吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果    「yuuki yoshida」の画像検索結果  http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
         吉田祐起のプロフィール  (満84歳3か月) 
   "生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 

  原爆証言者・吉田祐起の被爆現場証拠写真です。
 「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果 「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル別館」の画像検索結果
  2016年2月14日(日)午前3時頃のこと。ふと目覚めて色んなことに想いを巡らすなかで思いついたこと。それは被爆で九死に一生を得たという表現を辞 さない私の生々しい体験の場をこのサイトに再現することでした。ガバッと起きてデスクに向かいグーグルで関連写真を検索しました!ゲットしたのが上掲の写 真です。
 当時の私は学徒動員で広島電鉄本社電気課勤務でした。足が不自由なことからの事務所勤務。他の級友たちは電車・バスの修理工場配属で し た。左端の写真看板は現在の本社別館(右2枚の3階ビル)の前に設置されている半倒壊したビル画面と日英語説明文看板。2番目の白黒写真はその生々しい倒 壊した建物コーナーの写真です!
 朝礼を終えてビッコを引きながら薄暗い廊下伝いに電気課事務所に向かっていた瞬間の「ヒカ!ドン!」でした。 あっという間に下敷きになりました。数秒の差で倒壊を免れた同課オフィスに辿り着いていたと、今更の如く想起し、感無量です。真っ暗なビルの下敷きで手を 合わせて死を覚悟しました。ふと、頭上にほのかな明かりが眼に入り、無我夢中で瓦礫をよじ登りました。子供心に想起することに倒壊した建物のてっ辺に這い 出た時の印象は「下界を見下ろす」って位置。顔面に吹き出る血をみて、「母ちゃ~ん!血が出ているよう~!」と泣きました。倒壊したあの建物の下敷きのわ が姿を生々しく再現再確認する次第です。なお、詳細は「65年間の沈黙を破って語る原爆生存者証言~3つの視点~」の21ページ中、最初の2ページで書いています。
(2016.2.14.5:00)

              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手製のささやかなウェブサイトですが、ご覧ください。なお、ご意見やお気づきの点は遠慮なく下記にご一報くだされば嬉しい限りです。
yoshida@a-bombsurvivor.com                                                                         English               
            2016年2月14日(日)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2008.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
 

       ヒロシマ・ヒバクシャのヨシダが発信する「オバマ米大統領の被爆市訪問」のこと
  フィリピンに来て間もない頃は2009年11月10日のこと。シンガポールで開催の APEC会議出席の前に東京に立ち寄られたオバマ大統領がNHK WORLDの記者の質問(今回の日本立ち寄りを機に、被爆市訪問の意図がありますか?) 対して答えられた言葉が鮮明です。"The schedules are too tight this time. However, I would like to have an honor of visiting some day during my Presidency."(今回はスケジュールが一杯でできないが、任期中の何時か訪問の栄に浴したい・・・)。その出来事を踏まえて即座に書いたのが、拙著オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします!」 (2009年11月10日記)です。クリックしてご覧ください。ヨシダはその後、その適切な訪問時期は、区切りイイ年次の「2010年ー65周年」として 公開書簡まで発表したものでした。しかし、それが実現しなかったことは、現在にして思うに、「2015年ー70周年」こそがベストな年次と提唱するに至り ました。
 ところが、8月に入ってもその気配は皆無。「2015年-70周年」に拘っていたヨシダは絶望と思いつめていたものの、考えてみれば 同大統領の任期は 2017年1月20日東部時間正午まで。とすれば、区切りは良いとは言えない「2016年ー71周年」になるのが精一杯。まいっか・・・と勝手に思ってい るところです。大統領任期中の「レガシー(遺産)づくり」としても、男の約束においても実現されるのがご本人のためだとさえ思うのがヨシダです。

 おって、ヒバクシャとして被害意識を強くする中で、オバマ米大統領が2011年の9.11の8周年記念式典(ペンタゴン)て遺族たちを前にスピーチした言葉の一節を下記に掲載します。「被害意識」が先行するヒバクシャのわれわれが共有すべき貴重な言葉と受けとめます。なお、この崇高なる大統領の言葉は"Ceremonies Mark 8th Anniversary of September 11 Terrorist Attacks"の中ほどに小さく載っていたもので、目立たないものです。中見出し付きもしくは、太文字表示されるべき価値あるものと考えます。
"Let us renew the true spirit of that day. Not the human capacity for evil but the human capacity for good - not the desire to destroy but the impulse to save and to serve and to build," あの日の真実の心を新たにしましょう。 悪に対する人類の能力としてでなく、善に対する人類の能力としてです。-破壊することへの欲望でなく、守り、奉仕し、建設するための推進力としてです。(オバマ米国大統領・翻訳;吉田祐起) 
            「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果         「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果
   (注:このトップコメントは2016年8月6日まで掲載します。しぶといでしょう、ヨシダは・・・笑)

                
                  ウィキペディアから拾った2月14日の「できごと」 
                            February 14, Events(英語版)                                                                    「きょうのできごと」記録集
(To the English language visitors: Sorry, this column is for the Japanese edition. However, you could see so many English written Events in red characters among the Japanese lines, which are the ones never shown in Japanese edition. This means that Japanese edition is not as world-wide as the original English Google edition.) 
  こ のコラム編集なかんずく、当該写真の選択はご覧くださる方々のご関心をヴィジュアルな面で提供することを目的としています。ところが、写真を多く添付する と「1ページ当たりの編集許容量」が「1MB=1000KB」という制約から枚数を制限せざるを得ないものがあり、編集者の立場でこれは、と思うできごと に限った当該写真の添付ということにしています。★なおまた、「ウィキペディアのできごと」は英語版が本流でして、日本語版はその翻訳的な一面が 否 定できません。日本語版から入ると「できごとの」の主人公すら掴めない場合さえあることを最近痛感することが少なくありません。「主語抜き」という日本語 特有の落とし穴です。ヨシダの手法は、その「できごと」の主人公もしくは主体をヨシダ流に英語でインプットしてキャッチするケースが少なくありません。そ んなことから、案外と多くの時間を 費やしているのがこの編集作業です。もっとも、その過程で学び体験を得るのは他ならぬ、編集者のヨシダではあるのですが・・・★なお、英語版の掲載は本家 米国が主体性であるにかんがみ、世界的視野からの「できごと」を知る意味で日本語版との重複は無論、除外してそのまま掲載しております。同英語版のリンク をクリックすると日本語版には見られない内容豊かなコンテンツが目に付きます。

  1「ウァレンティヌス」の画像検索結果「ウァレンティヌス」の画像検索結果  「ウァレンティヌス」の画像検索結果      関連画像「ウァレンティヌスの墓」の画像検索結果「ウァレンティヌスの墓」の画像検索結果 「皇帝クラウディウス・ゴティクス」の画像検索結果 
    5「James Cook」の画像検索結果  「James Cook」の画像検索結果     関連画像「James Cook」の画像検索結果    関連画像

     8「Alexander Graham Bell patent, 1876」の画像検索結果「Alexander Graham Bell patent, 1876」の画像検索結果「Alexander Graham Bell patent, 1876」の画像検索結果「Alexander Graham Bell patent, 1876」の画像検索結果「Alexander Graham Bell patent, 1876」の画像検索結果「Alexander Graham Bell patent, 1876」の画像検索結果「Alexander Graham Bell patent, 1876」の画像検索結果         「Alexander Graham Bell patent, 1876」の画像検索結果
     17「1920年 - 第1回箱根駅伝」の画像検索結果       関連画像「1920年 - 第1回箱根駅伝」の画像検索結果関連画像「1920年 - 第1回箱根駅伝」の画像検索結果      「1920年 - 第1回箱根駅伝」の画像検索結果「箱根駅伝 ポスター」の画像検索結果
       「箱根駅伝 2015」の画像検索結果  「箱根駅伝 2015」の画像検索結果  「箱根駅伝 2015」の画像検索結果「箱根駅伝 2015」の画像検索結果   19「1929, valentain day massacure in chikago」の画像検索結果  「1929, valentain day massacure in chikago」の画像検索結果  「1929, valentain day massacure in chikago」の画像検索結果
       「1929, valentain day massacure in chikago」の画像検索結果  「1929, valentain day massacure in chikago」の画像検索結果  「1929, valentain day massacure in chikago」の画像検索結果  「1929, valentain day massacure in chikago」の画像検索結果       関連画像
36「Sir Salman Rushdie」の画像検索結果   関連画像 「The Satanic Verses」の画像検索結果
                    「The Satanic Verses」の画像検索結果 「The Satanic Verses」の画像検索結果 「The Satanic Verses」の画像検索結果「The Satanic Verses」の画像検索結果「The Satanic Verses」の画像検索結果
            39    「voyager 1 earth family portraits」の画像検索結果       「voyager 1 earth family portraits」の画像検索結果      関連画像     「voyager 1 earth family portraits」の画像検索結果       関連画像「voyager 1 earth family portraits」の画像検索結果

 49「マティアス、神聖ローマ皇帝」の画像検索結果「フレデリック・ダグラス」の画像検索結果「清水次郎長」の画像検索結果「岡倉天心」の画像検索結果「岡田啓介」の画像検索結果  「ジャンヌ・カルマン」の画像検索結果  「広田弘毅」の画像検索結果 「ジミー・ホッファ」の画像検索結果  「小林正樹」の画像検索結果「鮎川哲也」の画像検索結果「大坂志郎」の画像検索結果「磯村みどり」の画像検索結果「林与一」の画像検索結果「扇ひろこ」の画像検索結果
(1)269年270年 - ウァレンティヌスローマ皇帝クラウディウス・ゴティクスによって処刑されたと主張される日。初期の記録では270年2月14日。270年1月にクラウディウス2世は死亡している。
748Abbasid Revolution: The Hashimi rebels under Abu Muslim Khorasani take Merv, capital of the Umayyad province Khorasan, marking the consolidation of the Abbasid revolt.
(2)842年 - ストラスブールの誓い西フランクシャルル2世東フランクルートヴィヒ2世が長兄ロタール1世に対抗するために協力することを誓約。
1014Pope Benedict VIII crowns Henry of Bavaria, King of Germany and of Italy, as Holy Roman Emperor.
(3)1076年 - 叙任権闘争: 教皇グレゴリウス7世神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世破門
1349 – Several hundred Jews are burned to death by mobs while the remaining Jews are forcibly removed from Strasbourg.
1400Richard II of England dies, most probably from starvation, in Pontefract Castle, on the orders of Henry Bolingbroke.
1556Thomas Cranmer is declared a heretic.
(4)1715年正徳5年1月11日) - 江戸幕府海舶互市新例を制定。
1778 – The United States flag is formally recognized by a foreign naval vessel for the first time, when French Admiral Toussaint-Guillaume Picquet de la Motte renders a nine gun salute to USS Ranger, commanded by John Paul Jones.
1779American Revolutionary War: The Battle of Kettle Creek is fought in Georgia.
(5)1779年 - キャプテン・クックが太平洋探検の第3回航海中にハワイで先住民とのいさかいによって落命。
(6)1797年 - フランス革命戦争:サン・ビセンテ岬の海戦

1804Karađorđe leads the First Serbian Uprising against the Ottoman Empire.
1831 – Ras Marye of Yejju marches into Tigray and defeats and kills Dejazmach Sabagadis in the Battle of Debre Abbay.
1835 – The original Quorum of the Twelve Apostles, in the Latter Day Saint movement, is formed in Kirtland, Ohio.
1849 – In New York City, James Knox Polk becomes the first serving President of the United States to have his photograph taken.
1852Great Ormond St Hospital for Sick Children, the first hospital in England to provide in-patient beds specifically for children, is founded in London.
1855Texas is linked by telegraph to the rest of the United States, with the completion of a connection between New Orleans and Marshall, Texas.
(7)1859年 - オレゴン準州の一部が州に昇格し、アメリカ合衆国33番目の州・オレゴン州となる。
(8)1876年 - グラハム・ベル電話の特許を出願。
(9)1879年 - ペルーボリビアチリの間で太平洋戦争が勃発。
1899Voting machines are approved by the U.S. Congress for use in federal elections.
(10)1900年 - 第2次ボーア戦争: 2万のイギリス軍が駐屯軍救出のためオレンジ自由国に侵攻。
(11)1903年 - アメリカ合衆国商務労働省商務省の前身)設置。
(12)1912年 - アリゾナ準州が州に昇格し、アメリカ合衆国48番目の州・アリゾナ州となる。
・1912 – In Groton, Connecticut, the first diesel-powered submarine is commissioned.
(13)1914年 - 東京海上保険自動車保険の事業免許取得、日本における自動車保険の発祥とされる。
(14)1917年 - 『主婦之友』創刊。
(15)1918年 - ソビエト連邦グレゴリオ暦を導入。ユリウス暦1月31日の翌日が2月14日になる。
(16)1919年 - ポーランド・ソビエト戦争が開戦。
(17)1920年 - 第1回箱根駅伝開催。
1920 – The League of Women Voters is founded in Chicago.
(18)
1924年 - The Computing-Tabulating-Recording Company (C-T-R) がInternational Business Machines Corporation (IBM) に社名変更。
(19)1929年 - シカゴ聖バレンタインデーの虐殺がおこる。
(20)1939年 - ドイツ海軍戦艦ビスマルク」が進水。
(21)1942年 - 第二次世界大戦蘭印作戦: 大日本帝国陸軍挺進第2連隊落下傘部隊)がスマトラ島パレンバンに奇襲攻撃を敢行。(パレンバン空挺作戦
1942Battle of Pasir Panjang contributes to the fall of Singapore.
1943World War II: Rostov-on-Don, Russia is liberated.
・1943 – World War II:
Tunisia Campaign: General Hans-Jürgen von Arnim's Fifth Panzer Army launches a concerted attack against Allied positions in Tunisia.
(22)1943年 - 第二次世界大戦ブーゲンビル島における航空戦にて連合軍が大損害を受ける(セントバレンタインデーの虐殺)
1944 – World War II: Anti-Japanese revolt on Java.
1945 – World War II: On the first day of the bombing of Dresden, the British Royal Air Force and the United States Army Air Forces begin fire-bombing Dresden, the capital of the German state of Saxony.
・1945 – World War II: Navigational error leads to the mistaken
bombing of Prague, Czechoslovakia by an American squadron of B-17s assisting in the Soviet's Vistula–Oder Offensive.
・1945 – World War II:
Mostar is liberated by Yugoslav partisans.
・1945 – President
Franklin D. Roosevelt meets with King Ibn Saud of Saudi Arabia aboard the USS Quincy, officially beginning U.S.-Saudi diplomatic relations.
(23)1945年 - 第二次世界大戦: 近衛文麿昭和天皇に米英との講和を唱える上奏を行う。(近衛上奏文
(24)1946年 - 世界最初のデジタル電子計算機ENIACが公開。
1946 – The Bank of England is nationalized.
1949 – The Knesset (Israeli parliament) convenes for the first time.
・1949 – The
Asbestos Strike begins in Canada. The strike marks the beginning of the Quiet Revolution in Quebec.
1950Chinese Civil War: The National Revolutionary Army instigates the unsuccessful Battle of Tianquan against the People's Liberation Army.
(25)1950年 - 中ソ友好同盟相互援助条約調印。
(26)1952年 - 第6回冬季オリンピックオスロ大会開催。2月25日まで。
(27)1953年 - 小勝多摩火工爆発事故
(28)1956年 - ソ連共産党第20回大会開会。最終日にフルシチョフスターリン批判を行う。
(29)1956年 - 財団法人日本文化放送協会から、株式会社文化放送に放送免許が引き継がれる。現・文化放送のラジオ放送がスタート。
(30)1958年 - イラクヨルダンが合邦しアラブ連邦を結成。
(31)1961年 - 103番目の元素、ローレンシウムが合成される。
1962First Lady Jacqueline Kennedy takes television viewers on a tour of the White House.
(32)1963年 - アメリカで静止通信衛星「シンコム1号」を打上げ。
1966 – Australian currency is decimalised.
(33)1967年 - ラテンアメリカ及びカリブ核兵器禁止条約(トラテロルコ条約)に調印。
1970 – The iconic live album Live at Leeds by The Who is recorded.
(34)1973年 - 為替レート・1ドル=308固定相場制から、変動相場制に移行。スタートは、1ドル=277円。
(35)1973年 - 最後の移民船にっぽん丸横浜港から出航。
1979 – In Kabul, Setami Milli militants kidnap the American ambassador to Afghanistan, Adolph Dubs who is later killed during a gunfight between his kidnappers and police.
1981Stardust fire: A fire in a Dublin nightclub kills 48 people.
1983 – United American Bank of Knoxville, Tennessee collapses. Its president, Jake Butcher, is later convicted of fraud.
1989Union Carbide agrees to pay $470 million to the Indian government for damages it caused in the 1984 Bhopal disaster.
(36)1989年 - イランの最高指導者アーヤトッラー・ホメイニーが『悪魔の詩』の著者サルマン・ラシュディと発行に関わった者などに死刑を宣告。
(37)1989年 - GPSの最初の24機の衛星が軌道に投入される。
(38)1990年 - ローリング・ストーンズの初来日公演が東京都文京区東京ドームからスタート。
(39)1990年 - 無人宇宙探査機ボイジャー1号が、太陽系の全ての惑星を写した連続写真(通称「太陽系家族写真(ファミリーポートレート)」)を撮影。
1990 – Ninety-two people are killed when Indian Airlines Flight 605 crashes in Bangalore, India.
(40)1992年 - 清瀬市警察官殺害事件がおこる。
(41)1996年 - 羽生善治が史上初の将棋タイトル七冠独占を達成。
(42)1996年 - インテルサット708衛星英語版を搭載した中華人民共和国のロケット「長征3号B」が打ち上げに失敗。打ち上げ直後に村に墜落し、多数の村人が死亡。(現地時間15日)
1998 – An oil tanker train collides with a freight train in Yaoundé, Cameroon, spilling fuel oil. One person scavenging the oil created a massive explosion which kills 120.
(43)2000年 - NASAの小惑星探査機「NEARシューメーカー」が小惑星エロスの軌道に到着。小惑星とのランデブー飛行は史上初。
(44)2002年 - アフガニスタンアブドゥール・ラフマン航空観光相がカブール国際空港で群衆に取り囲まれ撲殺される。
2004 – In a suburb of Moscow, Russia, the roof of the Transvaal water park collapses, killing more than 25 people, and wounding more than 100 others.
2005 – Lebanese self-made billionaire and business tycoon Rafic Hariri is killed, along with 21 others, when explosives, equivalent of around 1,000 kg of TNT, are detonated as his motorcade drove near the St. George Hotel in Beirut.
・2005 – Seven people are killed and 151 wounded in a series of bombings by suspected
al-Qaeda-linked militants that hit the Philippines' Makati financial district in Metro Manila, Davao City, and General Santos City.
・2005 –
YouTube is launched by a group of college students, eventually becoming the largest video sharing website in the world and a main source for viral videos.
(45)2005年 - 滋賀県米原市が市制施行。
2008Northern Illinois University shooting: A gunman opened fire in a lecture hall of the DeKalb County, Illinois university resulting in six fatalities (including gunman) and 21 injuries.
(46)2009年 - 財務大臣金融担当大臣中川昭一が、G7財務大臣・中央銀行総裁会議終了後のもうろう状態での記者会見により猛批判を浴びる。
(47)2011年 - 男女5人、違憲を争い選択的夫婦別姓を求める国家賠償提訴、東京地裁
2011 – As a part of Arab Spring, the Bahraini uprising, a series of demonstrations, amounting to a sustained campaign of civil resistance, in the Persian Gulf country of Bahrain begins with a 'Day of Rage'.
2013Steam for Linux is released, beginning the expansion of Valve's game service onto the free and open-source platform.
2015 – Two people are killed in shootings at a free-speech seminar and at a synagogue service in Copenhage.
(48)2014年 - クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件において、国税局査察部告発・検察特捜部起訴の事案では史上初の無罪判決確定。
(49)ヨシダが選んだ著名人の誕生日;  マティアス神聖ローマ皇帝(1557)、 フレデリック・ダグラス(1818)、 清水次郎長 (1820)、 岡倉天心 (1863)、 岡田啓介 (1863)、 ジャンヌ・カルマン  (1875)、 (1899)、  広田弘毅(1878)、 ジミー・ホッファ (1913)、 小林正樹 (1916)、 鮎川哲也  (1916)、 大坂志郎 (1920)、 磯村みどり (1920)、 林与一 (1942)、 扇ひろこ  (1945)、 (1902)

                          インタネット情報&ヨシダブログ
 上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。
   このコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を編 集しつつ、ヨシダブログ書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグー グルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、 掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。 

ただ今、 6102編です。 
2016年2月14日(土)掲載分
昨日2月13日最終のトップページ
編集者のダイアリー・コナー

 「2月14日のできごと」 「2月14日のできごと」 「2月14日のできごと」でヨシダが特に関心を強くするのは、「(1)269年270年 - ウァレンティヌスローマ皇帝クラウディウス・ゴティクスによって処刑されたと主張される日。初期の記録では270年2月14日。270年1月にクラウディウス2世は死亡している。」と、「(19)1929年 - シカゴ聖バレンタインデーの虐殺がおこる」。いずれもバレンタイン(バレンティヌス)に関係があることに因縁めいたものを感じないでもありませんと言ったら思い過ごしでしょう。
  今朝3時ごろのこと。頭が冴えて眠れないままのこと、ふと思いついたことがあります。トップ面の左コーナーに原爆で倒壊した建物の下敷きになりながら奪取 した当時のドキュメンタリーな写真を啓示して被爆者証言の一つにすること。在日(広)中に目にしたことが一度だけあったのですが、それを本サイトトップ面 に掲載することを思いつきました。ガバっと起きてパソコンに向かいました。使い慣れているグーグルで検索するに時間は掛かりませんでした。その結果がご覧 のコーナーです。(7:30)
 ふと、XPがメルマガ受信気配。伊勢稚臣さんのメルマガ「歴史教科書読み比べ(25)南北朝~報国と私欲の戦い」が目にとまりました。以前、「きょうのできごと」編集でもヒットして関連写真付で編集したものですが、あらためて熟読して取り上げたいと考えます。(7:55)
 睡眠不足でちょっとシンドイです。ベッドに戻ります。暫くの間、ご猶予のほどお願いします。(8:15)
  昼寝ならぬ朝寝でひと寝入り。心地よい気分でデスクに向かいます。先ほど居間でアーネルが示すに、日本料理店から仕入れた豪華な寿司などの日本食。一日二 食主義で10日になる矢先に、正直、一向に嬉しくない感じ。何時でもお腹が空いたときに召し上がれ、と。ホント、不思議なほどの食への拘り激変です。ま、 折角のアーネルの心配り。努めて美味しくお召し上がり努力をします。・・・ヘンな感じ・・・です(笑)。(10:50)
 早速にくだんの記事を編集しました。「No.6102:No.938 歴史教科書読み比べ(25) 南北朝時代 ~ 報国と私欲の戦い国際派日本人養成講座2016.2.14.(文責)伊勢雅臣)」がそれですが、わが国の南北朝廷問題で認識を新たにしました。学ぶことに遅かりしはない、と痛感します。(13:00)
 先刻、アーネルが仕入れてくれた日本料理。一日二食主義に入って10日前ですが、折角の好意を無駄にしてもいけないという配慮(?)をもって、少々、過食になることを承知で平らげました。お汁は後日にして手を付けなかったのは正解です。ごちそう様でした!(13:05)


No.6102
No.938 歴史教科書読み比べ(25) 南北朝時代 ~ 報国と私欲の戦い
国際派日本人養成講座2016.2.14.(文責)伊勢雅臣
ヨシダブログ:天皇家の「南北朝」の一端を編集したのを記憶することから、遡ってチェックするに、「1月19日のできごと」<(9)1911年 - 読売新聞社説国定教科書における南北朝並立の記述を批判、いずれの皇統が正当かをめぐり帝国議会での論争に発展。(南北朝正閏問題> で編集しています▼同コラムでは、1911年の読売新聞記事が主人公。歴史の勉強不足のヨシダが知ったのは戦後間もない時代でした。「へ~・・・」ってく らいのことでした。くだんの「できごと」編集で添付した写真資料を手始めに添付してのことにします▼「中見出し」は、■1.あまりにも表面的な「南北朝時 代」の記述、■2.尊氏の策略から始まった南北朝、■3.南朝の全国ネットワーク、■4.「城兵も、戦闘のあいまにこれを写しては読み」、■5. 「七生報国」の楠木・新田一族、■6.足利一族の内紛、謀略、裏切り、■7.足利武士たちの無知と私利私欲、■8.「精神の美しい輝き」と「私利私欲の紛 乱」と・・・と続きます・・・▼それにしても、イイ歳をしてこの種の歴史事実を学ぶとは・・・と苦笑い。でも、学ぶに遅すぎるこはないと自身に言い聞かせ る始末です▼末尾の言葉が妙に胸にしみます。「・・・室町の182年は、紛乱の連続であり、その紛乱は私利私欲より発したもので あって、理想もなければ、道義も忘れ去られていたのでした。」が胸を突きます。衣食足りて礼節あり、ですね。それにしても、後日、じっくりと再読して味わいたい記事です。(写真16枚添付ファイル
   9「南北朝」の画像検索結果「南北朝正閏論」の画像検索結果「南北朝正閏論」の画像検索結果        「南北朝正閏論」の画像検索結果       関連画像「南北朝 天皇 系図」の画像検索結果
      「「南北朝時代」の記述」の画像検索結果       「「南北朝時代」の記述」の画像検索結果       関連画像  関連画像 
             「足利尊氏と孝明天皇」の画像検索結果「足利尊氏と孝明天皇」の画像検索結果vs「三種の神器は後醍醐天皇」の画像検索結果  「三種の神器」の画像検索結果  「北畠親房親子」の画像検索結果「北畠親房親子」の画像検索結果
 昨日13日の記事4編を下記に掲載していましたが、本日14日の第一記事掲載(10:00)をもって消却しました。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分程度を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。 

                 「末尾の特別情報お知らせコーナー」
  以下のコラムは日々の執筆生活の中で、これはと思いついたことをタイトルを付して書き留めたものです。ウェブサイトトップ面の末尾の箇所に掲載するもので して、時おり変更しています。数多いヨシダブログですが、まとまった所信の一端といった感じで位置づけています。なお、上掲のリンクをクリックすると、そ の下書き的なテーマや内容の一端が垣間見られます。

             自然に到達した「自利から他利」の実践とその心
 このコラムはちょっとばかり長文ですので、ご興味のある方に限って上掲をクリックしてご覧ください。下記はその関係資料です。
  
「飯塚毅」の画像検索結果
 
   ヨシダのウェブサイトをご訪問くださってありがとうございました。またの機会までご機嫌よろしゅう!と言っても、毎日相当量のヨシダコメントを書きまくっています。「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど」が決まり文句です。 

                        2016年2月14日(日)
                          ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
                                             吉田祐起
                             (満84歳3ヶ月)  
                  (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)                                                           yoshida@a-bombsurvivor.com
                           URL(eng): http://www.a-bombsurvivor.com
            URL(jpn): http://www.a-bombsurvivor.com/index_japanese.html