吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果   「yuuki yoshida」の画像検索結果 http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
      吉田祐起(Yuuki Yoshida) :満84歳8か月 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 

  原爆証言者・吉田祐起の被爆現場証拠写真です。
 「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル別館」の画像検索結果
  2016年2月14日(日)午前3時頃のこと。ふと目覚めて色んなことに想いを巡らすなかで思いついたこと。それは被爆で九死に一生を得たという表現を 辞さない私の生々しい体験の場をこのサイトに再現することでした。ガバッと起きてデスクに向かいグーグルで関連写真を検索しました!ゲットしたのが上掲の 写真です。
 当時の私は学徒動員で広島電鉄本社電気課勤務でした。足が不自由なことからの事務所勤務。他の級友たちは電車・バスの修理工場配属 で した。左端の写真看板は現在の本社別館(右2枚の3階ビル)の前に設置されている半倒壊したビル画面と日英語説明文看板。2番目の白黒写真はその生々しい 倒壊した建物コーナーの写真です!
 朝礼を終えてビッコを引きながら薄暗い廊下伝いに電気課事務所に向かっていた瞬間の「ヒカ!ドン!」でし た。 あっという間に下敷きになりました。数秒の差で倒壊を免れた同課オフィスに辿り着いていたと、今更の如く想起し、感無量です。真っ暗なビルの下敷きで手を 合わせて死を覚悟しました。ふと、頭上にほのかな明かりが眼に入り、無我夢中で瓦礫をよじ登りました。子供心に想起することに倒壊した建物のてっ辺に這い 出た時の印象は「下界を見下ろす」って位置。顔面に吹き出る血をみて、「母ちゃ~ん!血が出ているよう~!」と泣きました。倒壊したあの建物の下敷きのわ が姿を生々しく再現再確認する次第です。
★ところで、ヒバクシャが念願していた米 大統領の被爆市訪問が去る5月27日にオバマ大統領によって実現しました。ヨシダの解釈は「オバマ大統領閣下、良かったですね~!『男の約束』が果たせ て!」のひと言です。これを機に、ヨシダのヒバクシャ証言は「被爆者最後の生き残り」を演じることにします。

              Since 10th March, 2001
 ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手 製のささやかなウェブサイトですが、ボリュームだけは人後に落ちません!本日現在の「データーサイズ(編集容量)」 は実に2,380KBという異例とも自 負する規模です。殆どのインタネット関連企業ですら500KBというなかで、楽天さんのそれはずば抜けて2200KB。ヨシダのそれをオーバーしているヨ シダのデーターサイズです。 単行本に換算したら、ン拾冊相当分だぞ~!ってところです。大量のヨシダ自分史足り得ると自負するウェブサイトです。

                            English               
              2016年7月6日(水)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー

  注: お気付きのように、本サイトにおける編集者のブログは「行換え&一字空け」の通常スタイルでなく、★&▼マークでそれらを代行しています。「縦長 式サイト」で字数が多いために、行換えによる過度のスペース取りを防ぐためです。多くの新聞コラムが採用されているスタイルを真似ましたので、ご理解くだ さい。    

               ウィキペディアから拾った7月6日の「できごと」 
                                July 6 Evens(英語版) 
                                   「きょうのできごと」記録集
  新しい月(6月)に入ったのを機に、本コラムの編集方法の変更を実施しました。具体的には、折角ある多くのリンクですので、興味を持たれるビジターは片っ 端からクリックしてご覧いただける、という想定のもとで、リンクの無い重要な事柄についてのみ、編集者の立場で別途、検索して当該写真等を本サイトに掲載 する・・・という仕組みに改善しました。そのため、写真の枚数が減る分、比較的大きく表示しています。編集者にとっても、重複するような画像は避けて、 ウィキペディアにはリンクのない大事なできごとやその背景等に関する情報を独自の判断で選択して当該写真を掲載することの意義を感じての改善策です。
  3   「承久の乱」の画像検索結果「承久の乱」の画像検索結果「承久の乱」の画像検索結果「承久の乱」の画像検索結果「承久の乱」の画像検索結果
   「承久の乱」の画像検索結果「承久の乱」の画像検索結果「後鳥羽上皇 墓」の画像検索結果        「後鳥羽上皇 墓」の画像検索結果     「後鳥羽上皇 墓」の画像検索結果
        7「thomas more utopia」の画像検索結果「Libellus vere aureus, nec minus salutaris quam festivus, de optimo rei publicae statu deque nova insula Utopia」の画像検索結果「Libellus vere aureus, nec minus salutaris quam festivus, de optimo rei publicae statu deque nova insula Utopia」の画像検索結果「Libellus vere aureus, nec minus salutaris quam festivus, de optimo rei publicae statu deque nova insula Utopia」の画像検索結果      「Thomas More persecuted」の画像検索結果  「Thomas More persecuted」の画像検索結果
   「Thomas More persecuted」の画像検索結果「Thomas More persecuted」の画像検索結果「Thomas More persecution」の画像検索結果「Thomas More persecution」の画像検索結果      「Thomas More grave」の画像検索結果「Thomas More grave」の画像検索結果
  9   「Battle of Fort Carillon」の画像検索結果   「Battle of Fort Carillon」の画像検索結果「Battle of Fort Carillon」の画像検索結果   「Battle of Fort Carillon」の画像検索結果       「Battle of Fort Carillon」の画像検索結果
  13「1854, first republican assembly in jackson michigan」の画像検索結果「1854, first republican assembly in jackson michigan」の画像検索結果「1854, first republican assembly in jackson michigan」の画像検索結果「1854, first republican assembly in jackson michigan」の画像検索結果  関連画像関連画像
       「1854, first republican logo, thomas Nast」の画像検索結果  「harper's weekly 1874」の画像検索結果「harper's weekly 1874」の画像検索結果「harper's weekly 1874」の画像検索結果   関連画像  「1854, first republican logo」の画像検索結果「1854, first republican logo, thomas Nast」の画像検索結果   
  15「Bayonet Constitution」の画像検索結果「Bayonet Constitution」の画像検索結果     「Bayonet Constitution」の画像検索結果      関連画像「Bayonet Constitution」の画像検索結果  関連画像
  32    関連画像       関連画像「アナタハンの女王事件」の画像検索結果      関連画像「アナタハンの女王事件」の画像検索結果
  45    関連画像
   「piper alpha spiral to disaster」の画像検索結果      関連画像「piper alpha spiral to disaster」の画像検索結果   「piper alpha spiral to disaster」の画像検索結果
(お詫び:編集容量オーバーのため、下段1列の写真を削除しています。上掲リンクをご利用ください)
(1)紀元前371年 - レウクトラの戦いテーバイを中心とするボイオティア同盟軍が、スパルタを中心とするペロポネソス同盟軍を破る。
(2)1189年 - リチャード1世イングランド王に即位。
(3)1221年承久3年6月15日) - 承久の乱が終結。北条泰時・時房の鎌倉幕府軍が後鳥羽上皇方を破って京都を占領して常駐し、後の六波羅探題となる。
(4)1253年 - 初代リトアニアミンダウカスが戴冠。
(5)1312年正和元年6月2日) - 北条宗宣の出家に伴い、北条煕時が鎌倉幕府第12代執権に就任。
(6)1483年 - イングランド王リチャード3世が戴冠。
(7)1535年 - トマス・モア外患罪で処刑される。
(8)1630年 - 三十年戦争: スウェーデンが参戦。
(9)1758年 - フレンチ・インディアン戦争: カリヨンの戦いはじまる。
(10)1758年 - クレメンス13世ローマ教皇に即位。
(11)1790年寛政2年5月24日)- 寛政の改革: 寛政異学の禁がはじまり昌平坂学問所朱子学以外の学問の教授が禁じられる。
(12)1801年 - ナポレオン戦争: アルヘシラス湾の戦い英語版が始まる。
(13)1854年 - ミシガン州ジャクソンで初の共和党大会が開かれる。
(14)1885年 - ルイ・パスツールが、自身が開発した狂犬病ワクチンを初めて人間に接種し、効果が認められる。
(15)1887年 - ハワイ王国国王カラカウアが、アメリカ系移民の蜂起に押され、アメリカ人の権利を大幅に認めハワイ国民の権利を奪う銃剣憲法英語版に署名。
(16)1902年 - 国鉄中央本線笹子トンネルが貫通。
(17)1915年 - 西来庵事件日本統治下台湾・台南庁で抗日武装蜂起。
(18)1917年 - アラブ反乱: ファイサル・イブン・フサイン英軍将校トーマス・エドワード・ロレンス率いるオスマン帝国への反乱軍がアカバを奪取。
(19)1919年 - イギリスの飛行船R34が、世界初の飛行船による、かつ、東から西方向への大西洋横断飛行を達成。
(20)1925年 - 安田善次郎寄付による東京大学安田講堂が完成。
(21)1933年 - メジャーリーグで第1回オールスターゲーム開催。
(22)1939年 - 大日本帝国海軍零式艦上戦闘機(ゼロ戦)の初試験飛行を開始。
(23)1940年 - 社会大衆党が解党し、大政翼賛会に合流。
(24)1942年 - アンネ・フランクの一家が隠れ家に移り住む。
(25)1943年 - 創価教育学会創価学会の前身)の創立者である牧口常三郎戸田城聖治安維持法違反で逮捕される。
(26)1945年 - 第二次世界大戦: ノルウェー日本宣戦布告
(27)1945年 - 第二次世界大戦・日本本土空襲: 千葉空襲
(28)1948年 - 公認会計士法公布。
(29)1949年 - 下山事件。前日から行方不明となっていた国鉄総裁の下山定則が轢死体で発見される。
(30)1950年 - ポーランド東ドイツズゴジェレツ条約を締結。オーデル・ナイセ線を両国の国境として確認しあうも西ドイツは受け入れず。
(31)1950年 - 東京証券取引所の修正平均株価(現:日経平均株価)が史上最安値85.25円を記録。
(32)1951年 - 終戦を知らずにマリアナ諸島アナタハン島で暮らしていた元日本兵19人と女性1人が帰国。(アナタハンの女王事件
(33)1953年 - 日比両政府がフィリピンのモンテンルパ刑務所に収監されていた日本人戦犯106名の減刑・釈放に合意。
(34)1957年 - 東京天王寺五重塔が放火心中により焼失。(谷中五重塔放火心中事件
(35)1957年 - ジョン・レノンポール・マッカートニーが出会う。
(36)1958年 - 初の大相撲名古屋場所開催。(大相撲本場所が6場所制に)
(37)1959年 - 1957年に西ドイツに復帰したザールラント州で、使用される通貨がフランス・フランからドイツ・マルクになる。
(38)1962年 - アメリカ合衆国がセダン核実験を実施。
(39)1964年 - マラウイ共和国イギリスから独立。
(40)1967年 - ビアフラ共和国として一方的にナイジェリア連邦からの独立を宣言した東部州に連邦政府軍が進撃。ビアフラ戦争が勃発。
(41)1972年 - 佐藤榮作内閣が総辞職。
(42)1975年 - コモロ連合フランスから独立。
(43)1986年 - 衆参同日選挙第38回衆院選第14回参院選)。
(44)1988年 - リクルート事件: リクルートコスモス(現:コスモスイニシア)の未公開株の譲渡先が首相の竹下登ら政府・自民党要人に及んでいたことが判明。
(45)1988年 - 北海油田パイパー・アルファで爆発事故。167名の死者を出す惨事となる。
(46)1989年 - 歌手の美空ひばり国民栄誉賞が贈られる。
(47)1989年 - 北海道のクッチャロ湖ラムサール条約の登録湿地に指定される。
(48)1990年 - 神戸高塚高校校門圧死事件
(49)1995年 - 東京地検が東京都内の会社元社長を自社株釣上げ目的で虚偽の情報を流した容疑で逮捕。証取委が「風説の流布」容疑を初適用。
(50)1998年 - 啓徳空港に代わり、新しい香港国際空港が開港。
(51)2005年 - IOC総会で、2012年夏季オリンピックの開催地がロンドンに決定。
(52)2006年 - 1962年中印国境紛争以来閉鎖されていたナトゥラ峠が再び通れるようになる。
(53)2009年 - ヤドランカ・コソルクロアチア初の女性首相に就任。
(54)2013年 - アシアナ航空214便着陸失敗事故。乗員乗客307人のうち3人が死亡、日本人1人を含む182人が病院に運ばれた。(443.42KB)

          Today@VOAから受信した「アメリカ版<きょうのできごと>」  
(注:日米時差1日のため、本欄掲載は前日のものですが、即効性を重んじて日本時間並みに月日で掲載します。なお、同メルマガ受信時間により前日(回)掲載したものをそのまま此処に掲載し、当日受信分の編集が終了し次第に取り替えます。)なお、今からの本編の記録は「アメリカ版「きょうのできごと」日別一覧表」に収録しています。おって、「1日の時差」があることをご留意ください。
                          アメリカ版「きょうのできごと」
                         (1日遅れの時差あり)
           アメリカ版「1995年7月6日(日本時間5日)のできごと」

      today@VOA

                               July 5, 2016

On This Day in American History
On July 5, 1776, the first printed copies of the Declaration of Independence, produced by Philadelphia printer John Dunlap, are distributed throughout the 13 colonies. Dunlap printed approximately 200 copies during that first run. About 26 of those original ‘Dunlap Broadsides’ still exist and are considered some of the most important archaeological artifacts in U.S. history.

  1775年7月34日、フィラデルフィアの印刷士・ジョン・ダンラップが印刷した独立宣言文書が当時の13州に配布された。ダンラップは同文書印刷第一工程で200部印刷した。このオリジナルの「ダンラップ印刷物」の原書は現在でも存在し、合衆国歴史の最も考古学的かつ工芸的価値あるものとされている。(ヨシダ訳)
ヨシダブログ:この記事の出所の一つは、
""When in the Course of Human Events": The First Printing of the Declaration of Independence"(Treasure of The New York Public Library)です。
 正真正銘の印刷第1版の現物そのものは存在しないそうですが、ま、それは印刷工程で出てきた第1発もののことだと思います。何ごとも「初物」が重宝がられるのが世の常。展示されている一連の古文書には寸分も変わらぬ価値ありと思います。
 1993年には「一ヶ月間米国取材旅行」をしたなかで、この由緒あるフィラデルフィア図書館は訪れませんでした。リンカン記念館には長時間滞在しましたが・・・。当時のヨシダは美術鑑賞まで手が回りませんでした。(136KB)
(21-photo-attached file)

      関連画像「copies of the Declaration of Independence」の画像検索結果「copies of the Declaration of Independence」の画像検索結果「copies of the Declaration of Independence」の画像検索結果「copies of the Declaration of Independence」の画像検索結果
      「The New York Public Library」の画像検索結果     「The New York Public Library」の画像検索結果    「The New York Public Library」の画像検索結果    「The New York Public Library」の画像検索結果  「The New York Public Library, independence declaration room」の画像検索結果 
          「copies of the Declaration of Independence」の画像検索結果「copies of the Declaration of Independence」の画像検索結果「copies of the Declaration of Independence」の画像検索結果       関連画像「copies of the Declaration of Independence」の画像検索結果
   「copies of the Declaration of Independence」の画像検索結果「copies of the Declaration of Independence」の画像検索結果「John Dunlap」の画像検索結果「John Dunlap' printing machine」の画像検索結果 「John Dunlap」の画像検索結果「John Dunlap」の画像検索結果

                                              インタネット情報&ヨシダブログ
 上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。
   このコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を
編 集しつつ、ヨシダブログ書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグー グルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、 掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。
ただ今、6417編目です!
 
2016年7月6日(水)掲載分
昨日7月5日最終のトップページ

日別最終トップページ一覧表
編集者のダイアリー・コナー 

 昨深夜にかけて編集したのが「No.6414:英EU離脱で世界の混乱はこれからだDIAMOND Online2016.7.6.(5日付)真壁昭夫 [信州大学教授])」。 本日付で掲載しました★ヒラリー・クリントンさん贔屓のヨシダ。昨夜のCNNテレビでFBI長官が長々と記者会見で弁を振るっていたのがクリントンさん追 訴しないことへの説明。原稿なしで喋る姿をみてカンシン!・・・といったところでした。今朝の日本経済新聞トップに関連記事をみて、あらためてヒラリーさ ん、ヨカッタですね~!がヨシダの気持ちです。くだんの記事は、FBI、クリントン氏訴追求めず 私用メール「極めて軽率」」です。(6:15)
 ふと、目に付くのは「
ハンガリーで国民投票へ EU難民の受け入れ巡り」(朝日新聞メルマガ)。末尾の言葉が気になります。曰く、「EUは、基本条約「リスボン条約」で首脳会議などでの決定について定めており、個別の課題で加盟国が国民投票をしても覆すことはできない。ただ、こうした事例が続けば、難民問題に限らず「加盟国の民意無視」というEU批判の火に油を注ぐのは必至だ」がそれ。「加盟国の民意無視というEU批判の火」にEUの本質やそれらに対する加盟国の不満批判を垣間見ます。(6:35)
 先ほど、「アメリカ版きょうのできごと」の英語版をとりあえずに掲載編集中に、トップサイト下半身が消滅!でも、慌てずに修復しました。ところが、慌てて、「編集中」の記事まで掲載し、そのままにしています。後追いします。(10:55)
 ただ今のトップ面編集使用量は999.54KB!「No.6417:英語を身に付けたいならこの3点を意識せよ ネイティブ思考ができれば苦手を克服できる東洋経済ONLINE2016.7.6.ダン上野Jr. :TOEICマスター/東京SIM外語研究所所長)」で終了!とします。(16:15)



No.6417
英語を身に付けたいならこの3点を意識せよ ネイティブ思考ができれば苦手を克服できる
東洋経済ONLINE2016.7.6.ダン上野Jr. :TOEICマスター/東京SIM外語研究所所長
ヨシダブログ「ネ イティヴ並みの英語を話すのが大事ではない(日本人らしくで良い?)」というコメントをよく耳にします。「ネイティヴ並み」の誤解も否定できません。日本 人には珍しく(?)、いきた、生きた、活きた英語を自負するヨシダの弁はこうです・・・。発音そのものは何もネイティヴ並みでなくってもイイのです。聴い ていて、滑らかにぎこちなく、すらすらと、抑揚良く・・・といった調子の英語をネイティヴ並みと評します。エロキューションと称しますが、純粋の英語(米 語)発音でなくても、訛りの強い英語でありながら、スラスラと淀みなく流暢に話せることをもってネイティヴ並みと評します▼その点、ニッポン人の英語会話 はなんともぎこちなく、流暢さはみられません!トツトツ、日本人特有のシャイな性格や時には誤解を招きかねない「不可解な笑みや態度(お愛想笑や頷き姿) での英語」は日本人独特で、日本人のヨシダでも、恥ずかしくなるような風情とすら酷評します▼・・・と、そういった意味では本記事は大変に参考になります ので、英会話習得にご熱心な方々の必読をお薦めします▼「中見出し」は、■英語ベタの日本人を生む「返り読み」の弊害とは?、■「意味のまとまりごとに理 解する」・・・と続きます。(60.83KB)写真6枚添付ファイル      
    「ネイティブと同じ思考を身に付けましょう」の画像検索結果 「ネイティブと同じ思考を身に付けましょう」の画像検索結果
      「60万人が結果を出したネイティブ思考英語勉強法」の画像検索結果「60万人が結果を出したネイティブ思考英語勉強法」の画像検索結果「60万人が結果を出したネイティブ思考英語勉強法」の画像検索結果
      「ネイティブ思考法」の画像検索結果           関連画像 
No.6416
夕張破綻10年 年収300万円台の市長、次のキャリアは 北海道夕張市長 鈴木直道氏が語る
NIKKEI STYLE 2016.7.16.(2日付)松本千恵 

ヨシダブログ鈴木直道夕張市長」の経歴は魅力的です。と、これは若い時から苦労してきた人間ヨシダの目線でみた印象です。まずは、クリックしてその人物像の一端をご覧くださいませんか!? 「鈴木直道公式ホームページ」 もあります▼このコラムを開設して間もない頃だったと記憶しますが、同市長の記事を編集したことがあります。お元気でますますご活躍の様子に接してご同慶 の至りです▼都庁職員時代は2008年1月、猪瀬直樹東京都副知事(当時)の発案により夕張市に派遣されたとかです▼「中見出し」は、■“人気投票”で決まる、不人気なトップ、■破綻時の小学生は、高校生に、誰がなっても同じではない、■市長の報酬7割カット、■市長になって後悔はない。未来は市民が決める・・・と続きます▼「若い時にゃあ、苦労は買ってでもせよ」はヨシダが自他ともに演じた人生哲学ですが、生活環境さえ許せば、給料の云々抜きで人生にチャレンジする、できるのも幸運デス。(69.95KB)写真19枚添付ファイル      
    関連画像
            「地方版総合戦略 夕張市 」の画像検索結果     「地方版総合戦略 夕張市 」の画像検索結果      「地方版総合戦略 夕張市 」の画像検索結果
       「地方版総合戦略 夕張市 」の画像検索結果「地方版総合戦略 夕張市 」の画像検索結果「地方版総合戦略 夕張市 」の画像検索結果
           「地方版総合戦略 夕張市 」の画像検索結果   「地方版総合戦略 夕張市 」の画像検索結果    関連画像
    「地方版総合戦略 夕張市 」の画像検索結果「地方版総合戦略 夕張市 」の画像検索結果 「地方版総合戦略 夕張市 」の画像検索結果       「地方版総合戦略 夕張市 」の画像検索結果    「地方版総合戦略 夕張市 」の画像検索結果
No.6415
瀕死のイギリス。EUよりも先に「UK連合王国」がバラバラの危機へ
MAG2NEWS2016.7.6.高野孟 
ヨシダブログ:別 段、ヨシダが思っていて共感するからとかでなく、こんな見方も当然出てきて不思議はないと感じます。猫も杓子も「グローバリゼーション」で浮かれてきた半 世紀。ボツボツ、そのネギャティヴな面が台頭しつつある、と言ったら僭越でしょうか?▼「中 見出し」は、■「後悔先に立たず」で混沌の海に溺れる英国──EUよりも先に連合王国が解体の危機へ、■幾重にも錯綜する矛盾、■経済実利だけの英国の姿 勢、■「連合王国」が先に分解、■シティの金融機能も喪失?・・・と続きます▼添付資料は何時もながら、本記事に出てくる言葉をもってグーグル検索して ヒットしたものに過ぎませんので、悪しからず。(143.83KB)写真17枚添付ファイル      
                 「連合王国解体危機」の画像検索結果         「連合王国解体危機」の画像検索結果
                「連合王国解体危機」の画像検索結果   「連合王国解体危機」の画像検索結果
       「fall of british empire」の画像検索結果「fall of british empire」の画像検索結果「fall of british empire」の画像検索結果「fall of british empire」の画像検索結果
       「globalization corrupts」の画像検索結果「高野孟」の画像検索結果「高野孟」の画像検索結果
No.6414
英EU離脱で世界の混乱はこれからだ
DIAMOND Online2016.7.6.(5日付)真壁昭夫 [信州大学教授]
ヨシダブログ「中 見出し」は、■EU離脱の国民投票以降 政治への不透明感が高まる、■世論は大きく揺らぐもの 多数決による国民投票の問題点、■離脱派は虚偽の主張で世 論を煽った!?、■今のところは小康状態の金融市場 今後厳しい状況に直面する英国、■EUの政治不安が日本にも影響 経営戦略の見直しを迫られる企業 も、■中長期的には影響が出かねない世界の安全保障や経済への懸念・・・と続きます▼「質問:英国が今回のEU離脱問題で国民投票をしたのは間違いだった と思う?」に対する回答は、「そう思う64.47%、そうは思わない28.46%、わからなに、その他7.06%」です▼添付資料は本記事からヨシダが受 ける印象に従って選択した画像です。ケッサクなのは、「英国民の多くがEU離脱の決定を後悔し“レグレジット”(Regrexit:後悔とEU離脱をかけた)なる造語までが出ている」という皮肉です。ことほど左様に、この種の国際的組織は 複雑に絡み合っていることですが、得るものあれば、失うものも避けられません。逆に失うものがあっても新たに得るものもある筈です。長年培われた所産ゆえ のこと▼それにしても確実に言えることは「グローバリゼーション」への反動や反省は避けられません。英国のケースが試金石になってほしいものではあります ね。(157.75KB)写真26枚添付ファイル
          「EU離脱の国民投票」の画像検索結果「EU離脱の国民投票」の画像検索結果
        「英独立党のファラージュ党首」の画像検索結果      「英独立党のファラージュ党首」の画像検索結果          「英独立党のファラージュ党首」の画像検索結果 「英独立党のファラージュ党首」の画像検索結果
          「Regrexit」の画像検索結果   「Regrexit」の画像検索結果「Regrexit」の画像検索結果
      「Regrexit」の画像検索結果   
    
        以下、真壁昭夫著書へ 
 昨日5日の記事2編を下記に掲載していましたが、本日6日の第一記事掲載(6:00)をもって消却しました。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分程度を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。 

              「余生」から「与生」へ、さらに「世生」への人生を           
★84歳を過ぎたわが身だけに、こんな偉そうな(?)テーマの考えを披瀝するのは、それなりに、相応しい(?)かつ、資格(?)を持っていると自負してもイイでしょう(笑)。
★ 人生60年時代のこと。50歳そこそこで定年を迎えていた当時では、残りの10年を、永年の夢であった、「定年後は夫婦で世界一周旅行を!」を実現して、 ハイ、サヨナラ・・・ってな生き方が理想的な(?)「余生」の過ごし方であったでしょう。自分中心の残りの人生を過ごすのを「余生を過ごす、生き る・・・」です。
★ところが、人生80年時代ともなれば、そうはいきません。定年が60歳から65歳、さらに70歳になっても、人生80年では残 りの人生は10年から20年とかなりのスパンです。昔の人生60年時代における「現役人生」のなんと、三分の一にも及ぶ長さの「余生」です。20 年間も「余生を楽しむ」という雰囲気や気持ちには到底なれません。趣味や遊びもホン目の仕事を持っているからその余暇を利用して・・・というのが趣味たる 所以。それが本業みたいに、それしかすることがない・・・となると厄介です。さて次は何をしたらイイのだろうか?・・・と、自問自答するケースもあるで しょう。
★手前ミソで恐縮ですが、かくいうヨシダは満60歳を過ぎて、お家の都合(家内側から発したお家騒動)で離婚を余儀なくしました が、定年で年金生活に甘んじられる・・・といった心境には程遠いものがありました。その一方で、正直な話、見ておれ!ってな反骨精神は旺盛でした。定年年 齢だから「ヨシダさんは余生を過ごす身だ」とは見られないというのが当事者のホンネ。意地でも何かをしてみせるってな根性もありました。 
★そ こで、「人生第三毛作」の始まり!とばかりに設立したマヴァリック(一匹狼)の経営コンサルタント会社(資本金1千万円也)がありました。これからがオ レ様の人生の本番だ、とばかりの勢いこみって感じでした。経営コンサルタントはクライアントの経営者のお手伝い。直接の経営コンサルでなくとも、間接的な 分野の出番はいくらでもあるって感じ。ヨシダの場合は職業運転手の教育のお手伝いを主流としたものです。その最たるものが拙著「トラックドライバー帝王学のすすめ」の出版でした。
★ コンサルタント仕事の一環に捉えたのが、厚生労働省所管の資格制度で「健康・生きがいづくりアドバイザ-」というのがありました。早くにその資格を取得し たのですが、概して感じたことは、応募者の殆どが大手企業の管理職経験者の退職者とみました。現役時代には「○○部長・課長」と呼ばれて威張れる立場 (?)にあったセクトの人たちが圧倒的でした。定年後でもセンセイと呼ばれたい、といった自己顕示欲でもそれはあるでしょう。
★そのような 現役時代を卒業した方々は概して定年後でも何かリーダシップを発揮して何かをしたいという願望は大きなものがあります。そこで目につけたのがうな定年後に 何か「公的資格」を取得して何かをすれば自身の達成感に繋がるし・・・といったところ。概してそういった動機がこの資格取得に駆り立てたと分析します。 ま、イイ意味での目立ちたりが屋でもあるでしょう。
★ともあれ、ここにきて言えることは、折角の与えられた生命であり人生。とすれば、死ぬまで何かをして過ごす、過ごしたい・・・と願うのは正常人の願望です。
★若い頃からのヨシダの人生観でしたが、長い人生を「区切り意識」をしながら生きることを常としていました。もっとも、その背景には、「運命に翻弄され る」と言ったらヘンかもしれませんが、自分自身の計画や意図とは別の次元でわが身に迫る変化に対する解釈と対応です。
★ その最たるものが、「人生第一、第二、第三、第四毛作」と位置づけることを意識しています。ことほど左様に、紆余曲折の多い、変動の激しい人生を歩み歩ん できている・・・というのが、ヨシダの偽らない心境です。しかし、こうした人生論はあくまで主観的なものでして、それとは別に人生のあり方に関する考え方 を自覚します。
★すなわちそれは、自分自身のための人生という狭隘な 人生観から脱皮して、ここは一番、「世のため、人のために役立つ生涯を」・・・という欲張り人生観、「死生観」でもあります。そうした願望がヨシダオリジ ナル のキーワードを構築しました。称して、「同じ人生なら、余生を卒業して、世のため人のためになる人生を」⇒「余生から与生、さらには世生を!」と、相成っ た次第です。
★アイディアマンのヨシダが自信をもって言えること。それはその最終章である「与生・世生」の生き方選択肢足り得るのが現在 の「自称:相互信頼精神に基づく運命共同体生活」がそれ。共同生活するフィリピン人2家族(1ダース)をして「貧困から脱却」さしつつ、ヨシダの終の棲家 フィリピン生活を全うすること・・・に尽きます。
★ふと、好奇心旺盛なヨシダ。グーグルで<「余生」から「与生」へ、さらに「世生」への人生を」>をクリックして検索したらビックリ仰天!トップに踊り出たのがヨシダ著「日本人は世界一長寿民族 高齢社会の「生き方文化」を世界へ発信しよう」ではありませんか!? 2009年10月5日著で英語版もクリックすると出てきます。これには当のご本人もビックリ仰天!16年も前のこと。こうしてジャンジャン(?)書くネタをもつヨシダの側面を自身が垣間見る瞬間でもありました。ニ ンマリすることは、自編集のこの素人ウェブサイト編集ではあるものの、「中身」ではゼッタイに負けんぞ~!と自負するヨシダ編集長(!?)。末尾のこの コラムのこのネタは格好の長期間(or常設)のモノにしてもオカシクないぞ~!ってな心境です(笑)。前述したように、本コラムだけで一冊の本足り得る ぞ~!といった心境にご満悦です。
★なお、蛇足の弁になるですが、この思想の延長線上に位置すると自負するのが「自利から他利」の精神です。抜け目なく、それを別項として編集して、この位置の掲載コラムの一つとしています。★もうひとつの「蛇足の弁」ならぬ、「蛇足・でも価値ある漫画言葉」の漫画。曰く、"What would you say if I told you I was going to devote the rest of my life to making you happy?"(ボクの余生はお前さんを幸せにするためだと言ったらどう思うかい?)★これって奇しくも、ヨシダが早くにして到達したホンネそのものって感じです!!!(笑)
   「余生」の画像検索結果 「the peanuts」の画像検索結果「the peanuts」の画像検索結果「the peanuts」の画像検索結果
 (注)最 近の本トップサイトは添付写真が大きくて多いことから、「編集ソフト許容量=1000KB=1MB」の限界線をウロウロしています。従って、本コラムでは その容量大なものは掲載しにくいことを残念に思ってます。その点、このブログ(余生から与生・世生へ)は写真が白黒コミックで編集容量が極めて低く (14.84KB)、ために、「常設」してもシンパイないということです。ヨシダって、ソロバン勘定旺盛(?)でしょう!いやいや、「効率的志向性大の爺 ちゃん」です。なにせ、通算60余年もの経営者人生を送って現在に至るヨシダですので・・・。  
 超縦長のウェ ブサイトをご訪問くださってありがとうございました。「乱文乱筆ならぬミスプリはご容赦のほど」がヨシダのブログ用語です。またのご訪問をよろしくお願い します。ご機嫌よろしゅう!
(1000.21KB) 


                        2016年7月6日(水)
                           ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
     

                             吉田祐起                                                           (満84歳8ヶ月)                                                (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)   
                       yoshida@a-bombsurvivor.com                                                     URL(eng): http://www.a-bombsurvivor.com

           URL(jpn): http://www.a-bombsurvivor.com/index_japanese.html