このド素人的ホームページは本日8月28日で満85歳10ヶ月になった吉田祐起(本サイトでは「ヨシダ」と表現しています)が編集しているものです。編集ソフトの契約は米国本部の「cPanel」と称するソフトのフィリピン契約会社によるものです。編集ソフトはもとより、フィリピンの契約会社等との交渉や問い合わせ等々はすべて英語のみです。日本式のCSとは異なる一面があり、戸惑うことも少なくありませんが、郷に入れば郷に従え・・・って按配で何とか過ごしています。毎日のデスクワークは10時間を下りません。でも、元気ハツラツでやってます!ご覧のように、ホームページ編集ソフトを使わず、レイアウト等々のすべてはド素人的。ヨシダ流儀の編集は「縦長式」でして、両サイドにはなにも配さずに「縦長式一本」でして、スクロール・ダウンしながら全てに目が通せます。目を左右にキョロキョロさす必要がないのがせめてもと、自我自賛しています(笑)。 (2017年8月28日記)

  「吉田祐起」の画像検索結果
      吉田祐起(Yuuki Yoshida) 満86歳1か月 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 

 左の写真は偶然にも2011年3月11日の東日本大災害の直前数時間前に写したもので、その直後に停電になりました。ちなみに、この写真はジャパン・タイムズ紙「Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'」にどか~んと掲載されたものです。写真中央は2014年9月11日のパスポート更新の際に写したもの。右の写真は2017年10月21日に写した「ステテコ&半そで」の年中姿でデスクに向かう満86歳一週間前のものです。
                       コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧<株>ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ
(2010.11.30-2013.10.6)(注:編集者自身が実は驚いています!そうだった、こんなものを編集していたんだっけ!と。再編集してもっとかっこイイコラムにしようかな、と思っているところです。2017.6.22.)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
    本書はある動機を得ての5毛作への大転換自分史デス!
14.人生いろいろ いきいき ハツラツ わが人生は五毛作!
15."A-bomb and Me"(原爆と私)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下」 
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'(ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」( 編)
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
27.インタネット情報&ヨシダブログ
28.過去の日本語版トップサイト一覧表
29. グーグル検索習慣が招来したヨシダ二十歳(はたち)時代の想い出話とその関係画像ポリオアメリカ人女性芸術家との出会い

                         English               
                  2017年11月30日(木)
       
              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手 製のささやかなウェブサイトですが、ボリュームだけは人後に落ちません!「データーサイズ(編集容量)」 (1ページ当たりの編集容量)
にみる.主要企業を横目に、ヨシダサイトは量的にはトップ・クラスを自負しています。画像も含めてのボリュームですが、単行本に換算したら「ン拾冊相当のボリュームだそ~!」 とか、ファイル数にしたら227千余編にもなるんだゾ~!っと、ヘンなところで自負しています(笑)。
             過去の日本語版トップサイト一覧表
        「
English top site records(End of the day)

 「吉田祐起」の画像検索結果  「吉田祐起」の画像検索結果   「吉田祐起」の画像検索結果       「吉田祐起」の画像検索結果 「吉田祐起」の画像検索結果
 上の写真はこのウェブサイトを立ち上げた2001年頃のものです。60歳を過ぎてスタートした自称「人生第三毛作」時代で、離日2009年1月直前まで の16年間の株式会社ロジタント(Logitant,Inc.)(Logistic & Logical Consultant)社長時代のものです。広島市中心地に本社事務所を構えたものの、当時のクルマは米車フォード・トーラスで燃費や片道30数キロでム ダが少なくなかったことから、当時、「同棲居候中(笑)」のカノジョの助言に従って、同自宅のSOHO(Small Office Home Office)に転じた頃のものです。
 このウェブサイトの立ち上げはその最中の時代でした。上掲の写真で特記したいことは、米国に本部を持つ「SAMの会」(The Society for Advancement Management)の広島支部長時代に国際賞を受賞してその授賞式晩餐会(ラスヴェガス)で9分間のスピーチを した時のもの。3百人(経営者・大学教授・大学院生各三分の一づつの構成)の参加者を前にしたもので、口笛付きやんやのスタンディング・オベーションを受 けたものです。ヴィデオがあったのですが、日本に置き去りしました。いろんな多くの写真も無しで、これらの写真はグーグルで「発見」したものです。
 人生第一毛作、第二毛作、第三毛作の経営者人生延べ60余年を後にした現在のヨシダは自称「人生第四毛作」を演出中!ってところです。
 80歳直前にこの 国フィリピンに永住して現在に至るものですが、ご覧のように経営者マインドそのままの人生第四毛作を演出中です。離日直前の16年間に及んだクライアント 会社は現在に至って、同社の「月例安全会議」に「ヨシダメッセージ」(A4板ビッシリ)をお届けしているクライアント関係にあることを誇りに思っていま す。
 ちなみに、肝心のこのヨシダウェブサイトですが、ウェブサイト編集既製ソフトを使わず、レイアウト等々は全て手製。お見苦しい点が多々あることを承知の 上の、「中身で勝負!」って気分で編集しています。でも、でもですが、その「編集実績容量」だけは天下一を誇ります!「データーサイズ(編集容量)」をクリックしていただくと、へ~!というお声が聞こえてきそうです。単行本に換算したら「ン拾冊相当分だぞ~!」が他愛もない自負です。まだまだ続く、これからが本番!といった感じのヨシダの自分史みたいなものだと位置づけているのがこの手作りウェブサイトです。
 言いたい放題、書きたい放題、まさにブログし放題・・・って感じですが、多少の過剰さは85歳のニッポン男児爺ちゃん・ヨシダの「ボケ防止」とご理解のうえ、ご寛容のほどお願いします。

 注: 以下、お気付きのように、本サイトにおける編集者のブログは「行換え&一字空け」の通常スタイルでなく、★or▼マークでそれらを代行しています。「縦長 式サイト」で字数が多いために、行換えによる過度のスペース取りを防ぐためです。多くの新聞コラムが採用されているスタイルを真似ましたので、ご理解くだ さい。
 なお、「縦長式トップサイト」の利点を手前ミソですが指摘するとしたら、通常のトップサイトにみられるような、左右に別のコラム群を掲載していて、目を左右に動かさないと見落とすのに対して、本サイトは縦方向だけに目を向けることから、ゼッタイに見落とししません。・・・とはこの道の素人のやせ我慢ですが、多くのウェブサイトをみても、そういった点を感じます。目をキョロキョロと左右に移動する常態です。85歳の爺ちゃんはなお更のこと、少々シンドイ感じで、本流上下だけで済ます場合がほとんどであることを否定しません。 
 

              ウィキペディアから拾った11月30日のできごと
                      (英語版きょうのできごと;November 30
                       (過去のきょうのできごと一覧表)
  このコラムは2014年4月21日にi開設したのものですが、編集の在り方に色々と変化をしてきました。ウィキペディアにある「きょうのできごと」(日本語版)の 全てを一応そのまま転記し、折角ある多くのリンクでも「できごとの内容」が理解できないのが多いことと、加えて「絵物語」的な編集手法で編集者サイドの判 断で当該写真資料等を選択して表示することにしています★本コラム編集の最大の魅力は、編集過程で自然に「世界史の一端」を学ぶことができることです。過去のものは(「きょうのできごと」記録集)に収録しています。「英語版きょうのできごと」もありますのでクリックしてご覧ください。
(370.4MB/24.7KB/line)
   1    「Narva battle 1700」の画像検索結果     「Narva battle 1700」の画像検索結果   「Narva battle 1700」の画像検索結果
    「russia and sweden 1700 map」の画像検索結果「Charles XII of Sweden」の画像検索結果「Sweden」の画像検索結果「defeated」の画像検索結果「russia & sweden1700 map」の画像検索結果「russian soldiers1700」の画像検索結果 「russian flag 1700」の画像検索結果
  2   「treaty of paris 1783」の画像検索結果       「treaty of paris 1783」の画像検索結果 「treaty of paris 1783」の画像検索結果 「treaty of paris 1783」の画像検索結果 「end of civil war」の画像検索結果
    3「Holy Roman Emperor」の画像検索結果「Leopold II. abolished death penalty」の画像検索結果「abolish」の画像検索結果「abolished」の画像検索結果  「Cities for Life Day」の画像検索結果
    4「Franz Peter Schubert」の画像検索結果「Schäfers Klagelied」の画像検索結果「Franz Peter Schubert, Schäfers Klagelied」の画像検索結果「Franz Peter Schubert, Schäfers Klagelied」の画像検索結果「Franz Peter Schubert, Schäfers Klagelied」の画像検索結果
   6「1864 :Second B...」の画像検索結果「1864 :Second B...」の画像検索結果「1864 :Second B...」の画像検索結果「1864 :Second B...」の画像検索結果「1864 :Second B...」の画像検索結果
    7「scotland flag 1872」の画像検索結果「scotland and england map」の画像検索結果「1872 scotland sucker team」の画像検索結果   「scotland flag 1872」の画像検索結果  関連画像
    「イングランド 国旗1872」の画像検索結果「1872, the first international soccer tournament england vs scotland」の画像検索結果関連画像関連画像「1872 scotland sucker team」の画像検索結果「scotland flag 1872」の画像検索結果
   8「ワシントン在勤の日本全権陸奥宗光」の画像検索結果「日墨修好通商条約」の画像検索結果「matias romero mexico」の画像検索結果 「メキシコ国旗 1888」の画像検索結果     「in」の画像検索結果   「stationed in washington dc」の画像検索結果
  11  「root takahira agreement 1908」の画像検索結果     「root takahira agreement 1908」の画像検索結果 「root takahira agreement 1908」の画像検索結果 「root takahira agreement 1908」の画像検索結果
  12 「1919年 - 食品...」の画像検索結果「1919年 - 食品...」の画像検索結果「1919年 - 食品...」の画像検索結果「1919年キューピ...」の画像検索結果「1919年キューピ...」の画像検索結果
   20「1948年 - 川田...」の画像検索結果「1948年 - 川田...」の画像検索結果「1948年 - 川田...」の画像検索結果「1948年 - 川田...」の画像検索結果「老いらくの恋」の画像検索結果
  22「Hodges Meteorite」の画像検索結果「Hodges Meteorite」の画像検索結果     「Hodges Meteorite」の画像検索結果「Hodges Meteorite」の画像検索結果 「Hodges Meteorite」の画像検索結果
    「Hodges Meteorite」の画像検索結果           「Hodges Meteorite」の画像検索結果       「Hodges Meteorite map」の画像検索結果「アラバマ州」の画像検索結果
  28「1974年 - エチ...」の画像検索結果「1974年 - エチ...」の画像検索結果「1974年 - エチ...」の画像検索結果「1974年 - エチ...」の画像検索結果
    「1974 Lucy」の画像検索結果「1974 Lucy」の画像検索結果
     36「1993  “Jim” Brady」の画像検索結果   「1993  “Jim” Brady」の画像検索結果「1993  “Jim” Brady」の画像検索結果
(1)1700年 - 大北方戦争: ナルヴァの戦い
(2)1783年 - アメリカ合衆国イギリスアメリカ独立戦争の講和条約・パリ条約を締結。
(3)1786年 - 神聖ローマ皇帝レオポルト2世が、ヨーロッパでは初めて死刑制度の廃止を宣言。(シティズ・フォー・ライフの日
(4)1814年 - フランツ・シューベルトが『羊飼いの嘆きの歌』を作曲。
(5)1853年 - クリミア戦争: シノープの海戦オスマン帝国の軍港シノープをロシア黒海艦隊が奇襲。これ機にイギリスフランスがクリミア戦争への介入を決意。
(6)1864年 - 南北戦争: 第二次フランクリンの戦い
(7)1872年 - 史上初のサッカー公式国際試合となるイングランドスコットランドの試合を開催。
(8)1888年 - 日墨修好通商条約締結。日本初の対等条約。
(9)1892年 - 日本海軍の水雷砲艦千島がイギリス商船と衝突、千島は沈没し商船側も損傷を受けた。(千島艦事件
(10)1892年 - 福澤諭吉の後援で北里柴三郎が大日本私立衛生会伝染病研究所(現東京大学医科学研究所)を設立。
(11)1908年 - 日本の駐米大使高平小五郎アメリカ合衆国国務長官エリフ・ルート高平・ルート協定に調印。
(12)1919年 - 食品工業(現キユーピー)が創業。
(13)1920年 - 高山義三の除隊を迎えに来た鍋山貞親ら社会主義者の集団が警官と衝突し、治安維持法違反などで逮捕。(京都赤旗事件
(14)1926年 - 日本ラグビーフットボール協会設立。
(15)1936年 - 水晶宮が焼失。
(16)1939年 - 第二次世界大戦: ソビエト連邦軍がフィンランドに侵攻し、冬戦争が勃発。
(17)1942年 - 第二次世界大戦・ソロモン諸島の戦い: ルンガ沖夜戦
(18)1942年 - 横浜港ドイツ軍艦爆発事件がおこる。
(19)1943年 - 第二次世界大戦: テヘラン会談で米英ソ首脳が1944年フランスへのオーバーロード作戦を行うことで合意。
(20)1948年 - 68歳の歌人の川田順が弟子の大学教授夫人とともに家出。川田が詠んだ歌から「老いらくの恋」が流行語になる。
(21)1949年 - 対共産圏輸出統制委員会(ココム)設立。
(22)1954年 - ホッジス隕石がアメリカ合衆国アラバマ州に落下。
(23)1962年 - ウ・タント国際連合事務総長に選出。
(24)1966年 - バルバドスイギリスから独立。
(25)1967年 - 南イエメンがイギリスから独立。
(26)1970年 - 南イエメンが国号をイエメン人民民主共和国に改称し、社会主義国家を宣言。
(27)1970年 - 北海道の国鉄根北線がこの日限りで廃止。
(28)1974年 - エチオピアアウストラロピテクス化石人骨「ルーシー」が発見。
(29)1977年 - 米軍が使用していた東京・立川基地が32年ぶりに全面返還。
(30)1984年 - 電電公社がキャプテンシステムの実用サービスを開始。
(31)1984年 - 国鉄高砂線宮原線妻線がこの日限りで廃止。
(32)1987年 - 茨城県つくば市が市制施行。
(33)1990年 - 台風28号紀伊半島に上陸。観測史上最も遅い時期の台風上陸。
(34)1990年 - 日本衛星放送(JSB)がサービス放送を開始。(現・WOWOW)
(35)1993年 - オランダで、世界初の安楽死を認める法律(改正埋葬法)が成立。
(36)1993年 - アメリカで、銃規制を目的としたブレイディ法が発効。
(37)2007年 - 衛星アナログハイビジョンテレビの放送が終了(停波)。
(38)2008年 - 初代新幹線車両0系が定期運用を終了。
(39)2008年 - 東日本フェリーが国内フェリー事業から撤退。
(40)2009年 - 朝鮮民主主義人民共和国デノミネーションを実施。
(41)2016年 - それまで暫定的に系統名でウンウントリウム(113番元素)、ウンウンペンチウム(115番元素)、ウンウンセプチウム(117番元素)、ウンウンオクチウム(118番元素)と呼ばれていた四つの新元素の正式名称が、それぞれニホニウムモスコビウムテネシンオガネソンに決定[1]
(370.4MB/24.7KB/line)

                      編集者のダイアリー・コーナー
                 2017年11月30日(木)
(注)本コラムの編集基準は「1ヶ月を上・中・下の3旬に分割」します。3旬に分割しているのは、ワ7ン・サイトの添付画像容量の制限(1000KB=1MB)があるためですが、編集者の欲張り過ぎか、当該記事に対する編集者の納得できる意図の添付画像かは別にして、折角の添付画像を本欄では「一部削除」を余儀なくしています★しかし、「過去の日本語版トップサイト一覧表」では日々の本欄の全てが掲載されていますので、本欄の記録実績は確実に収録されているという編集者の安心感をもって、思い切ってその都度、削除することに徹しています。ヨシダはともすれば、「完全主義者的な性格」が否定できないなと反省する始末です(笑)★ちなみに、自身が執筆(ブログ)したことを「記録に残す(遺す)」ことに、ある種の人生達成感を意識することから、この問題に関しては、そうした対応をしているものです。ご理解のほど念じる次第です。(2017年7月10日記)
本日「11月30日のできごと」で特に関心を強くするのは、「(36)1993年 - アメリカで、銃規制を目的としたブレイディ法が発効」です。現代アメリカにおける無差別大量殺人事件の続発は最新式マシンガンのようですが、銃規制があってのこの有様。想像を絶するアメリカの銃社会の実態です★ちなみに、アメリカの銃規制の実態等を検索するに、ほとんどのサイトがコピー不能のようです。当該諸団体の圧力が背景にあるのでは・・・?と首を傾げます★好奇心旺盛なヨシダはその多くの記述の中からこれだけは・・・と思う記事をご丁寧にも「苦手の手書き」して、以下に転記します。曰く、「・・・アメリカ史上最悪の死傷者を出したネヴァダ州・ラスヴェガスでの銃乱射事件では、トランプ大統領は哀悼の意を示すも、銃規制については沈黙を守りました。その背景にあるのが「全米ライフル協会(NRA)」の存在。NRAは米政界に絶大な影響力を持つアメリカの銃規制反対の一大勢力です。トランプ氏は大統領選でNRAからの支援を受けて大統領になったようなものなので、銃規制については言及することはできなかったのです。NRAはアメリカで絶大な資本力を持ち、米政界にも顔が利くことから、法的な銃規制にストップをかけるように働きかけをおこなっています。つまり、銃を規制できない最大のガンとなっているのです。「悪から身を守るために善人が銃を取れ」。NRA(全米ライフル協会)はこのように主張しているのです・・・」と。・・・イヤハヤ、絶句です・・・★要するに、銃販売はものすごく儲かる商売。儲かる商売の事業者団体だから政治資金力は抜群!商売の邪魔になるもの(こと)は財力で阻止って図式ですね。政治家も資金援助が期待できるから「口をつむぐ・・・」って図式ですね。(添付画像=6枚)(29日17:00)
  「National Rifle...」の画像検索結果「National Rifle...」の画像検索結果「National Rifle...」の画像検索結果
   「National Rifle...」の画像検索結果「SECOND AMMENDM...」の画像検索結果「SECOND AMMENDM...」の画像検索結果
さあ!11月最後の日を迎えました。明日からは2017年最後の月!ひと区切り毎にそれなりの意義を強調意識して迎えて過ごすのがヨシダ流儀★先ほど、どうした弾みか、新しいほうのパソコンが突然異変みたいに狂って使用不能!あれこれトライしていたら、正常に復帰!!イヤハヤ、パソコンって、ヤンチャ坊主みたい!・・・ホントにつくづく想うに、この年齢(86歳1ヶ月)になってこの有様・・・イイのかワルイのかは別にして、「ようやるわ!」って気分です★ところで愛器クラシックXP君もどうやら永遠のお休みに入ることになりました。CPU(Central Procesing ssessing )の取り替えをします。アーネルが連れてきた新人テクニッシャンのイアンさんの助言を受けてのこと。この人物は元零細規模のコンピューター事業主。理由は知りませんが第三者が事業主(経営者)になって本人は一従業員という立場★アーネルに進言していることは、4年先の土地家屋取得を機に、小規模でもコンピューター会社を設立。アーネルはオーナー(会長)で彼を社長に据えてという事業意欲喚起をしたところ、前向き姿勢。ひょっとしてヨシダが画く人生いろいろ いきいき ハツラツ わが人生は五毛作! の総仕上げの一環に座りそうです。(29日21:30)
AIの発達をこのまま市場に任せてよいのか 人類にとって「憂鬱な未来」か「豊かな未来」か」(東洋経済ONLINE2017.11.29.櫨 浩一 : ニッセイ基礎研究所 専務理事)は、う~ん・・・と考え込みます。「中見出し」は■AIの発達で拡大していく格差、「高等教育で高所得が得られる」は楽観的すぎる、ベーシックインカムは解決策にならない、「神の見えざる手」に任せておけば?・・・と続きます。「末尾の言葉」は、「・・・ AIの発展を未来の社会にとって良いものにするためには、これをどう受け止めるのかという議論が必要だ。デジタルエコノミーの発展は人類に想像できないような豊かさをもたらすことができるはずだが、それは神の見えざる手に任せておけば自然に実現するというものではないだろう」と★この種の記事にヒットする度に危惧すること。地球人口は暴発の一途。一方、この種の科学進歩によるロボット化は日進月歩。一体全体、人類はどうなるのでしょうね・・・?(添付画像=5枚)(29日23:30)
     「AIの発達をこの...」の画像検索結果「AIの発達」の画像検索結果「writer」の画像検索結果「AIの発達をこの...」の画像検索結果「AIの発達をこの...」の画像検索結果
今朝受信の「VOA@com」は、「No.318(Nov.30, 2017)"On November 29, 1952, President-elect Dwight D. Eisenhower makes good on a campaign promise to go to Korea":(参考記事: "1952 Eisenhower goes to Korea"(HISTORY) )です。どんな内容の編集になるでしょう・・・。(7:30)
今朝のもうひとつの英語版編集記事にヒットしました。「Vera Shlakman, Professor Fired During Red Scare, Dies at 108」(NYTimes.com::2017.11.27.)By SAM ROBERTSNo.319(Nov.30, 2017) "Vera Shlakman, Professor Fired During Red Scare, Dies at 108"(参考記事:"Vera Shlakman, Professor Fired During Red Scare, Dies at 108"(NYTimes.com:By SAM ROBERTS)」がそれです。格好の英語学習になって一石二鳥の価値を感じます。(9:00)
ロヒンギャ難民は国際問題化し、ここで中国の調停能力が試される」(宮崎正弘の国際ニュース・早読み2017.11.30)が舞い込んできました。ロヒンギャ難民問題は極めて複雑。それを分かり易く解説した記事です。筆者の宮崎正弘先生は世界各地に足を運ばれての取材記事だけに、真実味は抜群です。(添付画像=21枚)(10:00)
       「ロヒンギャ難民」の画像検索結果「ロヒンギャ難民」の画像検索結果「ロヒンギャ難民」の画像検索結果
       「ロヒンギャ難民...」の画像検索結果「ロヒンギャ難民...」の画像検索結果
           「writer」の画像検索結果「宮崎正弘」の画像検索結果「宮崎正弘著書」の画像検索結果「宮崎正弘著書」の画像検索結果「宮崎正弘著書」の画像検索結果「宮崎正弘著書」の画像検索結果「宮崎正弘著書」の画像検索結果「宮崎正弘著書」の画像検索結果「宮崎正弘著書」の画像検索結果
                        「宮崎正弘著書」の画像検索結果 「宮崎正弘著書」の画像検索結果 「宮崎正弘著書」の画像検索結果 「宮崎正弘著書」の画像検索結果「宮崎正弘「三島由紀夫「以後」」の画像検索結果「宮崎正弘著書」の画像検索結果 「宮崎正弘「『拉致』(徳間文庫)」の画像検索結果  



                  末尾の特別情報お知らせコーナー
 トップページ最終下段場所のこのコラムはわが長い人生なかんずく、去る2009年1月にフィリピンを「終の棲家」として移住して現在に至る身の中で執筆した特別に印象深くしている小文を時おり時機を変えて掲載することにしているものです。その舞台裏は上掲のタイトルをクリックするとご覧いただけま すが特定のものを除いて再編集中です。(2017年3月28日記)

      毎月の28日はヨシダにとって意義深くしているもの その理由(わけ)は!?
                  (注:このコラムは月末まで掲載します。)
 プライベートなことでかつ、単純で大人気ない(?)とも思えるようなことをヨシダは執拗に意識して現在に至ります。ほかでもありません、「28日」という日は吉田祐起の誕生日のそれに当たることから、この日を中心にわが人生の歩みが刻まれている、という自覚や認識です。
 つまり、年に12回の誕生日を意識して「満83歳○ヶ月」とウェブサイトにも掲載し、自身もそれを意識して送っているのです。あと、何日で28日・・・といった具合にです。これって、ちょっと、ユニークはモノの考え方だと自負します。
  時が経つことで、洋の東西を問わず、意味深長なのが「光陰矢の如し」という言葉。英語でも"Time flies like an arrow" と人々は口にします。矢の如く時が去った、と感じることは、その分、人生を短く送っていることを意味するのであって、まさか、時が早く去って歳をとったか ら ヨカッタとは誰も思わないハズです。
 強いてそれをポジティヴに解釈すれば、苦しい時もあったけど、あっと言う間に過ぎ去った、苦しいこと を 克服 してきた、開放された、といったくらいの解釈も成り立つでしょうが、それとて、味わうべき喜怒哀楽の人生がその分、短く去ったことを意味する結果でしかな い、というのがヨシダです。
 折角この世に生を受け、与えられた人生ならば、その喜びを文字通り、日々味わいつつ、感謝しつつ過ごす(消化する)という考え方のほうが、その逆の苦しい人生、早くに過ぎ去って欲しいもの・・・よりもずっと、ハッピーだと思うのです。
  さらに、こんなことも頭に描かれると思います・・・。例えば、何かを達成するとか、成し遂げるものを持っているとします。ヨシダ流の処し方は、優先順位の 見 極めです。沢山ある仕事の優先順位を頭にしっかりと入れて処す方法。ストレスもなくなります。計画的にというのは誰でも言いますが、その処し方の基本はな んと言ってもターゲットとする日の設定でして、ヨシダの場合は毎月の28日がそれになっているという感じです。
 その日(28日)が来たら、ウン、オレはあれもやった、これもやり遂げた、出来なかったことは次の月の28日をひと区切りに・・・といった按配です。これって単純なモーチベーションに過ぎませんが、案外と効果的です。
  結果的には、折角与えられた人生期間を感謝の念をもって着々と消化して事を成し遂げる、といった図式です。同じ1年サイクルで巡ってくる自身の誕生の 「日」をハッピー・バース・デイ!と心の中で呟きながら日々の経過を味わいつつ・・・といったシナリオです。こうした考え方がヨシダが永年、心に入れてい るキーワードに繋がるのです。「生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ」がそれです。
 ところで、これも他愛もないことですが、10月 28日はかのマイクロソフトのビル・ゲイツさんの誕生日(1955年)を早くに認識してきたものです。人間のスケールからすれば、ドダイ比較対象する何も のもないのですが、誕生日だけは同じ!と言える(思える)のがイイ味ってところです(笑)。ヨシダはビル・ゲイツさんと同じ誕生日って思うだけでも、思わ ないよりずっとマシって按配です。
 ふと、この記事を書きながら好奇心旺盛なヨシダは即座にヨシダの認識するその他の著名人を平素世話になるグーグルさんから拾い出しました。多くある人物の中からヨシダの好みに従って人物名と写真を列記して誕生日の味わい方を増幅さす次第です。

 1.ヘンリー3世(1012:イングランド王)、2. Maria Anna of Neuburg(1667:スペイン王カルロス2世の2度目の王妃 、3.John Laurens(1754:南北戦争時代米軍人・政治家)、4.徳川慶喜(1837:江戸幕府第15代将軍・最後の将軍)、5.嘉納治五郎(1860.教育家)、6.横河民輔(1864:横河電機創業者)、7.Ormer Locklear(1891.スタント飛行士・俳優)、8.エルザ・ランチェスター(1902:イギリス生まれの米女優)、9.Douglas Seale(1913.英国舞台映画俳優)、10.Pearl Hackney(1916.英女優・コメディアン・ Eric Barker妻)、11.Richard Laurence Millington Synge(1914.英人科学者:1952年ノーベル賞受賞) 、12.東富士欽壹(1973:大相撲第40代横綱)、13.ジェイコブ・D・コックス(南北戦争北軍将軍・共和党・第28代オハイオ州知事・第10代アメリカ合衆国内務長官)、14.ビル・ゲイツ(1955:マイクロソフト創立者)、15.吉田祐起(1931.本サイト編集者)
 ヨシダって好奇心旺盛 でしょう。こんなことに時間を使うから超多忙人間(?)。日々をかみ締めながら生きるから「光陰矢の如し」は無縁たる所以です(笑)。
     「Henry III」の画像検索結果「Maria Anna of Neuburg」の画像検索結果「John Laurens」の画像検索結果Kanō Jigorō c1937.jpgOrmer Locklear (1920).jpgエルザ・ランチェスターElsa Lanchester
       「Douglas Seale」の画像検索結果「Pearl Hackney」の画像検索結果 Richard Laurence Millington Synge.jpgAzumafuji 1950 Scan10025-2.JPGCox, Jacob D. M.C. Ohio (Secty of Interior in Grant Adm.).jpg
★なお、末尾にあしらた米漫画「スヌーピー君」のひとコマ。ワンちゃんを相手に言っている言葉にヨシダは深~い味わいを感じます。それは 「自然に到達したヨシダの「自利から他利の人生選択肢」のヨシダ人生観に通じるものがあるからです。マンガ主人公スヌーピー君曰く、"What would you say if I told you I was going to devote the rest of my life to making you happy?"(ボクの余生はお前さんを幸せにするためだと言ったらどう思うかい?)とは、なんとも微笑ましいひとコマでしょう!前記したヨシダ人生観に通じるし、数年来実践中の自称「相互扶助精神に基づく運命共同体生活」によるフィリピン人家族との共同生活の精神にも通じることから、この漫画コーナーは「常時掲載」することにしています。ヨシダ精一杯の(?)ユーモアでもあります(笑)。   
       「余生」の画像検索結果 「the peanuts」の画像検索結果「the peanuts」の画像検索結果「the peanuts」の画像検索結果                   では、またのお越しをお待ちしていま~す! ご機嫌よろしゅう!
                                                (717.89KB
  
                        
2017年11月30日(木)   
                 “生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”  
                         
吉田祐起
                       
(満86歳1ヶ月)
              (フィリピン共和国ラグーナ州サンタ・ローザ市在住)
                    yoshida@a-bombsurvivor.com
                   
yoshidayuuki@rocketmail.com  
        URL(日本語版):http://www.abombsurvivor.com/index_japanese.html
                        URL(英語版):http://www.abombsurvivor.com