吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果   「yuuki yoshida」の画像検索結果 http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
     吉田祐起(Yuuki Yoshida) (満84歳2か月) 
   "生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 


 この国フィリピンを終の棲家と定めて住み着いたのは2009年2月1日でした。

 数年間の自立単身生活を経て、ある縁を得て、現在ではフィリピン家族と共同生活を送っています。題して「相互扶助精神に基づ く運命共同体生活」がそれです。ヨシダの終生面倒見をかれらにしてもらうかわりに、皆さんには貧困から脱却してもらってお互いに幸せになりましょうという相互扶助の共同生活です。 

 ・・・ と、こんな生活設計を描いて現在に至るヨシダですが、ヨシダの義務は長生きすることにあると自覚しています。そのためには満40歳からある動機を得て始め て現在に至る自己流のストレッチング体操に一層の磨きをかけるなど、加えて長年に及ぶステッキ使用で肩にかかった重荷による肩こり解消に集中努力をして通 算8年。お陰で99.9%の達成振りです。でも、ちょっと真似のできない自助努力と自負します。

 肝心のボケ防止のための独特の手法を編み出したのが2012年3月のこと。題して「インタネット情報&ヨシダブログ」がそれです。詳細はクリックしてご覧くださいませんか?「こんなことをしているなんて、カッコいいボケ防止!」と自我自賛しています(笑)。

              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手製のささやかなウェブサイトですが、ご覧ください。なお、ご意見やお気づきの点は遠慮なく下記にご一報くだされば嬉しい限りです。
yoshida@a-bombsurvivor.com                                                          English               
                2015年2月11日(木)
        
   
                            コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
 

      ヒロシマ・ヒバクシャのヨシダが発信する「オバマ米大統領の被爆市訪問」のこと
  フィリピンに来て間もない頃は2009年11月10日のこと。シンガポールで開催の APEC会議出席の前に東京に立ち寄られたオバマ大統領がNHK WORLDの記者の質問(今回の日本立ち寄りを機に、被爆市訪問の意図がありますか?) 対して答えられた言葉が鮮明です。"The schedules are too tight this time. However, I would like to have an honor of visiting some day during my Presidency."(今回はスケジュールが一杯でできないが、任期中の何時か訪問の栄に浴したい・・・)。その出来事を踏まえて即座に書いたのが、拙著オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします!」 (2009年11月10日記)です。クリックしてご覧ください。ヨシダはその後、その適切な訪問時期は、区切りイイ年次の「2010年ー65周年」として 公開書簡まで発表したものでした。しかし、それが実現しなかったことは、現在にして思うに、「2015年ー70周年」こそがベストな年次と提唱するに至り ました。
 ところが、8月に入ってもその気配は皆無。「2015年-70周年」に拘っていたヨシダは絶望と思いつめていたものの、考えてみれば 同大統領の任期は 2017年1月20日東部時間正午まで。とすれば、区切りは良いとは言えない「2016年ー71周年」になるのが精一杯。まいっか・・・と勝手に思ってい るところです。大統領任期中の「レガシー(遺産)づくり」としても、男の約束においても実現されるのがご本人のためだとさえ思うのがヨシダです。

 おって、ヒバクシャとして被害意識を強くする中で、オバマ米大統領が2011年の9.11の8周年記念式典(ペンタゴン)て遺族たちを前にスピーチした言葉の一節を下記に掲載します。「被害意識」が先行するヒバクシャのわれわれが共有すべき貴重な言葉と受けとめます。なお、この崇高なる大統領の言葉は"Ceremonies Mark 8th Anniversary of September 11 Terrorist Attacks"の中ほどに小さく載っていたもので、目立たないものです。中見出し付きもしくは、太文字表示されるべき価値あるものと考えます。
"Let us renew the true spirit of that day. Not the human capacity for evil but the human capacity for good - not the desire to destroy but the impulse to save and to serve and to build," あの日の真実の心を新たにしましょう。 悪に対する人類の能力としてでなく、善に対する人類の能力としてです。-破壊することへの欲望でなく、守り、奉仕し、建設するための推進力としてです。(オバマ米国大統領・翻訳;吉田祐起) 
            「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果         「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果
   (注:このトップコメントは2016年8月6日まで掲載します。しぶといでしょう、ヨシダは・・・笑)

                
                  ウィキペディアから拾った2月11日の「できごと」 
                            February 11, Events(英語版) 
                           「きょうのできごと」記録集
(To the English language visitors: Sorry, this column is for the Japanese edition. However, you could see so many English written Events in red characters among the Japanese lines, which are the ones never shown in Japanese edition. This means that Japanese edition is not as world-wide as the original English Google edition.) 
  こ のコラム編集なかんずく、当該写真の選択はご覧くださる方々のご関心をヴィジュアルな面で提供することを目的としています。ところが、写真を多く添付する と「1ページ当たりの編集許容量」が「1MB=1000KB」という制約から枚数を制限せざるを得ないものがあり、編集者の立場でこれは、と思うできごと に限った当該写真の添付ということにしています。★なおまた、「ウィキペディアのできごと」は英語版が本流でして、日本語版はその翻訳的な一面が 否 定できません。日本語版から入ると「できごとの」の主人公すら掴めない場合さえあることを最近痛感することが少なくありません。「主語抜き」という日本語 特有の落とし穴です。ヨシダの手法は、その「できごと」の主人公もしくは主体をヨシダ流に英語でインプットしてキャッチするケースが少なくありません。そ んなことから、案外と多くの時間を 費やしているのがこの編集作業です。もっとも、その過程で学び体験を得るのは他ならぬ、編集者のヨシダではあるのですが・・・。なお、英語版の掲載は本家 米国が主体性であるにかんがみ、世界的視野からの「できごと」を知る意味で日本語版との重複は無論、除外してそのまま掲載しております。同英語版のリンク をクリックすると日本語版には見られない内容豊かなコンテンツが目に付きます。

        1「初代天皇・神武天皇が即位」の画像検索結果   「初代天皇・神武天皇が即位」の画像検索結果   「初代天皇・神武天皇が即位」の画像検索結果「初代天皇・神武天皇が即位」の画像検索結果  「初代天皇・神武天皇が即位」の画像検索結果      関連画像 「初代天皇・神武天皇が即位」の画像検索結果 関連画像「初代天皇・神武天皇が即位」の画像検索結果
   6「opera, La fille du régiment, 1840」の画像検索結果「ガエターノ・ドニゼッティ」の画像検索結果関連画像「『連隊の娘』楽譜」の画像検索結果「opera, La fille du régiment, 1840」の画像検索結果「opera, La fille du régiment, 1840」の画像検索結果「opera, La fille du régiment, 1840」の画像検索結果「opera, La fille du régiment, 1840」の画像検索結果   関連画像「opera, La fille du régiment, 1840」の画像検索結果
    7「ジュゼッペ・ヴェルディ」の画像検索結果「I Lombardi alla prima crociata」の画像検索結果「I Lombardi alla prima crociata」の画像検索結果「I Lombardi alla prima crociata」の画像検索結果   「I Lombardi alla prima crociata」の画像検索結果     「I Lombardi alla prima crociata」の画像検索結果        関連画像        「I Lombardi alla prima crociata」の画像検索結果
       15「Anton Bruckner symphony 9, first played in 1903」の画像検索結果「Anton Bruckner symphony 9, first played in 1903」の画像検索結果「Anton Bruckner symphony 9, first played in 1903」の画像検索結果「Anton Bruckner symphony 9, first played in 1903」の画像検索結果   関連画像「Anton Bruckner symphony 9, first played in 1903」の画像検索結果 「Anton Bruckner symphony 9, first played in 1903」の画像検索結果 「Anton Bruckner symphony 9, first played in 1903」の画像検索結果  21            「1929, Patti lateranensi」の画像検索結果
        「1929, Patti lateranensi」の画像検索結果             関連画像「1929, Patti lateranensi」の画像検索結果「1929, Patti lateranensi」の画像検索結果  「1929, Patti lateranensi」の画像検索結果  「1929, Patti lateranensi」の画像検索結果    「1929, Patti lateranensi」の画像検索結果
   24
「1940年カレンダー」の画像検索結果
「皇紀2600年とは」の画像検索結果 「皇紀2600年とは」の画像検索結果   「皇紀2600年とは」の画像検索結果  関連画像  「皇紀2600年とは」の画像検索結果  「皇紀2600年とは」の画像検索結果「皇紀2600年とは」の画像検索結果「皇紀2600年とは」の画像検索結果
   37 
「表参道の同潤会青山アパート跡地に表参道ヒルズが」の画像検索結果    「表参道の同潤会青山アパート跡地に表参道ヒルズが」の画像検索結果  「表参道の同潤会青山アパート跡地に表参道ヒルズが」の画像検索結果   関連画像「表参道ヒルズ」の画像検索結果  「表参道ヒルズ」の画像検索結果「表参道ヒルズ」の画像検索結果「表参道ヒルズ」の画像検索結果
        40「武田信虎」の画像検索結果「グレゴリウス14世」の画像検索結果「伊能忠敬」の画像検索結果「トーマス・エジソン」の画像検索結果「有栖川宮威仁親王」の画像検索結果 「戸田城聖」の画像検索結果   「勝間田清一」の画像検索結果「丸木俊」の画像検索結果「池部良」の画像検索結果「中田金一 野球」の画像検索結果  「野添ひとみ」の画像検索結果「魚住汎英」の画像検索結果「鳩山由紀夫」の画像検索結果
(1)紀元前660年神武天皇元年1月1日) - 初代天皇・神武天皇が即位。(『日本書紀』による。2月11日はグレゴリオ暦での日付)
(2)55年 - ローマ皇帝ネロが義弟ブリタンニクスを暗殺。
244 – Emperor Gordian III is murdered by mutinous soldiers in Zaitha (Mesopotamia). A mound is raised at Carchemish in his memory.
1177John de Courcy's army defeats the native Dunleavey Clan in Ulster. The English establish themselves in Ulster.
1534Henry VIII of England is recognized as supreme head of the Church of England.
1626 – Emperor Susenyos I of Ethiopia and Patriarch Afonso Mendes declare the primacy of the Roman See over the Ethiopian Church, and Roman Catholicism the state religion of Ethiopia.
1659The assault on Copenhagen by Swedish forces is beaten back with heavy losses.
1790 – The Religious Society of Friends, also known as Quakers, petitions U.S. Congress for abolition of slavery.
1794 – First session of United States Senate opens to the public.
(3)1806年 - 小ピットの死をうけてウィリアム・グレンヴィルがイギリス首相に就任。
1808Jesse Fell burns anthracite on an open grate as an experiment in heating homes with coal.
(4)1812年 - マサチューセッツ州知事エルブリッジ・ゲリーが、自分の所属する政党に有利なように選挙区の区割りを変更。いびつな形からゲリマンダーと呼ばれる。
(5)1814年 - ノルウェーデンマーク=ノルウェーからの独立を宣言。
1826University College London is founded under the name University of London.
・1826 –
Swaminarayan writes the Shikshapatri, an important text within Swaminarayan Hinduism.(6)1840年 - ガエターノ・ドニゼッティオペラ・コミック連隊の娘』がパリで初演。
(7)1843年 - ジュゼッペ・ヴェルディのオペラ『十字軍のロンバルディア人』がミラノで初演。
(8)1855年 - テオドロス2世エチオピア皇帝に即位。
1856 – The Kingdom of Awadh is annexed by the British East India Company and Wajid Ali Shah, the king of Awadh, is imprisoned and later exiled to Calcutta.
1858Bernadette Soubirous's first vision of the Blessed Virgin Mary in Lourdes, France.
1861American Civil War: United States House of Representatives unanimously passes a resolution guaranteeing noninterference with slavery in any state.
(9)1869年明治2年1月1日) - 三浦半島に日本初の洋式灯台である観音埼灯台が完成する。
(10)1873年 - スペイン国王アマデオ1世が退位し、スペイン第一共和政が成立。
(11)

1875年 - 大阪会議が開かれる。
(12)1889年 - 大日本帝国憲法皇室典範などが公布。
(13)1889年 - 伊勢神宮で不敬な態度をとったと報じられた文部大臣森有礼が、国粋主義者の士族・西野文太郎に刺される。翌日死亡。
(14)1890年 - 金鵄勲章制定。
(15)1903年 - アントン・ブルックナー交響曲第9番がウィーンで初演。
1906Pope Pius X publishes the encyclical Vehementer Nos.
(16)1913年 - 大正政変: 桂太郎内閣が総辞職を表明。
(17)1916年 - エマ・ゴールドマン産児制限の指導をしたことにより投獄される。
(18)1919年 - フリードリヒ・エーベルトドイツ国の初代大統領に就任。
(19)1922年 - 1粒300mがキャッチコピーのグリコ三越百貨店で発売される。
1925 – Phi Alpha Delta Fraternity, Inc. Was Founded At The College of New Jersey
(20)1928年 - 第2回冬季オリンピックサンモリッツ大会開催。2月19日まで。
(21)1929年 - ローマ教皇庁ムッソリーニ政権下のイタリア王国ラテラノ条約を締結。バチカン市国が成立。
(22)1937年 - 文化勲章制定。
1937 – A sit-down strike ends when General Motors recognizes the United Auto Workers.
(23)1938年 - BBCカレル・チャペック戯曲R.U.R.』を原作としたテレビドラマを放送。世界初のSFドラマ
1939 – A Lockheed P-38 Lightning flies from California to New York in 7 hours 2 minutes.
(24)1940年 - 皇紀2600年紀元節の詔書発布。日本全国の神社で祭礼が行われる。
1942World War II: The Battle of Bukit Timah is fought in Singapore.
1943 – World War II: General Dwight D. Eisenhower is selected to command the allied armies in Europe.
(25)1951年 - 居昌良民虐殺事件
1953 – U.S. President Dwight D. Eisenhower refuses a clemency appeal for Julius and Ethel Rosenberg.
・1953 – The
Soviet Union breaks off diplomatic relations with Israel.
1959 – The Federation of Arab Emirates of the South, which will later become South Yemen, is created as a protectorate of the United Kingdom.
(26)1959年 - 「紀元節奉祝建国祭大会」参加直後の右翼が、批判的発言をした三笠宮崇仁親王邸に押しかける。
1964Greeks and Turks begin fighting in Limassol, Cyprus.
1968 – Israeli–Jordanian border clashes rage.
・1968 – The
Memphis Sanitation Strike begins.
(27)1969年 - 江藤小三郎憂国烈士江藤新平の曾孫にして衆議院議員江藤夏雄の三男)が国会議事堂前で遺書「覚醒書」を残して焼身自殺。
(28)1970年 - 東京大学宇宙航空研究所が5回目の打ち上げで人工衛星おおすみ」の打ち上げに成功。日本初の人工衛星。
(29)1971年 - 87か国が海底非核化条約英語版に調印。
1973Vietnam War: First release of American prisoners of war from Vietnam takes place.
(30)1975年 - マーガレット・サッチャーイギリス保守党の党首に就任。イギリス初の女性党首。
(31)1977年 - 革労協書記長内ゲバ殺人事件
1978Censorship: China lifts a ban on works by Aristotle, William Shakespeare and Charles Dickens.
(32)1979年 - ルーホッラー・ホメイニー率いる革命軍が首都・テヘランを掌握。イラン革命政権が成立。
1981 – Around 100,000 US gallons (380 m3) of radioactive coolant leak into the containment building of TVA Sequoyah 1 nuclear plant in Tennessee, contaminating eight workers.
(33)1986年 - ホテル大東館火災
(34)1990年 - 南アフリカ共和国で政治犯として捕えられていたアフリカ民族会議の最高指導者ネルソン・マンデラが釈放される。
・1990 – Buster Douglas, a 40:1 underdog, knocks out Mike Tyson in ten rounds at Tokyo to win boxing's world Heavyweight title and cause one of the largest upsets in sports history.
1997Space Shuttle Discovery is launched on a mission to service the Hubble Space Telescope.
(35)1998年 - 長野オリンピックモーグル女子決勝で里谷多英が優勝。冬季大会で日本人女子初の金メダル。
(36)2000年 - 宮城県山元町にある、社台レースホース山元トレーニングセンターの中の厩舎から出火し、小田切有一所有馬エガオヲミセテなど現役競走馬22頭が焼死。
2001 – A Dutch programmer launched the Anna Kournikova virus infecting millions of emails via a trick photo of the tennis star.
(37)2006年 - 東京都渋谷区神宮前の表参道同潤会青山アパート跡地に表参道ヒルズが開業。
2008 – Rebel East Timorese soldiers seriously wound President José Ramos-Horta. Rebel leader Alfredo Reinado is killed in the attack.
・2008 –
Namdaemun, a 550-year-old gate in South Korea, was toppled by fire.
2011 – The first wave of the Egyptian revolution culminates in the resignation of Hosni Mubarak and the transfer of power to the Supreme Military Council after 18 days of protests.
(38)2007年 - 韓国・麗水市麗水外国人保護所火災事故発生。
(39)2011年 - エジプト革命ホスニー・ムバーラクが大統領を辞任。
2014 – A military transport plane crashes in a mountainous area of Oum El Bouaghi Province in eastern Algeria, killing 77 people.
2015 – A university student was murdered as she resisted an attempted rape in Turkey, sparking nationwide protests and public outcry against harassment and violence against women.
(40)ヨシダが選んだ著名人の誕生日;
武田信虎(1494)、グレゴリウス14世 (1535)、 伊能忠敬(1745)、  トーマス・エジソン (1847)、 有栖川宮威仁親王 (1862)、 戸田城聖 (1900)、 勝間田清一 (1908)、 丸木俊 (1912)、 池部良 (1918)、 中田金一  (1921)、 野添ひとみ (1937)、 魚住汎英 (1940)、 鳩山由紀夫 (1947)

                            インタネット情報&ヨシダブログ
 上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。
   このコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を編 集しつつ、ヨシダブログ書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグー グルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、 掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。 

ただ今、 6094編です。   
2016年2月11日(木)掲載分

昨日2月10日最終のトップページ
編集者のダイアリー・コナー
 「2月11日のできごと」でヨシダが特に関心を強くするのは、「
(21)1929年 - ローマ教皇庁ムッソリーニ政権下のイタリア王国ラテラノ条約を締結。バチカン市国が成立。」です。「バチカン市国 (世界遺産)」 であらためて詳細を知るというお粗末さを恥じます。それにしても思うことに、かの右翼のムッソリーニをしてそれを実現したということにある種の違和感を抱 くと言ったら勉強不足でしょう。でも、勉強熱心のヨシダはウィキペディアでその辺りの史実を探るに、次の言葉にヒットしたのは大きな収穫です。曰く、 「・・・(ムッソリーニ関連記述)しかしキリスト教の中心地として栄えてき たイタリアにおいて、カトリック教徒の支持を集めることは大衆運動で不可欠であった。そのため、権力の階段を登る に連れて自説を押し通すことより政治上の作戦としてキリスト教勢力との協力路線へと切り替えていった。1921年に下院議員として初めて演説を行ったムッ ソリーニは、「ローマに存在する唯一の普遍的な理念は、バチカンより発せられるものである」と述べ、バチカンとのコンコルダート(政教条約)の締結を主張した・・・(ウィキペディア)」と。ナットクって想いです。
 「No.6094北朝鮮が発射したテポドン2改はミサイルではないDIAMOND Online2016.2.11.田岡俊次 [軍事ジャーナリスト])」を 編集しながら想うことは、この種の論を張る時の当事者の姿勢。当たる当たらないは八卦、とばかりに無責任な論者が横行する時代。「自説は間違いだっ た・・・」という当該論者の弁をついぞ眼(耳)にすることがりません。でも、本記事筆者の田岡さん当該弁には好感を抱きます。ことの結果はどうであれ、 「われかく信じ、かつ発言する」という姿勢を評価します。(11:20)
 ひと寝入りしてデスクに向かって、さあ・・・と、先ずは日本語版トップ面を開いた途端に半分の画面が消滅!!!! 何かの手違いかなにかが生じたと思いながら、すぐさま、修復にかかりました!ものの半時間足らずでOKでした。昼寝前までの仕事は「2月13日のできごと」。編集完了で先取り体制。さて、本日の取材源は・・・?といった気分です。(17:35)



No.6094
北朝鮮が発射したテポドン2改はミサイルではない
DIAMOND Online2016.2.11.田岡俊次 [軍事ジャーナリスト]
ヨシダブログ:「中見出し」は、■ 弾道ミサイルではなく 衛星打ち上げロケットだった、■発射に時間がかかるテポドン2は弾道ミサイルには不適、■迎撃して破壊され た残骸が 降って来るほうが危険・・・と続きます▼「質問:北朝鮮のミサイル開発に対して危機感はありますか?」に対する回答は、「まだ切迫した心配はな い42.57%、大いに危機感を持つ39.6%、まったく心配ない16.17%、その他1.65%」です▼著者の田岡俊次氏のプロフィール等は「田岡俊次」 で換えますが、その人物評に関する同コメントの一部に曰く、「・・・、田岡から「分析の精度をあげるには、ともかく結論を出せ」と教えられたと回想してい る。同書によると田岡自身も情勢分析の際は「最終的に黒白の結論を出すことを自分に課している」としており、その理由として「(朝日新聞の編集局長を務め た外岡秀俊は2006年の朝日新書での著書『情報のさばき方―新聞記 者の実戦ヒント』で)日本人の情勢分析は、後で責任を問われないよう、どうしてもあいまいで、どう転んでもいい結果しか出さない傾向がある。しかしそれで は、どこで情報評価を誤ったのか、自分でもわからないことになる。次の分析で精度を高めるには、自分の情報分析力の欠点を自覚する必要がある。そのために は無理とわかっても、自分で一定の結論をだしたほうがいい」と述べている(ウィキペディア)」とあります▼逃げ道を用意して発信する意見でなく、自己の信 念に基づく論を展開されることに好意を抱きます。とかくこの世の論者はカッコよく発言しても、その結果云々には責任を 持たずに、そ知らぬ態度をとるのが世の常だけに、自己の信念を貫く姿勢は貴重と心得ます。写真17枚添付ファイル
 「北朝鮮は「打ち上げは完全に成功」と発表」の画像検索結果 「北朝鮮は「打ち上げは完全に成功」と発表」の画像検索結果「北朝鮮は「打ち上げは完全に成功」と発表」の画像検索結果           「北朝鮮は「打ち上げは完全に成功」と発表」の画像検索結果     「北朝鮮は「打ち上げは完全に成功」と発表」の画像検索結果    「北朝鮮は「打ち上げは完全に成功」と発表」の画像検索結果
  「田岡俊次」の画像検索結果   「田岡俊次」の画像検索結果「田岡俊次」の画像検索結果「田岡俊次」の画像検索結果
  「田岡俊次著書」の画像検索結果「田岡俊次著書」の画像検索結果「田岡俊次著書」の画像検索結果「田岡俊次著書」の画像検索結果「田岡俊次著書」の画像検索結果「田岡俊次著書」の画像検索結果
 昨日10日の記事3編を下記に掲載していましたが、本日11日の第一記事掲載(11:15)をもって消却しました。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分程度を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。 

                 「末尾の特別情報お知らせコーナー」
  以下のコラムは日々の執筆生活の中で、これはと思いついたことをタイトルを付して書き留めたものです。ウェブサイトトップ面の末尾の箇所に掲載するもので して、時おり変更しています。数多いヨシダブログですが、まとまった所信の一端といった感じで位置づけています。なお、上掲のリンクをクリックすると、そ の下書き的なテーマや内容の一端が垣間見られます。

             自然に到達した「自利から他利」の実践とその心
 このコラムはちょっとばかり長文ですので、ご興味のある方に限って上掲をクリックしてご覧ください。下記はその関係資料です。
 
「飯塚毅」の画像検索結果
 
   ヨシダのウェブサイトをご訪問くださってありがとうございました。またの機会までご機嫌よろしゅう!と言っても、毎日相当量のヨシダコメントを書きまくっています。「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど」が決まり文句です。 

                        2016年2月11日(木)
                          ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
                                             吉田祐起
                             (満84歳3ヶ月)  
                  (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)                                                           yoshida@a-bombsurvivor.com
                           URL(eng): http://www.a-bombsurvivor.com
            URL(jpn): http://www.a-bombsurvivor.com/index_japanese.html