お知らせ&お詫び!
ただ今、6月18日午前5時。何の予告も断りもなしにインタネット断絶が正味3日間続きました、ために、電子メールのOutlook Expressとこのウェブサイト編集が不能常態にありました。アップ・デイティングのためとか・・・ですが、母国ニッポンでは想像もできないことです。ま、郷に入れば郷に従え・・・でボツボツ編集にとりかかります。(6月18日5:15)

    「吉田祐起」の画像検索結果 http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg 
      吉田祐起(Yuuki Yoshida) 満85歳7か月 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 

 左の写真は偶然にも2011年3月11日の東日本大災害の直前数時間前に写したもので、その直後に停電になりました。ちなみに、この写真はジャパンタイムズ紙(下記No.20)インタビュー記事のものです。写真右は2014年9月11日のパスポート更新で写したもの。エッ?最近のものは?近年は「ステテコ&半そで」ですので、近い将来に予定する「サンタローサ・ハイツ」近くの新家屋に移ったら、立派なオフィスを背にした正装(姿)で写す予定です(笑)。

                       コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧<株>ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ
(2010.11.30-2013.10.6)
(注:編集者自身が実は驚いています!そうだった、こんなものを編集していたんだっけ!と。再編集してもっとかっこイイコラムにしようかな、と思っているところです。2017.6.22.)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」
15."A-bomb and Me"(原爆と私)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下」 
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'(ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」( 編)
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
27.インタネット情報&ヨシダブログ
28.過去の日本語版トップサイト一覧表
(末尾27の「インタネット情報&ヨシダブログ」は、2012年3月9日~2017年3月15日の3年間で実にNo.6766編まで続けたコラムですが、編集ソフト(cPanel)のソフト変更でリンク用ファイル作成が従来の自動的から手作業に改悪されたことが動機で終止符を打ったものです。 「リンクリスト」 をクリックすると過去の膨大なコピーがご覧いただけます。なお、本コラムに替わるものとして「編集者のダイアリー・コーナー」に転じています。

                         English               
                  2017年6月23日(金)
       
              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手 製のささやかなウェブサイトですが、ボリュームだけは人後に落ちません!「データーサイズ(編集容量)」 (1ページ当たりの編集容量)
にみる.主要企業を横目に、ヨシダサイトは量的にはトップ・クラスを自負しています。画像も含めてのボリュームですが、単行本に換算したら「ン拾冊相当のボリュームだそ~!」とヘンなところで自負しています(笑)。
             過去の日本語版トップサイト一覧表
        「
English top site records(End of the day)

 「吉田祐起」の画像検索結果  「吉田祐起」の画像検索結果   「吉田祐起」の画像検索結果       「吉田祐起」の画像検索結果 「吉田祐起」の画像検索結果
 上の写真はこのウェブサイトを立ち上げた2001年頃のものです。60歳を過ぎてスタートした自称「人生第三毛作」時代で、離日2009年1月直前まで の16年間の株式会社ロジタント(Logitant,Inc.)(Logistic & Logical Consultant)社長時代のものです。広島市中心地に本社事務所を構えたものの、当時のクルマは米車フォード・トーラスで燃費や片道30数キロでム ダが少なくなかったことから、当時、「同棲居候中(笑)」のカノジョの助言に従って、同自宅のSOHO(Small Office Home Office)に転じた頃のものです。
 このウェブサイトの立ち上げはその最中の時代でした。上掲の写真で特記したいことは、米国に本部を持つ「SAMの会」(The Society for Advancement Management)の広島支部長時代に国際賞を受賞してその授賞式晩餐会(ラスヴェガス)で9分間のスピーチを した時のもの。3百人(経営者・大学教授・大学院生各三分の一づつの構成)の参加者を前にしたもので、口笛付きやんやのスタンディング・オベーションを受 けたものです。ヴィデオがあったのですが、日本に置き去りしました。いろんな多くの写真も無しで、これらの写真はグーグルで「発見」したものです。
 人生第一毛作、第二毛作、第三毛作の経営者人生延べ60余年を後にした現在のヨシダは自称「人生第四毛作」を演出中!ってところです。
 80歳直前にこの 国フィリピンに永住して現在に至るものですが、ご覧のように経営者マインドそのままの人生第四毛作を演出中です。離日直前の16年間に及んだクライアント 会社は現在に至って、同社の「月例安全会議」に「ヨシダメッセージ」(A4板ビッシリ)をお届けしているクライアント関係にあることを誇りに思っていま す。
 ちなみに、肝心のこのヨシダウェブサイトですが、ウェブサイト編集既製ソフトを使わず、レイアウト等々は全て手製。お見苦しい点が多々あることを承知の 上の、「中身で勝負!」って気分で編集しています。でも、でもですが、その「編集実績容量」だけは天下一を誇ります!「データーサイズ(編集容量)」をクリックしていただくと、へ~!というお声が聞こえてきそうです。単行本に換算したら「ン拾冊相当分だぞ~!」が他愛もない自負です。まだまだ続く、これからが本番!といった感じのヨシダの自分史みたいなものだと位置づけているのがこの手作りウェブサイトです。
 言いたい放題、書きたい放題、まさにブログし放題・・・って感じですが、多少の過剰さは85歳のニッポン男児爺ちゃん・ヨシダの「ボケ防止」とご理解のうえ、ご寛容のほどお願いします。

 注: 以下、お気付きのように、本サイトにおける編集者のブログは「行換え&一字空け」の通常スタイルでなく、★or▼マークでそれらを代行しています。「縦長 式サイト」で字数が多いために、行換えによる過度のスペース取りを防ぐためです。多くの新聞コラムが採用されているスタイルを真似ましたので、ご理解くだ さい。
 なお、「縦長式トップサイト」の利点を手前ミソですが指摘するとしたら、通常のトップサイトにみられるような、左右に別のコラム群を掲載していて、目を左右に動かさないと見落とすのに対して、本サイトは縦方向だけに目を向けることから、ゼッタイに見落とししません。・・・とはこの道の素人のやせ我慢ですが、多くのウェブサイトをみても、そういった点を感じます。目をキョロキョロと左右に移動する常態です。85歳の爺ちゃんはなお更のこと、少々シンドイ感じで、本流上下だけで済ます場合がほとんどであることを否定しません。 
 

              ウィキペディアから拾った6月23日のできごと  
                      (過去のきょうのできごと一覧表)
                       (英語版きょうのできごと;June 23
  このコラムは2014年4月21日にi開設したのものですが、編集の在り方に色々と変化をしてきました。ウィキペディアにある「きょうのできごと」(日本語版)の 全てを一応そのまま転記し、折角ある多くのリンクでも「できごとの内容」が理解できないのが多いことと、加えて「絵物語」的な編集手法で編集者サイドの判 断で当該写真資料等を選択して表示することにしています★本コラム編集の最大の魅力は、編集過程で自然に「世界史の一端」を学ぶことができることです。過去のものは(「きょうのできごと」記録集)に収録しています。「英語版きょうのできごと」もありますのでクリックしてご覧ください。
1
3 「1611 Henry Hudson rebel」の画像検索結果「1611 Henry Hudson rebel」の画像検索結果「1611 Henry Hudson rebel」の画像検索結果  「1611 Henry Hudson rebel」の画像検索結果  「1611 Henry Hudson rebel」の画像検索結果 「missing in action」の画像検索結果
  関連画像「1611 Henry Hudson rebel」の画像検索結果   「1611 Henry Hudson rebel」の画像検索結果  「1611 Henry Hudson rebel」の画像検索結果  「1611 Henry Hudson rebel」の画像検索結果
5     「Battle of Plassey」の画像検索結果    「Battle of Plassey」の画像検索結果 「Battle of Plassey」の画像検索結果
 9「John Jacob Astor established a fur company」の画像検索結果「John Jacob Astor american fir company」の画像検索結果「John Jacob Astor american fir company」の画像検索結果「John Jacob Astor american fir company」の画像検索結果     「John Jacob Astor american fir company」の画像検索結果
12 「christopher latham sholes inventions」の画像検索結果関連画像「christopher latham sholes inventions」の画像検索結果    「christopher latham sholes inventions」の画像検索結果    「christopher latham sholes inventions」の画像検索結果「christopher latham sholes inventions」の画像検索結果  「christopher latham sholes inventions」の画像検索結果
14「1887, first national park in canada, banff」の画像検索結果       「1887, first national park in canada, banff」の画像検索結果    「1887, first national park in canada, banff」の画像検索結果       「1887, first national park in canada, banff」の画像検索結果
  「1887, first national park in canada, banff」の画像検索結果        「banff 2016」の画像検索結果 21 「Wiley Post」の画像検索結果「Wiley Post」の画像検索結果
 「Wiley Post」の画像検索結果「Wiley Post」の画像検索結果「Wiley Post」の画像検索結果          「Wiley Post」の画像検索結果24
 
 
32
41
(1)1281年弘安4年6月6日) - 弘安の役軍が九州に再襲来。
(2)1565年 - マルタ包囲戦: オスマン帝国海軍トゥルグト・レイス英語版が戦死。
(3)1611年 - カナダ北東部を探検中のヘンリー・ハドソンの船で反乱が起き、ハドソンとその息子、6人の部下が本船から下ろされて小船に置き去りにされる。以降の消息は不明。
(4)1683年 - ウィリアム・ペンペンシルベニアレナペ族と友好協定を結ぶ。
(5)1757年 - プラッシーの戦い。イギリス・イギリス東インド会社軍がフランスのベンガル土侯連合軍を破る。インドのイギリス支配が決定。
(6)1758年 - 七年戦争: クレーフェルトの戦い
(7)1760年 - 七年戦争: ランデスフートの戦い
(8)1780年 - アメリカ独立戦争: スプリングフィールドの戦い
(9)1810年 - ジョン・ジェイコブ・アスター太平洋毛皮会社英語版を設立。
(10)1812年 - ナポレオン戦争: ナポレオンロシアに侵攻、1812年ロシア戦役が始まる。
(11)1860年 - アメリカ合衆国議会合衆国政府印刷局を設置。
(12)1868年 - 新聞編集者クリストファー・レイサム・ショールズタイプライターの特許を取得。
(13)1885年 - ソールズベリー侯爵ロバート・ガスコイン=セシルがイギリスの第44代首相に就任。
(14)1887年 - カナダ初の国立公園バンフ国立公園設置。
(15)1894年 - 国際オリンピック委員会ピエール・ド・クーベルタン男爵の先導によってパリ・ソルボンヌで設立。
(16)1907年 - 『朝日新聞』で夏目漱石の『虞美人草』が連載開始。
(17)1909年 - スリの大親分・富田銀次郎(仕立屋銀次)を日暮里で逮捕。
(18)1915年 - 第一次世界大戦: 第一次イゾンツォの戦い
(19)1919年 - エストニア独立戦争英語版: ヴェンデンの戦い英語版が終結。エストニア軍がバルト連合公国軍に勝利。(リトアニアの戦勝記念日)
(20)1925年 - 沙基事件。中国の広州市沙基で五・三〇事件に刺激された反英デモが起こり、イギリス兵が発砲して多数の中国人が死傷。
(21)1931年 - ウィリー・ポストハロルド・ガティ英語版世界一周飛行に出発。7月1日に帰着し、8日間15時間51分の記録を樹立。
(22)1932年 - 三島徳七MK鋼特許を取得。
(23)1941年 - 第二次世界大戦バルト諸国占領: ドイツのソ連侵攻に乗じてリトアニアソビエト連邦からの独立を宣言。
(24)1944年 - 北海道壮瞥町有珠山東麓の畑地が噴火。昭和新山が誕生。
(25)1945年 - 第二次世界大戦: 沖縄守備軍司令官牛島満が摩文仁司令部で自決(前日〈22日〉との異説あり)。沖縄戦の組織的抵抗が終結したとされる。
(26)1945年 - 国民義勇兵役法公布。
(27)1947年 - 神奈川税務署員殉職事件。戦後の混乱期に密造酒の販売を行っていた在日韓国・朝鮮人集落を取り締まった税務署の職員が税務署からの帰宅途中に在日朝鮮人数名に囲まれ暴行を受け殉職。
(28)1948年 - 昭和電工事件: 昭和電工社長の日野原節三が逮捕される。
(29)1959年 - イギリスアメリカ原子爆弾開発に貢献する一方、ソ連に機密情報を流していた物理学者クラウス・フックスが、9年間の収監の後に釈放される。
(30)1961年 - 南極条約が発効。
(31)1964年 - 熊本県・下筌ダムの建設反対派の拠点「蜂ノ巣城」が強制撤去される。
(32)1967年 - 冷戦: アメリカ大統領リンドン・ジョンソンとソ連首相アレクセイ・コスイギンニュージャージー州グラスボロで会見。(グラスボロ・サミット会議英語版
(33)1969年 - 宇宙開発事業団法公布。
(34)1970年 - 午前0時に日米安全保障条約が自動延長。
(35)1973年 - 自衛隊機乗り逃げ事件発生。
(36)1982年 - 東北新幹線大宮駅 - 盛岡駅間が開業。
(37)1985年 - インド航空182便爆破事件成田空港手荷物爆発事件
(38)1989年 - 中国共産党第13期4中全会で総書記の趙紫陽が全職務を解任され、以降自宅軟禁下に置かれる。
(39)1991年 - ル・マン24時間レースにて、マツダ・787Bが日本車及びロータリーエンジン搭載車として初優勝。
(40)1993年 - 小沢一郎羽田孜らが新生党を結成。
(41)1995年 - 沖縄県の平和祈念公園に戦没者23万4千名の氏名を刻んだ平和の礎を建立。
(42)1996年 - 任天堂NINTENDO64を発売。
(43)1999年 - 男女共同参画社会基本法公布・施行。
(44)2002年 - 岡山県新見市で初の電子投票による市議会議員・市長選挙。
(45)2004年 - 渋谷駅駅員銃撃事件
(46)2008年 - 朝日放送(ABC)が大阪市福島区福島の新社屋から放送開始。
(47)2009年 - 東京高裁足利事件再審開始を決定。
(48)2014年 - 日本学術会議が、提言「男女共同参画社会の形成に向けた民法改正」において選択的夫婦別姓制度の導入を提言[1][2]
(49)2016年 - 改正風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律が施行。社交ダンスディスコが原則として風俗営業から除外された。
(50)2016年 - イギリス欧州連合 (EU) 離脱の是非を問う国民投票が執行。  (278.51KB)

                                   編集者のダイアリー・コーナー
         www.a-bombsurvivor.coml/2014.10.28.newweb/yuukidiary/2017.june.third.html
 (注)トップサイトの日付変更をフィリピンのインタネット接続状況不安定なことを考慮して、午後6時前後の時間帯で早めにすることにしています。ために、本欄「編集者のダイアリー・コーナーのはじめの部分は前日夕刻から深夜に至る記事編集があるという二日間を跨る取材記事掲載という形を形成していますのでご承知ください。(2017年5月19日記) (追記)上掲のリンクが最新のものに変わらないといけないのですが、どうしたことか、前回(中旬)のままです。インタネット接続の関係だと思うのですが頭を抱えています・・・(6月21日追記)。
                 2017年6月23日(金)
 

本日「6月23日のできごと」でヨシダが特に関心を抱くのは、なんと言っても、「 (25)1945年 - 第二次世界大戦: 沖縄守備軍司令官牛島満が摩文仁司令部で自決(前日〈22日〉との異説あり)。沖縄戦の組織的抵抗が終結したとされる。 」です★「異説あり」ということで後日の確定的なものがあるのではという気持ちで当該画像の添付を見送ったことを悔やんでいます。・・・本コラムで後刻に掲載することを考えています★沖縄には本土変換直後、ヨシダが前妻(曰く因縁ある理由で離婚)の故養父母経営の運送会社を継承して間もない時代のこと★ちなみに、当時のヨシダは英語力を駆使して米国の同業者と文通で新技術をモノにし、全国をまたに駆けて技術指導や講演をしていたもので、その独立自営業を投げ打ってその運送会社を継承余儀なくした時代。当時属していた協同組合主催の「沖縄業界視察」が名目★その後は2回の沖縄行きで計3回の沖縄訪問者です。2回目は米国占領下の名残りである「個人トラック制度」が沖縄に遺っていることからでしたが、人生第三毛作は「経営コンサルタント」時代に手をつけた「トラック運送業界の規制緩和提言活動(個人トラック制度導入)」の現地視察旅行★第3回目の沖縄訪問は、当時の業界で促進中の「トラック運送業界近代化促進運動」の一環としての講演講師でした。社団法人全日本トラック協会主催の公式かつ、規模の大きい事業への協力でした★実は、その時の講演の冒頭に言及したのが「ヨシダの体験上の沖縄観」でした。具体的には、原爆被災者の立場から観た沖縄戦の悲劇」への言及でした。手短に表現すれば、「ヒロシマ・ナガサキだけが被害者じあな断じてない!沖縄の悲劇がある!」といった感じ。ヨシダ自論は仮定法的ですが、「もし、東京大空襲で日本が降伏していたら、沖縄の悲劇は無かっただろう。沖縄悲劇で日本が降参していら、ヒロシマ悲劇もさらに、ナガサキ悲劇も・・・」でして、その延長線上に披瀝したヨシダ論は「・・・それでも降参しなかっらコクラやニイガタの被爆・・・」といったことに言及を躊躇わなかったのが当時の「ヨシダ講演の冒頭言及」だったのです★講演後のパーティーで歩み寄って人物が言ってくれました。「吉田先生の仮定法的な冒頭の言葉は沖縄県民にとって、ナットクという感じでした・・・」と★・・・と、本日の沖縄戦の悲劇に関する記事にヒットして思わず一気に、こんな感想をブログした次第です。(以下、合掌をもって沖縄戦当該画像添付します。)(11:45)
       「沖縄戦悲劇」の画像検索結果「沖縄守備軍司令官牛島満が摩文仁司令部で自決」の画像検索結果「沖縄守備軍司令官牛島満が摩文仁司令部で自決」の画像検索結果   関連画像
  「沖縄守備軍司令官牛島満が摩文仁司令部で自決」の画像検索結果「沖縄守備軍司令官牛島満が摩文仁司令部で自決」の画像検索結果「沖縄守備軍司令官牛島満が摩文仁司令部で自決」の画像検索結果「沖縄守備軍司令官牛島満が摩文仁司令部で自決」の画像検索結果 
    「沖縄守備軍司令官牛島満が摩文仁司令部で自決」の画像検索結果「沖縄守備軍司令官牛島満が摩文仁司令部で自決」の画像検索結果「沖縄守備軍司令官牛島満が摩文仁司令部で自決」の画像検索結果 「沖縄守備軍司令官牛島満が摩文仁司令部で自決」の画像検索結果
     「沖縄戦悲劇」の画像検索結果「沖縄戦悲劇」の画像検索結果 「沖縄慰霊碑」の画像検索結果  
今朝一番の仕事は「today@VOA」2編の編修でした。「No.203(June 21, 2017)"On June 20, 1782, the US Congress adopts the Great Seal of the United States."」と「No.204(June 22, 2017)"On June 21, 1788, the US Constitution is ratified, making it the law of the land."」でした。去る18日のcPanelのアップ・デイティングの影響か、編集画面の消費容量(表示)が従来のそれよりも少なくなっている感じ。そうだとしたら、編集容量限度を意識して画像の削減等をしていたのが、その分、少なくて済むのでは・・・となにやら楽しみ(?)みたいです★じじつ、「編集者のダイアリー・コーナー」は一ヶ月を上・中・下旬に分けているのですが、上下分けでよくなるのかな?と。それにしても、騒がせたcPanel社側のアップデイティングでしたが、そうだとしたら改善アップデイティングってことになるがな・・・と。
「「写真の中の少年 僕の祖父 何を思っているのだろう」。梅雨の明けた沖縄は・・・」(日本経済新聞「春秋」2017.6.23.)と「「沖縄には「艦砲の食い残し」という言葉がある。鉄の暴風と形容された沖縄戦の艦砲射撃で家も家族も食い尽くされた・・・」。(東京新聞「筆洗」2017.6.23.)「 釣りや演芸会を楽しみ、満開のアンズに見ほれ、内地から届く週刊誌「サンデー毎日」を回し読みする――。ある日本兵が ・・・」(朝日新聞「天声人語」2017.6.23.)
・・・と、今朝の本コラムのヨシダブログが何だか順不同って感じがしないでもありませんが、先に進みます・・・★「日本男児よ、「昭和の経営者」の心意気を学べ 「信長の棺」の人気作家が現代の経営者に提言」(東洋経済ONLINE2017.6.23.加藤 廣 :小説家)が目にとまります。5ページびっしりの記事。「昭和の経営者」を自負するヨシダの感性にアピールします(笑)。早速に編集します・・・★「中見出し等」は、■37年の時間が日本企業のよさを失わせた――『男たちの履歴書』は36年も前の本ですが、復刻のきっかけは?、 ――実際に昭和の経営者たちを振り返ってみて、感じられたことはありましたでしょうか、■いちばん昭和らしいと感じる経営者は?――なるほど、昭和の企業のような心を今は日本経済全体が見失っているかもしれません。では、今回の本の中で、先生にとっていちばん、昭和らしいと感じる経営者は誰でしょうか、■歴史小説とビジネス書の共通点とは――ところで、先生は歴史小説家のイメージが強いのですが、かつてビジネス書を書いておられたことを初めて知って、驚いている読者も多いと思います、――歴史という共通項があったわけですね。すると、ビジネス書の執筆で鍛えられた「経営の歴史」を見る目は、小説を書くことにどのような形で活かされているのでしょう? ■「仕事の中に人生を入れるな」――日本経済の歴史から見たとき、なぜ、昭和の企業経営と今の企業経営とは、このように変わってしまったのでしょう?、■資本主義の暴走を食い止めるには「謙虚さ」が必要 ――資本主義の限界が見えつつある今こそ、昭和の経営にあった「心」を取り戻すべきなのかもしれません。では、最後に、この本で先生が最も伝えたいことをお聞かせください・・・と続きます★
  「加藤 廣」の画像検索結果「信長の棺」の画像検索結果
本日の「today@VOA」編集は、「No.205(June 23, 2017) :"On June 22, 1944, President Franklin D. Roosevelt signs the G.I. Bill,"」です。その触りの画像を幾つか下記に添付します。(13:20)
  
 


                末尾の特別情報お知らせコーナー
 トップページ最終下段場所のこのコラムはわが長い人生なかんずく、去る2009年1月にフィリピンを「終の棲家」として移住して現在に至る身の中で執筆した特別に印象深くしている小文を時おり時機を変えて掲載することにしているものです。その舞台裏は上掲のタイトルをクリックするとご覧いただけますが特定のものを除いて再編集中です。(2017年3月28日記)

              ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
        (自慢話でなく、意義深く、想い出の数々を秘めてのヨシダロマンものです)

  大人気ないことで恐縮ですが、ヨシダが密かに抱く自慢のひとつを末尾に掲載します。それはよく知られている英語の詩文などを丸暗記して朗誦できることです。"Lord's Prayer "(主の祈り), "The Lion's Code of Ethics"(ライオンズクラブ道徳綱領), "Lincoln's Gettysburg's Address" (リンカーン大統領のゲティスバーグ演説), "Youth "(青春の詩), "My Way "(マイ・ウエイ)がそれです。もとはクルマを運転中でも気が向けば大きな声でやったもの。現在では、車いすで庭に出て日光浴を楽しむ折に、呟くように、といった按配。大きく口を明けてやると、通りかかりの人に独り言をブツブツやっていると失笑されかねませんから・・・(笑)。・・・と、ここからは2017年5月31日をもって実践していることを追ブロします。先日、お手伝いのセニーさん(家長・アーネルの姉)は英語は殆どダメ。ヨシダが彼女にトライする英語は「子供を対象にした幼稚語的英語」。でも、これってかなりの熟達英語力がなかったら出来っこない業ですよ(笑)。その彼女に身振り手振りの稚児的英語で「大きな声で朗々とやるのでその積りでネ、と。彼女曰く、「イイことじゃん!」と、理解を示してくれました。今では堂々かつ、これ見よがし(?)といったほどの意気込みをもって朗々と・・・って按配に転じています。実に爽快デス!
 ところで、その英語朗誦習慣ですが、そこに至るプロセスからお伝えさせてください。健康管理の名をもっ て習慣とした自己流ストレッチング体操のあとの朝風呂のバスタブ内でのこと。汗を流すまでの時間を有効活用するために思いついたのがその動機。もっとも、 フィリピンに来てからはバスタブで熱い湯に浸かることはなくなりましたので、日課とまではいかなくなりましたが、前述したようにな形で見事に(?)朗誦復帰をしています。正味8分間の英語朗誦です。順を追って説明させてください。


"Lord's Prayer "(主の祈り)
  高校生時代に広島県下高校英語弁論大会で優勝したのが縁で親しくして感化を受けたのがアメリカ人女性宣教師のアンダーソンさんという人物。二十歳になって 洗礼を受けました。英語のバイブル・クラスで通訳も演じたものでしたが、当時から「主の祈り」に馴染んだお陰で暗誦英語のナンバーワンになりました。
 「主の祈り」に蛇 足のエピソードを追記します。くだんのアンダーソン女史が弁論大会で紹介してくれたのが教え子の村上芳野さんという人物。当時の広島大学天文学教授の娘さ ん。後年、ヨシダが結婚(残念、別の女性!しかも、離婚!)した折に仲人役になっていただいたご人物。 
 後年、出版社が募集した懸賞論文に応募して「佳作」に なった拙著が掲載された分厚い書籍「初恋、初カレ、初カノジョ」(文芸社刊・全366頁)に掲載されました。題して、
人生の恩人 プラトニックラヴした永遠のカノジョ」がそれです。「主の祈り」のコラムに、こんな私的なものを掲載するにはそれなりの純粋な青年時代の想い出があることをもって追記するものです。
   http://www.a-bombsurvivor.com/contents/writing/writing_No.1/writing_No.1-21.jpg

"Lincoln's Gettysburg's Address" (リンカーン大統領のゲティスバーグ演説)
 ご 存知のように、「人民の、人民による、人民のための・・・」で日本人にも馴染み深いものであることに関心を持ちました。これには、深い想い出があります。 1993年に一ヶ月間の単身米国取材旅行をした折のこと。かのリンカーン記念館でのエピソードがあります。下記にそれを想起する写真の幾つかを添付しつつ 記します。
 同記念館のホールはリンカーン像の前でのこと。壁面にくだんのスピーチがあるのを観て感無量。偶然にヨシダの横に立っていた背の高いアメリカ人 に語りかけ、このスピーチは暗誦しているんです、と。ぜひとも聴かせて!ということから、調子にのって始めましたが、途中で止めようとしたら、Go on, please! に促されて最後まで。彼曰く、「ひと昔前は小学校生徒たちも暗誦させられたのですが、現代では・・・」と、肩をすくめました。
 ある年次の「9.11記念式典」でこの演説を朗誦するあるアメリカ人政治家の姿が目にとまりました。「オレも負けないぞ~!」と感じたものでした。アメリカではアメリカ人の前では、 ちょっと自慢できるこれは「ヨシダの特芸」(?)と自負します。 

       「1863, lincoln address at gettysburg」の画像検索結果「1863, lincoln address at gettysburg」の画像検索結果    「1863, lincoln address at gettysburg」の画像検索結果
                    「Lincoln Memorial」の画像検索結果     「Lincoln Memorial」の画像検索結果「Lincoln Memorial」の画像検索結果
 

"The Lion's Code of Ethics"(ライオンズクラブ道徳綱領)
  ヨシダが広島県下「336-地区」のキャビネット・情報委員長を務めた時代のこと。ライオンズクラブ国際協会会長ウルマンさんの公式訪問を前のこと。同米 人会長が殊のほかそれを愛しておられたことを知り、それを暗誦できるようにしてお目にかけよう、という単純な発想でした。後日のこと、広島市長への公式訪 問時にご一緒した折の話でそれを伝えたらビックリして言われました。「そりゃ、驚きだ。暗誦できるライオン(同士)は今までにない・・・」と。余談です が、国際会長表彰を後日受賞したのですが、その背景にはキャビネット情報委員長兼「地区誌編集長」(年4回、各40ページ)」の立場にあって、任期中の取 材を兼ねた各会合出席回数は実に任期1年間で100回を記録、後にも先にもない委員長の名を成したものです。
                
                 
"Youth "(青春の詩)
 
この詩は日 本の多くの経営者にも愛さ れるもの。かのマッカーサー元帥がフィリピン駐在中に日本軍が入り込んだ同元帥のオフィスの壁にかかっていたとか。ヨシダ個人としての人生観に通じること から選択しました。同詩の最後の一節に「・・・80歳にして若く死す」というくだり。You may die young at eighty.に付け加えることにしているのが、In Yoshida's own words, at a hundred and twenty! と。119歳まで生きたフィリピンの女性のことを胸にって、随分と欲張ったヨシダ流の朗誦文にしています。

 「samuel ullman youth poem」の画像検索結果

  本詩に関する書籍があります。「『青春』という名の詩 幻の詩人サムエル・ルマン」(宇野収・佐山宗久共著・産業能率大学出版部刊・145頁)がそれ。著 者はこの執筆のために米国に長期間滞在して取材されました。日本新聞が大きく報道した経緯もありました。ところで、この詩を愛唱したマッカーサー元帥と言 えば、フィリピンには身近な軍人人物です。マニラタイムズ紙でヒットした記事「Behind every great man  The women in  the life of General Douglas MacArthur」をリンクしてご参考に供します

"My Way "(マイ・ウエイ)
  これは日本人にも馴染み深い歌です。8分間の朗誦を終えるに相応しい最後のもの。末尾のセリフ「...This is my way....(これが私の生き様です)に自身の生き方をオーバーラップする(できる)からです。だれがどう言おうと、批評しようとも、オレは俺の生き方 を選択して悔いは全く無い、と確信するのがフランク・シナトラの本音のホンネ。
ヨシダはそれを「わがヨシダのマイ・ウエイ」として歌い、かつ朗誦してきています。とりわけ、末尾のYes, this my (own) wayの瞬間に想うこと。それは、「イエス!此処フィリピンに骨を埋めるのはオレ自身が決断実践した人生選択肢だ、との想いを込めて、です。
 日本で始めての女性衆議院議長を務めた社会党の故・土井たか子さんも大好きで、張りのある声で歌われたのが、この締めくくりの「マイ・ウエイ」
。 土井さんの「マイウエイ」を歌う姿を追いながら、やっと見つけた小さな同女史の歌う白黒写真。ステージに立って片手マイクの姿が最適と判断して特別に添付 しました。なお、もう一枚の同女史の写真は史上初の衆議院議長を務められた時の「胸を張って毅然としての発言姿!」。議長席から発言者を指名する時の姿。 従来の「○○君!」でなく、「○○さ~ん!」
の姿です。
        ★なお、末尾にあしらった米漫画「スヌーピー君」のひとコマ。ワンちゃんを相手に言っている言葉にヨシダは深~い味わいを感じます。それは 「自然に到達したヨシダの「自利から利他の人生選択肢」のヨシダ人生観に通じるものがあるからです。漫画主人公スヌーピー君曰く、"What would you say if I told you I was going to devote the rest of my life to making you happy?"(ボクの余生はお前さんを幸せにするためだと言ったらどう思うかい?)とは、なんとも微笑ましいひとコマでしょう!前記したヨシダ人生観に通じるし、ヨシダ自称実践中の「相互扶助精神に基づく運命共同体生活」によるフィリピン人家族との共同生活の精神にも通じることから、この漫画コーナーは「常時掲載」することにしています。ヨシダ精一杯の(?)ユーモアです(笑)。  
   「余生」の画像検索結果 「the peanuts」の画像検索結果「the peanuts」の画像検索結果「the peanuts」の画像検索結果  
                     では、またのお越しをお待ちしていま~す! ご機嫌よろしゅう!
                                                   (576.67KB)
                        2017年6月23日(金)   
                 “生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”  
                          
吉田祐起
                        
 (満85歳7ヶ月)
             (フィリピン共和国ラグーナ州サンタ・ローサ市在住)
                E-mail:yoshida@a-bombsurvivor.com
        URL(日本語版):http://www.abombsurvivor.com/index_japanese.html
                        URL(英語版):http://www.abombsurvivor.com