このド素人的ホームページは本日8月28日で満85歳10ヶ月になった吉田祐起(本サイトでは「ヨシダ」と表現しています)が編集しているものです。編集ソフトの契約は米国本部の「cPanel」と称するソフトのフィリピン契約会社によるものです。編集ソフトはもとより、フィリピンの契約会社等との交渉や問い合わせ等々はすべて英語のみです。日本式のCSとは異なる一面があり、戸惑うことも少なくありませんが、郷に入れば郷に従え・・・って按配で何とか過ごしています。毎日のデスクワークは10時間を下りません。でも、元気ハツラツでやってます!ご覧のように、ホームページ編集ソフトを使わず、レイアウト等々のすべてはド素人的。ヨシダ流儀の編集は「縦長式」でして、両サイドにはなにも配さずに「縦長式一本」でして、スクロール・ダウンしながら全てに目が通せます。目を左右にキョロキョロさす必要がないのがせめてもと、自我自賛しています(笑)。 (2017年8月28日記)

  「吉田祐起」の画像検索結果
      吉田祐起(Yuuki Yoshida) 満86歳1か月 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 

 左の写真は偶然にも2011年3月11日の東日本大災害の直前数時間前に写したもので、その直後に停電になりました。ちなみに、この写真はジャパン・タイムズ紙「Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'」にどか~んと掲載されたものです。写真中央は2014年9月11日のパスポート更新の際に写したもの。右の写真は2017年10月21日に写した「ステテコ&半そで」の年中姿でデスクに向かう満86歳一週間前のものです。
                       コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧<株>ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ
(2010.11.30-2013.10.6)(注:編集者自身が実は驚いています!そうだった、こんなものを編集していたんだっけ!と。再編集してもっとかっこイイコラムにしようかな、と思っているところです。2017.6.22.)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
    本書はある動機を得ての5毛作への大転換自分史デス!
14.人生いろいろ いきいき ハツラツ わが人生は五毛作!
15."A-bomb and Me"(原爆と私)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下」 
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'(ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」( 編)
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
27.インタネット情報&ヨシダブログ
28.過去の日本語版トップサイト一覧表
29. グーグル検索習慣が招来したヨシダ二十歳(はたち)時代の想い出話とその関係画像ポリオアメリカ人女性芸術家との出会い

                         English               
                  2017年12月20日(水)
       
              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手 製のささやかなウェブサイトですが、ボリュームだけは人後に落ちません!「データーサイズ(編集容量)」 (1ページ当たりの編集容量)
にみる.主要企業を横目に、ヨシダサイトは量的にはトップ・クラスを自負しています。画像も含めてのボリュームですが、単行本に換算したら「ン拾冊相当のボリュームだそ~!」 とか、ファイル数にしたら227千余編にもなるんだゾ~!っと、ヘンなところで自負しています(笑)。
             過去の日本語版トップサイト一覧表
        「
English top site records(End of the day)
 「吉田祐起」の画像検索結果  「吉田祐起」の画像検索結果   「吉田祐起」の画像検索結果       「吉田祐起」の画像検索結果 「吉田祐起」の画像検索結果
 上の写真はこのウェブサイトを立ち上げた2001年頃のものです。60歳を過ぎてスタートした自称「人生第三毛作」時代で、離日2009年1月直前まで の16年間の株式会社ロジタント(Logitant,Inc.)(Logistic & Logical Consultant)社長時代のものです。広島市中心地に本社事務所を構えたものの、当時のクルマは米車フォード・トーラスで燃費や片道30数キロでム ダが少なくなかったことから、当時、「同棲居候中(笑)」のカノジョの助言に従って、同自宅のSOHO(Small Office Home Office)に転じた頃のものです。
 このウェブサイトの立ち上げはその最中の時代でした。上掲の写真で特記したいことは、米国に本部を持つ「SAMの会」(The Society for Advancement Management)の広島支部長時代に国際賞を受賞してその授賞式晩餐会(ラスヴェガス)で9分間のスピーチを した時のもの。3百人(経営者・大学教授・大学院生各三分の一づつの構成)の参加者を前にしたもので、口笛付きやんやのスタンディング・オベーションを受 けたものです。ヴィデオがあったのですが、日本に置き去りしました。いろんな多くの写真も無しで、これらの写真はグーグルで「発見」したものです。
 人生第一毛作、第二毛作、第三毛作の経営者人生延べ60余年を後にした現在のヨシダは自称「人生第四毛作」を演出中!ってところです。
 80歳直前にこの 国フィリピンに永住して現在に至るものですが、ご覧のように経営者マインドそのままの人生第四毛作を演出中です。離日直前の16年間に及んだクライアント 会社は現在に至って、同社の「月例安全会議」に「ヨシダメッセージ」(A4板ビッシリ)をお届けしているクライアント関係にあることを誇りに思っていま す。
 ちなみに、肝心のこのヨシダウェブサイトですが、ウェブサイト編集既製ソフトを使わず、レイアウト等々は全て手製。お見苦しい点が多々あることを承知の 上の、「中身で勝負!」って気分で編集しています。でも、でもですが、その「編集実績容量」だけは天下一を誇ります!「データーサイズ(編集容量)」をクリックしていただくと、へ~!というお声が聞こえてきそうです。単行本に換算したら「ン拾冊相当分だぞ~!」が他愛もない自負です。まだまだ続く、これからが本番!といった感じのヨシダの自分史みたいなものだと位置づけているのがこの手作りウェブサイトです。
 言いたい放題、書きたい放題、まさにブログし放題・・・って感じですが、多少の過剰さは85歳のニッポン男児爺ちゃん・ヨシダの「ボケ防止」とご理解のうえ、ご寛容のほどお願いします。
 注: 以下、お気付きのように、本サイトにおける編集者のブログは「行換え&一字空け」の通常スタイルでなく、★or▼マークでそれらを代行しています。「縦長 式サイト」で字数が多いために、行換えによる過度のスペース取りを防ぐためです。多くの新聞コラムが採用されているスタイルを真似ましたので、ご理解くだ さい。
 なお、「縦長式トップサイト」の利点を手前ミソですが指摘するとしたら、通常のトップサイトにみられるような、左右に別のコラム群を掲載していて、目を左右に動かさないと見落とすのに対して、本サイトは縦方向だけに目を向けることから、ゼッタイに見落とししません。・・・とはこの道の素人のやせ我慢ですが、多くのウェブサイトをみても、そういった点を感じます。目をキョロキョロと左右に移動する常態です。85歳の爺ちゃんはなお更のこと、少々シンドイ感じで、本流上下だけで済ます場合がほとんどであることを否定しません。 
 

              ウィキペディアから拾った12月20日のできごと
                      (英語版きょうのできごと;December 20
                       (過去のきょうのできごと一覧表)
  このコラムは2014年4月21日にi開設したのものですが、編集の在り方に色々と変化をしてきました。ウィキペディアにある「きょうのできごと」(日本語版)の 全てを一応そのまま転記し、折角ある多くのリンクでも「できごとの内容」が理解できないのが多いことと、加えて「絵物語」的な編集手法で編集者サイドの判 断で当該写真資料等を選択して表示することにしています★本コラム編集の最大の魅力は、編集過程で自然に「世界史の一端」を学ぶことができることです。過去のものは(「きょうのできごと」記録集)に収録しています。「英語版きょうのできごと」もありますのでクリックしてご覧ください。
(422.07KB/30.1KB/line)
        1「Aulus Vitellius Germanicus」の画像検索結果「Aulus Vitellius Germanicus」の画像検索結果「killed」の画像検索結果「by」の画像検索結果「rival」の画像検索結果「ウェスパシアヌス」の画像検索結果「ウェスパシアヌス」の画像検索結果
       「established」の画像検索結果「Flavius logo」の画像検索結果5「Napoléon III」の画像検索結果 「president」の画像検索結果「inauguration」の画像検索結果「フランス第二共和制国旗」の画像検索結果「フランス第二共和制」の画像検索結果
      6「1857年 吉田松陰が松下村塾を開講」の画像検索結果「opened」の画像検索結果「school」の画像検索結果「1857年 吉田松陰が松下村塾を開講」の画像検索結果    「1857年 吉田松陰が松下村塾を開講」の画像検索結果「1857年 吉田松陰が松下村塾を開講」の画像検索結果
       7「south carolina」の画像検索結果「south carolina left us 1860」の画像検索結果  「south carolina left us 1860」の画像検索結果  「south carolina left us 1860」の画像検索結果「left」の画像検索結果「usa」の画像検索結果
               関連画像「established」の画像検索結果「Confederate States of America」の画像検索結果「Confederate States of America」の画像検索結果「Confederate States of America」の画像検索結果
            9「1904年 - 三越呉服店創立。三井との連名で「デパートメントストア」宣言」の画像検索結果「1904年 - 三越呉服店創立。三井との連名で「デパートメントストア」宣言」の画像検索結果「Jointly」の画像検索結果「三井」の画像検索結果  「naming」の画像検索結果
     「department」の画像検索結果「greeting」の画像検索結果「三井との連名で「デパートメントストア」」の画像検索結果20「1951, Experimental Breeder Reactor No.1 succeeded」の画像検索結果
         「1951, Experimental Breeder Reactor No.1 succeeded」の画像検索結果     「1951, Experimental Breeder Reactor No.1 succeeded」の画像検索結果「1951, Experimental Breeder Reactor No.1 succeeded」の画像検索結果「1951, Experimental Breeder Reactor No.1 succeeded」の画像検索結果「1951, Experimental Breeder Reactor No.1 succeeded」の画像検索結果
      「1951, Experimental Breeder Reactor No.1 succeeded」の画像検索結果「1951, Experimental Breeder Reactor No.1 succeeded」の画像検索結果「EBR-I(Experimental Breeder Reactor No.1 map)」の画像検索結果「success」の画像検索結果  「EBR-I(Experimental Breeder Reactor No.1 map)」の画像検索結果
   21「1952年 - 東京...」の画像検索結果「1952年 - 東京...」の画像検索結果「1952年 - 東京...」の画像検索結果「now」の画像検索結果「2018 東京ボウ...」の画像検索結果
       28「koza riot okinawa」の画像検索結果     「koza riot okinawa」の画像検索結果  「koza riot okinawa」の画像検索結果「koza riot okinawa」の画像検索結果
         「koza riot okinawa」の画像検索結果  「koza riot okinawa」の画像検索結果  「koza riot okinawa」の画像検索結果「koza riot okinawa map」の画像検索結果
     32 「1987年 - フィリピンの貨客船ドニャ・パス号沈没。」の画像検索結果   「1987年 - フィリピンの貨客船ドニャ・パス号沈没。」の画像検索結果  「MV Doña Paz」の画像検索結果    関連画像
       42「england queen crown」の画像検索結果「england queen crown」の画像検索結果関連画像「the oldest england queen」の画像検索結果「queen victoria 81-7-moth-29-day」の画像検索結果     「81 years」の画像検索結果     「7 months」の画像検索結果「29 days」の画像検索結果
(1)217年 - ローマ教皇ゼフィリヌスが死去。カリストゥス1世が後任に選出されるが、神学者ヒッポリュトスに反対される。
(2)1582年 - フランスがグレゴリオ暦を採用する(後に中断)。
(3)1722年康熙61年11月13日)- 康熙帝が没し雍正帝が即位。
(4)1830年 - ベルギー独立革命: イギリス・フランスなど列国がベルギーネーデルラント連合王国からの独立を承認
(5)1848年 - ルイ・ナポレオンフランス第二共和政大統領に就任。
(6)1857年安政4年11月5日) - 吉田松陰松下村塾を開講する。
(7)1860年 - サウスカロライナ州アメリカ合衆国から離脱。南部諸州がこれに続き、翌年2月にアメリカ連合国を結成。
(8)1899年 - 東京郵便電信局で、初めて年賀郵便特別扱いを開始。翌年から15日受付開始となる。
(9)1904年 - 三越呉服店創立。三井との連名で「デパートメントストア」宣言を行う。
(10)1914年 - 東京駅開業。東海道本線の起点を新橋駅から東京駅に変更。横浜の高島町駅までとの間で京浜線電車の運行を開始。
(11)1917年 - ソ連初の秘密警察チェーカー」設立。
(12)1924年 - ミュンヘン一揆を主導した罪でランツベルク刑務所に収監されていたアドルフ・ヒトラーが出所。
(13)1930年 - 岡崎駅 - 多治見駅瀬戸記念橋駅 - 高蔵寺駅で初の省営自動車(後の国鉄バス)である岡多線が運行開始。
(14)1939年 - 大日本音楽著作権協会(日本音楽著作権協会〈JASRAC〉の前身)設立。
(15)1940年 - 神奈川県小田原市が市制施行。
(16)1946年 - 首相官邸デモ事件首相官邸在日朝鮮人に襲撃され、警察官に負傷者が出るとともに拳銃が奪われる。
(17)1947年 - 臨時石炭鉱業管理法公布。炭鉱が国家管理下に置かれる。
(18)1948年 - 「日本専売公社法」「日本国有鉄道法」公布。
(19)1948年 - 帝銀事件の初公判で、被告人・平沢貞通が自白を翻し容疑を全面否認。
(20)1951年 - アメリカ・アイダホ州高速増殖炉EBR-Iで世界初の原子力発電に成功。
(21)1952年 - 東京・青山に東京ボウリングセンターが開場。日本初の民間ボウリング場。
(22)1955年 - カーディフウェールズの首都になる。
(23)1959年 - ラジオ山梨(現・山梨放送)テレビジョン放送開始。
(24)1960年 - 南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)結成。
(25)1962年 - 首都高速初の開通区間である首都高速都心環状線京橋 - 浜崎橋間と首都高速1号線・浜崎橋 - 芝浦間が開通。
(26)1968年 - サンフランシスコゾディアック事件の最初の殺人事件が起こる。
(27)1969年 - 営団地下鉄千代田線開業(北千住駅大手町駅間)。
(28)1970年 - コザ暴動
(29)1973年 - スペイン首相ルイス・カレーロ=ブランコETAにより暗殺。
(30)1977年 - ジブチベトナム国際連合に加盟。
(31)1985年 - 横浜エフエム放送(FM横浜)が開局。
(32)1987年 - フィリピンタブラス海峡で貨客船ドニャ・パス号が小型タンカービクトル号と接触し沈没。公称で1575人、実際には4000人以上が死亡。
(33)1988年 - 国連総会で麻薬及び向精神薬の不正取引の防止に関する国際連合条約(麻薬新条約)が採択。
(34)1989年 - アメリカ合衆国パナマに侵攻
(35)1990年 - 上越新幹線(線籍上は上越線支線)・越後湯沢駅 - ガーラ湯沢駅間が開業。
(36)1991年 - トイザらスの日本第1号店が茨城県稲敷郡阿見町に開店。
(37)1994年 - 日本テレビ郵便爆弾事件
(38)1995年 - アメリカン航空965便墜落事故
(39)1996年 - アップルNeXTを買収することで合意。スティーブ・ジョブズがアップルに復帰。(40)1999年 - ポルトガルから中華人民共和国マカオが返還。
(41)2000年 - 新潟県民エフエム放送が開局。
(42)2007年 - エリザベス2世ヴィクトリアの81歳7か月29日を抜いて史上最高齢のイギリス国王となる。
(43)2013年 - バニラ・エアが就航。
(44)2016年 - ジオスペース探査衛星あらせイプシロンロケット2号機により打ち上げられる。
(422.07KB/30.1KB/line)

                      編集者のダイアリー・コーナー
                 2017年12月20日(水)
本日「12月20日のできごと」で特に関心を強くするのは、「(6)1857年安政4年11月5日) - 吉田松陰松下村塾を開講する」と、「(32)1987年 - フィリピンタブラス海峡で貨客船ドニャ・パス号が小型タンカービクトル号と接触し沈没。公称で1575人、実際には4000人以上が死亡」です★前者はヨシダと「同姓」の歴史上人物。小学校時代にクラスで話題が出る時はなんだか誇らしさを胸に抱いたもの。事実、クラス担当の先生が「吉田松陰は吉田君の親戚だ・・・」と冗談に言ってくれたのが想い出です。なお、各地を講演旅行するコンサルタント時代には「松下村塾」を2回ほど参観したのを想起します★後者に関しては、当時のヨシダはフィリピンのフィの字もなかっただけに現代から見るわが「終の棲家」としてのフィリピンの実情に関心を抱きます★島国の国状は母国ニッポン以上。ちなみに、「島数」はフィリピン=7109島、日本=6852島とかです。フェリー利用度は高く、かつ、日本からの古船で耐用年数を超えたものも輸入するとかで、海難事故も多いことが伺われます。とりわけ、安全基準の厳しさの日比格差は否定できないだけに、この種の海難事故の日比格差も否定できません。日本では廃車トラックが左ハンドル車に改造されてウヨウヨ走っているってのが現状です。(19日16:00)
米西部で高速旅客列車が脱線、複数の死者 約100人が負傷」(REUTERSロイター2017.12.19.)を読みながら想起したことは、1993年に実施した「1ヶ月間米国トラック運送業界取材旅行」のフロリダ州ジャクソンヴィルからニューヨーク入りした時のこと。車中レストラン売店でサンドイッチを購入するべく並んでいたら、ジェントルマンが声をかけてくれて一緒の席をとってくれて親しく語り合いました。お父さんがポリオであることから強い興味を抱いてくれてのことでした。会社の社長さんで、別れてからも交流を続けたものでした★アメリカ大陸の汽車の旅情は狭い母国ニッポンでのそれより深い味わいを感じたものでした。ルーズベルト・ホテルに宿泊し、翌日には日本人女性ガイドさんによる日通観光バスで国連本部も見学しました。単身でアメリカに渡り、苦しい想いをして何度か自殺しようとまで想いつめましたが、吉田さんにお会いして言葉を交わして勇気を頂きました・・・と★ニューヨークの Grand Central Station に到着してテクテクと出口に向かって歩いていたら、後ろか声をかけたのが若いアメリカ人男性。友人から頼まれていましたのでお迎えに来ました、と。ジャクソンヴィルでリムジン個人タクシーをしているスイス系アメリカ人を何度もハイヤーして親しくしたことから、彼が友人に案内を頼んでくれたのです。歩く姿に特徴があるから大勢の客の出入りの中でも見分けがつくということ。・・・と、このアムトラック脱線事故記事を編集しながらひと昔前の想い出に耽りました・・・。本コラム編集の醍醐味のひとつでもありますネ。(添付画像=9枚)(19日22:00)
      「amtrak 乗り方」の画像検索結果「amtrak logo」の画像検索結果「derailment in ...」の画像検索結果「derailment in ...」の画像検索結果「米ワシントン州...」の画像検索結果
      「derailment in ...」の画像検索結果「derailment in ...」の画像検索結果「derailment in ...」の画像検索結果「derailment in ...」の画像検索結果
東芝の解体が社員にとって「幸せ」かもしれない理由」(DIAMOND online2017.12.19.鈴木貴博:百年コンサルティング代表)の「中見出し」は、■テレビ事業まで中国に売却 東芝は低収益企業になる、■ドンキとヤフオク!で考える東芝の「解体方法」は正しいか?、■紆余曲折の末に辿り着いた「それでも雇用できる企業」の姿・・・と続きます★「末尾の言葉」は、「・・・過去の3社長とその取り巻きはとんでもない人たちだったが、今残っている人たちにとって、東芝は「ちょっといい会社」なのかもしれないと筆者が思ったのは、このような理由からである」でして、なんだか、ホッと安心さす記事です。(添付画像=4枚)(19日23:30)
      「東芝の解体が社...」の画像検索結果「writer」の画像検索結果「百年コンサルテ...」の画像検索結果「百年コンサルテ...」の画像検索結果


                  末尾の特別情報お知らせコーナー
 トップページ最終下段場所のこのコラムはわが長い人生なかんずく、去る2009年1月にフィリピンを「終の棲家」として移住して現在に至る身の中で執筆した特別に印象深くしている小文を時おり時機を変えて掲載することにしているものです。その舞台裏は上掲のタイトルをクリックするとご覧いただけま すが特定のものを除いて再編集中です。(2017年3月28日記)

  財を遺すは下 事業を遺すは中 人を遺すは上  されど 財をなさずんば・・・
 人生第一、第二、第三毛作の通算60余年間を経営者として貫き、フィリピンに移住して始まっている人生第四毛作はそうした経営者人生の総仕上げって感じで、こんな自編集ウェブサイトを通じて経営者的視野でブログし続けているヨシダです。わが人生は経営者人生成り!と自負するために、以下に掲げる名格言は殊のほか大好きなものです。
         ”財を遺すは下 事業を遺すは中 人を遺すは上 
                  されど 財をなさずんば 事業保ち難く 
                        事業なくんば 人育ち難し”

    (中国唐代の大詩人・白楽天<
772年(大暦7年) - 846年(会昌6年)>の言葉)      
   
「『晩笑堂竹荘畫傳』」の画像検索結果「『晩笑堂竹荘畫傳』」の画像検索結果「『晩笑堂竹荘畫傳』」の画像検索結果
                              (白楽天・『晩笑堂竹荘畫傳』より)         
 人生第一、第二、第三毛作の通算62年間の経営者人生を通して、好きな格言として愛唱してきている格言です。とりわけ、人生第ニ毛作時代 はトラック運送事業で「7社グループによる総合物流商社」体制を構築したなかで、米国から導入した「ジーバート自動車防錆処理事業(Ziebart Rust-proofing system)」が話題性を呼び、それが導火線みたいになって、運送業界関連紙・誌に加えて、一般のマスメディアにも結構取材を受けるなどしました。
  下記左端の経済ウィークリー誌「経済レポート」の表紙写真記事はヨシダの記事が同誌に多く登場したことから、請われてこのようなことになったものです。なにせ、毛書は我流もイイところで、人様にお見せす るには気恥ずかしさで一杯ですが、中身で勝負って気持ちで応じて出版されたものです。蛇足ですが、こんな調子の毛筆年賀状表書きを毎年4,5百枚書いたも のです。
 画面がちょっとボケていますが、下手くそでも言葉の意義を強調したいがために記録に取っていたものです。なお、この格言の主白居易(はく きょい、772年(大暦7年) - 846年(会昌6年)字(あざな)を楽天と称した)は、中唐の詩人です。経営者としての存念を代弁して余りあることから、ご覧に入れる次第です。
 末尾に蛇足の弁をひとつお許しのほど。最下段に私の写真に並べて添付しているのは著作資料の一部です。「わが人生論」(青少年に贈る言葉 広島編(下))は全239頁、60余名の寄稿者です。蛇足の厚かましい弁を本サイトでブログしています。「この自作・自編集のウェブサイトを単行本に換算したら「ン拾冊相当」になるんだぞ~!と(笑)。
   http://www.a-bombsurvivor.com/contents/writing/writing_No.1/writing_No.1-11.jpg 
「財を遺すは下 事業を遺すは中 人を遺すは上    されど 財をなさずんば 事業保ち難く 事業なくんば 人育ち難し」の画像検索結果「財を遺すは下 」の画像検索結果
     「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果  関連画像
 (最下段右端の書籍のヨシダ受賞論文は「人生の恩人 プラトニックラヴした永遠のカノジョ」 デス!クリックすると、その全文ラヴ・ストーリー(?)がご覧いただけますよ。)    
 なお、グーグル資料によると、明治から昭和初期まで活躍した、医師であり政治家でもあった後藤新平氏は、自らが中心となって結成した、少年団日本連盟の副理事長 三島通陽氏に、こう言い遺したそうです。「よく聞け、金を残して死ぬ者は下だ。仕事を残して死ぬ者は中だ。人を残して死ぬ者は上だ。よく覚えておけ」と。と、そんなことから下記の一連の関連画像を添付しました。
       「後藤新平氏 三島通陽氏」の画像検索結果関連画像 「少年団日本連盟」の画像検索結果 「後藤新平氏 三島通陽氏」の画像検索結果 「少年団日本連盟」の画像検索結果「日本ボーイスカウト」の画像検索結果「日本ボーイスカウト」の画像検索結果 
(追記)「・・・人を遺すは・・・」で、現在にして我ながら大きく自負できることを追記できることを誇りであり名誉と受けとめています。
 社名は伏せますが、ヨシダの離日直前までの16年間、各地で講演等コンサルティング活動を展開したなかで、東広島市の中堅運送会社とは初期の段階から離日寸前までの16年間、東京の上場予定の老舗運送会社さんは9年間にわたる最大のクライアントでした。
  「人を遺す」はすなわち、社員(人間)教育そのも。それを現在に至るも前出クライアントさんにご提供する栄に浴していることを大きな誇りとしています。前 者に対することは、「毎月の安全会議」に対する「ヨシダ・メッセージ」(A4板びっしり)の送付。後者に対することは、新入社員総合職に対するユニークなお手伝い。具体的には、拙著「
トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊) 」を通読した後の「感想文(会社が提示された同著を巡る質問等に対する新入社員の感想文)」を受け取り、著者の立場でその行間を割って著者意見・感想等を付してリターンする、という仕組み。一人分の「感想&著者コメント」はA4板で10ページ近くに及びます。
 ・・・と、自称「人生第四毛作」を演じてはや、9年。にも関わらず、その延長線上にヨシダの経営者(即・教育者)としての役割を果たす機会を与えられているのです。そんなことから、この格言「財を遺すは・・・」も現在にして実践しているのが85歳超のヨシダです。この格言は奇しくもヨシダ生涯の格言足り得るものとして自身のウェブサイトのトップの末尾に掲載して自他共に味わいたいという心境です。

★なお、末尾にあしらた米漫画「スヌーピー君」のひとコマ。ワンちゃんを相手に言っている言葉にヨシダは深~い味わいを感じます。それは 「自然に到達したヨシダの「自利から他利の人生選択肢」のヨシダ人生観に通じるものがあるからです。マンガ主人公スヌーピー君曰く、"What would you say if I told you I was going to devote the rest of my life to making you happy?"(ボクの余生はお前さんを幸せにするためだと言ったらどう思うかい?)とは、なんとも微笑ましいひとコマでしょう!前記したヨシダ人生観に通じるし、数年来実践中の自称「相互扶助精神に基づく運命共同体生活」によるフィリピン人家族との共同生活の精神にも通じることから、この漫画コーナーは「常時掲載」することにしています。ヨシダ精一杯の(?)ユーモアでもあります(笑)。   
       「余生」の画像検索結果 「the peanuts」の画像検索結果「the peanuts」の画像検索結果「the peanuts」の画像検索結果                   では、またのお越しをお待ちしていま~す! ご機嫌よろしゅう!
                                                (631.44KB
                           2017年12月20日(水)   
                     “生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”  
                          
吉田祐起
                            
(満86歳1ヶ月)
                        (フィリピン共和国ラグーナ州サンタ・ローザ市在住)
                           yoshida@a-bombsurvivor.com
                         
yoshidayuuki@rocketmail.com  
            URL(日本語版):http://www.abombsurvivor.com/index_japanese.html
                              URL(英語版):http://www.abombsurvivor.com