吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果   「yuuki yoshida」の画像検索結果 http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
      吉田祐起(Yuuki Yoshida) :満84歳5か月 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 

  原爆証言者・吉田祐起の被爆現場証拠写真です。
 「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル別館」の画像検索結果
  2016年2月14日(日)午前3時頃のこと。ふと目覚めて色んなことに想いを巡らすなかで思いついたこと。それは被爆で九死に一生を得たという表現を 辞さない私の生々しい体験の場をこのサイトに再現することでした。ガバッと起きてデスクに向かいグーグルで関連写真を検索しました!ゲットしたのが上掲の 写真です。
 当時の私は学徒動員で広島電鉄本社電気課勤務でした。足が不自由なことからの事務所勤務。他の級友たちは電車・バスの修理工場配属 で した。左端の写真看板は現在の本社別館(右2枚の3階ビル)の前に設置されている半倒壊したビル画面と日英語説明文看板。2番目の白黒写真はその生々しい 倒壊した建物コーナーの写真です!
 朝礼を終えてビッコを引きながら薄暗い廊下伝いに電気課事務所に向かっていた瞬間の「ヒカ!ドン!」でし た。 あっという間に下敷きになりました。数秒の差で倒壊を免れた同課オフィスに辿り着いていたと、今更の如く想起し、感無量です。真っ暗なビルの下敷きで手を 合わせて死を覚悟しました。ふと、頭上にほのかな明かりが眼に入り、無我夢中で瓦礫をよじ登りました。子供心に想起することに倒壊した建物のてっ辺に這い 出た時の印象は「下界を見下ろす」って位置。顔面に吹き出る血をみて、「母ちゃ~ん!血が出ているよう~!」と泣きました。倒壊したあの建物の下敷きのわ が姿を生々しく再現再確認する次第です。

              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手製のささやかなウェブサイトですが、ご覧ください。なお、ご意見やお気づきの点は遠慮なく下記にご一報くだされば嬉しい限りです。
yoshida@a-bombsurvivor.com                                                                           English               
            2016年4月24日(日)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
  
           

              オバマ米大統領の被爆市訪問がどうやら実現しそうです!
★「No.6261オバマ氏 広島訪問へ 現職米大統領で初、5月27日で調整日本経済新聞2016.4.22.)」がそれです!2009年11月からこのことを強調してきたヨシダですが、どうやらヨシダが予言した通りになりそうです。拙著オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします!」 (2009年11月10日記)に遡る事実がその裏づけです!
★オバマ大統領広島訪問関連情報第2弾!「オバマ氏、広島訪問へ 慎重論退け原点回帰」(編集中)です。地元広島市の中国新聞さんよりはるかに先を往っていま~す!(4月23日10:00)
★ハイ!編集し終えました。「No.6262オバマ氏、広島訪問へ 慎重論退け原点回帰日本経済新聞2016.4.23.【ワシントン=吉野直也】)」がそれです。とくとご覧あそばせ、です。(12:45)
     
             ウィキペディアから拾った4月24日の「できごと」 
                               April 24 Events(英語版) 
                                   「きょうのできごと」記録集
(To the English language visitors: Sorry, this column is for the Japanese edition. However, you could see so many English written Events in red characters among the Japanese lines, which are the ones never shown in Japanese edition. This means that Japanese edition is not as world-wide as the original English Google edition.) 
  こ のコラム編集なかんずく、当該写真の選択はご覧くださる方々のご関心をヴィジュアルな面で提供することを目的としています。ところが、写真を多く添付する と「1ページ当たりの編集許容量」が「1MB=1000KB」という制約から枚数を制限せざるを得ないものがあり、編集者の立場でこれは、と思うできごと に限った当該写真の添付ということにしています。★なおまた、「ウィキペディアのできごと」は英語版が本流でして、日本語版はその翻訳的な一面が 否 定できません。日本語版から入ると「できごとの」の主人公すら掴めない場合さえあることを最近痛感することが少なくありません。「主語抜き」という日本語 特有の落とし穴です。ヨシダの手法は、その「できごと」の主人公もしくは主体をヨシダ流に英語でインプットしてキャッチするケースが少なくありません。そ んなことから、案外と多くの時間を 費やしているのがこの編集作業です。もっとも、その過程で学び体験を得るのは他ならぬ、編集者のヨシダではあるのですが・・・★なお、英語版の掲載は本家 米国が主体性であるにかんがみ、世界的視野からの「できごと」を知る意味で日本語版との重複は無論、除外してそのまま掲載しております。同英語版のリンク をクリックすると
日本語版には見られない内容豊かなコンテンツが目に付きます。
   2「八重山列島 地図」の画像検索結果「八重山列島 地図」の画像検索結果「八重山地震」の画像検索結果「1771年八重山地震」の画像検索結果「八重山地震」の画像検索結果  「八重山地震」の画像検索結果  「八重山地震」の画像検索結果      関連画像
     「八重山地震」の画像検索結果      「八重山地震」の画像検索結果    関連画像  関連画像「八重山地震」の画像検索結果    関連画像「八重山地震」の画像検索結果      「八重山地震」の画像検索結果
   「八重山地震」の画像検索結果「八重山地震」の画像検索結果「八重山地震」の画像検索結果   関連画像「八重山地震」の画像検索結果「八重山地震」の画像検索結果     関連画像    「八重山地震」の画像検索結果
 3   「1800  Library of Congress」の画像検索結果     関連画像「1800  Library of Congress」の画像検索結果「1800  Library of Congress」の画像検索結果「library of congress」の画像検索結果   「library of congress」の画像検索結果   「library of congress」の画像検索結果
       4「吉田松陰が密航失敗捕縛」の画像検索結果「吉田松陰が密航失敗捕縛」の画像検索結果 「吉田松陰と井伊直弼」の画像検索結果関連画像 「吉田松陰が密航失敗捕縛」の画像検索結果 「吉田松陰と井伊直弼」の画像検索結果7「1913, bill woolworth bill opened」の画像検索結果「1913, bill woolworth bill opened」の画像検索結果関連画像関連画像「1913, bill woolworth bill opened」の画像検索結果
      8「1915, youth turkey revolution」の画像検索結果「スルタン・アブデュルハミト2世」の画像検索結果「abdul hamid」の画像検索結果「スルタン・アブデュルハミト2世」の画像検索結果「abdul hamid」の画像検索結果「abdul hamid」の画像検索結果「スルタン・アブデュルハミト2世」の画像検索結果    関連画像「abdul hamid」の画像検索結果「1915, youth turkey revolution」の画像検索結果関連画像
        「1915, youth turkey revolution」の画像検索結果   「1915, youth turkey revolution」の画像検索結果    「1915, youth turkey revolution」の画像検索結果   「1915, youth turkey revolution」の画像検索結果      「1915, youth turkey revolution」の画像検索結果      関連画像「1915, youth turkey revolution」の画像検索結果
   9「1916 easter rising in ireland」の画像検索結果  関連画像 「1916 easter rising in ireland」の画像検索結果  「1916 easter rising in ireland」の画像検索結果   「1916 easter rising in ireland」の画像検索結果        関連画像「1916 easter rising in ireland」の画像検索結果
      「1916, Easter Rising」の画像検索結果   「1916 easter rising in ireland」の画像検索結果「1916 easter rising in ireland」の画像検索結果「1916 easter rising in ireland」の画像検索結果   「1916 easter rising in ireland」の画像検索結果 「1916 easter rising in ireland」の画像検索結果    「1916 easter rising in ireland」の画像検索結果       「ireland flag」の画像検索結果
   12「1932年 - 目黒競馬場で第1回東京優駿大競走」の画像検索結果「1932年 - 目黒競馬場で第1回東京優駿大競走」の画像検索結果「1932年 - 目黒競馬場で第1回東京優駿大競走」の画像検索結果   関連画像「1932年 - 目黒競馬場で第1回東京優駿大競走」の画像検索結果「1932年 - 目黒競馬場で第1回東京優駿大競走」の画像検索結果14「1951年 - 国鉄桜木町電車火災事故」の画像検索結果「1951年 - 国鉄桜木町電車火災事故」の画像検索結果「1951年 - 国鉄桜木町電車火災事故新聞記事」の画像検索結果
        関連画像関連画像25「1980, usa iran embassy incident」の画像検索結果   「1980, usa iran embassy incident」の画像検索結果       「1980, usa iran embassy incident」の画像検索結果  「1980, usa iran embassy incident」の画像検索結果   関連画像「1980, usa iran embassy inccident」の画像検索結果     「1980, usa iran embassy inccident」の画像検索結果    関連画像
                 (以下、太文字表示は当該写真資料等を上掲しているものです。)
1479 BCThutmose III ascends to the throne of Egypt, although power effectively shifts to Hatshepsut (according to the Low Chronology of the 18th dynasty).
1184 BC – Traditional date of the fall of Troy.
(1)1192年明昌3年3月11日) - 盧溝河盧溝橋が完成。
1547Battle of Mühlberg. Duke of Alba, commanding Spanish-Imperial forces of Charles I of Spain, defeats the troops of Schmalkaldic League.
1558Mary, Queen of Scots, marries the Dauphin of France, François, at Notre Dame de Paris.
1704 – The first regular newspaper in British Colonial America, The Boston News-Letter, is published.
(2)1771年明和8年3月10日) - 八重山地震発生。津波により死者・行方不明者112,000人。
(3)1800年 - アメリカ議会図書館設立。
(4)1854年嘉永7年3月27日) - 吉田松陰が下田で黒船への密航に失敗。翌日幕吏に捕縛される。
(5)1877年 - ロシア帝国オスマン帝国に宣戦布告。露土戦争勃発。
1885 – American sharpshooter Annie Oakley is hired by Nate Salsbury to be a part of Buffalo Bill's Wild West.
1895Joshua Slocum, the first person to sail single-handedly around the world, sets sail from Boston, Massachusetts aboard the sloop "Spray".
(6)1898年 - この年の4月22日に行なわれた日本の要求に基づき福建省の不割譲を宣言。
1904 – The Lithuanian press ban is lifted after almost 40 years.
1907Hersheypark, founded by Milton S. Hershey for the exclusive use of his employees, is opened.
(7)1913年 - ニューヨークの超高層ビル・ウールワースビルが開業。
1914 – The Franck–Hertz experiment, a pillar of quantum mechanics, is presented to the German Physical Society.
(8)1915年 - 青年トルコ革命: イスタンブルで250人のアルメニア人独立活動家が殺害される。アルメニア人虐殺の始まり。
(9)1916年 - イースター蜂起アイルランドで急進的な反英独立を掲げるシン・フェイン党が蜂起。
・1916 – Ernest Shackleton and five men of the Imperial Trans-Antarctic Expedition launch a lifeboat from uninhabited Elephant Island in the Southern Ocean to organise a rescue for the ice-trapped ship Endurance.
1918 – First tank-to-tank combat, at Villers-Bretonneux, France, when three British Mark IVs meet three German A7Vs.
(10)1921年 - 日本で初の女性による社会主義団体赤瀾会が結成。
1922 – The first segment of the Imperial Wireless Chain providing wireless telegraphy between Leafield in Oxfordshire, England, and Cairo, Egypt, comes into operation.
1923 – In Vienna, the paper Das Ich und das Es (The Ego and the Id) by Sigmund Freud is published, which outlines Freud's theories of the id, ego, and super-ego.
1926 – The Treaty of Berlin is signed. Germany and the Soviet Union each pledge neutrality in the event of an attack on the other by a third party for the next five years.
(11)1926年 - ドイツ・ヴァイマル共和国ソビエト連邦ベルリン条約(独ソ友好中立条約)を締結。
(12)1932年 - 目黒競馬場で第1回東京優駿大競走(現在の日本ダービー)開催。
1932Benny Rothman leads the mass trespass of Kinder Scout, leading to substantial legal reforms in the United Kingdom.
1933Nazi Germany begins its persecution of Jehovah's Witnesses by shutting down the Watch Tower Society office in Magdeburg.
1944 – World War II: The SBS launches a raid against the garrison of Santorini in Greece.
(13)1949年 - 国共内戦渡江戦役: 中共人民解放軍35軍の104師312団が南京中華民国総統府を占領する。
(14)1951年 - 国鉄桜木町電車火災事故発生。
(15)1953年 - 第3回参議院議員通常選挙
1953Winston Churchill is knighted by Queen Elizabeth II.
1955 – The Bandung Conference ends: Twenty-nine non-aligned nations of Asia and Africa finish a meeting that condemns colonialism, racism, and the Cold War.
(16)1955年 - 第1回アジア・アフリカ会議最終日で平和十原則を採択。
(17)1956年 - 17世紀に沈没したスウェーデンの戦列艦「ヴァーサ」が引き上げられる。
1957Suez Crisis: The Suez Canal is reopened following the introduction of UNEF peacekeepers to the region.
・1957 – The
BBC first broadcast The Sky at Night presented by Patrick Moore.
1963 – Marriage of HRH Princess Alexandra of Kent to the Hon Angus Ogilvy at Westminster Abbey in London.
(18)1963年 - 少女漫画雑誌『週刊マーガレット』が創刊される。
(19)1965年 - アメリカの北爆に反対し小田実らが「ベトナムに平和を!市民・文化団体連合」(ベ平連)が結成され、最初のデモ行進を行う。
1965 – Civil war breaks out in the Dominican Republic when Colonel Francisco Caamaño, overthrows the triumvirate that had been in power since the coup d'état against Juan Bosch.
1967Cosmonaut Vladimir Komarov dies in Soyuz 1 when its parachute fails to open. He is the first human to die during a space mission.
・1967 –
Vietnam War: American General William Westmoreland says in a news conference that the enemy had "gained support in the United States that gives him hope that he can win politically that which he cannot win militarily."
(20)1968年 - モーリシャスが国連に加盟。
(21)1970年 - 中華人民共和国が初の人工衛星東方紅1号」を打上げ。
1970 – The first Chinese satellite, Dong Fang Hong I, is launched.
・1970 –
The Gambia becomes a republic within the Commonwealth of Nations, with Dawda Jawara as the first President.
1971Soyuz 10 docks with Salyut 1.
(22)1973年 - 首都圏国電暴動国鉄順法闘争で首都圏の列車が遅れ、利用客の一部が暴徒化。
(23)1974年 - ギヨーム事件ブラント西ドイツ首相の秘書ギュンター・ギヨーム東ドイツ情報機関スパイとして逮捕。
(24)1977年 - 日本初の高速増殖炉常陽」が臨界に達する。
(25)1980年 - イランアメリカ大使館人質事件: アメリカが人質救出作戦「イーグルクロー作戦」を行うが失敗。
(26)1988年 - JR北海道・歌志内線がこの日限りで廃止。
(27)1990年 - アメリカでスペースシャトル「ディスカバリー」打上げ。軌道上でハッブル宇宙望遠鏡を放出。
・1990 – Gruinard Island, Scotland, is officially declared free of the anthrax disease after 48 years of quarantine.
(28)1991年 - 千葉市で開幕した第41回世界卓球選手権で、南北朝鮮が初めて統一チームで出場。(統一旗
(29)1993年 - テーマパーク東武ワールドスクウェアが完成。
1993 – An IRA bomb devastates the Bishopsgate area of London.
1996 – In the United States, the Antiterrorism and Effective Death Penalty Act of 1996 is passed into law.
2004 – The United States lifts economic sanctions imposed on Libya 18 years previously, as a reward for its cooperation in eliminating weapons of mass destruction.
2005Cardinal Joseph Ratzinger is inaugurated as the 265th Pope of the Roman Catholic Church taking the name Pope Benedict XVI.
・2005 –
Snuppy becomes world's first cloned dog.
(30)2007年 - 全国の小学6年生・中学3年生で全国学力テストを実施。
(31)2009年 - 2009年新型インフルエンザの世界的流行WHOが、豚を起源とする新型インフルエンザが発生し、人から人への感染が報告されたと発表。
(32)2009年 - 超党派野党、選択的夫婦別姓制度導入などを入れた民法改正案を参議院に提出
2013 – A building collapses near Dhaka, Bangladesh, killing 1,129 people and injuring 2,500 others.
・2013 –
Violence in Bachu County, Kashgar Prefecture, of China's Xinjiang results in death of 21 people.

                            インタネット情報&ヨシダブログ
 上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。
   このコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を編 集しつつ、ヨシダブログ書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグー グルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、 掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。 

ただ今、 6268編目です。 
2016年4月24日(日)掲載分
昨日4月23日最終のトップページ
日別最終トップページ一覧表
編集者のダイアリー・コナー

 本日「4月24日のできごと」でヨシダが特記したいことは、「(2)1771年明和8年3月10日) - 八重山地震発生。津波により死者・行方不明者112,000人」です。今から245年も前の地震。添付写真資料を検索しながら当時を想像し、地震津波の恐ろしさを知らされました。
  今朝一番の取材記事でニンマリ顔の編集長・ヨシダです!こんな機会にブログで若かりし頃の自慢話ならぬ、ブログができるのも、本コラムのお陰です。自身の ウェブサイト編集作業でこんなことができるなんて、実に嬉しい限りです。この調子で続けていけば、前代未聞(?)のボリュームのブログになること間違いな し!とニンマリ顔(心)の今朝のヨシダです★おっと、くだんの記事は、「No.6265:小澤マリアさんインタビュー 首都圏パサイ市にクラブを開業。アジアのスターが経営者としての夢を語る日刊マニラ新聞2016.4.23.立田成美)」 です。添付した一連の写真もイイでしょう!これって、相当の時間を費やしました。主人公小澤マリアさんはカナダ人のお父さんと日本人のお母さんの典型的な 美人混血女性。金属でも混ぜ合わせば(合金化)すれば、独特の特性が出ると同様に、人間も・・・ですよね・・・。彼女に最大のエールを!!!! (10:50)
 「No.6266英国のエリザベス女王が先日、90歳の誕生日を迎えた。在位は64年を超えた。…福井新聞「越山若水」2016.4.23.)」を編集しながら意地悪い質問をトランプさんにブログするヨシダです。(12:55)
 異国の地は日曜日の午後を、個室で一人楽しく、美術鑑賞プラス文章作り練習という機会を喜びつつ編集しました。「No.6267:本物の魅力山陰中央新報「明窓」2016.4.24.輔)」がそれです。モネの「
セーヌ河の日没、冬」を「宍道湖の夕日」とオーバーラップすることはヨシダは体験しませんでした。何度も宍道湖周辺をドライブした身でありながら、です・・・。(14:30)
 「No.6268ヒロシマ・ナガサキ両地元紙コラムにみる「オバマ大統領広島市訪問」関連を読んで「インタネット情報&ヨシダブログNo.6268」2016.4.24.編集者:吉田祐起)」 の発信元はヨシダという初めてのスタイルをとりました。ほかならぬ、被爆市広島・長崎2紙のコラムが主人公であるからです。両紙の記事を並べ評してのヨシ ダブログとする所以です。発信元もヨシダ、ブログ側もヨシダといった異例のスタイルを余儀なくしました。(17:45)

 




No.6268
ヒロシマ・ナガサキ両地元紙コラムにみる「オバマ大統領広島市訪問」関連を読んで
「インタネット情報&ヨシダブログNo.6268」2016.4.24.編集者:吉田祐起
ヨシダブログ:さ て両紙コラムを読んでの感想を「天秤に かけた感じでブログ」することは控えるとしてですが、詳細の受けとめ方は読者に委ねるとして、本コラム編集者して感想をひと言。その前にひと言だけ、ヨシ ダの弁ならぬブログ。「文章のタイトルは長いほど良い」という著名な人物を記憶します。タイトルだけみて、内容が想像できるからでして、親切というもの だ、がその背景です★タイトルの長さで言えば、両紙とも(偶然ですが)7語と8語の僅差(笑)。あえてヨシダが評すれば、広島は「原爆を落としたのは誰 だ」といった怨念めいたもの。長崎は「最後の人ではなく」と、将来にも同じような人物の訪問があることに期待を寄せたもの★考えてみるに、前者は安芸門 徒。後者はローマカトリックの街。仏教vsキリスト教の差異(?)と皮肉るムキも否定できません★両紙当該記事でヨシダが感じるもうひとつの差異を遠慮な くかつ、率直にブロします。被爆71周年を迎えてのこと。前者(天風録)は 「(原爆投下国の立場で)どのようにお考えだろうか聞きたくて」と、少々執念深い感じ(シツレイ)。かたや後者は「・・・どうか先駆けの人として」は「歴 代大統領の被爆市訪問」を意味するとヨシダは解釈することから極めて常識的かつ良心的と受けとめます★さて、ヒバクシャ・ヨシダの弁をひとつお許しを。ヨ シダは自作自編集のウェブサイトで膨大な量のブログをして現在に至ります。そんな中、こと米大統領の被爆市訪問に対する願望は人並み以上のキャリアを自負 します。しかも、日本全国広し雖もヨシダが唯一人の「オバマ大統領の被爆市訪問意思表示をキャッチしたニッポン人!」と自負して現在に至ります★たびたび 登場させて恐縮ですが、ことオバマ大統領の被爆市訪問に関するご本人の意志を誰よりも早くにキャッチし、ブログし続けてきたヒバクシャです。詳細は「オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします!」 (2009年11月10日記)を ご覧いただくとして、現在にしてヨシダが密かに思っていることは、あのオバマ大統領の言葉「This time, the schedules are too tight. However, it would be my great honor for me to visit the a-bombed cities some day during my Presidency.(今回はスケジュール一杯で叶わぬが、大統領任期中には訪問の光栄に浴したい)」は他ならぬ、日本人流に言えば「男の約束」。それ が果たされなかったら「男の恥」にほかありません★ところが、あの歴史的な大統領の発言が「封印されて現在に至る事実」をヨシダ流に解釈しています。それ は米当局から日本のマスメディア全てに発せられた「かん口令」とみます。つまり、米大統領の米国内における微妙は同発言を巡るトラブルを回避する米政府側 の異例の措置だった、がヨシダ見解です。日本が被占領時代の「GHQ指令」 に似たものと皮肉ります★末尾ですが、あえて付言したいこと。それは、今回のオバマ大統領の広島市訪問は前述のとおり、「大統領自身の口から発せられた約 束言葉の実践」にほかありません。ゆえに、万が一にでもそれを逸したら、オバマ大統領は(日本人流に表現すれば)「男が廃る」を意味するのであって、レガ シー云々以上の重みがある、というのがヨシダの日本人的な評価です★おっと、もうひとつ大事なこと!長崎新聞「水と空」さんは「大統領のナガサキ訪問がな いことに苦情めいたコメントがないことに敬意を表します。ヒロシマ訪問がすべてのヒバクシャ訪問に繋がる」とする解釈とみます。お見事な姿勢と受けとめま す★おって、本コラムの添付写真はNo.6262:オバマ氏、広島訪問へ 慎重論退け原点回帰日本経済新聞2016.4.23.【ワシントン=吉野直也】と同じものを期待しますが、編集容量限度の都合で割愛します。
No.6267
本物の魅力
山陰中央新報「明窓」2016.4.24.輔

ヨシダブログ:本記事に案内されて、というよりも触発されて久方ぶりにサイト上の美術鑑賞、としゃれ込みます。本 記事筆者「輔さん(?)」の解説付きの案内書と受けとめます。もっとも、本筆者が言う「本物を前にする展覧会の意義を実感している」とは程遠いです が・・・。でも、グーグルで追う美術鑑賞は満更でもありません▼美術通気取りで一人で観て回るよりも、この種の鑑賞手法はそれなりに前者に無い価値を与え てくれます。もっとも、このような予備知識を持って観れば最高ですね▼ともあれ、異国の地・フィリピンでヨシダが個室で存分に味わえる美術鑑賞と受けとめ て大満足です。実にイイ日曜日の午後のひと時です。(写真11枚添付ファイル
    「島根県美術館「企画展「ポーラ美術館コレクション~モネからピカソ、シャガールへ」」の画像検索結果  「島根県美術館「企画展「ポーラ美術館コレクション~モネからピカソ、シャガールへ」」の画像検索結果  「ポーラ美術館収蔵品」の画像検索結果「ポーラ美術館西洋絵画」の画像検索結果
     「モネ」の画像検索結果「モネの「セーヌ河の日没、冬」 (1880年)」の画像検索結果「宍道湖 夕日」の画像検索結果「宍道湖 夕日」の画像検索結果「自然と美術との共生」の画像検索結果 「ブーダン 画家」の画像検索結果「ブーダン「ダウラスの海岸と船」」の画像検索結果
No.6266

英国のエリザベス女王が先日、90歳の誕生日を迎えた。在位は64年を超えた。…
福井新聞「越山若水」2016.4.23.
ヨシダブログ:ヨシダは子供時代から日英共通の「皇室」の存在をもって、イギリスには格別の思いを抱いてきたものです。いま人気のトランプさん、もし格別の皇室観があれば聴きたいもの。共和党の精神は「伝 統的保守層とキリスト教主義勢力(300万人を擁する「クリスチャン・コアリション」を筆頭とする福音派)の集票に支えられた政党(ウィキペディア)」だ けに、それ以外の宗教やそれに根ざす文化に対するアレルギーがあるのかな・・・?と思うことがしばしばです。「日英の皇室制をどう思いますか?」に対する トランプさんの言葉が知りたいものですね(笑)。写真18枚添付ファイル
            「queen elizabeth 90th birthday 2016」の画像検索結果       「queen elizabeth ii 60 years on throne」の画像検索結果     「日本の天皇制・英国の女王制」の画像検索結果   「日英同盟 風刺画」の画像検索結果
      「queen elizabeth 1 pound banknote」の画像検索結果  「queen elizabeth 1 pound banknote」の画像検索結果「queen elizabeth 1 pound banknote」の画像検索結果「queen elizabeth biggest bank note」の画像検索結果
     「Harriet Tubman」の画像検索結果 「米国の20ドル紙幣、ハリエット・タブマン」の画像検索結果「Harriet Tubman」の画像検索結果  「Harriet Tubman」の画像検索結果
      「Harriet Tubman」の画像検索結果「Harriet Tubman」の画像検索結果「Harriet Tubman」の画像検索結果「Harriet Tubman」の画像検索結果
                            「米共和党の基本的精神」の画像検索結果   「trump says use Harriet Tubman in $1 bank note」の画像検索結果  「Harriet Tubman on the $20 bill」の画像検索結果
                       Donald Trump: It’s wrong to put Harriet Tubman on the $20 bill
No.6265
小澤マリアさんインタビュー 首都圏パサイ市にクラブを開業。アジアのスターが経営者としての夢を語る
日刊マニラ新聞2016.4.23.立田成美
ヨシダブログ:久々 に「日刊まにら新聞」さん、なかんずく、お堅い記事でなく、柔らかで心温まる、ニヤニヤ感じで編集できる記事にヒットして、小躍りしながらキーを叩きまし た▼ 日本を離れて7年余の身のヨシダ。在日中は人生第二毛作時代のこと。「交際費」という特権を行使して楽しんだ(?)だけに本記事に変わった視点で興味を抱 きます。当時のヨシダは曲がりなりにも「7社グループによる総合物流商社体制づくり」をモノにして、こと、「交際費」に関しては先手必勝(?)の立場 (笑)。税法上の「一社当たり限度額(非課税)」×7社=1千万円余(?)とばかりの勢いでした(笑)▼なにせ、当時のヨシダは「社団法人広島市南法人会 副会長・事業委員長」という要職。当時「優良申告法人税務署長表彰」を数期に渡って更新した稀有な税務歴体験経営者▼永年の経営者人生体験で得たひとつの 人生観は、「人間の持つ『潜在能力』」です。隠れた才能。何かの機会やヒントでそれが芽を吹く、というもの。それが当該者自身からのいわゆる、第一人称的 動機や潜在力の発揮か、それともあるチャンスを与えられて・・・とイロイロです▼本記事主人公はその双方にまたがったモーティヴェイション&ポテンシャリ ティを持たれる人物と観ます▼凝り性のヨシダ。かのレミントンホテルにある彼女のお店「ラ・ メゾン(La Maison)」の確かな写真をゲットするのに、かれこれ1時間を要しました。この辺りのヨシダ根性は並みのもんではありませんぞ~!(笑)▼環境が変わ れ ば、人物が変われば(成長すれば)、人相や風貌も変わるもの。本記事主人公の小澤マリアさんに最大のエールを送ります!ヨシダ若かりしせば、昔摂った杵 柄!って調子で飛んで行ってエールを送りたい心境です(笑)▼蛇足の追記をひとつ。映画「プリティ・ウーマン」の主演女優「Julia Roberts」はヨシダが大ファン!(でした)。環境が、人物が変われば(成長)すれば顔つきも変わります。拾った「Past & Now」の彼女の写真をしげしげ鑑賞しながらニンマリしている今朝一番のヨシダの助平顔を想像してください(笑)。(写真14枚添付ファイル
       「(映画の)『プリティ・ウーマン』」の画像検索結果「(映画の)『プリティ・ウーマン』」の画像検索結果 「(映画の)『プリティ・ウーマン』」の画像検索結果  「(映画の)『プリティ・ウーマン』」の画像検索結果
          「小澤マリア」の画像検索結果「初めてジプニーに乗った小澤マリア」の画像検索結果  「初めてジプニーに乗った小澤マリア」の画像検索結果 「ジプニー」の画像検索結果
        「club La Maison, remington hotel pasay」の画像検索結果   「maria ozawa in club La Maison」の画像検索結果 「club La Maison」の画像検索結果「club La Maison」の画像検索結果   「club La Maison」の画像検索結果     「club La Maison」の画像検索結果
  昨日23日の記事3編を下記に掲載していましたが、本日24日の第一記事掲載(10:35)をもって消却しました。なお、「インタネット情報&ヨシダブロ グ」 に本編を 含め、直前原則3日分程度を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。

                         「末尾の特別情報お知らせコーナー」
  以下のコラムは日々の執筆生活の中で、これはと思いついたことをタイトルを付して書き留めたものです。ウェブサイトトップ面の末尾の箇所に掲載するもので して、時おり変更しています。数多いヨシダブログですが、まとまった所信の一端といった感じで位置づけています。なお、上掲のリンクをクリックすると、そ の下書き的なテーマや内容の一端が垣間見られます。


               「余生」から「与生」へ、さらに「世生」への人生を           
★84歳を過ぎたわが身だけに、こんな偉そうな(?)テーマの考えを披瀝するのは、それなりに、相応しい(?)かつ、資格(?)を持っていると自負してもイイでしょう(笑)。
★ 人生60年時代のこと。50歳そこそこで定年を迎えていた当時では、残りの10年を、永年の夢であった、「定年後は夫婦で世界一周旅行を!」を実現して、 ハイ、サヨナラ・・・ってな生き方が理想的な(?)「余生」の過ごし方であったでしょう。自分中心の残りの人生を過ごすのを「余生を過ごす、生き る・・・」です。
★ところが、人生80年時代ともなれば、そうはいきません。定年が60歳から65歳、さらに70歳になっても、人生80年では残 りの人生は10年から20年とかなりのスパンです。昔の人生60年時代における「現役人生」のなんと、三分の一にも及ぶ長さの「余生」です。20 年間も「余生を楽しむ」という雰囲気や気持ちには到底なれません。趣味や遊びもホン目の仕事を持っているからその余暇を利用して・・・というのが趣味たる 所以。それが本業みたいに、それしかすることがない・・・となると厄介です。さて次は何をしたらイイのだろうか?・・・と、自問自答するケースもあるで しょう。
★手前ミソで恐縮ですが、かくいうヨシダは満60歳を過ぎて、お家の都合(家内側から発したお家騒動)で離婚を余儀なくしました が、定年で年金生活に甘んじられる・・・といった心境には程遠いものがありました。その一方で、正直な話、見ておれ!ってな反骨精神は旺盛でした。定年年 齢だから「ヨシダさんは余生を過ごす身だ」とは見られないというのが当事者のホンネ。意地でも何かをしてみせるってな根性もありました。 
★そ こで、「人生第三毛作」の始まり!とばかりに設立したマヴァリック(一匹狼)の経営コンサルタント会社(資本金1千万円也)がありました。これからがオ レ様の人生の本番だ、とばかりの勢いこみって感じでした。経営コンサルタントはクライアントの経営者のお手伝い。直接の経営コンサルでなくとも、間接的な 分野の出番はいくらでもあるって感じ。ヨシダの場合は職業運転手の教育のお手伝いを主流としたものです。その最たるものが拙著「トラックドライバー帝王学のすすめ」の出版でした。
★ コンサルタント仕事の一環に捉えたのが、厚生労働省所管の資格制度で「健康・生きがいづくりアドバイザ-」というのがありました。早くにその資格を取得し たのですが、概して感じたことは、応募者の殆どが大手企業の管理職経験者の退職者とみました。現役時代には「○○部長・課長」と呼ばれて威張れる立場 (?)にあったセクトの人たちが圧倒的でした。定年後でもセンセイと呼ばれたい、といった自己顕示欲でもそれはあるでしょう。
★そのような 現役時代を卒業した方々は概して定年後でも何かリーダシップを発揮して何かをしたいという願望は大きなものがあります。そこで目につけたのがうな定年後に 何か「公的資格」を取得して何かをすれば自身の達成感に繋がるし・・・といったところ。概してそういった動機がこの資格取得に駆り立てたと分析します。 ま、イイ意味での目立ちたりが屋でもあるでしょう。
★ともあれ、ここにきて言えることは、折角の与えられた生命であり人生。とすれば、死ぬまで何かをして過ごす、過ごしたい・・・と願うのは正常人の願望です。
★若い頃からのヨシダの人生観でしたが、長い人生を「区切り意識」をしながら生きることを常としていました。もっとも、その背景には、「運命に翻弄され る」と言ったらヘンかもしれませんが、自分自身の計画や意図とは別の次元でわが身に迫る変化に対する解釈と対応です。
★ その最たるものが、「人生第一、第二、第三、第四毛作」と位置づけることを意識しています。ことほど左様に、紆余曲折の多い、変動の激しい人生を歩み歩ん できている・・・というのが、ヨシダの偽らない心境です。しかし、こうした人生論はあくまで主観的なものでして、それとは別に人生のあり方に関する考え方 を自覚します。
★すなわちそれは、自分自身のための人生という狭隘な 人生観から脱皮して、ここは一番、「世のため、人のために役立つ生涯を」・・・という欲張り人生観、「死生観」でもあります。そうした願望がヨシダオリジ ナル のキーワードを構築しました。称して、「同じ人生なら、余生を卒業して、世のため人のためになる人生を」⇒「余生から与生、さらには世生を!」と、相成っ た次第です。
★アイディアマンのヨシダが自信をもって言えること。それはその最終章である「与生・世生」の生き方選択肢足り得るのが現在 の「自称:相互信頼精神に基づく運命共同体生活」がそれ。共同生活するフィリピン人2家族(1ダース)をして「貧困から脱却」さしつつ、ヨシダの終の棲家 フィリピン生活を全うすること・・・に尽きます。
★ふと、好奇心旺盛なヨシダ。グーグルで<「余生」から「与生」へ、さらに「世生」への人生を」>をクリックして検索したらビックリ仰天!トップに踊り出たのがヨシダ著「日本人は世界一長寿民族 高齢社会の「生き方文化」を世界へ発信しよう」ではありませんか!? 2009年10月5日著で英語版もクリックすると出てきます。これには当のご本人もビックリ仰天!16年も前のこと。こうしてジャンジャン(?)書くネタをもつヨシダの側面を自身が垣間見る瞬間でもありました。ニ ンマリすることは、自編集のこの素人ウェブサイト編集ではあるものの、「中身」ではゼッタイに負けんぞ~!と自負するヨシダ編集長(!?)。末尾のこの コラムのこのネタは格好の長期間(or常設)のモノにしてもオカシクないぞ~!ってな心境です(笑)。前述したように、本コラムだけで一冊の本足り得る ぞ~!といった心境にご満悦です。
★なお、蛇足の弁になるですが、この思想の延長線上に位置すると自負するのが「自利から他利」の精神です。抜け目なく、それを別項として編集して、この位置の掲載コラムの一つとしています。
 (注)最 近の本トップサイトは添付写真が多いことから、「編集ソフト許容量=1000KB=1MB」の限界線をウロウロしています。従って、本コラムではその容量 大なものは掲載しにくいことを残念に思ってます。その点、このブログ(余生から与生・世生へ)は写真がないために、編集容量が極めて低く (11.14KB)。ために、「常設」してもシンパイないということです。ヨシダって、ソロバン勘定旺盛(?)でしょう!いやいや、「効率的志向性大の爺 ちゃん」です。なにせ、60余年もの経営者人生を送って現在に至るヨシダですので・・・。  
★もうひとつの「蛇足の弁」ならぬ、「蛇足・でも価値ある漫画言葉」の漫画。曰く、"What would you say if I told you I was going to devote the rest of my life to making you happy?"(ボクの余生はお前さんを幸せにつるためだと言ったらどう思うかい?)★これってヨシダのホンネそのものって感じです!!!(笑)
                  「余生」の画像検索結果「余生」の画像検索結果 
 (注)最 近の本トップサイトは添付写真が多いことから、「編集ソフト許容量=1000KB=1MB」の限界線をウロウロしています。従って、本コラムではその容量 大なものは掲載しにくいことを残念に思ってます。その点、このブログ(余生から与生・世生へ)は写真がないために、編集容量が極めて低く (11.14KB)。ために、「常設」してもシンパイないということです。ヨシダって、ソロバン勘定旺盛(?)でしょう!いやいや、「効率的志向性大の爺 ちゃん」です。なにせ、60余年もの経営者人生を送って現在に至るヨシダですので・・・。 

 ヨシダのウェブサイトをご訪問くださってありがとうございました。またの機会までご機嫌よろしゅう!と言っても、毎日相当量のヨシダコメントを書きまくっています。「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど」が決まり文句です。(953.56KB)

                      2016年4月24日(日)
                          ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
                                          吉田祐起
                
          (満84歳5ヶ月)  
                  (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)   

                       yoshida@a-bombsurvivor.com                                                     URL(eng): http://www.a-bombsurvivor.com
           URL(jpn): http://www.a-bombsurvivor.com/index_japanese.html