吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果    「yuuki yoshida」の画像検索結果  http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
         吉田祐起のプロフィール  (満84歳2か月) 
   "生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 


 この国フィリピンを終の棲家と定めて住み着いたのは2009年2月1日でした。

 数年間の自立単身生活を経て、ある縁を得て、現在ではフィリピン家族と共同生活を送っています。題して「相互扶助精神に基づ く運命共同体生活」がそれです。ヨシダの終生面倒見をかれらにしてもらうかわりに、皆さんには貧困から脱却してもらってお互いに幸せになりましょうという相互扶助の共同生活です。 

 ・・・ と、こんな生活設計を描いて現在に至るヨシダですが、ヨシダの義務は長生きすることにあると自覚しています。そのためには満40歳からある動機を得て始め て現在に至る自己流のストレッチング体操に一層の磨きをかけるなど、加えて長年に及ぶステッキ使用で肩にかかった重荷による肩こり解消に集中努力をして通 算8年。お陰で99.9%の達成振りです。でも、ちょっと真似のできない自助努力と自負します。

 肝心のボケ防止のための独特の手法を編み出したのが2012年3月のこと。題して「インタネット情報&ヨシダブログ」がそれです。詳細はクリックしてご覧くださいませんか?「こんなことをしているなんて、カッコいいボケ防止!」と自我自賛しています(笑)。

              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手製のささやかなウェブサイトですが、ご覧ください。なお、ご意見やお気づきの点は遠慮なく下記にご一報くだされば嬉しい限りです。
yoshida@a-bombsurvivor.com                                                                         English               
            2016年1月25日(月)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2008.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
 

       ヒロシマ・ヒバクシャのヨシダが発信する「オバマ米大統領の被爆市訪問」のこと
  フィリピンに来て間もない頃は2009年11月10日のこと。シンガポールで開催の APEC会議出席の前に東京に立ち寄られたオバマ大統領がNHK WORLDの記者の質問(今回の日本立ち寄りを機に、被爆市訪問の意図がありますか?) 対して答えられた言葉が鮮明です。"The schedules are too tight this time. However, I would like to have an honor of visiting some day during my Presidency."(今回はスケジュールが一杯でできないが、任期中の何時か訪問の栄に浴したい・・・)。その出来事を踏まえて即座に書いたのが、拙著オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします!」 (2009年11月10日記)です。クリックしてご覧ください。ヨシダはその後、その適切な訪問時期は、区切りイイ年次の「2010年ー65周年」として 公開書簡まで発表したものでした。しかし、それが実現しなかったことは、現在にして思うに、「2015年ー70周年」こそがベストな年次と提唱するに至り ました。
 ところが、8月に入ってもその気配は皆無。「2015年-70周年」に拘っていたヨシダは絶望と思いつめていたものの、考えてみれば 同大統領の任期は 2017年1月20日東部時間正午まで。とすれば、区切りは良いとは言えない「2016年ー71周年」になるのが精一杯。まいっか・・・と勝手に思ってい るところです。大統領任期中の「レガシー(遺産)づくり」としても、男の約束においても実現されるのがご本人のためだとさえ思うのがヨシダです。

 おって、ヒバクシャとして被害意識を強くする中で、オバマ米大統領が2011年の9.11の8周年記念式典(ペンタゴン)て遺族たちを前にスピーチした言葉の一節を下記に掲載します。「被害意識」が先行するヒバクシャのわれわれが共有すべき貴重な言葉と受けとめます。なお、この崇高なる大統領の言葉は"Ceremonies Mark 8th Anniversary of September 11 Terrorist Attacks"の中ほどに小さく載っていたもので、目立たないものです。中見出し付きもしくは、太文字表示されるべき価値あるものと考えます。
"Let us renew the true spirit of that day. Not the human capacity for evil but the human capacity for good - not the desire to destroy but the impulse to save and to serve and to build," あの日の真実の心を新たにしましょう。 悪に対する人類の能力としてでなく、善に対する人類の能力としてです。-破壊することへの欲望でなく、守り、奉仕し、建設するための推進力としてです。(オバマ米国大統領・翻訳;吉田祐起) 
            「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果         「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果
   (注:このトップコメントは2016年8月6日まで掲載します。しぶといでしょう、ヨシダは・・・笑)

                
                  ウィキペディアから拾った1月25日の「できごと」 
                            January 25, Events(英語版)                                                                    「きょうのできごと」記録集
(To the English language visitors: Sorry, this column is for the Japanese edition. However, you could see so many English written Events in red characters among the Japanese lines, which are the ones never shown in Japanese edition. This means that Japanese edition is not as world-wide as the original English Google edition.) 
  こ のコラム編集なかんずく、当該写真の選択はご覧くださる方々のご関心をヴィジュアルな面で提供することを目的としています。ところが、写真を多く添付する と「1ページ当たりの編集許容量」が「1MB=1000KB」という制約から枚数を制限せざるを得ないものがあり、編集者の立場でこれは、と思うできごと に限った当該写真の添付ということにしています。★なおまた、「ウィキペディアのできごと」は英語版が本流でして、日本語版はその翻訳的な一面が 否 定できません。日本語版から入ると「できごとの」の主人公すら掴めない場合さえあることを最近痛感することが少なくありません。「主語抜き」という日本語 特有の落とし穴です。ヨシダの手法は、その「できごと」の主人公もしくは主体をヨシダ流に英語でインプットしてキャッチするケースが少なくありません。そ んなことから、案外と多くの時間を 費やしているのがこの編集作業です。もっとも、その過程で学び体験を得るのは他ならぬ、編集者のヨシダではあるのですが・・・★なお、英語版の掲載は本家 米国が主体性であるにかんがみ、世界的
視野からの「できごと」を知る意味で日本語版との重複は無論、除外してそのまま掲載しております。同英語版のリンク をクリックすると日本語版には見られない内容豊かなコンテンツが目に付きます。
    1    関連画像「カノッサの屈辱」の画像検索結果  「カノッサの屈辱」の画像検索結果      「カノッサの屈辱」の画像検索結果  「カノッサの屈辱」の画像検索結果「神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世」の画像検索結果
4「三方ヶ原の戦い)」の画像検索結果「三方ヶ原の戦い)」の画像検索結果「武田信玄」の画像検索結果「武田信玄」の画像検索結果「徳川家康」の画像検索結果「三方ヶ原の戦い)」の画像検索結果「三方ヶ原の戦い)」の画像検索結果

5 「天和の大火」の画像検索結果  「天和の大火「大円寺」」の画像検索結果      関連画像   関連画像   関連画像   関連画像「お七」の画像検索結果
19「東京朝日新聞」の画像検索結果「横山 隆一」の画像検索結果「横山 隆一」の画像検索結果「東京朝日新聞「フクちゃん」」の画像検索結果「横山 隆一」の画像検索結果「朝日新聞「フクちゃん」」の画像検索結果「朝日新聞『養子のフクちゃん』」の画像検索結果「朝日新聞「フクちゃん」」の画像検索結果
20「1937, NBC radio drama "guiding light」の画像検索結果「1937, NBC radio drama "guiding light」の画像検索結果「1937, NBC radio drama "guiding light」の画像検索結果 「1937, NBC radio drama "guiding light」の画像検索結果    関連画像「1937, NBC radio drama "guiding light」の画像検索結果
   「NBC radio drama "guiding light turns to TV」の画像検索結果    関連画像     「1937, NBC radio drama "guiding light」の画像検索結果「NBC radio drama "guiding light turns to TV」の画像検索結果「NBC radio drama "guiding light turns to TV」の画像検索結果

  33「2004 mars searching opportunity landed on mars」の画像検索結果               「2004 mars searching opportunity landed on mars」の画像検索結果   「2004 mars searching opportunity landed on mars」の画像検索結果      関連画像
37
「ロバート・バーンズ」の画像検索結果「富岡鉄斎」の画像検索結果「サマセット・モーム」の画像検索結果「北原白秋」の画像検索結果「ヴィルヘルム・フルトヴェングラー」の画像検索結果    「百田宗治」の画像検索結果  「千葉三郎」の画像検索結果「石坂洋次郎」の画像検索結果「中野重治」の画像検索結果「火野葦平」の画像検索結果
              「メイ牛山」の画像検索結果「アルフレッド・リード」の画像検索結果「池波正太郎」の画像検索結果 「西村晃」の画像検索結果「樋口廣太郎」の画像検索結果   「石ノ森章太郎」の画像検索結果 「ヴラジーミル・ヴィソツキー」の画像検索結果  「江守徹」の画像検索結果
41 – After a night of negotiation, Claudius is accepted as Roman Emperor by the Senate.
750 – In the Battle of the Zab, the Abbasid rebels defeat the Umayyad Caliphate, leading to overthrow of the dynasty.
(1)1077年 - カノッサの屈辱神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世が、教皇グレゴリウス7世による教会破門の許しを乞うためカノッサ城の門前で立ちつくし始める(3日後に赦免)。
(2)1327年 - エドワード3世イングランド王に即位。
1348 – A strong earthquake strikes the South Alpine region of Friuli in modern Italy, causing considerable damage to buildings as far away as Rome.
1494Alfonso II becomes King of Naples.
1515Coronation of Francis I of France.
(3)1533年 - イングランド王ヘンリー8世が2人目の妻アン・ブーリンと結婚。
1554 – Founding of São Paulo city, Brazil.
(4)1573年元亀3年12月22日) - 遠江国三方ヶ原(現在の静岡県浜松市内)で武田信玄徳川家康の軍が戦い、武田軍が勝利する。(三方ヶ原の戦い
1575Luanda, the capital of Angola, is founded by the Portuguese navigator Paulo Dias de Novais.
(5)1682年天和2年12月28日) - 江戸お七火事が起こる。
1704 – The Battle of Ayubale results in the destruction of most of the Spanish missions in Florida.
(6)1755年 - モスクワ大学創設。
1765Port Egmont, the first British settlement in the Falkland Islands at the southern tip of South America, is founded.
1787Shays's Rebellion: The rebellion's largest confrontation, outside the Springfield Armory, results in the killing of four rebels and the wounding of twenty.
1791 – The British Parliament passes the Constitutional Act of 1791 and splits the old Province of Quebec into Upper Canada and Lower Canada.
1792 – The London Corresponding Society is founded.
(7)1849年 - ブルガリア国立銀行設立。
(8)1858年 - プロイセン皇太子フリードリヒ3世イギリス王女ヴィクトリアが結婚。
(9)1858年(安政4年12月11日) - 陸奥盛岡藩大島高任が、釜石で日本初の近代高炉を建設する。
(10)1879年 - 大阪の朝日新聞社が『朝日新聞』を創刊。
1879 – The Bulgarian National Bank is founded.
1881Thomas Edison and Alexander Graham Bell form the Oriental Telephone Company.
(11)1890年 - ネリー・ブライが72日間での世界一周を達成。
(12)1902年 - 北海道旭川市最低気温マイナス41℃を観測。日本における公式の最低気温の記録。
(13)1904年 - 鉄道軍事供用令公布。
(14)1907年 - ロシア皇帝ニコライ2世満州からの撤兵を宣言。
(15)1909年 - リヒャルト・シュトラウスの『エレクトラ』がドレスデン宮廷歌劇場で初演。
(16)1911年 - 幸徳事件大逆事件)で管野スガが処刑される。
1915Alexander Graham Bell inaugurates U.S. transcontinental telephone service, speaking from New York to Thomas Watson in San Francisco.
(17)1918年 - ウクライナ人民共和国ボリシェヴィキのソビエト政府から独立。
(18)1924年 - 第1回冬季オリンピックシャモニー・モンブラン大会開催。2月5日まで。
1932Second Sino-Japanese War: The Chinese National Revolutionary Army begins its defense of Harbin.
(19)1936年 - 「東京朝日新聞」で横山隆一の漫画『江戸っ子健ちゃん』が連載開始(10月に『養子のフクちゃん』と改題)
(20)1937年 - アメリカNBCのラジオドラマ『ガイディング・ライト』が放送開始。後にテレビドラマになり、2009年9月まで約15000回続く世界一長寿のドラマとなる。
1941Pope Pius XII elevates the Apostolic Vicariate of the Hawaiian Islands to the dignity of a diocese. It becomes the Roman Catholic Diocese of Honolulu.
(21)1942年 - 第二次世界大戦: タイアメリカ合衆国イギリスに宣戦布告。
1944Florence Li Tim-Oi is ordained in China, becoming the first woman Anglican priest.
1945 – World War II: The Battle of the Bulge ends.
1946 – The United Mine Workers rejoins the American Federation of Labor.
1947Thomas Goldsmith Jr. files a patent for a "Cathode Ray Tube Amusement Device", the first ever electronic game.
(22)1949年 - 第1回エミー賞開催。
(23)1955年 - ソ連がドイツに対する戦争状態の終結を宣言。
(24)1960年 - 三井三池争議: 三井鉱山三井三池炭鉱ロックアウト。全山の労組が無期限ストに突入。
1960 – The National Association of Broadcasters reacts to the "payola" scandal by threatening fines for any disc jockeys who accept money for playing particular records.
1961 – In Washington, D.C., President John F. Kennedy delivers the first live presidential television news conference.
1969Brazilian Army captain Carlos Lamarca deserts in order to fight against the military dictatorship, taking with him ten machine guns and 63 rifles.
1971Charles Manson and three female "Family" members are found guilty of the 1969 Tate–LaBianca murders.
(25)1971年 - ウガンダミルトン・オボテ大統領の外訪中に軍司令官イディ・アミンがクーデターを起こし、大統領に就任。
(26)1979年 - 上越新幹線大清水トンネルが貫通。22,228メートルで貫通当時は世界最長のトンネルであった。
1979Pope John Paul II starts his first official papal visits outside Italy to The Bahamas, Dominican Republic and Mexico.
1980Mother Teresa is honored with India's highest civilian award, the Bharat Ratna
(27)1981年 - 中国で、文化大革命の責任者「四人組」に対する裁判の判決。江青・元政治局員(毛沢東夫人)と張春橋・元副首相に死刑宣告(1983年同日に無期懲役に減刑)。
1986 – The National Resistance Movement topples the government of Tito Okello in Uganda.
(28)1990年 - パキスタンベーナズィール・ブットー首相が出産。現職首相の出産は世界初。
(29)1990年 - アビアンカ航空52便墜落事故。73人死亡。
1993Five people are shot outside the CIA Headquarters in Langley, Virginia. Two are killed and three wounded.
(30)1994年 - アメリカの月探査機「クレメンタイン」が打ち上げ。
1995 – The Norwegian rocket incident: Russia almost launches a nuclear attack after it mistakes Black Brant XII, a Norwegian research rocket, for a US Trident missile.
1996Billy Bailey becomes the last person to be hanged in the USA.
1998 – During a historic visit to Cuba, Pope John Paul II demands political reforms and the release of political prisoners while condemning US attempts to isolate the country.
・1998 – A suicide attack by the
Liberation Tigers of Tamil Eelam on Sri Lanka's Temple of the Tooth kills eight and injures 25 others.
1999 – A 6.0 Richter scale earthquake hits western Colombia killing at least 1,000.
(31)1999年 - 厚生省が性的不能治療薬バイアグラを申請から半年で製造承認。
(32)2003年 - 大相撲の朝青龍が前場所に続き優勝し、横綱昇進を決める。
2003Invasion of Iraq: A group of people leave London, England, for Baghdad, Iraq, to serve as human shields, intending to prevent the U.S.-led coalition troops from bombing certain locations.
(33)2004年 - アメリカの火星探査機オポチュニティ」が火星表面に着陸。
2005 – A stampede at the Mandhradevi temple in Maharashtra, India kills at least 258.
・2006 – Mexican
professional wrestler Juana Barraza is arrested in connection with the serial killing of at least ten elderly women.
(34)2006年 - これまで発見された中で最も地球に似た太陽系外惑星であるOGLE-2005-BLG-390Lbが発見。
2010Ethiopian Airlines Flight 409 crashes into the Mediterranean. All 90 passengers and crew were killed.
2011 – The first wave of the Egyptian revolution begins in Egypt, with a series of street demonstrations, marches, rallies, acts of civil disobedience, riots, labour strikes, and violent clashes in Cairo, Alexandria, and throughout other cities in Egypt.
(35)2011年 - 兵庫県伊丹市昆陽池公園で野鳥の死骸から鳥インフルエンザが確認される。
(36)2011年 - エジプトムバラク政権への反政府デモが始まる。(エジプト革命
2013 – At least 50 people are killed and 120 people are injured in a prison riot in Barquisimeto, Venezuela.
2015 – A clash in Mamasapano, Maguindanao in the Philippines killing 44 members of Special Action Force (SAF), at least 18 from Moro Islamic Liberation Front and five from Bangsamoro Islamic Freedom Fighters.
(37)2015年 - ISILがラジオ部門を通じて湯川遥菜を殺害したことを伝えた。(ISILによる日本人拘束事件
(37)ヨシダが選んだ著名人の誕生日;ロバート・バーンズ(1759)、富岡鉄斎(1837)、サマセット・モーム(1874)、北原白秋(1885)、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー (1886)、百田宗治、(1893)、千葉三郎 (1894)、石坂洋次郎(1900)、中野重治(1902)、火野葦平(1907)、メイ牛山(1911年)、アルフレッド・リード(1921)、池波正太郎(1923)、西村晃(1923)、樋口廣太郎(1926)、石ノ森章太郎(1938)、ヴラジーミル・ヴィソツキー(1938)、江守徹(1944)。

                    インタネット情報&ヨシダブログ
 上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。
   このコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を編 集しつつ、ヨシダブログ書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグー グルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、 掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。 
ただ今、 
6045編です。
 

2016年1月25日(月)掲載分
昨日1月24日最終のトップページ
編集者のダイアリー・コナー

 「1月25日のできごと」 でヨシダが特に関心を強くするのは、・・・特にありません。たまには生き抜きかたがたの「ブランク」こします。添付した多くの写真でご想像ください。正直 言って、添付写真の選択には案外と時間と気苦労を伴うものです。でも、そうは言っても、それを機に当該歴史を学ぶ格好の機会ではあるのですが・・・。 (24日22:30)
 昨日の本欄でブログしたことに、「1月分 のできごと」全部のファイルを手違いで削除してガックリ!でも、直ぐに思い直して「復元」に深夜まで専念しました。毎日の「トップ面最終版コピー」を作っ ていることから可能になったことが不幸中の幸い。正味2時間余で復元しました★そんなことで、「きょうのできごと」編集の先取りがストップしたことから、 今まで「1月26日のできごと」編集に専念していました。多くの各紙コラムは早朝からのものは少ないことから、本格的な取材は午後からでもイイや、と思ってのことでもありました。ともあれ、ホッとしています。取材を終えたら「できごと編集先取り」にかかります。(11:50)

 ひと通り、全ての情報源を当たりましたが、コレッといった記事にヒットしないことから、なにやらホッとするような、肩をシュリンクするような気分です。そうだ、前述した1月26日のできごと」の中でケッサクこの上もないできごとがあります。2009年にロサンゼル近郊の医療センターで「八つ子」が生まれたできごと。沢山の写真を添付しながら、なんとも心温まる気分になりました。お時間が許せば先取りウォッチングをしてみてくださいませんか?さて、「1月27日のできごと」先取り編集に入ります。「することがいくらでもあるって、イイことだ」と自身に言い聞かせつつ、です(13:30)
 「No.6046世界同時株安の主因、原油安はいつまで続く?DIAMOND Online2016.1.25.編集部 大坪稚子、竹田孝洋、前田 剛)」のヨシダブログは無責任モノとして謝しながら掲載しました。反面、ヨシダのエネルギーは「1月27日のできごと」 への先取り編集に向けています★ふと、気付くに、くだんの「両膝屈伸運動4百回」をしそびれています。ま、一日くらいの休憩はあってもイイだろう・・とは ヨシダの滅多にない言い訳です(笑)。なにせ、体調の良さにあやかって、デスクに閉じ篭りった調子で能率を上げています。(18:50)

No.6046
世界同時株安の主因、原油安はいつまで続く?
DIAMOND Online2016.1.25.編集部 大坪稚子、竹田孝洋、前田 剛
ヨシダブログ:昨日のNo.6043逆石油ショック朝日新聞「天声人語」016.1.24.)」 でも皮肉をこめた無責任ブログをしたことに、太陽をはじめ、地球の内部では核融合の繰り返し。裏返せば地下エネルギー源は無尽蔵に造られているので は・・・と、ド素人的な考えの持ち主がヨシダ。一時的な国際価格の変動はあっても、強引な値上げには限界が生じるのでは、という論理。その価格変動で地球人が 右往左往する光景は滑稽とさえ思えると言ったら茶化したブログになるでしょうね・・・。ヨシダの戯言としてお許しのほど▼本日の取材ネタ不足(?)を感じ る中でヒットした本記事。なんだか、付け足し的に掲載したとブログしたら本記事筆者にご無礼と弁えつつのヨシダブログとしてご容赦のほど。写真8枚添付ファイル
       「WTI」の画像検索結果「WTI」の画像検索結果「WTI」の画像検索結果「WTI」の画像検索結果
 「WTI」の画像検索結果「ドルと原油価格の関係」の画像検索結果   関連画像
昨日24日の記事3編を下記に掲載していますが、本日25日の第一記事掲載( : )をもって消却します。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分程度を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。 

                「末尾の特別情報お知らせコーナー」
  以下のコラムは日々の執筆生活の中で、これはと思いついたことをタイトルを付して書き留めたものです。ウェブサイトトップ面の末尾の箇所に掲載するもので して、時おり変更しています。数多いヨシダブログですが、まとまった所信の一端といった感じで位置づけています。なお、上掲のリンクをクリックすると、そ の下書き的なテーマや内容の一端が垣間見られます。
     人生第一、第二、第三、第四毛作を通じてヨシダが抱き続ける名格言
               
  ”財を遺すは下 事業を遺すは中 人を遺すは上 
                             されど 財をなさずんば 事業保ち難く 
                             事業なくんば 人育ち難し”

    (中国唐代の大詩人・白楽天<
772年(大暦7年) - 846年(会昌6年)>の言葉)  
                 
 (経営者時代からヨシダが愛した格言)          
                                    
                              白楽天・『晩笑堂竹荘畫傳』より         
 
人生第一、第二、第三毛作の通算62年間の経営者人生を通して好きな格言として愛唱してきている格言です。とりわけ、人生第ニ毛作時代 はトラック運送事業で「7社グループによる総合物流商社」体制を構築したなかで、米国から導入した「ジーバート自動車防錆処理事業(Ziebart Rust-proofing system)」が話題性を呼び、それが導火線みたいになって、運送業界関連紙・誌に加えて、一般のマスメディアにも結構取材を受けるなどしました。
  下記の写真は本誌にもヨシダの記事が多く登場したことから、請われてこのようなことになったものです。なにせ、毛書は我流もイイところで、人様にお見せす るには気恥ずかしさで一杯ですが、中身で勝負って気持ちで応じて出版されたものです。蛇足ですが、こんな調子の毛筆年賀状表書きを毎年4,5百枚書いたも のです。
 画面がちょっとボケていますが、下手くそでも言葉の意義を強調したいがために記録に取っていたものです。
白居易(はく きょい、772年(大暦7年) - 846年(会昌6年)字(あざな)を楽天と称した)は、中唐の詩人です。経営者としての存念を代弁して余りあることから、ご覧に入れる次第です。   
 なお、グーグル資料によると、
明治から昭和初期まで活躍した、医師であり政治家でもあった後藤新平氏は、自らが中心となって結成した、少年団日本連盟の副理事長 三島通陽氏に、こう言い遺したそうです。「よく聞け、金を残して死ぬ者は下だ。仕事を残して死ぬ者は中だ。人を残して死ぬ者は上だ。よく覚えておけ」と。
 また、別の資料によると、以下のように言われたとの説もあります、と。「財を遺すは下 事業を遺すは中 人を遺すは上なり されど財無くんば事業保ち難く、事業無くんば人育ち難し」・・・と。この名言の元祖が意外に知られていない感じです。   
 (追記)「・・・人を遺すは・・・」で、現在にして我ながら大きく自負できることを追記できるいことを誇りであり名誉と受けとめています。
 社名は伏せますが、ヨシダの離日直前までの16年間、各地で講演等コンサルティング活動を展開したなかで、東広島市の中堅運送会社とは初期の段階から16年間、東京の上場予定の老舗運送会社2社さんは9年間の離日までの最大のクライアントでした。
 「人を遺す」はすなわち
、 社員(人間)教育そのも。それを現在に至るも前出クライアントさんにご提供する栄に浴していることを大きな誇りとしています。前者に対することは、「毎月 の安全会議」に対する「ヨシダ・メッセージ」(A4板びっしり)の送付。後者に対することは、新入社員総合職に対するユニークはお手伝い。具体的には、拙 著「
トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊) 」を通読した後の「感想文(会社が提示された同著を巡る質問等に対する新入社員の感想文)」を受け取り、著者の立場でその行間を割って著者意見・感想等を付してリターンする、という仕組み。一人分の「感想&著者コメント」はA4板で10ページ近くに及びます。
 ・・・と、自称「人生第四毛作」を演じてはや、7年。にも関わらず、その延長線上にヨシダの経営者(即・教育者)としての役割を果たす機会を与えられているのです。そんなことから、この格言「財を遺すは・・・」も現在にして実践しているのが84歳超のヨシダです。この格言は奇しくもヨシダ生涯の格言足り得る次第です。
             
           http://www.a-bombsurvivor.com/contents/writing/writing_No.1/writing_No.1-11.jpg    
(お詫び:当該週間誌表紙画像は、くだんの格言文字がかつかつ読める程度に縮小したものです。ウェブサイト掲載時にはつつましく(?)もっと縮小したいのですが、肝心の下手くそな毛書字が読める程度に縮小したものです。)

 ヨシダのウェブサイトをご訪問くださってありがとうございました。またの機会までご機嫌よろしゅう!と言っても、毎日相当量のヨシダコメントを書きまくっています。「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど」が決まり文句です。 


                        2016年1月25日(月)
                          ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
                                             吉田祐起
                             (満84歳2ヶ月)  
                  (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)                                                           yoshida@a-bombsurvivor.com
                           URL(eng): http://www.a-bombsurvivor.com
            URL(jpn): http://www.a-bombsurvivor.com/index_japanese.html