吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果    「yuuki yoshida」の画像検索結果  http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
   吉田祐起のプロフィール   (満84歳3か月) 

   "生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 

 この国フィリピンを終の棲家と定めて住み着いたのは2009年2月1日でした。

 数年間の自立単身生活を経て、ある縁を得て、現在ではフィリピン家族と共同生活を送っています。題して「相互扶助精神に基づ く運命共同体生活」がそれです。ヨシダの終生面倒見をかれらにしてもらうかわりに、皆さんには貧困から脱却してもらってお互いに幸せになりましょうという相互扶助の共同生活です。 

 ・・・ と、こんな生活設計を描いて現在に至るヨシダですが、ヨシダの義務は長生きすることにあると自覚しています。そのためには満40歳からある動機を得て始め て現在に至る自己流のストレッチング体操に一層の磨きをかけるなど、加えて長年に及ぶステッキ使用で肩にかかった重荷による肩こり解消に集中努力をして通 算8年。お陰で99.9%の達成振りです。でも、ちょっと真似のできない自助努力と自負します。

 肝心のボケ防止のための独特の手法を編み出したのが2012年3月のこと。題して「インタネット情報&ヨシダブログ」がそれです。詳細はクリックしてご覧くださいませんか?「こんなことをしているなんて、カッコいいボケ防止!」と自我自賛しています(笑)。

              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手製のささやかなウェブサイトですが、ご覧ください。なお、ご意見やお気づきの点は遠慮なく下記にご一報くだされば嬉しい限りです。
yoshida@a-bombsurvivor.com                                                                         English               
            2016年1月28日(木)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
 

   ヒロシマ・ヒバクシャのヨシダが発信する「オバマ米大統領の被爆市訪問」のこと
  フィリピンに来て間もない頃は2009年11月10日のこと。シンガポールで開催の APEC会議出席の前に東京に立ち寄られたオバマ大統領がNHK WORLDの記者の質問(今回の日本立ち寄りを機に、被爆市訪問の意図がありますか?) 対して答えられた言葉が鮮明です。"The schedules are too tight this time. However, I would like to have an honor of visiting some day during my Presidency."(今回はスケジュールが一杯でできないが、任期中の何時か訪問の栄に浴したい・・・)。その出来事を踏まえて即座に書いたのが、拙著オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします!」 (2009年11月10日記)です。クリックしてご覧ください。ヨシダはその後、その適切な訪問時期は、区切りイイ年次の「2010年ー65周年」として 公開書簡まで発表したものでした。しかし、それが実現しなかったことは、現在にして思うに、「2015年ー70周年」こそがベストな年次と提唱するに至り ました。
 ところが、8月に入ってもその気配は皆無。「2015年-70周年」に拘っていたヨシダは絶望と思いつめていたものの、考えてみれば 同大統領の任期は 2017年1月20日東部時間正午まで。とすれば、区切りは良いとは言えない「2016年ー71周年」になるのが精一杯。まいっか・・・と勝手に思ってい るところです。大統領任期中の「レガシー(遺産)づくり」としても、男の約束においても実現されるのがご本人のためだとさえ思うのがヨシダです。

 おって、ヒバクシャとして被害意識を強くする中で、オバマ米大統領が2011年の9.11の8周年記念式典(ペンタゴン)て遺族たちを前にスピーチした言葉の一節を下記に掲載します。「被害意識」が先行するヒバクシャのわれわれが共有すべき貴重な言葉と受けとめます。なお、この崇高なる大統領の言葉は"Ceremonies Mark 8th Anniversary of September 11 Terrorist Attacks"の中ほどに小さく載っていたもので、目立たないものです。中見出し付きもしくは、太文字表示されるべき価値あるものと考えます。
"Let us renew the true spirit of that day. Not the human capacity for evil but the human capacity for good - not the desire to destroy but the impulse to save and to serve and to build," あの日の真実の心を新たにしましょう。 悪に対する人類の能力としてでなく、善に対する人類の能力としてです。-破壊することへの欲望でなく、守り、奉仕し、建設するための推進力としてです。(オバマ米国大統領・翻訳;吉田祐起) 
            「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果         「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果
   (注:このトップコメントは2016年8月6日まで掲載します。しぶといでしょう、ヨシダは・・・笑)

                
                ウィキペディアから拾った1月28日の「できごと」 
                            January 28, Events(英語版) 
                           「きょうのできごと」記録集
(To the English language visitors: Sorry, this column is for the Japanese edition. However, you could see so many English written Events in red characters among the Japanese lines, which are the ones never shown in Japanese edition. This means that Japanese edition is not as world-wide as the original English Google edition.) 
  こ のコラム編集なかんずく、当該写真の選択はご覧くださる方々のご関心をヴィジュアルな面で提供することを目的としています。ところが、写真を多く添付する と「1ページ当たりの編集許容量」が「1MB=1000KB」という制約から枚数を制限せざるを得ないものがあり、編集者の立場でこれは、と思うできごと に限った当該写真の添付ということにしています。★なおまた、「ウィキペディアのできごと」は英語版が本流でして、日本語版はその翻訳的な一面が 否 定できません。日本語版から入ると「できごとの」の主人公すら掴めない場合さえあることを最近痛感することが少なくありません。「主語抜き」という日本語 特有の落とし穴です。ヨシダの手法は、その「できごと」の主人公もしくは主体をヨシダ流に英語でインプットしてキャッチするケースが少なくありません。そ んなことから、案外と多くの時間を 費やしているのがこの編集作業です。もっとも、その過程で学び体験を得るのは他ならぬ、編集者のヨシダではあるのですが・・・★なお、英語版の掲載は本家 米国が主体性であるにかんがみ、世界的視野からの「できごと」を知る意味で日本語版との重複は無論、除外してそのまま掲載しております。同英語版のリンク をクリックすると日本語版には見られない内容豊かなコンテンツが目に付きます。

 7「Horace Walpole」の画像検索結果「Horace Walpole」の画像検索結果「Horace Walpole」の画像検索結果「Horace Walpole」の画像検索結果「Horace Walpole」の画像検索結果 「Horace Walpole」の画像検索結果「Horace Walpole」の画像検索結果「Horace Walpole」の画像検索結果
         「serendipity」の画像検索結果  「Horace Walpole」の画像検索結果「Horace Walpole」の画像検索結果「Horace Walpole」の画像検索結果「serendipity」の画像検索結果「serendipity」の画像検索結果 「serendipity」の画像検索結果
   「Horace Walpole」の画像検索結果    関連画像   関連画像「Horace Walpole family」の画像検索結果「Horace Walpole family」の画像検索結果「Horace Walpole tomb」の画像検索結果
    「セレンディピティ」の画像検索結果  「セレンディピティ」の画像検索結果    「セレンディピティ」の画像検索結果「セレンディピティ」の画像検索結果

    31「space shuttle challenger blasted」の画像検索結果 「space shuttle challenger blasted」の画像検索結果 「space shuttle challenger blasted」の画像検索結果「space shuttle challenger blasted」の画像検索結果「space shuttle challenger blasted」の画像検索結果     「space shuttle challenger blasted」の画像検索結果      
    「space shuttle challenger blasted」の画像検索結果    関連画像   関連画像 関連画像 「space shuttle challenger blasted」の画像検索結果       「space shuttle challenger blasted」の画像検索結果
           関連画像「space shuttle challenger blasted」の画像検索結果 「space shuttle challenger blasted」の画像検索結果  「space shuttle challenger blasted」の画像検索結果    「space shuttle challenger blasted」の画像検索結果

      36
「ヘンリー7世」の画像検索結果「徳川家重」の画像検索結果 「ジョージ・ハミルトン=ゴードン」の画像検索結果「岩崎俊弥」の画像検索結果「オーギュスト・ピカール」の画像検索結果「ジャクソン・ポロック」の画像検索結果「三木鶏郎」の画像検索結果「望月優子」の画像検索結果「勅使河原宏」の画像検索結果「二谷英明」の画像検索結果「小松左京」の画像検索結果「三浦友和」の画像検索結果
814Charlemagne dies of pleurisy in Aachen as the first Holy Roman Emperor. He is succeeded by his son Louis the Pious as king of the Frankish Empire.
(1)934年承平4年12月21日) - 紀貫之が『土佐日記』の旅に出立。
(2)1077年 - カノッサの屈辱: ローマ教皇グレゴリウス7世神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世の破門を解除。
1393 – King Charles VI of France is nearly killed when several dancers' costumes catch fire during a masquerade ball.
(3)1521年 - ヴォルムス帝国議会開始。

(4)1547年 - イングランドヘンリー8世が死去。エドワード6世が即位。戴冠は2月20日
(5)1549年天文17年12月30日) - 長尾景虎(上杉謙信)が家督を継ぎ春日山城へ入城する。
1573 – Articles of the Warsaw Confederation are signed, sanctioning freedom of religion in Poland.
1624Sir Thomas Warner founds the first British colony in the Caribbean, on the island of Saint Kitts.
(6)1671年 - パナマパナマ・ビエホが、イギリス海賊ヘンリー・モーガンによって襲撃、焼き討ちされる。
1701 – The Chinese storm Dartsedo.
1724 – The Russian Academy of Sciences is founded in St. Petersburg by Peter the Great, and implemented by Senate decree. It is called the St. Petersburg Academy of Sciences until 1917.
(7)1754年 - ホレス・ウォルポールが友人あての書簡の中で初めてセレンディピティという言葉を使う。
1760Pownal, Vermont, is created by Benning Wentworth as one of the New Hampshire Grants.
(8)
1813年 - ジェーン・オースティンの長編小説『高慢と偏見』がイギリスで発刊。
1821Alexander Island is first discovered by Fabian Gottlieb von Bellingshausen.
1846 – The Battle of Aliwal, India, is won by British troops commanded by Sir Harry Smith.
1851Northwestern University becomes the first chartered university in Illinois.
1855 – A locomotive on the Panama Canal Railway, runs from the Atlantic Ocean to the Pacific Ocean for the first time.
(9)1871年 - 普仏戦争: パリ包囲戦英語版が終結。プロイセンがパリを占領。
(10)1871年(明治3年12月8日) - 横浜毎日新聞が創刊(日本初の日刊新聞
1878Yale Daily News becomes the first daily college newspaper in the United States.
1887 – In a snowstorm at Fort Keogh, Montana, the world's largest snowflakes are reported, 15 inches (38 cm) wide and 8 inches (20 cm) thick.
1896 – Walter Arnold of East Peckham, Kent, becomes the first person to be convicted of speeding. He was fined one shilling, plus costs, for speeding at 8 mph (13 km/h), thereby exceeding the contemporary speed limit of 2 mph (3.2 km/h).
(11)1902年 - アンドリュー・カーネギーが1億ドルを投じてカーネギー研究所を設立。
(12)1905年 - 日本政府が竹島を「島根県隠岐島司の所管の竹島」と閣議決定。
1908 – Members of the Portuguese Republican Party fail in their attempted coup d'état against the administrative dictatorship of Prime Minister João Franco.
1909 – United States troops leave Cuba with the exception of Guantanamo Bay Naval Base after being there since the Spanish–American War.
(13)1912年 - 白瀬矗南極探検隊が南緯80度05分に到達。その一帯を「大和雪原」と命名。
(14)1915年 - アメリカで税関監視艇局と救命局を統合して沿岸警備隊を設置。
(15)1918年 - ロシア人民委員会議労農赤軍の創設を布告。
1918Finnish Civil War: Rebels seize control of the capital, Helsinki, and members of the Senate of Finland go underground.
1820 – A Russian expedition led by Fabian Gottlieb von Bellingshausen and Mikhail Petrovich Lazarev discovers the Antarctic continent, approaching the Antarctic coast.
(16)1921年 - エトワール凱旋門の下に無名戦士の墓が作られる。
1922Knickerbocker Storm, Washington D.C.'s biggest snowfall, causes the city's greatest loss of life when the roof of the Knickerbocker Theatre collapses.
(17)1924年 - 上野公園上野動物園が宮内省から東京市に下賜される。
(18)1932年 - 日本海軍陸戦隊と中国19路軍が上海で衝突。(第一次上海事変
1932 – Japanese forces attack Shanghai.
1933 – The name Pakistan is coined by Choudhry Rahmat Ali Khan and is accepted by the Indian Muslims who then thereby adopted it further for the Pakistan Movement seeking independence.
1934 – The first ski tow in the United States begins operation in Vermont.
1935Iceland becomes the first Western country to legalize therapeutic abortion.
(19)1938年 - ルドルフ・カラツィオラアウトバーンで公道上の最高速度記録432.7km/hを記録。
1941Franco-Thai War: Final air battle of the conflict. A Japanese-mediated armistice goes into effect later in the day.
(20)1945年 - 第二次世界大戦: ビルマ公路を通った最初のトラックが中国国境に到着。
(21)1946年 - 東急小田原線列車脱線転覆事故。死者30名、重軽傷者165名。
(22)1948年 - 関西汽船・女王丸が瀬戸内海機雷に触れ沈没。死者行方不明183人。(女王丸事件
(23)1953年 - 銀座チョコレートショップ爆発火災
(24)1955年 - 民間6単産が春季賃上げ共闘会議総決起大会を開催。春闘の始まり。
(25)1956年 - 「万国著作権条約」が日本で公布。
1956Elvis Presley makes his first US television appearance
1958 – The Lego company patents the design of its Lego bricks, still compatible with bricks produced today.
・1958 – The last episode of the British radio comedy programme
The Goon Show is broadcast.
(26)1958年 - レゴ社のゴッドフレッド・キアク・クリスチャンセンがレゴブロックの基本構造に関する特許を出願。
1960 – The National Football League announced expansion teams for Dallas to start in the 1960 NFL season and Minneapolis-St. Paul for 1961 NFL season.
1964 – An unarmed United States Air Force T-39 Sabreliner on a training mission is shot down over Erfurt, East Germany, by a Soviet MiG-19.
1965 – The current design of the Flag of Canada is chosen by an act of Parliament.
(27)1970年 - 当時共に大関の玉乃島改め玉の海(第51代)、北の富士(第52代)が同時に横綱昇進。
(28)1973年 - ベトナム戦争終結のための「パリ協定」が発効。
1977 – The first day of the Great Lakes Blizzard of 1977 which dumps 10 feet (3.0 m) of snow in one-day in Upstate New York, with Buffalo, Syracuse, Watertown, and surrounding areas most affected.
1979CBS News Sunday Morning debuts with original host and cocreator Charles Kuralt.
・1979 –
Pope John Paul II starts his first pastoral visit to Mexico.
1980USCGC Blackthorn collides with the tanker Capricorn while leaving Tampa, Florida and capsizes, killing 23 Coast Guard crewmembers.
1981Ronald Reagan lifts remaining domestic petroleum price and allocation controls in the United States helping to end the 1979 energy crisis and begin the 1980s oil glut.
1982US Army general James L. Dozier is rescued by Italian anti-terrorism forces from captivity by the Red Brigades.
1984Tropical Storm Domoina makes landfall in southern Mozambique, eventually causing 214 deaths and some of the most severe flooding so far recorded in the region.
(29)1985年 - USAフォー・アフリカによる『ウィ・アー・ザ・ワールド』のレコーディングが行われる。
(30)1985年 - 犀川スキーバス転落事故
(31)1986年 - スペースシャトルチャレンジャー号爆発事故
1988 – In R v Morgentaler the Supreme Court of Canada strikes down all anti-abortion laws, effectively allowing abortions in Canada in all 9 months of pregnancy.
(32)1998年 - フォードボルボの乗用車部門買収を発表。後にボルボ・カーズとなる。
(33)2000年 - 新潟県柏崎市で9年2か月に渡り監禁されていた少女を発見、保護。(新潟少女監禁事件
2002TAME Flight 120, a Boeing 727-100 crashes in the Andes mountains in southern Colombia, killing 92.
(34)2006年 - JR東日本モバイルSuicaのサービスを開始。
2006 – The roof of one of the buildings at the Katowice International Fair in Chorzów/Katowice, Poland, collapses due to the weight of snow, killing 65 and injuring more than 170 others.
2010 – Five murderers of President Sheikh Mujibur Rahman of Bangladesh are hung.
(35)2010年 - 台湾の囲碁女流棋士謝依旻が史上初の女流三冠独占。
(36)ヨシダが選んだ著名人の誕生日;ヘンリー7世(1457)、徳川家重(1712)、ジョージ・ハミルトン=ゴードン (1784)、岩崎俊弥(1881)、オーギュスト・ピカール (1884)、ジャクソン・ポロック(1912)、三木鶏郎(1914)、望月優子(1917)、勅使河原宏(1927)、二谷英明(1930)、小松左京(1931)、 三浦友和(1952)

                          インタネット情報&ヨシダブログ
 上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。
   このコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を
編 集しつつ、ヨシダブログ書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグー グルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、 掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。 
ただ今、 
6055編です。
 

2016年1月28日(木)掲載分
昨日1月27日最終のトップページ
編集者のダイアリー・コナー

 「1月28日のできごと」でヨシダが特に関心を強くするのは、「
(7)1754年 - ホレス・ウォルポールが友人あての書簡の中で初めてセレンディピティという言葉を使う。」ですがこれは奥行きが極めて深いことからパスします。次に深い関心を抱くのは「(31)1986年 - スペースシャトルチャレンジャー号爆発事故。」でして、この痛ましい事故は当時、実況をテレビで観ていた時に起きた悲惨な事故。思わず大きな声でア~!!!!と叫んだのを想い出します。(27日22:10)
  他愛もないことですが、本日28日でヨシダは「満84歳3ヶ月」を迎えました。本トップサイトの末尾にそのわけをブログしています。ちなみに、先月12月 28日から1ヶ月間のことですが、「あっという間の一ヶ月間」では全くありませんでした。あれもやった、これもやった、やってきた・・・という充実感ゆえ のことと受けとめ満足して日々を送っている証拠と自負します。(00:05)
 編集ソフト(cPanel)の様式が突然変更され、書き込み編集はできるものの、「リンク貼りのためのファイル」が現在のところ行方不明(?)で同編集ができません。業者に問い合わせ中。しばらくの間、ご容赦のほどお願いします。今朝一番の記事は「No.6054両陛下来比大統領府晩さん会で天皇、比の戦争被害に触れ「決して忘れてはならない」と言及日刊まにら新聞2016.1.28.加藤昌平(本サイトは有料のため当日限りです。))」です。
昨日掲載のものとも関連することなので、そのまま継続掲載します。(10:00)
  編集ソフトは英語版でして、理解するに手が届かない訳ではないのですが、さにせ、パソコン用語だけに、戸惑います。確信のないままにクリックしたファイル 名ボタンで一挙解決!ってところでした。上掲のタイトル名をリンクします。問題解決でホッとしています。でも、イイ歳してこんなことで喜怒哀楽(?)です から格好のボケ防止にななっています(笑)。(11:10)
 「No.6055:シャロスト公爵の読書術宮崎日日新聞「くろしお」2016.1.28.)」を編集しながら好奇心旺盛なブロガーぶりを発揮しました。蛇足ブログをひとつ。本記事筆者さんへの皮肉。主人公の「シャロスト」は「シャロット」のミスプリです。随分と時間をかけた挙句の「発見」です。(12:55)


No.6055
シャロスト公爵の読書術
宮崎日日新聞「くろしお」2016.1.28.

ヨシダブログ:本記事の主人公で死刑に処せられた人物「シャロスト公爵」とあることから、随分と時間をかけて検索するにダメでした。でも、諦めずにヨシダ流の原語名をあれこれとインプットしてヒットしたのがEdward Shallot, Duke of Provence」でして、肝心の名前の呼びカタカナ名が間違っていることを知りました。正確なカタカナ表示では「シャロット」です。「死因」は「Beheaded(斬 首)」。ヨシダに軍パ~イ!(笑)。参考までに、シャロットさんの奥さんの写真もゲット。彼女の死因は殺人。その当事者は当時の王様の息子のエドワー ド・・・と複雑です。そのまたお父さん(王様)の画像まで・・・。これって英語と好奇心の成果の物語です(笑)▼ちなみに、主人公のシャロット公爵の死刑 を前にした「読書振り」の画像まではゲットできませんでした。主義思想を貫く思想家の泰然自若振りそのものと想像します。(写真10枚添付ファイル
 「死刑執行人サンソン」の画像検索結果 「Charles-Henri Sanson」の画像検索結果  「死刑執行人サンソン」の画像検索結果「Charles-Henri Sanson」の画像検索結果    「Charles-Henri Sanson」の画像検索結果 「Charles-Henri Sanson」の画像検索結果
           「守能信次訳「万国奇人博覧館」(筑摩書房)」の画像検索結果「守能信次」の画像検索結果
No.6054

両陛下来比 大統領府晩さん会で天皇、比の戦争被害に触れ「決して忘れてはならない」と言及
日刊まにら新聞2016.1.28.加藤昌平(本サイトは有料のため当日限りです。)
ヨシダブログ:フィ リピンの終の棲家として生きている84歳のニッポン男児にとって、両陛下のフィリピンご訪問を機にお姿を遠くからだけでも拝ましていただきたい心情で一杯 ですが、身体的な都合で出来ないのが残念でなりません。せめて「紙上」を通じての両陛下の当地でのご動静を拝観する次第です。本記事文中に登場する場所や 関係サイトを可能な限り多く追いながら両陛下のご動静を拝観させていただく次第です。写真22枚添付ファイル
  「マラカニアン宮殿」の画像検索結果     「両陛下マラカニアン宮殿で歓迎式」の画像検索結果  「両陛下マラカニアン宮殿で晩さん会に出席」の画像検索結果       「両陛下マラカニアン宮殿で歓迎式」の画像検索結果       「両陛下マラカニアン宮殿で歓迎式」の画像検索結果
 「両陛下マラカニアン宮殿で晩さん会に出席」の画像検索結果       「両陛下マラカニアン宮殿で晩さん会に出席」の画像検索結果    「両陛下マラカニアン宮殿で晩さん会に出席」の画像検索結果 「両陛下マラカニアン宮殿で晩さん会に出席」の画像検索結果 「両陛下マラカニアン宮殿で晩さん会に出席」の画像検索結果
 「リサール公園」の画像検索結果
「リサール公園」の画像検索結果  「リサール公園」の画像検索結果   関連画像「日比谷公園」の画像検索結果「リサールと日本」の画像検索結果
       「首都圏タギッグ市の英雄墓」の画像検索結果「天皇皇后皇太子時代のフィリピン訪問」の画像検索結果  「タガイタイの火山湖」の画像検索結果  「天皇皇后皇太子時代のフィリピン訪問」の画像検索結果  「天皇皇后皇太子時代のフィリピン訪問」の画像検索結果 「外務省の高島肇久参与」の画像検索結果
 昨日27日の記事1編を下記に掲載していましたが、本日28日の第一記事掲載(9:50)をもって消却しました。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分程度を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。 

                「末尾の特別情報お知らせコーナー」
  以下のコラムは日々の執筆生活の中で、これはと思いついたことをタイトルを付して書き留めたものです。ウェブサイトトップ面の末尾の箇所に掲載するもので して、時おり変更しています。数多いヨシダブログですが、まとまった所信の一端といった感じで位置づけています。なお、上掲のリンクをクリックすると、そ の下書き的なテーマや内容の一端が垣間見られます。


     毎月の28日はヨシダにとって意義深くしているもの その理由(わけ)は!?
 プライベートなことでかつ、単純で大人気ない(?)とも思えるようなことをヨシダは執拗に意識して現在に至ります。ほかでもありません、「28日」という日は吉田祐起の誕生日のそれに当たることから、この日を中心にわが人生の歩みが刻まれている、という自覚や認識です。
 つまり、年に12回の誕生日を意識して「満83歳○ヶ月」とウェブサイトにも掲載し、自身もそれを意識して送っているのです。あと、何日で28日・・・といった具合にです。これって、ちょっと、ユニークはモノの考え方だと自負します。
  時が経つことで、洋の東西を問わず、意味深長なのが「光陰矢の如し」という言葉。英語でも"Time flies like an arrow" と人々は口にします。矢の如く時が去った、と感じることは、その分、人生を短く送っていることを意味するのであって、まさか、時が早く去って歳をとったか ら ヨカッタとは誰も思わないハズです。
 強いてそれをポジティヴに解釈すれば、苦しい時もあったけど、あっと言う間に過ぎ去った、苦しいこと を 克服 してきた、開放された、といったくらいの解釈も成り立つでしょうが、それとて、味わうべき喜怒哀楽の人生がその分、短く去ったことを意味する結果でしかな い、というのがヨシダです。
 折角この世に生を受け、与えられた人生ならば、その喜びを文字通り、日々味わいつつ、感謝しつつ過ごす(消化する)という考え方のほうが、その逆の苦しい人生、早くに過ぎ去って欲しいもの・・・よりもずっと、ハッピーだと思うのです。
  さらに、こんなことも頭に描かれると思います・・・。例えば、何かを達成するとか、成し遂げるものを持っているとします。ヨシダ流の処し方は、優先順位の 見 極めです。沢山ある仕事の優先順位を頭にしっかりと入れて処す方法。ストレスもなくなります。計画的にというのは誰でも言いますが、その処し方の基本はな んと言ってもターゲットとする日の設定でして、ヨシダの場合は毎月の28日がそれになっているという感じです。
 その日(28日)が来たら、ウン、オレはあれもやった、これもやり遂げた、出来なかったことは次の月の28日をひと区切りに・・・といった按配です。これって単純なモーチベーションに過ぎませんが、案外と効果的です。
  結果的には、折角与えられた人生期間を感謝の念をもって着々と消化して事を成し遂げる、といった図式です。同じ1年サイクルで巡ってくる自身の誕生の 「日」をハッピー・バース・デイ!と心の中で呟きながら日々の経過を味わいつつ・・・といったシナリオです。こうした考え方がヨシダが永年、心に入れてい るキーワードに繋がるのです。「生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ」がそれです。
 ところで、これも他愛もないことですが、10月 28日はかのマイクロソフトのビル・ゲイツさんの誕生日(1955年)を早くに認識してきたものです。人間のスケールからすれば、ドダイ比較対象する何も のもないのですが、誕生日だけは同じ!と言える(思える)のがイイ味ってところです(笑)。ヨシダはビル・ゲイツさんと同じ誕生日って思うだけでも、思わ ないよりずっとマシって按配です。
 ふと、この記事を書きながら好奇心旺盛なヨシダは即座にヨシダの認識するその他の著名人を平素世話になるグーグルさんから拾い出しました。多くある人物の中からヨシダの好みに従って人物名と写真を列記して誕生日の味わい方を増幅さす次第です。

 おっ て、お気づきと思いますが、「きょうのできごと」コラムの最終下段に「ヨシダが選らんだその日が誕生日の著名人」の写真を列記しています。編集者の想いは 「へ~、あの方とこの方が同じ誕生日・・・」というのもイイもんです。そんな想いで編集するのもロマンチックです。「ヨシダ流の若返り法」でもあるでしょ う(笑)。
 1.徳川 慶喜(1837:江戸幕府第15代将軍)、2.横河民輔(1864:横河電機創業者)、3.ジェイコブ・D・コックス(南北戦争北軍将軍・共和党・第28代オハイオ州知事・第10代アメリカ合衆国内務長官)、4.エルザ・ランチェスター(1902:イギリスの女優)、5.東富士欽壹(1973:大相撲第40代横綱)、6.浜田 晃(1941:俳優)、7.小池真理子(1952:女優)、8. ビル・ゲイツ(1955:マイクロソフト創立者)、9.吉田都(1955:バレリーナ)、10.吉田里琴(1999年:女優)・・・と。ハイ、末尾11は吉田祐起(1931:本サイト編集長)で~す!
 ヨシダって好奇心旺盛 でしょう。こんなことに時間を使うから超多忙人間(?)。日々をかみ締めながら生きるから「光陰矢の如し」は無縁たる所以です(笑)。

 Cox, Jacob D. M.C. Ohio (Secty of Interior in Grant Adm.).jpgエルザ・ランチェスターElsa LanchesterAzumafuji 1950 Scan10025-2.JPG   http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg

 ヨシダのウェブサイトをご訪問くださってありがとうございました。またの機会までご機嫌よろしゅう!と言っても、毎日相当量のヨシダコメントを書きまくっています。「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど」が決まり文句です。 

                        2016年1月28日(木)
                          ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
                                             吉田祐起
                       (本日で満84歳3ヶ月になりました!)  
                  (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)                                                           yoshida@a-bombsurvivor.com
                           URL(eng): http://www.a-bombsurvivor.com
            URL(jpn): http://www.a-bombsurvivor.com/index_japanese.html