吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果   「yuuki yoshida」の画像検索結果 http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
     吉田祐起(Yuuki Yoshida) (満84歳1か月) 
   "生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 


 この国フィリピンを終の棲家と定めて住み着いたのは2009年2月1日でした。

 数年間の自立単身生活を経て、ある縁を得て、現在ではフィリピン家族と共同生活を送っています。題して「相互扶助精神に基づ く運命共同体生活」がそれです。ヨシダの終生面倒見をかれらにしてもらうかわりに、皆さんには貧困から脱却してもらってお互いに幸せになりましょうという相互扶助の共同生活です。 

 ・・・ と、こんな生活設計を描いて現在に至るヨシダですが、ヨシダの義務は長生きすることにあると自覚しています。そのためには満40歳からある動機を得て始め て現在に至る自己流のストレッチング体操に一層の磨きをかけるなど、加えて長年に及ぶステッキ使用で肩にかかった重荷による肩こり解消に集中努力をして通 算8年。お陰で99.9%の達成振りです。でも、ちょっと真似のできない自助努力と自負します。

 肝心のボケ防止のための独特の手法を編み出したのが2012年3月のこと。題して「インタネット情報&ヨシダブログ」がそれです。詳細はクリックしてご覧くださいませんか?「こんなことをしているなんて、カッコいいボケ防止!」と自我自賛しています(笑)。

              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手製のささやかなウェブサイトですが、ご覧ください。なお、ご意見やお気づきの点は遠慮なく下記にご一報くだされば嬉しい限りです。
yoshida@a-bombsurvivor.com                                                   English               
                2015年12月9日(水)
        
   
                            コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
 

   ヒロシマ・ヒバクシャのヨシダが発信する「オバマ米大統領の被爆市訪問」のこと
  フィリピンに来て間もない頃は2009年11月10日のこと。シンガポールで開催の APEC会議出席の前に東京に立ち寄られたオバマ大統領がNHK WORLDの記者の質問(今回の日本立ち寄りを機に、被爆市訪問の意図がありますか?) 対して答えられた言葉が鮮明です。"The schedules are too tight this time. However, I would like to have an honor of visiting some day during my Presidency."(今回はスケジュールが一杯でできないが、任期中の何時か訪問の栄に浴したい・・・)。その出来事を踏まえて即座に書いたのが、拙著オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします!」 (2009年11月10日記)です。クリックしてご覧ください。ヨシダはその後、その適切な訪問時期は、区切りイイ年次の「2010年ー65周年」として 公開書簡まで発表したものでした。しかし、それが実現しなかったことは、現在にして思うに、「2015年ー70周年」こそがベストな年次と提唱するに至り ました。
 ところが、8月に入ってもその気配は皆無。「2015年-70周年」に拘っていたヨシダは絶望と思いつめていたものの、考えてみれば 同大統領の任期は 2017年1月20日東部時間正午まで。とすれば、区切りは良いとは言えない「2016年ー71周年」になるのが精一杯。まいっか・・・と勝手に思ってい るところです。大統領任期中の「レガシー(遺産)づくり」としても、男の約束においても実現されるのがご本人のためだとさえ思うのがヨシダです。

 おって、ヒバクシャとして被害意識を強くする中で、オバマ米大統領が2011年の9.11の8周年記念式典(ペンタゴン)て遺族たちを前にスピーチした言葉の一節を下記に掲載します。「被害意識」が先行するヒバクシャのわれわれが共有すべき貴重な言葉と受けとめます。なお、この崇高なる大統領の言葉は"Ceremonies Mark 8th Anniversary of September 11 Terrorist Attacks"の中ほどに小さく載っていたもので、目立たないものです。中見出し付きもしくは、太文字表示されるべき価値あるものと考えます。
"Let us renew the true spirit of that day. Not the human capacity for evil but the human capacity for good - not the desire to destroy but the impulse to save and to serve and to build," あの日の真実の心を新たにしましょう。 悪に対する人類の能力としてでなく、善に対する人類の能力としてです。-破壊することへの欲望でなく、守り、奉仕し、建設するための推進力としてです。(オバマ米国大統領・翻訳;吉田祐起) 
            「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果         「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果
   (注:このトップコメントは2016年8月6日まで掲載します。しぶといでしょう、ヨシダは・・・笑)

                
                グーグルから拾った12月9日の「できごと」 
                          December 9, Events(英語版) 
                           「きょうのできごと」記録集
(To the English language visitors: Sorry, this column is for the Japanese edition. However, you could see so many English written Events in red characters among the Japanese lines, which are the ones never shown in Japanese edition. This means that Japanese edition is not as world-wide as the original English Google edition.) 
  こ のコラム編集なかんずく、当該写真の選択はご覧くださる方々のご関心をヴィジュアルな面で提供することを目的としています。ところが、写真を多く添付する と「1ページ当たりの編集許容量」が「1MB=1000KB」という制約から枚数を制限せざるを得ないものがあり、編集者の立場でこれは、と思うできごと に限った当該写真の添付ということにしています。★なおまた、「グーグルのできごと」は英語版が本流でして、日本語版はその翻訳的な一面が 否 定できません。日本語版から入ると「できごとの」の主人公すら掴めない場合さえあることを最近痛感することが少なくありません。「主語抜き」という日本語 特有の落とし穴です。ヨシダの手法は、その「できごと」の主人公もしくは主体をヨシダ流に英語でインプットしてキャッチするケースが少なくありません。そ んなことから、案外と多くの時間を 費やしているのがこの編集作業です。もっとも、その過程で学び体験を得るのは他ならぬ、編集者のヨシダではあるのです
が・・・。なお、英語版の掲載は本家 米国が主体性であるにかんがみ、世界的視野からの「できごと」を知る意味で日本語版との重複は無論、除外してそのまま掲載しております。同英語版のリンク をクリックすると日本語版には見られない内容豊かなコンテンツが目に付きます。

4「1851, first ymca established in quebec, montreal」の画像検索結果    関連画像「1851, first ymca established in quebec, montreal」の画像検索結果「1851, first ymca established in quebec, montreal」の画像検索結果  関連画像  関連画像「1851, first ymca established in quebec, montreal」の画像検索結果
12「GHQ」の画像検索結果「GHQ」の画像検索結果「眞相はかうだGHQ」の画像検索結果   関連画像「眞相はかうだ」の画像検索結果「眞相はかうだ」の画像検索結果「Now It can be told」の画像検索結果「sponsor of Now It can be told」の画像検索結果
   13
「Subsequent Nuremberg Trials」の画像検索結果「Subsequent Nuremberg Trials」の画像検索結果「Subsequent Nuremberg Trials」の画像検索結果s「Subsequent Nuremberg Trials」の画像検索結果「Subsequent Nuremberg Trials」の画像検索結果
27「1995年 - 白川郷・五箇山の合掌造り集落世界遺産」の画像検索結果「1995年 - 白川郷・五箇山の合掌造り集落世界遺産」の画像検索結果「1995年 - 白川郷・五箇山の合掌造り集落世界遺産」の画像検索結果  「1995年 - 白川郷・五箇山の合掌造り集落世界遺産」の画像検索結果     「1995年 - 白川郷・五箇山の合掌造り集落世界遺産」の画像検索結果     「1995年 - 白川郷・五箇山の合掌造り集落世界遺産」の画像検索結果
   「1995年 - 白川郷・五箇山の合掌造り集落世界遺産」の画像検索結果   「1995年 - 白川郷・五箇山の合掌造り集落世界遺産」の画像検索結果   「1995年 - 白川郷・五箇山の合掌造り集落世界遺産」の画像検索結果 「1995年 - 白川郷・村上家内部」の画像検索結果            「1995年 - 白川郷・村上家内部」の画像検索結果       
                                       「嘉納治五郎」の画像検索結果 「Olga Maria Elisabeth Frederike Schwarzkopf」の画像検索結果「佐田啓二」の画像検索結果「皇太子徳仁親王妃雅子」の画像検索結果
480Odoacer, first King of Italy, occupies Dalmatia. He later establishes his political power with the co-operation of the Roman Senate.
(1)536年 - 東ローマ帝国の将軍ベリサリウス東ゴート王国ローマに入城。
730Battle of Marj Ardabil: The Khazars annihilate an Umayyad army and kill its commander, Al-Jarrah Ibn Abdallah Al-Hakami.
(2)887年仁和3年11月21日) - 藤原基経が初の人臣関白に就く。
(3)1425年 - ルーヴェン・カトリック大学創立。
1531The Virgin of Guadalupe first appears to Juan Diego at Tepeyac, Mexico City.
1775American Revolutionary War: British troops lose the Battle of Great Bridge, and leave Virginia soon afterward.
1793 – New York City's first daily newspaper, the American Minerva, is established by Noah Webster.
1824 – Patriot forces led by General Antonio José de Sucre defeat a Royalist army in the Battle of Ayacucho, putting an end to the Peruvian War of Independence.
1835Texas Revolution: The Texian Army captures San Antonio, Texas.
(4)1851年 - 北アメリカ州初めてのYMCAケベック州モントリオールに設立される。
1856 – The Iranian city of Bushehr surrenders to occupying British forces.
1861American Civil War: The Joint Committee on the Conduct of the War is established by the U.S. Congress.
1872 – In Louisiana, P. B. S. Pinchback becomes the first serving African-American governor of a U.S. state.
1875 – The Massachusetts Rifle Association, "America's Oldest Active Gun Club", is founded.
1888 – Statistician Herman Hollerith installs his computing device at the United States War Department.
1897 – Activist Marguerite Durand founds the feminist daily newspaper La Fronde in Paris.
1905 – In France, the law separating church and state is passed.
1911 – A mine explosion near Briceville, Tennessee, kills 84 miners despite rescue efforts led by the United States Bureau of Mines.
(5)1911年 - 浪花節の桃中軒雲右衛門が日本初のレコードの吹き込みを行う。
(6)1915年 - 三毛別羆事件発生。
1917World War I: Field Marshal Allenby captures Jerusalem, Palestine.
(7)1920年 - 大杉栄らが日本社会主義同盟を結成。
1922Gabriel Narutowicz is elected the first president of Poland.
(8)1931年 - スペイン第二共和政: スペイン国会で新憲法が成立。
(9)1935年 - 12.9運動。日本が河北省などに設置する予定の冀察政務委員会に反対して北京の学生が抗日デモ。
1935Walter Liggett, American newspaper editor and muckraker, is killed in a gangland murder.
・1935 – The
Downtown Athletic Club Trophy, later renamed the Heisman Trophy, is awarded for the first time. The winner is halfback Jay Berwanger of the University of Chicago.
1937Second Sino-Japanese War: Battle of NankingJapanese troops under the command of Lt. Gen. Asaka Yasuhiko launch an assault on the Chinese city of Nanjing (Nanking).
1940World War II: Operation Compass – British and Indian troops under the command of Major-General Richard O'Connor attack Italian forces near Sidi Barrani in Egypt.
・1941 – World War II: The American
19th Bombardment Group attacks Japanese ships off the coast of Vigan, Luzon.
(10)1941年 - 第二次世界大戦: 中国国民政府大韓民国臨時政府キューバグアテマラフィリピン日本ドイツに宣戦布告。
(11)1945年 - GHQ農地改革を指示。
(12)1945年 - GHQによる宣伝番組「眞相はかうだ」放送開始。
(13)1946年 - ニュルンベルク継続裁判が開始。
1946 – The Constituent Assembly of India meets for the first time to write the Constitution of India.
(14)1948年 - 集団殺害罪の防止及び処罰に関する条約(ジェノサイド条約)締結。
1950Cold War: Harry Gold is sentenced to 30 years in jail for helping Klaus Fuchs pass information about the Manhattan Project to the Soviet Union. His testimony is later instrumental in the prosecution of Julius and Ethel Rosenberg.
1953Red Scare: General Electric announces that all communist employees will be discharged from the company.
1956Trans-Canada Air Lines Flight 810, a Canadair North Star, crashes near Hope, British Columbia, Canada, killing all 62 people on board.
1958 – The John Birch Society is founded in the United States.
1960 – The first episode of Coronation Street, the world's longest-running television soap opera, is broadcast in the United Kingdom.
1962 – The Petrified Forest National Park is established in Arizona.
(15)1962年 - タンガニーカ(現在のタンザニアの一部)が英連邦王国から独立。
1965Kecksburg UFO incident: A fireball is seen from Michigan to Pennsylvania; witnesses report something crashing in the woods near Pittsburgh. In 2005 NASA admits that it examined the object.
・1965 –
A Charlie Brown Christmas, first in a series of Peanuts television specials, debuts on CBS.
(16)1966年 - バルバドス国連に加盟。
(17)1968年 - 世界で初めてハイパーテキストマウスなどを実用化したコンピュータシステムNLSが公開される。
1969 – U.S. Secretary of State William P. Rogers proposes his plan for a ceasefire in the War of Attrition; Egypt and Jordan accept it over the objections of the PLO, which leads to civil war in Jordan in September 1970.
・1971 –
Indo-Pakistani War: The Indian Air Force executes an airdrop of Indian Army units, bypassing Pakistani defences.
(18)1971年 - アラブ首長国連邦が国連に加盟。
1973 – British and Irish authorities sign the Sunningdale Agreement in an attempt to establish a power-sharing Northern Ireland Executive and a cross-border Council of Ireland.
(19)1974年 - 田中金脈問題田中角榮内閣が総辞職し、三木武夫内閣が発足。
(20)1975年 - 国連総会で障害者の権利宣言を採択。
1979 – The eradication of the smallpox virus is certified, making smallpox the first and to date only human disease driven to extinction.
(21)1986年 - ビートたけしたけし軍団によるフライデー襲撃事件が起こる。
(22)1987年 - ソ連の偵察機が沖縄本島領空を侵犯。自衛隊機が初めて実弾警告。
1987Israeli–Palestinian conflict: The First Intifada begins in the Gaza Strip and West Bank.
1988 – The Michael Hughes Bridge in Sligo, Ireland, is officially opened.
(23)1989年 - 全国労働組合連絡協議会(全労協)結成。
(24)1992年 - ダイアナ妃チャールズ王子の離婚が発表される。
(25)1993年 - 将棋の公式戦史上初めて女流棋士中井広恵)が男性棋士池田修一)から白星を挙げる。
(26)1995年 - アメリカ海軍ニミッツ級航空母艦の7番艦であるジョン・C・ステニスがサンディアゴ港にて就役。
(27)1995年 - 白川郷・五箇山の合掌造り集落世界遺産に登録。
(28)2003年 - 日本火星探査機のぞみ」の火星周回軌道投入を断念。火星への衝突を回避するため、「のぞみ」に弱い噴射を行うコマンドが送信される。
2003 – A blast in the center of Moscow kills six people and wounds several more.
(29)2005年 - 日本政府が自衛隊イラク派遣の1年間延長を決定。
(30)2005年 - 日本の小惑星探査機「はやぶさ」との通信が途絶。

2008 – The Governor of Illinois, Rod Blagojevich, is arrested by federal officials for crimes including attempting to sell the U.S. Senate seat being vacated by President-elect Barack Obama's election to the Presidency.
2013 – At least seven are dead and 63 are injured following a train accident near Bintaro, Indonesia.
(31)ヨシダが選んだ著名人の誕生日;嘉納治五郎 (1860)、 エリーザベト・シュヴァルツコップ( 1915)、 カーク・ダグラス(1916)、佐田啓二(1926)、皇太子妃雅子(1963 )、


                      インタネット情報&ヨシダブログ
              (2015年3月20日付でコラム名称を変更しました)
(上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。)

   こ のコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を編集しつつ、ヨシダコメントを書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグーグルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。 

只今、 5920件です。 
2015年12月9日(水)掲載分

昨日12月8日最終のトップページ
編集者のダイアリー・コナー

 本日「12月9日のできごと」のなかで、ヨシダが特記してみたいことは、「(4)1851年 - 北アメリカ州初めてのYMCAケベック州モントリオールに 設立される」です。ほかでもありません、ヨシダにとっての青春の原点は広島YMCAにあったと言って過言でないからです。高校生時代に広島県下高校生英語 弁論大会で優勝したのが縁で、キリスト教関係者との接点が生じたのがそもそものきっかけでした。英語会話に興味のある人たちのための 「ESS(English Speaking Society)」という会に所属していました。大学教授、学生、サラリーマンEtc.と多彩なメンバー構成の中で、ヨシダは未熟な英語を駆使して米国の 同業者や関係機器メーカーの経営者等々と文通していた時代でした★会合を始めるに当たって、誰からとも出てきた言葉は、「Well, what shall we tall about?」(何をテーマに話し合いましょうかね)でした。座長無しの初期の段階でした。後年は外国人を招いて、その人物が座長を務めるといった按配で した★メンバーの中に、後年、青春の総仕上げ的な結婚相手もいました。また、現在にしてヒバクシャ証言活動で活躍している人物(女性)もいました。多士 済々のメンバーってところでした★この体験がヨシダ人生をして人生第第二毛作を演じることになったのですが、後年、離婚を余儀なくしたものの、青春時代を 彩ったのが広島YMCAの想い出です★2012年8月4日付(ヒロシマ原爆記念日2日前)で写真付き大きな記事(ジャパン・タイムズ紙)の大きなヨシダ写 真の片隅に小さな白黒写真があるのですが、横浜YMCA玄関前で写した弟(当時神戸商大学生・故人)と一緒のも。全国青年英語弁論大会出席の折のもので、 おりしも、東京タワーが竣工して間もない頃の昔話。その弟の案内で東京見物をしたものです。同タワー見物の折に、降りる時のエレベーターが超満員のため に、同タワーの外壁沿いの螺旋階段を「左手ステッキ・右手手摺り」といったスタイルで降りきったのが想い出です★おっと、くだんのジャパン・タイムズ紙の 記事をリンクしますので、ぜひともご覧くださいませんか?被取材者の手による「日本語翻訳版」もご丁寧に作成したいます。 Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'。「原爆生存者が目指す ”人生四毛作”への強い学び人生」 がそれです★前述したように、被取材者が当該記事を自ら翻訳する、というのは稀有だし、なんだか照れくさい感じでした(笑)。でも、滅多なことでジャパ ン・タイムズ紙にこんなスケールで掲載されるものではない、名誉かつ、自慢(?)するに値する出来事だと現在にして胸に秘めてます。おっと、「秘める」で なく、こんな形でオープンもイイところって按配です(笑)★蛇足の弁。当時の広島YMCAの館長が言いました。YMCA(Young Men's Christian Assocition)を称して曰く、「You May Come Again」と。ともあれ、ヨシダ青春時代の忘れ難いのがYMCAとの接点。それをもって、「本日の出来事」の最大情報とする次第です。(8:45)
 今朝は調子付いて一気に2編を編集しました。歯に衣着せぬヨシダブログを躊躇しませんでした。ガッツ感すら感じさせてくれる2つの記事にヒットしてヨカッタです。「No.5918新聞社にとって訂正記事を出すことは最大の痛恨事である。記者を叱り、誤りを見逃秋田魁新報「北斗星」2015.12.9.)」、「No.5919超ヘタな英語でも海外で活躍できる人の仕事術DIAMOND Online2015.12.9.渡部 幹 [モナッシュ大学マレーシア校 准教授] )」がそれです。とくとご覧あそばせ・・・と自負するブロガー・ヨシダです。一日二食主義のヨシダだからこそ、この程度の仕事をこの程度の時間でやり遂げたってところです。(14:05)
 「No.59202016年は円高へ、ドル110円もREUTERSロイター2015.12.9.佐々木融・JPモルガン・チェース銀行 市場調査本部長)」が正月の正夢になりますように・・・!ヨシダ個人の願望では決してなく、同居するフィリピン人家族のためにデス!(14:45)
 


No.5921
日本人は「インドに抜かれる必然」を直視せよ 理工系マネジメント人材は、すでに奪い合い
東洋経済ONLINE2015.12.9.蛯原 健 :リブライトパートナーズ 代表パートナー
ヨシダブログ:「中見出し」は、■ 量と質の両面で世界トップレベル、■インドは日本と「真逆国家」、■来るべくして来る時代に、どう備えるか・・・と続きますが、不気味なことは「インドは 日本とは真逆国家」という点です。曰く、★これから世界一になるほど人口が増える国と、これから人口が減っていく国、★人口の半分が若年層の国と、人口の 三分の一が高齢者である国、★英語話者人口が世界2位の国と、ほとんどの人が英語を話せない国、★理工系人材を世界一輩出する国と、「文高理低」と言われ る国・・・と。いやはや、ズバリの発言です!▼ヨシダの平素の皮肉に通じます。「ワンス・アポン・ア・タイム、ニッポン人という優秀な民族が居ったげ な・・・」がそれ。「・・・居ったげな」は「現在は居ない」を意味します。この微妙な日本の言い回しを若者ニッポン人は理解するだろうか?が(も)ヨシダ のシンパイ事です。本記事でも強調されているのが「日本人の英語下手」ですね。写真6枚添付ファイル
        「インド人・ニケシュ・アローラ」の画像検索結果 「nikesh arora india and india flag」の画像検索結果「india flag」の画像検索結果「nikesh arora india and india flag」の画像検索結果
                     「蛯原 健 :リブライトパートナーズ 代表パートナー」の画像検索結果     「蛯原 健 :リブライトパートナーズ 代表パートナー」の画像検索結果        
No.5920
2016年は円高へ、ドル110円も
REUTERSロイター2015.12.9.佐々木融・JPモルガン・チェース銀行 市場調査本部長

ヨシダブログ:投 機には全く無縁のヨシダにとって、大歓迎しかつ、実現して欲しいことは「対ドル円高」にほかありません。日本円が一旦米ドルに換金されて、ドルからフィリ ピンペソに換金されるからです。海外生活日本人の切なる願いである「円高」が正夢になることを祈りま~す!と言ってもこれはヨシダがイイ目にあいたいから ではなく、同居するフィリピン人家族たちがよりハッピーになれるから!に尽きますので、誤解のないように▼ヨシダに必要とする財源は微々たるものに過ぎま せんので、決して贅沢な願望ではありませんし、母国の黒田日銀政策に背を向けるものでもありません。純粋な心情あるのみですので誤解のないように・・・。写真4枚添付ファイル
            佐々木融「佐々木融・著書」の画像検索結果「佐々木融・著書「インフレで私たちの収入は本当に増えるのか?」の画像検索結果「佐々木融・JPモルガン・チェース銀行 市場調査本部長」の画像検索結果
No.5919
超ヘタな英語でも海外で活躍できる人の仕事術
DIAMOND Online2015.12.9.渡部 幹 [モナッシュ大学マレーシア校 准教授]

ヨシダブログ:こ の記事にヒットしたヨシダの第一声!ホントに声を出しました。「そうじゃろう・・・!」と。「俺さまが思っていたとおりだ!」とも。「日本人の恥の文化」 がニッポン人の「英語下手」を招来しているのだ!という「中見出し」だけでのヨシダの反応でした!まあ、引き続いてブログを追ってみてください・・・▼ま ずは、その前に、本記事の「「中見出し」は、■「ノープロブレムね!」 アヤしいチャンポン英語で活躍するA 氏、■「会話は単語をつなぎ合わせるだけでいい」 現地人を観察して導き出した“答え”、■英語はビジネスの道具でしかない 日本人の「恥の文化」が成功 を遠ざける・・・と続きます▼ちょっと、脱線しますが、CNN&BBCの聴き流しが主流の近年のヨシダ。その分、デスクアークに夢中デス。これら外国の本 場英語テレビ画面に出てくるわが同胞の姿なかんずく「話しぶり(その殆どはニッポン語!)」を観て直感することは、「この人、ニッポン人!」という直感。 可笑しなもので、日本に居た当時はテレビに出てくる中国人は日本の中に混じっていても、同じ東洋人として区別があまり付きませんでした。強いて言えば日本 人の中の中国人って感じの区別感。でも、近年に至ってはひと目で日本人か中国人か?の区別ができます。何故!? 答えは、日本人は見るからにシャイで、しかも、相手の目を見ずに、逆に逸らすような風情で、目をキョロキョロさせて話す風情。無論、適当なジェスチャー (ボディ・ラングエッジ)は(も)皆無。見るからに自信無げな風情。中国人はその点、欧米人的でして、一番大事な「目線」は欧米人並みと観ます。日本人み たいに、目をキョロキョロして自信なげに、あるいは同僚の助っ人発言を期待した風情でキョロキョロはありません▼ついこの間のこと、日本人男性とのメール 交換でのこと、「フィリピン人家族の様子(夫婦・親子・きょうだい・友人の別なく手をつないで歩く姿をみての感想)に言及したことへの返信メール曰く、 「・・・日本人は恥ずかしがりやで、人前で手はつながない。文化の違いですね・・・」でチョン。その瞬間にヨシダが反応したことは、「だから、ニッポン人 は英語下手なんだ!」でした。本記事は見事にそれ(ヨシダ持(自)論)を言い当てている!」というのがヨシダの直感であり、強調したい点です▼日本人特有 の「そうですか・・・」という感じで示す「うなずき」は(も)そのひとつ。ひと昔前に鈴木さんという総理大臣がアメリカ大統領との懇談(通訳付)で「日本 人特有の頷き仕草」がとんだ誤解を招来したのがそのイイ例です。反対意見なら、相手の話中でも首を僅かに横に振って「・・・私はそうは思わないけ ど・・・」といった反応を示すのとは、結果において大きな差異を招来し、誤解すら起きます▼前出・日本人のメルマガ友人で「文化の差」と片付けたご人物の 奥さんは外国人教育家。日本の大学で教鞭をとられるスケールの大きなご人物。英語教育がその主流とか。ここは一番、このヨシダブログをご参考に、と旦那さ んにメールしま す。「生きたホンモノの英語を話すには、ワタシの身振りや話す態度や目つき等々を真似をしなさい」といった感じで、と▼終わりに蛇足のブログをもうひと つ。終戦後の英語会話番組は「カム・カム・エヴリボディ」の平川唯一先生の言葉。「生きた英語は英米人になった気分で!真似してまで・・」でした。日本人 の国民性に閉じ篭っ たままではホントに生きた英語なんて出来るハズがないと心得るべきですね。ちなみに、ちょっとしたウィンクや肩をシュリンクす習慣。これって役立つボ ディー・ラングエッジのひとつですよね▼蛇足のブログをもう一つ!この国に来て数年後の話。現在住む住宅団地(ヴィレジ)の所有者協会の会長さんに会って の時。自己紹介でひと言英語を口にしたら言われました。Are you sure you are Japanese!? Unbelievable!と。ことほど左様に日本人の英語下手が通説になっているのです。トホホ・・です。(写真6枚添付ファイル
 「渡部 幹 [モナッシュ大学マレーシア校 准教授]」の画像検索結果「渡部 幹「「黒い心理学」」の画像検索結果「渡部 幹「『不機 嫌な職場 なぜ社員同士で協力できないのか』(共著、講談社刊)」」の画像検索結果「渡部 幹「『ソフトローの基礎理論』(有斐閣刊)」の画像検索結果「渡部 幹「フリーライダー あ なたの隣のただのり社員』」の画像検索結果
No.5918
新聞社にとって訂正記事を出すことは最大の痛恨事である。記者を叱り、誤りを見逃
秋田魁新報「北斗星」2015.12.9.
ヨシダブログ:
本 記事がブロガーのヨシダに与える格好のブログが2件あります。一つはマスメディアの「訂正記事掲載への抵抗」と、「事故再発防止対策(安全教育)」です。 手前ミソですが、前者についてのヨシダ体験を先ずは・・・▼当地フィリピンの邦字新聞「日刊まにら新聞」で起きた「訂正記事」とそれを招来したヨシダの読 者意見がそれです。ヨシダが果たした「記事訂正要請」はほかでもありません、「フィリピン人は自殺者が多い」という記事内容に接したからでした。とんでも ない、全く逆だ!というのがヨシダの弁。結果はご覧のように訂正記事を掲載されものでした。題して「比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソードです。詳細な内容で、現在に至ってヨシダが自慢できる出来事として密かに胸に秘めているエピソードです▼ 第二の問題は「事故防止活動のあり方」とヨシダの実践実績です。32年間のトラック運送事業経営者として現在にして自負できることは、「交通加害死亡事故 ゼロ」という実績です。安全対策とその実践には一家言も二家言も有するというそれはヨシダの自負と努力が招来したものと自負します▼さらにヨシダが強調し たいことは32年間に及んだ運送事業経営者人生から転じたのが「総合物流・経営コンサルタント」人生の16年間の実績。資本金1千万円の「株式会社ロジタ ント」がそれでした。その時期に出版した単行本は「トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)」 はその代表的な実績▼同社設立以来、離日直前まで、さらに現在にしては文書によるドライバー諸氏に対する助言活動等々のご縁をいただくのが同地元の中堅運 送会社。死亡事故はおろか、追突事故もゼロを達成して現在に至る企業です▼と、自慢話ならぬ自慢ブログになりますが、本記事を読んでのこと、安全操業の達 成は経営者の人間像、すなわち、社員の生命を守り、かつ、交通事故被害者を出さない!という社会的責任感とその実践のみがそれを招来すると確信するもので す。「昔とった杵柄」を招来する本記事として、僭越ですが、自慢話ならぬ、自慢ブログとした次第です。写真8枚添付ファイル
    「sidney dekker human factors」の画像検索結果  「sidney dekker human factors」の画像検索結果「sidney dekker human factors」の画像検索結果「sidney dekker human factors」の画像検索結果   「sidney dekker human factors」の画像検索結果「「ヒューマンエラーは裁けるか」シドニー・デッカー著、東大出版会)」の画像検索結果「「ヒューマンエラーは裁けるか」シドニー・デッカー著、東大出版会)」の画像検索結果「「ヒューマンエラーは裁けるか」シドニー・デッカー著、東大出版会)」の画像検索結果
 昨日8日の記事4編を下記に掲載していましたが、本日9日の第一記事掲載(11:40)をもって消却しました。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。

                「末尾の特別情報お知らせコーナー」
 このコラムは日々の執筆生活の中で、これはと思いついたことをタイトルを付して書き留めたものです。ウェブサイトトップ面の末尾の箇所に掲載するものでして、時おり変更しています。数多いヨシダブログですが、まとまった所信の一端といった感じで位置づけています。


             「余生」から「与生」へ、さらに「世生」への人生を 
 80歳を過ぎたわが身だけに、こんな偉そうな(?)テーマの考えを披瀝するのは、それなりに、相応しい(?)かつ、資格(?)を持っていると自負してもイイでしょう(笑)。
  人生60年時代のこと。50歳そこそこで定年を迎えていた当時では、残りの10年を、永年の夢であった、「定年後は夫婦で世界一周旅行を!」を実現して、 ハイ、サヨナラ・・・ってな生き方が理想的な(?)「余生」の過ごし方であったでしょう。自分中心の残りの人生を過ごすのを「余生を過ごす、生き る・・・」です。
 ところが、人生80年時代ともなれば、そうはいきません。定年が60歳から65歳、さらに70歳になっても、人生80年では残 りの人生は10年から20年とかなりのスパンです。昔の人生60年時代における「現役人生」のなんと、三分の一にも及ぶ長さの「余生」です。20 年間も「余生を楽しむ」という雰囲気や気持ちには到底なれません。趣味や遊びもホン目の仕事を持っているからその余暇を利用して・・・というのが趣味たる 所以。それが本業みたいに、それしかすることがない・・・となると厄介です。さて次は何をしたらイイのだろうか?・・・と、自問自答するケースもあるで しょう。
 手前ミソで恐縮ですが、かくいうヨシダは満60歳を過ぎて、お家の都合(家内側から発したお家騒動)で離婚を余儀なくしました が、定年で年金生活に甘んじられる・・・といった心境には程遠いものがありました。その一方で、正直な話、見ておれ!ってな反骨精神は旺盛でした。定年年 齢だから「ヨシダさんは余生を過ごす身だ」とは見られないというのが当事者のホンネ。意地でも何かをしてみせるってな根性もありました。 
  そこで、「人生第三毛作」の始まり!とばかりに設立したマヴァリック(一匹狼)の経営コンサルタント会社(資本金1千万円也)がありました。これからがオ レ様の人生の本番だ、とばかりの勢いこみって感じでした。経営コンサルタントはクライアントの経営者のお手伝い。直接の経営コンサルでなくとも、間接的な 分野の出番はいくらでもあるって感じ。ヨシダの場合は職業運転手の教育のお手伝いを主流としたものです。その最たるものが拙著「トラックドライバー帝王学のすすめ」の出版でした。
  コンサルタント仕事の一環に捉えたのが、厚生労働省所管の資格制度で「健康・生きがいづくりアドバイザ-」というのがありました。早くにその資格を取得し たのですが、概して感じたことは、応募者の殆どが大手企業の管理職経験者の退職者とみました。現役時代には「○○部長・課長」と呼ばれて威張れる立場 (?)にあったセクト人たちが圧倒的でした。定年後でもセンセイと呼ばれたい、といった自己顕示欲でもそれはあるでしょう。
 そのような 現役時代を卒業した方々は概して定年後でも何かリーダシップを発揮して何かをしたいという願望は大きなものがあります。そこで目につけたのがうな定年後に 何か「公的資格」を取得して何かをすれば自身の達成感に繋がるし・・・といったところ。概してそういった動機がこの資格取得に駆り立てたと分析します。 ま、イイ意味での目立ちたりが屋でもあるでしょう。
 ともあれ、ここにきて言えることは、折角の与えられた生命であり人生。とすれば、死ぬまで何かをして過ごす、過ごしたい・・・と願うのは正常人の願望です。
 若い頃からのヨシダの人生観でしたが、長い人生を「区切り意識」をしながら生きることを常としていました。もっとも、その背景には、「運命に翻弄され る」と言ったらヘンかもしれませんが、自分自身の計画や意図とは別の次元でわが身に迫る変化に対する解釈と対応です。
  その最たるものが、「人生第一、第二、第三、第四毛作」と位置づけることを意識しています。ことほど左様に、紆余曲折の多い、変動の激しい人生を歩み歩ん できている・・・というのが、ヨシダの偽らない心境です。しかし、こうした人生論はあくまで主観的なものでして、それとは別に人生のあり方に関する考え方 を自覚します。
 すなわちそれは、自分自身のための人生という狭隘な 人生観から脱皮して、ここは一番、世のため、人のために役立つ生涯を・・・という欲張り人生観、「死生観」でもあります。そうした願望がヨシダオリジナル のキーワードを構築しました。称して、「同じ人生なら、余生を卒業して、世のため人のためになる人生を」⇒「余生から与生、さらには世生を!」と、相成っ た次第です。
 アイディアマンのヨシダが自信をもって言えること。それはその最終章である「与生・世生」の生き方選択肢足り得るのが現在 の「自称:相互信頼精神に基づく運命共同体生活」がそれ。共同生活するフィリピン人2家族(1ダース)をして「貧困から脱却」さしつつ、ヨシダの終の棲家 フィリピン生活を全うすること・・・に尽きます。
 ふと、好奇心旺盛なヨシダ。グーグルで<「余生」から「与生」へ、さらに「世生」への人生を」>をクリックして検索したらビックリ仰天!トップに踊り出たのがヨシダ著「日本人は世界一長寿民族 高齢社会の「生き方文化」を世界へ発信しよう」ではありませんか!? 2009年10月5日著で英語版もクリックすると出てきます。これには当のご本人もビックリ仰天!16年も前のこと。こうしてジャンジャン(?)書くネタをもつヨシダの側面を自身が垣間見る瞬間でもありました。ニ ンマリすることは、自編集のこの素人ウェブサイト編集ではあるものの、「中身」ではゼッタイに負けんぞ~!と自負するヨシダ編集長(!?)。末尾のこの コラムのこのネタは格好の長期間(or常設)のモノにしてもオカシクないぞ~!ってな心境です(笑)。前述したように、本コラムだけで一冊の本足り得る ぞ~!といった心境にご満悦です。
 なお、蛇足の弁になるですが、この思想の延長線上に位置すると自負するのが「自利から他利」の精神です。抜け目なく、それを別項として編集して、この位置の掲載コラムの一つとしています。

                        Miss Earth Philippines 2015, Angelia Ong さんです!
     Miss Earth Philippines 2015 winner Angelia Ong poses to the photographers during the send off ceremony  in a hotel in Pasay City. Ong will be compete in the Miss Earth 2015 at Marx Halle in Vienna Austria on December 5,2015 (Photo courtesy of Ali Vicoy)「Angelia Ong」の画像検索結果「Angelia Ong」の画像検索結果
                  (Manila Times & Manila Bulletin より)

 末尾にお愛嬌の写真をお楽しみくださいませんか?題して「フィリピンの人たちは『自己防衛精神』はバツグン!」です。当初のヨシダの反応は「オー!マイ・ゴッド!」でしたが、今ではこの国の人たちの逞しさと受けとめ、ユーモラスに感じます。
                                     
                              
  
ヨシダのウェブサイトをご訪問くださってありがとうございました。またの機会までご機嫌よろしゅう!と言っても、毎日相当量のヨシダコメントを書きまくっています。「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど」が決まり文句です。) 

                      
2015年12月9日(水)
                           ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
                    
                       
 吉田祐起
            
             (満84歳1ヶ月)  

                 (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)
                                yoshida@a-bombsurvivor.co