吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果   「yuuki yoshida」の画像検索結果 http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
      吉田祐起(Yuuki Yoshida) :満84歳6か月 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 

  原爆証言者・吉田祐起の被爆現場証拠写真です。
 「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル別館」の画像検索結果
  2016年2月14日(日)午前3時頃のこと。ふと目覚めて色んなことに想いを巡らすなかで思いついたこと。それは被爆で九死に一生を得たという表現を 辞さない私の生々しい体験の場をこのサイトに再現することでした。ガバッと起きてデスクに向かいグーグルで関連写真を検索しました!ゲットしたのが上掲の 写真です。
 当時の私は学徒動員で広島電鉄本社電気課勤務でした。足が不自由なことからの事務所勤務。他の級友たちは電車・バスの修理工場配属 で した。左端の写真看板は現在の本社別館(右2枚の3階ビル)の前に設置されている半倒壊したビル画面と日英語説明文看板。2番目の白黒写真はその生々しい 倒壊した建物コーナーの写真です!
 朝礼を終えてビッコを引きながら薄暗い廊下伝いに電気課事務所に向かっていた瞬間の「ヒカ!ドン!」でし た。 あっという間に下敷きになりました。数秒の差で倒壊を免れた同課オフィスに辿り着いていたと、今更の如く想起し、感無量です。真っ暗なビルの下敷きで手を 合わせて死を覚悟しました。ふと、頭上にほのかな明かりが眼に入り、無我夢中で瓦礫をよじ登りました。子供心に想起することに倒壊した建物のてっ辺に這い 出た時の印象は「下界を見下ろす」って位置。顔面に吹き出る血をみて、「母ちゃ~ん!血が出ているよう~!」と泣きました。倒壊したあの建物の下敷きのわ が姿を生々しく再現再確認する次第です。

              Since 10th March, 2001
 ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手 製のささやかなウェブサイトですが、ボリュームだけは人後に落ちません!本日現在の「データーサイズ(編集容量)」は実に2.66GBという異例とも自負 する規模です。殆どのインタネット関連企業ですら500KBというなかで、楽天さんのそれはずば抜けて2300KB。ヨシダのそれをKBで示せば 2660KBといった按配。単行本に換算したら、ン拾冊相当!ってところです。ヨシダ自分史足り得ると自負するウェブサイトです。

                            English               
              2016年5月27日(金)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
   注: お気付きのように、本サイトにおける編集者のブログは「行換え&一字空け」の通常スタイルでなく、★&▼マークでそれらを代行しています。「縦長 式サイト」で字数が多いために、行換えによる過度のスペース取りを防ぐためです。多くの新聞コラムが採用されているスタイルを真似ましたので、ご理解くだ さい。    

              オバマ米大統領の被爆市訪問が本日27日に実現!
         ヨシダのヒバクシャ証言の在り方に180度の転換をします!     
  本日はオバマ大統領が去る2009年11月に東京でNHK World記者の質問に対して行われた(日本流で言えば)「男の約束」を果たされる日です!"This time the schedules are too tight. However, I would like to have an honor of visiting the cities someday in my Presidency..."(今回は日程上できないが、大統領任期中には訪問の栄に浴したい・・・)がそれです。男同士の名において、まずはおめでとうございます!ヨシダのこのサイトのこの場所で強調したいことは、ヒバクシャの立場を超えた、いわゆる、日本人流の「男の約束」を果たされる日としてのニッポン男児のお祝いの言葉デス。
  この米大統領の被爆市訪問をもって、ヨシダの被爆者証言の在り方に180度の転換をします。それは大統領の訪問をもって事実上の「和解が成立した」と解釈 するがゆえでして、今後のヨシダのヒバクシャ証言は語ることから離れて、身をもって実証することです。それは、「被爆者最期の生き残り」を目指すことにあ ります。ちなみに、その考え方は、目下執筆中の「No.6300:2009年10月時点で「オバマ大統領の<男の約束>」に接し、爾後ブログし続けてきたヨシダが到達した現在の心境を語る(仮題)「インタネット情報&ヨシダブログ:No.6300」2016.5.12.フィリピン在住・吉田祐起)」に詳細にブログすべく、準備中です。執筆完成は急がずにじっくりと取り組みます。なにせ、先の長~いことになりますので・・・(笑)。
 なお、以下は、本日のマスメディアにみるオバマ大統領閣下の広島市訪問関連記事です。
その1.広島が思い起こさせる、戦争は罪なき市民に苦しみ オバマ米大統領、単独書面インタビュー  (朝日新聞2016.5.27.)本記事で特記すべき言葉にヒットしました!ヨシダが幾つもの論文まで書いて提唱してきた「被爆投下国VS被爆国(日米) の和解」への提言主張デス!!!! オバマ大統領ご自身のお口からの提言がありました!思わず最大のガッツ!!!!をしました!!!! 曰く、「・・・オバマ氏が朝日新聞の書面インタビューでもう一つ強調したのが、「和解」のメッセージを発したいとの強い意向だ。オバマ氏は安倍晋三首相と共に平和記念公園を 訪れることで、「和解の可能性を世界に示すことになる」と強調。かつて敵国として戦った日米両国の関係が大きく変貌(へんぼう)を遂げた実績を強調するこ とで、世界、とりわけアジア諸国にも、不幸な歴史を乗り越える「対話と和解」を促したいとの思いをにじませた。」がそれです!ヨシダのその提唱論文を以下 に掲げて、もう一度、ガッツ!しま~す!
核兵器絶滅実現へのヒバクシャ使命 人類史上初の原爆投下国とヒバクシャの和解へのコンセンサスづくり」(第1次=2010.4.14、第2次=2012.11.7、第3次=2013.9.6.)
その2.「No.6324:広島から「核なき世界」訴えへ オバマ大統領に聞く朝日新聞2016.5.27.アメリカ総局長・山脇岳志
その3.
No.6325:「未来志向で…あなたを応援すると伝えたい」オバマ氏と面会の91歳被爆者産経WEST2016.5.26.)」。
その4.
「No.6326:オバマが偉大な大統領である3つの理由(本編に限って文字化けのため、エンコードを「Unicode」にリセットしてください。)(DIAMOND Online2016.5.27.北野幸伯 [国際関係アナリスト] )」
その5.No.6327:和解につながる相互献花宮崎日日新聞「くろしお」2016.5.26.)」 
             
              ウィキペディアから拾った5月27日の「できごと」 
                              May 27 Events(英語版) 
                                   「きょうのできごと」記録集
(To the English language visitors: Sorry, this column is for the Japanese edition. However, you could see so many English written Events in red characters among the Japanese lines, which are the ones never shown in Japanese edition. This means that Japanese edition is not as world-wide as the original English Google edition.) 
  こ のコラム編集なかんずく、当該写真の選択はご覧くださる方々のご関心をヴィジュアルな面で提供することを目的としています。ところが、写真を多く添付する と「1ページ当たりの編集許容量」が「1MB=1000KB」という制約から枚数を制限せざるを得ないものがあり、編集者の立場でこれは、と思うできごと に限った当該写真の添付ということにしています。でも、つい、欲張って・・・★なおまた、「ウィキペディアのできごと」は英語版が本流でして、日本語版は その翻訳的な一面が 否 定できません。日本語版から入ると「できごとの」の主人公すら掴めない場合さえあることを最近痛感することが少なくありません。「主語抜き」という日本語 特有の落とし穴です。ヨシダの手法は、その「できごと」の主人公もしくは主体をヨシダ流に英語でインプットしてキャッチするケースが少なくありません。そ んなことから、案外と多くの時間を 費やしているのがこの編集作業です。もっとも、その過程で学び体験を得るのは他ならぬ、編集者のヨシダではあるのですが・・・。

   1「869年清和天皇」の画像検索結果「869年清和天皇」の画像検索結果「貞観格」の画像検索結果家紋4「1703, Петропа́вловская кре́пость」の画像検索結果 「1703, Петропа́вловская кре́пость」の画像検索結果 「1703, Петропа́вловская кре́пость」の画像検索結果「1703, Петропа́вловская кре́пость」の画像検索結果
   「2016, Петропа́вловская кре́пость」の画像検索結果「2016, サンクトペテルブルク地図」の画像検索結果「2016, サンクトペテルブルク建都の日」の画像検索結果「2016, サンクトペテルブルク建都の日」の画像検索結果 8「1875 sozialistische arbeiterpartei deutschlands sapd」の画像検索結果「1875 sozialistische arbeiterpartei deutschlands sapd」の画像検索結果「1875 sozialistische arbeiterpartei deutschlands sapd」の画像検索結果「1875 sozialistische arbeiterpartei deutschlands sapd」の画像検索結果
    11 「1901東京から下関までが鉄道開通」の画像検索結果 「1901年新橋・東京駅」の画像検索結果  「1901東京から下関までが鉄道開通」の画像検索結果   「1901下関駅」の画像検索結果    関連画像12「1905年日本海軍聯合艦隊とロシア海軍バルチック艦隊との日本海海戦」の画像検索結果「1905年日本海軍聯合艦隊とロシア海軍バルチック艦隊との日本海海戦」の画像検索結果
   「1905年日本海軍聯合艦隊とロシア海軍バルチック艦隊との日本海海戦」の画像検索結果「1905年日本海軍聯合艦隊とロシア海軍バルチック艦隊との日本海海戦」の画像検索結果「1905年日本海軍聯合艦隊とロシア海軍バルチック艦隊との日本海海戦」の画像検索結果「1905年日本海軍聯合艦隊とロシア海軍バルチック艦隊との日本海海戦」の画像検索結果「1905年日本海軍聯合艦隊とロシア海軍バルチック艦隊との日本海海戦」の画像検索結果 「1905年日本海軍聯合艦隊とロシア海軍バルチック艦隊との日本海海戦」の画像検索結果 「1905年日本海軍聯合艦隊とロシア海軍バルチック艦隊との日本海海戦」の画像検索結果13「1919, en:Curtiss NC-4 flying from new york to lisbon」の画像検索結果「1919, en:Curtiss NC-4 flying from new york to lisbon」の画像検索結果
     「1919, en:Curtiss NC-4 flying from new york to lisbon」の画像検索結果     関連画像 「1919, en:Curtiss NC-4 flying from new york to lisbon」の画像検索結果  「1919, en:Curtiss NC-4 flying from new york to lisbon」の画像検索結果 「1919, en:Curtiss NC-4 flying from new york to lisbon」の画像検索結果「1919, en:Curtiss NC-4 flying from new york to lisbon」の画像検索結果「1919, en:Curtiss NC-4 flying from new york to lisbon」の画像検索結果

 17
「1933, chicago world's fair」の画像検索結果 「1933, chicago world's fair」の画像検索結果   「1933, chicago world's fair」の画像検索結果 「1933, chicago world's fair」の画像検索結果  「1933, chicago world's fair」の画像検索結果「1933, chicago world's fair」の画像検索結果  「1933, chicago world's fair」の画像検索結果「1933, chicago world's fair」の画像検索結果「1933, chicago world's fair」の画像検索結果
  「1933, chicago world's fair」の画像検索結果  「1933, chicago world's fair」の画像検索結果   「1933, chicago world's fair」の画像検索結果   「1933, chicago world's fair」の画像検索結果  「1933, chicago world's fair」の画像検索結果  「1933, chicago world's fair」の画像検索結果「1933, chicago world's fair」の画像検索結果      関連画像
        「1933, chicago world's fair」の画像検索結果  「1933, chicago world's fair」の画像検索結果「1933, chicago world's fair」の画像検索結果 「1933, chicago world's fair」の画像検索結果「1933, chicago world's fair」の画像検索結果「1933, chicago world's fair」の画像検索結果
(お詫び:以下の写真は編集中ですが、本日のオバマ大統領広島市訪問関連記事編集を優先することから、本欄の写真追加は遅れそうです。)
(1)869年貞観11年4月13日) - 藤原氏宗らが貞観格を奏進。
(2)893年 - シメオン1世ブルガリア帝国皇帝に即位。
(3)1177年安元3年/治承元年4月28日) - 安元の大火。(太郎焼亡)
(4)1703年(ユリウス暦5月16日) - ペトロパヴロフスク要塞の建設が起工、サンクトペテルブルク建都の日とされる。
(5)1807年 - ナポレオン戦争: ダンツィヒのプロイセン守備隊が降伏。
(6)1860年 - イタリア統一運動: ジュゼッペ・ガリバルディパレルモへの進撃を開始。
(7)1867年慶応3年4月24日) - 江戸幕府が外国総奉行を設置。
(8)1875年 - ドイツで、全ドイツ労働者協会とドイツ社会民主労働党が合併して、世界初の労働者単一政党・ドイツ社会主義労働者党(現・ドイツ社会民主党)を結成。
(9)1883年 - ロシア皇帝アレクサンドル3世が戴冠。
(10)
1891年 - 大津事件の被告・津田三蔵に対し、政府の大逆罪適用の要求を退けて無期懲役判決。
(11)1901年 - 山陽鉄道(現在の山陽本線神戸 - 馬関(現・下関)が全通し、東京から下関までが鉄道でつながる。
(12)1905年 - 日露戦争: 東郷平八郎が率いる日本海軍聯合艦隊ロシア海軍バルチック艦隊との日本海海戦(28日にかけて)。
(13)1919年 - カーチスNC4飛行艇ニューヨークからリスボンに到着、初の大西洋横断飛行を成功させる。
(14)1924年 - ミュージック・コーポレーション・オブ・アメリカ (MCA) 創業。
(15)1930年 - ニューヨークにクライスラービルが完成。当時世界一の高さのビル。
(16)1933年 - ニューディール政策: 1933年証券法が制定。
(17)1933年 - シカゴ万国博覧会が開幕。10月31日まで。
(18)1933年 - ウォルト・ディズニー・カンパニー製作のアニメーション映画三匹の子ぶた』が公開される。
(19)1937年 - サンフランシスコゴールデンゲートブリッジが供用開始。
(20)1941年 - 第二次世界大戦: ドイツ海軍戦艦ビスマルクが沈没。
(21)1941年 - 第二次世界大戦: フランクリン・ルーズベルト米大統領が国家非常事態宣言を発令。
(22)1941年 - 鹿児島県鹿屋市が市制施行。
(23)1942年 - 第二次世界大戦: プラハラインハルト・ハイドリヒイギリスの支援下にあった暗殺部隊の襲撃を受ける。ハイドリヒは6月4日に死亡。(エンスラポイド作戦
(24)1960年 - トルコで軍事クーデター。ジェラル・バヤル大統領らが逮捕され大統領を解任される。
(25)1964年 - コロンビア革命軍が結成される。
(26)1968年 - 日本大学で理事総退陣と経理の全面公開などを要求する全学決起集会、日大全共闘が結成され秋田明大を議長に選出。
(27)1974年 - ヴァレリー・ジスカール・デスタンフランス第五共和政の第3代大統領に就任。
(28)1980年 - 光州事件: 大韓民国の陸軍部隊が戦車で光州市中心部に進出し、市内全域を制圧。市民に多数の死傷者が出る。
(29)1980年 - 中華人民共和国華国鋒首相が来日。史上初の中華人民共和国の最高指導者の公式訪日。
(30)1986年 - 家庭用ゲーム機向けコンピュータRPGの代表的作品である『ドラゴンクエスト』がエニックス(現・スクウェア・エニックス)からファミリーコンピュータ用ソフトとして発売される。
(31)1987年 - 北勝海が第61第横綱に昇進。小錦が外国人力士初の大関に昇進。
(32)1989年 - 東京湾アクアラインの建設工事が開始される。
(33)1996年 - 第一次チェチェン紛争の休戦が成立。
(34)1997年 - 神戸連続児童殺傷事件: 神戸市須磨区で小学6年男児の切断された頭部が「酒鬼薔薇聖斗」による犯行声明文とともに見つかる。
(35)1998年 - 若乃花が第66代横綱に昇進。
(36)2001年 - 大相撲夏場所千秋楽優勝決定戦貴乃花武蔵丸を破り22回目の優勝。小泉純一郎総理は「痛みに耐えてよく頑張った、感動した」と貴乃花を表彰。
(37)2006年 - インドネシアジャワ島ジョグジャカルタ付近でマグニチュード6.2の地震(ジャワ島中部地震)発生。
(38)2007年 - 競馬第74回日本ダービーウオッカ1943年クリフジ以来となる64年ぶりの牝馬での優勝。
(39)2011年 - 北海道勇払郡占冠村のJR石勝線占冠駅 - 新夕張駅間において、特急列車スーパーおおぞら14号」が脱線、その直後のトンネル内で停止後に炎上する事故が発生。(石勝線特急列車脱線火災事故
(40)2015年 - テレビ朝日系列で放送の『徹子の部屋』が放送10000回を達成し、黒柳徹子が単独司会者としてギネス記録に認定される。
(41)2015年 - 国際サッカー連盟(FIFA)で大規模汚職事件が発覚し、複数の関係者が逮捕・起訴される。443KB=40KB/photo line


                         インタネット情報&ヨシダブログ
 上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。
   このコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を編 集しつつ、ヨシダブログ書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグー グルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、 掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。 

ただ今、6327編目です!
2016年5月27日(金)掲載分
昨日5月26日最終のトップページ
日別最終トップページ一覧表

編集者のダイアリー・コナー
     

 本日は ヒバクシャが願望してきた、米大統領オバマさんの広島市ご訪問の記念すべき日。本トップサイトの最上段にブログしていますが、この日をもってヨシダのヒバ クシャ証言の在り方に大きなシフトを期します。と言っても、ヨシダ証言は「悲惨さ証言」ではなく、型破りの証言内容を自負して現在に至ります。そのために 色んな角度からの証言論文をこのウェブサイトに掲載し続けてきました★本日の大統領のご訪問を機に、ヨシダの証言の在り方に180度の転換を期します。そ れが何であるかは此処ではブログする必要はないでしょう・・・。(6:50)  本日「5月27日のできごと5月27日のできごと」でヨシダが最大の関心を抱くのは、今のところ、「シカゴ万国博覧会」です・・・と、これは後回し・・・。(6:00)
 ・・・ と、今朝一番にヒットし、かつ、感動し、かつビッグなガッツ!をした記事を本トップサイト上部に掲載しました。ヨシダにとっては「劇的感動」そのもので す!日米関係に大きな転換期招来を予測します。ヨシダ流の言葉で表現すれば、「オバマさんはヨシダが主張してきた『男の約束を守ったというレガシー』を加 えられる!ということです★被爆者証言活動やその内容にドラスティックな変革が求められるとヨシダは断言して憚りません!!!!(9:35) 
 ・・・や~あ、今朝は感動、かんどう、カンドウの連続です。「No.6324:広島から「核なき世界」訴えへ オバマ大統領に聞く朝日新聞2016.5.27.アメリカ総局長・山脇岳志」がヨシダ感動の続きです。本記事は、本トップサイトのトップに配した「特別欄」にも掲載します。(11:20)
 またまた、皮肉たっぷりのヨシダブログを辞さぬ記事にヒットしました。「No.6325:「未来志向で…あなたを応援すると伝えたい」オバマ氏と面会の91歳被爆者産経WEST2016.5.26.)」 がそれです。ヨシダって、イイ歳して皮肉屋を演出(?)。でも、真実をブログしているに過ぎませんので、どうか誤解されませぬように・・・・★60余年間 の経営者人生を一貫して処したことのひとつは、真実一路ってところ。万一にでもヨシダを裏切るようなことがあれば、その災いはその人物に及ぶ、と。翻っ て、当事者のヨシダ自身には想像以上の恩恵が与えられる・・・とまで言い切れる人生遍歴者です。「自利から他利」の精神はかくして身についてきているものと自負します。(12:40)
 忙中閑あり、ひと息入れって按配で、本日「5月27日のできごと」でヨシダが特記したいのは、「(17)1933年 - シカゴ万国博覧会が開幕。10月31日まで」です。なんと、のめり込むように、20数枚の写真を掲載しました。理由のひとつは、ヨシダが生まれて2年目のできごとだけに、時代観を抱くのです。さすがアメリカだ・・・のひと言です。文化の格差を垣間見るのが理由です。(14:00)
 ・・・ 先ほどCNN中継でオバマ大統領のヒバク記念碑でのスピーチを拝観しました。後刻に同英文スピーチ全文が入手できる筈です。兎も角にも、これにて一件落 着ってことになるでしょう。重ねての皮肉なヨシダブログですが、今後の証言者活動なかんずく、その内容や証言の仕方そのものに、大きな変革が求められま す。かくいうヨシダは再々のブログで恐縮ですが、究極の目的達成に向けて自助努力する決意です。「ヒバクシャ最期の生き残り人間」を目指して・・・です。 (17:30)
 先ほど来から一生懸命に編集した2編の記事を一緒に一気に掲載します。「No.6326:オバマが偉大な大統領である3つの理由DIAMOND Online2016.5.27.北野幸伯 [国際関係アナリスト])」、「No.6327:和解につながる相互献花宮崎日日新聞「くろしお」2016.5.26.)」がそれですが、本日のオバマ大統領のわが故郷広島市訪問関連記事として喜びに耐えません。(19:35) 

 オバマ大統領の広島原爆慰霊碑における演説(日英語)を一括掲載しました。「No.6328:8月6日の記憶消えない オバマ米大統領の演説全文(日英語一括)日本経済新聞2016.5.27.(日本語) (同英語))」(23:50)

 


No.6328
8月6日の記憶消えない オバマ米大統領の演説全文(日英語一括)
日本経済新聞2016.5.27.(日本語) (同英語) 
ヨシダブログ:大統領の演説・日英語版を一括掲載しています。(写真17枚添付ファイル)
     「広島市オバマ大統領演説」の画像検索結果  「広島市オバマ大統領演説」の画像検索結果  「広島市オバマ大統領演説」の画像検索結果        関連画像「広島市オバマ大統領演説」の画像検索結果
   「広島市オバマ大統領演説」の画像検索結果       「広島市オバマ大統領演説」の画像検索結果     「広島市オバマ大統領演説」の画像検索結果「広島市オバマ大統領演説」の画像検索結果 「広島市オバマ大統領演説」の画像検索結果「広島市オバマ大統領演説」の画像検索結果「広島市オバマ大統領演説」の画像検索結果
                    「広島市オバマ大統領演説」の画像検索結果「広島市オバマ大統領演説」の画像検索結果「広島市オバマ大統領演説」の画像検索結果 「広島市オバマ大統領演説」の画像検索結果「広島市オバマ大統領演説」の画像検索結果

No.6327
和解につながる相互献花
宮崎日日新聞「くろしお」2016.5.26.
ヨシダブログ:タイトル「和解につながる相互献花」 で飛びつきました。ヨシダの同志!とばかりに、です。「和解の手段として早くから提案していたジャーナリストがいる。09 年「オバマ大統領がヒロシマに献花する日」(小学館)という本を出版した元共同通信記者の松尾文夫さん(82)」にことのほか共感します▼かくいうヨシダ は誰よりも早くから、というよりも日本人で唯一人のオバマ大統領の本日の広島訪問を「男の約束」と受けとめてブログし続けて現在に至る立場。マスメディア には登場するヨシダではありませんが、心の中は大満足、錦の御旗って感じですら楽しむ気分です▼それにしてもニンマリすることは、この素人まがい編集のヨ シダ・ウェブサイト。そのボリューム(データーサイズ)たるや、驚くなかれ、2,660KB(2.66GB)!!!。ずば抜けて大量のデーターサービスを 有する楽天さんの2300KBをも上回る実数ですぞ~!・・・とは、他愛もないヨシダの自負心の表現です。なんだかこれからがオモシロくなりそうです。ニ ンマリって気分です。写真14枚添付ファイル
         「オバマ大統領がヒロシマに献花する日」(小学館)という本を出版した元共同通信記者の松尾文夫」の画像検索結果「オバマ大統領がヒロシマに献花する日」」の画像検索結果 「ドイツのドレスデンであった爆撃」の画像検索結果   「dresden airaid 50th anniversary」の画像検索結果  「GERMANY: DRESDEN: ALLIED BOMBING」の画像検索結果
             「ドイツのドレスデンであった爆撃」の画像検索結果   「ドイツのドレスデンであった爆撃」の画像検索結果  「dresden airraid 50th anniversary」の画像検索結果     「dresden airraid 50th anniversary」の画像検索結果
    「Roman Herzog speech in the memorial 」の画像検索結果「GERMANY: DRESDEN: 50TH ANNIVERSARY OF ALLIED BOMBING CEREMONY」の画像検索結果「GERMANY: DRESDEN: 50TH ANNIVERSARY OF ALLIED BOMBING CEREMONY」の画像検索結果「GERMANY: DRESDEN: 50TH ANNIVERSARY OF ALLIED BOMBING CEREMONY」の画像検索結果「dresden airaid 50th anniversary」の画像検索結果
No.6326
オバマが偉大な大統領である3つの理由 
(上掲本編に限って文字化けします。エンコードを「Unicode」にリセットしてください。)
DIAMOND Online2016.5.27.北野幸伯 [国際関係アナリスト]
ヨシダブログ:今回の米大統領広島市訪問をもってヨシダ流儀で評するオバマ大統領閣下は「日本人流で言う『男の約束を守った大統領』というレガシーのひとつ」と言ったらふざける人物評になるでしょうか?No! Never no! で す▼日米関係に今までになかった良いモノをもたらすのが大統領閣下の広島市訪問という決断です。歴史に遺るレガシー足り得ると確信します▼その証拠は直前 記事にあるように、昨日までは原爆投下国に対する敵視観を抱きながら、掌を返したようななニコニコ顔・・・と皮肉ることを辞しません▼かくいうヨシダが抱 いてきたオバマ大統領閣下の人物評は、かの2009年11月のお言葉「・・・訪問の栄に浴したい・・・」そのものです。原爆を投下した国の大統領として、 過去歴代の大統領をしてネヴァー・ハップンと評価し得る謙虚そのもののご人物像を彷彿とさすからです▼「中見出し」は、■<理由1 世界経済を破局から 救った>、■<理由2 シェール革命で、米国は世界一の資源大国に>、■<理由3 対中国リアリズム外交>、■世界中の敵とあっという間に和解!ターゲッ トを中国に絞ったオバマ、■リアリストに変身した後のオバマは日本にとって大恩人だった・・・と続きます。(写真7枚添付ファイル

          「北野幸伯」の画像検索結果「北野幸伯著書」の画像検索結果「北野幸伯著書」の画像検索結果「北野幸伯著書」の画像検索結果「北野幸伯著書」の画像検索結果「北野幸伯著書」の画像検索結果「北野幸伯」の画像検索結果
No.6325
「未来志向で…あなたを応援すると伝えたい」オバマ氏と面会の91歳被爆者
産経WEST2016.5.26.
ヨシダブログ:当 事者には大変なシツレイを弁えてのヨシダブログ。「様変わり」とはこのことだ、と痛感しつつ皮肉りたくなります。ご免なさい、歯に衣着せぬブログで。で も、これが真実であり実態であり、現実であり、かつヨシダが提言してきて久しいのことの出来事です▼ヨシダが日本を後にした一つの理由は、ヨシダのヒバク シャ証言内容が全く異なるために、在日でそれをすれば嫌がらせもあり得る、という配慮でもありました。事実、早世した横浜在住の三歳下の弟がよく言ってい ました。「兄ちゃん、原爆語り部で活動するのもイイけど、左翼系からの迫害を注意してよ・・・」と。彼が言ったことは、「都内でヒバクシャがヒバク写真展 を開 いていたところ、左翼系からの嫌がらせてクローズした例があるので」と▼本記事にみる主人公さんに対するヨシダの歯に衣着せぬ言葉をあえてブログします。 「このご人物はかつて微塵も今回のような内容の発言をされたことは皆無だった」ということです。添付写真の示すように、証言時の同氏の表情は被害者意識丸 出し(?)的。「オバマよ お前もか」という言葉に?ですね。「日和見主義」と言ったらシツレイでしょうか?▼ちなみに、元広島市長の秋葉さんが最近言わ れることに「和解」という言葉。冗談じゃあありません!任期中についぞ、そんな言葉を口にされたことはありません!部内でそのような論議をされた気配も皆 無!ヨシダが何時ぞや広島市の関係部課に送った資料の一つは、かのヨシダ和解提言論文でしたが、それをご覧になったからかどうかは知りませんが、任期中は 知らんっぷり。退任して久しい最近になってのご発言とは・・・と絶句します▼かくいうヨシダは終始一貫の主張を貫いて現在に至ることを強く自負します。な にせ、経営者人生の長かった人間。ことの良し悪し、善悪に対する姿勢は終始一貫ってことを自負する人生体験者ですので・・・。写真11枚添付ファイル
    オバマ氏との面会を前に「未来志向で人類の幸せを願おうと伝えたい」と語る坪井直さん=26日、広島市中区関連画像 「坪井直」の画像検索結果       「坪井直」の画像検索結果   「坪井直」の画像検索結果
     「坪井直」の画像検索結果    関連画像
         「秋葉忠利語録」の画像検索結果   「秋葉元広島市長和解?」の画像検索結果「秋葉元広島市長」の画像検索結果「秋葉忠利語録」の画像検索結果
No.6324
広島から「核なき世界」訴えへ オバマ大統領に聞く
朝日新聞2016.5.27.アメリカ総局長・山脇岳志
ヨシダブログ:紙 に先駆けて、本紙・アメリカ総局長・山脇岳志さんが現地の強みと英語力を発揮して書面をもって大統領に質問された結果デス!▼永年、「原爆投下国 (米)VS被爆国(日)間の『和解への提言』」を提唱し続けてきていたヨシダにとって、「鬼の首を獲った!」って気分で大ガッツしています。本サイトは トップ面のトップでご覧のような形でブログしたのはその感動のあまりです▼本記事の編集はほどほどにして、少しでも早くに本欄に掲載したく、ブログ内容の 吟味もそこそこに掲載を先行します。▼強調したいことは、本記事筆者の実に卓越された英語力を駆使した質問状であり、それにも増して感動することは、オバ マ大統領の人柄を彷彿とさす長文の 誠意ある回答文を招来したことです。記事内に両方がリンクされていますのでぜひともご覧ください!▼ちなみに、大統領の肝心の回答文を下記に拾って表示し ます。"....I will not revisit the decision to use atomic weapons in Hiroshima and Nagasaki, but I will point out that Prime Minister Abe and I coming to Hiroshima together shows the world the possibility of reconciliation—that even former adversaries can become the strongest of allies....."▼や~!それにしてもお見事な筆者・山脇岳志アメリカ総務局長さんデ~ス!!!  ヨシダは深く脱帽しま~す!▼(お断り)添付した山脇さんの写真3枚をゲットするに相当な時間を要しました。マスメディア関係者はグーグル掲載を立場上、 避けておられると認識する中でのことですが、執念(?)で探しました。ふと、同姓同名かもしれませんが、同氏名義の著書3冊も添えました。同姓同名著者ではな いかと思いながら、何としても本記事筆者の山脇さんの人物評としたい一念からとご理解ください。もし、間違っていましたら、ヨシダの本記事筆者に対する深い尊敬の念ゆえの笑い話としてください▼もうひとつ!添付したケネディー駐日大使の朝日新聞記事は山脇さんのものとは確認はできませんが、ヨシダの直感は「和解」という言葉がタイトルにあることからの想像です。山脇総務局長さん!ありがとうございま した!!!!!(一層のご健勝を心底ご期待申し上げます!!!
写真7枚添付ファイル
                  
           「 三重県志摩市で26日、主要7カ国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)の記者会見場を後にするオバマ米大統領=ロイター」の画像検索結果  「 三重県志摩市で26日、主要7カ国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)の記者会見場を後にするオバマ米大統領=ロイター」の画像検索結果  「 三重県志摩市で26日、主要7カ国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)の記者会見場を後にするオバマ米大統領=ロイター」の画像検索結果
      「山脇岳志」の画像検索結果「山脇岳志」の画像検索結果「山脇岳志」の画像検索結果「山脇岳志 朝日新聞」の画像検索結果

                         「末尾の特別情報お知らせコーナー」
  以下のコラムは日々の執筆生活の中で、これはと思いついたことをタイトルを付して書き留めたものです。ウェブサイトトップ面の末尾の箇所に掲載するもので して、時おり変更しています。数多いヨシダブログですが、まとまった所信の一端といった感じで位置づけています。なお、上掲のリンクをクリックすると、そ の下書き的なテーマや内容の一端が垣間見られます。


      毎月の28日はヨシダにとって意義深くしているもの その理由(わけ)は!?
 プライベートなことでかつ、単純で大人気ない(?)とも思えるようなことをヨシダは執拗に意識して現在に至ります。ほかでもありません、「28日」という日は吉田祐起の誕生日のそれに当たることから、この日を中心にわが人生の歩みが刻まれている、という自覚や認識です。
 つまり、年に12回の誕生日を意識して「満83歳○ヶ月」とウェブサイトにも掲載し、自身もそれを意識して送っているのです。あと、何日で28日・・・といった具合にです。これって、ちょっと、ユニークはモノの考え方だと自負します。
  時が経つことで、洋の東西を問わず、意味深長なのが「光陰矢の如し」という言葉。英語でも"Time flies like an arrow" と人々は口にします。矢の如く時が去った、と感じることは、その分、人生を短く送っていることを意味するのであって、まさか、時が早く去って歳をとったか ら ヨカッタとは誰も思わないハズです。
 強いてそれをポジティヴに解釈すれば、苦しい時もあったけど、あっと言う間に過ぎ去った、苦しいこと を 克服 してきた、開放された、といったくらいの解釈も成り立つでしょうが、それとて、味わうべき喜怒哀楽の人生がその分、短く去ったことを意味する結果でしかな い、というのがヨシダです。
 折角この世に生を受け、与えられた人生ならば、その喜びを文字通り、日々味わいつつ、感謝しつつ過ごす(消化する)という考え方のほうが、その逆の苦しい人生、早くに過ぎ去って欲しいもの・・・よりもずっと、ハッピーだと思うのです。
  さらに、こんなことも頭に描かれると思います・・・。例えば、何かを達成するとか、成し遂げるものを持っているとします。ヨシダ流の処し方は、優先順位の 見 極めです。沢山ある仕事の優先順位を頭にしっかりと入れて処す方法。ストレスもなくなります。計画的にというのは誰でも言いますが、その処し方の基本はな んと言ってもターゲットとする日の設定でして、ヨシダの場合は毎月の28日がそれになっているという感じです。
 その日(28日)が来たら、ウン、オレはあれもやった、これもやり遂げた、出来なかったことは次の月の28日をひと区切りに・・・といった按配です。これって単純なモーチベーションに過ぎませんが、案外と効果的です。
  結果的には、折角与えられた人生期間を感謝の念をもって着々と消化して事を成し遂げる、といった図式です。同じ1年サイクルで巡ってくる自身の誕生の 「日」をハッピー・バース・デイ!と心の中で呟きながら日々の経過を味わいつつ・・・といったシナリオです。こうした考え方がヨシダが永年、心に入れてい るキーワードに繋がるのです。「生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ」がそれです。
 ところで、これも他愛もないことですが、10月 28日はかのマイクロソフトのビル・ゲイツさんの誕生日(1955年)を早くに認識してきたものです。人間のスケールからすれば、ドダイ比較対象する何も のもないのですが、誕生日だけは同じ!と言える(思える)のがイイ味ってところです(笑)。ヨシダはビル・ゲイツさんと同じ誕生日って思うだけでも、思わ ないよりずっとマシって按配です。
 ふと、この記事を書きながら好奇心旺盛なヨシダは即座にヨシダの認識するその他の著名人を平素世話になるグーグルさんから拾い出しました。多くある人物の中からヨシダの好みに従って人物名と写真を列記して誕生日の味わい方を増幅さす次第です。

 1.徳川 慶喜(1837:江戸幕府第15代将軍)、2.横河民輔(1864:横河電機創業者)、3.ジェイコブ・D・コックス(南北戦争北軍将軍・共和党・第28代オハイオ州知事・第10代アメリカ合衆国内務長官)、4.エルザ・ランチェスター(1902:イギリスの女優)、5.東富士欽壹(1973:大相撲第40代横綱)、6.浜田 晃(1941:俳優)、7.小池真理子(1952:女優)、8. ビル・ゲイツ(1955:マイクロソフト創立者)、9.吉田都(1955:バレリーナ)、10.吉田里琴(1999年:女優)・・・と。ハイ、末尾11は吉田祐起(1931:本サイト編集長)で~す!
 ヨシダって好奇心旺盛 でしょう。こんなことに時間を使うから超多忙人間(?)。日々をかみ締めながら生きるから「光陰矢の如し」は無縁たる所以です(笑)。

 Cox, Jacob D. M.C. Ohio (Secty of Interior in Grant Adm.).jpgエルザ・ランチェスターElsa LanchesterAzumafuji 1950 Scan10025-2.JPG   http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
                      

                                      WELLNESS ADVOCATES Candidates in Slimmers World’s Miss Bikini 2016 pose before members of the media during a pre-pageant program at Diamond Hotel in Manila. PHOTO BY RUSSELL PALMA
この写真はマニラ・タイムズ紙で拾ったもの。詳細はSlimmers World bares Miss Bikini 2016 finalistrs」をご覧ください。しばし、目の保養を・・・・(笑) 
 ヨシダのウェブサイトをご訪問くださってありがとうございました。またの機会までご機嫌よろしゅう!と言っても、毎日相当量のヨシダコメントを書きまくっています。「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど」が決まり文句です。(595.5KB)                   

                        2016年5月27日(金)
                           ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
     

                             吉田祐起                                                     (本日で満84歳7ヶ月になりました)                                                   (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)   
                       yoshida@a-bombsurvivor.com                                                     URL(eng): http://www.a-bombsurvivor.com

           URL(jpn): http://www.a-bombsurvivor.com/index_japanese.html