吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果    「yuuki yoshida」の画像検索結果  http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
         吉田祐起のプロフィール  (満84歳3か月) 
   "生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 


 この国フィリピンを終の棲家と定めて住み着いたのは2009年2月1日でした。

 数年間の自立単身生活を経て、ある縁を得て、現在ではフィリピン家族と共同生活を送っています。題して「相互扶助精神に基づ く運命共同体生活」がそれです。ヨシダの終生面倒見をかれらにしてもらうかわりに、皆さんには貧困から脱却してもらってお互いに幸せになりましょうという相互扶助の共同生活です。 

 ・・・ と、こんな生活設計を描いて現在に至るヨシダですが、ヨシダの義務は長生きすることにあると自覚しています。そのためには満40歳からある動機を得て始め て現在に至る自己流のストレッチング体操に一層の磨きをかけるなど、加えて長年に及ぶステッキ使用で肩にかかった重荷による肩こり解消に集中努力をして通 算8年。お陰で99.9%の達成振りです。でも、ちょっと真似のできない自助努力と自負します。

 肝心のボケ防止のための独特の手法を編み出したのが2012年3月のこと。題して「インタネット情報&ヨシダブログ」がそれです。詳細はクリックしてご覧くださいませんか?「こんなことをしているなんて、カッコいいボケ防止!」と自我自賛しています(笑)。

              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手製のささやかなウェブサイトですが、ご覧ください。なお、ご意見やお気づきの点は遠慮なく下記にご一報くだされば嬉しい限りです。
yoshida@a-bombsurvivor.com                                                                         English               
            2016年1月29日(金)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2008.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
 

       ヒロシマ・ヒバクシャのヨシダが発信する「オバマ米大統領の被爆市訪問」のこと
  フィリピンに来て間もない頃は2009年11月10日のこと。シンガポールで開催の APEC会議出席の前に東京に立ち寄られたオバマ大統領がNHK WORLDの記者の質問(今回の日本立ち寄りを機に、被爆市訪問の意図がありますか?) 対して答えられた言葉が鮮明です。"The schedules are too tight this time. However, I would like to have an honor of visiting some day during my Presidency."(今回はスケジュールが一杯でできないが、任期中の何時か訪問の栄に浴したい・・・)。その出来事を踏まえて即座に書いたのが、拙著オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします!」 (2009年11月10日記)です。クリックしてご覧ください。ヨシダはその後、その適切な訪問時期は、区切りイイ年次の「2010年ー65周年」として 公開書簡まで発表したものでした。しかし、それが実現しなかったことは、現在にして思うに、「2015年ー70周年」こそがベストな年次と提唱するに至り ました。
 ところが、8月に入ってもその気配は皆無。「2015年-70周年」に拘っていたヨシダは絶望と思いつめていたものの、考えてみれば 同大統領の任期は 2017年1月20日東部時間正午まで。とすれば、区切りは良いとは言えない「2016年ー71周年」になるのが精一杯。まいっか・・・と勝手に思ってい るところです。大統領任期中の「レガシー(遺産)づくり」としても、男の約束においても実現されるのがご本人のためだとさえ思うのがヨシダです。

 おって、ヒバクシャとして被害意識を強くする中で、オバマ米大統領が2011年の9.11の8周年記念式典(ペンタゴン)て遺族たちを前にスピーチした言葉の一節を下記に掲載します。「被害意識」が先行するヒバクシャのわれわれが共有すべき貴重な言葉と受けとめます。なお、この崇高なる大統領の言葉は"Ceremonies Mark 8th Anniversary of September 11 Terrorist Attacks"の中ほどに小さく載っていたもので、目立たないものです。中見出し付きもしくは、太文字表示されるべき価値あるものと考えます。
"Let us renew the true spirit of that day. Not the human capacity for evil but the human capacity for good - not the desire to destroy but the impulse to save and to serve and to build," あの日の真実の心を新たにしましょう。 悪に対する人類の能力としてでなく、善に対する人類の能力としてです。-破壊することへの欲望でなく、守り、奉仕し、建設するための推進力としてです。(オバマ米国大統領・翻訳;吉田祐起) 
            「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果         「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果
   (注:このトップコメントは2016年8月6日まで掲載します。しぶといでしょう、ヨシダは・・・笑)

                
                  ウィキペディアから拾った1月29日の「できごと」 
                            January 29, Events(英語版)                                                                    「きょうのできごと」記録集
(To the English language visitors: Sorry, this column is for the Japanese edition. However, you could see so many English written Events in red characters among the Japanese lines, which are the ones never shown in Japanese edition. This means that Japanese edition is not as world-wide as the original English Google edition.) 
  こ のコラム編集なかんずく、当該写真の選択はご覧くださる方々のご関心をヴィジュアルな面で提供することを目的としています。ところが、写真を多く添付する と「1ページ当たりの編集許容量」が「1MB=1000KB」という制約から枚数を制限せざるを得ないものがあり、編集者の立場でこれは、と思うできごと に限った当該写真の添付ということにしています。★なおまた、「ウィキペディアのできごと」は英語版が本流でして、日本語版はその翻訳的な一面が 否 定できません。日本語版から入ると「できごとの」の主人公すら掴めない場合さえあることを最近痛感することが少なくありません。「主語抜き」という日本語 特有の落とし穴です。ヨシダの手法は、その「できごと」の主人公もしくは主体をヨシダ流に英語でインプットしてキャッチするケースが少なくありません。そ んなことから、案外と多くの時間を 費やしているのがこの編集作業です。もっとも、その過程で学び体験を得るのは他ならぬ、編集者のヨシダではあるのですが・・・★なお、英語版の掲載は本家 米国が主体性であるにかんがみ、世界的視野からの「できごと」を知る意味で日本語版との重複は無論、除外してそのまま掲載しております。同英語版のリンク をクリックすると日本語版には見られない内容豊かなコンテンツが目に付きます。

5「henry clay compromise of 1850 speech」の画像検索結果      関連画像「henry clay compromise of 1850 speech」の画像検索結果「henry clay compromise of 1850 speech」の画像検索結果   「Compromise of 1850」の画像検索結果       「Compromise of 1850」の画像検索結果     
  「henry clay」の画像検索結果「henry clay」の画像検索結果「henry clay and lincoln」の画像検索結果「henry clay」の画像検索結果「henry clay」の画像検索結果

10        「1886, benz」の画像検索結果    関連画像  「1886年 - カール・ベンツが世界初となるガソリン自動車「ベンツ・パテント・モーターカー」(3輪) の特許」の画像検索結果          関連画像   「1886, benz」の画像検索結果
   「Zeppelin bombing paris」の画像検索結果 「Zeppelin bombing paris」の画像検索結果「Zeppelin bombing paris」の画像検索結果              「Zeppelin bombing paris」の画像検索結果        「Zeppelin bombing paris」の画像検索結果「Zeppelin bombing paris」の画像検索結果
15「Cooperstown opened, 1936」の画像検索結果「Cooperstown opened, 1936」の画像検索結果 関連画像「Cooperstown opened, 1936」の画像検索結果「Cooperstown opened, 1936」の画像検索結果「Cooperstown opened, 1936」の画像検索結果
  25「Brenda Ann Spencer」の画像検索結果「Brenda Ann Spencer」の画像検索結果「Brenda Ann Spencer」の画像検索結果「Brenda Ann Spencer」の画像検索結果 「kids killed by Brenda Ann Spencer」の画像検索結果
                       36「ウィリアム・マッキンリー、」の画像検索結果 「アントン・チェーホフ」の画像検索結果 「ロマン・ロラン」の画像検索結果「マキノ智子、」の画像検索結果 「大賀典雄」の画像検索結果 「本間千代子」の画像検索結果 「毛利衛」の画像検索結果   「テレサ・テン」の画像検索結果    
661 – The Rashidun Caliphate ends with the death of Ali.
757An Lushan, leader of a revolt against the Tang dynasty and emperor of Yan, is murdered by his own son, An Qingxu.
(1)904年 - 対立教皇クリストフォルスが退位し、セルギウス3世がローマ教皇に就任。
1258First Mongol invasion of Đại Việt: Đại Việt defeats the Mongols at the battle of Đông Bộ Đầu, forcing the Mongols to withdraw from the country.
(2)1598年慶長2年12月22日) - 慶長の役蔚山城の戦い(一次)始まる。
(3)1676年(ユリウス暦1月19日) - フョードル3世モスクワ・ロシアツァーリに即位。
1814War of the Sixth Coalition: France defeats Russia and Prussia in the Battle of Brienne.
1819Stamford Raffles lands on the island of Singapore.
1834 – US President Andrew Jackson orders first use of federal soldiers to suppress a labor dispute.
(4)1845年 - エドガー・アラン・ポーが物語詩『大鴉』を発表。
(5)1850年 - 米上院議員ヘンリー・クレイ1850年協定を策定。
(6)1856年 - イギリス女王ヴィクトリアヴィクトリア十字章を創設。
(7)1861年 - カンザス準州が州に昇格して、アメリカ合衆国34番目の州・カンザス州となる。
(8)1863年 - 南北戦争太平洋岸戦線: ベア川の虐殺が起こる。
(9)1879年 - 日本が国際電信連合(現 国際電気通信連合)に加盟。
(10)1886年 - カール・ベンツが世界初となるガソリン自動車「ベンツ・パテント・モーターカー」(3輪) の特許を取得。
(11)1891年 - リリウオカラニハワイ王国女王に即位。
(12)1900年 - 大リーグアメリカン・リーグフィラデルフィアで設立総会。大リーグが2リーグ制に。
1907Charles Curtis of Kansas becomes the first Native American U.S. Senator.
(13)1916年 - 第一次世界大戦: パリがドイツ軍の飛行船ツェッペリンにより初めて空襲を受ける。
1918Ukrainian–Soviet War: The Bolshevik Red Army, on its way to besiege Kiev, is met by a small group of military students at the Battle of Kruty.
・1918 – Ukrainian–Soviet War: An
armed uprising organized by the Bolsheviks in anticipation of the encroaching Red Army begins at the Kiev Arsenal, which will be put down six days later.(14)1934年 - 官営八幡製鉄所と民間の製鉄5事業者が合併して、半官半民の日本製鐵を設立。
(15)1936年 - アメリカニューヨーク州クーパーズタウンに「野球殿堂」を開設。ベーブ・ルースら5人が殿堂入り。
(16)1940年 - 西成線列車脱線火災事故

1941Alexandros Koryzis becomes Prime Minister of Greece upon the sudden death of his predecessor, dictator Ioannis Metaxas.
(17)1943年 - 第二次世界大戦ソロモン諸島の戦い: レンネル島沖海戦が始まる。
(18)1944年 - 『中央公論』『改造』の編集者が検挙される。(横浜事件の発端)
1944World War II: Approximately 38 people are killed and about a dozen injured when the Polish village of Koniuchy (present-day Kaniūkai, Lithuania) is attacked by Soviet partisan units.
・1944 – In
Bologna, Italy, the Anatomical theatre of the Archiginnasio is destroyed in an air-raid.
(19)1946年 - GHQ琉球列島小笠原諸島などに対する日本の行政権を停止。
1948 – The Pakistan Socialist Party is founded in Karachi.
(20)1957年 - 日本の第一次南極予備観測隊南極オングル島に上陸。昭和基地と命名。
(21)1960年 - アラビア石油クウェート沖のカフジ油田を掘り当てる。(戦後初の海外における油田開発)
1963 – The first inductees into the Pro Football Hall of Fame are announced.
(22)1964年 - 第9回冬季オリンピックインスブルック大会開催。2月9日まで。
(23)1967年 - 第31回衆議院議員総選挙
1967 – The "ultimate high" of the hippie era, the Mantra-Rock Dance, takes place in San Francisco and features Janis Joplin, Grateful Dead, and Allen Ginsberg.
(24)1968年 - 東京大学医学部自治会インターン制度の運用と医師法改正をめぐって無期限スト開始。(東大紛争の発端)
(25)1979年 - カリフォルニア州サンディエゴの小学校で16歳のブレンダ・アン・スペンサーが銃を乱射。2人死亡。
(26)1989年 - ハンガリー東側諸国では初めて韓国と国交を樹立。
1991Gulf War: The Battle of Khafji, the first major ground engagement of the war, as well as its deadliest, begins.
(27)1994年 - 小選挙区比例代表並立制導入などの政治改革四法が成立。
(28)1996年 - フランス大統領ジャック・シラクフランスの核実験の無期限中止を発表。
・1996 – La Fenice, Venice's opera house, is destroyed by fire.
1998 – In Birmingham, Alabama, a bomb explodes at an abortion clinic, killing one and severely wounding another. Serial bomber Eric Robert Rudolph is suspected as the culprit.
(29)1999年 - 島根県浜田市を皮切りに地域振興券の交付を開始。
2001 – Thousands of student protesters in Indonesia storm parliament and demand that President Abdurrahman Wahid resign due to alleged involvement in corruption scandals.
(30)2002年 - アメリカ合衆国大統領ジョージ・ウォーカー・ブッシュ一般教書演説北朝鮮イラクイランを「悪の枢軸」と名指し発言。
(31)2003年 - 2場所連続優勝した大関・朝青龍がモンゴル人では初、外国人では3人目となる横綱に昇進。
(32)2005年 - 名鉄空港線の一般旅客向け営業開始に伴い、名鉄で戦後初の大規模な白紙ダイヤ改正
2005 – The first direct commercial flights from mainland China (from Guangzhou) to Taiwan since 1949 arrived in Taipei. Shortly afterwards, a China Airlines flight lands in Beijing.
2006 – India's Irfan Pathan became the first bowler to take a Test cricket hat-trick in the opening over of a match.
(33)2007年 - 福岡県みやま市が市制施行。
2009 – The Supreme Constitutional Court of Egypt rules that people who do not adhere to one of the three government-recognised religions, while not allowed to list any belief outside of those three, are still eligible to receive government identity documents.
・2009 –
Governor of Illinois Rod Blagojevich is removed from office following his conviction of several corruption charges, including the alleged solicitation of personal benefit in exchange for an appointment to the United States Senate as a replacement for then-U.S. president-elect Barack Obama.
(34)2011年 - AFCアジアカップ2011日本オーストラリアを、延長戦の末1-0で下し、2大会ぶり4回目の優勝。
2013SCAT Airlines Flight 760 crashes near the Kazakh city of Almaty, killing 21 people.
・2013 – A gunman kills a school bus driver and holds a 6-year-old boy hostage in an underground bunker in Midland City, Alabama.

(35)2014年 - 日本の理化学研究所など日米共同研究チームは、新たな万能細胞である刺激惹起性多能性獲得細胞(STAP細胞)の生成に成功したと発表。
2015Malaysia has officially declared the disappearance of missing Malaysia Airlines flight MH370 an accident and its passengers and crew presumed dead.
(36)ヨシダが選んだ著名人の誕生日;ウィリアム・マッキンリー(1843)、アントン・チェーホフ(1860)、ロマン・ロラン(1866)、マキノ智子(1907)、大賀典雄 (1930)、本間千代子(1945)、毛利衛(1948)、テレサ・テン(1953)

                          インタネット情報&ヨシダブログ
 上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。
   このコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を
編 集しつつ、ヨシダブログ書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグー グルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、 掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。 
ただ今、 
6059編です。
 

2016年1月29日(金)掲載分
昨日1月28日最終のトップページ
編集者のダイアリー・コナー

 「1月29日のできごと」でヨシダが特に関心を強くするのは、「
(10)1886年 - カール・ベンツが世界初となるガソリン自動車「ベンツ・パテント・モーターカー」(3輪) の特許を取得」です★好奇心の旺盛なヨシダがトライしたことは、同時代の日本の交通事情。馬と駕籠が主流だったと想像しながらグーグルしてヒットしたのが下の写真。曰 く、「出羽式乗合自動車」。別のサイト曰く、「もっぱら馬と駕籠(かご)。明治になると人力車や乗合馬車が出現し、さらには鉄道が登場します。自動車が日 本に持ち込まれたのは明治31年(12年後の1898年)のことで、東京周辺の都市部にわずか数台があったのみ。一般 の人には見たこともない代物だったようです」と。                                             「1886年の日本」の画像検索結果 「1886年の日本」の画像検索結果 
 地元フィリピンの邦字新聞「日刊まにら新聞」さんに敬意を表しつつの両陛下フィリピンご訪問関連記事第3編は「No.6056:両陛下来比 比残留日本人約80人と交流し「誇らしく思います」と苦労をねぎらう日刊まにら新聞2016.1.29.鈴木貫太郎(本記事は有料のためリンクは当日限りです))」です。お姿を遠くからでも拝ましていただきたいけど出来ない身ゆえの最大限のヨシダの表現です。(9:30)
 肩のこらない記事を編集しながら、それでも全てをプラス思考で処してきているヨシダの実績の証の一つとして編集しました。「No.6057:「入浴事故にご注意」紀伊民報「水鉄砲」2016.1.29.石)」がそれですが、母国の今の気候ゆえにご注意ください。ユーモア精神発揮(?)して添付画像はマンガチックなものを選びました★同ヨシダブログにもブログしていますが、数日前からの両膝屈伸運動4百回を数えつつから、同時間相当を要する「5編の英語詩文等の朗誦」にシフトしています。単純な数数えより充実感はバツグンです。(10:55)
  先ほど半時間余の昼寝を気持ちよくしました。なにせ、深夜でもフロアに移動して目を瞑ったままのストレッチングに身をゆだねるのが常の身。自由奔放 (?)って感じさえするご身分のわが身を振り返りつつ感謝の念を強くします。今朝の「車いすでの両膝屈伸運動」は4百回の数数えでなく、「英詩文5編の朗 誦」で一層の充実感を抱くに至っていることは喜びです★フィリピンご滞在の両陛下とご一緒した気分で編集した記事は、「No.6058両陛下、日本人戦没者を慰霊 フィリピン・カリラヤ日本経済新聞2016.1.29.ラグナ州カリラヤ=朝倉侑平)」です。(14:25)

 時間が許せば直ぐに手を付けるのが「きょうのできごと」編集。「1月31日のできごと」を仕上げて、久々に2日分の貯金をしてリッチな気分。ボツボツ、本日のウェブサイトへのブログをこの辺りでジ・エンドにして早めの日付変更でもしょうかな・・・って気分です。(19:10) 
 際どい日銀政策会議の決定内容(5対4)の直後の記事です。「No.6059:「円高圧力を消せ」 日銀、マイナス金利決定の内幕日本経済新聞2016.1.29.編集委員 清水功哉)」の編集は深夜直前に及びました。(23:45)


 昨29日の記事4編を下記に掲載していますが、本日30日の第一記事掲載( : )をもって消却します。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分程度を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。 
No.6059
「円高圧力を消せ」 日銀、マイナス金利決定の内幕

日本経済新聞2016.1.29.編集委員 清水功哉

ヨシダブログ:本記事に先立って発表された日銀政策決定会議で賛成5対反対4の際どい決定内容。反対委員は白井さゆり審議委員、佐藤健裕審議委員、木内登英審議委員、石田浩二審議委員の4人▼「中見出し」は、■このままでは「物価の基調」も頭打ち、■脱デフレの2条件が崩れるリスク、■「円の資産化が進行」の情報、■「円の資産化が進行」の情報・・・と続きます。写真12枚添付ファイル
  「日銀政策委員会」の画像検索結果  「日銀政策委員会」の画像検索結果「日銀政策委員会」の画像検索結果
黒田東彦岩田規久男中曽宏原田泰白井さゆり森本宜久石田浩二佐藤健裕木内登英(敬称略)
  黒田東彦  岩田規久男  中曽宏   原田泰   白井さゆり   森本宜久   石田浩二    佐藤健裕    木内登英
No.6058
両陛下、日本人戦没者を慰霊 フィリピン・カリラヤ
日本経済新聞2016.1.29.ラグナ州カリラヤ=朝倉侑平
ヨシダブログ:恐れ多いことですが、両陛下にお供してヨシダが住むラグナ州のカリラヤにある日本の戦没者慰霊碑に参拝した気分を味わいます。同慰霊碑は「日本人庭園(Japanese Garden)」 の中にあります。来比した年に同園で行われた恒例(8月15日)の慰霊祭に単身でクルマを駆って2度ほど訪れました。慰霊祭の数日前に「下調べドライブ」 をしました。同じ州にあっても、かなり遠くに感じました。両陛下はヘリコプターで行かれたことを知り、さもありなむ、と思います▼下調べに行った時の想い 出をひとつ。当時、訪問者はヨシダ一人。フィリピン人男性の制服に身を固めたガードマンと庭園整備中の庭師さんたち5,6名に囲まれて碑の前にある建物の 中で話し込みました。なぜフィリピンを終の棲家としたのかとか、原爆被爆体験等々。興味深そうに聴き入るかれらの姿が印象的でした。庭園内をみて回る時に ガードマンさんが連れていってくれたのが小高い土手の上。添付写真の一つに土手の上に立つ人とオーバーラップします。見下ろすと広大に広がるのが「人口湖 のカリラヤ湖」。当時のマルコス大統領が水力発電ダムとして造ったこと等を知らされました。逆にその土手の上から庭園を見下ろす風情もステキでした。詳細 は、「戦没者慰霊事業:比島戦没者の碑」 をご覧ください▼クルマから離れて補そう具も外して、オフィス居間に閉じこもりの生活ですが、全く閉塞感とか、欲求不満とかいったものとは無縁もイイとこ ろ。なにせ、84年間なかんずく、60数年間の経営者人生を全うした身。思い残すことなんて皆無!こんな形で世界の情報に接しつつヨシダブログができるこ との幸せ感を満喫できることは感謝の極みです。写真16枚添付ファイル
   「ラグナ州カリラヤにある日本の戦没者慰霊碑」の画像検索結果 「ラグナ州カリラヤにある日本の戦没者慰霊碑」の画像検索結果    関連画像「ラグナ州カリラヤにある日本の戦没者慰霊碑」の画像検索結果「ラグナ州カリラヤにある日本の戦没者慰霊碑」の画像検索結果
  「ラグナ州カリラヤ日本の戦没者慰霊碑への地図」の画像検索結果「ラグナ州カリラヤにある日本の戦没者慰霊碑」の画像検索結果「ラグナ州カリラヤにある日本の戦没者慰霊碑」の画像検索結果    「ラグナ州カリラヤにある日本の戦没者慰霊碑」の画像検索結果「カリラヤ湖」の画像検索結果「カリラヤ湖」の画像検索結果
  「ラグナ州カリラヤ地図」の画像検索結果「ラグナ州カリラヤ地図」の画像検索結果「ラグナ州カリラヤ地図」の画像検索結果「ラグナ州カリラヤ地図」の画像検索結果「ラグナ州カリラヤ地図」の画像検索結果
No.6057
「入浴事故にご注意」
紀伊民報「水鉄砲」2016.1.29.石

ヨシダブログ:本記事に接して即座に想い出すのがフィリピンに移住して間もない頃のこと。長文の記事ですが、ご覧あそばせ!と自信をもってお勧めします。ほかでもありません、本稿はある大きな規模のメルマガにそっくりと起用された経緯があるからです。頂門の一針」(購読者数・5千数百名)がそれでして、題して、「年間1万4千人が入浴中に死亡(日本) 世界でトップ! ああ、ヨカッタ 生活パターン変革で!」 (2010年2月20日)がそれです▼バスタブに身を沈めて汗を出しながら口ずさんだのが英語詩文等5編・8分間の朗誦。その間に汗を流すのが目的でしたが、常夏の国に移住してからはシャワーだけの生活。自然にリスクから脱した感じで満足です(笑)▼ちなみに、その「英語朗誦」 ですが、現在では車いすで立ってする両膝屈伸運動の有効利用にしています。数を4百(回)数える代わりに、その相当時間8分間でくだんの英語詩文等の朗誦 に換えていることです。経営者生活を貫いたヨシダが本分とするのが「時間の有効活用&動機付け」。この高齢でこんな調子の生き方処方線はその経営者人生の 延長線上です。写真4枚添付ファイル
      「入浴中の事故」の画像検索結果 「入浴中の事故」の画像検索結果  「入浴中の事故」の画像検索結果「入浴中の事故」の画像検索結果
No.6056
両陛下来比 比残留日本人約80人と交流し「誇らしく思います」と苦労をねぎらう
日刊まにら新聞2016.1.29.鈴木貫太郎(本記事は有料のためリンクは当日限りです)
ヨシダブログ:例により、地元邦字新聞「日刊まにら新聞」さんに敬意を表して本記事に登場するご人物や光景を可能な限り正確に、かつ多くの当該写真を検索して添付しました。両陛下のお姿を遠くからでも拝みたいけどできない、それはヨシダの精一杯の表現です▼地元フィリピンと言えば、英字新聞「Manila Bulletin」の「Emperor Akihito cites Rizal’s role in fostering PH-Japan tiesをご参考に供します。(写真9枚添付ファイル
 「フィリピンのソフィテルホテル」の画像検索結果「両陛下フィリピン滞在ホテル」の画像検索結果関連画像   「 天皇、皇后両陛下滞在先のホテルで日系2世約80人と懇談」の画像検索結果 
       「両陛下フィリピン滞在ホテル」の画像検索結果  「 天皇、皇后両陛下滞在先のホテルで日系2世約80人と懇談」の画像検索結果  「 天皇、皇后両陛下滞在先のホテルで日系2世約80人と懇談」の画像検索結果     関連画像   「田中愛子さん(85)」の画像検索結果
 昨日28日の記事2編を下記に掲載していましたが、本日29日の第一記事掲載(9:20)をもって消却しました。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分程度を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。 

                  「末尾の特別情報お知らせコーナー」
  以下のコラムは日々の執筆生活の中で、これはと思いついたことをタイトルを付して書き留めたものです。ウェブサイトトップ面の末尾の箇所に掲載するもので して、時おり変更しています。数多いヨシダブログですが、まとまった所信の一端といった感じで位置づけています。なお、上掲のリンクをクリックすると、そ の下書き的なテーマや内容の一端が垣間見られます。


     毎月の28日はヨシダにとって意義深くしているもの その理由(わけ)は!?
                      (本欄は今月末まで掲載します。)
 プライベートなことでかつ、単純で大人気ない(?)とも思えるようなことをヨシダは執拗に意識して現在に至ります。ほかでもありません、「28日」という日は吉田祐起の誕生日のそれに当たることから、この日を中心にわが人生の歩みが刻まれている、という自覚や認識です。
 つまり、年に12回の誕生日を意識して「満83歳○ヶ月」とウェブサイトにも掲載し、自身もそれを意識して送っているのです。あと、何日で28日・・・といった具合にです。これって、ちょっと、ユニークはモノの考え方だと自負します。
  時が経つことで、洋の東西を問わず、意味深長なのが「光陰矢の如し」という言葉。英語でも"Time flies like an arrow" と人々は口にします。矢の如く時が去った、と感じることは、その分、人生を短く送っていることを意味するのであって、まさか、時が早く去って歳をとったか ら ヨカッタとは誰も思わないハズです。
 強いてそれをポジティヴに解釈すれば、苦しい時もあったけど、あっと言う間に過ぎ去った、苦しいこと を 克服 してきた、開放された、といったくらいの解釈も成り立つでしょうが、それとて、味わうべき喜怒哀楽の人生がその分、短く去ったことを意味する結果でしかな い、というのがヨシダです。
 折角この世に生を受け、与えられた人生ならば、その喜びを文字通り、日々味わいつつ、感謝しつつ過ごす(消化する)という考え方のほうが、その逆の苦しい人生、早くに過ぎ去って欲しいもの・・・よりもずっと、ハッピーだと思うのです。
  さらに、こんなことも頭に描かれると思います・・・。例えば、何かを達成するとか、成し遂げるものを持っているとします。ヨシダ流の処し方は、優先順位の 見 極めです。沢山ある仕事の優先順位を頭にしっかりと入れて処す方法。ストレスもなくなります。計画的にというのは誰でも言いますが、その処し方の基本はな んと言ってもターゲットとする日の設定でして、ヨシダの場合は毎月の28日がそれになっているという感じです。
 その日(28日)が来たら、ウン、オレはあれもやった、これもやり遂げた、出来なかったことは次の月の28日をひと区切りに・・・といった按配です。これって単純なモーチベーションに過ぎませんが、案外と効果的です。
  結果的には、折角与えられた人生期間を感謝の念をもって着々と消化して事を成し遂げる、といった図式です。同じ1年サイクルで巡ってくる自身の誕生の 「日」をハッピー・バース・デイ!と心の中で呟きながら日々の経過を味わいつつ・・・といったシナリオです。こうした考え方がヨシダが永年、心に入れてい るキーワードに繋がるのです。「生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ」がそれです。
 ところで、これも他愛もないことですが、10月 28日はかのマイクロソフトのビル・ゲイツさんの誕生日(1955年)を早くに認識してきたものです。人間のスケールからすれば、ドダイ比較対象する何も のもないのですが、誕生日だけは同じ!と言える(思える)のがイイ味ってところです(笑)。ヨシダはビル・ゲイツさんと同じ誕生日って思うだけでも、思わ ないよりずっとマシって按配です。
 ふと、この記事を書きながら好奇心旺盛なヨシダは即座にヨシダの認識するその他の著名人を平素世話になるグーグルさんから拾い出しました。多くある人物の中からヨシダの好みに従って人物名と写真を列記して誕生日の味わい方を増幅さす次第です。

 おっ て、お気づきと思いますが、「きょうのできごと」コラムの最終下段に「ヨシダが選らんだその日が誕生日の著名人」の写真を列記しています。編集者の想いは 「へ~、あの方とこの方が同じ誕生日・・・」というのもイイもんです。そんな想いで編集するのもロマンチックです。「ヨシダ流の若返り法」でもあるでしょ う(笑)。
 1.徳川 慶喜(1837:江戸幕府第15代将軍)、2.横河民輔(1864:横河電機創業者)、3.ジェイコブ・D・コックス(南北戦争北軍将軍・共和党・第28代オハイオ州知事・第10代アメリカ合衆国内務長官)、4.エルザ・ランチェスター(1902:イギリスの女優)、5.東富士欽壹(1973:大相撲第40代横綱)、6.浜田 晃(1941:俳優)、7.小池真理子(1952:女優)、8. ビル・ゲイツ(1955:マイクロソフト創立者)、9.吉田都(1955:バレリーナ)、10.吉田里琴(1999年:女優)・・・と。ハイ、末尾11は吉田祐起(1931:本サイト編集長)で~す!
 ヨシダって好奇心旺盛 でしょう。こんなことに時間を使うから超多忙人間(?)。日々をかみ締めながら生きるから「光陰矢の如し」は無縁たる所以です(笑)。

 Cox, Jacob D. M.C. Ohio (Secty of Interior in Grant Adm.).jpgエルザ・ランチェスターElsa LanchesterAzumafuji 1950 Scan10025-2.JPG   http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg

 ヨシダのウェブサイトをご訪問くださってありがとうございました。またの機会までご機嫌よろしゅう!と言っても、毎日相当量のヨシダコメントを書きまくっています。「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど」が決まり文句です。 

                        2016年1月29日(金)
                          ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
                                            吉田祐起
                            (満84歳3ヶ月)  
                  (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)                                                           yoshida@a-bombsurvivor.com
                           URL(eng): http://www.a-bombsurvivor.com
            URL(jpn): http://www.a-bombsurvivor.com/index_japanese.html