「ヨシダ・ウェブサイト」編集に大きな変化を考えた再編集をしました。(お知らせ)
事の始めは去る今年3月9日のこと。ウェブサイト編集ソフト(cPanel)の予告ナシのソフト変更のために、従来の同ソフトで可能だった「編集済みファイルの自動的リンク可能なファイル(その名称を知らない編集長)転換」ができなくなり、その都度の同ファイル処理作業が不可欠なったことからヨシダマインドは大混乱!母国ニッポンでは考えられないような突然の大変化。なにせ、近年主力の「インタネット情報&ヨシダブログ」だけでも2017年3月14日現在でNo.6776!到底、今後の編集記事の転換作業には手が届かない常態に至ったものでした。
 遂行錯誤の末にようやく問題解決して正常の復帰しつつありますが、この出来事を機に、今まで主力的なコラムであったと自負してきた
インタネット情報&ヨシダブログ」に一応、ピリオッドを打って、編集者のダイアリー・コーナーを主流にしたものへの大転換にシフトしました。と、そんなこともあってのことですが、年齢に相応しく、かつ、立場を考えてのこととして、通常の個人的ブログ的な内容にシフトすることを考えるに至りました。85歳爺ちゃんらしく、おとなしく、かつささやかな文字通りの「ヨシダブログ」的なウェブサイトつくりに徹することが賢明と考えるに至りました。編集者の立場で「独り言的なブログ」をすることに徹したほうが可愛げがある(?)って気分に到達しました。欲求不満(もともとそれが無いヨシダですが・・・)も有り得ないゾ~!って気分になることへの発想の転換って按配デス!(2017年3月27日記)

    「吉田祐起」の画像検索結果 http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg 
    吉田祐起(Yuuki Yoshida) 満85歳5か月 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ"

 左の写真は偶然にも2011年3月11日の東日本大災害の直前数時間前に写したもので、その直後に停電になりました。ちなみに、この写真はジャパンタイムズ紙(下記No.20)インタビュー記事のものです。写真右は2014年9月11日のパスポート更新で写したもの。エッ?最近のものは?近年は「ステテコ&半そで」ですので、近い将来に予定する「サンタローサ・ハイツ」近くの新家屋に移ったら、立派なオフィスを背にした正装(姿)で写す予定です(笑)。
                 コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧<株>ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ
(2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」
15."A-bomb and Me"(原爆と私)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下」 
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'(ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」( 編)
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
27.インタネット情報&ヨシダブログ
28.過去の日本語版トップサイト一覧表(再編集中)
(末尾27の「インタネット情報&ヨシダブログ」は、2012年3月9日~2017年3月15日の3年間で実にNo.6766編まで続けたコラムですが、編集ソフト(cPanel)のソフト変更でリンク用ファイル作成が従来の自動的から手作業に改悪されたことが動機で終止符を打ったものです。 「リンクリスト」 をクリックすると過去の膨大なコピーがご覧いただけます。なお、本コラムに替わるものとして「編集者のダイアリー・コーナー」に転じています。

                    English               
            2017年4月2日(日)
       
           Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手 製のささやかなウェブサイトですが、ボリュームだけは人後に落ちません!「データーサイズ(編集容量)」 (1ページ当たりの編集容量)
にみる.主要企業を横目に、ヨシダサイトは量的にはトップ・クラスを自負しています。画像も含めてのボリュームですが、単行本に換算したら「ン拾冊相当のボリュームだそ~!」とヘンなところで自負しています(笑)。
        過去の日本語版トップサイト一覧表
     「
English top site records(End of the day)
「吉田祐起」の画像検索結果 「吉田祐起」の画像検索結果  「吉田祐起」の画像検索結果     「吉田祐起」の画像検索結果「吉田祐起」の画像検索結果
 上の写真はこのウェブサイトを立ち上げた2001年頃のものです。60歳を過ぎてスタートした自称「人生第三毛作」時代で、離日2009年1月直前まで の16年間の株式会社ロジタント(Logitant,Inc.)(Logistic & Logical Consultant)社長時代のものです。広島市中心地に本社事務所を構えたものの、当時のクルマは米車フォード・トーラスで燃費や片道30数キロでム ダが少なくなかったことから、当時、「同棲居候中(笑)」のカノジョの助言に従って、同自宅のSOHO(Small Office Home Office)に転じた頃のものです。
 このウェブサイトの立ち上げはその最中の時代でした。上掲の写真で特記したいことは、米国に本部を持つ「SAMの会」(The Society for Advancement Management)の広島支部長時代に国際賞を受賞してその授賞式晩餐会(ラスヴェガス)で9分間のスピーチを した時のもの。3百人(経営者・大学教授・大学院生各三分の一づつの構成)の参加者を前にしたもので、口笛付きやんやのスタンディング・オベーションを受 けたものです。ヴィデオがあったのですが、日本に置き去りしました。いろんな多くの写真も無しで、これらの写真はグーグルで「発見」したものです。
 人生第一毛作、第二毛作、第三毛作の経営者人生延べ60余年を後にした現在のヨシダは自称「人生第四毛作」を演出中!ってところです。
 80歳直前にこの 国フィリピンに永住して現在に至るものですが、ご覧のように経営者マインドそのままの人生第四毛作を演出中です。離日直前の16年間に及んだクライアント 会社は現在に至って、同社の「月例安全会議」に「ヨシダメッセージ」(A4板ビッシリ)をお届けしているクライアント関係にあることを誇りに思っていま す。
 ちなみに、肝心のこのヨシダウェブサイトですが、ウェブサイト編集既製ソフトを使わず、レイアウト等々は全て手製。お見苦しい点が多々あることを承知の 上の、「中身で勝負!」って気分で編集しています。でも、でもですが、その「編集実績容量」だけは天下一を誇ります!「データーサイズ(編集容量)」をクリックしていただくと、へ~!というお声が聞こえてきそうです。単行本に換算したら「ン拾冊相当分だぞ~!」が他愛もない自負です。まだまだ続く、これからが本番!といった感じのヨシダの自分史みたいなものだと位置づけているのがこの手作りウェブサイトです。
 言いたい放題、書きたい放題、まさにブログし放題・・・って感じですが、多少の過剰さは85歳のニッポン男児爺ちゃん・ヨシダの「ボケ防止」とご理解のうえ、ご寛容のほどお願いします。
 注: 以下、お気付きのように、本サイトにおける編集者のブログは「行換え&一字空け」の通常スタイルでなく、★or▼マークでそれらを代行しています。「縦長 式サイト」で字数が多いために、行換えによる過度のスペース取りを防ぐためです。多くの新聞コラムが採用されているスタイルを真似ましたので、ご理解くだ さい。
 なお、「縦長式トップサイト」の利点を手前ミソですが指摘するとしたら、通常のトップサイトにみられるような、左右に別のコラム群を掲載していて、目を左右に動かさないと見落とすのに対して、本サイトは縦方向だけに目を向けることから、ゼッタイに見落とししません。・・・とはこの道の素人のやせ我慢ですが、多くのウェブサイトをみても、そういった点を感じます。目をキョロキョロと左右に移動する常態です。85歳の爺ちゃんはなお更のこと、少々シンドイ感じで、本流上下だけで済ます場合がほとんどであることを否定しません。 
 

           「ウィキペディアから拾った4月2日のできごと」  
               (過去のきょうのできごと一覧表)
            (英語版きょうのできごと;April  2
  このコラムは2014年4月21日にi開設したのものですが、編集の在り方に色々と変化をしてきました。ウィキペディアにある「きょうのできごと」(日本語版)の 全てを一応そのまま転記し、折角ある多くのリンクでも「できごとの内容」が理解できないのが多いことと、加えて「絵物語」的な 編集手法で編集者サイドの判 断で当該写真資料等を選択して表示したものです★過去のものは(「きょうのできごと」記録集)に収録しており、その編集振りの進歩や変化も窺えます。
3「後醍醐天皇元弘の乱」の画像検索結果「後醍醐天皇元弘の乱」の画像検索結果     「元弘の乱」の画像検索結果    「元弘の乱」の画像検索結果「後醍醐天皇元弘の乱」の画像検索結果「後醍醐天皇元弘の乱」の画像検索結果
           「後醍醐天皇元弘の乱」の画像検索結果 「後醍醐天皇隠岐」の画像検索結果「後醍醐天皇隠岐」の画像検索結果 「後醍醐天皇隠岐」の画像検索結果  
          5「1624年 猿若勘三郎初代中村勘三郎」の画像検索結果「1624年 猿若勘三郎初代中村勘三郎」の画像検索結果「1624年 猿若勘三郎初代中村勘三郎」の画像検索結果「1624年 猿若勘三郎初代中村勘三郎」の画像検索結果 関連画像
        「1624年 猿若勘三郎初代中村勘三郎」の画像検索結果「1624年 猿若勘三郎初代中村勘三郎」の画像検索結果 「1624年 猿若勘三郎初代中村勘三郎」の画像検索結果「1624年 猿若勘三郎初代中村勘三郎」の画像検索結果 「十八代目中村勘三郎」の画像検索結果 
        8 「The Battle of Copenhagen」の画像検索結果「The Battle of Copenhagen」の画像検索結果   「The Battle of Copenhagen」の画像検索結果   「The Battle of Copenhagen」の画像検索結果
  「The Battle of Copenhagen」の画像検索結果「The Battle of Copenhagen」の画像検索結果   「nelson」の画像検索結果      「The Battle of Copenhagen」の画像検索結果「The Battle of Copenhagen, nelson」の画像検索結果
10「Kwaidan by koizumi」の画像検索結果「Kwaidan by koizumi」の画像検索結果「Kwaidan by koizumi」の画像検索結果「Kwaidan by koizumi」の画像検索結果関連画像「Kwaidan by koizumi」の画像検索結果 「Kwaidan by koizumi」の画像検索結果
   「Kwaidan by koizumi」の画像検索結果   「Kwaidan by koizumi」の画像検索結果「Kwaidan by koizumi」の画像検索結果12「1922年 - 『週刊朝日』『サンデー毎日』が創刊。」の画像検索結果「1922年 - 『週刊朝日』『サンデー毎日』が創刊。」の画像検索結果「1922年 - 『週刊朝日』『サンデー毎日』が創刊。」の画像検索結果
   「1922年 - 『週刊朝日』『サンデー毎日』が創刊。」の画像検索結果14 「1963, russia launched runa 4」の画像検索結果「1963, russia launched runa 4」の画像検索結果   「1963, russia launched runa 4」の画像検索結果              17「NHK特集」の画像検索結果 「NHK特集」の画像検索結果     関連画像 「NHKスペシャル」の画像検索結果 
  20   「1994–95 Major League Baseball strike」の画像検索結果    「1994–95 Major League Baseball strike」の画像検索結果   「1994–95 Major League Baseball strike」の画像検索結果「1994–95 Major League Baseball strike」の画像検索結果   「1994–95 Major League Baseball strike」の画像検索結果
 「1994–95 Major League Baseball strike」の画像検索結果「1994–95 Major League Baseball strike」の画像検索結果   22「2000年 - 小渕恵三内閣総理大臣体調不良記者会見」の画像検索結果 「2000年 - 小渕恵三内閣総理大臣体調不良記者会見」の画像検索結果       2  「2000年 - 小渕恵三内閣総理大臣倒れる」の画像検索結果
   
24「2007 Solomon Islands earthquake」の画像検索結果      「2007 Solomon Islands earthquake」の画像検索結果「2007 Solomon Islands earthquake」の画像検索結果      「2007 Solomon Islands earthquake」の画像検索結果
    「2007 Solomon Islands earthquake」の画像検索結果「2007 Solomon Islands earthquake」の画像検索結果25「garissa university college attack」の画像検索結果  「garissa university college attack」の画像検索結果  
           関連画像「garissa university college attack」の画像検索結果
       関連画像「garissa university college attack」の画像検索結果
   「en:Garissa University College attack」の画像検索結果「garissa university college attack」の画像検索結果「garissa university college attack」の画像検索結果「en:Garissa University College attack」の画像検索結果
(1)184年中平元年3月5日) - 黄巾の乱の各地で太平道の信徒が蜂起。
(2)1000年長保2年2月25日) - 女御藤原彰子が新たに一条天皇の皇后に冊立されて「中宮」を号し、中宮を号していた皇后藤原定子が「皇后宮」となる。
(3)1332年元弘2年/正慶元年3月7日) - 鎌倉幕府が、元弘の乱で挙兵した後醍醐天皇の隠岐への流罪を決定。
(4)1453年 - メフメト2世によるコンスタンティノープル攻防戦が始まる。
(5)1624年寛永元年2月15日) - 猿若勘三郎(初代中村勘三郎)が江戸京橋に猿若座(後の中村座)を開く。江戸歌舞伎の始まり。
(6)1783年 - ポートランド公爵ウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンクがイギリスの第15代首相に就任。
(7)1792年 - アメリカ合衆国造幣局設立。
(8)1801年 - ナポレオン戦争: コペンハーゲンの海戦
(9)1890年 - 皇紀2550年を記念して大和橿原宮跡に橿原神宮を創建。
(10)1904年 - 小泉八雲がアメリカで『怪談 (Kwaidan)』を刊行。
(11)1905年 - 瀬戸自動鉄道(現在の名鉄瀬戸線)で蒸気動車の運行が開始される。日本初の気動車運行。
(12)1922年 - 『週刊朝日』『サンデー毎日』が創刊。
(13)1951年 - 岩倉具視の肖像の新500円札が発行される。
(14)1963年 - ソ連が無人月探査機「ルナ4号」を打上げ。
(15)1979年 - テレビアニメ『ドラえもん』が放送開始。
(16)1982年 - フォークランド紛争: アルゼンチン軍が英領フォークランド諸島(マルビナス諸島)を占領。イギリスアルゼンチンとの国交を断絶。
(17)1989年 - NHK特集を改めたNHKスペシャルNHKで放送開始。
(18)1989年 - ヤーセル・アラファートパレスチナ自治政府初代大統領に選任。
(19)1989年 - 日本飛行機専務宅放火殺人事件
(20)1995年 - 232日間に及ぶメジャーリーグベースボール選手会が決行したプロスポーツ史上最長ストライキが終結。(→1994年から1995年のMLBストライキ
(21)1997年 - 愛媛県靖国神社玉串訴訟で、最高裁が、愛媛県知事が靖国神社に玉串料を公費支出したのは違憲と判決。
(22)2000年 - 小渕恵三内閣総理大臣が体調不良を訴えて緊急入院、意識不明になる(5月14日に死去)。
(23)2005年 - 仙台アーケード街トラック暴走事件。3名が死亡。
(24)2007年 - ソロモン諸島付近で、マグニチュード8.0の大地震発生(ソロモン諸島沖地震 (2007年)英語版)。周辺海域で津波による被害が発生し、20名以上死亡。
(25)2015年 - ケニアガリッサガリッサ大学を銃を持った男が襲撃し、147名が死亡(ガリッサ大学襲撃事件[1][2]。(454.56KB)

            編集者のダイアリー・コーナー
                                  2017年4月2日(日) 
★本日
「4月2日の「できごと」で関心を抱くのは、「(22)2000年 - 小渕恵三内閣総理大臣が体調不良を訴えて緊急入院、意識不明になる(5月14日に死去)。」です。ほかでもありません、死去される前のテレビ画面で、小渕さんが立って記者会見かなにかの場面でした。目を瞑ってフラフラとふらつく風情。アッ、こりゃ、只事でない!と直感したものでした。12日後の逝去でした。         
★今朝一番に目にとまるのは、「「絶望死」が増加する米国社会の暗い闇」(REUTERSロイター2017.4.2.)です。添付した写真説明曰く、「3月29日、1世紀以上ものあいだ、戦争か疫病、あるいは自然災害でもなければこのような状況は発生しなかった。だが、ソ連が崩壊したときにそれは起きた。写真は2014年、ニューヨークの夕暮れ(2017年 ロイター/Lucas Jackson)」☆右の2017年版写真はヨシダ引用です。2014年当時のこの種の全体画像が欲しいところではありますが・・・。ニューヨーク大停電(1977年)を想起する感じです。(10:10)
  「2014」の画像検索結果「「絶望死」が増加する米国社会の暗い闇」」の画像検索結果「vs」の画像検索結果 関連画像   「2017」の画像検索結果       「now」の画像検索結果「?」の画像検索結果   ★ところで、「自殺問題」に関してヨシダはある意味で関心を強くしています。その最初の動機は2004年4月出版のトラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」がその発端です。「痛ましい自殺者の数」、「自殺大国ニッポン」の中見出しで、4ページにもわたって実態を述べています。筆者のその意図は、職業運転手で自殺した例は無い、ということは、裏返せば職業的な悩みは無い。その分、ヨカッタと思おう、です☆本書は現在にして活かされています。9年間の顧問契約(ドライバー教育)を後に、フィリピン移住のためにお暇を頂戴したクライアント会社(東京)がありますが、現在に至っても新入社員(総合職員)に読まされて「感想文」が著者ヨシダに送られ、著者感想文を付してリターンしているシロモノです☆ちなみに、此処フィリピンの人たちの自殺率は最低部類です。「自殺率の国際比較」も併せてご参考に供します☆ヨシダが常夏の国に住んで痛感することに、母国ニッポンの高い自殺率の見逃せない理由の一つを「四季に恵まれたとする考えと裏腹にある、四季の生活環境やそれへの経済的対応への物心面の負担や悩み・・・」とする意見を招来しています。(10:30)
★「トランプ政権の実行力を議論しても無意味だ マーケットの目はすでに米国の実体経済へ」(東洋経済ONLINE2017.4.2.馬渕 治好 :ブーケ・ド・フルーレット代表、米国CFA協会認定証券アナリスト)がなんだか虚しい(?)感じ。その分、見放された(?)ってもの?☆「中見出し」は、■どうせ実現しない政策を議論しても仕方ない、■市場の眼は政策から米国経済の実体へ、■やっぱり日本株にも春が来る?・・・と続きます。本記事筆者の末尾の言葉は、「・・・今はこうした春めいた明るい流れの中にいると位置づけ、今週の日経平均株価は、大きな上昇こそないものの、1万8850~19300円で推移すると見込む。」です。株価が米国実態経済に云々、実態経済が株価に云々・・・という見地からのトランプ政権の推測。・・・ちょっと、拍子抜けって感じです(笑)。ヨシダガ浮ける印象は、トランプ政権の存在感なし!(?)って感じ(笑)。安くみられたものと受けとめるのはヨシダ流です。(12:45)
「米国が北朝鮮を攻撃する「Xデー」はいつか 核兵器開発を傍観しているわけにいかない」(東洋経済ONLINE2017.4.2.)が不気味です。「中見出し」は、■米国が「次のステップ」に進む可能性は高まっている、■米国による攻撃はどの程度「破壊的」か、■トランプ大統領は予測不可能・・・と続きます。☆末尾の言葉が気懸かりです。曰く、「 トランプ大統領は、これまでの大統領の中で最も言動が予想できない大統領の1人である。これまでの大統領が北朝鮮に対する軍事的リスクを取らなかったからといって、彼もそうであるとは限らない。彼の行動は災いを招くかもしれない。しかし、「何もしない」ことは、将来の対立をより悪化させるとの非難を浴びることになるだろう。 」☆
      「「米国が北朝鮮を攻撃する「Xデー」はいつか 核兵器開発を傍観しているわけにいかない」」の画像検索結果 「「米国が北朝鮮を攻撃する「Xデー」はいつか 核兵器開発を傍観しているわけにいかない」」の画像検索結果「「米国が北朝鮮を攻撃する「Xデー」はいつか 核兵器開発を傍観しているわけにいかない」」の画像検索結果
★今日は日曜日だった!先ほどまでせっせと「きょうのできごと」は2017年 4月 3日2017年 4月 4日 を編集していました。2日分の貯金って按配で心豊か(?)です(笑)☆このところ、苦労していた「リンク張り」がどうやらかろうじて出来るみたいでひと安心です。でも、時々、迷うこともありますが、ま、ボケ防止と前向きに受けとめてガンバってま~す!☆ボツボツ、この辺りで「日付変更作業」には入ります。心の余裕をもって・・・。(17:00)  

          「末尾の特別情報お知らせコーナー(再編集中)
 
トップページ最終下段場所のこのコラムはわが長い人生なかんずく、去る2009年1月にフィリピンを「終の棲家」として移住して現在に至る身の中で執筆した特別に印象深くしている小文を時おり時機を変えて掲載することにしているものです。その舞台裏は上掲のタイトルをクリックするとご覧いただけますが特定のものを除いて再編集中です。(2017年3月28日記)

 財を遺すは下 事業を遺すは中 人を遺すは上  されど 財をなさずんば・・・     人生第一、第二、第三、第四毛作を通じてヨシダが抱き続ける名格言
     
  ”財を遺すは下 事業を遺すは中 人を遺すは上 
                  されど 財をなさずんば 事業保ち難く 
                        事業なくんば 人育ち難し”

 (中国唐代の大詩人・白楽天<772年(大暦7年) - 846年(会昌6年)>の言葉)  

  「『晩笑堂竹荘畫傳』」の画像検索結果「『晩笑堂竹荘畫傳』」の画像検索結果「『晩笑堂竹荘畫傳』」の画像検索結果
                        白楽天・『晩笑堂竹荘畫傳』より         
 人生第一、第二、第三毛作の通算62年間の経営者人生を通して好きな格言として愛唱してきている格言です。とりわけ、人生第ニ毛作時代 はトラック運送事業で「7社グループによる総合物流商社」体制を構築したなかで、米国から導入した「ジーバート自動車防錆処理事業(Ziebart Rust-proofing system)」が話題性を呼び、それが導火線みたいになって、運送業界関連紙・誌に加えて、一般のマスメディアにも結構取材を受けるなどしました。
  下記の写真は本誌にもヨシダの記事が多く登場したことから、請われてこのようなことになったものです。なにせ、毛書は我流もイイところで、人様にお見せす るには気恥ずかしさで一杯ですが、中身で勝負って気持ちで応じて出版されたものです。蛇足ですが、こんな調子の毛筆年賀状表書きを毎年4,5百枚書いたも のです。
 画面がちょっとボケていますが、下手くそでも言葉の意義を強調したいがために記録に取っていたものです。
白居易(はく きょい、772年(大暦7年) - 846年(会昌6年)字(あざな)を楽天と称した)は、中唐の詩人です。経営者としての存念を代弁して余りあることから、ご覧に入れる次第です。   

   「後藤新平氏 三島通陽氏」の画像検索結果関連画像 「少年団日本連盟」の画像検索結果 「後藤新平氏 三島通陽氏」の画像検索結果 「少年団日本連盟」の画像検索結果「日本ボーイスカウト」の画像検索結果「日本ボーイスカウト」の画像検索結果
 なお、グーグル資料によると、明治から昭和初期まで活躍した、医師であり政治家でもあった後藤新平氏は、自らが中心となって結成した、少年団日本連盟の副理事長 三島通陽氏に、こう言い遺したそうです。「よく聞け、金を残して死ぬ者は下だ。仕事を残して死ぬ者は中だ。人を残して死ぬ者は上だ。よく覚えておけ」と。
 また、別の資料によると、以下のように言われたとの説もあります、と。「財を遺すは下 事業を遺すは中 人を遺すは上なり されど財無くんば事業保ち難く、事業無くんば人育ち難し」・・・と。この名言の元祖が意外に知られていない感じです。   
 (追記)「・・・人を遺すは・・・」で、現在にして我ながら大きく自負できることを追記できるいことを誇りであり名誉と受けとめています。
 社名は伏せますが、ヨシダの離日直前までの16年間、各地で講演等コンサルティング活動を展開したなかで、東広島市の中堅運送会社とは初期の段階から16年間、東京の上場予定の老舗運送会社2社さんは9年間の離日までの最大のクライアントでした。
  「人を遺す」はすなわち、社員(人間)教育そのも。それを現在に至るも前出クライアントさんにご提供する栄に浴していることを大きな誇りとしています。前 者に対することは、「毎月の安全会議」に対する「ヨシダ・メッセージ」(A4板びっしり)の送付。後者に対することは、新入社員総合職に対するユニークは お手伝い。具体的には、拙著「
トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊) 」を通読した後の「感想文(会社が提示された同著を巡る質問等に対する新入社員の感想文)」を受け取り、著者の立場でその行間を割って著者意見・感想等を付してリターンする、という仕組み。一人分の「感想&著者コメント」はA4板で10ページ近くに及びます。
 ・・・と、自称「人生第四毛作」を演じてはや、7年。にも関わらず、その延長線上にヨシダの経営者(即・教育者)としての役割を果たす機会を与えられているのです。そんなことから、この格言「財を遺すは・・・」も現在にして実践しているのが85歳超のヨシダです。この格言は奇しくもヨシダ生涯の格言足り得る次第です。

  http://www.a-bombsurvivor.com/contents/writing/writing_No.1/writing_No.1-11.jpg
「財を遺すは下 事業を遺すは中 人を遺すは上    されど 財をなさずんば 事業保ち難く 事業なくんば 人育ち難し」の画像検索結果「財を遺すは下 」の画像検索結果
   http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果  関連画像
★なお、末尾にあしらた米漫画「スヌーピー君」のひとコマ。ワンちゃんを相手に言っている言葉にヨシダは深~い味わいを感じます。それは 「自然に到達したヨシダの「自利から他利の人生選択肢」のヨシダ人生観に通じるものがあるからです。マンが主人公スヌーピー君曰く、"What would you say if I told you I was going to devote the rest of my life to making you happy?"(ボクの余生はお前さんを幸せにするためだと言思うかい?)とは、なんとも微笑ましいひとコマでしょう!前記したヨシダ人生観に通じるし、数年来実践中の自称「相互扶助精神に基づく運命共同体生活」によるフィリピン人家族との共同生活の精神にも通じることから、この漫画コーナーは「常時掲載」することにしています。ヨシダ精一杯の(?)ユーモアです(笑)。    
  「余生」の画像検索結果 「the peanuts」の画像検索結果「the peanuts」の画像検索結果「the peanuts」の画像検索結果                              (657.47KB)               2017年4月2日(日)   
            “生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”  
                 
吉田祐起
               
 (満85歳5ヶ月)
         (フィリピン共和国ラグーナ州サンタ・ローサ市在住)
           E-mail:yoshida@a-bombsurvivor.com
        URL(日本語版):http://www.abombsurvivor.com/index_japanese.html
                        URL(英語版):http://www.abombsurvivor.com