このド素人的ホームページは本日8月28日で満85歳10ヶ月になった吉田祐起(本サイトでは「ヨシダ」と表現しています)が編集しているものです。編集ソフトの契約は米国本部の「cPanel」と称するソフトのフィリピン契約会社によるものです。編集ソフトはもとより、フィリピンの契約会社等との交渉や問い合わせ等々はすべて英語のみです。日本式のCSとは異なる一面があり、戸惑うことも少なくありませんが、郷に入れば郷に従え・・・って按配で何とか過ごしています。毎日のデスクワークは10時間を下りません。でも、元気ハツラツでやってます!ご覧のように、ホームページ編集ソフトを使わず、レイアウト等々のすべてはド素人的。ヨシダ流儀の編集は「縦長式」でして、両サイドにはなにも配さずに「縦長式一本」でして、スクロール・ダウンしながら全てに目が通せます。目を左右にキョロキョロさす必要がないのがせめてもと、自我自賛しています(笑)。 (2017年8月28日記)

  「吉田祐起」の画像検索結果
      吉田祐起(Yuuki Yoshida) 満86歳1か月 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 

 左の写真は偶然にも2011年3月11日の東日本大災害の直前数時間前に写したもので、その直後に停電になりました。ちなみに、この写真はジャパン・タイムズ紙「Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'」にどか~んと掲載されたものです。写真中央は2014年9月11日のパスポート更新の際に写したもの。右の写真は2017年10月21日に写した「ステテコ&半そで」の年中姿でデスクに向かう満86歳一週間前のものです。
                       コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧<株>ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ
(2010.11.30-2013.10.6)(注:編集者自身が実は驚いています!そうだった、こんなものを編集していたんだっけ!と。再編集してもっとかっこイイコラムにしようかな、と思っているところです。2017.6.22.)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
    本書はある動機を得ての5毛作への大転換自分史デス!
14.人生いろいろ いきいき ハツラツ わが人生は五毛作!
15."A-bomb and Me"(原爆と私)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下」 
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'(ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」( 編)
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
27.インタネット情報&ヨシダブログ
28.過去の日本語版トップサイト一覧表
29. グーグル検索習慣が招来したヨシダ二十歳(はたち)時代の想い出話とその関係画像ポリオアメリカ人女性芸術家との出会い

                         English               
                  2017年12月13日(水)
       
              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手 製のささやかなウェブサイトですが、ボリュームだけは人後に落ちません!「データーサイズ(編集容量)」 (1ページ当たりの編集容量)
にみる.主要企業を横目に、ヨシダサイトは量的にはトップ・クラスを自負しています。画像も含めてのボリュームですが、単行本に換算したら「ン拾冊相当のボリュームだそ~!」 とか、ファイル数にしたら227千余編にもなるんだゾ~!っと、ヘンなところで自負しています(笑)。
             過去の日本語版トップサイト一覧表
        「
English top site records(End of the day)
 「吉田祐起」の画像検索結果  「吉田祐起」の画像検索結果   「吉田祐起」の画像検索結果       「吉田祐起」の画像検索結果 「吉田祐起」の画像検索結果
 上の写真はこのウェブサイトを立ち上げた2001年頃のものです。60歳を過ぎてスタートした自称「人生第三毛作」時代で、離日2009年1月直前まで の16年間の株式会社ロジタント(Logitant,Inc.)(Logistic & Logical Consultant)社長時代のものです。広島市中心地に本社事務所を構えたものの、当時のクルマは米車フォード・トーラスで燃費や片道30数キロでム ダが少なくなかったことから、当時、「同棲居候中(笑)」のカノジョの助言に従って、同自宅のSOHO(Small Office Home Office)に転じた頃のものです。
 このウェブサイトの立ち上げはその最中の時代でした。上掲の写真で特記したいことは、米国に本部を持つ「SAMの会」(The Society for Advancement Management)の広島支部長時代に国際賞を受賞してその授賞式晩餐会(ラスヴェガス)で9分間のスピーチを した時のもの。3百人(経営者・大学教授・大学院生各三分の一づつの構成)の参加者を前にしたもので、口笛付きやんやのスタンディング・オベーションを受 けたものです。ヴィデオがあったのですが、日本に置き去りしました。いろんな多くの写真も無しで、これらの写真はグーグルで「発見」したものです。
 人生第一毛作、第二毛作、第三毛作の経営者人生延べ60余年を後にした現在のヨシダは自称「人生第四毛作」を演出中!ってところです。
 80歳直前にこの 国フィリピンに永住して現在に至るものですが、ご覧のように経営者マインドそのままの人生第四毛作を演出中です。離日直前の16年間に及んだクライアント 会社は現在に至って、同社の「月例安全会議」に「ヨシダメッセージ」(A4板ビッシリ)をお届けしているクライアント関係にあることを誇りに思っていま す。
 ちなみに、肝心のこのヨシダウェブサイトですが、ウェブサイト編集既製ソフトを使わず、レイアウト等々は全て手製。お見苦しい点が多々あることを承知の 上の、「中身で勝負!」って気分で編集しています。でも、でもですが、その「編集実績容量」だけは天下一を誇ります!「データーサイズ(編集容量)」をクリックしていただくと、へ~!というお声が聞こえてきそうです。単行本に換算したら「ン拾冊相当分だぞ~!」が他愛もない自負です。まだまだ続く、これからが本番!といった感じのヨシダの自分史みたいなものだと位置づけているのがこの手作りウェブサイトです。
 言いたい放題、書きたい放題、まさにブログし放題・・・って感じですが、多少の過剰さは85歳のニッポン男児爺ちゃん・ヨシダの「ボケ防止」とご理解のうえ、ご寛容のほどお願いします。
 注: 以下、お気付きのように、本サイトにおける編集者のブログは「行換え&一字空け」の通常スタイルでなく、★or▼マークでそれらを代行しています。「縦長 式サイト」で字数が多いために、行換えによる過度のスペース取りを防ぐためです。多くの新聞コラムが採用されているスタイルを真似ましたので、ご理解くだ さい。
 なお、「縦長式トップサイト」の利点を手前ミソですが指摘するとしたら、通常のトップサイトにみられるような、左右に別のコラム群を掲載していて、目を左右に動かさないと見落とすのに対して、本サイトは縦方向だけに目を向けることから、ゼッタイに見落とししません。・・・とはこの道の素人のやせ我慢ですが、多くのウェブサイトをみても、そういった点を感じます。目をキョロキョロと左右に移動する常態です。85歳の爺ちゃんはなお更のこと、少々シンドイ感じで、本流上下だけで済ます場合がほとんどであることを否定しません。 
 

              ウィキペディアから拾った12月13日のできごと
                      (英語版きょうのできごと;December 13
                       (過去のきょうのできごと一覧表)
  このコラムは2014年4月21日にi開設したのものですが、編集の在り方に色々と変化をしてきました。ウィキペディアにある「きょうのできごと」(日本語版)の 全てを一応そのまま転記し、折角ある多くのリンクでも「できごとの内容」が理解できないのが多いことと、加えて「絵物語」的な編集手法で編集者サイドの判 断で当該写真資料等を選択して表示することにしています★本コラム編集の最大の魅力は、編集過程で自然に「世界史の一端」を学ぶことができることです。過去のものは(「きょうのできごと」記録集)に収録しています。「英語版きょうのできごと」もありますのでクリックしてご覧ください。
(313.37KB/20.1KB/line)
  2「Sir Francis Drake」の画像検索結果 「Sir Francis Drake」の画像検索結果      「Sir Francis Drake departure map」の画像検索結果「Sir Francis Drake」の画像検索結果
   3「Massachusetts Bay Colony」の画像検索結果「Massachusetts Bay Colony」の画像検索結果「Massachusetts Bay Colony」の画像検索結果「militia」の画像検索結果「militia」の画像検索結果
    「develop」の画像検索結果「National Guard of the United States」の画像検索結果 「National Guard of the United States」の画像検索結果「National Guard of the United States」の画像検索結果「National Guard of the United States」の画像検索結果
   7「1931年 - 犬養...」の画像検索結果「1931年 - 犬養...」の画像検索結果「金輸出再禁止」の画像検索結果「1931管理通貨制...」の画像検索結果
    8「南京」の画像検索結果 「南京事件論争」の画像検索結果      関連画像  「南京」の画像検索結果
     「南京事件論争」の画像検索結果「南京事件論争」の画像検索結果「南京事件論争」の画像検索結果「南京事件論争」の画像検索結果         関連画像「南京事件論争」の画像検索結果
   13「1955年 - EH10...」の画像検索結果「1955年 - EH10...」の画像検索結果「1955年 - EH10...」の画像検索結果「1955年 - EH10...」の画像検索結果「1955年 - EH10...」の画像検索結果
  15「1959年『兼高かおる世界の旅』」の画像検索結果 「1959年『兼高かおる世界の旅』」の画像検索結果    「1959年『兼高かおる世界の旅』」の画像検索結果 「1959年 - ラジオ東京テレビで『兼高かおる世界の旅』」の画像検索結果
     「1959年『兼高かおる世界の旅』」の画像検索結果      関連画像「almost 31 years」の画像検索結果         「years」の画像検索結果「wow」の画像検索結果「1959年『兼高かおる世界の旅』」の画像検索結果
     23  「Operation Red Dawn」の画像検索結果   「Operation Red Dawn」の画像検索結果      関連画像関連画像 「Operation Red Dawn」の画像検索結果
      「Operation Red Dawn」の画像検索結果関連画像「Operation Red Dawn」の画像検索結果   「Operation Red Dawn」の画像検索結果    「Operation Red Dawn」の画像検索結果     
     「Operation Red Dawn」の画像検索結果   「Operation Red Dawn」の画像検索結果「Operation Red Dawn」の画像検索結果「Operation Red Dawn」の画像検索結果    「Operation Red Dawn」の画像検索結果
     26「2006年 - ヨウ...」の画像検索結果「2006年 - ヨウ...」の画像検索結果「2006年 - ヨウ...」の画像検索結果「2006年 - ヨウ...」の画像検索結果「2006年 - ヨウ...」の画像検索結果
  27「2006年 - 国際...」の画像検索結果「2006年 - 国際...」の画像検索結果「2006年 - 国際...」の画像検索結果「2006年 - 国際...」の画像検索結果
    28「2013 Arapahoe ...」の画像検索結果「2013 Arapahoe ...」の画像検索結果「2013 Arapahoe ...」の画像検索結果「2013 Arapahoe ...」の画像検索結果
(1)1294年 - ローマ教皇ケレスティヌス5世が自ら教皇を退位。
(2)1577年 - イギリスの軍人フランシス・ドレークが艦隊を率いてプリマスから世界周航に出発。
(3)1636年 - マサチューセッツ湾植民地がインディアンから植民地を守るため民兵を設置。州兵の起源。
(4)1874年 - 「双子の場合は、先に産まれた方を兄・姉とする」という太政官布告が出される。
(5)1902年 - 哲学館に付与されていた卒業生に対する教員免許の無試験交付特権が剥奪される。(哲学館事件
(6)1931年 - 犬養毅内閣が発足。
(7)1931年 - 犬養内閣の初閣議で日本の金輸出再禁止を決定。金本位制から管理通貨制度に移行。
(8)1937年 - 日中戦争: 日本軍が南京を陥落させ、南京攻略戦が終結。翌12月14日より6週間、残敵掃討作戦。この一端として南京事件が発生したと言われているが、現在も論争になっている。(南京事件論争
(9)1939年 - 第二次世界大戦: ラプラタ沖海戦
(10)1941年 - 第二次世界大戦: ハンガリールーマニアアメリカ合衆国に宣戦布告。
(11)1948年 - 泉山三六蔵相が会期中の国会食堂内で泥酔し女性議員に悪態。翌日議員辞職。(国会キス事件
(12)1950年 - 地方公務員法公布。
(13)1955年 - 国鉄最大の機関車、EH10形電気機関車が高速試験運転で124km/hを記録。
(14)1959年 - キプロスで大統領選挙。キプロス正教会英語版首座主教マカリオス3世を選出。
(15)1959年 - ラジオ東京テレビで『兼高かおる世界の旅』が放送開始。1990年まで30年10か月の長寿番組に。
(16)1962年 - アメリカが能動型通信衛星「リレー1号」を打ち上げ。
(17)1967年 - ギリシャ国王コンスタンティノス2世軍事政権に対する逆クーデターを仕掛けるが失敗し、ローマへ亡命。
(18)1974年 - マルタ英連邦王国からイギリス連邦内の共和国となる。
(19)1977年 - 日本社会党大会で飛鳥田一雄党委員長に選出。
(20)1979年 - 映画『1941』のプレミア上映。作中で伊号第十九潜水艦アメリカ合衆国本土を初砲撃。遊園地や戦車に被害を与えるさまを描いた。
(21)1981年 - ポーランド首相ヤルゼルスキが民主化運動への対抗策として戒厳令を発令。
(22)1991年 - 韓国北朝鮮南北基本合意書を締結。
(23)2003年 - イラク戦争: アメリカ軍などがイラクサッダーム・フセイン元大統領を拘束。(en:Operation Red Dawn)
(24)2004年 - 埼玉県さいたま市内の量販店ドンキホーテ2店舗が相次いで放火され従業員3人が焼死。(ドン・キホーテ放火事件
(25)2005年 - 韓国大統領盧武鉉ASEAN各国首脳とクアラルンプールの第九次首脳会談で包括的経済協力枠組み協定を締結する。
(26)2006年 - 長江流域の大規模な調査の結果、ヨウスコウカワイルカが「ほぼ絶滅」と宣言される。
(27)2006年 - 国際連合総会障害者権利条約を採択。
(28)2013年 - アメリカ合衆国コロラド州にてアラパホー高校銃乱射事件が発生。
(313.37KB/20.1KB/line)

                      編集者のダイアリー・コーナー
                 2017年12月13日(水)
(注)本コラムの編集基準は「1ヶ月を上・中・下の3旬に分割」します。3旬に分割しているのは、ワ7ン・サイトの添付画像容量の制限(1000KB=1MB)があるためですが、編集者の欲張り過ぎか、当該記事に対する編集者の納得できる意図の添付画像かは別にして、折角の添付画像を本欄では「一部削除」を余儀なくしています★しかし、「過去の日本語版トップサイト一覧表」では日々の本欄の全てが掲載されていますので、本欄の記録実績は確実に収録されているという編集者の安心感をもって、思い切ってその都度、削除することに徹しています。ヨシダはともすれば、「完全主義者的な性格」が否定できないなと反省する始末です(笑)★ちなみに、自身が執筆(ブログ)したことを「記録に残す(遺す)」ことに、ある種の人生達成感を意識することから、この問題に関しては、そうした対応をしているものです。ご理解のほど念じる次第です。(2017年7月10日記)
本日「12月13日のできごと」で特に関心を強くするのは、「(15)1959年 - ラジオ東京テレビで『兼高かおる世界の旅』が放送開始。1990年まで30年10か月の長寿番組に」と、「(23)2003年 - イラク戦争: アメリカ軍などがイラクサッダーム・フセイン元大統領を拘束。(en:Operation Red Dawn)」です。前者に関してヨシダが受けた印象は、主人公の兼高かおるさんのなんとも素敵でエキゾチックな容貌と話ぶりの個性的な独特の魅力が強い印象でした★後者のフセインさん。あれだけ権勢を誇ったフセインさんでありながら、隠れ家(それもなんともお粗末な場所)を発見されて逮捕されたときの振舞い・・・なんともお粗末な往生際!ってところ。絞首刑の場でも土壇場まで抵抗し続けた様は異様でさえありました。
今朝受信の「VOA@com」は、「No.328(Dec. 13, 2017)"On December 12, 1770, six of the eight British soldiers responsible for the Boston Massacre are acquitted of all charges"(Article concerned: "1770 Boston Massacre"(HISTORY))です。アメリカ内戦の火種のひとつになった出来事です。どんな「絵物語」になるでしょう・・・。(6:00)
トランプの「自分ファースト」が日本の中東ビジネスまで破壊する」(DIAMOND online2017.12.13.嶋矢志郎:ジャーナリスト)の冒頭の言葉「お得意のちゃぶ台返しも、ここまで来るとやり過ぎである」で始まるこの記事の「中見出し」は、■中東和平交渉を危機に追いやるトランプの「自分ファースト」宣言、■まさに四面楚歌 噴き上がる国際社会の批判、■なぜこれほどもつれるのか?イスラエル・パレスチナ問題の背景、■ホワイトハウスの中にも賛否 トランプの目論みは吉と出るか?、■日本政府はどう対峙する?米国と中東の間で視界不良に、■中東の治安は確実に悪化 安倍首相も他人事ではない・・・と続きます★「末尾の言葉」は、「・・・ 今ではトランプ氏の盟友と見られている安倍首相は、このたびのトランプ氏の決断をどう受け止めているのか。今のところ何も聞こえてこないが、決して他人事ではなく、すぐにもわが身に降りかかる喫緊の課題であることを肝に銘ずべきである」と。 (添付画像=7枚)(10:00)
   「トランプの「自...」の画像検索結果「trump israel」の画像検索結果「trump israel」の画像検索結果「トランプの「自...」の画像検索結果
               「writer」の画像検索結果「トランプの「自...」の画像検索結果「嶋矢志郎著書」の画像検索結果
「エルサレムが首都」でトランプは孤立した 米政権内の反対も自己保身で押し切ったか」(東洋経済ONLINE2017.12.13.内田 通夫 : フリージャーナリスト)の「中見出し」は、■従来の外交政策を破ったトランプ氏、ロシア疑惑など政治的危機をかわす狙い?、安倍外交も無縁ではいられない・・・と続きます★「末尾の言葉」は、「・・・日本も無関係ではいられない。トランプ声明は安倍晋三政権の外交政策にも修正を迫ることが予想される。米政権が世界から本当に孤立する事態となれば、トランプ政権に依存する外交政策に信頼が寄せられなくなるからである。トランプ大統領によるエルサレム首都認定は、思いのほか、世界中で尾を引きそうだ」です★ヨシダが想像するこは、予定通りに事が運ぶとしても、新しい大使館のエルサレム内建設は過密都市で用地取得問題や建設期間が5年はかかることことからして、弾劾もなく任期を全うしたとしても、再選は疑問。・・・となると・・・、絵に描いた餅で、ひと波乱の末に・・・と、気になります★ちなみに、「「エルサレムがイスラエルの首都」とトランプの爆弾発言が炸裂 中東に手をのばし続けるロシア、見えない手で各国に浸透を開始」(「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」)によると、「・・・エルサレムの一等地に空いた場所はない。用地の選定から実際の基礎工事までに五年、トランプの任期中に実現することは望み薄であり、リップサービルの可能性も高いのである」と ★それにしても、「ロシア疑惑など政治的危機を交わす狙い?」に至っては、政治って得体の知れないものですよね~・・・。(添付画像=10枚)(11:00)
      「「エルサレムを...」の画像検索結果「「エルサレムを...」の画像検索結果「「エルサレムを...」の画像検索結果「「エルサレムを...」の画像検索結果
      「「エルサレムを...」の画像検索結果「「エルサレムを...」の画像検索結果「「エルサレムを...」の画像検索結果
              「writer」の画像検索結果「『週刊東洋経済...」の画像検索結果「内田 通夫 : フ...」の画像検索結果


                  末尾の特別情報お知らせコーナー
 トップページ最終下段場所のこのコラムはわが長い人生なかんずく、去る2009年1月にフィリピンを「終の棲家」として移住して現在に至る身の中で執筆した特別に印象深くしている小文を時おり時機を変えて掲載することにしているものです。その舞台裏は上掲のタイトルをクリックするとご覧いただけま すが特定のものを除いて再編集中です。(2017年3月28日記)


  財を遺すは下 事業を遺すは中 人を遺すは上  されど 財をなさずんば・・・
 人生第一、第二、第三毛作の通算60余年間を経営者として貫き、フィリピンに移住して始まっている人生第四毛作はそうした経営者人生の総仕上げって感じで、こんな自編集ウェブサイトを通じて経営者的視野でブログし続けているヨシダです。わが人生は経営者人生成り!と自負するために、以下に掲げる名格言は殊のほか大好きなものです。
         ”財を遺すは下 事業を遺すは中 人を遺すは上 
                  されど 財をなさずんば 事業保ち難く 
                        事業なくんば 人育ち難し”

    (中国唐代の大詩人・白楽天<
772年(大暦7年) - 846年(会昌6年)>の言葉)      
   
「『晩笑堂竹荘畫傳』」の画像検索結果「『晩笑堂竹荘畫傳』」の画像検索結果「『晩笑堂竹荘畫傳』」の画像検索結果
                              (白楽天・『晩笑堂竹荘畫傳』より)         
 人生第一、第二、第三毛作の通算62年間の経営者人生を通して、好きな格言として愛唱してきている格言です。とりわけ、人生第ニ毛作時代 はトラック運送事業で「7社グループによる総合物流商社」体制を構築したなかで、米国から導入した「ジーバート自動車防錆処理事業(Ziebart Rust-proofing system)」が話題性を呼び、それが導火線みたいになって、運送業界関連紙・誌に加えて、一般のマスメディアにも結構取材を受けるなどしました。
  下記左端の経済ウィークリー誌「経済レポート」の表紙写真記事はヨシダの記事が同誌に多く登場したことから、請われてこのようなことになったものです。なにせ、毛書は我流もイイところで、人様にお見せす るには気恥ずかしさで一杯ですが、中身で勝負って気持ちで応じて出版されたものです。蛇足ですが、こんな調子の毛筆年賀状表書きを毎年4,5百枚書いたも のです。
 画面がちょっとボケていますが、下手くそでも言葉の意義を強調したいがために記録に取っていたものです。なお、この格言の主白居易(はく きょい、772年(大暦7年) - 846年(会昌6年)字(あざな)を楽天と称した)は、中唐の詩人です。経営者としての存念を代弁して余りあることから、ご覧に入れる次第です。
 末尾に蛇足の弁をひとつお許しのほど。最下段に私の写真に並べて添付しているのは著作資料の一部です。「わが人生論」(青少年に贈る言葉 広島編(下))は全239頁、60余名の寄稿者です。蛇足の厚かましい弁を本サイトでブログしています。「この自作・自編集のウェブサイトを単行本に換算したら「ン拾冊相当」になるんだぞ~!と(笑)。
   http://www.a-bombsurvivor.com/contents/writing/writing_No.1/writing_No.1-11.jpg 
「財を遺すは下 事業を遺すは中 人を遺すは上    されど 財をなさずんば 事業保ち難く 事業なくんば 人育ち難し」の画像検索結果「財を遺すは下 」の画像検索結果
     「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果「「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」の画像検索結果  関連画像
 (最下段右端の書籍のヨシダ受賞論文は「人生の恩人 プラトニックラヴした永遠のカノジョ」 デス!クリックすると、その全文ラヴ・ストーリー(?)がご覧いただけますよ。)    
 なお、グーグル資料によると、明治から昭和初期まで活躍した、医師であり政治家でもあった後藤新平氏は、自らが中心となって結成した、少年団日本連盟の副理事長 三島通陽氏に、こう言い遺したそうです。「よく聞け、金を残して死ぬ者は下だ。仕事を残して死ぬ者は中だ。人を残して死ぬ者は上だ。よく覚えておけ」と。と、そんなことから下記の一連の関連画像を添付しました。
       「後藤新平氏 三島通陽氏」の画像検索結果関連画像 「少年団日本連盟」の画像検索結果 「後藤新平氏 三島通陽氏」の画像検索結果 「少年団日本連盟」の画像検索結果「日本ボーイスカウト」の画像検索結果「日本ボーイスカウト」の画像検索結果 
(追記)「・・・人を遺すは・・・」で、現在にして我ながら大きく自負できることを追記できることを誇りであり名誉と受けとめています。
 社名は伏せますが、ヨシダの離日直前までの16年間、各地で講演等コンサルティング活動を展開したなかで、東広島市の中堅運送会社とは初期の段階から離日寸前までの16年間、東京の上場予定の老舗運送会社さんは9年間にわたる最大のクライアントでした。
  「人を遺す」はすなわち、社員(人間)教育そのも。それを現在に至るも前出クライアントさんにご提供する栄に浴していることを大きな誇りとしています。前 者に対することは、「毎月の安全会議」に対する「ヨシダ・メッセージ」(A4板びっしり)の送付。後者に対することは、新入社員総合職に対するユニークなお手伝い。具体的には、拙著「
トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊) 」を通読した後の「感想文(会社が提示された同著を巡る質問等に対する新入社員の感想文)」を受け取り、著者の立場でその行間を割って著者意見・感想等を付してリターンする、という仕組み。一人分の「感想&著者コメント」はA4板で10ページ近くに及びます。
 ・・・と、自称「人生第四毛作」を演じてはや、9年。にも関わらず、その延長線上にヨシダの経営者(即・教育者)としての役割を果たす機会を与えられているのです。そんなことから、この格言「財を遺すは・・・」も現在にして実践しているのが85歳超のヨシダです。この格言は奇しくもヨシダ生涯の格言足り得るものとして自身のウェブサイトのトップの末尾に掲載して自他共に味わいたいという心境です。

★なお、末尾にあしらた米漫画「スヌーピー君」のひとコマ。ワンちゃんを相手に言っている言葉にヨシダは深~い味わいを感じます。それは 「自然に到達したヨシダの「自利から他利の人生選択肢」のヨシダ人生観に通じるものがあるからです。マンガ主人公スヌーピー君曰く、"What would you say if I told you I was going to devote the rest of my life to making you happy?"(ボクの余生はお前さんを幸せにするためだと言ったらどう思うかい?)とは、なんとも微笑ましいひとコマでしょう!前記したヨシダ人生観に通じるし、数年来実践中の自称「相互扶助精神に基づく運命共同体生活」によるフィリピン人家族との共同生活の精神にも通じることから、この漫画コーナーは「常時掲載」することにしています。ヨシダ精一杯の(?)ユーモアでもあります(笑)。   
       「余生」の画像検索結果 「the peanuts」の画像検索結果「the peanuts」の画像検索結果「the peanuts」の画像検索結果                   では、またのお越しをお待ちしていま~す! ご機嫌よろしゅう!
                                                (530.5KB
                           2017年12月13日(水)   
                     “生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”  
                          
吉田祐起
                            
(満86歳1ヶ月)
                        (フィリピン共和国ラグーナ州サンタ・ローザ市在住)
                           yoshida@a-bombsurvivor.com
                         
yoshidayuuki@rocketmail.com  
            URL(日本語版):http://www.abombsurvivor.com/index_japanese.html
                              URL(英語版):http://www.abombsurvivor.com