吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果   「yuuki yoshida」の画像検索結果 http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
     吉田祐起(Yuuki Yoshida) (満84歳2か月) 
   "生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 


 この国フィリピンを終の棲家と定めて住み着いたのは2009年2月1日でした。

 数年間の自立単身生活を経て、ある縁を得て、現在ではフィリピン家族と共同生活を送っています。題して「相互扶助精神に基づ く運命共同体生活」がそれです。ヨシダの終生面倒見をかれらにしてもらうかわりに、皆さんには貧困から脱却してもらってお互いに幸せになりましょうという相互扶助の共同生活です。 

 ・・・ と、こんな生活設計を描いて現在に至るヨシダですが、ヨシダの義務は長生きすることにあると自覚しています。そのためには満40歳からある動機を得て始め て現在に至る自己流のストレッチング体操に一層の磨きをかけるなど、加えて長年に及ぶステッキ使用で肩にかかった重荷による肩こり解消に集中努力をして通 算8年。お陰で99.9%の達成振りです。でも、ちょっと真似のできない自助努力と自負します。

 肝心のボケ防止のための独特の手法を編み出したのが2012年3月のこと。題して「インタネット情報&ヨシダブログ」がそれです。詳細はクリックしてご覧くださいませんか?「こんなことをしているなんて、カッコいいボケ防止!」と自我自賛しています(笑)。

              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手製のささやかなウェブサイトですが、ご覧ください。なお、ご意見やお気づきの点は遠慮なく下記にご一報くだされば嬉しい限りです。
yoshida@a-bombsurvivor.com                                                          English               
                2015年2月3日(水)
        
   
                            コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
 

      ヒロシマ・ヒバクシャのヨシダが発信する「オバマ米大統領の被爆市訪問」のこと
  フィリピンに来て間もない頃は2009年11月10日のこと。シンガポールで開催の APEC会議出席の前に東京に立ち寄られたオバマ大統領がNHK WORLDの記者の質問(今回の日本立ち寄りを機に、被爆市訪問の意図がありますか?) 対して答えられた言葉が鮮明です。"The schedules are too tight this time. However, I would like to have an honor of visiting some day during my Presidency."(今回はスケジュールが一杯でできないが、任期中の何時か訪問の栄に浴したい・・・)。その出来事を踏まえて即座に書いたのが、拙著オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします!」 (2009年11月10日記)です。クリックしてご覧ください。ヨシダはその後、その適切な訪問時期は、区切りイイ年次の「2010年ー65周年」として 公開書簡まで発表したものでした。しかし、それが実現しなかったことは、現在にして思うに、「2015年ー70周年」こそがベストな年次と提唱するに至り ました。
 ところが、8月に入ってもその気配は皆無。「2015年-70周年」に拘っていたヨシダは絶望と思いつめていたものの、考えてみれば 同大統領の任期は 2017年1月20日東部時間正午まで。とすれば、区切りは良いとは言えない「2016年ー71周年」になるのが精一杯。まいっか・・・と勝手に思ってい るところです。大統領任期中の「レガシー(遺産)づくり」としても、男の約束においても実現されるのがご本人のためだとさえ思うのがヨシダです。

 おって、ヒバクシャとして被害意識を強くする中で、オバマ米大統領が2011年の9.11の8周年記念式典(ペンタゴン)て遺族たちを前にスピーチした言葉の一節を下記に掲載します。「被害意識」が先行するヒバクシャのわれわれが共有すべき貴重な言葉と受けとめます。なお、この崇高なる大統領の言葉は"Ceremonies Mark 8th Anniversary of September 11 Terrorist Attacks"の中ほどに小さく載っていたもので、目立たないものです。中見出し付きもしくは、太文字表示されるべき価値あるものと考えます。
"Let us renew the true spirit of that day. Not the human capacity for evil but the human capacity for good - not the desire to destroy but the impulse to save and to serve and to build," あの日の真実の心を新たにしましょう。 悪に対する人類の能力としてでなく、善に対する人類の能力としてです。-破壊することへの欲望でなく、守り、奉仕し、建設するための推進力としてです。(オバマ米国大統領・翻訳;吉田祐起) 
            「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果         「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果
   (注:このトップコメントは2016年8月6日まで掲載します。しぶといでしょう、ヨシダは・・・笑)

                
                  ウィキペディアから拾った2月3日の「できごと」 
                            February 3, Events(英語版) 
                           「きょうのできごと」記録集
(To the English language visitors: Sorry, this column is for the Japanese edition. However, you could see so many English written Events in red characters among the Japanese lines, which are the ones never shown in Japanese edition. This means that Japanese edition is not as world-wide as the original English Google edition.) 
  こ のコラム編集なかんずく、当該写真の選択はご覧くださる方々のご関心をヴィジュアルな面で提供することを目的としています。ところが、写真を多く添付する と「1ページ当たりの編集許容量」が「1MB=1000KB」という制約から枚数を制限せざるを得ないものがあり、編集者の立場でこれは、と思うできごと に限った当該写真の添付ということにしています。★なおまた、「ウィキペディアのできごと」は英語版が本流でして、日本語版はその翻訳的な一面が 否 定できません。日本語版から入ると「できごとの」の主人公すら掴めない場合さえあることを最近痛感することが少なくありません。「主語抜き」という日本語 特有の落とし穴です。ヨシダの手法は、その「できごと」の主人公もしくは主体をヨシダ流に英語でインプットしてキャッチするケースが少なくありません。そ んなことから、案外と多くの時間を 費やしているのがこの編集作業です。もっとも、その過程で学び体験を得るのは他ならぬ、編集者のヨシダではあるのですが・・・。なお、英語版の掲載は本家 米国が主体性であるにかんがみ、世界的視野からの「できごと」を知る意味で日本語版との重複は無論、除外してそのまま掲載しております。同英語版のリンク をクリックすると日本語版には見られない内容豊かなコンテンツが目に付きます。

3「Bartolomeu Dias de Novais」の画像検索結果関連画像「Bartolomeu Dias de Novais」の画像検索結果関連画像「Bartolomeu Dias de Novais」の画像検索結果「Bartolomeu Dias de Novais」の画像検索結果   「Bartolomeu Dias de Novais」の画像検索結果  5  「chulip bubble, 1637」の画像検索結果
「chulip bubble, 1637」の画像検索結果「chulip bubble, 1637」の画像検索結果「chulip bubble, 1637」の画像検索結果11「president who made the Sixteenth Amendment to the United States Constitution, 1870」の画像検索結果「Sixteenth Amendment to the United States Constitution」の画像検索結果  「president who made the Sixteenth Amendment to the United States Constitution, 1870」の画像検索結果     「president who made the Sixteenth Amendment to the United States Constitution, 1870」の画像検索結果「Sixteenth Amendment to the United States Constitution, 1870」の画像検索結果
12   「北陸線列車雪崩直撃事故1922」の画像検索結果    「北陸線列車雪崩直撃事故1922」の画像検索結果  「北陸線列車雪崩直撃事故1922」の画像検索結果15 「通化事件 画像」の画像検索結果 「通化事件 画像」の画像検索結果    「通化事件 画像」の画像検索結果   「通化事件 画像」の画像検索結果
             関連画像18「1959年 - ロックンローラー・バディ・ホリー、リッチー・ヴァレンス、ビッグ・ボッパー」の画像検索結果「1959年 - ロックンローラー・バディ・ホリー、リッチー・ヴァレンス、ビッグ・ボッパー」の画像検索結果「1959年 - ロックンローラー・バディ・ホリー、リッチー・ヴァレンス、ビッグ・ボッパー」の画像検索結果  「1959年 - ロックンローラー・バディ・ホリー、リッチー・ヴァレンス、ビッグ・ボッパー」の画像検索結果      「1959, buddy holly, ritchie valens, big bopper crashed to death」の画像検索結果
     「1959, buddy holly, ritchie valens, big bopper crashed to death」の画像検索結果   「1959, buddy holly, ritchie valens, big bopper crashed to death」の画像検索結果   「1959, buddy holly, ritchie valens, big bopper crashed to death」の画像検索結果「1959, buddy holly, ritchie valens, big bopper crashed to death」の画像検索結果「1959, buddy holly, ritchie valens, big bopper crashed to death」の画像検索結果「1959, buddy holly, ritchie valens, big bopper crashed to death」の画像検索結果「1959, buddy holly, ritchie valens, big bopper crashed to death」の画像検索結果 

  「Don McLean」の画像検索結果         「don mclean american pie lyrics」の画像検索結果「don mclean american pie lyrics」の画像検索結果20「ルナ9号」の画像検索結果  「ルナ9号」の画像検索結果 「ルナ9号」の画像検索結果「ルナ9号」の画像検索結果「ルナ9号」の画像検索結果      「ルナ9号」の画像検索結果  
  
                                              30「アントニオ・ホセ・デ・スクレ」の画像検索結果「フェリックス・メンデルスゾーン」の画像検索結果「永井隆」の画像検索結果「檀一雄、」の画像検索結果「ジョニー・"ギター"・ワトソン」の画像検索結果「国谷裕子」の画像検索結果
1112Ramon Berenguer III, Count of Barcelona and Douce I, Countess of Provence marry, uniting the fortunes of those two states.
(1)1377年 - イタリアチェゼーナ教皇領軍が侵攻し、市民2000人を虐殺。(チェゼーナの血浴)
1488Bartolomeu Dias of Portugal lands in Mossel Bay after rounding the Cape of Good Hope, becoming the first known European to travel so far south.
(2)1451年 - オスマン帝国スルタンムラッド2世が死去。子のメフメト2世がスルタンに即位。
(3)1488年 - バルトロメウ・ディアスアフリカ南端の喜望峰に到達し、アフリカ南端にたどり着いた最初のヨーロッパ人となる。
1509 – The Portuguese navy defeats a joint fleet of the Ottoman Empire, the Republic of Venice, the Sultan of Gujarat, the Mamlûk Burji Sultanate of Egypt, the Zamorin of Calicut, and the Republic of Ragusa at the Battle of Diu in Diu, India.
1534 – Irish rebel Silken Thomas (Thomas FitzGerald, 10th Earl of Kildare) is executed by the order of Henry VIII in London, England.
(4)1605年慶長9年12月16日) - 慶長地震が発生、津波被害。
(5)1637年 - オランダチューリップ相場が突然暴落し、チューリップ・バブルが崩壊。
1690 – The colony of Massachusetts issues the first paper money in the Americas.
1706 – During the Battle of Fraustadt Swedish forces defeat a superior Saxon-Polish-Russian force by deploying a double envelopment.
1781American Revolutionary War: British forces seize the Dutch-owned Caribbean island Sint Eustatius.
(6)1783年 - アメリカ独立戦争: スペインアメリカ合衆国独立承認
1787 – Militia led by General Benjamin Lincoln crush the remnants of Shays' Rebellion in Petersham, Massachusetts.
1807 – A British military force, under Brigadier-General Sir Samuel Auchmuty captures the Spanish Empire city of Montevideo, now the capital of Uruguay.
1809The Territory of Illinois is created by the 10th United States Congress.
(7)1813年 - アルゼンチン独立戦争英語版: サン・ロレンソの戦い
1825Vendsyssel-Thy, once part of the Jutland peninsula that formed westernmost Denmark, becomes an island after a flood drowns its 1 km wide isthmus.
1830 – The London Protocol of 1830 establishes the full independence and sovereignty of Greece from the Ottoman Empire as the final result of the Greek War of Independence.
1834Wake Forest University is established.
(8)1851年嘉永4年1月3日) - ジョン万次郎アメリカから10年ぶりに帰国する。
1852Justo José de Urquiza defeats Juan Manuel de Rosas at the Battle of Caseros.
(9)1870年 - アメリカ合衆国憲法修正第15条の批准が成立。
(10)1870年(明治3年1月3日)- 日本で大教宣布が出され、祭政一致の方針が示される。
1897 – The Greco-Turkish War breaks out.
1900Governor of Kentucky William Goebel dies of wound sustained in an assassination attempt three days earlier in Frankfort, Kentucky.
1908 – The Panathinaikos athletic club is created.
(11)1913年 - アメリカ合衆国憲法修正第16条の批准が成立。
1916Parliament buildings in Ottawa, Canada burn down.
1917World War I: The United States breaks off diplomatic relations with Germany a day after the latter announced a new policy of unrestricted submarine warfare.
1918 – The Twin Peaks Tunnel in San Francisco, California begins service as the longest streetcar tunnel in the world at 11,920 feet (3,633 meters) long.
(12)1922年 - 北陸本線勝山トンネル(現在の糸魚川市)雪崩が発生。列車が巻き込まれ死者90人、負傷者40名。(北陸線列車雪崩直撃事故
(13)1930年 - ホー・チ・ミンの指導でベトナム共産党が創設される。
(14)1931年 - ホークスベイ地震英語版ニュージーランド史上最大の被害を出す。258人が死亡。
1931 – The Hawke's Bay earthquake, New Zealand's worst natural disaster, kills 258.
1933Adolf Hitler announces that the expansion of Lebensraum into Eastern Europe, and its ruthless Germanisation, are the ultimate geopolitical objectives of Third Reich foreign policy.
1943 – The SS Dorchester is sunk by a German U-boat. Only 230 of 902 men aboard survive. The Chapel of the Four Chaplains, dedicated by President Harry Truman, is one of many memorials established to commemorate the Four Chaplains story.
1944World War II: During the Gilbert and Marshall Islands campaign, U.S. Army and Marine forces seize Kwajalein Atoll from the defending Japanese garrison.
1945 – World War II: As part of Operation Thunderclap, 1,000 B-17s of the Eighth Air Force bomb Berlin, a raid which kills between 2,500 to 3,000 and dehouses another 120,000.
・1945 – World War II: The United States and the
Philippine Commonwealth begin a month-long battle to retake Manila from Japan.
(15)1946年 - 通化事件通化で日本人が蜂起するが八路軍に鎮圧され数千名が虐殺される。
(16)1946年 - ダグラス・マッカーサーGHQ民政局日本憲法草案の作成を指示。
1947 – The lowest temperature in North America, −63.9 °C (−83.0 °F), is recorded in Snag, Yukon.
1957Senegalese political party Democratic Rally merges into the Senegalese Party of Socialist Action (PSAS).
1958 – Founding of the Benelux Economic Union, creating a testing ground for a later European Economic Community.
(17)1958年 - 若乃花が第45代横綱に昇進。
(18)1959年 - アイオワ州でロックンローラー・バディ・ホリーリッチー・ヴァレンスビッグ・ボッパー英語版が乗った小型飛行機が墜落し、パイロットを含めた全員が死亡。ドン・マクリーンが「アメリカン・パイ」の中でこの事故を「音楽が死んだ日」と歌う。
1960British Prime Minister Harold Macmillan speaks of "a wind of change", an increasing national consciousness blowing through colonial Africa, signalling that his Government is likely to support decolonisation.
1961 – The United States Air Forces begins Operation Looking Glass, and over the next 30 years, a "Doomsday Plane" is always in the air, with the capability of taking direct control of the United States' bombers and missiles in the event of the destruction of the SAC's command post.
(19)1962年 - ケネディ米大統領キューバとの輸出入を全面禁止し、キューバの経済封鎖を行うと発表。
(20)1966年 - ソ連の無人宇宙探査機「ルナ9号」が史上初めて月面軟着陸に成功。
1967Ronald Ryan, the last person to be executed in Australia, is hanged in Pentridge Prison, Melbourne.
(21)1969年 - カイロで開かれたパレスチナ国民議会でヤーセル・アラファトパレスチナ解放機構議長に任命される。
(22)1970年 - 核拡散防止条約に日本が調印。
1971 – New York Police Officer Frank Serpico is shot during a drug bust in Brooklyn and survives to later testify against police corruption. Many believe the incident proves that NYPD officers tried to kill him.
1972 – The first day of the seven-day 1972 Iran blizzard, which would kill at least 4,000 people, making it the deadliest snowstorm in history.
(23)1972年 - 第11回冬季オリンピック札幌大会が開幕。2月13日まで。
(24)1984年 - カリフォルニア大学ハーバー医療センターで世界初の受精卵移植による出産が行われる。
・1984 – Space Shuttle program: STS-41-B is launched using Space Shuttle Challenger.
1989 – After a stroke two weeks previously, South African President P. W. Botha resigns as leader of the National Party, but stays on as president for six more months.
・1989 – A military coup overthrows
Alfredo Stroessner, dictator of Paraguay since 1954.
1995 – Astronaut Eileen Collins becomes the first woman to pilot the Space Shuttle as mission STS-63 gets underway from Kennedy Space Center in Florida.
(25)1996年 - 麗江地震英語版
(26)1998年 - アメリカ海兵隊のパイロットがイタリアカヴァレーゼのスキー場でリフトのケーブルをくぐりぬけて飛行しようとし、ケーブルを切断、20人を死亡させる。(チェルミス・ロープウェイ切断事件

(27)1998年 - Netscapeブラウザのソースコードの公開方法の会議の中で、初めてオープンソースという言葉が使われる。
1998Karla Faye Tucker is executed in Texas, becoming the first woman executed in the United States since 1984.
(28)2005年 - 福岡市地下鉄七隈線天神南駅 - 橋本駅間が開業。
2007 – A Baghdad market bombing kills at least 135 people and injures a further 339.
(29)2011年 - IANAが予約していたIPv4アドレスの中央在庫がRIRに分配され枯渇
2014 – Two people are shot and killed and 29 students are taken hostage at a high school in Moscow, Russia.
2015 – A collision between a commuter train and a passenger vehicle kills six in Valhalla, New York.
(30)ヨシダが選んだ著名人の誕生日; アントニオ・ホセ・デ・スクレ(1795)、 フェリックス・メンデルスゾーン (1809)、 永井隆(1908)、 檀一雄 (1912)、 ジョニー・"ギター"・ワトソン(1935)、 国谷裕子(1957)。

                           インタネット情報&ヨシダブログ
 上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。
   このコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を
編 集しつつ、ヨシダブログ書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグー グルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、 掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。 
ただ今、 
6078編です。
 

2016年2月3日(水)掲載分
昨日2月2日最終のトップページ
編集者のダイアリー・コナー

 「2月3日のできごと」でヨシダが特に関心を強くするの・・・と始めたいのですが、同コラム編集はかろうじて間に合ったものの、明日の「2月4日のできごと」の編集で現在に至ります。なにせ、先取り先行主義者だけに、それをやらないと気が落ち着かないのです(笑)。先取り主義者の悩み(?)ではあります★さて、その本日のできごとの中から選ぶとすれば・・・です。「(18)1959年 - アイオワ州でロックンローラー・バディ・ホリーリッチー・ヴァレンスビッグ・ボッパー英語版が乗った小型飛行機が墜落し、パイロットを含めた全員が死亡。ドン・マクリーンが「アメリカン・パイ」の中でこの事故を「音楽が死んだ日」 と歌う。」・・・といったところ。ほかでもありません、人の運命って・・・と絶句するできごとだからです。まだ若く今からが本番人生という前途有望の人物 たちの事故死であるからです。翻って、当時のヨシダは同グループの存在すら知りませんでした。米国から新技術導入で仕事一途の青春時代だっただけに、芸能 界のことには全く疎かったのです。正直な話、このコラム編集を通して知り得る過去の大きな出来事であるからです。(11:30)
 日々の情報収集源は早朝からでは出揃わないことから、「先取り仕事」を先行するのが常。「2月4日のできごと」もメドがたったことから、ボツボツ本作業に入るかな・・・といったところ。片 方のXPパソコンに続々入るメルマガを横目にしながらの選択肢です★そうだ、先ほどの出来事をブログします。初期の一時期に同居していたフィリピン人若家 族のアマさんがひょっこりと訪れました。ヨシダを観ての第一声が「ダディー!若くなったわよ!」でニンマリって按配。久々に英語会話が弾みました。数日前 に編集した記事「No.6050インタラクティヴで、プロアクティヴな英語能力の育成を」のイントラアクティヴ会話を味わいました。(12:00)
 「No.6077異次元の不気味山陰中央新報「明窓」2016.1.3.前)」を編集する一方で傍らのXPパソコン受信記事に目がとまります。題して「一日一食主義で思考がクリアに(星野リゾート・星野氏」ってのが目にとまります。一日二食主義に徹して久しいヨシダにとって格好の取材源!イヤハヤ、することが多々ありって、イイことですよね~!何かすることはないかな~・・・ってことよりは「異次元」の心境です。(13:35)
 一日二食主義に徹して3年目。そのヨシダがガッツ感で編集した記事は「No.6078:私の「カラダ資本論」 1日1食主義で思考がクリアに 基礎代謝が落ちる40代から食事を減量日経Goodday2016.2.3.星野佳路:星野リゾート代表(1月18日付))」です。一時期、一食主義に転じることをアーネルに伝えたところ、それはいき過ぎです、と。多少の医学知識を持つ彼の意見を尊重したものですが、何時か折をみて本記事のことを話してみるのもイイだろうと思っています。さて、本日の取材はこれにて終了とし、2月4日のできごと仕上げに入ります★と、ふと目に付いたのは「野田聖子・自民党前総務会長が斬る「一億総活躍」の行方(上)」(DIAMOND Online)。・・・分かりきったこととうけとめ、編集はしないことにしました。(15:40)



No.6078
私の「カラダ資本論」 1日1食主義で思考がクリアに 基礎代謝が落ちる40代から食事を減量
日経Goodday2016.2.3.星野佳路:星野リゾート代表(1月18日付)
ヨシダブログ:一 日二食主義に徹して3年のヨシダ。体調バツグンです。今朝、ひょっこり訪れてきた若奥さんのリカさん曰く、「ダディー!若くなったみたい!」と。共同生活 をしたことのあるアーネルの姪で3人の子持ち。84歳超ともなれば、「歳取った・・・」という印象を与えるのがオチ。それが「若くなった!」とは、正直、 ニンマリです。平素の健康管理のお陰と自負します▼「二食主義」と言えば、前妻と離婚して離別している長男で空手道場経営で米国生活を長くした彼の食事哲 学は「一日一食主義でも良い」でした。二食主義を大いに体感しているところです▼「食 道楽」という言葉があります。「味覚の敏感さ」を自負するセクトの世界ですが、イイようでワルイ面も否定できません。それが充たされないと不満を生じるか らです。一日二食・一食主義って、生きる甲斐がない!となること必至です▼ヨシダがイイ例。ご飯とて単身生活時代は「ササニシキorコシヒカリ」が常食 だったのが、今ではフィリピン米でOKです▼考えてみるに、このヨシダは経営者人生を長くしたことから、「お得意様接待」の名のものに、高級料理店の常連 客を演じたもの。旨い高級料理にはもう未練も欲望もありません!完全に卒業って気分。最大の関心事は「長生きのための食生活」に徹します。幸いなことは、 「成すべきものを多々持っている」ことに尽きます▼「中見出し」は、■1日3食は食べ過ぎで内臓を疲れさせる?、■「ハングリーハイ」とは?・・・と続き ます。添付した書籍は本記事とは直接の関係はありません。参考に供するもの。さて、読者の皆さんは・・・?写真9枚添付ファイル    
 星野佳路さん「星野温泉」の画像検索結果「星野温泉」の画像検索結果「一日二食主義」の画像検索結果関連画像「一日二食主義」の画像検索結果「一日二食主義」の画像検索結果       「一日二食主義」の画像検索結果    「一日二食主義」の画像検索結果
No.6077
異次元の不気味
山陰中央新報「明窓」2016.1.3.前

ヨシダブログ:お かしな話。「異次元」という言葉に別段、深い意味を感じないままに黒田日銀総裁の「異次元金融政策」を受けとめたもの。単純に言えば、「今までの常識の枠 を超えた感じの・・・」と解釈してきました。企業が銀行から設備・運転資金の融資を受けたら、支払利息でなく受け取り利息が生じる!!!???と(笑)▼ 金融界ではお金を借りれば支払利子がつく、お金を預ければ受け取り利息がつく・・・というの常識ルール。ところが、黒田論では、一般の市中銀行が日銀に預 金すれば「支払い利息(金利)が生じる」というもの。つまり、日銀に預金するな、預ける金があれば、民間設備投資等にカネを回せ・・・という趣旨。その 分、民間の資金が潤沢になり設備投資も大きくなって経済成長になる、というセオリー。ところが、民間金融機関ではチャッカリと預金者に対する預金支払い利 息の削減といった不心得な動きがあるとか?・・・本末転倒とはこのことですが、単純に考えれば、一般の人たちが想像することでもある感じ▼「異次元」とい う不気味な(?)言葉に戻ってのこと。何時ぞやは本コラムで取材引用した記事にブラックホール化する日銀の国債購入(2014 年11月4日)」 というのがありました。同記事をネタに本欄でもブログしましたが、探して此処に掲載するのは止します。これ こそが典型的な異次元世界足り得るでしょう。皮肉な表現を使えば、日銀が輪転機をジャンジャン回して印刷した巨額の万円札だが、それによって生じる日銀 (国)の負債はバラックホールに吸い込まれてなんたってことはないさ・・・とでも言いたげなセオリー。・・・う~ん、と考え込んでしましますが・・・。ど こ やらから聞こえてきそうな言葉。「・・・異次元とは文字通り、次元の異なる世界の、状態の、仕組みの・・・ってことさ、心配したってしょうがない さ・・・」とでも!? イヤハヤ・・・ です。(写真3枚添付ファイル    
                「異次元」の画像検索結果  11月5日、日銀の国債購入は「ブラックホール」の様相を呈し始めている。写真はハッブル宇宙望遠鏡がとらえた中心部にブラックホールが存在すると考えられているリング状銀河。NASA提供(2014年 ロイター) 「ブラックホール」の画像検索結果  
 昨日2日の記事5編を下記に掲載していましたが、本日3日の第一記事掲載(13:20)をもって消却しました。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分程度を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。 

                 「末尾の特別情報お知らせコーナー」
  以下のコラムは日々の執筆生活の中で、これはと思いついたことをタイトルを付して書き留めたものです。ウェブサイトトップ面の末尾の箇所に掲載するもので して、時おり変更しています。数多いヨシダブログですが、まとまった所信の一端といった感じで位置づけています。なお、上掲のリンクをクリックすると、そ の下書き的なテーマや内容の一端が垣間見られます。

             自然に到達した「自利から他利」の実践とその心
 このコラムはちょっとばかり長文ですので、ご興味のある方に限って上掲をクリックしてご覧ください。下記はその関係資料です。
 
「飯塚毅」の画像検索結果
    
   ヨシダのウェブサイトをご訪問くださってありがとうございました。またの機会までご機嫌よろしゅう!と言っても、毎日相当量のヨシダコメントを書きまくっています。「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど」が決まり文句です。 


                        2016年2月3日(水)
                          ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
                                             吉田祐起
                             (満84歳3ヶ月)  
                  (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)                                                           yoshida@a-bombsurvivor.com
                           URL(eng): http://www.a-bombsurvivor.com
            URL(jpn): http://www.a-bombsurvivor.com/index_japanese.html