吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果    「yuuki yoshida」の画像検索結果  http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
   吉田祐起のプロフィール   (満84歳2か月) 

   "生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 

 この国フィリピンを終の棲家と定めて住み着いたのは2009年2月1日でした。

 数年間の自立単身生活を経て、ある縁を得て、現在ではフィリピン家族と共同生活を送っています。題して「相互扶助精神に基づ く運命共同体生活」がそれです。ヨシダの終生面倒見をかれらにしてもらうかわりに、皆さんには貧困から脱却してもらってお互いに幸せになりましょうという相互扶助の共同生活です。 

 ・・・ と、こんな生活設計を描いて現在に至るヨシダですが、ヨシダの義務は長生きすることにあると自覚しています。そのためには満40歳からある動機を得て始め て現在に至る自己流のストレッチング体操に一層の磨きをかけるなど、加えて長年に及ぶステッキ使用で肩にかかった重荷による肩こり解消に集中努力をして通 算8年。お陰で99.9%の達成振りです。でも、ちょっと真似のできない自助努力と自負します。

 肝心のボケ防止のための独特の手法を編み出したのが2012年3月のこと。題して「インタネット情報&ヨシダブログ」がそれです。詳細はクリックしてご覧くださいませんか?「こんなことをしているなんて、カッコいいボケ防止!」と自我自賛しています(笑)。

              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手製のささやかなウェブサイトですが、ご覧ください。なお、ご意見やお気づきの点は遠慮なく下記にご一報くだされば嬉しい限りです。
yoshida@a-bombsurvivor.com                                                                         English               
            2016年1月12日(火)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
 

   ヒロシマ・ヒバクシャのヨシダが発信する「オバマ米大統領の被爆市訪問」のこと
  フィリピンに来て間もない頃は2009年11月10日のこと。シンガポールで開催の APEC会議出席の前に東京に立ち寄られたオバマ大統領がNHK WORLDの記者の質問(今回の日本立ち寄りを機に、被爆市訪問の意図がありますか?) 対して答えられた言葉が鮮明です。"The schedules are too tight this time. However, I would like to have an honor of visiting some day during my Presidency."(今回はスケジュールが一杯でできないが、任期中の何時か訪問の栄に浴したい・・・)。その出来事を踏まえて即座に書いたのが、拙著オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします!」 (2009年11月10日記)です。クリックしてご覧ください。ヨシダはその後、その適切な訪問時期は、区切りイイ年次の「2010年ー65周年」として 公開書簡まで発表したものでした。しかし、それが実現しなかったことは、現在にして思うに、「2015年ー70周年」こそがベストな年次と提唱するに至り ました。
 ところが、8月に入ってもその気配は皆無。「2015年-70周年」に拘っていたヨシダは絶望と思いつめていたものの、考えてみれば 同大統領の任期は 2017年1月20日東部時間正午まで。とすれば、区切りは良いとは言えない「2016年ー71周年」になるのが精一杯。まいっか・・・と勝手に思ってい るところです。大統領任期中の「レガシー(遺産)づくり」としても、男の約束においても実現されるのがご本人のためだとさえ思うのがヨシダです。

 おって、ヒバクシャとして被害意識を強くする中で、オバマ米大統領が2011年の9.11の8周年記念式典(ペンタゴン)て遺族たちを前にスピーチした言葉の一節を下記に掲載します。「被害意識」が先行するヒバクシャのわれわれが共有すべき貴重な言葉と受けとめます。なお、この崇高なる大統領の言葉は"Ceremonies Mark 8th Anniversary of September 11 Terrorist Attacks"の中ほどに小さく載っていたもので、目立たないものです。中見出し付きもしくは、太文字表示されるべき価値あるものと考えます。
"Let us renew the true spirit of that day. Not the human capacity for evil but the human capacity for good - not the desire to destroy but the impulse to save and to serve and to build," あの日の真実の心を新たにしましょう。 悪に対する人類の能力としてでなく、善に対する人類の能力としてです。-破壊することへの欲望でなく、守り、奉仕し、建設するための推進力としてです。(オバマ米国大統領・翻訳;吉田祐起) 
            「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果         「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果
   (注:このトップコメントは2016年8月6日まで掲載します。しぶといでしょう、ヨシダは・・・笑)

                
                  グーグルから拾った1月12日の「できごと」 
                              January 12, Events(英語版) 
                           「きょうのできごと」記録集
(To the English language visitors: Sorry, this column is for the Japanese edition. However, you could see so many English written Events in red characters among the Japanese lines, which are the ones never shown in Japanese edition. This means that Japanese edition is not as world-wide as the original English Google edition.) 
  こ のコラム編集なかんずく、当該写真の選択はご覧くださる方々のご関心をヴィジュアルな面で提供することを目的としています。ところが、写真を多く添付する と「1ページ当たりの編集許容量」が「1MB=1000KB」という制約から枚数を制限せざるを得ないものがあり、編集者の立場でこれは、と思うできごと に限った当該写真の添付ということにしています。★なおまた、「グーグルのできごと」は英語版が本流でして、日本語版はその翻訳的な一面が 否 定できません。日本語版から入ると「できごとの」の主人公すら掴めない場合さえあることを最近痛感することが少なくありません。「主語抜き」という日本語 特有の落とし穴です。ヨシダの手法は、その「できごと」の主人公もしくは主体をヨシダ流に英語でインプットしてキャッチするケースが少なくありません。そ んなことから、案外と多くの時間を 費やしているのがこの編集作業です。もっとも、その過程で学び体験を得るのは他ならぬ、編集者のヨシダではあるのですが・・・★なお、英語版の掲載は本家 米国が主体性であるにかんがみ、世界的視野からの「できごと」を知る意味で日本語版との重複は無論、除外してそのまま掲載しております。同英語版のリンク をクリックすると日本語版には見られない内容豊かなコンテンツが目に付きます。
9「1914年 - 桜島で大噴火」の画像検索結果「1914年 - 桜島で大噴火」の画像検索結果「1914年 - 桜島で大噴火」の画像検索結果       「1914年 - 桜島で大噴火」の画像検索結果 「1914年 - 桜島で大噴火」の画像検索結果 
        関連画像「1914年 - 桜島で大噴火」の画像検索結果「1914年 - 桜島で大噴火」の画像検索結果 関連画像「1914年 - 桜島で大噴火」の画像検索結果
   「1914年 - 桜島で大噴火」の画像検索結果「1914年 - 桜島で大噴火」の画像検索結果  関連画像  「1914年 - 桜島で大噴火」の画像検索結果   「1914年 - 桜島で大噴火」の画像検索結果
  関連画像  「Dean Gooderham Acheson line」の画像検索結果  「Dean Gooderham Acheson line」の画像検索結果      関連画像「Acheson Line newspaper reports」の画像検索結果
 28「ハイチ地震2010」の画像検索結果 「2010 haiti earthquake」の画像検索結果 「2010 haiti earthquake」の画像検索結果   「2010 haiti earthquake」の画像検索結果  「haiti 2010 earthquake」の画像検索結果  
  
「ハイチ地震2010」の画像検索結果 「ハイチ地震2010」の画像検索結果      「ハイチ地震2010」の画像検索結果「ハイチ地震2010」の画像検索結果         関連画像
     「ハイチ地震2010」の画像検索結果     「haiti 2010 earthquake」の画像検索結果         関連画像「haiti 2010 earthquake」の画像検索結果 
      関連画像    関連画像「haiti 2010 earthquake, japanese rescues」の画像検索結果 「haiti 2010 earthquake, japanese rescues」の画像検索結果 「haiti now 2015」の画像検索結果
     29「ヨハン・ハインリッヒ・ペスタロッチ」の画像検索結果「吉屋信子」の画像検索結果「木村荘十」の画像検索結果「加瀬俊一」の画像検索結果「岡晴夫」の画像検索結果「三浦朱門」の画像検索結果「清水一行」の画像検索結果「村上春樹」の画像検索結果
(1)475年 - バシリスクス東ローマ皇帝に即位。
(2)1528年 - スウェーデングスタフ1世が戴冠。
1554Bayinnaung, who would go on to assemble the largest empire in the history of Southeast Asia, is crowned King of Burma.
1616 – The city of Belém is founded in Pará, Brazil by Francisco Caldeira Castelo Branco.
1777Mission Santa Clara de Asís is founded in what is now Santa Clara, California
1808 – The organizational meeting that led to the creation of the Wernerian Natural History Society, a former Scottish learned society, is held in Edinburgh, Scotland.
・1808 –
John Rennie's scheme to defend St Mary's Church, Reculver, founded in 669, from coastal erosion was abandoned in favour of demolition, despite the church being an exemplar of Anglo-Saxon architecture and sculpture.
1848 – The Palermo rising takes place in Sicily against the Bourbon Kingdom of the Two Sicilies.
1866 – The Royal Aeronautical Society is formed in London.
(3)1872年 - ヨハンネス4世エチオピア皇帝に即位。
(4)1874年 - 板垣退助らが愛国公党を結成。
(5)1875年同治13年12月1日) - 光緒帝の皇帝に即位。
(6)1895年 - イギリスナショナル・トラストが発足。
(7)1898年 - 日本で伊藤博文が第7代内閣総理大臣に就任し、第3次伊藤内閣が発足。
1899 – Thirteen crew members and five apprentices are rescued from the stricken schooner Forest Hall by the Lynmouth Lifeboat when the former founders off the coast of Devon.
1902Uddevalla Suffrage Association is formally dissolved.
1906 – Sir Henry Campbell-Bannerman's cabinet (which included amongst its members H. H. Asquith, David Lloyd George, and Winston Churchill) embarks on sweeping social reforms after a Liberal landslide in the British general election.
1908 – A long-distance radio message is sent from the Eiffel Tower for the first time.
1911 – The University of the Philippines College of Law is formally established; three future Philippine presidents are among the first enrollees.
(8)1911年 - オーストリア陸軍のレルヒ少佐が、新潟県高田(現在の上越市高田)陸軍歩兵連隊の青年将校に、日本で初めてスキーの指導を行なう。
(9)1914年 - 桜島で大噴火。大隅半島と陸続きになる。(大正大噴火
(10)1915年 - ロッキーマウンテン国立公園設置。
1915 – The United States House of Representatives rejects a proposal to give women the right to vote.
1916 – Both Oswald Boelcke and Max Immelmann, for achieving eight aerial victories each over Allied aircraft, receive the German Empire's highest military award, the Pour le Mérite as the first German aviators to earn it.
1918 – Finland's "Mosaic Confessors" law goes into effect, making Finnish Jews full citizens.
1921 – Acting to restore confidence in baseball after the Black Sox Scandal, Judge Kenesaw Mountain Landis is elected as Major League Baseball's first commissioner.
1926 – Original Sam 'n' Henry aired on Chicago radio later renamed Amos 'n' Andy in 1928.
(11)1928年 - 大相撲実況ラジオ放送が開始。放送時間内に終了させるために仕切りに制限時間が設けられる。
(12)1930年 - 青森県八戸市で第1回日本スケート選手権大会開催。
1932Hattie Caraway becomes the first woman elected to the United States Senate.
1942World War II: United States President Franklin D. Roosevelt creates the National War Labor Board.
(13)1945年 - 第二次世界大戦で、ソ連軍がドイツ戦線を突破しポーランドに進撃。
(14)1946年 - 第1回国連総会で国連安全保障理事会が成立。
(15)1946年 - 中国に亡命していた日本共産党幹部・野坂参三が16年ぶりに帰国。
(16)1950年 - アチソン米国務長官がアメリカの防衛ラインをフィリピン沖縄日本アリューシャン列島とすることを表明。(アチソンライン)
(17)1954年 - 米国務長官ジョン・フォスター・ダレスが、共産圏に対する大量報復戦略(ニュールック戦略英語版)を表明。
1959 – The Caves of Nerja are rediscovered in Spain.
1962Vietnam War: Operation Chopper, the first American combat mission in the war, takes place.
(18)1962年 - 歌会始が初めてテレビ中継される。
(19)1964年 - ザンジバル革命ザンジバル王国の王政が崩壊し、ザンジバル人民共和国が樹立。
1966Lyndon B. Johnson states that the United States should stay in South Vietnam until Communist aggression there is ended.
1967 – Dr. James Bedford becomes the first person to be cryonically preserved with intent of future resuscitation.
1969 – The New York Jets of the American Football League defeat the Baltimore Colts of the National Football League to win Super Bowl III in what is considered to be one of the greatest upsets in sports history.
(20)1970年 - ビアフラ戦争(ナイジェリア内戦)が終結。
1971 – The Harrisburg Seven: Rev. Philip Berrigan and five other activists are indicted on charges of conspiring to kidnap Henry Kissinger and of plotting to blow up the heating tunnels of federal buildings in Washington, D.C..
1976 – The United Nations Security Council votes 11–1 to allow the Palestine Liberation Organization to participate in a Security Council debate (without voting rights).
1986Space Shuttle program: Congressman Bill Nelson lifts off from Kennedy Space Center aboard Columbia on mission STS-61-C as a Mission Specialist.
(21)1988年 - 日本医師会の生命倫理懇談会が、脳死を個体死と認め、脳死段階での臓器移植を認める最終報告書をまとめる。
(22)1989年 - この日の東京証券取引所における株式取引において日経平均株価が「前日比変わらず」を記録する(31143円45銭)。
1991Gulf War: An act of the U.S. Congress authorizes the use of military force to drive Iraq out of Kuwait.
1998 – Nineteen European nations agree to forbid human cloning.
2001Downtown Disney opens to the public as part of the Disneyland Resort in Anaheim, California.
(23)2004年 - 当時史上最大の客船「クイーン・メリー2」が処女航海に出発。
(24)2005年 - アメリカの彗星探査機「ディープ・インパクト」が打ち上げ。
(25)2006年 - ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世暗殺未遂犯メフメト・アリ・アジャがイタリアとトルコでの25年の刑期を満了して出所。
2006A stampede during the Stoning of the Devil ritual on the last day at the Hajj in Mina, Saudi Arabia, kills at least 362 Muslim pilgrims.
・2006 – The French warship
Clemenceau reaches Egypt and is barred access to the Suez Canal. Greenpeace activists board the ship.(26)2007年 - マックノート彗星が近日点を通過。白昼に肉眼で見ることができる大彗星となる。
(27)2009年 - アメリカ合衆国への入国手続きに電子渡航認証システム(ESTA)が必須となる。
(28)2010年 - ハイチの首都ポルトープランス近くでマグニチュード7.0の地震が発生。(ハイチ地震

2012Violent protests occur in Bucharest, Romania, as two-day-old demonstrations continue against President Traian Băsescu's economic austerity measures. Clashes are reported in numerous Romanian cities between protesters and law enforcement officers.
2015Cameroon kills 143 Boko Haram fighters in clashes.
・2015 – A serviceman stationed at the Russian
102nd Military Base, kills seven people in Gyumri, Armenia.
(29)ヨシダが選んだ著名人の誕生日;ヨハン・ハインリッヒ・ペスタロッチ(1746)、吉屋信子 (1896)、 木村荘十(1897)、加瀬俊一(1903)、岡晴夫(1916)、 三浦朱門 (1926)、清水一行 (1931)、 村上春樹(1949)。

                     インタネット情報&ヨシダブログ
 上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。
   このコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を
編 集しつつ、ヨシダブログ書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグー グルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、 掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。 
ただ今、 
6008編です。
 

2016年1月12日(火)掲載分
昨日1月11日最終のトップページ
編集者のダイアリー・コナー

 本日「1月12日のできごと」でヨシダが関心を強くするのは、「(9)1914年 - 桜島で大噴火。大隅半島と陸続きになる。(大正大噴火)」、「(28)2010年 - ハイチの首都ポルトープランス近くでマグニチュード7.0の地震が発生。(ハイチ地震)」等々、地震災害です。地球は生き物!それも、防ぎようのない自然災害・・・と、身体の不自由な身であるだけに、切実に捉えざるを得ません。日々をなんとか無事に過ごせていることだけで感謝あるのみです。
 今朝一番の取材記事はズバリの直言です。著者・マーチング・ウルフさんのプロフィール(英文)を後刻に挿入するつもりです。「No.6008:アベノミクス、核心は民間需要の不足日本経済新聞2016.1.12.FTチーフ・エコノミクス・コメンテイター マーティン・ウルフ)」は必読の価値充分です。(10:25)
  昼寝を1時間余しました。頭スッキリ、気分スッキリです。ほかでもありません、インタネット接続状態が不安定で、その分、編集作業に支障がある ことから断念しての昼寝への転換でした。日本のインタネット状況とは雲泥の差が否定できませんが、ま、その分、おう揚に構えて・・・と自分自身に言い聞か せつつですが、正直、イライラは否定できません(笑)。ま、ひと通り、全部の情報源をチャックしたうえのことですので、まいっか、って気分を心掛けていま す。(15:15)
 先ほどは何時もの野外運動などでかれこれ1時間近くの野外雰 囲気を楽しみました。何時ものことですが、フィリピン女性が申し合わせたようなショートパンツで見事な脚線美を惜しげもなく見せて歩く姿は絶景です。こ れって、すけっべヨシダの楽しみです(笑)。見上げるような大きな樹木の葉が残り少なくなっています。常夏の気候で年の内で一番涼しい時期ですが、徐々に 落葉する感じです。完全に落葉する時期を今年はマークします。その分、気分にゆとりを持っているということ。考えてみるに、自然の移り変わりを樹木の葉に じっくりと眺めるのは初めてみたいです。ボツボツ、日付変更に入るかな、と思いながらの今時です。(18:50)


No.6008
アベノミクス、核心は民間需要の不足
日本経済新聞2016.1.12.FTチーフ・エコノミクス・コメンテイター マーティン・ウルフ
ヨシダブログ:外 紙の翻訳記事を読んでヨシダが常日頃から感じることのひとつは、「翻訳文vs英語原文記事」との微妙なニュアンスの差異があります。でも、本翻訳記事に違 和感を抱きません。と、別に英語本文を読んでのことではないのですが、書いて(翻訳して)ある内容に説得力が充分なものを感じるからです▼ちなみに、本記 事末尾にある外紙翻訳記事につきもののコメントが今までにない内容であるからです。曰く、「日本経済新聞が翻訳責任の全てを負うものであって、ファイナン シャル・タイムズ紙は翻訳内容の正確性や確実性等に関する責任は一切ない」としていることです。こんなことに目がとまるヨシダの気持ちは、「翻訳文記事に は原文と微妙は差異が否定できない・・・」ということの裏づけです▼記事文中の至る所に傍線を引きながら読みましたが、その分、ヨシダが共感した次第。でも、余りにも多くの傍線なの消却しました。とりわけ、末尾の言葉に共感することから傍線を引いて言及します。「最 初のステップは核心にある問題、すなわち民間需要の不足という問題を認識することだ。そうして初めて、解決が可能になる。」がそれです▼民間需要の最たる ものとして本記事が指摘するのが「住宅投資」。ところが、現実はその潜在性はまったくありません。空家が増大中。加えて一番留意すべき点は、少子社会に あっての若者たちのホンネ。強いて駄弁をブログすればこうなるでしょう・・・。「この親の住宅も、所詮はオレのもの、ワタシのもの。なにも苦労してまで海 外留学したり海外勤務をすることはないさ・・・」といったもの。加えてのこと、人口激減中にあっても移民反対、難民受け入れハンタイ!ですから困ったも の。ここでもブログしたくなるのがヨシダの皮肉「ワンス・アポン・ア・タイム、ニッポン人という優秀な民族が居ったゲナ・・・」です▼「中見出し」は、■ デフレ拭いきれず、■内部留保を賃金と税へ・・・と続きます。写真11枚添付ファイル
  「Martin Wolf」の画像検索結果 「Martin Wolf」の画像検索結果 「Martin Wolf」の画像検索結果    「Martin Wolf」の画像検索結果      「Martin Wolf」の画像検索結果
   「Martin Wolf」の画像検索結果「books by Martin Wolf」の画像検索結果「books by Martin Wolf」の画像検索結果  「books by Martin Wolf」の画像検索結果 関連画像「books by Martin Wolf」の画像検索結果
 昨11日の記事2を下記に掲載していましたが、本日12日の第一記事掲載(10:15)をもって消却しました。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分程度を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。 

                「末尾の特別情報お知らせコーナー」
  以下のコラムは日々の執筆生活の中で、これはと思いついたことをタイトルを付して書き留めたものです。ウェブサイトトップ面の末尾の箇所に掲載するもので して、時おり変更しています。数多いヨシダブログですが、まとまった所信の一端といった感じで位置づけています。なお、上掲のリンクをクリックすると、そ の下書き的なテーマや内容の一端が垣間見られます。

     人生第一、第二、第三、第四毛作を通じてヨシダが抱き続ける名格言
               
  ”財を遺すは下 事業を遺すは中 人を遺すは上 
                             されど 財をなさずんば 事業保ち難く 
                             事業なくんば 人育ち難し”

    (中国唐代の大詩人・白楽天<
772年(大暦7年) - 846年(会昌6年)>の言葉)  
                 
 (経営者時代からヨシダが愛した格言)          
                                    
                              白楽天・『晩笑堂竹荘畫傳』より         
 
人生第一、第二、第三毛作の通算62年間の経営者人生を通して好きな格言として愛唱してきている格言です。とりわけ、人生第ニ毛作時代 はトラック運送事業で「7社グループによる総合物流商社」体制を構築したなかで、米国から導入した「ジーバート自動車防錆処理事業(Ziebart Rust-proofing system)」が話題性を呼び、それが導火線みたいになって、運送業界関連紙・誌に加えて、一般のマスメディアにも結構取材を受けるなどしました。
  下記の写真は本誌にもヨシダの記事が多く登場したことから、請われてこのようなことになったものです。なにせ、毛書は我流もイイところで、人様にお見せす るには気恥ずかしさで一杯ですが、中身で勝負って気持ちで応じて出版されたものです。蛇足ですが、こんな調子の毛筆年賀状表書きを毎年4,5百枚書いたも のです。
 画面がちょっとボケていますが、下手くそでも言葉の意義を強調したいがために記録に取っていたものです。
白居易(はく きょい、772年(大暦7年) - 846年(会昌6年)字(あざな)を楽天と称した)は、中唐の詩人です。経営者としての存念を代弁して余りあることから、ご覧に入れる次第です。   
 なお、グーグル資料によると、
明治から昭和初期まで活躍した、医師であり政治家でもあった後藤新平氏は、自らが中心となって結成した、少年団日本連盟の副理事長 三島通陽氏に、こう言い遺したそうです。「よく聞け、金を残して死ぬ者は下だ。仕事を残して死ぬ者は中だ。人を残して死ぬ者は上だ。よく覚えておけ」と。
 また、別の資料によると、以下のように言われたとの説もあります、と。「財を遺すは下 事業を遺すは中 人を遺すは上なり されど財無くんば事業保ち難く、事業無くんば人育ち難し」・・・と。この名言の元祖が意外に知られていない感じです。   
 (追記)「・・・人を遺すは・・・」で、現在にして我ながら大きく自負できることを追記できるいことを誇りであり名誉と受けとめています。
 社名は伏せますが、ヨシダの離日直前までの16年間、各地で講演等コンサルティング活動を展開したなかで、東広島市の中堅運送会社とは初期の段階から16年間、東京の上場予定の老舗運送会社2社さんは9年間の離日までの最大のクライアントでした。
 「人を遺す」はすなわち
、 社員(人間)教育そのも。それを現在に至るも前出クライアントさんにご提供する栄に浴していることを大きな誇りとしています。前者に対することは、「毎月 の安全会議」に対する「ヨシダ・メッセージ」(A4板びっしり)の送付。後者に対することは、新入社員総合職に対するユニークはお手伝い。具体的には、拙 著「
トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊) 」を通読した後の「感想文(会社が提示された同著を巡る質問等に対する新入社員の感想文)」を受け取り、著者の立場でその行間を割って著者意見・感想等を付してリターンする、という仕組み。一人分の「感想&著者コメント」はA4板で10ページ近くに及びます。
 ・・・と、自称「人生第四毛作」を演じてはや、7年。にも関わらず、その延長線上にヨシダの経営者(即・教育者)としての役割を果たす機会を与えられているのです。そんなことから、この格言「財を遺すは・・・」も現在にして実践しているのが84歳超のヨシダです。この格言は奇しくもヨシダ生涯の格言足り得る次第です。
             
           http://www.a-bombsurvivor.com/contents/writing/writing_No.1/writing_No.1-11.jpg    
(お詫び:当該週間誌表紙画像は、くだんの格言文字がかつかつ読める程度に縮小したものです。ウェブサイト掲載時にはつつましく(?)もっと縮小したいのですが、肝心の下手くそな毛書字が読める程度に縮小したものです。)

 ヨシダのウェブサイトをご訪問くださってありがとうございました。またの機会までご機嫌よろしゅう!と言っても、毎日相当量のヨシダコメントを書きまくっています。「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど」が決まり文句です。 

                          2016年1月12日(火)
                           ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
                          吉田祐起
                             (満84歳2ヶ月)                          
                    (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)                                                                 yoshida@a-bombsurvivor.com
                               URL(eng): http://www.a-bombsurvivor.com
              URL(jpn): http://www.a-bombsurvivor.com/index_japanese.html

 

                         吉田祐起
                             (満84歳2ヶ月)                          
                    (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)                                                                 yoshida@a-bombsurvivor.com
                               URL(eng): http://www.a-bombsurvivor.com
              URL(jpn): http://www.a-bombsurvivor.com/index_japanese.html