吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果   「yuuki yoshida」の画像検索結果 http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
      吉田祐起(Yuuki Yoshida) :満84歳8か月 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 

  原爆証言者・吉田祐起の被爆現場証拠写真です。
 「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル別館」の画像検索結果
  2016年2月14日(日)午前3時頃のこと。ふと目覚めて色んなことに想いを巡らすなかで思いついたこと。それは被爆で九死に一生を得たという表現を 辞さない私の生々しい体験の場をこのサイトに再現することでした。ガバッと起きてデスクに向かいグーグルで関連写真を検索しました!ゲットしたのが上掲の 写真です。
 当時の私は学徒動員で広島電鉄本社電気課勤務でした。足が不自由なことからの事務所勤務。他の級友たちは電車・バスの修理工場配属 で した。左端の写真看板は現在の本社別館(右2枚の3階ビル)の前に設置されている半倒壊したビル画面と日英語説明文看板。2番目の白黒写真はその生々しい 倒壊した建物コーナーの写真です!
 朝礼を終えてビッコを引きながら薄暗い廊下伝いに電気課事務所に向かっていた瞬間の「ヒカ!ドン!」でし た。 あっという間に下敷きになりました。数秒の差で倒壊を免れた同課オフィスに辿り着いていたと、今更の如く想起し、感無量です。真っ暗なビルの下敷きで手を 合わせて死を覚悟しました。ふと、頭上にほのかな明かりが眼に入り、無我夢中で瓦礫をよじ登りました。子供心に想起することに倒壊した建物のてっ辺に這い 出た時の印象は「下界を見下ろす」って位置。顔面に吹き出る血をみて、「母ちゃ~ん!血が出ているよう~!」と泣きました。倒壊したあの建物の下敷きのわ が姿を生々しく再現再確認する次第です。
★ところで、ヒバクシャが念願していた米 大統領の被爆市訪問が去る5月27日にオバマ大統領によって実現しました。ヨシダの解釈は「オバマ大統領閣下、良かったですね~!『男の約束』が果たせ て!」のひと言です。これを機に、ヨシダのヒバクシャ証言は「被爆者最後の生き残り」を演じることにします。

              Since 10th March, 2001
 ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手 製のささやかなウェブサイトですが、ボリュームだけは人後に落ちません!本日現在の「データーサイズ(編集容量)」 は実に2,350KBという異例とも自 負する規模です。殆どのインタネット関連企業ですら500KBというなかで、楽天さんのそれはずば抜けて2200KB。ヨシダのそれをオーバーしているヨ シダのデーターサイズです。 単行本に換算したら、ン拾冊相当分だぞ~!ってところです。大量のヨシダ自分史足り得ると自負するウェブサイトです。

                            English               
              2016年6月28日(火)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー

  注: お気付きのように、本サイトにおける編集者のブログは「行換え&一字空け」の通常スタイルでなく、★&▼マークでそれらを代行しています。「縦長 式サイト」で字数が多いために、行換えによる過度のスペース取りを防ぐためです。多くの新聞コラムが採用されているスタイルを真似ましたので、ご理解くだ さい。    

                          お知らせ&ご報告 
  去る2009年11月来、このトップでオバマ米大統領の被爆市訪問関連情報を クドクドと大量のブログをしてきましたが、去る5月27日の広島市訪問が実現 したことから本欄特別コーナーを廃止します。★ヒバクシャ・ヨシダの感想は極めてシンプル!「オバマ大統領閣下!ヨカッタですね~!『男の約束』が果たせ て!!」の一語に尽きます。その「男の約束」に言及したのは天下広しと言えどもヨシダがただ一人デス!同大統領の個人的な発言(約束)が そ の直後に、米政府関係筋から日本のマスメディアに「かん口令」が敷かれた、ということも、ヨシダだけがブログすることです★ともあれ、大統領の被爆市訪問 により、今後のヒバクシャ証言活動の内容や在り方や姿勢に応分の変化があって当然と考えます。エッ!?そう言うヨシダは?という声が聞こえてきそうです。 ハイ!ヨシダのヒバクシャ証言は一風変わっています。タイタニック号最後の生き残りだった故・メルビナ・ディーンさんにあやかって、「ヒバクシャ最期の生き残り・ヨシダ」を演じていきます(笑)★ヨシダの長生き努力はそのためのものであると同時に、自称「相互扶助精神に基づく運命共同体生活」のもとでヨシダが抱くフィリピン家族に対する努力義務でもあり、「自利から他利」のヨシダ・スピリットに通じると自負しています。        
               ウィキペディアから拾った6月28日の「できごと」 
                              June 28 Events(英語版) 
                                   「きょうのできごと」記録集
  新しい月(6月)に入ったのを機に、本コラムの編集方法の変更を実施しました。具体的には、折角ある多くのリンクですので、興味を持たれるビジターは片っ 端からクリックしてご覧いただける、という想定のもとで、リンクの無い重要な事柄についてのみ、編集者の立場で別途、検索して当該写真等を本サイトに掲載 する・・・という仕組みに改善しました。そのため、写真の枚数が減る分、比較的大きく表示しています。編集者にとっても、重複するような画像は避けて、 ウィキペディアにはリンクのない大事なできごとやその背景等に関する情報を独自の判断で選択して当該写真を掲載することの意義を感じての改善策です。
     5「The Battle of Monmouth」の画像検索結果「Molly Pitcher」の画像検索結果 「Molly Pitcher」の画像検索結果 「The Battle of Monmouth」の画像検索結果            「Molly Pitcher」の画像検索結果     「Molly Pitcher」の画像検索結果      「Molly Pitcher」の画像検索結果
      6「Victoria」の画像検索結果「Victoria crowning ceremony」の画像検索結果    「Victoria crowning ceremony」の画像検索結果     「Victoria crowning ceremony」の画像検索結果     「Victoria crowning ceremony」の画像検索結果   「Victoria crowning ceremony」の画像検索結果
 7「giselle 1841 ballet」の画像検索結果「giselle 1841 ballet」の画像検索結果「giselle 1841 ballet」の画像検索結果「giselle 1841 ballet」の画像検索結果「giselle 1841 ballet」の画像検索結果「giselle 1841 ballet」の画像検索結果「giselle 1841 ballet」の画像検索結果「giselle 1841 ballet paris opera theater」の画像検索結果
    18「Irish Civil War」の画像検索結果「Irish Civil War」の画像検索結果    「Irish Civil War」の画像検索結果     「Irish Civil War」の画像検索結果「Irish Civil War」の画像検索結果 
    「Irish Civil War」の画像検索結果「Irish Civil War」の画像検索結果「Irish Civil War」の画像検索結果  「Irish Civil War」の画像検索結果   「Irish Civil War」の画像検索結果   
  22「1948年 - 福井地震。」の画像検索結果  「1948年 - 福井地震。」の画像検索結果 「1948年 - 福井地震。」の画像検索結果 「1948年 - 福井地震。」の画像検索結果 「1948年 - 福井地震。」の画像検索結果「1948年 - 福井地震。」の画像検索結果
     「1948年 - 福井地震。」の画像検索結果「1948年 - 福井地震。」の画像検索結果「1948年 - 福井地震。」の画像検索結果 「1948年 - 福井地震。」の画像検索結果    「1948年 - 福井地震。」の画像検索結果  「1948年 - 福井地震。」の画像検索結果「1948年 - 福井地震。」の画像検索結果  
 28「Stonewall Inn」の画像検索結果  「Stonewall Inn」の画像検索結果    「Stonewall Inn」の画像検索結果  「Stonewall Inn」の画像検索結果関連画像     「Stonewall Inn」の画像検索結果    
(1)1098年 - 第一次十字軍アンティオキア攻囲戦モスルケルボガを破る。
(2)1177年安元3年6月1日) - 俊寛らの平家打倒の謀議(鹿ケ谷の陰謀)が密通され、一味が逮捕される。
(3)1193年建久4年5月28日) - 曾我兄弟の仇討ち
(4)1333年正慶2年/元弘3年5月8日) - 新田義貞上野国北条氏討伐のために旗揚げする。
(5)1778年 - アメリカ独立戦争: モンマスの戦い
(6)1838年 - ヴィクトリア女王の戴冠式が行われる。
(7)1841年 - パリ・オペラ座でバレエ『ジゼル』が初演。
(8)1859年安政6年5月28日) - 江戸幕府が、に対し、神奈川長崎箱館で自由貿易を許可する布告を出す。
(9)1866年 - ダービー伯爵エドワード・スミス=スタンリーイギリスの首相に就任、3度目の組閣。
(10)1875年 - 新聞紙条例讒謗律を布告。
(11)1881年 - オーストリアセルビアが密約を結び、セルビアはオーストリアの保護国化される。
(12)1886年 - カナダ太平洋鉄道の営業が開始され、初の大陸横断列車がモントリオールを出発。
(13)1894年 - 労働者の日がアメリカ合衆国の公式の祝日(9月の第1月曜日)に制定される。
(14)1895年 - エルサルバドルホンジュラスニカラグア中央アメリカ大共和国を結成。
(15)1900年 - オーストリア皇太子フランツ・フェルディナントゾフィーと結婚。
(16)1914年 - サラエボ事件。オーストリア皇太子フランツ・フェルディナントとその妃ゾフィーがサラエボで暗殺される。第一次世界大戦のきっかけに。
(17)1919年 - ドイツが連合国と第一次世界大戦の講和条約「ヴェルサイユ条約」を締結する。
(18)1922年 - アイルランド自由国軍がダブリンフォー・コーツを砲撃、アイルランド内戦が勃発。
(19)1940年 - ソ連ルーマニアに対しベッサラビア・北ブコビナの割譲を要求。
(20)1942年 - 第二次世界大戦: ドイツ軍がブラウ作戦を発動する。
(21)1945年 - 第二次世界大戦・日本本土空襲: 佐世保大空襲
(22)1948年 - 福井地震。死者・行方不明者3,769名。
(23)1948年 - ユーゴスラビアコミンフォルムから除名される。
(24)1950年 - 朝鮮戦争: 第一次ソウル会戦が終結。ソウルが陥落、撤退する韓国軍による漢江人道橋爆破事件
(25)1950年 - 巨人藤本英雄日本プロ野球史上初の完全試合を達成。
(26)1956年 - ポーランドポズナンで労働者による暴動(ポズナン暴動)。
(27)1967年 - イスラエルが東エルサレムを併合。
(28)1969年 - ニューヨークでストーンウォールの反乱が起きる。
(29)1969年 - 新宿駅西口地下広場で開かれていたベ平連による反戦フォーク集会が暴動化し機動隊と衝突。64名を逮捕。
(30)1979年 - 第5回先進国首脳会議が東京で開催される。初めて日本で開催。
(31)1991年 - ソ連東欧諸国で構成する経済相互援助会議 (COMECON) が解散。
(32)1992年 - エストニアの憲法が採択される。
(33)1996年 - ウクライナの憲法が採択される。
(34)1997年 - 神戸連続児童殺傷事件で14歳の少年を逮捕。
(35)1997年 - ボクシングのマイク・タイソンイベンダー・ホリフィールド戦。第3ラウンドでタイソンがホリフィールドの耳を噛み切り反則負けに。
(36)1999年 - 坂本龍一の「energy flow」を収録したシングル『ウラBTTB』がインストゥルメンタル曲で初のオリコン週間シングルチャート1位を記録。
(37)2004年 - 連合国暫定当局からイラク暫定政権へ主権が移譲され、連合国暫定当局が解散。
(38)2005年 - 運輸多目的衛星MTSAT-1Rひまわり6号)が気象観測機能の本格的運用を開始。
(39)2005年 - カナダで、異性間の結婚と同性間の結婚を法的に同一のものとする「市民結婚法」が可決。
(40)2006年 - モンテネグロ国際連合に加盟。
(41)2007年 - 前日に辞任したトニー・ブレアの後任として、ゴードン・ブラウン英首相に就任し、ブラウン内閣が発足。
(42)2010年 - 日本の高速道路37路線50区間1626kmで、高速道路無料化社会実験が開始。
(43)2014年 - 首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の相模原愛川IC - 高尾山IC間が開通。東名高速道路中央自動車道関越自動車道と繋がる。

     Today@VOAから受信した「アメリカ版きょうのできごと」(新設)  
(注:日米時差1日のため、本欄掲載は前日のものですが、即効性を重んじて日本時間並みに月日で掲載します。なお、同メルマガ受信時間により前日(回)掲載したものをそのまま此処に掲載し、当日受信分の編集が終了し次第に取り替えます。)なお、今からの本編の記録は「アメリカ版「きょうのできごと」日別一覧表」(編集中)に収録します。おって、「1日の時差」があることをご留意ください。

               today@VOA 

                                                       2016.6.28.(時差あり)                 
              Informing, engaging & connecting the people of the world.

                                                           June 27, 2016

On This Day in American History
On June 27, 1950, President Harry S. Truman orders U.S. troops to South Korea to help the democratic nation resist an invasion by communist North Korea. Truman tells the nation and the world that America is intervening in the Korean conflict to prevent the conquest of an independent nation by communism. While the president stops short of declaring war, Congress does extend the draft and authorizes Truman to call up reservists.

ヨシダブログ:本日のこのできごと情報源のひとつは、"June 27, 1950 : Truman orders U.S. forces to Korea" (HISTORY)です。このできごとが起きた頃の自身の人生を想起します。当時のヨシダは英語力を駆使して多くのアメリカの同業者や業界機器メーカー首 脳との接点を持ち、盛んに文通をしていた時代です。その源泉はCIE図書館で入手した分厚い「LUMBER」と題する書籍でした。専門的ですが、当時の日 本には無かった、かつ、不可能視されていた帯ノコのガス溶接技術やその「熱処理こし入れ」(Heat-tenshionning )」を習得したものです。これらの新技術や独自に発明した販売器具等々の指導で全国を講演実演して飛び回った青春時代でした。他愛もない想い出ブログです が、このコラム編集が招来するヨシダ人生のよきページ足り得ます。本コラム編集の喜びでもあります。(写真14枚添付ファイル
      「June 27, 1950 : Truman orders U.S. forces to Korea」の画像検索結果「June 27, 1950 : Truman orders U.S. forces to Korea」の画像検索結果「June 27, 1950 : Truman orders U.S. forces to Korea」の画像検索結果「June 27, 1950 : Truman orders U.S. forces to Korea」の画像検索結果
    「congress attitude to truman's war with korea」の画像検索結果「June 27, 1950 : Truman orders U.S. forces to Korea」の画像検索結果「June 27, 1950 : Truman orders U.S. forces to Korea」の画像検索結果「June 27, 1950 : Truman orders U.S. forces to Korea」の画像検索結果「June 27, 1950 : Truman orders U.S. forces to Korea」の画像検索結果  
                「June 27, 1950 : Truman orders U.S. forces to Korea」の画像検索結果 「June 27, 1950 : Truman orders U.S. forces to Korea」の画像検索結果  「June 27, 1950 : Truman orders U.S. forces to Korea」の画像検索結果 「congress attitude to truman's war with korea」の画像検索結果「congress to truman's war with korea」の画像検索結果 

                                               インタネット情報&ヨシダブログ
 上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。
   このコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を
編 集しつつ、ヨシダブログ書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグー グルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、 掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。
ただ今、6397編目です!

2016年6月28日(火)掲載分
昨日6月27日最終のトップページ

日別最終トップページ一覧表
編集者のダイアリー・コナー 

 私的で他愛もないことをひとつ。本日でヨシダは「満84歳8ヶ月」になりました。それって、何が珍しいの!?という声を意識します。お知りになりたい方は、このままスクロールダウンしていただくと「詳細な説明」にヒットします★楽しみにしていた「today@VOA」 が週末2日の欠便(?)を終えて入り、大喜びで日英語両版の編集を完了しました。実にイイ気分でして、公的なできごとと自身の当時の人生のひとコマをオー バーラップしてブログすることにし始めました。思わぬ副産物とさえ言えるでしょう。なにせ、ヨシダはアイディア・マンですから・・・★ふと、ヨシダが尊敬 してやまない山久瀬洋二先生のメルマガが入りました。題して「世界は20年後を見通せない。EUの危機が語ること」がそれ。英語情報を鋭い視点で捉えて独特の論を展開される同先生の論に魅せられます。本日第一弾の取材情報にします。多くの関連記事を編集してきているヨシダですが、英国の「Brexit」の背景等々の先生独自の分析は魅せられつつ編集します。(9:40)
 「No.6397:世界は20年後を見通せない。EUの危機が語ること海外ニュースの英語と文化背景・時事解説2016.6.28.(27日付)山久瀬洋二)」 の筆者・川久瀬洋二先生はヨシダの好きな英語を通した独特の視野に基づくものとして格別の味わいを体感します。同記事のヨシダブログの末尾は、 「人類は所詮、歴史の繰り返し」という趣旨のブログをしたいます。「きょうのできごと」編集体験がヨシダの元来の「歴史は繰り返す」論をより確実かつ真実 感で再々の言及を招来するのですが、本記事末尾の同先生の言葉が決定付けになる感じです▼「歴史は繰り返す」は「ローマの歴史家クルチュウス=ルーフスの 言葉。過去に起こったことは、同じようにして、その後の時代にも繰り返し起こる。 」ということ。悲しいかな、どんなに努力しても所詮は「繰り返し」という悲しい現実を過去から現在に至って人類は見せ付けられて現在に至ります。その事実 をもって、「将来も」と断言するのは余りにも悲しい予言足り得ます。考えてみれば賢い筈の人類でありながら、その繰り返しを余儀なくしているのは、ことほ ど左様に人類とはどうしょうもない、愚かなもの、とすら?・・・▼個人の場合は、人生80年、100年時代にあって、愚かなことの繰り返しはしないでしょ うが、「人類」となると、個人の人生を越えた過去何十年、何百年前で過去の体験は歴史文書だけが頼り。ために、生まれ変わった人類は過去の悲しい出来事は 文字の上だけであって、実感はありません。「・・・だったゲナ」式の認識だけに、平気で無意識の中での繰り返しに終わるのです。「人類の性」そのものです ▼本記事に接したのを機に、その「歴史は繰り返す」なる言葉の元祖・ローマの歴史家クルチュルス=ルーフスさんに敬意を表すべく関連画像を添付してその偉 業ならぬ「偉言」を味わいます。(12:30)
      「Curtius Rufus, Quintus」の画像検索結果「Curtius Rufus, Quintus」の画像検索結果関連画像「Curtius Rufus, Quintus」の画像検索結果「Curtius Rufus, Quintus」の画像検索結果
        「Curtius Rufus, Quintus」の画像検索結果「Curtius Rufus, Quintus」の画像検索結果「Curtius Rufus, Quintus」の画像検索結果   「history repeats itself」の画像検索結果
  ヨシダの大好きな「today@VOA」編集ですが、土日(日本時間では日月)がお休みで、正直言ってなんだか、ホッとする気分。その分、「きょうのできごと」編集がはかどります。「本日6月28のできごと」と「29日のできごと」 編集を完了して余裕綽々ってところ★マスメディア記事編集もどうやら、経済誌を主にしたほうがイイ感じです。少数精鋭主義って按配。記事の内容は字数が多 いこともあり、著名人筆者であることから、内容的に充実感を抱くことは否定できません。イイ勉強機会です★ボツボツ、明日への備えに入ります。それにして も「today@VOA」は楽しみです。英作文の格好の練習にもなるし、です。(16:25)



No.6397
世界は20年後を見通せない。EUの危機が語ること
海外ニュースの英語と文化背景・時事解説2016.6.28.(27日付)山久瀬洋二
ヨシダブログ:ヨ シダが尊敬してやまない山久瀬先生の英 語情報を切り口にした稀有な独特の論に敬服します。一言一句、傍線を引きながら意味を噛みしめつつ編集しました。多くの薀蓄ある中で、ヨシダが痛切に共感 する言葉を末尾に見出します。曰く、「世界史は語っています。分断の時代には常に戦争や混沌が待ち構えていることを。そして、異なる立場を統合する方が、 分離するよりもはるかに知恵と努力が必要なことも。20年後、30年後に何がおこるか人類はいつも盲目でした。1920年代に世界中が民主化されつつあっ たとき、20年以内に世界が第二次世界大戦の奈落に落ちることを誰も予測していなかったのです。September 11 とギリシャ危機、そして “Brexit” というマイルストーンが、こうした奈落へのマイルストーンとならないことを祈りたいと思います。」がそれです▼ふと、ヨシダの胸に去来すること。「きょう のできごと」の日英語版編集に情熱を抱きながら痛切に感じざるを得ないこと。それは「歴史は繰り返す」の一語に尽きます。人類は過去の過ちを繰り返すこと は否定できません。人類の性(さが)そのもの、とは、何ごとも前向きかつ積極的に処してきたこれは84歳の爺ちゃんが否定できない悲しい現実・・・と絶句 する想いです▼貴重な本記事の内容をヨシダ流に独自の判断で当該写真資料等を検索して添付しました。ヨシダが眼で追う川久瀬先生のご高説、ヨシダの理解手 法、とご理解かつご 容赦のほど願いつつ・・・。(写真26枚添付ファイル
           「The Sunday Times on Brexit 」の画像検索結果「The Sunday Times on Brexit 」の画像検索結果「The Sunday Times on Brexit 」の画像検索結果関連画像
             「sadiq aman khan mayor」の画像検索結果 「sadiq aman khan mayor」の画像検索結果
    「sadiq aman khan mayor」の画像検索結果      「sadiq aman khan mayor」の画像検索結果 「sadiq aman khan mayor」の画像検索結果
            「sadiq aman khan mayor」の画像検索結果    「sadiq aman khan mayor」の画像検索結果
     「山久瀬 洋二著書」の画像検索結果『海外メディアから読み解く世界情勢』山久瀬洋二「山久瀬 洋二著書」の画像検索結果「山久瀬 洋二著書」の画像検索結果「山久瀬 洋二著書」の画像検索結果「山久瀬 洋二著書」の画像検索結果「山久瀬 洋二著書」の画像検索結果「山久瀬 洋二著書」の画像検索結果「山久瀬 洋二著書」の画像検索結果
                   「山久瀬 洋二著書」の画像検索結果「山久瀬 洋二著書」の画像検索結果「山久瀬 洋二著書」の画像検索結果「山久瀬 洋二著書」の画像検索結果「山久瀬 洋二著書」の画像検索結果「山久瀬 洋二著書」の画像検索結果
 昨日27日の記事4編を下記に掲載していましたが、本日28日の第一記事掲載(10:50)をもって消却しました。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分程度を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。 

     毎月の28日はヨシダにとって意義深くしているもの その理由(わけ)は!?
 プライベートなことでかつ、単純で大人気ない(?)とも思えるようなことをヨシダは執拗に意識して現在に至ります。ほかでもありません、「28日」という日は吉田祐起の誕生日のそれに当たることから、この日を中心にわが人生の歩みが刻まれている、という自覚や認識です。
 つまり、年に12回の誕生日を意識して「満83歳○ヶ月」とウェブサイトにも掲載し、自身もそれを意識して送っているのです。あと、何日で28日・・・といった具合にです。これって、ちょっと、ユニークはモノの考え方だと自負します。
  時が経つことで、洋の東西を問わず、意味深長なのが「光陰矢の如し」という言葉。英語でも"Time flies like an arrow" と人々は口にします。矢の如く時が去った、と感じることは、その分、人生を短く送っていることを意味するのであって、まさか、時が早く去って歳をとったか ら ヨカッタとは誰も思わないハズです。
 強いてそれをポジティヴに解釈すれば、苦しい時もあったけど、あっと言う間に過ぎ去った、苦しいこと を 克服 してきた、開放された、といったくらいの解釈も成り立つでしょうが、それとて、味わうべき喜怒哀楽の人生がその分、短く去ったことを意味する結果でしかな い、というのがヨシダです。
 折角この世に生を受け、与えられた人生ならば、その喜びを文字通り、日々味わいつつ、感謝しつつ過ごす(消化する)という考え方のほうが、その逆の苦しい人生、早くに過ぎ去って欲しいもの・・・よりもずっと、ハッピーだと思うのです。
  さらに、こんなことも頭に描かれると思います・・・。例えば、何かを達成するとか、成し遂げるものを持っているとします。ヨシダ流の処し方は、優先順位の 見 極めです。沢山ある仕事の優先順位を頭にしっかりと入れて処す方法。ストレスもなくなります。計画的にというのは誰でも言いますが、その処し方の基本はな んと言ってもターゲットとする日の設定でして、ヨシダの場合は毎月の28日がそれになっているという感じです。
 その日(28日)が来たら、ウン、オレはあれもやった、これもやり遂げた、出来なかったことは次の月の28日をひと区切りに・・・といった按配です。これって単純なモーチベーションに過ぎませんが、案外と効果的です。
  結果的には、折角与えられた人生期間を感謝の念をもって着々と消化して事を成し遂げる、といった図式です。同じ1年サイクルで巡ってくる自身の誕生の 「日」をハッピー・バース・デイ!と心の中で呟きながら日々の経過を味わいつつ・・・といったシナリオです。こうした考え方がヨシダが永年、心に入れてい るキーワードに繋がるのです。「生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ」がそれです。
 ところで、これも他愛もないことですが、10月 28日はかのマイクロソフトのビル・ゲイツさんの誕生日(1955年)を早くに認識してきたものです。人間のスケールからすれば、ドダイ比較対象する何も のもないのですが、誕生日だけは同じ!と言える(思える)のがイイ味ってところです(笑)。ヨシダはビル・ゲイツさんと同じ誕生日って思うだけでも、思わ ないよりずっとマシって按配です。
 ふと、この記事を書きながら好奇心旺盛なヨシダは即座にヨシダの認識するその他の著名人を平素世話になるグーグルさんから拾い出しました。多くある人物の中からヨシダの好みに従って人物名と写真を列記して誕生日の味わい方を増幅さす次第です。

 1.徳川 慶喜(1837:江戸幕府第15代将軍)、2.横河民輔(1864:横河電機創業者)、3.ジェイコブ・D・コックス(南北戦争北軍将軍・共和党・第28代オハイオ州知事・第10代アメリカ合衆国内務長官)、4.エルザ・ランチェスター(1902:イギリスの女優)、5.東富士欽壹(1973:大相撲第40代横綱)、6.浜田 晃(1941:俳優)、7.小池真理子(1952:女優)、8. ビル・ゲイツ(1955:マイクロソフト創立者)、9.吉田都(1955:バレリーナ)、10.吉田里琴(1999年:女優)・・・と。ハイ、末尾11は吉田祐起(1931:本サイト編集長)で~す!
 ヨシダって好奇心旺盛 でしょう。こんなことに時間を使うから超多忙人間(?)。日々をかみ締めながら生きるから「光陰矢の如し」は無縁たる所以です(笑)。

  Cox, Jacob D. M.C. Ohio (Secty of Interior in Grant Adm.).jpgエルザ・ランチェスターElsa LanchesterAzumafuji 1950 Scan10025-2.JPG   http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg

 超縦長のウェ ブサイトをご訪問くださってありがとうございました。「乱文乱筆ならぬミスプリはご容赦のほど」がヨシダのブログ用語です。またのご訪問をよろしくお願い します。ご機嫌よろしゅう!
(695.01KB) 


                        2016年6月28日(火)
                           ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
     

                             吉田祐起                                                    (本日で満84歳8ヶ月になりました)                                                (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)   
                       yoshida@a-bombsurvivor.com                                                     URL(eng): http://www.a-bombsurvivor.com

           URL(jpn): http://www.a-bombsurvivor.com/index_japanese.html