吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果    「yuuki yoshida」の画像検索結果  http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
         吉田祐起のプロフィール  (満84歳2か月) 
   "生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 


 この国フィリピンを終の棲家と定めて住み着いたのは2009年2月1日でした。

 数年間の自立単身生活を経て、ある縁を得て、現在ではフィリピン家族と共同生活を送っています。題して「相互扶助精神に基づ く運命共同体生活」がそれです。ヨシダの終生面倒見をかれらにしてもらうかわりに、皆さんには貧困から脱却してもらってお互いに幸せになりましょうという相互扶助の共同生活です。 

 ・・・ と、こんな生活設計を描いて現在に至るヨシダですが、ヨシダの義務は長生きすることにあると自覚しています。そのためには満40歳からある動機を得て始め て現在に至る自己流のストレッチング体操に一層の磨きをかけるなど、加えて長年に及ぶステッキ使用で肩にかかった重荷による肩こり解消に集中努力をして通 算8年。お陰で99.9%の達成振りです。でも、ちょっと真似のできない自助努力と自負します。

 肝心のボケ防止のための独特の手法を編み出したのが2012年3月のこと。題して「インタネット情報&ヨシダブログ」がそれです。詳細はクリックしてご覧くださいませんか?「こんなことをしているなんて、カッコいいボケ防止!」と自我自賛しています(笑)。

              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手製のささやかなウェブサイトですが、ご覧ください。なお、ご意見やお気づきの点は遠慮なく下記にご一報くだされば嬉しい限りです。
yoshida@a-bombsurvivor.com                                                                         English               
            2016年1月21日(木)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
 

       ヒロシマ・ヒバクシャのヨシダが発信する「オバマ米大統領の被爆市訪問」のこと
  フィリピンに来て間もない頃は2009年11月10日のこと。シンガポールで開催の APEC会議出席の前に東京に立ち寄られたオバマ大統領がNHK WORLDの記者の質問(今回の日本立ち寄りを機に、被爆市訪問の意図がありますか?) 対して答えられた言葉が鮮明です。"The schedules are too tight this time. However, I would like to have an honor of visiting some day during my Presidency."(今回はスケジュールが一杯でできないが、任期中の何時か訪問の栄に浴したい・・・)。その出来事を踏まえて即座に書いたのが、拙著オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします!」 (2009年11月10日記)です。クリックしてご覧ください。ヨシダはその後、その適切な訪問時期は、区切りイイ年次の「2010年ー65周年」として 公開書簡まで発表したものでした。しかし、それが実現しなかったことは、現在にして思うに、「2015年ー70周年」こそがベストな年次と提唱するに至り ました。
 ところが、8月に入ってもその気配は皆無。「2015年-70周年」に拘っていたヨシダは絶望と思いつめていたものの、考えてみれば 同大統領の任期は 2017年1月20日東部時間正午まで。とすれば、区切りは良いとは言えない「2016年ー71周年」になるのが精一杯。まいっか・・・と勝手に思ってい るところです。大統領任期中の「レガシー(遺産)づくり」としても、男の約束においても実現されるのがご本人のためだとさえ思うのがヨシダです。

 おって、ヒバクシャとして被害意識を強くする中で、オバマ米大統領が2011年の9.11の8周年記念式典(ペンタゴン)て遺族たちを前にスピーチした言葉の一節を下記に掲載します。「被害意識」が先行するヒバクシャのわれわれが共有すべき貴重な言葉と受けとめます。なお、この崇高なる大統領の言葉は"Ceremonies Mark 8th Anniversary of September 11 Terrorist Attacks"の中ほどに小さく載っていたもので、目立たないものです。中見出し付きもしくは、太文字表示されるべき価値あるものと考えます。
"Let us renew the true spirit of that day. Not the human capacity for evil but the human capacity for good - not the desire to destroy but the impulse to save and to serve and to build," あの日の真実の心を新たにしましょう。 悪に対する人類の能力としてでなく、善に対する人類の能力としてです。-破壊することへの欲望でなく、守り、奉仕し、建設するための推進力としてです。(オバマ米国大統領・翻訳;吉田祐起) 
            「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果         「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果
   (注:このトップコメントは2016年8月6日まで掲載します。しぶといでしょう、ヨシダは・・・笑)

                
              ウィキペディアから拾った1月21日の「できごと」 
                         January 21, Events(英語版)                                                                 「きょうのできごと」記録集
(To the English language visitors: Sorry, this column is for the Japanese edition. However, you could see so many English written Events in red characters among the Japanese lines, which are the ones never shown in Japanese edition. This means that Japanese edition is not as world-wide as the original English Google edition.) 
  こ のコラム編集なかんずく、当該写真の選択はご覧くださる方々のご関心をヴィジュアルな面で提供することを目的としています。ところが、写真を多く添付する と「1ページ当たりの編集許容量」が「1MB=1000KB」という制約から枚数を制限せざるを得ないものがあり、編集者の立場でこれは、と思うできごと に限った当該写真の添付ということにしています。★なおまた、「ウィキペディアのできごと」は英語版が本流でして、日本語版はその翻訳的な一面が 否 定できません。日本語版から入ると「できごとの」の主人公すら掴めない場合さえあることを最近痛感することが少なくありません。「主語抜き」という日本語 特有の落とし穴です。ヨシダの手法は、その「できごと」の主人公もしくは主体をヨシダ流に英語でインプットしてキャッチするケースが少なくありません。そ んなことから、案外と多くの時間を 費やしているのがこの編集作業です。もっとも、その過程で学び体験を得るのは他ならぬ、編集者のヨシダではあるのですが・・・★なお、英語版の掲載は本家 米国が主体性であるにかんがみ、世界的
視野からの「できごと」を知る意味で日本語版との重複は無論、除外してそのまま掲載しております。同英語版のリンク をクリックすると日本語版には見られない内容豊かなコンテンツが目に付きます。
1「Sancta Agnes」の画像検索結果「Sancta Agnes」の画像検索結果「Sancta Agnes」の画像検索結果「Sancta Agnes」の画像検索結果   関連画像「Sancta Agnes」の画像検索結果 関連画像「Sancta Agnes」の画像検索結果
   「Chiesa di Sant'Agnese in Agone」の画像検索結果  「Chiesa di Sant'Agnese in Agone」の画像検索結果3  「鑑真薩摩坊津の仏舎利」の画像検索結果  「鑑真薩摩坊津の仏舎利」の画像検索結果 「鑑真薩摩坊津」の画像検索結果         「鑑真薩摩坊津」の画像検索結果          「鑑真薩摩坊津の仏舎利」の画像検索結果
6「1793年 - フランス国王ルイ16世が断頭台で処刑」の画像検索結果「1793年 - フランス国王ルイ16世が断頭台で処刑」の画像検索結果「1793年 - フランス国王ルイ16世が断頭台で処刑」の画像検索結果「1793年 - フランス国王ルイ16世が断頭台で処刑」の画像検索結果9 「1911年 - 初のラリー・モンテカルロが開幕。」の画像検索結果 「1911, the first rally montecarlo」の画像検索結果
       「1911年 - 初のラリー・モンテカルロが開幕。」の画像検索結果「1911, the first rally montecarlo」の画像検索結果         「1911, the first rally montecarlo」の画像検索結果        関連画像
14 「1930年 - ロンドン海軍軍縮会議」の画像検索結果 「1930年 - ロンドン海軍軍縮会議」の画像検索結果   「1930年 - ロンドン海軍軍縮会議」の画像検索結果「1930年 - ロンドン海軍軍縮会議」の画像検索結果「1930年 - ロンドン海軍軍縮会議」の画像検索結果
 「1930年 - ロンドン海軍軍縮会議」の画像検索結果「1930年 - ロンドン海軍軍縮会議」の画像検索結果「1930年 - ロンドン海軍軍縮会議」の画像検索結果    関連画像
17「浅間丸事件1940年」の画像検索結果           「イギリス海軍の軽巡洋艦「リヴァプール」」の画像検索結果「浅間丸事件1940年」の画像検索結果19 「1954, the first atomic submarine nautilus' launched」の画像検索結果    「1954, the first atomic submarine nautilus' launched」の画像検索結果
  関連画像  「1954, the first atomic submarine nautilus' launched」の画像検索結果   「1954, the first atomic submarine nautilus' launched」の画像検索結果 21「青瓦台襲撃未遂事件」の画像検索結果「青瓦台襲撃未遂事件」の画像検索結果「青瓦台襲撃未遂事件」の画像検索結果
   「青瓦台襲撃未遂事件」の画像検索結果「青瓦台襲撃未遂事件」の画像検索結果「青瓦台1968」の画像検索結果「青瓦台1968朴正煕」の画像検索結果「1968の金正日 金正恩」の画像検索結果 25  「1976年コンコルドが定期運航」の画像検索結果 「1976年コンコルドが定期運航」の画像検索結果  
        34「シャルル5世」の画像検索結果「板垣征四郎」の画像検索結果「クリスチャン・ディオール」の画像検索結果「永田雅一」の画像検索結果「暁テル子」の画像検索結果「久我美子」の画像検索結果「ジャック・ニクラス」の画像検索結果「竜雷太」の画像検索結果「三浦洋一」の画像検索結果「ジーナ・デイヴィス」の画像検索結果
(1)
304年 - ローマで聖アグネスが殉教する。
(2)754年天平勝宝5年12月20日) - 鑑真仏舎利を携え薩摩坊津に来日する。
763 – The Battle of Bakhamra between Alids and Abbasids near Kufa ends in a decisive Abbasid victory.
(3)1187年文治2年12月10日) - 鎌倉幕府鎮西奉行を設置する。
1525 – The Swiss Anabaptist Movement is founded when Conrad Grebel, Felix Manz, George Blaurock, and about a dozen others baptize each other in the home of Manz's mother in Zürich, breaking a thousand-year tradition of church-state union.
1535 – Following the Affair of the Placards, French Protestants are burned at the stake in front of the Cathedral of Notre Dame de Paris
(4)1720年 - スウェーデンプロイセンストックホルム条約を締結。
1749 – The Teatro Filarmonico in Verona is destroyed by fire. It is rebuilt in 1754.
(5)1757年 - フレンチ・インディアン戦争: かんじきの戦い起こる。
1774Abdul Hamid I became Sultan of the Ottoman Empire and Caliph of Islam.
1789 – The first American novel, The Power of Sympathy or the Triumph of Nature Founded in Truth, is printed in Boston.
(6)1793年 - フランス国王ルイ16世断頭台で処刑される。
1861American Civil War: Jefferson Davis resigns from the United States Senate.
1864 – The Tauranga Campaign begins during the New Zealand Wars.
1887 – A total of 465 millimetres (18.3 in) rain falls in Brisbane, a record for any Australian capital city.
(7)1887年 - 東海道本線の旧揖斐川橋梁の供用開始。
1893 – The Tati Concessions Land, formerly part of Matabeleland, is formally annexed to the Bechuanaland Protectorate, now Botswana.
(8)1899年 - オペル自動車が事業を開始。
1908 – New York City passes the Sullivan Ordinance, making it illegal for women to smoke in public, only to have the measure vetoed by the mayor.
(9)1911年 - 初のラリー・モンテカルロが開幕。
(10)1915年 - デトロイトで社会福祉団体「キワニス」が発足。
(11)1919年 - アイルランドで、シン・フェイン党議会を設置してイギリスからの独立を宣言。
(12)1921年 - リヴォルノイタリア共産党が結党。
(13)1925年 - アルバニアアフメド・ゾグー共和国宣言を行う。
(14)1930年 - ロンドン海軍軍縮会議が始まる。
1931 – Sir Isaac Isaacs is sworn in as the first Australian-born Governor-General of Australia.
(15)1932年 - ソ連・フィンランド不可侵条約締結。
(16)1937年 - 衆議院本会議において浜田国松が軍部批判。(腹切り問答
(17)1940年 - 日本の貨客船「浅間丸」が房総半島沖でイギリス海軍軽巡洋艦リヴァプール」の臨検を受け、当時イギリスと交戦中のドイツ人乗客21名が連行。(浅間丸事件
1941 – Sparked by the murder of a German officer in Bucharest, Romania, the day before, members of the Iron Guard engaged in a rebellion and pogrom killing 125 Jews.
1948 – The Flag of Quebec is adopted and flown for the first time over the National Assembly of Quebec. The day is marked annually as Québec Flag Day.
1950 – American lawyer and government official Alger Hiss is convicted of perjury.
(18)1952年 - 札幌市警警備課長・白鳥一雄警部が帰宅途中で射殺される。(白鳥事件
(19)1954年 - 世界初の原子力潜水艦ノーチラス号が進水。
1958 – The last Fokker C.X in military service, the Finnish Air Force FK-111 target tower, crashes, killing the pilot and winch-operator.
1960Little Joe 1B, a Mercury spacecraft, lifts off from Wallops Island, Virginia with Miss Sam, a female rhesus monkey on board.
・1960 –
Avianca Flight 671 crashes and burns upon landing at Montego Bay, Jamaica, killing 37. It is the worst air disaster in Jamaica's history and the first for Avianca.
1961 – Four hundred thirty-five workers are buried alive when a mine in Coalbrook, Free State collapses.
(20)1962年 - 大阪に交通科学館(現在の交通科学博物館)が開館。
(21)1968年 - 韓国青瓦台襲撃未遂事件発生。
(22)1968年 - ベトナム戦争: ケサンの戦いが始まる。
(23)1968年 - チューレ空軍基地米軍機墜落事故

1968Vietnam War: Battle of Khe Sanh: One of the most publicized and controversial battles of the war begins.
1971 – The current Emley Moor transmitting station, the tallest free-standing structure in the United Kingdom, begins transmitting UHF broadcasts.
(24)1972年 - トリプラメーガーラヤインドの州となる。
(25)1976年 - イギリスフランスが共同開発した超音速旅客機のコンコルドが定期運航を開始。
(26)1977年 - ジミー・カーター米大統領が、ベトナム戦争での徴兵忌避者に対し無条件の全面恩赦。
1981 – Production of the iconic DeLorean DMC-12 sports car begins in Dunmurry, Northern Ireland.
(27)1995年 - 未遂に終わったテロの計画「ボジンカ計画」の決行が予定されていた日。
1997 – The U.S. House of Representatives votes 395–28 to reprimand Newt Gingrich for ethics violations, making him the first Speaker of the House to be so disciplined.
1999War on Drugs: In one of the largest drug busts in American history, the United States Coast Guard intercepts a ship with over 4,300 kilograms (9,500 lb) of cocaine on board.
2000Ecuador: After the Ecuadorian Congress is seized by indigenous organizations, Col. Lucio Gutiérrez, Carlos Solorzano and Antonio Vargas depose President Jamil Mahuad. Gutierrez is later replaced by Gen. Carlos Mendoza, who resigns and allows Vice-President Gustavo Noboa to succeed Mahuad.
(28)2001年 - 東京都田無市保谷市合併して西東京市が発足。
(29)2002年 - 全日本空輸エアバスA321型機が函館空港で操縦ミスによる着陸事故。3人負傷。(全日空391便函館空港着陸失敗事故
2003 – A 7.6 magnitude earthquake strikes the Mexican state of Colima, killing 29 and leaving approximately 10,000 people homeless.
2004NASA's MER-A (the Mars Rover Spirit) ceases communication with mission control. The problem lies in the management of its flash memory and is fixed remotely from Earth on February 6.
2005 – In Belmopan, Belize, the unrest over the government's new taxes erupts into riots.
(30)2005年 - 茨城県那珂市が市制施行。
(31)2006年 - ICOCAPiTaPaの相互利用を開始。
(32)2006年 - 新潟近郊区間Suicaの使用を開始。
(33)2007年 - 宮崎県知事に元タレント東国原英夫(そのまんま東)が初当選。
(34)2011年 - 吉本所属芸人間寛平が人類初のアースマラソンを完走。走行距離約41,000km。かかった日数は766日。
(35)ヨシダが選んだ著名人の誕生日;シャルル5世(1338)、 板垣征四郎(1885)、クリスチャン・ディオール(1905)、永田雅一(1906)、暁テル子(1921)、久我美子(1931)、ジャック・ニクラス(1940)、 竜雷太(1940)、三浦洋一(1954)、ジーナ・デイヴィス(1956)

                    インタネット情報&ヨシダブログ
 上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。
   このコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を
編 集しつつ、ヨシダブログ書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグー グルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、 掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」
のほうが確実ですのでご留意ください。
ただ今、 6039編です。 
2016年1月21日(木)掲載分
昨日1月20日最終のトップページ
編集者のダイアリー・コナー

 「1月21日のできごと」でヨシダが特に関心を強くするのは、「(19)1954年 - 世界初の原子力潜水艦ノーチラス号が進水」ですが、なにしろ60年も前のこと。現在の同艦は?と好奇心を抱いてグーグルするに、「・・・1980年3月30日退役。以後、解体されることなくコネチカット州グロトン記念艦として保存・公開されているが、中央部に原子炉区画(コンクリート密閉)があるため、艦内は前半部分のみの公開となっている」とあります。公開されている写真を下記に添付します。(20日22:00)
               「コネチカット州グロトンのノーチラス号記念艦」の画像検索結果 「コネチカット州グロトンのノーチラス号記念艦」の画像検索結果

 一般紙コラムは全国紙を除いて当日日付の掲載が遅れることから、経済誌に目が向きました。ヨシダブログに書いていますが、お堅い内容で相反する意見記事2編にヒットして戸惑うなか、同じ経済誌で気軽な気分でヒットした記事が気に入り、最優先しました。「No.6035:バナナは「色」で、健康効果がこんなに違う 青め、黄色、茶色…それぞれの利点は?東洋経済ONLINE(nikkanCare.ism提供)2016.1.21.心理カウンセラー Nao Kiyota)」がそれです。バナナはフィリピンの主要輸出品。大いに食べるぞ~!と感じる次第。(9:25)
 広島人として、ヒバクシャとして、恥じる想いを禁じ得ない心境を招来した福井新聞「越山若水」に接しました。「No.6036「明るく静かに澄んで懐かしい文体、少しは甘えているようでありながら、きびしく…福井新聞「越山若水」2016.1.21.)」がそれです。われながら、イイ歳して、冷汗三斗の心境です・・・。でも、正直に告白することは辞しません。ヨシダ流儀のブログ。その分、謙虚さを失わないことと、自身に言い聞かせます。(10:45)
 「No.6037:同時多発テロをきっかけに、フランスで1冊の古典が再び読まれているという。ヴォル…茨城新聞「いばらき春秋」2016.1.21.菊(注:本リンクは当日限りです。))」のヨシダブログは歴史を学んでいない者の告白みたいなもの。でもでもですが、こんな告白を臆せずブログする、できるのは、その分、他面で応分の成果を上げてきたわが人生と自負する故の度胸(?)です。(11:45)
 「第三次世界大戦・・・」という言葉を耳に目にするだけで、ゾッとするものが、ウェブサイトや多くの書籍などで言及されいてることを目の当たりにして愕然たる思いを禁じ得ません。あたかも、早いか遅いかの論議であって、避けられないといった風潮です。「No.6038:英国大手銀行RBSが異例の警告「極めて深刻な事態、投資家は全てを売るべきだ」 MONEY VOICE2016.1.21.)」の編集で添付資料を多くすることを余儀なくしたことに嫌悪感すら否定できません。でも、こんな風潮があることを地球人は自覚する必要はあるでしょう・・・。(15:30)

 本日は「店じまい」(?)と思いきや、XPにメルマガ受信気配。こりゃ、パスできないぞ~!とばかりに編集しました。「No.6039:世界株安連鎖、震源地は日本日本経済新聞2016.1.21.豊島逸夫・豊島逸夫事務所代表)」がそれですが、政治家にとって、一寸先はなんとやら・・・と感じます。(18:15)

No.6039

世界株安連鎖、震源地は日本
日本経済新聞2016.1.21.豊島逸夫・豊島逸夫事務所代表

ヨシダブログ:株価変動に関してはヨシダは門外漢。でも、本筆者の冒頭の言葉に注目します。曰く、「日本株を売ることで、アベノミクスへの不信任票を投じている。世界の投資家が、日本株を売ることで、アベノミクスへの不信任票を投じている。そのアベノミクスの司令塔たる人物の一人に、金銭授受疑惑が浮上したことも、なんともタイミングが悪い・・・」 とあることに格別の関心を抱きます▼ことほど左様に投資家は敏感なのだな、と。ちなみに、その「司令塔たる人物の一人に・・・」は申すまでもないことです が、甘利明経済財政・再生相の政治とカネを巡る疑惑。参院予算委員会で答弁する同相の苦渋にみちた表情が印象的です。参考までに当該記事「甘利氏「記憶が曖昧」 金銭授受疑惑、辞任は否定」をリンクします▼(写真9枚添付ファイル)  
  「予算委員会の甘利さん」の画像検索結果  「予算委員会の甘利さん」の画像検索結果     「予算委員会の甘利さん」の画像検索結果        「予算委員会の甘利さん」の画像検索結果参院決算委で自らの週刊誌報道について答弁する甘利経財相(21日午後)
                「豊島逸夫著書「金為替世界経済」」の画像検索結果「豊島逸夫著書」の画像検索結果「豊島逸夫著書「金為替世界経済」」の画像検索結果
No.6038
英国大手銀行RBSが異例の警告「極めて深刻な事態、投資家は全てを売るべきだ」
MONEY VOICE2016.1.21.
ヨシダブログ:冒頭の不気味な言葉は、「欧米のアナリストたちの間では、「2016年は財政危機が押し寄せ、中国の景気後退がいっそう進み、原油はさらに下落、銅価格も歴史的安値、ジャンクボンドはすべて暴落し続ける」というのが最大公約数的な見方になっています。これには、まったく異論をさしはさむ余地がありません」です。投機にはまったく無縁の者でも気になる情報です▼「中 見出し」は、■「2016は大激変の年」と宣言~英国大手銀行RBS、■世界の主要メディアがこぞって市場崩壊を警告している、■1バレル10ドル台も視 野に入って来た原油価格、■陸送、鉄道とも貨物の輸送量が一気に激減している・・・と続き、おおよその論旨が想像できますが、「火のないところに煙は立た ぬ」をもって心にとどめることも大事と心得ます▼中東問題と言い、難民問題と言い、はたまた、EU問題等々、世界恐慌(不安)の火種は尽きません▼第一次 世界大戦は1914-1918年、第二次は1939年ー1945年と、約20年スパン。2016年の現代で早くも70年余の世界大戦無しの世の中。このス パンをもってどう将来を受けとめて処していくべきか・・・とは、世界史オンチのヨシダの無責任ブログです。「きょうのできごと」編集体験から気になるヨシダブログに過ぎませんが・・・▼ふと、余計な好奇心や勉学心(?)のあまりか、いろいろと検索する中でヒットしたサイトがあります。題して「第三次世界大戦のシナリオ」 がそれです。信じたくはない内容ですが、さもありなむ・・・、といった印象が否定できない内容です。どなたか、納得できる否定論を教えてくださいません か?ああ、無情・・・・です・・・。興味本位にと言ったら不謹慎ですが、「第三次世界大戦」に言及するサイトや書籍を拾い出してみました。あまりの多さに 絶句デス。その分、各界各層の方々が共通して抱かれる不気味な予想としか思えません。(写真29枚添付ファイル)    
   「第三次世界大戦」の画像検索結果      「第三次世界大戦」の画像検索結果「第三次世界大戦」の画像検索結果「第三次世界大戦」の画像検索結果「第三次世界大戦」の画像検索結果
 「第三次世界大戦」の画像検索結果「第三次世界大戦」の画像検索結果「第三次世界大戦」の画像検索結果    「第三次世界大戦」の画像検索結果     「第三次世界大戦」の画像検索結果 「第三次世界大戦」の画像検索結果
 「第三次世界大戦」の画像検索結果「第三次世界大戦」の画像検索結果  「第三次世界大戦」の画像検索結果   「第三次世界大戦」の画像検索結果  「第三次世界大戦」の画像検索結果「第三次世界大戦」の画像検索結果「第三次世界大戦」の画像検索結果「第三次世界大戦」の画像検索結果
 「第三次世界大戦」の画像検索結果「第三次世界大戦」の画像検索結果「第三次世界大戦」の画像検索結果「第三次世界大戦」の画像検索結果「第三次世界大戦」の画像検索結果「第三次世界大戦」の画像検索結果「第三次世界大戦」の画像検索結果  「第三次世界大戦」の画像検索結果「第三次世界大戦」の画像検索結果「第三次世界大戦」の画像検索結果
No.6037
同時多発テロをきっかけに、フランスで1冊の古典が再び読まれているという。ヴォル…
茨城新聞「いばらき春秋」2016.1.21.菊(注:本リンクは当日限りです。)
ヨシダブログ:
世界史をまともに学んでいないヨシダにとっては啓蒙させられる記事。早速に「「カラス事件」歴史を変えた18世紀フランスのある老人の冤罪死」に目を通しました。本コラム編集者にとっては遅ればせながらの学び場と心得えた告白のブログです。不肖、ヨシダの現在の生き方は「自利から他利」ですが、不平不満を抱いていてはそんな思想も出てきません。幸福感を得るには物事の解釈の仕方に依存します。・・・とまあ、説教じみたブログはやめてのこと、こんな記事にヒットすると、殊のほか共感を得ることができるのが幸せと受けとめます。写真10枚添付ファイル)    
 「La raison contre le fanatisme: reconsidérer Traité sur la tolérance de Voltaire」の画像検索結果「ヴォルテールの「寛容論」」の画像検索結果「ヴォルテールの「寛容論」」の画像検索結果「La raison contre le fanatisme: reconsidérer Traité sur la tolérance de Voltaire」の画像検索結果「La raison contre le fanatisme: reconsidérer Traité sur la tolérance de Voltaire」の画像検索結果
  「カラス事件」の画像検索結果 「カラス事件」の画像検索結果「カラス事件」の画像検索結果「カラス事件」の画像検索結果
No.6036
「明るく静かに澄んで懐かしい文体、少しは甘えているようでありながら、きびしく…

福井新聞「越山若水」2016.1.21.
ヨシダブログ:
こ の福井新聞記事に強烈にとりつかれました。一つは、福井市地元老舗企業の社員教育を離日寸前まで引き受けて福井市には造詣を深くしていたこと。蛇足です が、それまで9年間続けていた東京の老舗企業クライアント契約を前者の要請に応ずべく御暇をいただいてシフトした経緯があるのです。前者社長がヨシダの講 演を大阪市で聴かれたのが縁でのクライアント契約でした▼当時のヨシダは不遜ながら、広島市出身で広島原爆に縁を深くして居られた本記事主人公の小説家・ 原民喜氏の存在に全く気付いていなかったというお粗末さです。半年間通った福井市の新聞で初めて知った、知らされた・・・というお粗末さを恥じ入るばかり です▼原爆平和公園内にある碑銘(「遠き日の石に刻み 砂に影おち 崩れ墜つ 天地のまなか 一輪の花の幻」(原 民喜) )も知りませんでした。なんともお粗末千万と恥じ入るばかりです。同氏著の「夏の花」は後刻に拝読する所存です。ウィキペディアで原さんのことを知るにつけ、知らされるにつけて現在に至って認識していなかったことに心底恥じ入るばかりです。合掌写真7枚添付ファイル)    
   「小説家、原民喜」の画像検索結果「小説家、原民喜」の画像検索結果「小説家、原民喜」の画像検索結果 「小説家、原民喜」の画像検索結果 「原民喜夏の花」の画像検索結果
            「宮下奈都」の画像検索結果「宮下奈都「羊と鋼の森」」の画像検索結果
No.6035
バナナは「色」で、健康効果がこんなに違う 青め、黄色、茶色…それぞれの利点は?
東洋経済ONLINE(nikkanCare.ism提供)2016.1.21.心理カウンセラー Nao Kiyota
ヨシダブログ:今朝一番に目にとまったのは経済誌2編の記事。曰く、「資源価格下落は日本への未曾有のボーナス」、「住商が特損、日本も資源バブル崩壊と無縁ではいられない」 の2編。資源価格下落の二面性を示唆する記事で、思わず、う~ん・・・と考え込む矢先にメルマガ受信気配で得たこの記事!肩が凝らずに、さりとて、健康食 品の選択肢に関わるだけに、飛びつきました(笑)▼ヨシダの部屋にある冷蔵庫にはバナナは常備食品のひとつ。こりゃ、無視できないゾ~!とばかりに飛びつ きました。曰く、■「青めバナナ」は便秘を解消!、■「黄色バナナ」は生活習慣病を防ぐ!、■ 「茶色バナナ」は胃潰瘍予防&免疫力を上げる!と!!!!!!。つまり、バナナ様は健康食品の最たる果物!色の変化に関わらず、大いに召し上が れ!と自身に言い聞かせる記帳な記事として優先掲載しました。ヨシダって、結構、ユーモアセンスがあるでしょう!とは自我自賛。ま、これもボケ防止、長寿 の秘訣になるでしょう(笑)。おっと、添付写真末尾の美女は本記事筆者の心理カウンセラー・Nao kiyomiさん。バナナを食べると美しくなる!!!の標本(シツレイ!)として添付させていただきました。写真5枚添付ファイル)    
  「nikkanCare.ism」の画像検索結果   「nikkancare.ism, banana」の画像検索結果     関連画像   「philippines banana」の画像検索結果「心理カウンセラー Nao Kiyota」の画像検索結果
 昨20日の記事3編を下記に掲載していましたが、本日21日の第一記事掲載(9:15)をもって消却しました。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分程度を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。 

                「末尾の特別情報お知らせコーナー」
  以下のコラムは日々の執筆生活の中で、これはと思いついたことをタイトルを付して書き留めたものです。ウェブサイトトップ面の末尾の箇所に掲載するもので して、時おり変更しています。数多いヨシダブログですが、まとまった所信の一端といった感じで位置づけています。なお、上掲のリンクをクリックすると、そ の下書き的なテーマや内容の一端が垣間見られます。

     人生第一、第二、第三、第四毛作を通じてヨシダが抱き続ける名格言
               
  ”財を遺すは下 事業を遺すは中 人を遺すは上 
                             されど 財をなさずんば 事業保ち難く 
                             事業なくんば 人育ち難し”

    (中国唐代の大詩人・白楽天<
772年(大暦7年) - 846年(会昌6年)>の言葉)  
                 
 (経営者時代からヨシダが愛した格言)          
                                    
                              白楽天・『晩笑堂竹荘畫傳』より         
 
人生第一、第二、第三毛作の通算62年間の経営者人生を通して好きな格言として愛唱してきている格言です。とりわけ、人生第ニ毛作時代 はトラック運送事業で「7社グループによる総合物流商社」体制を構築したなかで、米国から導入した「ジーバート自動車防錆処理事業(Ziebart Rust-proofing system)」が話題性を呼び、それが導火線みたいになって、運送業界関連紙・誌に加えて、一般のマスメディアにも結構取材を受けるなどしました。
  下記の写真は本誌にもヨシダの記事が多く登場したことから、請われてこのようなことになったものです。なにせ、毛書は我流もイイところで、人様にお見せす るには気恥ずかしさで一杯ですが、中身で勝負って気持ちで応じて出版されたものです。蛇足ですが、こんな調子の毛筆年賀状表書きを毎年4,5百枚書いたも のです。
 画面がちょっとボケていますが、下手くそでも言葉の意義を強調したいがために記録に取っていたものです。
白居易(はく きょい、772年(大暦7年) - 846年(会昌6年)字(あざな)を楽天と称した)は、中唐の詩人です。経営者としての存念を代弁して余りあることから、ご覧に入れる次第です。   
 なお、グーグル資料によると、
明治から昭和初期まで活躍した、医師であり政治家でもあった後藤新平氏は、自らが中心となって結成した、少年団日本連盟の副理事長 三島通陽氏に、こう言い遺したそうです。「よく聞け、金を残して死ぬ者は下だ。仕事を残して死ぬ者は中だ。人を残して死ぬ者は上だ。よく覚えておけ」と。
 また、別の資料によると、以下のように言われたとの説もあります、と。「財を遺すは下 事業を遺すは中 人を遺すは上なり されど財無くんば事業保ち難く、事業無くんば人育ち難し」・・・と。この名言の元祖が意外に知られていない感じです。   
 (追記)「・・・人を遺すは・・・」で、現在にして我ながら大きく自負できることを追記できるいことを誇りであり名誉と受けとめています。
 社名は伏せますが、ヨシダの離日直前までの16年間、各地で講演等コンサルティング活動を展開したなかで、東広島市の中堅運送会社とは初期の段階から16年間、東京の上場予定の老舗運送会社2社さんは9年間の離日までの最大のクライアントでした。
 「人を遺す」はすなわち
、 社員(人間)教育そのも。それを現在に至るも前出クライアントさんにご提供する栄に浴していることを大きな誇りとしています。前者に対することは、「毎月 の安全会議」に対する「ヨシダ・メッセージ」(A4板びっしり)の送付。後者に対することは、新入社員総合職に対するユニークはお手伝い。具体的には、拙著
トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊) 」を通読した後の「感想文(会社が提示された同著を巡る質問等に対する新入社員の感想文)」を受け取り、著者の立場でその行間を割って著者意見・感想等を付してリターンする、という仕組み。一人分の「感想&著者コメント」はA4板で10ページ近くに及びます。
 ・・・と、自称「人生第四毛作」を演じてはや、7年。にも関わらず、その延長線上にヨシダの経営者(即・教育者)としての役割を果たす機会を与えられているのです。そんなことから、この格言「財を遺すは・・・」も現在にして実践しているのが84歳超のヨシダです。この格言は奇しくもヨシダ生涯の格言足り得る次第です。
             
          http://www.a-bombsurvivor.com/contents/writing/writing_No.1/writing_No.1-11.jpg    
(お詫び:当該週間誌表紙画像は、くだんの格言文字がかつかつ読める程度に縮小したものです。ウェブサイト掲載時にはつつましく(?)もっと縮小したいのですが、肝心の下手くそな毛書字が読める程度に縮小したものです。)

 ヨシダのウェブサイトをご訪問くださってありがとうございました。またの機会までご機嫌よろしゅう!と言っても、毎日相当量のヨシダコメントを書きまくっています。「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど」が決まり文句です。 
                          2016年1月21日(木)
                           ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
                          吉田祐起
                             (満84歳2ヶ月)                          
                    (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)
                                             yoshida@a-bombsurvivor.com                                                          URL(eng): http://www.a-bombsurvivor.com
                   URL(jpn): http://www.a-bombsurvivor.com/index_japanese.html