吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果   「yuuki yoshida」の画像検索結果 http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
      吉田祐起(Yuuki Yoshida) :満84歳9か月 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 

  原爆証言者・吉田祐起の被爆現場証拠写真です。
 「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル別館」の画像検索結果
  2016年2月14日(日)午前3時頃のこと。ふと目覚めて色んなことに想いを巡らすなかで思いついたこと。それは被爆で九死に一生を得たという表現を 辞さない私の生々しい体験の場をこのサイトに再現することでした。ガバッと起きてデスクに向かいグーグルで関連写真を検索しました!ゲットしたのが上掲の 写真です。
 当時の私は学徒動員で広島電鉄本社電気課勤務でした。足が不自由なことからの事務所勤務。他の級友たちは電車・バスの修理工場配属 で した。左端の写真看板は現在の本社別館(右2枚の3階ビル)の前に設置されている半倒壊したビル画面と日英語説明文看板。2番目の白黒写真はその生々しい 倒壊した建物コーナーの写真です!
 朝礼を終えてビッコを引きながら薄暗い廊下伝いに電気課事務所に向かっていた瞬間の「ヒカ!ドン!」でし た。 あっという間に下敷きになりました。数秒の差で倒壊を免れた同課オフィスに辿り着いていたと、今更の如く想起し、感無量です。真っ暗なビルの下敷きで手を 合わせて死を覚悟しました。ふと、頭上にほのかな明かりが眼に入り、無我夢中で瓦礫をよじ登りました。子供心に想起することに倒壊した建物のてっ辺に這い 出た時の印象は「下界を見下ろす」って位置。顔面に吹き出る血をみて、「母ちゃ~ん!血が出ているよう~!」と泣きました。倒壊したあの建物の下敷きのわ が姿を生々しく再現再確認する次第です。
★ところで、ヒバクシャが念願していた米 大統領の被爆市訪問が去る5月27日にオバマ大統領によって実現しました。ヨシダの解釈は「オバマ大統領閣下、良かったですね~!『男の約束』が果たせ て!」のひと言です。これを機に、ヨシダのヒバクシャ証言は「被爆者最後の生き残り」を演じることにします。

              Since 10th March, 2001
 ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手 製のささやかなウェブサイトですが、ボリュームだけは人後に落ちません!本日現在の「データーサイズ(編集容量)」 は実に2,440KBという異例とも自 負する規模です。殆どのインタネット関連企業ですら500KBというなかで、楽天さんのそれはずば抜けて2200KB。ヨシダのそれをオーバーしているヨ シダのデーターサイズです。 単行本に換算したら、ン拾冊相当分だぞ~!ってところです。大量のヨシダ自分史足り得ると自負するウェブサイトです。

                            English               
              2016年7月30日(土)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー

  注: お気付きのように、本サイトにおける編集者のブログは「行換え&一字空け」の通常スタイルでなく、★&▼マークでそれらを代行しています。「縦長 式サイト」で字数が多いために、行換えによる過度のスペース取りを防ぐためです。多くの新聞コラムが採用されているスタイルを真似ましたので、ご理解くだ さい。    

            ウィキペディアから拾った7月30日の「できごと」 
                                July 30 Event(英語版) 
                                   「きょうのできごと」記録集
  このコラムは2014年4月21日開設のものですが、編集の在り方に色々と変化をしてきました。ウィキペディアにある「きょうのできごと」(日本語版)の 全てを一応そのまま転記し、折角ある多くのリンクでも「できごとの内容」が理解できないのが多いことと、加えて「絵物語」的な編集手法で編集者サイドの判 断で当該写真資料等を選択して表示することにしています。その写真資料も可能な限りの大きさを保ち、かつ、1ページの許容編集容量である 1000KB(1MG)を横目に調整しつつの編集です★なお、編集者の立場で痛感することは、そうしたプロセスで当該できごとを通して世界歴史の一端を学 ぶことの魅力を編集者側のメリットと受けとめて精出しています。おって、本コラムの次に控えるのが「today@VOA」でして、「アメリカ版きょうので きごと」といったところ。一層の励みを体感しています。
       4 「Samuel de Champlain」の画像検索結果「Ticonderoga」の画像検索結果「イロコイ連邦」の画像検索結果「イロコイ連邦」の画像検索結果
             「イロコイ連邦」の画像検索結果      「イロコイ連邦」の画像検索結果 「イロコイ連邦」の画像検索結果  「イロコイ連邦」の画像検索結果         「イロコイ連邦」の画像検索結果    

 7
「Miguel Gregorio Antonio Ignacio Hidalgo .」の画像検索結果   関連画像   「Miguel Gregorio Antonio Ignacio Hidalgo .」の画像検索結果   「Miguel Gregorio Antonio Ignacio Hidalgo .」の画像検索結果「Miguel Gregorio Antonio Ignacio Hidalgo .」の画像検索結果
     「Miguel Gregorio Antonio Ignacio Hidalgo .」の画像検索結果「Miguel Gregorio Antonio Ignacio Hidalgo .」の画像検索結果  「Miguel Gregorio Antonio Ignacio Hidalgo .」の画像検索結果   「Miguel Gregorio Antonio Ignacio Hidalgo .」の画像検索結果関連画像「Miguel Gregorio Antonio Ignacio Hidalgo .」の画像検索結果
 10 「日露協約」の画像検索結果    「日露協約」の画像検索結果   「日露協約」の画像検索結果「日露協約」の画像検索結果「日露協約」の画像検索結果
   11「1912年 - 明治天皇が崩御し、大正天皇が践祚。元号を明治から大正に改元。」の画像検索結果   「1912年 - 明治天皇が崩御」の画像検索結果 「1912年 - 明治天皇が崩御」の画像検索結果「1912年 - 明治天皇が崩御」の画像検索結果「明治から大正へ元号」の画像検索結果「明治大正」の画像検索結果
      13「1930 FIFA World Cup」の画像検索結果「1930 FIFA World Cup」の画像検索結果     「1930 FIFA World Cup」の画像検索結果               関連画像 「1930 FIFA World Cup」の画像検索結果
     「1930 FIFA World Cup」の画像検索結果  「1930 FIFA World Cup」の画像検索結果  「1930 FIFA World Cup」の画像検索結果「1930 FIFA World Cup」の画像検索結果「1930 FIFA World Cup」の画像検索結果

(1)762年 - アッバース朝の新都としてバグダッドの街が建設される。
(2)1419年 - 第一次プラハ窓外投擲事件フス戦争の契機となる。
(3)1570年元亀元年6月28日) - 姉川の戦い織田信長徳川家康連合軍が浅井長政朝倉義景連合軍を破る。
(4)1609年 - タイコンデロガ(現在のニューヨーク州)でサミュエル・ド・シャンプランイロコイ連邦の2人の族長を射殺。その後のフランス・イロコイ関係を方向づける。
(5)1629年 - イタリアナポリ地震。1万人が死亡。
(6)1756年 - ロシア皇帝エリザヴェータの命によりバルトロメオ・ラストレッリが建築した現在のエカテリーナ宮殿が完成。
(7)1811年 - メキシコ独立運動の指導者ミゲル・イダルゴがスペインの植民地政府により処刑。
(8)1837年天保8年6月28日) - モリソン号事件。日本人漂流民を乗せて浦賀に来航したアメリカの商船「モリソン号」に浦賀奉行が砲撃。
(9)1864年 - 南北戦争: クレーターの戦い
(10)1907年 - 第一次日露協約調印。
(11)1912年 - 明治天皇が崩御し、大正天皇践祚。同日、元号明治から大正に改元。
(12)1916年 - 米ニュージャージー州ジャージーシティブラック・トム大爆発が起こる。
(13)1930年 - ウルグアイモンテビデオ第1回サッカー・ワールドカップの決勝が行われ、ウルグアイが優勝。
(14)1932年 - 第10回夏季オリンピックロサンゼルスオリンピック大会開催。8月14日まで。
(15)1932年 - 世界初の三色式テクニカラーによるカラー映画で、第1回アカデミー短編アニメ賞を受賞した、ウォルト・ディズニーの短編アニメーション『花と木』が公開。
(16)1935年 - イギリスで、紙装本ペンギン・ブックスシリーズ (en:Penguin Books) の刊行開始。世界的なペーパーバックブームのきっかけとなる。
(17)1938年 - 日ソ国境紛争: 張鼓峰事件が勃発。
(18)1945年 - 第二次世界大戦: 日本の伊号第五八潜水艦が、アメリカの巡洋艦インディアナポリス原爆輸送の帰路)を撃沈。乗員883人が死亡。
(19)1953年 - 力道山日本プロレスの設立を発表するセレモニーを開催。
(20)1954年 - エルヴィス・プレスリーが初めて公の場でパフォーマンス。
(21)1961年 - 東宝の怪獣映画『モスラ』が公開。
(22)1965年 - アメリカの医療保険制度メディケアメディケイドが創設。
(23)1966年 - ウェンブリー・スタジアムで、開催国イングランドドイツを破りサッカー・ワールドカップ優勝。
(24)1969年 - ベトナム戦争: リチャード・ニクソン米大統領が南ベトナムを突然訪問し、グエン・バン・チュー大統領と会談。
(25)1971年 - 岩手県雫石町上空で全日空機と自衛隊機が空中衝突。162人が死亡。(全日空機雫石衝突事故
(26)1971年 - アメリカの有人月宇宙船「アポロ15号」が月面着陸。初めて月面車が使われる。
(27)1974年 - ウォーターゲート事件: リチャード・ニクソン米大統領が、最高裁判所で命じられていたホワイトハウスの録音テープを公表。
(28)1975年 - 全米トラック運転組合元委員長ジミー・ホッファが失踪。マフィアに暗殺されたものとみられる。
(29)1976年 - 日本共産党自由と民主主義の宣言を採択。
(30)1978年 - 730沖縄県自動車が右側通行から日本本土と同じ左側通行に変更。
(31)1980年 - バヌアツイギリスフランス両国の共同統治より独立。
(32)1982年 - 第二次臨時行政調査会国鉄電電専売三公社の分割民営化などの「増税なき財政再建」を答申。
(33)1987年 - 赤道ギニアテオドロ・オビアン・ンゲマ赤道ギニア民主党を結成。
(34)1988年 - 北陸自動車道新潟県-富山県県境区間(朝日IC - 名立谷浜IC)が開通し全線開通(計画路線延伸前の新潟黒埼ICから米原JCT間)。
(35)1991年 - ルチアーノ・パヴァロッティロンドンハイド・パークでフリーコンサートを開催。15万人を動員。
(36)1992年 - トランスワールド航空843便大破事故
(37)1995年 - 八王子スーパー強盗殺人事件。2014年7月現在で犯人逮捕に至っていない。
(38)1996年 - 将棋の羽生善治七冠が棋聖戦で敗れ、七冠独占が167日で途絶える。
(39)1997年 - オーストラリアスレドボ地滑り (en:1997 Thredbo landslide) 発生。18人死亡。
(40)1998年 - 小渕恵三内閣発足。
(41)2002年 - アメリカで上場企業会計改革および投資家保護法(サーベンス・オクスリー法)が成立。
(42)2003年 - 最後の「旧式」フォルクスワーゲン・ビートルメキシコで出荷される。生産数2152万9464台は世界記録。
(43)2004年 - 参議院議員扇千景が女性初の参議院議長に就任。
(44)2006年 - 42年間続いたBBCの音楽番組「トップ・オブ・ザ・ポップス」が最終回を迎える。
(45)2006年 - レバノン侵攻: イスラエルによってカナ空爆が行われる。


             アメリカ版「きょうのできごと」(日本語版)日別一覧表   
            アメリカ版「1995年7月30日(日本時間)のできごと」
                                      (日本時間で一日遅れ)    
  

      today@VOA
                                                               July 29, 2016

On This Day in American History
On July 29, 1958, President Dwight D. Eisenhower authorizes the creation of the National Aeronautics and Space Administration (NASA), the civilian agency that would be responsible for coordinating America’s activities in space and, as the president said, further equip the United States for leadership in the space age.

1958 年7月29日、ドワイト・D・アイゼンハワ大統領は、国家宇宙局(NASA)の創設を正式に認可しました。それは民間組織で米国の宇宙関連活動を実行する 責任を負うもので、大統領が発言するように、宇宙時代における主導権を米国がとることへの備えでした。(ヨシダ訳)
ヨシダブログ:このできごとの情報源を"
1958 NASA established"(HISTORY)"に求めて、一節ごとにその背景を画像で追いました。その結果がご覧のような32枚の写真セットになりました。ハイ、編集者自身にとってもイイ勉強になりました。
 おぼろげですが、認識していた米国のロケット技術の原点はドイツ・ナチスの幹部だった人物ですが、その実像をあらためて垣間見る機会になりました。
(197.3KB)(写真32枚添付ファイル
          「n October 1957, the Soviet Union shocked the world, and particularly the American public, by launching the first satellite into orbit around the earth. Called Sputnik,」の画像検索結果「n October 1957, the Soviet Union shocked the world, and particularly the American public, by launching the first satellite into orbit around the earth. Called Sputnik,」の画像検索結果「n October 1957, the Soviet Union shocked the world, and particularly the American public, by launching the first satellite into orbit around the earth. Called Sputnik,」の画像検索結果「n October 1957, the Soviet Union shocked the world, and particularly the American public, by launching the first satellite into orbit around the earth. Called Sputnik,」の画像検索結果
          関連画像「The Eisenhower administration passed the National Defense Education Act that provided federal funds for improving the teaching of science and mathematics in America’s public schools」の画像検索結果関連画像「Eisenhower administration passed the National Defense Education Act」の画像検索結果 「Eisenhower administration passed the National Defense Education Act」の画像検索結果 「Eisenhower administration passed the National Defense Education Act」の画像検索結果
   「Eisenhower administration passed the National Defense Education Act」の画像検索結果「merica had better luck with Explorer I a month later–the satellite completed its orbit of the earth.」の画像検索結果「e United States was committed to winning the “space race” against the Soviets.」の画像検索結果「Wernher von Braun」の画像検索結果 関連画像
            「Wernher von Braun」の画像検索結果「wernher von braun nazi」の画像検索結果「In December 1957, the United States attempted to launch its own satellite. Named Vanguard, the “spaceship”」の画像検索結果「Explorer I」の画像検索結果「In December 1957, the United States attempted to launch its own satellite. Named Vanguard, the “spaceship”」の画像検索結果
    「Vanguard, the “spaceship” launched」の画像検索結果「In December 1957, the United States attempted to launch its own satellite. Named Vanguard, the “spaceship”」の画像検索結果「The United States Congress 1959」の画像検索結果「The United States Congress 1959 for NASA」の画像検索結果   
         「The United States Congress 1959 for NASA」の画像検索結果    「1959 NASA plan]」の画像検索結果関連画像「NASA became synonymous with the space race」の画像検索結果
   「first step on earth by armstrong」の画像検索結果「Neil Armstrong stepped out of the lunar module Eagle and onto the moon’s surface on July 20, 1969.」の画像検索結果           「first step on earth by armstrong」の画像検索結果「Neil Armstrong stepped out of the lunar module Eagle and onto the moon’s surface on July 20, 1969.」の画像検索結果

                                  インタネット情報&ヨシダブログ
 上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。
   このコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を
編 集しつつ、ヨシダブログ書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグー グルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、 掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。

ただ今、6458編目です! 
2016年7月30日(土)掲載分
昨日7月29日最終のトップページ

日別最終トップページ一覧表
編集者のダイアリー・コナー 

 本日の取材記事は米大統領選挙候補者の人物評。「叩けばホコリ」は洋の東西を問わぬもの。その中での選択肢しかあり得ません。とすれば・・・ですよね。関連2記事は「No.6457:米大統領選、「協調」と「排他」激突   クリントン氏対トランプ氏 日本経済新聞2016.7.30.フィラデルフィア=吉野直也、河浪武史)」、「No.6458:米大統領選は嫌われ者同士の「史上最低の戦い」DIAMOND Online2016.7.30.降旗 学 [ノンフィクションライター] )」です。(16:30)
  先ほど「today@VOA」の29日版(日本時間30日)が入信。担当者が替わったとみます。発信時間が以前は早朝。現在は夕刻といった差異。そのほう が当方は都合がイイと受けとめます。その分、本作業を先行できるからです。何ごとも前向きに、デス★といったところから、本日の本作業(記事取材掲載)は この程度でピリオッドして、「today@VOA」編集に精出します。同メールは週休二日制。明日からの2日間は同編集から開放されてイイ按配とは、ヨシ ダのポジティヴ思考性です。
(17:10)



No.6458
米大統領選は嫌われ者同士の「史上最低の戦い」
DIAMOND Online2016.7.30.降旗 学 [ノンフィクションライター]
ヨシダブログ:こ の記事を読んで些か、ウンザリって印象を受けます。政治家にはお金(政治資金)はつきもの。政治家を狙うセクトの人たちはそれを承知のチャレンジ。とすれ ば、地位を利用してお金儲けを狙うのは洋の東西、古今を問いません。身辺一滴も曇りのない人物は能力手腕もほどほどってコトかもしれません(笑)▼・・・ と、こ れ以上のブログをする気になりません。でも、恥部はどちらにもあるとすれば、それらを承知した上の選択肢しか残りません。ハイ、ヨシダは二者択一とすれ ばクリントンさんしか考えられません▼ 記事中の筆者の弁「評論家たちの予想に反し、言いたい放題のトランプ氏が失速しなかったのは、オバマ政権への失望とヒラリー氏への嫌悪が背景にあったから だろう」でヨシダが感じることは逆でして、その分、アメリカ人大衆の質が低下していると観ます。低所得者層や移民市民等がそのセクトとヨシダは想像しま す。何とかして欲しい!という欲望のはけ口とみます▼ちょっと、意外な感じがすることは、「日本人にとって次の大統領はどちらがいいと思う?」に対する回 答です。「トランプ氏60.77%」に意外感を抱 くヨシダです。7年も母国から離れたそれは二度と母国の地は踏まない、とするヨシダの時代感覚のズレでしょうか?▼何時ものことですが、添付した写真資料 は編集者の思いつきで本記事登場人物の一部に過ぎませんので悪しからず。写真14枚添付ファイル
              「『CSIS』John Hamre」の画像検索結果「『CSIS』のジョン・ハムレ所長」の画像検索結果「『CSIS』のジョン・ハムレ所長」の画像検索結果
       「John Hamre, pentagon」の画像検索結果「『CSIS』John Hamre」の画像検索結果   「『CSIS』John Hamre」の画像検索結果
      「『CSIS』のジョン・ハムレ所長」の画像検索結果「『CSIS』のジョン・ハムレ所長」の画像検索結果「『CSIS』のジョン・ハムレ所長」の画像検索結果
      「『残酷な楽園』(小学館)、」の画像検索結果「『残酷な楽園』(小学館)、」の画像検索結果「『敵手』(講談社)」の画像検索結果「『世界は仕事で満ちている』(」の画像検索結果
No.6457
米大統領選、「協調」と「排他」激突   クリントン氏対トランプ氏
日本経済新聞2016.7.30.
フィラデルフィア=吉野直也、河浪武史
ヨシダブログ:
本記時筆者お二人の吉野直也、河浪武史ご両氏は現地駐在の方々だけに、鋭い見解です▼当 初から、テレビ画面で初めて見たトランプ氏の人相から、話しぶりとその内容から、ヨシダが一刀両断で同氏を評してひとり言で呟いたことは、「こんな人物が もし、万が一にでも大統領に選ばれたら、その意味することはアメリカ人(投票者)そのものの品質が地に落ちた証拠だ!」とまで・・・▼日々その想いを募ら せているヨシダですが、信じられないほどの人気上昇ムード。共和党全国大会の熱狂振りを観て「異様!」と感じました!▼片や民主党の全国大会の模様を横 目にして痛感したことをこの際、此処にブログします。共和党の熱狂振りは「作り出された、演出された、指揮者に従っての熱狂振り演出」と断じますが、民主 党の熱狂振りは共和党のそれとは一線を画していることを痛感しました。ひと口にその具体的な相違を表現すれば、前者は指揮者のタクトに従って拍手や声援。 後者は「じっくりと聴いて納得して熱狂」といったところ。心暖まる光景が随所に観られたこと等をもってのかかる両者の相違点です▼野党が先行する全国大会 で言いたい放題をプレゼンして、今後はライバルの全国大会を評してのトランプ氏の弁は全くイタダケマセン!▼ロシアにヒラリーさんのメールをハックしろと か、なんとやら・・・?国益云々はトランプ氏の理念にはないようです。我田引水とはこのことです▼ともあれ、そんな発言をするに至っては、ドダイ、選挙ラ イバルの云々を超え