吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果    「yuuki yoshida」の画像検索結果  http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
         吉田祐起のプロフィール  (満84歳2か月) 
   "生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 


 この国フィリピンを終の棲家と定めて住み着いたのは2009年2月1日でした。

 数年間の自立単身生活を経て、ある縁を得て、現在ではフィリピン家族と共同生活を送っています。題して「相互扶助精神に基づ く運命共同体生活」がそれです。ヨシダの終生面倒見をかれらにしてもらうかわりに、皆さんには貧困から脱却してもらってお互いに幸せになりましょうという相互扶助の共同生活です。 

 ・・・ と、こんな生活設計を描いて現在に至るヨシダですが、ヨシダの義務は長生きすることにあると自覚しています。そのためには満40歳からある動機を得て始め て現在に至る自己流のストレッチング体操に一層の磨きをかけるなど、加えて長年に及ぶステッキ使用で肩にかかった重荷による肩こり解消に集中努力をして通 算8年。お陰で99.9%の達成振りです。でも、ちょっと真似のできない自助努力と自負します。

 肝心のボケ防止のための独特の手法を編み出したのが2012年3月のこと。題して「インタネット情報&ヨシダブログ」がそれです。詳細はクリックしてご覧くださいませんか?「こんなことをしているなんて、カッコいいボケ防止!」と自我自賛しています(笑)。

              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手製のささやかなウェブサイトですが、ご覧ください。なお、ご意見やお気づきの点は遠慮なく下記にご一報くだされば嬉しい限りです。
yoshida@a-bombsurvivor.com                                                                         English               
            2016年1月17日(日)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
 

       ヒロシマ・ヒバクシャのヨシダが発信する「オバマ米大統領の被爆市訪問」のこと
  フィリピンに来て間もない頃は2009年11月10日のこと。シンガポールで開催の APEC会議出席の前に東京に立ち寄られたオバマ大統領がNHK WORLDの記者の質問(今回の日本立ち寄りを機に、被爆市訪問の意図がありますか?) 対して答えられた言葉が鮮明です。"The schedules are too tight this time. However, I would like to have an honor of visiting some day during my Presidency."(今回はスケジュールが一杯でできないが、任期中の何時か訪問の栄に浴したい・・・)。その出来事を踏まえて即座に書いたのが、拙著オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします!」 (2009年11月10日記)です。クリックしてご覧ください。ヨシダはその後、その適切な訪問時期は、区切りイイ年次の「2010年ー65周年」として 公開書簡まで発表したものでした。しかし、それが実現しなかったことは、現在にして思うに、「2015年ー70周年」こそがベストな年次と提唱するに至り ました。
 ところが、8月に入ってもその気配は皆無。「2015年-70周年」に拘っていたヨシダは絶望と思いつめていたものの、考えてみれば 同大統領の任期は 2017年1月20日東部時間正午まで。とすれば、区切りは良いとは言えない「2016年ー71周年」になるのが精一杯。まいっか・・・と勝手に思ってい るところです。大統領任期中の「レガシー(遺産)づくり」としても、男の約束においても実現されるのがご本人のためだとさえ思うのがヨシダです。

 おって、ヒバクシャとして被害意識を強くする中で、オバマ米大統領が2011年の9.11の8周年記念式典(ペンタゴン)て遺族たちを前にスピーチした言葉の一節を下記に掲載します。「被害意識」が先行するヒバクシャのわれわれが共有すべき貴重な言葉と受けとめます。なお、この崇高なる大統領の言葉は"Ceremonies Mark 8th Anniversary of September 11 Terrorist Attacks"の中ほどに小さく載っていたもので、目立たないものです。中見出し付きもしくは、太文字表示されるべき価値あるものと考えます。
"Let us renew the true spirit of that day. Not the human capacity for evil but the human capacity for good - not the desire to destroy but the impulse to save and to serve and to build," あの日の真実の心を新たにしましょう。 悪に対する人類の能力としてでなく、善に対する人類の能力としてです。-破壊することへの欲望でなく、守り、奉仕し、建設するための推進力としてです。(オバマ米国大統領・翻訳;吉田祐起) 
            「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果         「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果
   (注:このトップコメントは2016年8月6日まで掲載します。しぶといでしょう、ヨシダは・・・笑)

                
                  ウィキペディアから拾った1月17日の「できごと」 
                              January 17, Events(英語版)                                                                 「きょうのできごと」記録集
(To the English language visitors: Sorry, this column is for the Japanese edition. However, you could see so many English written Events in red characters among the Japanese lines, which are the ones never shown in Japanese edition. This means that Japanese edition is not as world-wide as the original English Google edition.) 
  こ のコラム編集なかんずく、当該写真の選択はご覧くださる方々のご関心をヴィジュアルな面で提供することを目的としています。ところが、写真を多く添付する と「1ページ当たりの編集許容量」が「1MB=1000KB」という制約から枚数を制限せざるを得ないものがあり、編集者の立場でこれは、と思うできごと に限った当該写真の添付ということにしています。★なおまた、「ウィキペディアのできごと」は英語版が本流でして、日本語版はその翻訳的な一面が 否 定できません。日本語版から入ると「できごとの」の主人公すら掴めない場合さえあることを最近痛感することが少なくありません。「主語抜き」という日本語 特有の落とし穴です。ヨシダの手法は、その「できごと」の主人公もしくは主体をヨシダ流に英語でインプットしてキャッチするケースが少なくありません。そ んなことから、案外と多くの時間を 費やしているのがこの編集作業です。もっとも、その過程で学び体験を得るのは他ならぬ、編集者のヨシダではあるのですが・・・★なお、英語版の掲載は本家 米国が主体性であるにかんがみ、世界的視野からの「できごと」を知る意味で日本語版との重複は無論、除外してそのまま掲載しております。同英語版のリンク をクリックすると日本語版には見られない内容豊かなコンテンツが目に付きます。
4    「木製活字古文孝経」の画像検索結果「木製活字古文孝経」の画像検索結果「木製活字古文孝経」の画像検索結果「木製活字古文孝経」の画像検索結果5「james cook 1773 antarctica」の画像検索結果「james cook 1773 antarctica」の画像検索結果
「james cook 1773 antarctica」の画像検索結果「james cook 1773 antarctica」の画像検索結果「james cook 1773 antarctica」の画像検索結果6「Battle of Cowpens」の画像検索結果「Battle of Cowpens」の画像検索結果       「Battle of Cowpens」の画像検索結果
 「Battle of Cowpens」の画像検索結果  関連画像   「Battle of Cowpens」の画像検索結果     「Battle of Cowpens」の画像検索結果 
9
「Modoc War」の画像検索結果「Modoc War」の画像検索結果
 The Modoc War -- Soldiers Recovering the Bodies of the Slain.jpg   「Modoc War」の画像検索結果        「Modoc War」の画像検索結果Captain Jack.jpg「Modoc War」の画像検索結果「treaty between usa and modoc indian」の画像検索結果
25  「KC-135」の画像検索結果   関連画像     関連画像「KC-135」の画像検索結果「1968 Thule Air Base B-52 crash」の画像検索結果「1968 Thule Air Base B-52 crash」の画像検索結果
「1968 Thule Air Base B-52 crash」の画像検索結果  「1968 Thule Air Base B-52 crash」の画像検索結果   「1968 Thule Air Base B-52 crash」の画像検索結果     関連画像  「1968 Thule Air Base B-52 crash」の画像検索結果   「1968 Thule Air Base B-52 crash」の画像検索結果
32  「1991 湾岸戦争」の画像検索結果    「1991 湾岸戦争」の画像検索結果 「1991 湾岸戦争」の画像検索結果35   「northridge earthquake california 1994」の画像検索結果   「northridge earthquake california 1994」の画像検索結果  「northridge earthquake california 1994」の画像検索結果    
 
「northridge earthquake california 1994」の画像検索結果     「northridge earthquake california 1994」の画像検索結果37 「阪神・淡路大震災」の画像検索結果 「阪神・淡路大震災」の画像検索結果    「阪神・淡路大震災」の画像検索結果
    「阪神・淡路大震災」の画像検索結果  「阪神・淡路大震災」の画像検索結果  「阪神・淡路大震災」の画像検索結果      「阪神・淡路大震災」の画像検索結果
           45  「ピウス5世」の画像検索結果「ベンジャミン・フランクリン」の画像検索結果「デビッド・ロイド・ジョージ」の画像検索結果「アル・カポネ」の画像検索結果「細川隆元」の画像検索結果「村田英雄」の画像検索結果「モハメド・アリ」の画像検索結果 「山口百恵、」の画像検索結果
38 BCOctavian divorces his wife Scribonia and marries Livia Drusilla, ending the fragile peace between the Second Triumvirate and Sextus Pompey.
395 – Emperor Theodosius I dies in Mediolanum (Milan), the Roman Empire is re-divided into an eastern and a western half. The Eastern Roman Empire is centered in Constantinople under Arcadius, son of Theodosius, and the Western Roman Empire in Mediolanum under Honorius, his brother (aged 10).
1287 – King Alfonso III of Aragon invades Minorca.
1377Pope Gregory XI moves the Papacy back to Rome from Avignon.

(1)1377年 - ローマ教皇グレゴリウス11世アヴィニョンからローマに帰還し、アヴィニョン捕囚が終了。
(2)1400年応永6年12月21日) - 大内義弘が戦死して室町幕府方が勝利し、応永の乱が終結する。
(3)1524年 - イタリアの探検家ジョバンニ・ダ・ヴェラッツァーノ北西航路発見のための航海に出発。
1562 – France recognizes the Huguenots by the Edict of Saint-Germain.
(4)1594年文禄2年11月26日) - 日本初の木製活字本となる古文孝経が印刷される。
1595Henry IV of France declares war on Spain.
1608 – Emperor Susenyos I of Ethiopia surprises an Oromo army at Ebenat; his army reportedly kills 12,000 Oromo at the cost of 400 of his men.
1648 – England's Long Parliament passes the "Vote of No Addresses", breaking off negotiations with King Charles I and thereby setting the scene for the second phase of the English Civil War.

(5)1773年 - ジェームズ・クックらがヨーロッパ人で初めて南極圏に到達。
(6)1781年 - アメリカ独立戦争: カウペンスの戦い

(7)1798年寛政9年1月17日) - 湯島聖堂昌平坂学問所と改称し、幕府の直轄とする。
1799Maltese patriot Dun Mikiel Xerri, along with a number of other patriots, is executed.
1811Mexican War of Independence: In the Battle of Calderón Bridge, a heavily outnumbered Spanish force of 6,000 troops defeats nearly 100,000 Mexican revolutionaries.
1852 – The United Kingdom recognizes the independence of the Boer colonies of the Transvaal.
1873 – A group of Modoc warriors defeats the United States Army in the First Battle of the Stronghold, part of the Modoc War.

(8)1874年 - 板垣退助後藤象二郎らが日本政府に民撰議院設立建白書を提出。
(9)1873年 - モードック戦争: 最初の砦の戦い英語版
(10)1881年 - 明治大学が創立。

(11)1885年 - マフディー戦争: アブクレアの戦い
(12)1887年 - 皇后美子(のちの昭憲皇太后)が婦人の洋装を奨める思召書を伝達。
(13)1893年 - ハワイ王国でアメリカ人サンフォード・ドールらが王政の廃止を宣言しハワイ臨時政府を樹立。女王リリウオカラニが退位しカメハメハ王朝が倒れる。
(14)1899年 - アメリカ合衆国ウェーク島を取得。
1903El Yunque National Forest in Puerto Rico becomes part of the United States National Forest System as the Luquillo Forest Reserve.
(15)1904年 - アントン・チェーホフ戯曲桜の園』がモスクワ芸術座で初演。
(16)1912年 - イギリスのロバート・スコットらが南極点に到達。ロアール・アムンセンの南極点到達の約1か月後。
1913Raymond Poincaré is elected President of France.
1915Russia defeats Turkey in the Battle of Sarikamish during the Caucasus Campaign of World War I.

(17)1917年 - アメリカ合衆国がデンマークからヴァージン諸島を2,500万ドルで買収。
1918Finnish Civil War: The first serious battles take place between the Red Guards and the White Guard.
1929 – Inayatullah Khan, king of the Emirate of Afghanistan abdicates the throne after only three days.

(18)1929年 - エルジー・クリスラー・シーガーの新聞漫画『シンプル・シアター』でポパイが初登場。
1941Franco-Thai War: French forces inflict a decisive defeat over the Royal Thai Navy.
1943World War II: Greek submarine Papanikolis captures the 200-ton sailing vessel Agios Stefanos and mans her with part of her crew.
1944 – World War II: Allied forces launch the first of four assaults on Monte Cassino with the intention of breaking through the Winter Line and seizing Rome, an effort that would ultimately take four months and cost 105,000 Allied casualties.

(19)1945年 - 第二次世界大戦ヴィスワ=オーデル攻勢: ソ連赤軍が、ドイツ占領下のポーランドの首都ワルシャワを解放。
(20)1945年 - ハンガリー駐在のスウェーデン外交官ラウル・ワレンバーグがソ連軍司令部へ向かったのを最後に失跡。
(21)1946年 - 国連安全保障理事会が初会合。
1949The Goldbergs, the first sitcom on American television, airs for the first time.
1950 – The Great Brink's Robbery: Eleven thieves steal more than $2 million from an armored car company's offices in Boston.

(22)1955年 - アメリカ海軍の原子力潜水艦ノーチラスが、史上初となる原子力による航行を行う。
(23)1961年 - ドワイト・D・アイゼンハワー米大統領が退任演説の中で軍産複合体が国家に及ぼす影響力について警告。
(24)1961年 - カタンガ国内に連行されたコンゴ共和国(コンゴ・レオポルドヴィル)の前首相パトリス・ルムンバが処刑[1]
1961 – Former Congolese Prime Minister Patrice Lumumba is murdered in circumstances suggesting the support and complicity of the governments of Belgium and the United States.
(25)1966年 - 水素爆弾を搭載したアメリカ空軍B-52爆撃機スペインのパロマレス沖でKC-135空中給油機と衝突、水爆を搭載したまま墜落。(パロマレス米軍機墜落事故
(26)1968年 - 佐世保エンタープライズ寄港阻止闘争: 佐世保市で原子力空母エンタープライズ寄港阻止の全学連学生が警官隊と衝突。
1969Black Panther Party members Bunchy Carter and John Huggins are killed during a meeting in Campbell Hall on the campus of UCLA.
(27)1971年 - 精進湖で氷が割れ、スケート客9人が死亡。
(28)1973年 - フィリピンマルコス大統領によって、自身が大統領と首相を兼任することを認める新憲法を発布。同時に戒厳令の無期限延長を発表。
(29)1977年 - 死刑執行が停止されていたユタ州で、「死刑にされる権利」を要求していたゲイリー・ギルモアが本人の希望どおり処刑される。
(30)1979年 - イラン革命: ルーホッラー・ホメイニーがイスラム革命評議会臨時政府の樹立をパリで発表。
(31)1979年 - 第二次オイルショック国際石油資本が日本への原油の供給量の削減を通告。
1981President of the Philippines Ferdinand Marcos lifts martial law eight years and five months after declaring it.
1982 – "Cold Sunday": in numerous cities in the United States temperatures fall to their lowest levels in over 100 years.
1983 – The tallest department store in the world, Hudson's flagship store in downtown Detroit, closes due to high cost of operating.

(32)1991年 - 多国籍軍イラク空爆(砂漠の嵐作戦)開始により湾岸戦争が勃発。
(33)1991年 - オーラヴ5世の崩御によりハーラル5世ノルウェー国王に即位。
1992 – During a visit to South Korea, Japanese Prime Minister Kiichi Miyazawa apologizes for forcing Korean women into sexual slavery during World War II.
(34)1993年 - 陸上自衛隊ミサイル部隊が発足。
(35)1994年 - ロサンゼルスマグニチュード6.8の地震が発生。(ノースリッジ地震
(36)1994年 - 上飯田連絡線設立。
(37)1995年 - 阪神・淡路大震災: 京阪神地区でマグニチュード7.3の地震が発生(兵庫県南部地震)、大きな被害が出る。
(38)1996年 - チェコ欧州連合 (EU) への加盟を申請。
1997 – Cape Canaveral Air Force Station: A Delta 2 carrying a GPS2R satellite explodes 13 seconds after launch, dropping 250 tons of burning rocket remains around the launch pad.
1998Lewinsky scandal: Matt Drudge breaks the story of the Bill ClintonMonica Lewinsky affair on his website The Drudge Report.

(39)2002年 - コンゴ民主共和国東部のニーラゴンゴ山が噴火。45人が死亡し、近隣住民約35万人が避難。
(40)2005年 - 静岡県菊川市が市制施行。
(41)2006年 - ライブドア・ショック。前日のライブドア本社などへの強制捜査を受け、ライブドア関連の株価が大幅に下落。
2007 – The Doomsday Clock is set to five minutes to midnight in response to North Korea nuclear testing.
(42)2008年 - ブリティッシュ・エアウェイズ38便事故
2010Rioting begins between Muslim and Christian groups in Jos, Nigeria, resulting in at least 200 deaths.
(43)2011年 - 新幹線総合システムがダイヤの変更作業中に障害が発生し、東北上越山形秋田長野の各新幹線の全列車が1時間15分にわたって不通になる。
(44)2014年 - タイ反政府デモで爆発物がデモ隊に投げ込まれ男性1人が死亡し40人が死傷する。13日に「バンコク封鎖」が始まって以来、デモ関係で初の死者となった。
(45)ヨシダが選んだ著名人の誕生日;ピウス5世(1504)、ベンジャミン・フランクリン(1706)、デビッド・ロイド・ジョージ(1863)、アル・カポネ (1899)、 細川隆元(1900)、村田英雄(1929)、モハメド・アリ(1942)、山口百恵(1959)

                    インタネット情報&ヨシダブログ
 上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。
   このコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を
編 集しつつ、ヨシダブログ書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグー グルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、 掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。 
ただ今、 
6023編です。
 

2016年1月17日(日)掲載分
昨日1月16日最終のトップページ
編集者のダイアリー・コナー

 本日「1月17日のできごと」でヨシダが関心を強くするのは、「(25)1966年 - 水素爆弾を搭載したアメリカ空軍B-52爆撃機スペインのパロマレス沖でKC-135空中給油機と衝突、水爆を搭載したまま墜落。(パロマレス米軍機墜落事故)」です。空恐ろしい放射能汚染の実態を知り絶句です。「(35)1994年 - ロサンゼルスマグニチュード6.8の地震が発生。(ノースリッジ地震)」 で想起するのはその前年1993年10月から一ヶ月間「米国取材旅行」の最終地がロサンゼルス。同市出身の元トラック運送会社社長と長時間話し込み、同氏 の邸宅に案内されました。奥さんは病気で寝たっきり。フィリピン女性医師が泊まりこみで介護しているのに接しました。当時のヨシダはフィリピンのフィの字 も頭になかった時代。その翌年は1993年の今日1月17日の大地震。当時はEメールは未だの時代。国際電話で見舞うに、奥さんは地震で亡くなられた、 と。ふと、思うに、もしチョッとずれてヨシダが現地に居たときの大地震だったら・・・と後の言葉が出ません。(16日21:00)
 今朝一番の取材編集記事は極めて貴重なものと感じます。「No.6020:元米財務長官ローレンス・サマーズ氏が語るアベノミクス日本経済新聞2016.1.17.(12日付)FT編集長 ライオネル・バーバー)」 がそれです。12日付のものですが、記憶する限り、その日に見当たらなかったもの。日本経済新聞さんがトップで発表している記事だけに、貴重だし、掲載が 遅れたことに?を感じないでもありません。それにしても、日本経済新聞さんがFTを買収する時代。文字通り「グローバル・マスメディア化」です。 (9:45)
 ・・・ 本サイト編集長・ヨシダが感じる「オー・ミステイク!」。「きょうのできごと」でヨシダが「特記」すべきことでありながら、一年遅れで発生したロサンゼル ス大地震のほうを優先していました。ここに犠牲者の霊ならびにご遺族にお詫びの念を捧げます・・・。合掌。(9:55)
 「No.6021:ミニスカートを発表したフランスの服飾デザイナー、アンドレ・クレージュさんが亡く…東京新聞「筆洗」2016.1.17.)」のヨシダブログは、歯に衣着せぬ調子の独りよがり。ま、お許しのほど・・・。(11:40)
 平泉には脚を踏み入れたことのないヨシダ。でも、本コラム編集のお陰で、なんだか足を踏み入れたって感じで、満足しています。その記事は、「No.6022寒気が足元から体を伝う。静寂の闇に浮かぶほの暗い堂内で一年の平和や多幸を…岩手日報「風土記」2016.1.17.)」です。(12:40)
 ヨシダより1歳お兄さんに当たる長崎の証言者・広瀬方人さんが逝去。英語でも証言活動をされた等々、敬意を表してやみません。「No.6023:遺言は「あきらめてはいけない」長崎新聞「水と空」2016.1.17.信)」を編集しつつ、哀悼のまことを捧げました。合掌。(13:30)



No.6023
遺言は「あきらめてはいけない」
長崎新聞「水と空」2016.1.17.信

ヨシダブログ:被 爆証言者の広瀬方人さんは享年85歳でヨシダの1歳兄貴分。英語でも被爆証言をされたと知り、強く共感し敬意を表します。ヨシダは被爆証言でなく、被爆執 筆って感じの活動。しかも、その内容は一般の証言者とはいささか異質の内容。ま、一人くらいはみ出し証言者が居てもイイだろうと自身に言い聞かせていま す。合掌写真6枚添付ファイ ル
     関連画像  「廣瀬方人」の画像検索結果    「ヒロシマ・ナガサキの声、第14集」の画像検索結果 「廣瀬方人」の画像検索結果 「廣瀬方人」の画像検索結果「廣瀬方人」の画像検索結果
No.6022

寒気が足元から体を伝う。静寂の闇に浮かぶほの暗い堂内で一年の平和や多幸を…
岩手日報「風土記」2016.1.17.

ヨシダブログ:平 泉には訪問する機会が生じたものの、話(講演)が中断して実現しなかった後ろ髪を惹かれる由緒ある古都。フィリピンの果てでこの種の行事関連記事に接し て、このコラムのお陰で編集しながらの「後追いの鑑賞」ってところ。でも、ヨカッタ!です、大いに楽しみました!とりわけ、「開祖の慈覚大師円仁が中国五台山から伝えたといわれ」から、同大師と中国五台山の画像を探して添付できました。写真13枚添付ファイ ル
 「開祖の慈覚大師円仁」の画像検索結果   「中国五台山」の画像検索結果   「毛越寺の常行堂「二十日夜祭」の画像検索結果「毛越寺の常行堂「二十日夜祭」の画像検索結果          「毛越寺の常行堂「二十日夜祭」の画像検索結果
       「毛越寺の常行堂「二十日夜祭」の画像検索結果        「毛越寺の常行堂「二十日夜祭」の画像検索結果     関連画像「毛越寺の常行堂「二十日夜祭」の画像検索結果
 「毛越寺の常行堂「二十日夜祭」の画像検索結果                「毛越寺の常行堂「二十日夜祭」の画像検索結果「摩多羅神への献膳式」の画像検索結果「毛越寺の常行堂「二十日夜祭」の画像検索結果

No.6021

ミニスカートを発表したフランスの服飾デザイナー、アンドレ・クレージュさんが亡く…
東京新聞「筆洗」2016.1.17.
ヨシダブログ:ミニスカートが日本で流行ったのは1960年。ヨシダが29歳の頃。当時のヨシダ はテレビも碌に観る時間がないほど全国を駆け回っていた人生第一毛作末期時代。米国から導入成功した新技術や自身の開発した商品販売の指導宣伝で大阪の商 社マンと活動していた時代。でも、ミニスカートの魅力を感じたのは人並みでした(笑)▼米ドキュメンタリー映画:パーソナル・ソングは観ていません。せめ てその片鱗をこの記事で窺い知る機会を得た感じです▼ミニスカートと言えば、現在の住家住宅団地「ベルエア1」は一般道と比べて服装は開放的。とりわけ、 フィリピーナのショートパンツ姿は風物詩ならぬ常夏の国らしい風景。日本人と比べると比較にならないような「すらっと長く伸びて脚」を誇示するかのような 風情で颯爽と歩く姿はヨシダにとって「絶景かな!」です。まったく飽くことをしりません▼ついでのことですが、彼女たちのおヒップがこれまた魅力的!お ヒップが後ろに突き出た(?)分、胸を張る姿勢になるのか、歩く姿勢が良く、日本人みたいに、俯き内股小幅加減も大和撫子型でコソコソといった風情とは比 較になりません。そうだ、それが証拠に(と言ったらヘンですが)フィリピンに来て間もない頃に書いた拙著を添付します。題して、「日本人の歩く姿勢とフィリピン人のそれを見て感じること」と、「(続編)日本人の歩く姿勢(姿)とフィリピンの人たちのそれをみて感じること」です。「スケッペ親爺の独自の観察力」って按配で、横目にみてくだされば本望です(笑)▼ 本記事の狙いは、「認知症の母親に対する音楽の効果」。音楽と言えば、幼年時代からお袋がクラシック音楽喫茶を経営していたこともあって、クラシックには 造詣深く、ベートーベンの№5、6は曲を半テンポ先んじた格好でタクトを振る仕草をしたものです▼対する現在のヨシダはCNNやBBCの「聞き流し」での 本作業。でも、結構、ご満足って按配です。合掌(写真11枚添付ファイ ル
  「andré courrèges mini skirt」の画像検索結果 「andré courrèges mini skirt」の画像検索結果 「andré courrèges mini skirt」の画像検索結果 「andré courrèges mini skirt」の画像検索結果
          「andré courrèges mini skirt」の画像検索結果    「andré courrèges mini skirt」の画像検索結果「andré courrèges funeral」の画像検索結果「andré courrèges passed away」の画像検索結果
 「米ドキュメンタリー映画「パーソナル・ソング」」の画像検索結果  「米ドキュメンタリー映画「パーソナル・ソング」」の画像検索結果  「米ドキュメンタリー映画「パーソナル・ソング」」の画像検索結果
No.6020
元米財務長官ローレンス・サマーズ氏が語るアベノミクス
日本経済新聞2016.1.17.(12日付)FT編集長 ライオネル・バーバー

ヨシダブログ:元 米財務長官でオバマ大統領の首席経済顧問やハーバード大学学長を歴任したローレンス・サマーズ氏の意見は鋭く貴重です。末尾の同氏の言葉に注目することが 大事と感じます。曰く、「「ウィンストン・チャーチルの言葉を借りるなら、我々は皆、アベノミクスが21世紀の日本再生の終わりの始まりですらなく、始ま りの終わりであることを願っている」と。英語的な表現とみますが、微妙な言い草。皮肉が込められているとヨシダは感じますがどうでしょう?▼「中見出し」 は、■脱・停滞への実験室 改善、しかし未完成、■高齢化の国 活路は「開放」にある・・・と続きます。「開放にある」なる言葉の具体的な言葉はありませんが、明らかに移民政策への積極姿勢と観ますがどうでしょう?写真9枚添付ファイ ル
    「Lawrence Henry Summers」の画像検索結果 「Lawrence Henry Summers」の画像検索結果  「Lawrence Henry Summers」の画像検索結果    関連画像「Lawrence Henry Summers」の画像検索結果
   「FT editor-in-chief, lionel barber」の画像検索結果    「FT editor-in-chief, lionel barber」の画像検索結果      「FT editor-in-chief, lionel barber」の画像検索結果   「FT editor-in-chief, lionel barber」の画像検索結果
 昨16日の記事3編を下記に掲載していましたが、本日17日の第一記事掲載(9:35)をもって消却しました。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分程度を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。 

                「末尾の特別情報お知らせコーナー」
  以下のコラムは日々の執筆生活の中で、これはと思いついたことをタイトルを付して書き留めたものです。ウェブサイトトップ面の末尾の箇所に掲載するもので して、時おり変更しています。数多いヨシダブログですが、まとまった所信の一端といった感じで位置づけています。なお、上掲のリンクをクリックすると、そ の下書き的なテーマや内容の一端が垣間見られます。

     人生第一、第二、第三、第四毛作を通じてヨシダが抱き続ける名格言
               
  ”財を遺すは下 事業を遺すは中 人を遺すは上 
                             されど 財をなさずんば 事業保ち難く 
                             事業なくんば 人育ち難し”

    (中国唐代の大詩人・白楽天<
772年(大暦7年) - 846年(会昌6年)>の言葉)  
                 
 (経営者時代からヨシダが愛した格言)          
                                    
                              白楽天・『晩笑堂竹荘畫傳』より         
 
人生第一、第二、第三毛作の通算62年間の経営者人生を通して好きな格言として愛唱してきている格言です。とりわけ、人生第ニ毛作時代 はトラック運送事業で「7社グループによる総合物流商社」体制を構築したなかで、米国から導入した「ジーバート自動車防錆処理事業(Ziebart Rust-proofing system)」が話題性を呼び、それが導火線みたいになって、運送業界関連紙・誌に加えて、一般のマスメディアにも結構取材を受けるなどしました。
  下記の写真は本誌にもヨシダの記事が多く登場したことから、請われてこのようなことになったものです。なにせ、毛書は我流もイイところで、人様にお見せす るには気恥ずかしさで一杯ですが、中身で勝負って気持ちで応じて出版されたものです。蛇足ですが、こんな調子の毛筆年賀状表書きを毎年4,5百枚書いたも のです。
 画面がちょっとボケていますが、下手くそでも言葉の意義を強調したいがために記録に取っていたものです。
白居易(はく きょい、772年(大暦7年) - 846年(会昌6年)字(あざな)を楽天と称した)は、中唐の詩人です。経営者としての存念を代弁して余りあることから、ご覧に入れる次第です。   
 なお、グーグル資料によると、
明治から昭和初期まで活躍した、医師であり政治家でもあった後藤新平氏は、自らが中心となって結成した、少年団日本連盟の副理事長 三島通陽氏に、こう言い遺したそうです。「よく聞け、金を残して死ぬ者は下だ。仕事を残して死ぬ者は中だ。人を残して死ぬ者は上だ。よく覚えておけ」と。
 また、別の資料によると、以下のように言われたとの説もあります、と。「財を遺すは下 事業を遺すは中 人を遺すは上なり されど財無くんば事業保ち難く、事業無くんば人育ち難し」・・・と。この名言の元祖が意外に知られていない感じです。   
 (追記)「・・・人を遺すは・・・」で、現在にして我ながら大きく自負できることを追記できるいことを誇りであり名誉と受けとめています。
 社名は伏せますが、ヨシダの離日直前までの16年間、各地で講演等コンサルティング活動を展開したなかで、東広島市の中堅運送会社とは初期の段階から16年間、東京の上場予定の老舗運送会社2社さんは9年間の離日までの最大のクライアントでした。
 「人を遺す」はすなわち
、 社員(人間)教育そのも。それを現在に至るも前出クライアントさんにご提供する栄に浴していることを大きな誇りとしています。前者に対することは、「毎月 の安全会議」に対する「ヨシダ・メッセージ」(A4板びっしり)の送付。後者に対することは、新入社員総合職に対するユニークはお手伝い。具体的には、拙 著「
トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊) 」を通読した後の「感想文(会社が提示された同著を巡る質問等に対する新入社員の感想文)」を受け取り、著者の立場でその行間を割って著者意見・感想等を付してリターンする、という仕組み。一人分の「感想&著者コメント」はA4板で10ページ近くに及びます。
 ・・・と、自称「人生第四毛作」を演じてはや、7年。にも関わらず、その延長線上にヨシダの経営者(即・教育者)としての役割を果たす機会を与えられているのです。そんなことから、この格言「財を遺すは・・・」も現在にして実践しているのが84歳超のヨシダです。この格言は奇しくもヨシダ生涯の格言足り得る次第です。
             
           http://www.a-bombsurvivor.com/contents/writing/writing_No.1/writing_No.1-11.jpg    
(お詫び:当該週間誌表紙画像は、くだんの格言文字がかつかつ読める程度に縮小したものです。ウェブサイト掲載時にはつつましく(?)もっと縮小したいのですが、肝心の下手くそな毛書字が読める程度に縮小したものです。)

 ヨシダのウェブサイトをご訪問くださってありがとうございました。またの機会までご機嫌よろしゅう!と言っても、毎日相当量のヨシダコメントを書きまくっています。「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど」が決まり文句です。 

                          2016年1月17日(日)
                           ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
                          吉田祐起
                             (満84歳2ヶ月)                          
                    (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)                                                                 yoshida@a-bombsurvivor.com
                               URL(eng): http://www.a-bombsurvivor.com
              URL(jpn): http://www.a-bombsurvivor.com/index_japanese.html