吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果   「yuuki yoshida」の画像検索結果 http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
      吉田祐起(Yuuki Yoshida) :満84歳4か月 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 

  原爆証言者・吉田祐起の被爆現場証拠写真です。
 「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル別館」の画像検索結果
  2016年2月14日(日)午前3時頃のこと。ふと目覚めて色んなことに想いを巡らすなかで思いついたこと。それは被爆で九死に一生を得たという表現を辞 さない私の生々しい体験の場をこのサイトに再現することでした。ガバッと起きてデスクに向かいグーグルで関連写真を検索しました!ゲットしたのが上掲の写 真です。
 当時の私は学徒動員で広島電鉄本社電気課勤務でした。足が不自由なことからの事務所勤務。他の級友たちは電車・バスの修理工場配属で し た。左端の写真看板は現在の本社別館(右2枚の3階ビル)の前に設置されている半倒壊したビル画面と日英語説明文看板。2番目の白黒写真はその生々しい倒 壊した建物コーナーの写真です!
 朝礼を終えてビッコを引きながら薄暗い廊下伝いに電気課事務所に向かっていた瞬間の「ヒカ!ドン!」でした。 あっという間に下敷きになりました。数秒の差で倒壊を免れた同課オフィスに辿り着いていたと、今更の如く想起し、感無量です。真っ暗なビルの下敷きで手を 合わせて死を覚悟しました。ふと、頭上にほのかな明かりが眼に入り、無我夢中で瓦礫をよじ登りました。子供心に想起することに倒壊した建物のてっ辺に這い 出た時の印象は「下界を見下ろす」って位置。顔面に吹き出る血をみて、「母ちゃ~ん!血が出ているよう~!」と泣きました。倒壊したあの建物の下敷きのわ が姿を生々しく再現再確認する次第です。
 

              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手製のささやかなウェブサイトですが、ご覧ください。なお、ご意見やお気づきの点は遠慮なく下記にご一報くだされば嬉しい限りです。
yoshida@a-bombsurvivor.com                                                                           English               
            2016年2月29日(月)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
   

  ヒロシマ・ヒバクシャのヨシダが発信する「オバマ米大統領の被爆市訪問」のこと
  フィリピンに来て間もない頃は2009年11月10日のこと。シンガポールで開催の APEC会議出席の前に東京に立ち寄られたオバマ大統領がNHK WORLDの記者の質問(今回の日本立ち寄りを機に、被爆市訪問の意図がありますか?) 対して答えられた言葉が鮮明です。"The schedules are too tight this time. However, I would like to have an honor of visiting some day during my Presidency."(今回はスケジュールが一杯でできないが、任期中の何時か訪問の栄に浴したい・・・)。その出来事を踏まえて即座に書いたのが、拙著オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします!」 (2009年11月10日記)です。クリックしてご覧ください。ヨシダはその後、その適切な訪問時期は、区切りイイ年次の「2010年ー65周年」として 公開書簡まで発表したものでした。しかし、それが実現しなかったことは、現在にして思うに、「2015年ー70周年」こそがベストな年次と提唱するに至り ました。
 ところが、8月に入ってもその気配は皆無。「2015年-70周年」に拘っていたヨシダは絶望と思いつめていたものの、考えてみれば 同大統領の任期は 2017年1月20日東部時間正午まで。とすれば、区切りは良いとは言えない「2016年ー71周年」になるのが精一杯。まいっか・・・と勝手に思ってい るところです。大統領任期中の「レガシー(遺産)づくり」としても、男の約束においても実現されるのがご本人のためだとさえ思うのがヨシダです。

 おって、ヒバクシャとして被害意識を強くする中で、オバマ米大統領が2011年の9.11の8周年記念式典(ペンタゴン)て遺族たちを前にスピーチした言葉の一節を下記に掲載します。「被害意識」が先行するヒバクシャのわれわれが共有すべき貴重な言葉と受けとめます。なお、この崇高なる大統領の言葉は"Ceremonies Mark 8th Anniversary of September 11 Terrorist Attacks"の中ほどに小さく載っていたもので、目立たないものです。中見出し付きもしくは、太文字表示されるべき価値あるものと考えます。
"Let us renew the true spirit of that day. Not the human capacity for evil but the human capacity for good - not the desire to destroy but the impulse to save and to serve and to build," あの日の真実の心を新たにしましょう。 悪に対する人類の能力としてでなく、善に対する人類の能力としてです。-破壊することへの欲望でなく、守り、奉仕し、建設するための推進力としてです。(オバマ米国大統領・翻訳;吉田祐起) 
            「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果         「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果
   (注:このトップコメントは2016年8月6日まで掲載します。しぶといでしょう、ヨシダは・・・笑)

                
                   ウィキペディアから拾った2月29日の「できごと」 
                           February 29 Events(英語版) 
                                   「きょうのできごと」記録集
(To the English language visitors: Sorry, this column is for the Japanese edition. However, you could see so many English written Events in red characters among the Japanese lines, which are the ones never shown in Japanese edition. This means that Japanese edition is not as world-wide as the original English Google edition.) 
  こ のコラム編集なかんずく、当該写真の選択はご覧くださる方々のご関心をヴィジュアルな面で提供することを目的としています。ところが、写真を多く添付する と「1ページ当たりの編集許容量」が「1MB=1000KB」という制約から枚数を制限せざるを得ないものがあり、編集者の立場でこれは、と思うできごと に限った当該写真の添付ということにしています。★なおまた、「ウィキペディアのできごと」は英語版が本流でして、日本語版はその翻訳的な一面が 否 定できません。日本語版から入ると「できごとの」の主人公すら掴めない場合さえあることを最近痛感することが少なくありません。「主語抜き」という日本語 特有の落とし穴です。ヨシダの手法は、その「できごと」の主人公もしくは主体をヨシダ流に英語でインプットしてキャッチするケースが少なくありません。そ んなことから、案外と多くの時間を 費やしているのがこの編集作業です。もっとも、その過程で学び体験を得るのは他ならぬ、編集者のヨシダではあるのですが・・・★なお、英語版の掲載は本家 米国が主体性であるにかんがみ、世界的視野からの「できごと」を知る意味で日本語版との重複は無論、除外してそのまま掲載しております。同英語版のリンク をクリックすると
日本語版には見られない内容豊かなコンテンツが目に付きます。
   2「辰野金吾」の画像検索結果   「辰野金吾・日銀本店1896年」の画像検索結果  「辰野金吾・日銀本店1896年」の画像検索結果  「辰野金吾・日銀本店」の画像検索結果    「辰野金吾・日銀本店」の画像検索結果
    4「丹生誠忠処刑」」の画像検索結果「「兵に告ぐ」」の画像検索結果関連画像「戒厳司令官・香椎中将」の画像検索結果関連画像 「「兵に告ぐ」」の画像検索結果「戒厳司令官・香椎中将」の画像検索結果「戒厳司令官・香椎中将」の画像検索結果
     「戒厳司令官・香椎中将」の画像検索結果「戒厳司令官・香椎中将」の画像検索結果 6 「Hattie McDaniel」の画像検索結果 「Hattie McDaniel, academy award」の画像検索結果  「academy award」の画像検索結果    「Hattie McDaniel」の画像検索結果

   10「1960, morroko earthquake」の画像検索結果「1960, morroko earthquake」の画像検索結果       「1960, morroko earthquake」の画像検索結果「1960, morroko earthquake」の画像検索結果  「1960, morroko earthquake」の画像検索結果     「1960, morroko earthquake」の画像検索結果
    15      「dexter cafe dolphin activist」の画像検索結果      「壱岐イルカ事件」の画像検索結果「壱岐イルカ事件」の画像検索結果   「壱岐イルカ事件」の画像検索結果  「壱岐イルカ事件」の画像検索結果  「壱岐イルカ事件」の画像検索結果

       21「パウルス3世」の画像検索結果「ジョアキーノ・ロッシーニ」の画像検索結果 「島田魁」の画像検索結果「ウラディーミル・フォーゲル」の画像検索結果「Morarji Ranchhodji Desai」の画像検索結果「マキノ雅弘」の画像検索結果  「ダイナ・ショア」の画像検索結果 「ミシェル・モルガン」の画像検索結果「兼高かおる」の画像検索結果 「デニス・ファリーナ」の画像検索結果「伊地知温子」の画像検索結果
1504Christopher Columbus uses his knowledge of a lunar eclipse that night to convince Native Americans to provide him with supplies.
1644Abel Tasman's second Pacific voyage began.
1704Queen Anne's War: French forces and Native Americans stage a raid on Deerfield, Massachusetts, killing 56 villagers and taking more than 100 captive.
1712 – February 29 is followed by February 30 in Sweden, in a move to abolish the Swedish calendar for a return to the Old style.
(1)1720年 - スウェーデン女王ウルリカ・エレオノーラが、王権を著しく制限した憲法の制定に反対して自ら退位。議会の決定により夫のフレドリク1世が即位。
1752 – King Alaungpaya founds Konbaung Dynasty, the last dynasty of Burmese monarchy.
1768 – Polish nobles formed Bar Confederation.
1796 – The Jay Treaty between the United States and Great Britain comes into force, facilitating ten years of peaceful trade between the two nations.
1864American Civil War: Kilpatrick-Dahlgren Raid fails – plans to free 15,000 Union soldiers being held near Richmond, Virginia are thwarted.
1892St. Petersburg, Florida is incorporated.
(2)1896年 - 辰野金吾設計による日本銀行本店が竣工。
1912 – The Piedra Movediza (Moving Stone) of Tandil falls and breaks.
1916Tokelau is annexed by the United Kingdom.
・1916 –
Child labor: In South Carolina, the minimum working age for factory, mill, and mine workers is raised from twelve to fourteen years old.
1920Czechoslovak National assembly adopted the Constitution.
(3)1932年 - 日中問題の調査のため、国際連盟リットン調査団が来日。
(4)1936年 - 二・二六事件の反乱部隊に原隊復帰勧告(「兵に告ぐ」)が出され、5時間で帰順。
1936Baby Snooks, played by Fanny Brice, debuts on the radio program The Ziegfeld Follies of the Air.
・1936 –
February 26 Incident in Tokyo ends.
1940 – For her role as Mammy in Gone with the Wind, Hattie McDaniel becomes the first African American to win an Academy Award.
・1940 – Finland initiates
Winter War peace negotiations.
・1940 – In a ceremony held in
Berkeley, California, because of the war, physicist Ernest Lawrence receives the 1939 Nobel Prize in Physics from Sweden's Consul General in San Francisco.
(5)1940年 - 冬戦争: フィンランドソビエト連邦との和平交渉を再開。
(6)1940年 - アメリカの女優ハティ・マクダニエルアフリカ系アメリカ人で初めてアカデミー賞(助演女優賞)を受賞。
(7)1940年 -第二次大本事件: 不敬罪治安維持法違反で検挙された大本教主・出口王仁三郎に対し、第1審で無期懲役の判決。
(8)1944年 - 高級劇場閉鎖令、個人演奏会禁止令の発布。歌舞伎座東劇京都南座などが対象となった。
1944 – World War II: The Admiralty Islands are invaded in Operation Brewer led by American General Douglas MacArthur.
1952 – The island of Heligoland is restored to German authority.
(9)1952年 - 沖縄琉球列島米国民政府琉球政府の設立を公布。
(10)1960年 - モロッコで地震。3,000人以上が死亡。
1964 – In Sydney, Australian swimmer Dawn Fraser sets a new world record in the 100-meter freestyle swimming competition (58.9 seconds).
(11)1968年 - 『ビッグコミック』創刊。
(12)1972年 - 八丈島でM7.2の地震
(13)1972年 - 福井県国鉄三国線兵庫県の国鉄篠山線がこの日限りで廃止。
1972Vietnam War: Vietnamization – South Korea withdraws 11,000 of its 48,000 troops from Vietnam.
(14)1976年 - 宇宙開発事業団電離層観測衛星「うめ」を打上げ。日本初の実用衛星
(15)1980年 - 長崎県壱岐島で活動家デクスター・ケイトが、駆除のために囲われていたイルカ約300頭を網を切って逃がし逮捕。法廷で動物の権利を基に抗弁したが威力業務妨害で有罪。(壱岐イルカ事件
1980Gordie Howe of the then Hartford Whalers makes NHL history as he scores his 800th goal.
1988 – South African archbishop Desmond Tutu is arrested along with 100 clergymen during a five-day anti-apartheid demonstration in Cape Town.
・1988 –
Svend Robinson becomes the first member of the Canadian House of Commons to come out as gay.
1992 – First day of Bosnia and Herzegovina independence referendum.
(16)1992年 - 茨城カントリークラブ事件で、開発会社の社長を脱税容疑で逮捕。
1996Faucett Flight 251 crashes in the Andes, all 123 passengers and crew died.
2000Second Chechen War: 84 Russian paratroopers are killed in a rebel attack on a guard post near Ulus Kert.
(17)2000年 - 2000年問題(閏日問題)により、郵便貯金ATMが停止するなど社会的に混乱が見られる。
(18)
2004年 - ハイチで、反乱激化によりジャン=ベルトラン・アリスティド大統領が国外へ脱出。
(19)2004年 - 日本テレビ東京都千代田区二番町から同港区汐留へ移転し、本放送開始。
2008 – The United Kingdom's Ministry of Defence decides to withdraw Prince Harry from a tour of Afghanistan "immediately" after a leak led to his deployment being reported by foreign media.
・2008 –
Misha Defonseca admits to fabricating her memoir, Misha: A Memoire of the Holocaust Years, in which she claimed to have lived with a pack of wolves in the woods during the Holocaust.
2012Tokyo Skytree construction completed. Now it is the tallest tower in the world, 634 meters high, and second tallest (man-made) structure on Earth, next to Burj Khalifa.
(20)2012年 - 東京スカイツリーが完成。
(21)ヨシダが選んだ著名人の誕生日;
パウルス3世 (1468)、 ジョアキーノ・ロッシーニ (1792)、 島田魁(1828)、 ウラディーミル・フォーゲル(1896)、 モラルジ・デサイ(1896)、マキノ雅弘 (1908)、 ダイナ・ショア(1916)、 ミシェル・モルガン (1920)、 兼高かおる (1928)、 デニス・ファリーナ (1944)、 兼高かおる (1928)、 兼高かおる (1928)、 兼高かおる (1928)、(1820)、 伊地知温子(1956)

                           インタネット情報&ヨシダブログ
 上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。
   このコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を編 集しつつ、ヨシダブログ書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグー グルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、 掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。 

ただ今、 6140編です。  
2016年2月29日(日)掲載分
昨日2月28日最終のトップページ
編集者のダイアリー・コナー

 「2月29日のできごとに関してヨシダが特に関心を抱くのは、「(6)1940年 - アメリカの女優ハティ・マクダニエルアフリカ系アメリカ人で初めてアカデミー賞(助演女優賞)を受賞」です。最初はアフリカ系アメリカ人女優ハティ・マクダニエルって誰?ってなことでしたが、当該写真を観て、「あっそうだった!この女優さんだった・・・」ってな調子。英語の好きなヨシダに似合わず、アメリカ人要人の名前を覚えるはどうも苦手です(笑)。今日が誕生日である 兼高かおる さん(1928) には強烈な魅力を感じた者です。憧れの3歳上のお姉さん!って感じを抱いたものでした。現在87歳にして一層の魅力を発揮しておられることは喜ばしい限り です。彼女の近況は、「現在でも世界各国を飛び回っておられて、その理由は、時々刻々と変化する世界の情勢は常にじかに見なければならないという方針と か。独身ですが、結婚することがわからないということだそうです。勿体無い・・・!とは余計な詮索をするヨシダのひとり言ならぬ、ブログです。なお、彼 女は動物好き(とくに犬)だそうですが、猿とだけは非常に相性が悪く、どんなにおとなしい猿でも襲い掛かられてしまうそうです。お猿さんは、かおる女史の 魅力を嫉妬しているのかな、はかおる女史大ファンのヨシダの余計なシンパイです。How pretty she is!!!!!
        「兼高かおる」の画像検索結果 「兼高かおる」の画像検索結果  関連画像「兼高かおる」の画像検索結果「兼高かおる」の画像検索結果「兼高かおる」の画像検索結果「兼高かおる」の画像検索結果関連画像関連画像関連画像「兼高かおる」の画像検索結果
 今朝は朝日を背にいっぱい向けながらの「両膝屈伸運動」に励みました。かねてよりブログしているこの運動実践方法として、「400回数字のつぶやき」から転じたのが、「8分間の英語詩文等5編朗誦」にシフトして久しい中。どうやら心臓の鼓動からして従来の4百回より多くなっている感じです。単調な数数えつつより、意義深いこれら5編の詩文等のほうがイイ感じです★今朝一番の編集記事は、「No.6139:「憲法をぞうきんのように使え」 101歳の現役ジャーナリスト むのたけじDIAMOND Online2016.2.29.佐高 信 [評論家] )」。早朝では各紙のコラムが出揃わないこともあっての経済誌記事検索です。・・・と、こうして本欄でブログしながら目を転じるのが上掲の兼高かおるさんの美しい姿。イイ歳してと、笑わないでくださいネ。これもボケ防止(?)。シツレイ、兼高さん!(10:50)
 今月最後の取材記事は「No.6140:いのちのバトン京都新聞「凡語」2016.2.29.)」 です。短い記事でも、編集に2時間近く費やしました。何時ものことながら、文中に出てくる人物や状況等々を画像化するためにです★明日から3月。3月と言 えば、永年の経営者人生を過ごしたヨシダにとっては、「3月期決算」でなんとなく多忙感というか、緊張感を抱いたことを想起します。現在は開放感いっぱ いってところでハッピーです。(18:10)



No.6140
いのちのバトン
京都新聞「凡語」2016.2.29.

ヨシダブロ雪 舟の「天橋立図」は何度か観ましたが、現物の天橋立は訪れたことがありません。「高田松原」も、です。この歳にしていげしげと当該写真を観ながら味わいま す。なんだか、見失っていたものをこの歳にして取り戻しているって感じです。本コラム編集のお陰と喜んでいます▼ふと、自我自賛を承知の上のブログです が、この短い記事も2時間余かけてこんな具合に編集されているという事実。当事者にとっても決して無駄な時間ではないと自負します。写真22枚添付ファイル
        「京都国立博物館」の画像検索結果「京都国立博物館雪舟筆、国宝「天橋立図」」の画像検索結果「京都国立博物館雪舟筆、国宝「天橋立図」」の画像検索結果 「京都国立博物館雪舟筆、国宝「天橋立図」」の画像検索結果  「雪舟」の画像検索結果
      「天橋立(宮津市)」の画像検索結果関連画像  「天橋立(宮津市)」の画像検索結果  「天橋立(宮津市)」の画像検索結果     「天橋立(宮津市)」の画像検索結果「天橋立」の画像検索結果
    「天橋立(宮津市)」の画像検索結果 「天橋立(宮津市)」の画像検索結果    関連画像  関連画像  「天橋立(宮津市)」の画像検索結果  「天橋立(宮津市)」の画像検索結果
     「名勝・高田松原」の画像検索結果   「名勝・高田松原」の画像検索結果         関連画像 「名勝・高田松原」の画像検索結果 関連画像「詩集「希望の木」」の画像検索結果
No.6139

「憲法をぞうきんのように使え」 101歳の現役ジャーナリスト むのたけじ
DIAMOND Online2016.2.29.佐高 信 [評論家]
ヨシダブロ時 代の流れに迎合するのは人間なかんずく、政治家の性。大衆迎合主義は何時の世でもあるからです。生命を賭けて主義主張を貫くのは至難の業みたいです。「社 会のムードそのものが報道の自由を自らがん じがらめに・・・」と証言する本記事の主人公・101歳の現役ジャーナリストの「むのたけじさん」にエールと尊敬の念を抱きます▼同じ101歳(以上)の 人生を目指すヨシダは、のむさんに比べると小さなスケールですが、ま、分相応の使命感を抱いて、本記事を編集しました▼「中見出し」は、■怒りの炎を燃やし、命がけで生きる、■新聞の戦争責任を思い、朝日新聞を退社・・・と続きます。主人公・むのたけじさんの一層のご健勝を祈念してやみません。(写真23枚添付ファイル
    「『週刊金曜日』の2016年2月19日号」の画像検索結果「『週刊金曜日』の2016年2月19日号「むのたけじ&佐藤梓「70歳差対談」」」の画像検索結果「「むのたけじ」の画像検索結果  「『週刊金曜日』の2016年2月19日号「むのたけじ&佐藤梓「70歳差対談」」」の画像検索結果 「「むのたけじ」の画像検索結果
       (70歳差対談テーマ:人間にとっていちばん大切なのはやっぱり人間だ)
 「斎藤隆夫が行った「反軍演説」」の画像検索結果「斎藤隆夫が行った「反軍演説」」の画像検索結果 「斎藤隆夫が行った「反軍演説」」の画像検索結果  「斎藤隆夫が行った「反軍演説」」の画像検索結果「斎藤隆夫が行った「反軍演説」」の画像検索結果 「斎藤隆夫が行った「反軍演説」」の画像検索結果「魯迅」の画像検索結果「『雪と足と』」の画像検索結果
  「むのさんの『雪と足と』」の画像検索結果「雑誌『世界』」の画像検索結果「むのたけじ 名言」の画像検索結果  「むのたけじ 名言」の画像検索結果  「むのたけじ 名言」の画像検索結果 「むのたけじ 名言」の画像検索結果「むのたけじ 著書」の画像検索結果「むのたけじ 著書」の画像検索結果 「むのたけじ 著書」の画像検索結果 佐高信氏の著書
 昨日28の記事4編を下記に掲載していましたが、本日29日の第一記事掲載(10:15)をもって消却しまsぢた。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分程度を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。 

                   「末尾の特別情報お知らせコーナー」
  以下のコラムは日々の執筆生活の中で、これはと思いついたことをタイトルを付して書き留めたものです。ウェブサイトトップ面の末尾の箇所に掲載するもので して、時おり変更しています。数多いヨシダブログですが、まとまった所信の一端といった感じで位置づけています。なお、上掲のリンクをクリックすると、そ の下書き的なテーマや内容の一端が垣間見られます。


     毎月の28日はヨシダにとって意義深くしているもの その理由(わけ)は!?
                                       (本欄は月末までの掲載です。)
 プライベートなことでかつ、単純で大人気ない(?)とも思えるようなことをヨシダは執拗に意識して現在に至ります。ほかでもありません、「28日」という日は吉田祐起の誕生日のそれに当たることから、この日を中心にわが人生の歩みが刻まれている、という自覚や認識です。
 つまり、年に12回の誕生日を意識して「満83歳○ヶ月」とウェブサイトにも掲載し、自身もそれを意識して送っているのです。あと、何日で28日・・・といった具合にです。これって、ちょっと、ユニークはモノの考え方だと自負します。
  時が経つことで、洋の東西を問わず、意味深長なのが「光陰矢の如し」という言葉。英語でも"Time flies like an arrow" と人々は口にします。矢の如く時が去った、と感じることは、その分、人生を短く送っていることを意味するのであって、まさか、時が早く去って歳をとったか ら ヨカッタとは誰も思わないハズです。
 強いてそれをポジティヴに解釈すれば、苦しい時もあったけど、あっと言う間に過ぎ去った、苦しいこと を 克服 してきた、開放された、といったくらいの解釈も成り立つでしょうが、それとて、味わうべき喜怒哀楽の人生がその分、短く去ったことを意味する結果でしかな い、というのがヨシダです。
 折角この世に生を受け、与えられた人生ならば、その喜びを文字通り、日々味わいつつ、感謝しつつ過ごす(消化する)という考え方のほうが、その逆の苦しい人生、早くに過ぎ去って欲しいもの・・・よりもずっと、ハッピーだと思うのです。
  さらに、こんなことも頭に描かれると思います・・・。例えば、何かを達成するとか、成し遂げるものを持っているとします。ヨシダ流の処し方は、優先順位の 見 極めです。沢山ある仕事の優先順位を頭にしっかりと入れて処す方法。ストレスもなくなります。計画的にというのは誰でも言いますが、その処し方の基本はな んと言ってもターゲットとする日の設定でして、ヨシダの場合は毎月の28日がそれになっているという感じです。
 その日(28日)が来たら、ウン、オレはあれもやった、これもやり遂げた、出来なかったことは次の月の28日をひと区切りに・・・といった按配です。これって単純なモーチベーションに過ぎませんが、案外と効果的です。
  結果的には、折角与えられた人生期間を感謝の念をもって着々と消化して事を成し遂げる、といった図式です。同じ1年サイクルで巡ってくる自身の誕生の 「日」をハッピー・バース・デイ!と心の中で呟きながら日々の経過を味わいつつ・・・といったシナリオです。こうした考え方がヨシダが永年、心に入れてい るキーワードに繋がるのです。「生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ」がそれです。
 ところで、これも他愛もないことですが、10月 28日はかのマイクロソフトのビル・ゲイツさんの誕生日(1955年)を早くに認識してきたものです。人間のスケールからすれば、ドダイ比較対象する何も のもないのですが、誕生日だけは同じ!と言える(思える)のがイイ味ってところです(笑)。ヨシダはビル・ゲイツさんと同じ誕生日って思うだけでも、思わ ないよりずっとマシって按配です。
 ふと、この記事を書きながら好奇心旺盛なヨシダは即座にヨシダの認識するその他の著名人を平素世話になるグーグルさんから拾い出しました。多くある人物の中からヨシダの好みに従って人物名と写真を列記して誕生日の味わい方を増幅さす次第です。

 1.徳川 慶喜(1837:江戸幕府第15代将軍)、2.横河民輔(1864:横河電機創業者)、3.ジェイコブ・D・コックス(南北戦争北軍将軍・共和党・第28代オハイオ州知事・第10代アメリカ合衆国内務長官)、4.エルザ・ランチェスター(1902:イギリスの女優)、5.東富士欽壹(1973:大相撲第40代横綱)、6.浜田 晃(1941:俳優)、7.小池真理子(1952:女優)、8. ビル・ゲイツ(1955:マイクロソフト創立者)、9.吉田都(1955:バレリーナ)、10.吉田里琴(1999年:女優)・・・と。ハイ、末尾11は吉田祐起(1931:本サイト編集長)で~す!
 ヨシダって好奇心旺盛 でしょう。こんなことに時間を使うから超多忙人間(?)。日々をかみ締めながら生きるから「光陰矢の如し」は無縁たる所以です(笑)。

  Cox, Jacob D. M.C. Ohio (Secty of Interior in Grant Adm.).jpgエルザ・ランチェスターElsa LanchesterAzumafuji 1950 Scan10025-2.JPG   http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
  ヨシダのウェブサイトをご訪問くださってありがとうございました。またの機会までご機嫌よろしゅう!と言っても、毎日相当量のヨシダコメントを書きまくっています。「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど」が決まり文句です。 

                        2016年2月29日(月)
                          ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
                                             
吉田祐起
                  
         (満84歳4ヶ月)  
                  (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)   

                                 yoshida@a-bombsurvivor.com
                           URL(eng): http://www.a-bombsurvivor.com
            URL(jpn): http://www.a-bombsurvivor.com/index_japanese.html

                           URL(eng): http://www.a-bombsurvivor.com             URL(jpn): http://www.a-bombsurvivor.com/index_japanese.html