吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果   「yuuki yoshida」の画像検索結果 http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
      吉田祐起(Yuuki Yoshida) :満84歳4か月 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 

  原爆証言者・吉田祐起の被爆現場証拠写真です。
 「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル別館」の画像検索結果
  2016年2月14日(日)午前3時頃のこと。ふと目覚めて色んなことに想いを巡らすなかで思いついたこと。それは被爆で九死に一生を得たという表現を辞 さない私の生々しい体験の場をこのサイトに再現することでした。ガバッと起きてデスクに向かいグーグルで関連写真を検索しました!ゲットしたのが上掲の写 真です。
 当時の私は学徒動員で広島電鉄本社電気課勤務でした。足が不自由なことからの事務所勤務。他の級友たちは電車・バスの修理工場配属で し た。左端の写真看板は現在の本社別館(右2枚の3階ビル)の前に設置されている半倒壊したビル画面と日英語説明文看板。2番目の白黒写真はその生々しい倒 壊した建物コーナーの写真です!
 朝礼を終えてビッコを引きながら薄暗い廊下伝いに電気課事務所に向かっていた瞬間の「ヒカ!ドン!」でした。 あっという間に下敷きになりました。数秒の差で倒壊を免れた同課オフィスに辿り着いていたと、今更の如く想起し、感無量です。真っ暗なビルの下敷きで手を 合わせて死を覚悟しました。ふと、頭上にほのかな明かりが眼に入り、無我夢中で瓦礫をよじ登りました。子供心に想起することに倒壊した建物のてっ辺に這い 出た時の印象は「下界を見下ろす」って位置。顔面に吹き出る血をみて、「母ちゃ~ん!血が出ているよう~!」と泣きました。倒壊したあの建物の下敷きのわ が姿を生々しく再現再確認する次第です。
 

              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手製のささやかなウェブサイトですが、ご覧ください。なお、ご意見やお気づきの点は遠慮なく下記にご一報くだされば嬉しい限りです。
yoshida@a-bombsurvivor.com                                                                           English               
            2016年3月4日(金)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
   

  ヒロシマ・ヒバクシャのヨシダが発信する「オバマ米大統領の被爆市訪問」のこと
  フィリピンに来て間もない頃は2009年11月10日のこと。シンガポールで開催の APEC会議出席の前に東京に立ち寄られたオバマ大統領がNHK WORLDの記者の質問(今回の日本立ち寄りを機に、被爆市訪問の意図がありますか?) 対して答えられた言葉が鮮明です。"The schedules are too tight this time. However, I would like to have an honor of visiting some day during my Presidency."(今回はスケジュールが一杯でできないが、任期中の何時か訪問の栄に浴したい・・・)。その出来事を踏まえて即座に書いたのが、拙著オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします!」 (2009年11月10日記)です。クリックしてご覧ください。ヨシダはその後、その適切な訪問時期は、区切りイイ年次の「2010年ー65周年」として 公開書簡まで発表したものでした。しかし、それが実現しなかったことは、現在にして思うに、「2015年ー70周年」こそがベストな年次と提唱するに至り ました。
 ところが、8月に入ってもその気配は皆無。「2015年-70周年」に拘っていたヨシダは絶望と思いつめていたものの、考えてみれば 同大統領の任期は 2017年1月20日東部時間正午まで。とすれば、区切りは良いとは言えない「2016年ー71周年」になるのが精一杯。まいっか・・・と勝手に思ってい るところです。大統領任期中の「レガシー(遺産)づくり」としても、男の約束においても実現されるのがご本人のためだとさえ思うのがヨシダです。

 おって、ヒバクシャとして被害意識を強くする中で、オバマ米大統領が2011年の9.11の8周年記念式典(ペンタゴン)て遺族たちを前にスピーチした言葉の一節を下記に掲載します。「被害意識」が先行するヒバクシャのわれわれが共有すべき貴重な言葉と受けとめます。なお、この崇高なる大統領の言葉は"Ceremonies Mark 8th Anniversary of September 11 Terrorist Attacks"の中ほどに小さく載っていたもので、目立たないものです。中見出し付きもしくは、太文字表示されるべき価値あるものと考えます。
"Let us renew the true spirit of that day. Not the human capacity for evil but the human capacity for good - not the desire to destroy but the impulse to save and to serve and to build," あの日の真実の心を新たにしましょう。 悪に対する人類の能力としてでなく、善に対する人類の能力としてです。-破壊することへの欲望でなく、守り、奉仕し、建設するための推進力としてです。(オバマ米国大統領・翻訳;吉田祐起) 
            「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果         「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果
   (注:このトップコメントは2016年8月6日まで掲載します。しぶといでしょう、ヨシダは・・・笑)

                
                   ウィキペディアから拾った3月4日の「できごと」 
                               March 4. Events(英語版) 
                                   「きょうのできごと」記録集
(To the English language visitors: Sorry, this column is for the Japanese edition. However, you could see so many English written Events in red characters among the Japanese lines, which are the ones never shown in Japanese edition. This means that Japanese edition is not as world-wide as the original English Google edition.) 
  こ のコラム編集なかんずく、当該写真の選択はご覧くださる方々のご関心をヴィジュアルな面で提供することを目的としています。ところが、写真を多く添付する と「1ページ当たりの編集許容量」が「1MB=1000KB」という制約から枚数を制限せざるを得ないものがあり、編集者の立場でこれは、と思うできごと に限った当該写真の添付ということにしています。★なおまた、「ウィキペディアのできごと」は英語版が本流でして、日本語版はその翻訳的な一面が 否 定できません。日本語版から入ると「できごとの」の主人公すら掴めない場合さえあることを最近痛感することが少なくありません。「主語抜き」という日本語 特有の落とし穴です。ヨシダの手法は、その「できごと」の主人公もしくは主体をヨシダ流に英語でインプットしてキャッチするケースが少なくありません。そ んなことから、案外と多くの時間を 費やしているのがこの編集作業です。もっとも、その過程で学び体験を得るのは他ならぬ、編集者のヨシダではあるのですが・・・★なお、英語版の掲載は本家 米国が主体性であるにかんがみ、世界的視野からの「できごと」を知る意味で日本語版との重複は無論、除外してそのまま掲載しております。同英語版のリンク をクリックすると
日本語版には見られない内容豊かなコンテンツが目に付きます。
   6「La Tour d'argent, 1582」の画像検索結果「La Tour d'argent, 1582」の画像検索結果  「La Tour d'argent, 1582」の画像検索結果  「La Tour d'argent, 1582」の画像検索結果「La Tour d'argent, 1582」の画像検索結果「La Tour d'argent, 1582」の画像検索結果「La Tour d'argent, 1582」の画像検索結果
     「La Tour d'argent, 1582」の画像検索結果「La Tour d'argent, 1582」の画像検索結果  「La Tour d'argent, 1582」の画像検索結果  「La Tour d'argent, 1582」の画像検索結果「La Tour d'argent, 1582」の画像検索結果    関連画像

       7    関連画像          「1604、江戸幕府が東海道・東山道・北陸道に一里塚を設置」の画像検索結果 「1604、江戸幕府が東海道・東山道・北陸道に一里塚を設置」の画像検索結果 「1604、江戸幕府が東海道・東山道・北陸道に一里塚を設置」の画像検索結果「1604、江戸幕府が東海道・東山道・北陸道に一里塚を設置」の画像検索結果「1604、江戸幕府が東海道・東山道・北陸道に一里塚を設置」の画像検索結果関連画像「1604、江戸幕府が東海道・東山道・北陸道に一里塚を設置」の画像検索結果
    14「1797, president george washington resigned」の画像検索結果  「1797, president george washington resigned」の画像検索結果 「1797, president george washington resigned」の画像検索結果  「1797, president george washington resigned document」の画像検索結果「1797, president george washington resigned document」の画像検索結果「1797 Mount Rushmore National Memorial in South Dakota」の画像検索結果「1797 Mount Rushmore National Memorial in South Dakota」の画像検索結果
    18「1877 first play of the swan by tchaikovsky」の画像検索結果「1877 first play of the swan by tchaikovsky」の画像検索結果「1877 first play of the swan by tchaikovsky」の画像検索結果「1877 first play of the swan by tchaikovsky」の画像検索結果「1877 first play of the swan by tchaikovsky」の画像検索結果「1877 first play of the swan by tchaikovsky」の画像検索結果「1877 first play of the swan by tchaikovsky」の画像検索結果「1877 first play of the swan by tchaikovsky」の画像検索結果「1877 first play of the swan by tchaikovsky」の画像検索結果
       関連画像 「1877 first play of the swan by tchaikovsky」の画像検索結果     「1877 first play of the swan by tchaikovsky」の画像検索結果  「1877 first play of the swan by tchaikovsky」の画像検索結果 「1877, bolshoy theater」の画像検索結果   「1877, bolshoy theater」の画像検索結果「1877, bolshoy theater」の画像検索結果     関連画像

       19 「1882, first tramcar in london」の画像検索結果   「1882, first tramcar in london」の画像検索結果  「1882, first tramcar in london」の画像検索結果 「1882, first tramcar in london」の画像検索結果   「1882, first tramcar in london」の画像検索結果「1882, first tramcar in london」の画像検索結果  20         関連画像
       「1890, the longest bridge forth iron bride」の画像検索結果「1890, the longest bridge "forth iron bridge" map」の画像検索結果
37
「1977 Vrancea earthquake」の画像検索結果「1977 Vrancea earthquake」の画像検索結果「1977 Vrancea earthquake」の画像検索結果「1977 Vrancea earthquake」の画像検索結果「1977 Vrancea earthquake」の画像検索結果「1977 Vrancea earthquake」の画像検索結果
                38「1978年 - 長谷川恒男がアイガー北壁の冬季単独登頂に成功。」の画像検索結果「1978年 - 長谷川恒男がアイガー北壁の冬季単独登頂に成功。」の画像検索結果  「1978年 - 長谷川恒男がアイガー北壁の冬季単独登頂に成功。」の画像検索結果 「1978年 - 長谷川恒男がアイガー北壁の冬季単独登頂に成功。」の画像検索結果「1978年 - 長谷川恒男がアイガー北壁の冬季単独登頂に成功。」の画像検索結果44 「2006, pioneer 10」の画像検索結果            「2006, pioneer 10」の画像検索結果関連画像
  47「島津義久」の画像検索結果「島津義久」の画像検索結果「井伊直政」の画像検索結果「大塩平八郎」の画像検索結果「松岡洋右」の画像検索結果 「瀧花久子」の画像検索結果 「ジョン・ガーフィールド」の画像検索結果 「小桜葉子」の画像検索結果「槇枝元文」の画像検索結果「ポール・モーリア」の画像検索結果  「天知茂」の画像検索結果「中条きよし」の画像検索結果
51Nero, later to become Roman emperor, is given the title princeps iuventutis (head of the youth).
306Martyrdom of Saint Adrian of Nicomedia.
852 – Croatian Knez Trpimir I issues a statute, a document with the first known written mention of the Croats name in Croatian sources.
932 – Translation of the relics of martyr Wenceslaus I, Duke of Bohemia, Prince of the Czechs.
(1)1152年 - フリードリヒ1世神聖ローマ皇帝に即位。
(2)1167年仁安2年2月11日) - 平清盛太政大臣に就任する。
1238 – The Battle of the Sit River is fought in the northern part of the present-day Yaroslavl Oblast of Russia between the Mongol hordes of Batu Khan and the Russians under Yuri II of Vladimir-Suzdal during the Mongol invasion of Rus'.
(3)1351年 - ラーマーティボーディー1世(ウートーン王)がアユタヤ王朝を創始。
(4)1386年 - ヴワディスワフ2世ポーランド王として戴冠。
(5)1474年文明6年2月16日) - 一休宗純大徳寺の住持に就任する。
1461Wars of the Roses in England: Lancastrian King Henry VI is deposed by his House of York cousin, who then becomes King Edward IV.
1493 – Explorer Christopher Columbus arrives back in Lisbon, Portugal, aboard his ship Niña from his voyage to what is now The Bahamas and other islands in the Caribbean.
1519Hernán Cortés arrives in Mexico in search of the Aztec civilization and its wealth.
(6)1582年 - パリのレストラン・トゥール・ダルジャンが開業。
(7)1604年慶長9年2月4日) - 江戸幕府東海道東山道北陸道一里塚を設置する。
1628 – The Massachusetts Bay Colony is granted a Royal charter.
(8)1657年明暦3年1月18日) - 明暦の大火が記録上鎮火する。
(9)1665年 - イギリスオランダに宣戦布告し、第二次英蘭戦争が勃発。
(10)1675年 - ジョン・フラムスティードがイギリスの初代王室天文官に任命される。
1681 – Charles II grants a land charter to William Penn for the area that will later become Pennsylvania.
1776American Revolutionary War: The Continental Army fortifies Dorchester Heights with cannon, leading the British troops to abandon the Siege of Boston.
1789 – In New York City, the first Congress of the United States meets, putting the United States Constitution into effect. The United States Bill of Rights is written and proposed to Congress.
1790 – France is divided into 83 départements, cutting across the former provinces in an attempt to dislodge regional loyalties based on ownership of land by the nobility.
1791 – The Constitutional Act of 1791 is introduced by the British House of Commons in London which envisages the separation of Canada into Lower Canada (Quebec) and Upper Canada (Ontario).
(11)1791年 - バーモント共和国アメリカ合衆国に加入し、14番目の州・バーモント州となる。
(12)1791年 - イギリスの北米植民地をアッパー・カナダローワー・カナダに分割する植民地統治法英語版がイギリス議会を通過。
(13)1794年 - アメリカ合衆国憲法修正第11条議会で可決。
(14)1797年 - ジョージ・ワシントンが退職。
(15)1798年寛政9年1月17日) - 湯島聖堂を「昌平坂学問所」と改称し、同時に幕府の直轄とする。
1804Castle Hill Rebellion: Irish convicts rebel against British colonial authority in the Colony of New South Wales.
1813Cyril VI of Constantinople is elected Ecumenical Patriarch.
1814 – Americans defeat British forces at the Battle of Longwoods between London, Ontario and Thamesville, near present-day Wardsville, Ontario.
(16)1824年 - 国立難破船救命協会(現 王立救命艇協会)設立。
1837 – The city of Chicago is incorporated.
1848Carlo Alberto di Savoia signs the Statuto Albertino that will later represent the first constitution of the Regno d'Italia.
1861 – The first national flag of the Confederate States of America (the "Stars and Bars") is adopted.
(17)1863年 - アイダホ準州設置。
1865 – The third and final national flag of the Confederate States of America is adopted by the Confederate Congress.
(18)1877年 - チャイコフスキー作曲のバレエ作品『白鳥の湖』がボリショイ劇場バレエ団により初演。
(19)1882年 - ロンドンでイギリス初の路面電車が走る。
1899Cyclone Mahina sweeps in north of Cooktown, Queensland, with a 12 metres (39 ft) wave that reaches up to 5 kilometres (3.1 mi) inland, killing over 300.
(20)1890年 - イギリス最長の橋・フォース鉄道橋が開通。
(21)1899年 - 日本で(旧)著作権法公布。
(22)1902年 - シカゴアメリカ自動車協会設立。
1908 – The Collinwood school fire, Collinwood near Cleveland, Ohio, kills 174 people.
1909 – U.S. President William Taft used what became known as a Saxbe fix, a mechanism to avoid the restriction of the U.S. Constitution's Ineligibility Clause, to appoint Philander C. Knox as U.S. Secretary of State.
1913First Balkan War: The Greek army engages the Turks at Bizani, resulting in victory two days later.
・1913 – The
United States Department of Labor is formed.
(23)1917年 - モンタナ州選出のジャネット・ランキン下院議員が初登院。アメリカ初の女性下院議員。
・1918 – The USS Cyclops departs from Barbados and is never seen again, presumably lost with all hands in the Bermuda Triangle.
(24)1929年 - ハーバート・フーヴァーが第31代アメリカ合衆国大統領に就任。
(25)1931年 - マハトマ・ガンジーインド総督エドワード・ウッドが、不服従運動の中止などを定めたデリー協定に調印。
(26)1933年 - フランクリン・ルーズベルトが第32代アメリカ合衆国大統領に就任。
(27)1933年 - ルーズベルト米大統領がフランシス・パーキンス英語版労働長官に任命。アメリカ初の女性閣僚。
・1933 – The Parliament of Austria is suspended because of a quibble over procedure – Chancellor Engelbert Dollfuss initiates an authoritarian rule by decree.
(28)1935年 - 天皇機関説事件: 岡田啓介首相が議会で天皇機関説への反対を表明。
(29)1935年 - 特高警察が日本共産党中央委員・袴田里見を逮捕。
1941World War II: The United Kingdom launches Operation Claymore on the Lofoten Islands; the first large scale British Commando raid.
1943 – World War II: The Battle of the Bismarck Sea in the south-west Pacific comes to an end.
1944 – World War II: After the success of Big Week, the USAAF begins a daylight bombing campaign of Berlin.
(30)1944年 - 宝塚歌劇が戦時下不適とされ休演となり、最後の公演が行われる。
1945Lapland War: Finland declares war on Nazi Germany.
(31)1951年 - インド・ニューデリーで第1回アジア競技大会開幕。3月11日まで。
(32)1952年 - 十勝沖地震
1957 – The S&P 500 stock market index is introduced, replacing the S&P 90.
1960 – The French freighter La Coubre explodes in Havana, Cuba killing 100.
(33)1966年 - カナダ太平洋航空402便着陸失敗事故東京国際空港カナダ太平洋航空DC-8が着陸に失敗し墜落。64名死亡。
(34)1967年 - 高見山が外国人初の関取に。
1970 – French submarine Eurydice explodes underwater, resulting in the loss of the entire 57-man crew.
1974People magazine is published for the first time in the United States as People Weekly.
(35)1974年 - ハロルド・ウィルソンがイギリスの69代首相に就任。
(36)1976年 - スーパーコンピュータCray-1の1号機がロスアラモス国立研究所に納入される。
1976 – The Northern Ireland Constitutional Convention is formally dissolved in Northern Ireland resulting in direct rule of Northern Ireland from London by the British parliament.
(37)1977年 - ルーマニア地震英語版
(38)1978年 - 長谷川恒男アイガー北壁の冬季単独登頂に成功。ヨーロッパアルプスの3大北壁の冬期単独初登攀の成功は世界初。
1980 – Nationalist leader Robert Mugabe wins a sweeping election victory to become Zimbabwe's first black prime minister.
1983Bertha Wilson is appointed the first woman to sit on the Supreme Court of Canada.
1985 – The Food and Drug Administration approves a blood test for AIDS infection, used since then for screening all blood donations in the United States.
1986 – The Soviet Vega 1 begins returning images of Halley's Comet and the first images of its nucleus.
1991Sheikh Saad Al-Salim Al-Sabah, the Prime Minister of Kuwait, returns to his country for the first time since Iraq's invasion.
(39)1993年 - 大阪市営地下鉄堺筋線動物園前 - 天下茶屋が延伸開業し全通。
1996 – A derailed train in Weyauwega, Wisconsin, US, causes the emergency evacuation of 2,300 people for 16 days.
1998Gay rights: Oncale v. Sundowner Offshore Services, Inc.: The Supreme Court of the United States rules that federal laws banning on-the-job sexual harassment also apply when both parties are the same sex.
(40)1999年 - バンダイワンダースワンを発売。
(41)1994年 - 衆院選の小選挙区比例代表並立制導入などの政治改革関連4法案が成立。
(42)2000年 - ソニー・コンピュータエンタテインメントが家庭用ゲーム機PlayStation 2を日本国内で発売。
2001BBC bombing: A massive car bomb explodes in front of the BBC Television Centre in London, seriously injuring one person. The attack was attributed to the Real IRA.
・2001 –
Hintze Ribeiro disaster: A bridge collapses in northern Portugal, killing up to 70 people.
2002Afghanistan: Seven American Special Operations Forces soldiers and 200 Al-Qaeda Fighters are killed as American forces attempt to infiltrate the Shah-i-Kot Valley on a low-flying helicopter reconnaissance mission.
(43)2002年 - アンセット・オーストラリア航空が運行を停止。
(44)2006年 - アメリカの惑星探査機パイオニア10号」に対し最後の信号送信確認を行い、運用終了。
(45)2009年 - 国際刑事裁判所スーダン大統領オマル・アル=バシールに対しダルフール紛争における人道に対する罪ジェノサイド罪で逮捕状を発行。国際刑事裁判所の現職の国家元首の起訴は初。
(46)2012年 - 2012年ロシア大統領選挙が行われ、ウラジーミル・プーチン首相が当選。
2013 – A plane crash in Democratic Republic of the Congo kills 6 people.
2015 – At least 34 miners die in a suspected gas explosion at the Zasyadko coal mine in rebel-held Donetsk region of Ukraine.
(47)ヨシダが選んだ著名人の誕生日;
  島津義久 (1533)、  井伊直政  (1561)、 大塩平八郎  (1793)、 松岡洋右  (1880)、 瀧花久子  (1906)、 ジョン・ガーフィールド  (1913)、 小桜葉子(1913)、 槇枝元文 (1921)、(1756)、  ポール・モーリア (1925)、 (1803)、  天知茂 (1931)、 中条きよし (1946)、 山本リンダ  (1951)

                    インタネット情報&ヨシダブログ
インタネット情報&ヨシダブログ 上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。
   このコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を編 集しつつ、ヨシダブログ書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグー グルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、 掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。 

只今、 6147件です。   
2016年3月4日(金)掲載分 
昨日3月3日最終のトップページ

編集者のダイアリー・コーナー

 「3月4日のできごと」でヨシダが関心を強くするのは、「(6)1582年 - パリのレストラン・トゥール・ダルジャンが開業」 です。ほかでもありません、東京クライアント契約時代に東京店で一人で味わったことがあるからです。あまり記憶はありませんが、「へ~、これがかの有名な トゥール・ダルジャンか・・・」ってな気分で、豪華さに関しては予想したほどではなかった感じでした。ヨーロッパ旅行体験ゼロのヨシダの内心でしたが、豪 華さの真髄は料理の中身ってところだったんだな・・・とは、同店の写真を検索して感じることです★「1921 年6月21日、昭和天皇(当時、皇太子)の来店に際し53,211羽目の鴨で、1971年2度目の来店に際しては423,900羽目の鴨でもてなした。東 京店では、これに由来し、53,212羽目の鴨からナンバリングしている(ウィキペディア)」とは、今にして知ることです。1971年の当時の皇太子ご来 店に折の鴨料理が423,900羽目、というのがホンモノの豪華さなんだな・・・とは、現在のヨシダの内心の感想です。(8:50)
 編集中に異変(?)が生じて大半が消滅!トホホ・・・って気分を取り直して、半時間で回復しました。今朝3編の編集記事は、「No.6144:米共和党重鎮らトランプ氏の指名獲得阻止へ動く日本経済新聞2016.3.4.)」、「No.6145:イランの思い出=福本容子毎日新聞「発信箱」」2016.3.4.論説委員・福本容子)」、「No.6146:政党のお名前京都新聞「凡語」2016.3.4.)」、「No.6147トランプ氏に肘鉄を食らわせた歌姫日本経済新聞2016.3.4.ワシントン支局 吉野直也 )」・・・と続きます。随分と歯に衣着せぬヨシダブログです。おかげでストレスなし!(21:40)


No.6147
トランプ氏に肘鉄を食らわせた歌姫
日本経済新聞2016.3.4.
ワシントン支局 吉野直也

ヨシダブロトランプさんには失礼ながら、当初からアンチの姿勢のヨシダだけに、この記事にヒットしてなんだか、スカッとした気分になりました。(小さな声で)ざまあ、みろ!って(笑)▼「中見出し」は、■集会でアデルさんの曲を使うトランプ氏、■アデルさん側、曲の無断使用禁止を宣言・・・と続きます。ヨシダが選んだ添付写真の主役は勿論、アデルさん。でも彼女側のネライは、憎っき(?)トランプさんであることから、トランプさんの写真は1枚だけ末尾に・・・。写真19枚添付ファイル
      関連画像「adele rolling in the deep」の画像検索結果「adele rolling in the deep」の画像検索結果「adele rolling in the deep」の画像検索結果「adele rolling in the deep」の画像検索結果「adele rolling in the deep noten」の画像検索結果
       「Adele at 54th grammy awards」の画像検索結果 「Adele at 54th grammy awards」の画像検索結果「Adele at 54th grammy awards」の画像検索結果   「Adele at 54th grammy awards」の画像検索結果「Adele at 54th grammy awards」の画像検索結果      「Adele」の画像検索結果
           「Adele」の画像検索結果     「Adele」の画像検索結果 「Adele」の画像検索結果    「Adele」の画像検索結果  「Adele」の画像検索結果  関連画像    「1日、米フロリダ州で記者会見する共和党のトランプ氏」の画像検索結果
No.6146
政党のお名前
京都新聞「凡語」2016.3.4.

ヨシダブロ本 日ヒットする記事がヨシダにとって、ひとつのある「流れ」がある感じすらします。ヨシダがしばしば指摘する、民主主義本山のアメリカと「棚ボタ」式にそれ を得た日本(人)とのどうしょうもない格差です。議会での討論の有様は日本のそれは実に幼稚としか言いようがありません。その辺りの事実を日本のマスメ ディアは一切、報じません。日本人固有の「事なかれ主義」が議論することを好まないのでしょうか・・・?▼「会 して議せず、議して論ぜず、論じて決せず、決して行わず・・・?」が日本の議論論(?)。ヨシダの皮肉を込めて追加すれば、日本人が話をつる時にやたらと 「頷く」ことがその最たる証拠。国内ではあまり感じませんが海外からみた同胞のそのスタイルはまったく様にならないし、気恥ずかしさすら感じます▼本記事冒頭の言葉はごく最近のヨシダの心境にも通じます。曰く、「福沢諭吉は幕末に英国の議会を見聞してびっくりした」がそれ。ヨシダの場合は、テ レビで英国の議会審議風景を観て痛感した、の違いです(笑)▼おっと、肝心の「民主党と維新の党の合流後の党名」のこと。公募するなんて、ナンセンス!ま るで他人事みたいな姿勢が日本人的そのものです。両党自身が決めるもの。でも、明確な理念を表現する党名は出てこないでしょう。ちなみに、合併には、吸収 合併と対等合併がありますが、くだんの両党には合併の共通メリットが双方にあるために必要なのが党名変更。企業合併と混同状態ですね(笑)▼米国の民主 党、共和 党の歴史は結党以来変わらず、それぞれ188年、160年の歴史。ちなみに、福沢諭吉さんがびっくりした英国議会は米国の大先輩。ノルマンディー公ウィリ アム時代のキュリア・レジス(12世紀の貴族会議)に端を発する700年もの歴史を持つ議会。12世紀と言えば日本では鎌倉時代。格差の比ではあり得ませ ん。さすがの福沢御大もビックリする筈です。ヨシダがテレビを観てビックリしたのはその一世紀半後のこと。トホホです。写真15枚添付ファイル
 「英国の議会」の画像検索結果    「英国の議会」の画像検索結果 「英国議会」の画像検索結果     「英国議会質疑」の画像検索結果 
  「福沢諭吉と英国議会」の画像検索結果「福沢諭吉と英国議会」の画像検索結果「福沢諭吉と英国議会」の画像検索結果「福沢諭吉と英国議会」の画像検索結果
   関連画像「愛国公党」の画像検索結果「愛国公党」の画像検索結果「愛国公党」の画像検索結果 
       「民主と維新合併」の画像検索結果 「民主と維新合併」の画像検索結果  「民主と維新合併」の画像検索結果
No.6145

イランの思い出=福本容子
毎日新聞「発信箱」」2016.3.4.論説委員・福本容子
ヨシダブロ本記事筆者・福本容子さんはヨシダが尊敬かつ、共感する論説者。ところが、最近の毎日新聞記事の殆どが有料化。ために、読みたくても読めない状態にあることからですが、たまたまかどうか分かりませんが、全文が開けたので無条件で取り上げる次第です。と言っても、内容的にも共感する記事だからです▼ちなみに、同論説委員の最後の記事は、「No.5998:トランプ発言に「ノー」毎日新聞「発信箱」2016.1.8.福本容子)」です。ひと月近く前の記事ですが、新しく感じるものがあります▼「女 性の社会的地位」の実態に関する限り、母国ニッポンは後進国です。裏返せば男性優位社会。その男性社会んに陰りが見えるのは、同時に日本人の国際的評価に 通 じます。政界でたまに勢いイイ発言が女性議員からあれば、「八紘一宇」みたいな時代錯誤観のある言葉を得々と口にする始末。女性自身の資質の問題を暴露す る一幕と批判されても仕方ないですよね。ニッポン人よ、もっと広い世界観を抱け!そのためにも、「ニッポン人は英語下手」を自らの手で振るい落とせ!がヨ シダの皮肉ブログです。写真22枚添付ファイル
  「イラン中部のイスファハン」の画像検索結果   「イラン中部のイスファハン」の画像検索結果  「イラン中部のイスファハン」の画像検索結果  「イラン中部のイスファハン」の画像検索結果    関連画像「イラン中部のイスファハン」の画像検索結果
    「イラン中部のイスファハンの子供たち」の画像検索結果「イラン中部のイスファハンの子供たち」の画像検索結果「イラン中部のイスファハンの子供たち」の画像検索結果    関連画像「イラン中部のイスファハンの子供たち」の画像検索結果  「イラン中部のイスファハンの子供たち」の画像検索結果
    「国際女性デー」の画像検索結果 「国際女性デー」の画像検索結果         「国際女性デー」の画像検索結果  関連画像   「国際女性デー」の画像検索結果  
         「毎日新聞 福本容子」の画像検索結果        「毎日新聞 福本容子」の画像検索結果       「毎日新聞 福本容子」の画像検索結果 「毎日新聞 福本容子」の画像検索結果    関連画像
No.6144
米共和党重鎮らトランプ氏の指名獲得阻止へ動く
日本経済新聞2016.3.4.
ヨシダブロト ランプ候補のテレビ出演最初の画面を観てのヨシダの率直な感想は、徹底したネギャティヴ姿勢でした。「こんな人物がアメリカ大統領になったら、アメリカも ジ・エンドだ・・・」でした。ところが、あれよあれよと事態が予想しない方向に向かいました。内心、ヨシダが危惧したことは、EUやユーロの台頭を前にし て、公の場(数百人参加者の講演会)での質問(疑問)発言を想起するのです。「多くの国がひとつの経済組織になって、同一通貨(ユーロ) を使うなんて、ドダイ、無茶だ!何時か崩壊する・・・」という発言。今にして想うことは、会場は途端にシーン・・・となりました。会場の皆さんは事の真相 を弁えていなかったのか、それとも、そうした世界観(大袈裟な!)をもっていなかったのかな!? がヨシダの現在に至る内心です。ともあれ、爾来、恥をか いて現在に至るヨシダの「前科」(?)があるからですが、それに似たブログをおしみません▼そうしたなかでの本記事は、「・・・そうでしょう・・・そうな んですよ・・・アメリカ国民の皆さ ん、目を覚ましなしさいませよ!」って気分です▼それにしても、ムーにーさんがトランプさんの政敵であったか、ないかの別なくのヨシダの想い。それは、 「アメリカ人って ニッポン人には理解できない一面(国民性)があるんだなあ・・・」ではあります。もっとも、ヨシダのアメリカイメージは現在ほど多様化した国ではなかった のでは・・・というハンセイも否定しませんが・・・▼ふと想うことに、「きょうのできごと」編集で学ぶことにアメリカの共和党の歴史。一 般的にリベラルの立場を取る民主党に対し、保守主義及びキリスト教の立場を取る政党で1854年の立党。同党リンカーンが初代の米大統領。立党以来の 160年余で党名を変えていません。ちなみに、民主党は1828年で共和党より歴史は深く、アメリカ国民の選択肢の多様性は歴史が物語ります。何処やらの 国の党名変更は日常茶飯事。この辺りにも民主主義精神の差異を感じです▼蛇足のブログですが、宗教をはじめ、国民感情が多様化の一途辿る現代の世界。そん な地球世界環境の中での米国の役割を考えると、リベラルな指導力が求められる感じではあります。かのトランプさんの他宗教に対する暴言はその裏返しにみえ ますが・・・。(写真7枚添付ファイル
         「Mitt Romney stand up against trump 」の画像検索結果   「Mitt Romney harsh words against trump 」の画像検索結果「Mitt Romney harsh words against trump 」の画像検索結果    「Mitt Romney stand up against trump 」の画像検索結果
   「Mitt Romney stand up against trump 」の画像検索結果「romney spoke in utah university against trump」の画像検索結果     「Mitt Romney stand up against trump 」の画像検索結果
 昨日3日の記事1編を下記に掲載していましたが、本日4日の第一記事掲載(9:40)をもって消却しました。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分程度を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。 

                   「末尾の特別情報お知らせコーナー」
  以下のコラムは日々の執筆生活の中で、これはと思いついたことをタイトルを付して書き留めたものです。ウェブサイトトップ面の末尾の箇所に掲載するもので して、時おり変更しています。数多いヨシダブログですが、まとまった所信の一端といった感じで位置づけています。なお、上掲のリンクをクリックすると、そ の下書き的なテーマや内容の一端が垣間見られます。

 ヨシダのウェブサイトをご訪問くださってありがとうございました。またの機会までご機嫌よろしゅう!と言っても、毎日相当量のヨシダコメントを書きまくっています。「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど」が決まり文句です。 

                        2016年3月4日(金)
                          ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
                                    
吉田祐起
                  
         (満84歳4ヶ月)  
                  (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)   

                                 yoshida@a-bombsurvivor.com
                           URL(eng): http://www.a-bombsurvivor.com    
         URL(jpn): http://www.a-bombsurvivor.com/index_japanese.html