吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果   「yuuki yoshida」の画像検索結果 http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
      吉田祐起(Yuuki Yoshida) :満84歳5か月 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 

  原爆証言者・吉田祐起の被爆現場証拠写真です。
 「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル別館」の画像検索結果
  2016年2月14日(日)午前3時頃のこと。ふと目覚めて色んなことに想いを巡らすなかで思いついたこと。それは被爆で九死に一生を得たという表現を 辞さない私の生々しい体験の場をこのサイトに再現することでした。ガバッと起きてデスクに向かいグーグルで関連写真を検索しました!ゲットしたのが上掲の 写真です。
 当時の私は学徒動員で広島電鉄本社電気課勤務でした。足が不自由なことからの事務所勤務。他の級友たちは電車・バスの修理工場配属 で した。左端の写真看板は現在の本社別館(右2枚の3階ビル)の前に設置されている半倒壊したビル画面と日英語説明文看板。2番目の白黒写真はその生々しい 倒壊した建物コーナーの写真です!
 朝礼を終えてビッコを引きながら薄暗い廊下伝いに電気課事務所に向かっていた瞬間の「ヒカ!ドン!」でし た。 あっという間に下敷きになりました。数秒の差で倒壊を免れた同課オフィスに辿り着いていたと、今更の如く想起し、感無量です。真っ暗なビルの下敷きで手を 合わせて死を覚悟しました。ふと、頭上にほのかな明かりが眼に入り、無我夢中で瓦礫をよじ登りました。子供心に想起することに倒壊した建物のてっ辺に這い 出た時の印象は「下界を見下ろす」って位置。顔面に吹き出る血をみて、「母ちゃ~ん!血が出ているよう~!」と泣きました。倒壊したあの建物の下敷きのわ が姿を生々しく再現再確認する次第です。

              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手製のささやかなウェブサイトですが、ご覧ください。なお、ご意見やお気づきの点は遠慮なく下記にご一報くだされば嬉しい限りです。
yoshida@a-bombsurvivor.com                                                                           English               
            2016年3月31日(木)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
  

)  ヒロシマ・ヒバクシャのヨシダが発信する「オバマ米大統領の被爆市訪問」のこと
  フィリピンに来て間もない頃は2009年11月10日のこと。シンガポールで開催の APEC会議出席の前に東京に立ち寄られたオバマ大統領がNHK WORLDの記者の質問(今回の日本立ち寄りを機に、被爆市訪問の意図がありますか?) 対して答えられた言葉が鮮明です。"The schedules are too tight this time. However, I would like to have an honor of visiting some day during my Presidency."(今回はスケジュールが一杯でできないが、任期中の何時か訪問の栄に浴したい・・・)。その出来事を踏まえて即座に書いたのが、拙著オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします!」 (2009年11月10日記)です。クリックしてご覧ください。ヨシダはその後、その適切な訪問時期は、区切りイイ年次の「2010年ー65周年」として 公開書簡まで発表したものでした。しかし、それが実現しなかったことは、現在にして思うに、「2015年ー70周年」こそがベストな年次と提唱するに至り ました。
 ところが、8月に入ってもその気配は皆無。「2015年-70周年」に拘っていたヨシダは絶望と思いつめていたものの、考えてみれば 同大統領の任期は 2017年1月20日東部時間正午まで。とすれば、区切りは良いとは言えない「2016年ー71周年」になるのが精一杯。まいっか・・・と勝手に思ってい るところです。大統領任期中の「レガシー(遺産)づくり」としても、男の約束においても実現されるのがご本人のためだとさえ思うのがヨシダです。

 おって、ヒバクシャとして被害意識を強くする中で、オバマ米大統領が2011年の9.11の8周年記念式典(ペンタゴン)て遺族たちを前にスピーチした言葉の一節を下記に掲載します。「被害意識」が先行するヒバクシャのわれわれが共有すべき貴重な言葉と受けとめます。なお、この崇高なる大統領の言葉は"Ceremonies Mark 8th Anniversary of September 11 Terrorist Attacks"の中ほどに小さく載っていたもので、目立たないものです。中見出し付きもしくは、太文字表示されるべき価値あるものと考えます。
"Let us renew the true spirit of that day. Not the human capacity for evil but the human capacity for good - not the desire to destroy but the impulse to save and to serve and to build," あの日の真実の心を新たにしましょう。 悪に対する人類の能力としてでなく、善に対する人類の能力としてです。-破壊することへの欲望でなく、守り、奉仕し、建設するための推進力としてです。(オバマ米国大統領・翻訳;吉田祐起) 
            「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果         「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果
   (注:このトップコメントは2016年8月6日まで掲載します。しぶといでしょう、ヨシダは・・・笑)

                               ビッグニュースをお知らせしま~す!!!!! 
  上掲のヨシダブログ(オバマ大統領の任期中に被爆市訪問発言)がホンモノになる気配が濃厚です。多くの各紙が報道している内容とはひと味もふた味も異なる記事は、「
No.6185オバマ米大統領 広島訪問を検討 5月、サミット来日時毎日新聞2016.3.23.(夕刊)西田進一郎・北米総局特派員(本紙記事サイトは有料のため開けません)」 です。筆者の西田進一郎氏は北米総局特派員だけに他紙の同類記事とは異なります。 キューバ訪問という名のオバマ大統領の「レガシー」に「米大統領初の被爆市訪問という名のレガシー」が加わる気配は濃厚になりつつあります★ちなみに、他 紙の同類記事を参考のために列記します。米大統領の広島訪問「検討」 サミットで来日時」(日本経済新聞)、「米大統領の広島訪問「検討」 サミット来日時、政権に慎重論も」(中日新聞)、「オバマ米大統領、広島訪問を「検討」(中国新聞)、「米大統領の広島訪問「検討」 (共同通信)、毎日新聞別件記事「核なき世界へ・・・きたいかん米大統領が広島訪問検討」・・・等々です。(2016.3.23.18:30記)
                
     
             ウィキペディアから拾った3月31日の「できごと」 
                             March 31 Events(英語版) 
                                   「きょうのできごと」記録集
(To the English language visitors: Sorry, this column is for the Japanese edition. However, you could see so many English written Events in red characters among the Japanese lines, which are the ones never shown in Japanese edition. This means that Japanese edition is not as world-wide as the original English Google edition.) 
  こ のコラム編集なかんずく、当該写真の選択はご覧くださる方々のご関心をヴィジュアルな面で提供することを目的としています。ところが、写真を多く添付する と「1ページ当たりの編集許容量」が「1MB=1000KB」という制約から枚数を制限せざるを得ないものがあり、編集者の立場でこれは、と思うできごと に限った当該写真の添付ということにしています。★なおまた、「ウィキペディアのできごと」は英語版が本流でして、日本語版はその翻訳的な一面が 否 定できません。日本語版から入ると「できごとの」の主人公すら掴めない場合さえあることを最近痛感することが少なくありません。「主語抜き」という日本語 特有の落とし穴です。ヨシダの手法は、その「できごと」の主人公もしくは主体をヨシダ流に英語でインプットしてキャッチするケースが少なくありません。そ んなことから、案外と多くの時間を 費やしているのがこの編集作業です。もっとも、その過程で学び体験を得るのは他ならぬ、編集者のヨシダではあるのですが・・・★なお、英語版の掲載は本家 米国が主体性であるにかんがみ、世界的視野からの「できごと」を知る意味で日本語版との重複は無論、除外してそのまま掲載しております。同英語版のリンク をクリックすると
日本語版には見られない内容豊かなコンテンツが目に付きます。
 3「(3)1854年(嘉永7年3月3日) - ペリー提督と江戸幕府の間に日米和親条約が結ばれ、下田・函館が通商港とされる。」の画像検索結果        「(3)1854年(嘉永7年3月3日) - ペリー提督と江戸幕府の間に日米和親条約が結ばれ、下田・函館が通商港とされる。」の画像検索結果         「(3)1854年(嘉永7年3月3日) - ペリー提督と江戸幕府の間に日米和親条約が結ばれ、下田・函館が通商港とされる。」の画像検索結果 「(3)1854年(嘉永7年3月3日) - ペリー提督と江戸幕府の間に日米和親条約が結ばれ、下田・函館が通商港とされる。」の画像検索結果   「(3)1854年(嘉永7年3月3日) - ペリー提督と江戸幕府の間に日米和親条約が結ばれ、下田・函館が通商港とされる。」の画像検索結果 「(3)1854年(嘉永7年3月3日) - ペリー提督と江戸幕府の間に日米和親条約が結ばれ、下田・函館が通商港とされる。」の画像検索結果  「(3)1854年(嘉永7年3月3日) - ペリー提督と江戸幕府の間に日米和親条約が結ばれ、下田・函館が通商港とされる。」の画像検索結果
     6  
  「1889, eiffel tower completed」の画像検索結果   「1889, eiffel tower completed」の画像検索結果 「1889, eiffel tower completed」の画像検索結果    「1889, eiffel tower completed」の画像検索結果      関連画像
   7
「First Moroccan Crisis, 1905」の画像検索結果「First Moroccan Crisis, 1905」の画像検索結果「First Moroccan Crisis, morocan port 1905」の画像検索結果「Port of Tangier, 1905」の画像検索結果 「First Moroccan Crisis, 1905」の画像検索結果 「First Moroccan Crisis, 1905」の画像検索結果「Port of Tangier, 1905」の画像検索結果   
   11「デンマーク領西インド諸島, 1979」の画像検索結果「1917, usa bought denmark west india islands by 25000 dollars」の画像検索結果関連画像「1917, virgin islands」の画像検索結果「1917, virgin islands」の画像検索結果「1917, virgin islands」の画像検索結果15「1922年 - ヒンターカイフェック事件」の画像検索結果
   「1922年 - ヒンターカイフェック事件」の画像検索結果関連画像「1922年 - ヒンターカイフェック事件」の画像検索結果「1922年 - ヒンターカイフェック事件」の画像検索結果「1922年 - ヒンターカイフェック事件」の画像検索結果「1922年 - ヒンターカイフェック事件」の画像検索結果「1922年 - ヒンターカイフェック事件」の画像検索結果 「1922年 - ヒンターカイフェック事件」の画像検索結果

        30   「1953年 - 比叡山延暦寺の根本中堂を国宝建造物に指定。」の画像検索結果   「1953年 - 比叡山延暦寺の根本中堂を国宝建造物に指定。」の画像検索結果「1953年 - 比叡山延暦寺の根本中堂を国宝建造物に指定。」の画像検索結果     「1953年 - 比叡山延暦寺の根本中堂を国宝建造物に指定。」の画像検索結果    関連画像「1953年 - 比叡山延暦寺の根本中堂を国宝建造物に指定。」の画像検索結果 「1953年 - 比叡山延暦寺の根本中堂を国宝建造物に指定。」の画像検索結果
    32  「1963年 - 吉展ちゃん誘拐殺人事件」の画像検索結果 「1963年 - 吉展ちゃん誘拐殺人事件」の画像検索結果    「1963年 - 吉展ちゃん誘拐殺人事件」の画像検索結果       「1963年 - 吉展ちゃん誘拐殺人事件」の画像検索結果           「1963年 - 吉展ちゃん誘拐殺人事件」の画像検索結果          関連画像
  「1963年 - 吉展ちゃん誘拐殺人事件」の画像検索結果「1963年 - 吉展ちゃん誘拐殺人事件」の画像検索結果「1963年 - 吉展ちゃん誘拐殺人事件」の画像検索結果「1963年 - 吉展ちゃん誘拐殺人事件」の画像検索結果37(お詫び:以下20枚の写真を編集容量不足のために削除します。おって、上掲のリンクをクリックすると全体がご覧いただけます。)

307 – After divorcing his wife Minervina, Constantine marries Fausta, the daughter of the retired Roman Emperor Maximian.
627Battle of the Trench: Muhammad undergoes a 14-day siege at Medina (Saudi Arabia) by Meccan forces under Abu Sufyan.
1146Bernard of Clairvaux preaches his famous sermon in a field at Vézelay, urging the necessity of a Second Crusade. Louis VII is present, and joins the Crusade.
1492 – Queen Isabella of Castille issues the Alhambra Decree, ordering her 150,000 Jewish and Muslim subjects to convert to Christianity or face expulsion.
1561 – The city of San Cristóbal, Táchira is founded.
1717 – A sermon on "The Nature of the Kingdom of Christ" by Benjamin Hoadly, the Bishop of Bangor, provokes the Bangorian Controversy.
1774American Revolutionary War: The Kingdom of Great Britain orders the port of Boston, Massachusetts closed pursuant to the Boston Port Act.
(1)1807年 - ポートランド公がイギリス首相に就任。
(2)1814年 - 第六次対仏大同盟がパリに入城し、ナポレオン戦争が終結、ナポレオンが捕えられる。
1822 – The massacre of the population of the Greek island of Chios by soldiers of the Ottoman Empire following an attempted rebellion, depicted by the French artist Eugène Delacroix.
(3)1854年嘉永7年3月3日) - ペリー提督江戸幕府の間に日米和親条約(神奈川条約)が結ばれ、下田函館が通商港とされる。
1866 – The Spanish Navy bombs the harbor of Valparaíso, Chile.
(4)1877年 - 西南戦争: 大分県中津で西郷軍に呼応した士族が叛乱。
(5)1885年 - イギリスボツワナ共和国を保護領とする。
(6)1889年 - エッフェル塔が完成。
1899Malolos, capital of the First Philippine Republic, was captured by American forces.
1903Richard Pearse allegedly makes a powered flight in an early aircraft.
(7)1905年 - ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世モロッコの港であるタンジールを訪問する。(タンジール事件
(8)1906年 - 鉄道国有法公布。
1906 – The Intercollegiate Athletic Association of the United States (later the National Collegiate Athletic Association) is established to set rules for college sports in the United States.
(9)1908年 - 池田亀太郎(出歯亀の由来)を強姦殺人容疑で拘引。
(10)1909年 - セルビアオーストリアによるボスニアヘルツェゴヴィナの支配を承認する。
1909 – Construction of the ill fated RMS Titanic begins.
1910 – Six North Staffordshire Pottery towns federate to form modern Stoke-on-Trent.
1913 – The Vienna Concert Society rioted during a performance of modernist music by Arnold Schoenberg, Alban Berg, Alexander von Zemlinsky, and Anton von Webern, causing a premature end to the concert due to violence; this concert became known as the Skandalkonzert.
(11)1917年 - アメリカ合衆国がデンマーク領西インド諸島を2500万ドルで購入し、ヴァージン諸島と改称。
(12)1918年 - アメリカ合衆国で初めてサマータイムを実施。不評のため、2年で廃止。
1918Massacre of ethnic Azerbaijanis is committed by allied armed groups of Armenian Revolutionary Federation and Bolsheviks. Nearly 12,000 Azerbaijani Muslims are killed.
(13)1919年 - ハイデラバード・ハイ・コートが完成。
(14)1921年 - オーストラリア陸軍の航空部門を改組してオーストラリア空軍を設置。
(15)1922年 - ドイツヒンターカイフェック事件が起きる。
(16)1924年 - 村山貯水池完成。
(17)1929年 - 大阪電気軌道(今の近畿日本鉄道)が伊賀電気鉄道を合併、伊賀線となる。
(18)1930年 - アメリカ映画製作配給業者協会が映画の検閲制度「ヘイズ・コード」を制定。
1931 – An earthquake destroys Managua, Nicaragua, killing 2,000.
・1931 –
TWA Flight 599 crashes near Bazaar, Kansas, killing eight, including University of Notre Dame head football coach Knute Rockne.
(19)1933年 - アメリカで失業対策のための市民保全部隊 (CCC) を創設。
(20)1937年 - 日本で衆議院解散。(食い逃げ解散
(21)1938年 - 岐阜県羽島郡笠松町の民家に隕石が落下。(笠松隕石
(22)1941年 - イギリスの戦艦プリンス・オブ・ウェールズが就役。
(23)1942年 - 第二次世界大戦: 日本軍がクリスマス島を占領
(24)1944年 - 第二次世界大戦: 海軍乙事件古賀峯一日本海軍元帥が殉職。
1945 – World War II: A defecting German pilot delivers a Messerschmitt Me 262A-1, the world's first operational jet-powered fighter aircraft, to the Americans, the first to fall into Allied hands.
(25)1946年 - 立命館土曜講座開始。(現在も続く)
(26)1947年 - 教育基本法学校教育法公布。
(27)1947年 - 日本で、大日本帝国憲法下における衆議院が解散、貴族院が停会。
(28)1948年 - 近鉄奈良線列車暴走追突事故が起こる。
1949 – The Dominion of Newfoundland joins the Canadian Confederation and becomes the 10th Province of Canada.
1951Remington Rand delivers the first UNIVAC I computer to the United States Census Bureau.
(29)1952年 - 財団法人日本文化放送協会(現・文化放送)開局。
(30)1953年 - 比叡山延暦寺根本中堂国宝建造物に指定。
1957Elections to the Territorial Assembly of the French colony Upper Volta are held. After the elections PDU and MDV form a government.
1958 – In the Canadian federal election, the Progressive Conservatives, led by John Diefenbaker, win the largest percentage of seats in Canadian history, with 208 seats of 265.
(31)1958年 - 翌日からの売春防止法の施行に伴い赤線が営業停止。
1959 – The 14th Dalai Lama, crosses the border into India and is granted political asylum.
(32)1963年 - 吉展ちゃん誘拐殺人事件が発生。
1964 – A coup d'état in Brazil establishes a military government, under the aegis of general Castelo Branco.
(33)1965年 - 淀橋浄水場廃止。
(34)1966年 - 法務省が、日本の総人口が1億人を突破したと発表。
(35)1966年 - ソ連で無人月探査機「ルナ10号」を打ち上げ。4月3日に史上初めて月周回軌道を回る。
(36)
1969年 - 大阪市電がこの日限りで全線廃止。
(37)1970年 - 赤軍派が日本航空機よど号をハイジャックする。(よど号ハイジャック事件
(38)1970年 - アメリカ初の人工衛星「エクスプローラー1号」が打上げから12年目で大気圏に再突入して消滅。
(39)1972年 - 横浜市電がこの日限りで全線廃止。
(40)1972年 - 汽車製造川崎重工業との合併に伴い、営業を終了。
(41)1974年 - 名古屋市電がこの日限りで全線廃止。
(42)1975年 - 毎日放送(MBS)と朝日放送(ABC)の東京キー局ネットチェンジ(「腸捻転」解消)。東京放送(TBS。現・TBSテレビ)系列だったABCが日本教育テレビ(NET。現・テレビ朝日)系列に、NET系列だったMBSがTBS系列に変わる。
1979 – The last British soldier leaves the Maltese Islands. Malta declares its Freedom Day (Jum il-Helsien).
(43)1980年 - シカゴ・ロック・アイランド・アンド・パシフィック鉄道がこの日限りで廃止。
(44)1981年 - 福井鉄道南越線がこの日限りで廃止。
(45)1984年 - 国鉄日中線相模線西寒川支線・赤谷線魚沼線清水港線がこの日限りで廃止。
(46)1985年 - 国鉄相生線渚滑線万字線倉吉線矢部線勝田線添田線室木線香月線がこの日限りで廃止。
1985 – The first WrestleMania, the biggest wrestling event from the WWE (then the WWF), takes place in Madison Square Garden in New York.
1986 – Six metropolitan county councils are abolished in England.
(47)1986年 - 国鉄漆生線が廃止。
(48)1987年 - 日本国有鉄道が廃止。翌日分割民営化
(49)1987年 - 筑波鉄道筑波線が全線廃止。
(50)1990年 - JR西日本鍛冶屋線大社線がで廃止。
1990 – Approximately 200,000 protestors take to the streets of London to protest against the newly introduced Poll Tax.
1991Georgian independence referendum, 1991: Nearly 99 percent of the voters support the country's independence from the Soviet Union.
(51)1991年 - 東欧民主化、ソ連崩壊に伴い、ワルシャワ条約機構が軍事機能を完全に停止。
(52)1991年 - 北総開発鉄道(現・北総鉄道京成高砂駅 - 新鎌ヶ谷駅間が開通。
(53)1992年 - 世界最後の現役戦艦だったアメリカ海軍ミズーリが退役。
(54)1994年 - 野上電気鉄道が全線廃止。
1994 – The journal Nature reports the finding in Ethiopia of the first complete Australopithecus afarensis skull.
(55)1998年 - mozilla.orgMozillaソースコードを公開。
(56)1998年 - 山一證券が自主廃業に伴い営業を終了。
(57)1998年 - 日本原子力発電株式会社東海発電所の営業運転終了。
(58)2000年 - 有珠山が23年ぶりに噴火
(59)2001年 - ユニバーサル・スタジオ・ジャパンがオープン。
(60)2001年 - 北関東自動車道高崎JCT - 伊勢崎IC間が開通。
(61)2002年 - 向ヶ丘遊園が閉園。
(62)2002年 - 長野電鉄木島線が廃止。
(63)2004年 - 名鉄三河線猿投駅 - 西中金駅間、碧南駅 - 吉良吉田駅間が廃止。
2004Iraq War in Anbar Province: In Fallujah, Iraq, four American private military contractors working for Blackwater USA, are killed after being ambushed.
(64)2005年 - 名古屋鉄道岐阜市内線揖斐線美濃町線田神線日立電鉄線のと鉄道能登線が廃止。
(65)2005年 - 大阪近鉄バファローズが消滅。選手の大半はオリックス・バファローズもしくは東北楽天ゴールデンイーグルスへ分配ドラフトで移籍。
(66)2006年 - 神戸ポートピアランドが閉園。
(67)2007年 - イー・モバイルが東名阪においてHSDPAデータ通信サービス「EMモバイルブロードバンド」を開始。
(68)2007年 - NTTドコモが提供してきた無線呼出しサービス「クイックキャスト(旧ポケットベル)」のサービス終了。全国展開のポケットベルサービスが消える。
(69)2007年 - くりはら田園鉄道鹿島鉄道が廃止。
(70)2008年 - ツーカーがツーカー電話サービスを終了。
(71)2009年 - 福岡県ブロック紙西日本新聞山口県においての取材及び販売から撤退。
(72)2012年 - 東日本大震災で大きな被害を受け、8ヶ月間延期されていた岩手県宮城県福島県の地上波テレビのアナログ放送が終了し、日本全国で完全デジタル化が完了した。これで、日本のアナログ放送は完全に廃止された。
(73)2012年 - 荒尾競馬場 が廃止。
(74)2012年 - 長野電鉄屋代線十和田観光電鉄線が廃止。
(75)2014年 - フジテレビ系昼の長寿番組笑っていいとも!』が放送終了。1982年の放送開始以来、31年半の歴史に幕を下ろす。
(76)2014年 - 岩泉線が廃止。
(77)2014年 - ANAB747-400D沖縄東京行・NH126便を最後に退役。1979年1月25日の初就航(当時は、B747SR-100)以来、35年のB747による営業運航に幕が下ろされた。また、これと同時に44年半続いた日本の航空会社におけるB747の旅客運用の歴史に幕が下ろされることとなった。

                           インタネット情報&ヨシダブログ
 上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。
   このコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を編 集しつつ、ヨシダブログ書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグー グルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、 掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。 

ただ今、 6205編目です。 
2016年3月31日(木)掲載分
昨日3月30日最終のトップページ
編集者のダイアリー・コナー

  本日「3月31日のできごと」 で添付写真を欲張ったために、本日のトップ面の編集許容量(1000KB=1MB)が少なくなり、前日掲載分の写真ファイルに限って削除を余儀なくしてい ます。なにせ、サービス精神旺盛な編集長・ヨシダのすること。ま、変化があってイイや、と自身が納得しています★3月31日は永年の経営者人生で「事業年 度末」という意味で印象強くした日です。今ではそんなことからすっかり開放されてノビノビ人生。有難いことだという想いが日々刻々の動作のなかに「感謝  かんしゃ カンシャ」の祈り心に通じています。(7:00)
 「No.6202:トラックを再発明 ダイムラー、自動運転の中核に日本経済新聞2016.3.31.フランクフルト支局 加藤貴行)」の編集を終えてふと見るに、トップ面の編集容量は「965KB超」。物騒ぶっそうです。「きょうのできごと」写真を削除するかな・・・と、思案投げ首です。(10:40)
 トップ面編集残容量不足のために「きょうのできごと」添付写真20枚を削除して備えました。当該記事は「No.6203:鈴木天眼の勇気と洞察力長崎新聞「水と空」2016.3.31.信)」
です。日露戦争を巡る「ヨシダ歴史観」の一端をブログしましたが、ご意見をお寄せくだされば嬉しいです。(13:35)
 「首都直下地震 命を守る備え確認したい」 (産経新聞「主張」2016.3.31.)にヒットしています。「30年以内の発生確率が70%」とあるのが不気味です。親戚たちも居ることだし・・・。 何よりも、足の不自由なヨシダが都内に身を置いているとしたら・・・と想像しつつ、編集するか否かで思案中です・・・。(13:40)★ハイ、上掲の記事 を編集しました。「No.6204:首都直下地震 命を守る備え確認したい産経新聞「主張」2016.3.31.)」がそれです。(14:30)
 本日最後の編集記事は「No.6205「クリントン相手ならトランプが勝つ」アメリカ大統領選 票読みの結論=子貢MONEY VOICE2016.3.31.子貢(「千里眼の会」の発起人))」です。(17:40)



No.6205
「クリントン相手ならトランプが勝つ」アメリカ大統領選 票読みの結論=子貢
MONEY VOICE2016.3.31.子貢(「千里眼の会」の発起人)
ヨシダブロ長文の不気味な記事です。トランプ氏の最初のCNN}テレビを観たときのヨシダの印象は、「万一にでもこの人物が大統領に選ばれたらアメリカはジ・エンドだ・・・」とまでひとり言を口にしたヨシダですが、なにやら不気味な動きです▼」「中見出し等」は、大 番狂わせの米大統領選票読み、結論は「ドナルド・トランプの勝利」、■アメリカ大統領選挙の仕組み、■「お祭り」は、2年毎に訪れる、■大統領就任までの 大まかなスケジュール、■忠実な「信者」を抱える、共和党ドナルド・トランプ候補、■「クリントン・キラー」のトランプ、■民主党クリントン vs. 共和党トランプ 選挙戦シミュレーション、■相手がクリントン氏なら、トランプ氏が勝つ、■アメリカ大統領選の結果がマーケットに与える影響・・・と続きます。写真2枚添付ファイル
           a katz / Shutterstock.com
No.6204
首都直下地震 命を守る備え確認したい
産経新聞「主張」2016.3.31.
ヨシダブロ: 都内には親戚など縁ある者たちが居るだけに、他人事ではありません。此処フィリピンに移住して7年余になりますが、地震は一度も体験していません。万が一 の時の覚悟はしているツモリです。その場で、この場で、運を天に委ねる覚悟をしています▼「きょうのできごと編集」で痛感することは、世界の何処かで毎日 のように起きているのが地震です。当該写真を選びながら観ながらわが身に置き換えて編集しています▼文中にある言葉を抜き出すに、曰く、「30年以内の発生確率70%」、「最悪のケースで死者2万3千人、全壊・焼失する建物は61万棟」、「800万人と推計される帰宅困難者」・・・と、肢体不自由者ヨシダの場合は完全にギヴアップしか術はないと自身に言い聞かせています。(写真7枚添付ファイル
      「30年以内の発生確率が70%とされる首都直下地震」の画像検索結果「30年以内の発生確率が70%とされる首都直下地震」の画像検索結果
     「30年以内の発生確率が70%とされる首都直下地震」の画像検索結果「30年以内の発生確率が70%とされる首都直下地震」の画像検索結果
         「30年以内の発生確率が70%とされる首都直下地震」の画像検索結果「30年以内の発生確率が70%とされる首都直下地震」の画像検索結果「30年以内の発生確率が70%とされる首都直下地震」の画像検索結果
No.6203
鈴木天眼の勇気と洞察力 
長崎新聞「水と空」2016.3.31.信

ヨシダブロ長 崎新聞「水と空」さんは同じ被爆都市紙であることから親しみを感じてきています。本欄筆者の信さん(?)が本記事で引退されると知り、一抹の寂しさを感じ ます▼日露戦争はヨシダが生まれる以前のこと。当時は明治維新間もなくで軍国主義時代。ヨシダの皮肉な分析ですが、「西欧諸国が植民地政策で繁栄。日本が それを真似て何が悪い」といったのが国民感情ではなかったのかな、と。肝心の西欧諸国は「植民地政策はボツボツ終焉する時代」と思っていただけに・・・と いうのがヨシダ歴史観。満更否定できないヨシダ論ではないかと自負しますがどうでしょう?▼重ねて本記事筆者・信さんの健筆に敬意を表しつつお別れのご挨 拶とともに、ご多幸を祈念します。写真9枚添付ファイル
    「東洋日の出新聞の鈴木天眼」の画像検索結果「東洋日の出新聞の鈴木天眼」の画像検索結果「東洋日の出新聞の鈴木天眼」の画像検索結果「東洋日の出新聞の鈴木天眼」の画像検索結果「東洋日の出新聞の鈴木天眼」の画像検索結果
    「東洋日の出新聞の鈴木天眼」の画像検索結果    「東洋日の出新聞の鈴木天眼」の画像検索結果  「孫文」の画像検索結果「西郷四郎」の画像検索結果
No.6202
トラックを再発明 ダイムラー、自動運転の中核に
日本経済新聞2016.3.31.フランクフルト支局 加藤貴行
ヨシダブロ:トラック運送事業経営32年間、プラス16年間の経営コンサルタント時代にはトラックドライバー教育に専念したヨシダ。「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊) 」なる単行本も出版した身。そのヨシダは乗用車の自動運転化はあってもトラックは先の先。現役のドライバーにとっては引退後のこと・・・と高を括(くく)っ ていましたが、おっとどっこい、ヨシダの先見性も地に落ちる感じです(笑)▼でもまあ、産業ロボットは医療分野や孤独老人のお相手ロボット君まで登場する 時代。トラック自動化でドライバー不足が解消するのは先の先と思います。第一、その時代が到来する頃には、他の職業のほうが産業ロボットで失業する時代の 到来のほうが先に進むでしょう▼この種のブログを余儀なくする場合にヨシダの胸を横切るのは本コラムでも言及することのある、ある人物の言葉です。離日直 前の業界紙寄稿論文「被爆証言者に転身・・・」 (物流ニッポン新聞2009年1月1日号第一面)の最下段右側に記していることを再現します。「米連邦準備 理事会副議長だったアラン・ブライアン氏の弁『25年後には平均的なコンピュータープログラマーとどちらが稼げか?それは恐らく大工だ』・・・」がそれ。 大 工とドライバーを並べての筆者・ヨシダが指摘した例でした。家の建築すら「3Dプリンター」で可能な時代だけに、手作業職人の分野まで脅かされる時代の到 来を前になんだか複雑な心境です。▼「中見出し」は、■630億円を投資、■燃費や人件費を削減、■トラックをシェア・・・と続きます。いやはや、鉱石ラジオから始まったヨシダの人生。世界人口は暴発の一途。この先、何処まで人類は進化し、対応するのでしょう?・・・。写真19枚添付ファイル
    「独ダイムラーのヴォルフガング・ベルンハルト取締役」の画像検索結果 「daimler truck logo」の画像検索結果 「daimler truck logo」の画像検索結果「daimler self driving truck」の画像検索結果
         「daimler self driving truck」の画像検索結果「daimler self driving truck」の画像検索結果「daimler self driving truck」の画像検索結果 「独ダイムラーのヴォルフガング・ベルンハルト取締役」の画像検索結果  
    「trucking management, fleet board」の画像検索結果「trucking management, fleet board」の画像検索結果 「trucking management, fleet board」の画像検索結果「trucking management, fleet board」の画像検索結果
    「connected logistics」の画像検索結果 「connected logistics」の画像検索結果「connected logistics」の画像検索結果
            「3Dプリンターで建築」の画像検索結果   「3Dプリンターで建築」の画像検索結果   「3Dプリンターで建築」の画像検索結果  「3Dプリンターで建築」の画像検索結果
 昨日30日の記事5編を下記に掲載していましたが、本日31日の第一記事掲載(10:30)をもって消却しました。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分程度を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。 

                         「末尾の特別情報お知らせコーナー」
  以下のコラムは日々の執筆生活の中で、これはと思いついたことをタイトルを付して書き留めたものです。ウェブサイトトップ面の末尾の箇所に掲載するもので して、時おり変更しています。数多いヨシダブログですが、まとまった所信の一端といった感じで位置づけています。なお、上掲のリンクをクリックすると、そ の下書き的なテーマや内容の一端が垣間見られます。


     毎月の28日はヨシダにとって意義深くしているもの その理由(わけ)は!?
                           (本欄は当該日28日前後の27日~31日まで掲載します。)
 プライベートなことでかつ、単純で大人気ない(?)とも思えるようなことをヨシダは執拗に意識して現在に至ります。ほかでもありません、「28日」という日は吉田祐起の誕生日のそれに当たることから、この日を中心にわが人生の歩みが刻まれている、という自覚や認識です。
 つまり、年に12回の誕生日を意識して「満83歳○ヶ月」とウェブサイトにも掲載し、自身もそれを意識して送っているのです。あと、何日で28日・・・といった具合にです。これって、ちょっと、ユニークはモノの考え方だと自負します。
  時が経つことで、洋の東西を問わず、意味深長なのが「光陰矢の如し」という言葉。英語でも"Time flies like an arrow" と人々は口にします。矢の如く時が去った、と感じることは、その分、人生を短く送っていることを意味するのであって、まさか、時が早く去って歳をとったか ら ヨカッタとは誰も思わないハズです。
 強いてそれをポジティヴに解釈すれば、苦しい時もあったけど、あっと言う間に過ぎ去った、苦しいこと を 克服 してきた、開放された、といったくらいの解釈も成り立つでしょうが、それとて、味わうべき喜怒哀楽の人生がその分、短く去ったことを意味する結果でしかな い、というのがヨシダです。
 折角この世に生を受け、与えられた人生ならば、その喜びを文字通り、日々味わいつつ、感謝しつつ過ごす(消化する)という考え方のほうが、その逆の苦しい人生、早くに過ぎ去って欲しいもの・・・よりもずっと、ハッピーだと思うのです。
  さらに、こんなことも頭に描かれると思います・・・。例えば、何かを達成するとか、成し遂げるものを持っているとします。ヨシダ流の処し方は、優先順位の 見 極めです。沢山ある仕事の優先順位を頭にしっかりと入れて処す方法。ストレスもなくなります。計画的にというのは誰でも言いますが、その処し方の基本はな んと言ってもターゲットとする日の設定でして、ヨシダの場合は毎月の28日がそれになっているという感じです。
 その日(28日)が来たら、ウン、オレはあれもやった、これもやり遂げた、出来なかったことは次の月の28日をひと区切りに・・・といった按配です。これって単純なモーチベーションに過ぎませんが、案外と効果的です。
  結果的には、折角与えられた人生期間を感謝の念をもって着々と消化して事を成し遂げる、といった図式です。同じ1年サイクルで巡ってくる自身の誕生の 「日」をハッピー・バース・デイ!と心の中で呟きながら日々の経過を味わいつつ・・・といったシナリオです。こうした考え方がヨシダが永年、心に入れてい るキーワードに繋がるのです。「生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ」がそれです。
 ところで、これも他愛もないことですが、10月 28日はかのマイクロソフトのビル・ゲイツさんの誕生日(1955年)を早くに認識してきたものです。人間のスケールからすれば、ドダイ比較対象する何も のもないのですが、誕生日だけは同じ!と言える(思える)のがイイ味ってところです(笑)。ヨシダはビル・ゲイツさんと同じ誕生日って思うだけでも、思わ ないよりずっとマシって按配です。
 ふと、この記事を書きながら好奇心旺盛なヨシダは即座にヨシダの認識するその他の著名人を平素世話になるグーグルさんから拾い出しました。多くある人物の中からヨシダの好みに従って人物名と写真を列記して誕生日の味わい方を増幅さす次第です。

 1.徳川 慶喜(1837:江戸幕府第15代将軍)、2.横河民輔(1864:横河電機創業者)、3.ジェイコブ・D・コックス(南北戦争北軍将軍・共和党・第28代オハイオ州知事・第10代アメリカ合衆国内務長官)、4.エルザ・ランチェスター(1902:イギリスの女優)、5.東富士欽壹(1973:大相撲第40代横綱)、6.浜田 晃(1941:俳優)、7.小池真理子(1952:女優)、8. ビル・ゲイツ(1955:マイクロソフト創立者)、9.吉田都(1955:バレリーナ)、10.吉田里琴(1999年:女優)・・・と。ハイ、末尾11は吉田祐起(1931:本サイト編集長)で~す!
 ヨシダって好奇心旺盛 でしょう。こんなことに時間を使うから超多忙人間(?)。日々をかみ締めながら生きるから「光陰矢の如し」は無縁たる所以です(笑)。

  Cox, Jacob D. M.C. Ohio (Secty of Interior in Grant Adm.).jpgエルザ・ランチェスターElsa LanchesterAzumafuji 1950 Scan10025-2.JPG   http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
 ヨシダのウェブサイトをご訪問くださってありがとうございました。またの機会までご機嫌よろしゅう!と言っても、毎日相当量のヨシダコメントを書きまくっています。「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど」が決まり文句です。(967.36KB)


                        2016年3月31日(木)
                          ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
                                                  吉田祐起
                  
          (満84歳5ヶ月)  
                  (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)   

                                 yoshida@a-bombsurvivor.com
                           URL(eng): http://www.a-bombsurvivor.com

           URL(jpn): http://www.a-bombsurvivor.com/index_japanese.html