1779 Samuel Huntington」の画像検索結果「1779 Samuel Huntington elected as chairman of continental conference」の画像検索結果「1779 Samuel Huntington」の画像検索結果「1779 Samuel Huntington」の画像検索結果「1779 Samuel Huntington」の画像検索結果「Samuel Huntington, the first president」の画像検索結果
   7「Charles Cornwallis」の画像検索結果 「1787 england flag」の画像検索結果「charles cornwallis surrender」の画像検索結果     「charles cornwallis surrender」の画像検索結果「charles cornwallis surrender」の画像検索結果「charles cornwallis surrender」の画像検索結果
      「charles cornwallis surrender」の画像検索結果 「charles cornwallis surrender」の画像検索結果「charles cornwallis surrender」の画像検索結果「charles cornwallis surrender」の画像検索結果「charles cornwallis surrender」の画像検索結果
     「charles cornwallis surrender」の画像検索結果   関連画像「charles cornwallis surrender」の画像検索結果「charles cornwallis 」の画像検索結果
   9「"first International" by Friedrich Engels」の画像検索結果「"first International" by Friedrich Engels in london」の画像検索結果  「"first International" by Friedrich Engels in london」の画像検索結果 「"first International" by Friedrich Engels in london」の画像検索結果 「"first International"」の画像検索結果「"first International" by Friedrich Engels in london」の画像検索結果
   11「battle of alcolea,  general Manuel Pavía」の画像検索結果 「battle of alcolea 1868」の画像検索結果  「Isabella II of Spain exiled」の画像検索結果      「battle of alcolea location」の画像検索結果   「alcolea place」の画像検索結果「Isabella II  grave」の画像検索結果
      33「ダッカ日航機ハイジャック事件」の画像検索結果「ダッカ日航機ハイジャック事件」の画像検索結果「ダッカ日航機ハイジャック事件」の画像検索結果「ダッカ日航機ハイジャック事件」の画像検索結果「ダッカ日航機ハイジャック事件」の画像検索結果「ダッカ日航機ハイジャック事件」の画像検索結果
    「ダッカ日航機ハイジャック事件」の画像検索結果「ダッカ日航機ハイジャック事件」の画像検索結果「ダッカ日航機ハイジャック事件」の画像検索結果「ダッカ日航機ハイジャック事件」の画像検索結果「ダッカ日航機ハイジャック事件」の画像検索結果
  37「)1987年 - 青函トンネルに初の試運転列車が走る。」の画像検索結果「)1987年 - 青函トンネルに初の試運転列車が走る。」の画像検索結果     「1987年 - 青函トンネルに初の試運転列車が走る」の画像検索結果
       「1987年 - 青函トンネルに初の試運転列車が走る」の画像検索結果  関連画像「1987年 - 青函トンネルに初の試運転列車が走る」の画像検索結果
  38「MS Estonia」の画像検索結果「MS Estonia, captain」の画像検索結果     「MS Estonia, captain」の画像検索結果「MS Estonia, captain」の画像検索結果
    「ms estonia wreck pictures」の画像検索結果「MS Estonia, captain」の画像検索結果関連画像「MS Estonia, captain」の画像検索結果関連画像
    「MS Estonia, captain」の画像検索結果       関連画像    「MS Estonia, captain」の画像検索結果           「ms estonia accident memorial」の画像検索結果
 43    「2008 SpaceX」の画像検索結果「2008 SpaceX」の画像検索結果 「2008 SpaceX」の画像検索結果 「Space Exploration Technologies Corporation」の画像検索結果
 47「2014年香港反政府デモ」の画像検索結果「2014年香港反政府デモ」の画像検索結果   「2014年香港反政府デモ」の画像検索結果   「2014年香港反政府デモ」の画像検索結果  
(1)紀元前48年 - ローマ執政官ポンペイウスエジプト軍の刺客により暗殺される。
(2)935年 - ボヘミア公ヴァーツラフ1世が弟ボレスラフ英語版のクーデターにより殺害。
(3)1066年 - ノルマンディー公ギヨーム(ウィリアム1世)がイングランドに侵入。ノルマン・コンクエストが始まる。
(4)1708年 - 大北方戦争: レスナーヤの戦い
(5)1745年 - ロンドンのドルリー・レーン王立劇場で、後にイギリス国歌となる「女王陛下万歳」が初めて演奏。
(6)1779年 - サミュエル・ハンティントン大陸会議議長に選ばれる。
(7)1781年 - アメリカ独立戦争: アメリカ・フランス軍がヨークタウンのイギリス軍を包囲。ヨークタウンの戦いが始まる。
(8)1823年 - レオ12世ローマ教皇に即位。
(9)1864年 - ロンドンマルクスエンゲルスらの主導により諸国の労働者代表が会合。国際労働者協会(第一インターナショナル)を結成。
(10)1867年 - トロントカナダオンタリオ州の州都になる。
(11)1868年 - アルコレアの戦い英語版
(12)1871年 - ブラジル奴隷の子供の解放を目的とした新生児自由法が制定。
(13)1902年 - 足尾台風が関東・東北南部を通過。小田原で小田原大海嘯が発生するなどし、全国で死者300人以上。
(14)1908年 - ニザーム藩王国統治下のハイデラバードムシ川が大氾濫。
(15)1918年 - 白虹事件: 大阪朝日新聞社長村山龍平が国粋団体黒龍会会員に襲撃される。
(16)1921年 - 安田財閥総帥の安田善次郎が、大磯の別邸で右翼浪人に暗殺される。
(17)1924年 - ダグラス DWC4月4日以来175日をかけて、編成部隊による初の航空機世界一周を達成する。
(18)1926年 - 京浜線(現在の京浜東北線の一部)に自動ドアの電車が初めて登場。
(19)1939年 - 第二次世界大戦: ナチス・ドイツソビエト連邦ドイツ・ソビエト境界友好条約を締結。両国のポーランドにおける勢力圏が画定する。
(20)1939年 - 第二次世界大戦: ナチス・ドイツ軍がポーランドの首都ワルシャワを占領。
(21)1941年 - 満洲・朝鮮国境の水豊ダムが営業発電を開始。
(22)1950年 - インドネシア国連に加盟。
(23)1958年 - フランス第五共和政の新憲法が国民投票で承認。
(24)1958年 - ギニアフランス共同体への加盟が国民投票で否決され、独立が決まる。
(25)1960年 - セネガルマリが国際連合に加盟。
(26)1961年 - シリアアラブ連合共和国から離脱。
(27)1964年 - 三島由紀夫の小説『宴のあと』がプライバシーを侵害したとして、有田八郎元外相が作者と発行元の新潮社を訴えていた『宴のあと』事件で、東京地方裁判所が原告勝訴の判決を下す。
(28)1966年 - 前年1月に国連を脱退していたインドネシアが再加盟。
(29)1967年 - 上越線新清水トンネルが開通し、全線の複線化が完成。
(30)1970年 - エジプト大統領ガマール・アブドゥル=ナーセルが心臓発作で急死。副大統領アンワル・アッ=サーダートが大統領に就任。
(31)1971年 - 東大宇宙航空研が第1号科学衛星「しんせい」を打ち上げ。
(32)1971年 - 美濃部亮吉東京都知事が都議会でゴミ処理危機を訴える「ゴミ戦争宣言」を行う。
(33)1977年 - ダッカ日航機ハイジャック事件
(34)1978年 - 日本テレビが世界初の音声多重放送を開始。
(35)1979年 - NECパソコンPC-8001」を発売。日本でパソコンブームとなる。
(36)1984年 - 高度情報通信システム(INS)のモデル実験が三鷹市武蔵野市で開始。
(37)1987年 - 青函トンネルに初の試運転列車が走る。
(38)1994年 - エストニアフェリーエストニア号英語版」がバルト海で沈没。死者852名。
(39)2000年 - パレスチナ問題: 野党時代のリクード党首アリエル・シャロン神殿の丘に立ち入り、第二次インティファーダの契機となる。
(40)2005年 - 北海道根室市沖合で、イスラエル船籍の「ZIM・アジア」による当て逃げによりサンマ漁船「第三新生丸」が沈没、乗員7名死亡。
(41)2006年 - タイに、アジア最大規模となるスワンナプーム国際空港が開港。
(42)2008年 - 麻生内閣中山成彬が自らの失言の責任を取り就任4日目で国土交通大臣を辞任。
(43)2008年 - アメリカの民間企業スペースXのロケット「ファルコン1」が初めて打ち上げに成功。
(44)2009年 - ギニアムサ・ダディス・カマラ大統領に反対する野党集会に大統領警護隊が無差別発砲。157名が死亡。
(45)2012年 - ソマリア政府軍がイスラーム武装勢力のアル・シャバブが支配していたキスマヨに進攻、翌29日までに奪還。
(46)2012年 - ネパールの首都カトマンズ郊外でドルニエ 228型双発旅客機が墜落、19人が死亡。
(47)2014年 - 2014年香港反政府デモにおいて、香港中心部での座り込みとそれに対する警察の催涙スプレーなどの使用による排除が始まる。 (365.33KB: .KB/line)

                     編集者のダイアリー・コーナー
(注)本コラムの編集基準は「1ヶ月を上・中・下の3旬に分割」します。3旬に分割しているのは、ワ7ン・サイトの添付画像容量の制限(1000KB=1MB)があるためですが、編集者の欲張り過ぎか、当該記事に対する編集者の納得できる意図の添付画像かは別にして、折角の添付画像を本欄では「一部削除」を余儀なくしています★しかし、「過去の日本語版トップサイト一覧表」では日々の本欄の全てが掲載されていますので、本欄の記録実績は確実に収録されているという編集者の安心感をもって、思い切ってその都度、削除することに徹しています。ヨシダはともすれば、「完全主義者的な性格」が否定できないなと反省する始末です(笑)★ちなみに、自身が執筆(ブログ)したことを「記録に残す(遺す)」ことに、ある種の人生達成感を意識することから、この問題に関しては、そうした対応をしているものです。ご理解のほど念じる次第です。(2017年7月10日記)
お知らせ:編集容量の調整で添付画像を片っ端から削除することを余儀なくします。その「添付画像=○枚」を付していますが、すべては過去の日本語版トップサイト一覧表に収録していますので、ご関心あらばクリックしてご覧ください。なお、本欄の当該月日にもリンクをはって即座にご覧いただける仕組みを考えて即実践しています。これで、心置きなく「添付画像の削除」ができるようになりました(笑)。
                 2017年9月28日(木)
本日「9月28日のできごと」で特に関心を強くするのは・・・と、何時もは「きょうのできごと」からのものですが、28日に関してはまったく別のところに意義を自覚すのがヨシダです★1年で12日(回)ある「ヨシダ誕生の日(28日)」ということで当の本人はこのほか重く受けとめて過ごす日です。このトップサイトをスクロール・ダウンしていただくとヒットするのが、「毎月の28日はヨシダにとって意義深くしているもの その理由(わけ)は!?」がそれです★ハイ!本日で「満85歳11ヶ月」になった、ということです。ヨシダ流の価値観と意義ってところです(笑)。
★「サウジが「女性の運転解禁」に踏み切った事情 人権的な理由だけではない」(東洋経済ONLINE2017.9.28.池滝 和秀 : 中東ジャーナリスト)は極めて異例のことなので一読の意味がありそうです。「中見出し」は、■法律はないが、免許を発行してこなかった、■イスラム教の価値観に対する意識変化、■ツイッター上で出回っていた憶測・・・と続きます★「末尾の言葉」は、「・・・ 革新的な政策を果敢に進めるカタールなどほかの湾岸諸国から政策面では遅れを取っており、国力向上やイメージアップのためにも、女性問題や人権分野での改革が迫られていた。決定は、原油資源の上に胡座をかいてはいられないサウジの厳しい内外の環境を示すものともいえそうだ」です。(添付画像=4枚)(7:00)
  Image result for サウジが「女性の運転解禁」に踏み切った事情 人権的な理由だけではないImage result for サウジが「女性の運転解禁」に踏み切った事情 人権的な理由だけではない  Image result for サウジが「女性の運転解禁」   Image result for サウジが「女性の運転解禁」
★「英メディアが日本の衆院解散を酷評した理由 これは「野党混迷」と「北朝鮮危機」への便乗だ」(東洋経済ONLINE2017.9.28.小林 恭子 : ジャーナリスト)はなんだか的を射た感じの記事です。久しく母国を離れて海外からみる母国(人)の印象は良くありません。とりわけ、人々の話す時の表情や仕草はニッポン人特有と映り、違和感すら抱くのが近年のヨシダです。・・・と、こんなことをブログすると叱られるでしょうね。と、これは10年も日本を離れて、しかも、日本のテレビを全く観ない見れないヨシダがたまさかCNNなどで邦人の表情や仕草等々に接する時に強烈に感じることです。スミマセン、歯に衣着せぬブログで・・・★9月下旬はあと2日ですが、ワンサイトの編集許容量が1000KBをオーバー気味。現時点ですでに40枚近くの画像を古いのから削除しています。ま、その分、編集者のサービス精神(?)は小さくないと自負します。(添付画像=3枚)(8:30)
    Image result for 英メディアが日本の衆院解散を酷評した理由 これは「野党混迷」と「北朝鮮危機」への便乗だ   Related imageRelated image
今朝受信の「VOA@com」は「No.274(September 28, 2017)"On September 27, 1922, two research scientists at the Naval Aircraft Radio Laboratory in Washington, DC, make a discovery "」です。 添付画像が少なく、早々と編集し終えて英語版に掲載しました。(11:00) 
  



             
末尾の特別情報お知らせコーナー

 トップページ最終下段場所のこのコラムはわが長い人生なかんずく、去る2009年1月にフィリピンを「終の棲家」として移住して現在に至る身の中で執筆した特別に印象深くしている小文を時おり時機を変えて掲載することにしているものです。その舞台裏は上掲のタイトルをクリックするとご覧いただけますが特定のものを除いて再編集中です。(2017年3月28日記)

      毎月の28日はヨシダにとって意義深くしているもの その理由(わけ)は!?
                     (本欄は月末まで掲載します。)
 プライベートなことでかつ、単純で大人気ない(?)とも思えるようなことをヨシダは執拗に意識して現在に至ります。ほかでもありません、「28日」という日は吉田祐起の誕生日のそれに当たることから、この日を中心にわが人生の歩みが刻まれている、という自覚や認識です。
 つまり、年に12回の誕生日を意識して「満83歳○ヶ月」とウェブサイトにも掲載し、自身もそれを意識して送っているのです。あと、何日で28日・・・といった具合にです。これって、ちょっと、ユニークはモノの考え方だと自負します。
  時が経つことで、洋の東西を問わず、意味深長なのが「光陰矢の如し」という言葉。英語でも"Time flies like an arrow" と人々は口にします。矢の如く時が去った、と感じることは、その分、人生を短く送っていることを意味するのであって、まさか、時が早く去って歳をとったか ら ヨカッタとは誰も思わないハズです。
 強いてそれをポジティヴに解釈すれば、苦しい時もあったけど、あっと言う間に過ぎ去った、苦しいこと を 克服 してきた、開放された、といったくらいの解釈も成り立つでしょうが、それとて、味わうべき喜怒哀楽の人生がその分、短く去ったことを意味する結果でしかな い、というのがヨシダです。
 折角この世に生を受け、与えられた人生ならば、その喜びを文字通り、日々味わいつつ、感謝しつつ過ごす(消化する)という考え方のほうが、その逆の苦しい人生、早くに過ぎ去って欲しいもの・・・よりもずっと、ハッピーだと思うのです。
  さらに、こんなことも頭に描かれると思います・・・。例えば、何かを達成するとか、成し遂げるものを持っているとします。ヨシダ流の処し方は、優先順位の 見 極めです。沢山ある仕事の優先順位を頭にしっかりと入れて処す方法。ストレスもなくなります。計画的にというのは誰でも言いますが、その処し方の基本はな んと言ってもターゲットとする日の設定でして、ヨシダの場合は毎月の28日がそれになっているという感じです。
 その日(28日)が来たら、ウン、オレはあれもやった、これもやり遂げた、出来なかったことは次の月の28日をひと区切りに・・・といった按配です。これって単純なモーチベーションに過ぎませんが、案外と効果的です。
  結果的には、折角与えられた人生期間を感謝の念をもって着々と消化して事を成し遂げる、といった図式です。同じ1年サイクルで巡ってくる自身の誕生の 「日」をハッピー・バース・デイ!と心の中で呟きながら日々の経過を味わいつつ・・・といったシナリオです。こうした考え方がヨシダが永年、心に入れてい るキーワードに繋がるのです。「生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ」がそれです。
 ところで、これも他愛もないことですが、10月 28日はかのマイクロソフトのビル・ゲイツさんの誕生日(1955年)を早くに認識してきたものです。人間のスケールからすれば、ドダイ比較対象する何も のもないのですが、誕生日だけは同じ!と言える(思える)のがイイ味ってところです(笑)。ヨシダはビル・ゲイツさんと同じ誕生日って思うだけでも、思わ ないよりずっとマシって按配です。
 ふと、この記事を書きながら好奇心旺盛なヨシダは即座にヨシダの認識するその他の著名人を平素世話になるグーグルさんから拾い出しました。多くある人物の中からヨシダの好みに従って人物名と写真を列記して誕生日の味わい方を増幅さす次第です。

 1.ヘンリー3世(1012:イングランド王)、2. Maria Anna of Neuburg(1667:スペイン王カルロス2世の2度目の王妃 、3.John Laurens(1754:南北戦争時代米軍人・政治家)、4.徳川慶喜(1837:江戸幕府第15代将軍・最後の将軍)、5.嘉納治五郎(1860.教育家)、6.横河民輔(1864:横河電機創業者)、7.Ormer Locklear(1891.スタント飛行士・俳優)、8.エルザ・ランチェスター(1902:イギリス生まれの米女優)、9.Douglas Seale(1913.英国舞台映画俳優)、10.Pearl Hackney(1916.英女優・コメディアン・ Eric Barker妻)、11.Richard Laurence Millington Synge(1914.英人科学者:1952年ノーベル賞受賞) 、12.東富士欽壹(1973:大相撲第40代横綱)、13.ジェイコブ・D・コックス(南北戦争北軍将軍・共和党・第28代オハイオ州知事・第10代アメリカ合衆国内務長官)、14.ビル・ゲイツ(1955:マイクロソフト創立者)、15.吉田祐起(1931.本サイト編集者)
 ヨシダって好奇心旺盛 でしょう。こんなことに時間を使うから超多忙人間(?)。日々をかみ締めながら生きるから「光陰矢の如し」は無縁たる所以です(笑)。
    「Henry III」の画像検索結果「Maria Anna of Neuburg」の画像検索結果「John Laurens」の画像検索結果Kanō Jigorō c1937.jpgOrmer Locklear (1920).jpgエルザ・ランチェスターElsa Lanchester
      「Douglas Seale」の画像検索結果「Pearl Hackney」の画像検索結果 Richard Laurence Millington Synge.jpgAzumafuji 1950 Scan10025-2.JPGCox, Jacob D. M.C. Ohio (Secty of Interior in Grant Adm.).jpghttp://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
★なお、末尾にあしらた米漫画「スヌーピー君」のひとコマ。ワンちゃんを相手に言っている言葉にヨシダは深~い味わいを感じます。それは 「自然に到達したヨシダの「自利から他利の人生選択肢」のヨシダ人生観に通じるものがあるからです。マンが主人公スヌーピー君曰く、"What would you say if I told you I was going to devote the rest of my life to making you happy?"(ボクの余生はお前さんを幸せにするためだと言思うかい?)とは、なんとも微笑ましいひとコマでしょう!前記したヨシダ人生観に通じるし、数年来実践中の自称「相互扶助精神に基づく運命共同体生活」によるフィリピン人家族との共同生活の精神にも通じることから、こったらどうの漫画コーナーは「常時掲載」することにしています。ヨシダ精一杯の(?)ユーモアです(笑)。    
    「余生」の画像検索結果 「the peanuts」の画像検索結果「the peanuts」の画像検索結果「the peanuts」の画像検索結果  
              では、またのお越しをお待ちしていま~す! ご機嫌よろしゅう!
                                                   (715.82KB)
  
                      
2017年9月28日(木)   
                 “生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”  
                         
吉田祐起
                
 (本日で満85歳11ヶ月になりました!)
              (フィリピン共和国ラグーナ州サンタ・ローザ市在住)
                    yoshida@a-bombsurvivor.com
                   
yoshidayuuki@rocketmail.com  
        URL(日本語版):http://www.abombsurvivor.com/index_japanese.html
                        URL(英語版):http://www.abombsurvivor.com