吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果   「yuuki yoshida」の画像検索結果 http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
      吉田祐起(Yuuki Yoshida) :満84歳5か月 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 

  原爆証言者・吉田祐起の被爆現場証拠写真です。
 「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル別館」の画像検索結果
  2016年2月14日(日)午前3時頃のこと。ふと目覚めて色んなことに想いを巡らすなかで思いついたこと。それは被爆で九死に一生を得たという表現を 辞さない私の生々しい体験の場をこのサイトに再現することでした。ガバッと起きてデスクに向かいグーグルで関連写真を検索しました!ゲットしたのが上掲の 写真です。
 当時の私は学徒動員で広島電鉄本社電気課勤務でした。足が不自由なことからの事務所勤務。他の級友たちは電車・バスの修理工場配属 で した。左端の写真看板は現在の本社別館(右2枚の3階ビル)の前に設置されている半倒壊したビル画面と日英語説明文看板。2番目の白黒写真はその生々しい 倒壊した建物コーナーの写真です!
 朝礼を終えてビッコを引きながら薄暗い廊下伝いに電気課事務所に向かっていた瞬間の「ヒカ!ドン!」でし た。 あっという間に下敷きになりました。数秒の差で倒壊を免れた同課オフィスに辿り着いていたと、今更の如く想起し、感無量です。真っ暗なビルの下敷きで手を 合わせて死を覚悟しました。ふと、頭上にほのかな明かりが眼に入り、無我夢中で瓦礫をよじ登りました。子供心に想起することに倒壊した建物のてっ辺に這い 出た時の印象は「下界を見下ろす」って位置。顔面に吹き出る血をみて、「母ちゃ~ん!血が出ているよう~!」と泣きました。倒壊したあの建物の下敷きのわ が姿を生々しく再現再確認する次第です。

              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手製のささやかなウェブサイトですが、ご覧ください。なお、ご意見やお気づきの点は遠慮なく下記にご一報くだされば嬉しい限りです。
yoshida@a-bombsurvivor.com                                                                           English               
            2016年4月8日(金)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
  

)  ヒロシマ・ヒバクシャのヨシダが発信する「オバマ米大統領の被爆市訪問」のこと
  フィリピンに来て間もない頃は2009年11月10日のこと。シンガポールで開催の APEC会議出席の前に東京に立ち寄られたオバマ大統領がNHK WORLDの記者の質問(今回の日本立ち寄りを機に、被爆市訪問の意図がありますか?) 対して答えられた言葉が鮮明です。"The schedules are too tight this time. However, I would like to have an honor of visiting some day during my Presidency."(今回はスケジュールが一杯でできないが、任期中の何時か訪問の栄に浴したい・・・)。その出来事を踏まえて即座に書いたのが、拙著オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします!」 (2009年11月10日記)です。クリックしてご覧ください。ヨシダはその後、その適切な訪問時期は、区切りイイ年次の「2010年ー65周年」として 公開書簡まで発表したものでした。しかし、それが実現しなかったことは、現在にして思うに、「2015年ー70周年」こそがベストな年次と提唱するに至り ました。
 ところが、8月に入ってもその気配は皆無。「2015年-70周年」に拘っていたヨシダは絶望と思いつめていたものの、考えてみれば 同大統領の任期は 2017年1月20日東部時間正午まで。とすれば、区切りは良いとは言えない「2016年ー71周年」になるのが精一杯。まいっか・・・と勝手に思ってい るところです。大統領任期中の「レガシー(遺産)づくり」としても、男の約束においても実現されるのがご本人のためだとさえ思うのがヨシダです。

 おって、ヒバクシャとして被害意識を強くする中で、オバマ米大統領が2011年の9.11の8周年記念式典(ペンタゴン)て遺族たちを前にスピーチした言葉の一節を下記に掲載します。「被害意識」が先行するヒバクシャのわれわれが共有すべき貴重な言葉と受けとめます。なお、この崇高なる大統領の言葉は"Ceremonies Mark 8th Anniversary of September 11 Terrorist Attacks"の中ほどに小さく載っていたもので、目立たないものです。中見出し付きもしくは、太文字表示されるべき価値あるものと考えます。
"Let us renew the true spirit of that day. Not the human capacity for evil but the human capacity for good - not the desire to destroy but the impulse to save and to serve and to build," あの日の真実の心を新たにしましょう。 悪に対する人類の能力としてでなく、善に対する人類の能力としてです。-破壊することへの欲望でなく、守り、奉仕し、建設するための推進力としてです。(オバマ米国大統領・翻訳;吉田祐起) 
            「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果         「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果
   (注:このトップコメントは2016年8月6日まで掲載します。しぶといでしょう、ヨシダは・・・笑)

              オバマ米大統領の被爆市訪問が現実味を帯びています!
  上掲のヨシダブログ(オバマ大統領の任期中に被爆市訪問発言)がホンモノになる気配が濃厚です。多くの各紙が報道している内容とはひと味もふた味も異なる記事は、「
No.6185オバマ米大統領 広島訪問を検討 5月、サミット来日時毎日新聞2016.3.23.(夕刊)西田進一郎・北米総局特派員(本紙記事サイトは有料のため開けません)」 です。筆者の西田進一郎氏は北米総局特派員だけに他紙の同類記事とは異なります。 キューバ訪問という名のオバマ大統領の「レガシー」に「米大統領初の被爆市訪問という名のレガシー」が加わる気配は濃厚になりつつあります★ちなみに、他 紙の同類記事を参考のために列記します。米大統領の広島訪問「検討」 サミットで来日時」(日本経済新聞)、「米大統領の広島訪問「検討」 サミット来日時、政権に慎重論も」(中日新聞)、「オバマ米大統領、広島訪問を「検討」(中国新聞)、「米大統領の広島訪問「検討」 (共同通信)、毎日新聞別件記事「核なき世界へ・・・きたいかん米大統領が広島訪問検討」・・・等々です。(2016.3.23.18:30記)
 新しい当該記事「No.6211米大統領の広島入り焦点 5月サミットに向け政府調整  G7外相が原爆資料館訪問日本経済新聞2016.4.3.ワシントン:吉野直也)」です。(2016.4.3.記)
                
     
             ウィキペディアから拾った4月8日の「できごと」 
                               April 8 Events(英語版) 
                                   「きょうのできごと」記録集
(To the English language visitors: Sorry, this column is for the Japanese edition. However, you could see so many English written Events in red characters among the Japanese lines, which are the ones never shown in Japanese edition. This means that Japanese edition is not as world-wide as the original English Google edition.) 
  こ のコラム編集なかんずく、当該写真の選択はご覧くださる方々のご関心をヴィジュアルな面で提供することを目的としています。ところが、写真を多く添付する と「1ページ当たりの編集許容量」が「1MB=1000KB」という制約から枚数を制限せざるを得ないものがあり、編集者の立場でこれは、と思うできごと に限った当該写真の添付ということにしています。★なおまた、「ウィキペディアのできごと」は英語版が本流でして、日本語版はその翻訳的な一面が 否 定できません。日本語版から入ると「できごとの」の主人公すら掴めない場合さえあることを最近痛感することが少なくありません。「主語抜き」という日本語 特有の落とし穴です。ヨシダの手法は、その「できごと」の主人公もしくは主体をヨシダ流に英語でインプットしてキャッチするケースが少なくありません。そ んなことから、案外と多くの時間を 費やしているのがこの編集作業です。もっとも、その過程で学び体験を得るのは他ならぬ、編集者のヨシダではあるのですが・・・★なお、英語版の掲載は本家 米国が主体性であるにかんがみ、世界的視野からの「できごと」を知る意味で日本語版との重複は無論、除外してそのまま掲載しております。同英語版のリンク をクリックすると
日本語版には見られない内容豊かなコンテンツが目に付きます。
  2「1587年 - 秀吉」の画像検索結果 「1587年 - 秀吉九州征伐で大阪城を出る」の画像検索結果 「1587年 - 秀吉」の画像検索結果「1587年 - 秀吉九州征伐で大阪城を出る」の画像検索結果「1587年 - 秀吉九州征伐で大阪城を出る」の画像検索結果「1587年 - 秀吉」の画像検索結果「1587年 - 秀吉」の画像検索結果「1587年 - 秀吉・島津氏」の画像検索結果
              4「Milos venus」の画像検索結果「Milos venus」の画像検索結果「Milos location 」の画像検索結果「1820年 - エーゲ海のメロス島の農夫が「ミロのヴィーナス」を発見。」の画像検索結果「発見された時の「ヴィーナス」」の画像検索結果「発見された時の「ヴィーナス」」の画像検索結果 「発見された時の「ヴィーナス」」の画像検索結果「1820年 - エーゲ海のメロス島」の画像検索結果
     7    「Battle of Mansfield」の画像検索結果    「Battle of Mansfield」の画像検索結果「Battle of Mansfield」の画像検索結果  「Battle of Mansfield」の画像検索結果  「Battle of Mansfield」の画像検索結果 「Battle of Mansfield」の画像検索結果  「Battle of Mansfield」の画像検索結果 「Battle of Mansfield」の画像検索結果
        15「東宝争議」の画像検索結果  関連画像  「東宝争議」の画像検索結果     関連画像「東宝争議」の画像検索結果「東宝争議」の画像検索結果「東宝争議」の画像検索結果
  18 「1959年 - 『週刊文春』創刊号」の画像検索結果             「1959年 - 『週刊文春』創刊号」の画像検索結果        「1959年 - 『週刊文春』創刊号」の画像検索結果     「1959年 - 『週刊文春』創刊号」の画像検索結果    19         「1961年 - NHKテレビでバラエティ番組『夢であいましょう』放送開始。」の画像検索結果       「1961年 - NHKテレビでバラエティ番組『夢であいましょう』放送開始。」の画像検索結果         関連画像「1961年 - NHKテレビでバラエティ番組『夢であいましょう』放送開始。」の画像検索結果
  20「天六ガス爆発事故」の画像検索結果「天六ガス爆発事故」の画像検索結果 「天六ガス爆発事故」の画像検索結果  「天六ガス爆発事故」の画像検索結果  「天六ガス爆発事故」の画像検索結果   「天六ガス爆発事故」の画像検索結果「天六ガス爆発事故新聞記事」の画像検索結果 関連画像
   23「1986年 - アイドル歌手の岡田有希子が、所属事務所が入居する東京都新宿区のビル屋上から飛び降り自殺」の画像検索結果「1986年 - アイドル歌手の岡田有希子が、所属事務所が入居する東京都新宿区のビル屋上から飛び降り自殺」の画像検索結果    「1986年 - アイドル歌手の岡田有希子が、所属事務所が入居する東京都新宿区のビル屋上から飛び降り自殺」の画像検索結果          「1986年 - アイドル歌手の岡田有希子が、所属事務所が入居する東京都新宿区のビル屋上から飛び降り自殺」の画像検索結果「1986年 - アイドル歌手の岡田有希子が、所属事務所が入居する東京都新宿区のビル屋上から飛び降り自殺」の画像検索結果「1986年 - アイドル歌手の岡田有希子が、所属事務所が入居する東京都新宿区のビル屋上から飛び降り自殺」の画像検索結果「1986年 - アイドル歌手の岡田有希子が、所属事務所が入居する東京都新宿区のビル屋上から飛び降り自殺」の画像検索結果「1986年 - アイドル歌手の岡田有希子が、所属事務所が入居する東京都新宿区のビル屋上から飛び降り自殺」の画像検索結果 「1986年 - アイドル歌手の岡田有希子が、所属事務所が入居する東京都新宿区のビル屋上から飛び降り自殺」の画像検索結果
                       (以下、太文字表示は当該写真資料等を上掲しているものです。)
(1)217年 - ローマ皇帝カラカラが近衛隊長マクリヌスにより暗殺される。
632 – King Charibert II is assassinated at Blaye (Gironde), along with his infant son Chilperic.
876 – The Battle of Dayr al-'Aqul saves Baghdad from the Saffarids.
1093 – The new Winchester Cathedral is dedicated by Walkelin.
1139Roger II of Sicily is excommunicated.
1149Pope Eugene III takes refuge in the castle of Ptolemy II of Tusculum.
1232Mongol–Jin War: The Mongols begin their siege on Kaifeng, the capital of the Jin dynasty.
1271 – In Syria, sultan Baibars conquers the Krak des Chevaliers.
(2)1587年天正15年3月1日) - 九州征伐: 豊臣秀吉が九州の島津氏討伐のため、自ら2万5千の大軍を率いて大坂城を出発。
1665 – English colonial patents are granted for the establishment of the Monmouth Tract, for what would eventually become Monmouth County in northeastern New Jersey.
1730Shearith Israel, the first synagogue in New York City, is dedicated.
1740War of Jenkins' Ear: Three British ships capture the Spanish third-rate Princesa, taken into service as HMS Princess.
(3)1767年 - アユタヤ王朝ビルマの侵攻により滅亡。
1808 – The Roman Catholic Diocese of Baltimore is promoted to an archdiocese, with the founding of the dioceses of New York, Philadelphia, Boston, and Bardstown (now Louisville) by Pope Pius VII.
(4)1820年 - エーゲ海のメロス島の農夫が「ミロのヴィーナス」を発見。
1832Black Hawk War: Around three-hundred United States 6th Infantry troops leave St. Louis, Missouri to fight the Sauk Native Americans.
(5)1837年天保8年3月4日) - 前年からの天保の大飢饉のため、江戸幕府が江戸の各地に救米小屋を設置。
(6)1855年安政2年2月22日) - 江戸幕府が、松前藩居城周辺を除く全蝦夷地を幕府直轄領とする。
(7)1864年 - 南北戦争: マンスフィールドの戦い

1866 – Italy and Prussia ally against the Austrian Empire.
(8)1881年 - 亀井忠一三省堂書店を創業。
1886William Ewart Gladstone introduces the first Irish Home Rule Bill into the British House of Commons.
1895 – In Pollock v. Farmers' Loan & Trust Co. the Supreme Court of the United States declares unapportioned income tax to be unconstitutional.
(9)1900年 - 山陽鉄道(現在の山陽本線)が急行に日本初の寝台車を連結。
(10)1904年 - 英仏協商が成立。イギリスエジプト占領、モロッコでのフランスの権益を相互に承認。
・1904 – British mystic Aleister Crowley transcribes the first chapter of The Book of the Law.
・1904 –
Longacre Square in Midtown Manhattan is renamed Times Square after The New.
1906Auguste Deter, the first person to be diagnosed with Alzheimer's disease, dies.
1908Harvard University votes to establish the Harvard Business School.
1911Dutch physicist Heike Kamerlingh Onnes discovers superconductivity.
(11)1913年 - アメリカ合衆国憲法修正第17条の批准が成立。
1916 – In Corona, California, race car driver Bob Burman crashes, killing three (including himself), and badly injuring five spectators.
1918World War I: Actors Douglas Fairbanks and Charlie Chaplin sell war bonds on the streets of New York City's financial district.
(12)1921年 - 国有財産法借地法・借家法公布。
1924Sharia courts are abolished in Turkey, as part of Atatürk's Reforms.
1929Indian independence movement: At the Delhi Central Assembly, Bhagat Singh and Batukeshwar Dutt throw handouts and bombs to court arrest.
(13)1929年 - 小原國芳玉川学園を創設。
1935 – The Works Progress Administration is formed when the Emergency Relief Appropriation Act of 1935 becomes law.
1942World War II: Siege of Leningrad: Soviet forces open a much-needed railway link to Leningrad.
・1942 – World War II: The
Japanese take Bataan in the Philippines.
1943 – U.S. President Franklin D. Roosevelt, in an attempt to check inflation, freezes wages and prices, prohibits workers from changing jobs unless the war effort would be aided thereby, and bars rate increases by common carriers and public utilities.
1945 – World War II: After an air raid accidentally destroys a train carrying about 4,000 Naziconcentration camp internees in Prussian Hanover, the survivors are massacred by Nazis.
1946Électricité de France, the world's largest utility company, is formed as a result of the nationalisation of a number of electricity producers, transporters and distributors.
(14)1946年 - 国際連盟が第21回総会を開催し、国際連盟の解散と資産等の国際連合への移行を決議。
(15)1948年 - 東宝が270人の解雇を通告し撮影所をロックアウト、労組側は会社の解雇案を拒否し東宝争議が勃発。
(16)1949年 - 日本民俗学会設立。
1950India and Pakistan sign the Liaquat–Nehru Pact.
1952 – U.S. President Harry Truman calls for the seizure of all domestic steel mills to prevent a nationwide strike.
1953Mau Mau leader Jomo Kenyatta is convicted by Kenya's British rulers.
1954 – A Royal Canadian Air Force Canadair Harvard collides with a Trans-Canada Airlines Canadair North Star over Moose Jaw, Saskatchewan, killing 37 people.
(17)1954年 - コメット連続墜落事故: 南アフリカ航空201便墜落事故起こる。
(18)1959年 - 『週刊文春』が創刊。
Hopper meets to discuss the creation of a new programming language that would be called COBOL.
・1959 – The
Organization of American States drafts an agreement to create the Inter-American Development Bank..
1959 – A team of computer manufacturers, users, and university people led by Grace 1964Gemini 1 (unmanned test flight) launched.
・・
1960 – The Netherlands and West Germany sign an agreement to negotiate the return of German land annexed by the Dutch in return for 280 million German marks as Wiedergutmachung.
1961 – A large explosion on board the MV Dara in the Persian Gulf kills 238.
(19)1961年 - NHKテレビでバラエティ番組夢であいましょう』放送開始。
1968BOAC Flight 712 catches fire shortly after take off. As a result of her actions in the accident, Barbara Jane Harrison is awarded a posthumous George Cross, the only GC awarded to a woman in peacetime.
1970Bahr El-Baqar primary school bombing: Israeli bombers strike an Egyptian school. Forty-six children are killed.
(20)1970年 - 大阪市大淀区(現・北区天六交叉点での大阪市営地下鉄谷町線工事現場でガス爆発事故(天六ガス爆発事故)。死者79人・重軽傷420人。
1974 – At Atlanta–Fulton County Stadium, Hank Aaron hits his 715th career home run to surpass Babe Ruth's 39-year-old record.
1975Frank Robinson manages the Cleveland Indians in his first game as major league baseball's first African American manager.
(21)1975年 - アメリカでボエジャーズ国立公園設置。
(22)1978年 - 宇宙開発事業団が実験用放送衛星「ゆり」を打上げ。
(23)1986年 - アイドル歌手の岡田有希子が、所属事務所が入居する東京都新宿区のビル屋上から飛び降り自殺
1987Los Angeles Dodgers executive Al Campanis resigns amid controversy over racially charged remarks he had made while on Nightline.
(24)1988年 - 楊尚昆中華人民共和国主席に就任。
(25)1988年 - 南岸低気圧の影響で、東日本でこの時期としては季節外れの大雪。東京で9cmの積雪を観測し、4月としては異常気象となる。
1992 – Retired tennis great Arthur Ashe announces that he has AIDS, acquired from blood transfusions during one of his two heart surgeries.
(26)1993年 - マケドニア共和国が国連に加盟。
(27)1993年 - カンボジアで、国際連合ボランティアの選挙監視団員・中田厚仁が銃撃され死亡。
(28)1994年 - 佐川事件、NTT株疑惑などにより細川護熙首相が退陣を表明。
1999Haryana Gana Parishad, a political party in the Indian state of Haryana, merges with the Indian National Congress.
2004War in Darfur: The Humanitarian Ceasefire Agreement is signed by the Sudanese government and two rebel groups.
2005 – Over four million people attend the funeral of Pope John Paul II.
2006Shedden massacre: The bodies of eight men, all shot to death, are found in a field in Ontario, Canada. The murders are soon linked to the Bandidos Motorcycle Club.
2008 – The construction of the world's first building to integrate wind turbines is completed in Bahrain.
2013 – The Islamic State of Iraq enters the Syrian Civil War and begins by declaring a merger with the Al-Nusra Front under the name Islamic State of Iraq and ash-Sham
(29)2014年 - Microsoft Windows XPのサポート終了期限。


                            インタネット情報&ヨシダブログ
 上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。
   このコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を編 集しつつ、ヨシダブログ書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグー グルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、 掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。 

ただ今、 6230編目です。 
2016年4月8日(金)掲載分
昨日4月7日最終のトップページ
日別最終トップページ一覧表(4月5日新設)
編集者のダイアリー・コナー

 本日「4月8日のできごと」 でヨシダが特記したいものは・・・と、その前にブログしたいこと。今朝一番の受信メルマガメイル「日経ニュースメール」にヒットしました。昨夕17:45掲載記事。「No.6228セブン&アイの王様、引き際を決めさせた「8票」日本経済新聞2016.4.7.17:45 武類雅典)」同日(7日付)で掲載しました★ふと、別件メールで目にとまるもの。題して「鈴木会長退任、創業家の影響力拡大か セブン&アイ」がそれ。どうやら、本日トップの取材記事になりそうです。(9:25)
 ハイ、予定通りに、くだんの記事を編集し終えました。「No.6229:鈴木会長退任、創業家の影響力拡大か セブン&アイ日本経済新聞2016.4.8.)」 がそれです★企業規模って大きくなればなったで、経営者自身の「脱皮」が求められるのは世の(企業の)常。労組を抱えたヨシダが伝家の宝刀たる決算書を もって労組の賃下げを納得させた経験者のヨシダ。7社グループ×3期分=21冊の決算書を開示(ディスクロージャ)して賃下げを承認させたのが、当時のヨ シダ社長。それがあったからこその現在の幸せ感!・・・そのものです。(10:40)
 ニヤニヤしながら編集した記事は、「No.6230乙武さんが生きのびるには… 寂聴さんが考えた朝日新聞2016.4.8.瀬戸内寂聴)」です。ふと、わが人生を振り返るに、・・・満更でもないドラマチックな人生を送ってきているな・・・と、自己満足するヨシダです(笑)。(12:20)
 明日「4月9日のできごと」 も仕上げたし、本日はこの辺りで終わりにして、久々にのんびりしようかな、と思っていますが、果たして・・・ではあります。ちなみに、「4月10日のできごと」にも手を付けていることから、苦笑いです。(17:30)

No.6230
乙武さんが生きのびるには… 寂聴さんが考えた
朝日新聞2016.4.8.瀬戸内寂聴
ヨシダブログ:
ニ ヤニヤ気分で本記事を追いました。ヘレンケラーの言葉「障害は不便である。しかし、不幸ではない」を地で往く乙武洋匡さんに最大のエールを送ります!ヨシ ダもその一人であり続けています!▼瀬戸内さんの末尾の言葉(助言)に大賛成!曰く、「これから生きのびるには、小説家になるしかないのでは。小説家は不 倫をしようが、色好みの札つきになろうが、その恥を書きちらして金を稼いでもどこからも文句は言われないよ」とは、ご自身の人生体験からのグッとくる、説 得力ある助言!▼それにしても思うことに、政治家なかんずく政党幹部のトライしそうなこと。何の分野でも有名人を党の選挙候補者に担ぎ出しするメカニズ ム。知名度が生命線だけに・・・ではありますよね・・・。でも、度を過ごすことでの知名度は逆効果。世の中って、何ごとも程ほどに・・・が大事ですよね (笑)。乙武洋匡さんに栄光あれ!写真22枚添付ファイル
      「乙武・瀬戸内」の画像検索結果「乙武洋匡」の画像検索結果 「乙武洋匡」の画像検索結果  「乙武洋匡」の画像検索結果 「乙武洋匡」の画像検索結果    「乙武」の画像検索結果
     「乙武洋匡」の画像検索結果「乙武洋匡」の画像検索結果「乙武洋匡」の画像検索結果「乙武洋匡」の画像検索結果
              「乙武洋匡著書」の画像検索結果  「乙武洋匡」の画像検索結果  「乙武洋匡」の画像検索結果   
     「乙武洋匡著書」の画像検索結果「乙武洋匡著書」の画像検索結果「乙武洋匡著書」の画像検索結果「乙武洋匡著書」の画像検索結果 「乙武洋匡著書」の画像検索結果 「乙武洋匡著書」の画像検索結果「乙武洋匡著書」の画像検索結果「乙武洋匡著書」の画像検索結果「乙武洋匡著書」の画像検索結果
No.6229
鈴木会長退任、創業家の影響力拡大か セブン&アイ
日本経済新聞2016.4.8.
ヨシダブログ:創 業家の強さは想像以上・・・、そのスケールの大きさは中小企業レベルでは想像を絶するものを痛感して、これ以上のヘンなコメント(ブログ)は禁物だ、と自 身に言い聞かせる記事です▼ともあれ、創業家あっての企業の誕生とその発展。ゼロから立ち上げる創業家の真価は大なるものですね。ヨシダの前妻が米国で空 手道場を経営していた長 男に「ダディー(ヨシダ)以上に創業者の爺ちゃん婆ちゃんの功績が大だ」と「洗脳」したことが家族の亀裂を招来したもの。ま、どちらが云々でなく、その亀 裂があったからこその現在のヨシダの幸せ人生!!!。万事、これでヨシ!!!って現在のヨシダの心境です▼このたびの創業家を巡る出来事を通してヨシダの 結論をブログしておきましょう。ヨシダが前妻の家業を継承していなかったら、アメリカという新天地でロマンを追い、かの地に定住していたことだろう・・・ がヨシダの「過去仮定法的人生観」ではあるでしょう。ジ・エンド(笑)。写真8枚添付ファイル
    「セブン&アイ」の画像検索結果「セブン&アイ」の画像検索結果「セブン&アイ」の画像検索結果「セブン&アイ」の画像検索結果
     「third point」の画像検索結果「サード・ポイント」の画像検索結果「third point」の画像検索結果「third point」の画像検索結果
  昨 日7の記事5編を下記に掲載していましたが、本日8日の第一記事掲載(10:20)をもって消却しました。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」 に本編を 含め、直前原則3日分程度を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。 

                         「末尾の特別情報お知らせコーナー」
  以下のコラムは日々の執筆生活の中で、これはと思いついたことをタイトルを付して書き留めたものです。ウェブサイトトップ面の末尾の箇所に掲載するもので して、時おり変更しています。数多いヨシダブログですが、まとまった所信の一端といった感じで位置づけています。なお、上掲のリンクをクリックすると、そ の下書き的なテーマや内容の一端が垣間見られます。


               「余生」から「与生」へ、さらに「世生」への人生を           
★84歳を過ぎたわが身だけに、こんな偉そうな(?)テーマの考えを披瀝するのは、それなりに、相応しい(?)かつ、資格(?)を持っていると自負してもイイでしょう(笑)。
★ 人生60年時代のこと。50歳そこそこで定年を迎えていた当時では、残りの10年を、永年の夢であった、「定年後は夫婦で世界一周旅行を!」を実現して、 ハイ、サヨナラ・・・ってな生き方が理想的な(?)「余生」の過ごし方であったでしょう。自分中心の残りの人生を過ごすのを「余生を過ごす、生き る・・・」です。
★ところが、人生80年時代ともなれば、そうはいきません。定年が60歳から65歳、さらに70歳になっても、人生80年では残 りの人生は10年から20年とかなりのスパンです。昔の人生60年時代における「現役人生」のなんと、三分の一にも及ぶ長さの「余生」です。20 年間も「余生を楽しむ」という雰囲気や気持ちには到底なれません。趣味や遊びもホン目の仕事を持っているからその余暇を利用して・・・というのが趣味たる 所以。それが本業みたいに、それしかすることがない・・・となると厄介です。さて次は何をしたらイイのだろうか?・・・と、自問自答するケースもあるで しょう。
★手前ミソで恐縮ですが、かくいうヨシダは満60歳を過ぎて、お家の都合(家内側から発したお家騒動)で離婚を余儀なくしました が、定年で年金生活に甘んじられる・・・といった心境には程遠いものがありました。その一方で、正直な話、見ておれ!ってな反骨精神は旺盛でした。定年年 齢だから「ヨシダさんは余生を過ごす身だ」とは見られないというのが当事者のホンネ。意地でも何かをしてみせるってな根性もありました。 
★そ こで、「人生第三毛作」の始まり!とばかりに設立したマヴァリック(一匹狼)の経営コンサルタント会社(資本金1千万円也)がありました。これからがオ レ様の人生の本番だ、とばかりの勢いこみって感じでした。経営コンサルタントはクライアントの経営者のお手伝い。直接の経営コンサルでなくとも、間接的な 分野の出番はいくらでもあるって感じ。ヨシダの場合は職業運転手の教育のお手伝いを主流としたものです。その最たるものが拙著「トラックドライバー帝王学のすすめ」の出版でした。
★ コンサルタント仕事の一環に捉えたのが、厚生労働省所管の資格制度で「健康・生きがいづくりアドバイザ-」というのがありました。早くにその資格を取得し たのですが、概して感じたことは、応募者の殆どが大手企業の管理職経験者の退職者とみました。現役時代には「○○部長・課長」と呼ばれて威張れる立場 (?)にあったセクトの人たちが圧倒的でした。定年後でもセンセイと呼ばれたい、といった自己顕示欲でもそれはあるでしょう。
★そのような 現役時代を卒業した方々は概して定年後でも何かリーダシップを発揮して何かをしたいという願望は大きなものがあります。そこで目につけたのがうな定年後に 何か「公的資格」を取得して何かをすれば自身の達成感に繋がるし・・・といったところ。概してそういった動機がこの資格取得に駆り立てたと分析します。 ま、イイ意味での目立ちたりが屋でもあるでしょう。
★ともあれ、ここにきて言えることは、折角の与えられた生命であり人生。とすれば、死ぬまで何かをして過ごす、過ごしたい・・・と願うのは正常人の願望です。
★若い頃からのヨシダの人生観でしたが、長い人生を「区切り意識」をしながら生きることを常としていました。もっとも、その背景には、「運命に翻弄される」と言ったらヘンかもしれませんが、自分自身の計画や意図とは別の次元でわが身に迫る変化に対する解釈と対応です。
★ その最たるものが、「人生第一、第二、第三、第四毛作」と位置づけることを意識しています。ことほど左様に、紆余曲折の多い、変動の激しい人生を歩み歩ん できている・・・というのが、ヨシダの偽らない心境です。しかし、こうした人生論はあくまで主観的なものでして、それとは別に人生のあり方に関する考え方 を自覚します。
★すなわちそれは、自分自身のための人生という狭隘な 人生観から脱皮して、ここは一番、「世のため、人のために役立つ生涯を」・・・という欲張り人生観、「死生観」でもあります。そうした願望がヨシダオリジ ナル のキーワードを構築しました。称して、「同じ人生なら、余生を卒業して、世のため人のためになる人生を」⇒「余生から与生、さらには世生を!」と、相成っ た次第です。
★アイディアマンのヨシダが自信をもって言えること。それはその最終章である「与生・世生」の生き方選択肢足り得るのが現在 の「自称:相互信頼精神に基づく運命共同体生活」がそれ。共同生活するフィリピン人2家族(1ダース)をして「貧困から脱却」さしつつ、ヨシダの終の棲家 フィリピン生活を全うすること・・・に尽きます。
★ふと、好奇心旺盛なヨシダ。グーグルで<「余生」から「与生」へ、さらに「世生」への人生を」>をクリックして検索したらビックリ仰天!トップに踊り出たのがヨシダ著「日本人は世界一長寿民族 高齢社会の「生き方文化」を世界へ発信しよう」ではありませんか!? 2009年10月5日著で英語版もクリックすると出てきます。これには当のご本人もビックリ仰天!16年も前のこと。こうしてジャンジャン(?)書くネタをもつヨシダの側面を自身が垣間見る瞬間でもありました。ニ ンマリすることは、自編集のこの素人ウェブサイト編集ではあるものの、「中身」ではゼッタイに負けんぞ~!と自負するヨシダ編集長(!?)。末尾のこの コラムのこのネタは格好の長期間(or常設)のモノにしてもオカシクないぞ~!ってな心境です(笑)。前述したように、本コラムだけで一冊の本足り得る ぞ~!といった心境にご満悦です。
★なお、蛇足の弁になるですが、この思想の延長線上に位置すると自負するのが「自利から他利」の精神です。抜け目なく、それを別項として編集して、この位置の掲載コラムの一つとしています。
 (注)最 近の本トップサイトは添付写真が多いことから、「編集ソフト許容量=1000KB=1MB」の限界線をウロウロしています。従って、本コラムではその容量 大なものは掲載しにくいことを残念に思ってます。その点、このブログ(余生から与生・世生へ)は写真がないために、編集容量が極めて低く (11.14KB)。ために、「常設」してもシンパイないということです。ヨシダって、ソロバン勘定旺盛(?)でしょう!いやいや、「効率的志向性大の爺 ちゃん」です。なにせ、60余年もの経営者人生を送って現在に至るヨシダですので・・・。  
★もうひとつの「蛇足の弁」ならぬ、「蛇足・でも価値ある漫画言葉」の漫画。曰く、"What would you say if I told you I was going to devote the rest of my life to making you happy?"(ボクの余生はお前さんを幸せにつるためだと言ったらどう思うかい?)★これってヨシダのホンネそのものって感じです!!!(笑)
                  「余生」の画像検索結果「余生」の画像検索結果 
 (注)最 近の本トップサイトは添付写真が多いことから、「編集ソフト許容量=1000KB=1MB」の限界線をウロウロしています。従って、本コラムではその容量 大なものは掲載しにくいことを残念に思ってます。その点、このブログ(余生から与生・世生へ)は写真がないために、編集容量が極めて低く (11.14KB)。ために、「常設」してもシンパイないということです。ヨシダって、ソロバン勘定旺盛(?)でしょう!いやいや、「効率的志向性大の爺 ちゃん」です。なにせ、60余年もの経営者人生を送って現在に至るヨシダですので・・・。 

 ヨシダのウェブサイトをご訪問くださってありがとうございました。またの機会までご機嫌よろしゅう!と言っても、毎日相当量のヨシダコメントを書きまくっています。「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど」が決まり文句です。(723KB)
                        2016年4月8日(金)
                          ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
                                            吉田祐起
                  
          (満84歳5ヶ月)  
                  (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)   

                                 yoshida@a-bombsurvivor.com
                           URL(eng): http://www.a-bombsurvivor.com

           URL(jpn): http://www.a-bombsurvivor.com/index_japanese.html