吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果   「yuuki yoshida」の画像検索結果 http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
      吉田祐起(Yuuki Yoshida) :満84歳9か月 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 

  原爆証言者・吉田祐起の被爆現場証拠写真です。
 「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル別館」の画像検索結果
  2016年2月14日(日)午前3時頃のこと。ふと目覚めて色んなことに想いを巡らすなかで思いついたこと。それは被爆で九死に一生を得たという表現を 辞さない私の生々しい体験の場をこのサイトに再現することでした。ガバッと起きてデスクに向かいグーグルで関連写真を検索しました!ゲットしたのが上掲の 写真です。
 当時の私は学徒動員で広島電鉄本社電気課勤務でした。足が不自由なことからの事務所勤務。他の級友たちは電車・バスの修理工場配属 で した。左端の写真看板は現在の本社別館(右2枚の3階ビル)の前に設置されている半倒壊したビル画面と日英語説明文看板。2番目の白黒写真はその生々しい 倒壊した建物コーナーの写真です!
 朝礼を終えてビッコを引きながら薄暗い廊下伝いに電気課事務所に向かっていた瞬間の「ヒカ!ドン!」でし た。 あっという間に下敷きになりました。数秒の差で倒壊を免れた同課オフィスに辿り着いていたと、今更の如く想起し、感無量です。真っ暗なビルの下敷きで手を 合わせて死を覚悟しました。ふと、頭上にほのかな明かりが眼に入り、無我夢中で瓦礫をよじ登りました。子供心に想起することに倒壊した建物のてっ辺に這い 出た時の印象は「下界を見下ろす」って位置。顔面に吹き出る血をみて、「母ちゃ~ん!血が出ているよう~!」と泣きました。倒壊したあの建物の下敷きのわ が姿を生々しく再現再確認する次第です。
★ところで、ヒバクシャが念願していた米 大統領の被爆市訪問が去る5月27日にオバマ大統領によって実現しました。ヨシダの解釈は「オバマ大統領閣下、良かったですね~!『男の約束』が果たせ て!」のひと言です。これを機に、ヨシダのヒバクシャ証言は「被爆者最後の生き残り」を演じることにします。

              Since 10th March, 2001
 ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手 製のささやかなウェブサイトですが、ボリュームだけは人後に落ちません!本日現在の「データーサイズ(編集容量)」 は実に2,480KBという異例とも自 負する規模です。殆どのインタネット関連企業ですら500KBというなかで、楽天さんのそれはずば抜けて2200KB。ヨシダのそれをオーバーしているヨ シダのデーターサイズです。 単行本に換算したら、ン拾冊相当分だぞ~!ってところです。大量のヨシダ自分史足り得ると自負するウェブサイトです。

                            English               
              2016年8月11日(木)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー

  注: お気付きのように、本サイトにおける編集者のブログは「行換え&一字空け」の通常スタイルでなく、★&▼マークでそれらを代行しています。「縦長 式サイト」で字数が多いために、行換えによる過度のスペース取りを防ぐためです。多くの新聞コラムが採用されているスタイルを真似ましたので、ご理解くだ さい。    

            ウィキペディアから拾った8月11日の「できごと」 
                              August 11 Event(英語版) 
                                   「きょうのできごと」記録集
  このコラムは2014年4月21日開設のものですが、編集の在り方に色々と変化をしてきました。ウィキペディアにある「きょうのできごと」(日本語版)の 全てを一応そのまま転記し、折角ある多くのリンクでも「できごとの内容」が理解できないのが多いことと、加えて「絵物語」的な編集手法で編集者サイドの判 断で当該写真資料等を選択して表示することにしています。その写真資料も可能な限りの大きさを保ち、かつ、1ページの許容編集容量である 1000KB(1MG)を横目に調整しつつの編集です★なお、編集者の立場で痛感することは、そうしたプロセスで当該できごとを通して世界歴史の一端を学 ぶことの魅力を編集者側のメリットと受けとめて精出しています。おって、本コラムの次に控えるのが「today@VOA」でして、「アメリカ版きょうので きごと」といったところ。一層の励みを体感しています。
   5  「Ascot Racecourse 1711」の画像検索結果      関連画像 「Ascot Racecourse 1711」の画像検索結果 「Ascot Racecourse 1711」の画像検索結果関連画像「Ascot Racecourse 1711」の画像検索結果
   「Ascot Racecourse 1711」の画像検索結果「Ascot Racecourse 1711」の画像検索結果「Ascot Racecourse 1711」の画像検索結果  「Ascot Racecourse logo」の画像検索結果        関連画像「Ascot Racecourse latest」の画像検索結果
  7「charles barrington eiger」の画像検索結果「charles barrington eiger」の画像検索結果「charles barrington eiger」の画像検索結果「charles barrington eiger」の画像検索結果 「charles barrington eiger」の画像検索結果 「charles barrington eiger」の画像検索結果「charles barrington grave」の画像検索結果
  13「1936年 - ベルリンオリンピックの女子200メートル平泳ぎで前畑秀子が優勝。実況の河西三省アナウンサーが「前畑頑張れ」を連呼。」の画像検索結果「1936年 - 河西三省アナウンサー」の画像検索結果     「1936年 - ベルリンオリンピックの女子200メートル平泳ぎで前畑秀子が優勝。実況の河西三省アナウンサーが「前畑頑張れ」を連呼。」の画像検索結果    「1936年 - 河西三省アナウンサー」の画像検索結果
  20「Watts Riots」の画像検索結果  「Watts Riots」の画像検索結果 「Watts Riots」の画像検索結果 「Watts Riots」の画像検索結果「Watts Riots」の画像検索結果 「Watts Riots」の画像検索結果
    「Watts Riots」の画像検索結果「Watts Riots」の画像検索結果「Watts Riots」の画像検索結果「Watts Riots」の画像検索結果「Watts Riots」の画像検索結果
 27  「pan am flight 830 bomb」の画像検索結果     関連画像     関連画像28「We begin bombing in five minutes」の画像検索結果
    「We begin bombing in five minutes」の画像検索結果       「We begin bombing in five minutes」の画像検索結果     31「1989「しんかい6500」6527メートルの海底」の画像検索結果「1989「しんかい6500」6527メートルの海底」の画像検索結果 「1989「しんかい6500」6527メートルの海底」の画像検索結果
    32 「Mall of America」の画像検索結果  「Mall of America」の画像検索結果  「Mall of America」の画像検索結果    「Mall of America」の画像検索結果
(1)紀元前3114年 - 長期暦(マヤ暦)の始まりの日。
(2)紀元前480年 - ペルシャ戦争: アルテミシオンの海戦が始まる。
(3)1492年 - 初のコンクラーヴェによりアレクサンデル6世ローマ教皇に選出。
(4)1585年天正13年7月16日) - 長宗我部元親豊臣秀吉に降伏し、秀吉による四国平定が完了。
(5)1711年 - イギリスアスコット競馬場で初のレースが行なわれる。
(6)1804年 - 神聖ローマ皇帝フランツ2世が初代オーストリア皇帝としても即位。
(7)1858年 - チャールズ・バリントン英語版らがアイガーに初登頂。
(8)1914年 - 第一次世界大戦: フランスオーストリア・ハンガリー帝国宣戦布告
(9)1919年 - ドイツヴァイマル憲法が制定される。
(10)1920年 - ラトビアロシアボリシェヴィキ政権が平和条約を締結。
(11)1929年 - ベイブ・ルースが史上初の生涯通算500ホームランを記録。
(12)1933年 - ソビエト連邦T-35重戦車が制式化。
(13)1936年 - ベルリンオリンピックの女子200メートル平泳ぎで前畑秀子が優勝。実況の河西三省アナウンサーが「前畑頑張れ」を連呼。
(14)1938年 - 日ソ国境紛争: モスクワ張鼓峰事件の停戦合意が成立する。
(15)1942年 - 女優ヘディ・ラマーと作曲家ジョージ・アンタイルが、後に携帯電話無線LANなどに応用されることになる周波数ホッピングスペクトラム拡散の特許を取得。
(16)1947年 - パキスタンの国旗が制定される。
(17)1952年 - ヨルダンタラール1世が軍部により廃されフセイン1世が即位。
(18)1952年 - 日米民間航空協調印。
(19)1960年 - チャドフランスからの独立を宣言。
(20)1965年 - ロサンゼルスワッツ暴動起こる。
(21)1965年 - 帝人が日本で初めてミニスカート「テイジンエル」を発売。
(22)1966年 - インドネシアマレーシア両国が国交樹立。
(23)1972年 - ベトナム戦争: 最後のアメリカ軍の地上部隊が南ベトナムから撤退。
(24)1977年 - 山梨県の昇仙峡で観光バスが転落。死者11人。
(25)1979年 - 中華人民共和国の『人民日報』が「一人っ子政策」推進の論文を掲載。
(26)1981年 - 日本の静止気象衛星ひまわり2号」打上げ。
(27)1982年 - パンアメリカン航空830便爆破事件

(28)1984年 - 冷戦: ロナルド・レーガン米大統領がラジオ演説前のマイクテストで「我々は5分で(ロシアへの)爆撃を開始する」英語版ジョーク発言する。のちに音源をリークされ、波紋を呼ぶ。
(29)1987年 - アラン・グリーンスパン連邦準備制度理事会議長に就任。
(30)1988年 - アルカイダ結成。
(31)1989年 - 潜水調査船「しんかい6500」が宮城県沖での試験潜航で6527メートルの海底に到達し、世界記録を樹立。
(32)1992年 - ミネソタ州ブルーミントンモール・オブ・アメリカがオープン。
(33)1999年 - ヨーロッパアジア皆既日食が観測される。
(34)2003年 - アフガニスタン国際治安支援部隊の指揮権がドイツ・オランダ連合軍からNATOに移管される。
(35)2006年 - イスラエルレバノン侵攻の停戦を求める国連安保理決議1701が全会一致で承認される。
(36)2008年 - 北京オリンピックで、北島康介日本)が男子平泳ぎ100メートル58秒91の世界記録で優勝する。
(37)2009年 - 駿河湾地震発生。
(38)2012年 - ロンドンオリンピック男子ボクシング村田諒太ミドル級としては初。日本選手としては櫻井孝雄以来48年振りの金メダル獲得。

               アメリカ版「きょうのできごと」(日本語版)日別一覧表
                         (1日遅れの時差あり)
             アメリカ版「1995年8月11日(日本時間)のできごと」                    
      today@VOA

                                                           August 10, 2016

On This Day in American History
On Aug. 10, 1846, President James Polk signs a bill approving the Smithsonian Institution. It’s funded through a bequest from James Smithson, an English scientist who wanted “an establishment for the increase and diffusion of knowledge” to be set up in Washington. It’s one of the world’s most extensive research centers.

1846年8月10日、ジェイムズ・ポーク合衆国大統領はスミソニアン博物館設立法案に署名します。これはイギリス人科学者のジェイムス・スミスソンの遺産で「知識の増加の普及」を願って首都ワシントンにその施設を設立したものです。この施設は世界で最も広大な研究センターの一つです。(ヨシダ訳)
ヨシダブログ:このできごと記事は"1846  Smithsonian Institution created"(HISTORY)から取材しました。末尾にその英語版をそのまま掲載しています。なお、原因不明ですが、文字サイト画面全体がリンクされ格好になり、別のサイトが開きます。上掲のリンク部分をリンクすると正常に開けますのでご注意ください・
 稀有で偉大な人物であるジェイムズ・スミスソンのことの認識に欠けていたことを恥じるばかりです。1993年に
一ヶ月間の米国取材旅行をしたおりに、この博物館を訪れたヨシダですが、お粗末なことですが、現在にしてその元祖人物像を知りました。でも、このコラムの編集でその片鱗を知ることができたことを喜んでいます。「学ぶは遅きにしかず」と受けとめます。
 ジェイムズ・スミスソンの遺言で建設されたスミソニアン博物館ですが、その気高さには絶句あるのみです。ふと、気付くに、古い写真である人物がスミスソンの頭蓋骨を手にした写真にヒットしましたので、掲載しました。写真を追うごと
に発見することですが、詳細は省くとしてのこと。西欧では土葬であることから、歴史上の人物の真相・実像を知るべ、くこのような土葬遺体を発掘して調査することが珍しくありません。火葬習慣の日本人からは想像を絶することが西欧では珍しくないことを痛感します。(182.68KB)(写真42枚添付ファイル

      「English scientist, President James K. Polk」の画像検索結果「English scientist, President James K. Polk」の画像検索結果「Smithsonian Institution, 1846」の画像検索結果 「President James K. Polk signed Smithsonian Institution Act」の画像検索結果「Smithsonian Institution Act」の画像検索結果
      「Smithsonian Institution, 1846」の画像検索結果 「Smithsonian Institution, 1846」の画像検索結果 「Smithsonian Institution, 1846」の画像検索結果   「Smithsonian Institution, 1846」の画像検索結果  
     「Smithsonian Institution, 1846」の画像検索結果 「James Smithson」の画像検索結果「James Smithson」の画像検索結果
     「James Smithson」の画像検索結果「James Smithson」の画像検索結果「james smithson youth」の画像検索結果「James Smithson」の画像検索結果「James Smithson」の画像検索結果 
    「"I then bequeath the whole of my property, . . . to the United States of America, to found at Washington, under the name of the Smithsonian Institution, an Establishment for the increase & diffusion of knowledge among men."[」の画像検索結果 「"I then bequeath the whole of my property, . . . to the United States of America, to found at Washington, under the name of the Smithsonian Institution, an Establishment for the increase & diffusion of knowledge among men."[」の画像検索結果 「James Smithson last words」の画像検索結果
          「James Smithson」の画像検索結果 「James Smithson」の画像検索結果          「James Smithson」の画像検索結果      
      「Joseph Henry」の画像検索結果「Joseph Henry」の画像検索結果「Smithsonian Institution, 1846」の画像検索結果「Smithsonian Institution Act」の画像検索結果「Smithsonian Institution, 1846」の画像検索結果
      「the smithsonian museum, early days 」の画像検索結果   「the smithsonian museum, early days」の画像検索結果    「Smithsonian Institution, 1846」の画像検索結果 「Smithsonian Institution Act」の画像検索結果関連画像
    「the smithsonian's history of america in 101 objects」の画像検索結果「books published by James Smithson」の画像検索結果 「books published by James Smithson」の画像検索結果「books published by James Smithson」の画像検索結果「books published by James Smithson」の画像検索結果関連画像
       「the smithsonian museum of natural history」の画像検索結果   「the smithsonian museum 2016」の画像検索結果「the smithsonian museum, early days」の画像検索結果  「the smithsonian museum 2016」の画像検索結果

                                  インタネット情報&ヨシダブログ
 上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。
   このコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を
編 集しつつ、ヨシダブログ書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグー グルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、 掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。

ただ今、6479編目です! 
2016年8月11日(木)掲載分
昨日8月10日最終のトップページ

日別最終トップページ一覧表
編集者のダイアリー・コナー 

 待望の「today@VOA」は「8月11日版(米国時間10日)」を受信したので、最優先して何時ものように本家英語版をそのまま掲載しました。スミソニアン博物館は1993年の一ヶ月間米国取材旅行の折に訪問しましたが、その由緒ある博物館なかんずく、主たるジェイムズ・スミスソンという巨大な人物の知識を持たぬままでした。20余年も経って現在にして知ることを喜びの前に恥じる心境です。でも、「学ぶに遅きはなし」と納得する始末です。(11:20)
 「No.6479:党員2割「トランプ氏撤退望む」、クリントン氏人気盛り上がらずREUTERSロイター2016.8.11.)」を編集しながら思いました。共和党内部でトランプ批判が出て当たり前、と早くからブログしていただけに、遅きに失す・・・と言いたいデス。でも、未だ充分間に合います。それにしても、常識を逸した行動のトランプ氏に対する熱狂振り。アメリカ(人)の悩みを反映している感じではあります。(14:00)
 

No.6479
党員2割「トランプ氏撤退望む」、クリントン氏人気盛り上がらず
REUTERSロイター2016.8.11.
ヨシダブログ:共和党内部から「アンチ・トランプ」が台頭してアタリマエ!むしろ、遅きに失した、でも、遅くはない・・・がヨシダ感想です▼共和党VS民主党の差異は「一般的にリベラルの立場を取る民主党に対し、保守主義及びキリスト教の立場を取る共和党である」とあることから察すること。それは、「グローバリゼーション」という言葉に代表されるように、「世界は社会的あるいは経済的な関連が、旧来の国家や地域などの境界を越えて、地球規模に拡大して様々な変化を引き起こす現象」とあることから、感じとしては共和党はクラシック。対する民主党は時代の流れに沿うような姿勢が想像されます。とりわけ、前者の場合は「キリスト教の立場をとる政党」であることから、他宗教の(国家・国民)に対する協調性が劣るのではないかとも思われなくもありません▼何ごともフレキシブルに考えて行動することが不可欠な近代社会だけに、トランプさんの言動には共和党内部から異論が出て当たり前の時代ではあるでしょう▼でも、これらを裏返した結果が、その分、クリントンさんに有利かといえば必ずしもそうでないこと。ま、叩けばホコリが出るのは避けられないのが現実の世の中。「次善の選択」というのが落ち着き処ではあるでしょう▼ふと、母国ニッポンの選挙風景を想像します。民主主義本山のアメリカと、戦後にマッカーサー元帥から「棚ボタ」式に与えられた民主主義との格差を痛感すると言ったら叱られるでしょうか?テレビで日々刻々と民主主義本山のアメリカの選挙戦を耳目する中で、羨ましさすら感じます。口は災いのもと・事なかれ主義・長い者には巻かれろ・お上主義、はたまた土下座外交・・・Etc.に代表される日本人の国民性(?)。比べて云々することに無理があるって感じです▼(注:添付資料は編集者の立場で記事内容を理解するべく当該画面を検索して添付したもので、記事内容と直接の関連性が あるとは限りません。) 写真8枚添付ファイル     
      8月10日、最新世論調査で、共和党員の約2割がドナルド・トランプ氏(写真左)の撤退を望むことがわかった。写真右はヒラリー・クリントン氏。フロリダ州で3月撮影(2016年 ロイター/Scott Audette (L), Javier Galeano (R))「共和党員の約2割が同党の大統領候補ドナルド・トランプ氏が選挙戦から撤退することを望んでいる」の画像検索結果     「共和党員の約2割が同党の大統領候補ドナルド・トランプ氏が選挙戦から撤退することを望んでいる」の画像検索結果
             「共和党員の約2割が同党の大統領候補ドナルド・トランプ氏が選挙戦から撤退することを望んでいる」の画像検索結果  「共和党員の約2割が同党の大統領候補ドナルド・トランプ氏が選挙戦から撤退することを望んでいる」の画像検索結果「共和党員の約2割が同党の大統領候補ドナルド・トランプ氏が選挙戦から撤退することを望んでいる」の画像検索結果
         「Susan Collins anti trump」の画像検索結果  「Susan Collins anti trump」の画像検索結果
 昨10日の記事2編を下記に掲載していましたが、本日11日の第一記事掲載(14:15)をもって消却しました。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分程度を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を  抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。

             「余生」から「与生」へ、さらに「世生」への人生を           
★84歳を過ぎたわが身だけに、こんな偉そうな(?)テーマの考えを披瀝するのは、それなりに、相応しい(?)かつ、資格(?)を持っていると自負してもイイでしょう(笑)。
★ 人生60年時代のこと。50歳そこそこで定年を迎えていた当時では、残りの10年を、永年の夢であった、「定年後は夫婦で世界一周旅行を!」を実現して、 ハイ、サヨナラ・・・ってな生き方が理想的な(?)「余生」の過ごし方であったでしょう。自分中心の残りの人生を過ごすのを「余生を過ごす、生き る・・・」です。
★ところが、人生80年時代ともなれば、そうはいきません。定年が60歳から65歳、さらに70歳になっても、人生80年では残 りの人生は10年から20年とかなりのスパンです。昔の人生60年時代における「現役人生」のなんと、三分の一にも及ぶ長さの「余生」です。20 年間も「余生を楽しむ」という雰囲気や気持ちには到底なれません。趣味や遊びもホン目の仕事を持っているからその余暇を利用して・・・というのが趣味たる 所以。それが本業みたいに、それしかすることがない・・・となると厄介です。さて次は何をしたらイイのだろうか?・・・と、自問自答するケースもあるで しょう。
★手前ミソで恐縮ですが、かくいうヨシダは満60歳を過ぎて、お家の都合(家内側から発したお家騒動)で離婚を余儀なくしました が、定年で年金生活に甘んじられる・・・といった心境には程遠いものがありました。その一方で、正直な話、見ておれ!ってな反骨精神は旺盛でした。定年年 齢だから「ヨシダさんは余生を過ごす身だ」とは見られないというのが当事者のホンネ。意地でも何かをしてみせるってな根性もありました。 
★そ こで、「人生第三毛作」の始まり!とばかりに設立したマヴァリック(一匹狼)の経営コンサルタント会社(資本金1千万円也)がありました。これからがオ レ様の人生の本番だ、とばかりの勢いこみって感じでした。経営コンサルタントはクライアントの経営者のお手伝い。直接の経営コンサルでなくとも、間接的な 分野の出番はいくらでもあるって感じ。ヨシダの場合は職業運転手の教育のお手伝いを主流としたものです。その最たるものが拙著「トラックドライバー帝王学のすすめ」の出版でした。
★ コンサルタント仕事の一環に捉えたのが、厚生労働省所管の資格制度で「健康・生きがいづくりアドバイザ-」というのがありました。早くにその資格を取得し たのですが、概して感じたことは、応募者の殆どが大手企業の管理職経験者の退職者とみました。現役時代には「○○部長・課長」と呼ばれて威張れる立場 (?)にあったセクトの人たちが圧倒的でした。定年後でもセンセイと呼ばれたい、といった自己顕示欲でもそれはあるでしょう。
★そのような 現役時代を卒業した方々は概して定年後でも何かリーダシップを発揮して何かをしたいという願望は大きなものがあります。そこで目につけたのがうな定年後に 何か「公的資格」を取得して何かをすれば自身の達成感に繋がるし・・・といったところ。概してそういった動機がこの資格取得に駆り立てたと分析します。 ま、イイ意味での目立ちたりが屋でもあるでしょう。
★ともあれ、ここにきて言えることは、折角の与えられた生命であり人生。とすれば、死ぬまで何かをして過ごす、過ごしたい・・・と願うのは正常人の願望です。
★若い頃からのヨシダの人生観でしたが、長い人生を「区切り意識」をしながら生きることを常としていました。もっとも、その背景には、「運命に翻弄され る」と言ったらヘンかもしれませんが、自分自身の計画や意図とは別の次元でわが身に迫る変化に対する解釈と対応です。
★ その最たるものが、「人生第一、第二、第三、第四毛作」と位置づけることを意識しています。ことほど左様に、紆余曲折の多い、変動の激しい人生を歩み歩ん できている・・・というのが、ヨシダの偽らない心境です。しかし、こうした人生論はあくまで主観的なものでして、それとは別に人生のあり方に関する考え方 を自覚します。
★すなわちそれは、自分自身のための人生という狭隘な 人生観から脱皮して、ここは一番、「世のため、人のために役立つ生涯を」・・・という欲張り人生観、「死生観」でもあります。そうした願望がヨシダオリジ ナル のキーワードを構築しました。称して、「同じ人生なら、余生を卒業して、世のため人のためになる人生を」⇒「余生から与生、さらには世生を!」と、相成っ た次第です。
★アイディアマンのヨシダが自信をもって言えること。それはその最終章である「与生・世生」の生き方選択肢足り得るのが現在 の「自称:相互信頼精神に基づく運命共同体生活」がそれ。共同生活するフィリピン人2家族(1ダース)をして「貧困から脱却」さしつつ、ヨシダの終の棲家 フィリピン生活を全うすること・・・に尽きます。
★ふと、好奇心旺盛なヨシダ。グーグルで<「余生」から「与生」へ、さらに「世生」への人生を」>をクリックして検索したらビックリ仰天!トップに踊り出たのがヨシダ著「日本人は世界一長寿民族 高齢社会の「生き方文化」を世界へ発信しよう」ではありませんか!? 2009年10月5日著で英語版もクリックすると出てきます。これには当のご本人もビックリ仰天!16年も前のこと。こうしてジャンジャン(?)書くネタをもつヨシダの側面を自身が垣間見る瞬間でもありました。ニ ンマリすることは、自編集のこの素人ウェブサイト編集ではあるものの、「中身」ではゼッタイに負けんぞ~!と自負するヨシダ編集長(!?)。末尾のこの コラムのこのネタは格好の長期間(or常設)のモノにしてもオカシクないぞ~!ってな心境です(笑)。前述したように、本コラムだけで一冊の本足り得る ぞ~!といった心境にご満悦です。
★なお、蛇足の弁になるですが、この思想の延長線上に位置すると自負するのが「自利から他利」の精神です。抜け目なく、それを別項として編集して、この位置の掲載コラムの一つとしています。★もうひとつの「蛇足の弁」ならぬ、「蛇足・でも価値ある漫画言葉」の漫画。曰く、"What would you say if I told you I was going to devote the rest of my life to making you happy?"(ボクの余生はお前さんを幸せにするためだと言ったらどう思うかい?)★これって奇しくも、ヨシダが早くにして到達したホンネそのものって感じです!!!(笑)
  「余生」の画像検索結果 「the peanuts」の画像検索結果「the peanuts」の画像検索結果「the peanuts」の画像検索結果
 (注)最 近の本トップサイトは添付写真が大きくて多いことから、「編集ソフト許容量=1000KB=1MB」の限界線をウロウロしています。従って、本コラムでは その容量大なものは掲載しにくいことを残念に思ってます。その点、このブログ(余生から与生・世生へ)は写真が白黒コミックで編集容量が極めて低く (14.84KB)、ために、「常設」してもシンパイないということです。ヨシダって、ソロバン勘定旺盛(?)でしょう!いやいや、「効率的志向性大の爺 ちゃん」です。なにせ、通算60余年もの経営者人生を送って現在に至るヨシダですので・・・。  
 超縦長のウェ ブサイトをご訪問くださってありがとうございました。「乱文乱筆ならぬミスプリはご容赦のほど」がヨシダのブログ用語です。またのご訪問をよろしくお願い します。ご機嫌よろしゅう!
(583.1KB) 

                                                  2016年8月11日(木)   
                 “生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”  
                           
吉田祐起
                       
(満84歳9ヶ月)
               (フィリピン共和国ラグーナ州サンタ・ローサ市在住)
                E-mail:yoshida@a-bombsurvivor.com
                    yoshidayuuki@rocketmail.com
          URL(日本語版):http://www.abombsurvivor.com/index_japanese.html
                           URL(英語版):http://www.abombsurvivor.com