吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果   「yuuki yoshida」の画像検索結果 http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
      吉田祐起のプロフィール :満84歳1か月 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 


 この国フィリピンを終の棲家と定めて住み着いたのは2009年2月1日でした。

 数年間の自立単身生活を経て、ある縁を得て、現在ではフィリピン家族と共同生活を送っています。題して「相互扶助精神に基づ く運命共同体生活」がそれです。ヨシダの終生面倒見をかれらにしてもらうかわりに、皆さんには貧困から脱却してもらってお互いに幸せになりましょうという相互扶助の共同生活です。 

 ・・・ と、こんな生活設計を描いて現在に至るヨシダですが、ヨシダの義務は長生きすることにあると自覚しています。そのためには満40歳からある動機を得て始め て現在に至る自己流のストレッチング体操に一層の磨きをかけるなど、加えて長年に及ぶステッキ使用で肩にかかった重荷による肩こり解消に集中努力をして通 算8年。お陰で99.9%の達成振りです。でも、ちょっと真似のできない自助努力と自負します。

 肝心のボケ防止のための独特の手法を編み出したのが2012年3月のこと。題して「インタネット情報&ヨシダブログ」がそれです。詳細はクリックしてご覧くださいませんか?「こんなことをしているなんて、カッコいいボケ防止!」と自我自賛しています(笑)。

              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手製のささやかなウェブサイトですが、ご覧ください。なお、ご意見やお気づきの点は遠慮なく下記にご一報くだされば嬉しい限りです。
yoshida@a-bombsurvivor.com                                                                         English               
            2015年12月4日(金)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
 

   ヒロシマ・ヒバクシャのヨシダが発信する「オバマ米大統領の被爆市訪問」のこと
  フィリピンに来て間もない頃は2009年11月10日のこと。シンガポールで開催の APEC会議出席の前に東京に立ち寄られたオバマ大統領がNHK WORLDの記者の質問(今回の日本立ち寄りを機に、被爆市訪問の意図がありますか?) 対して答えられた言葉が鮮明です。"The schedules are too tight this time. However, I would like to have an honor of visiting some day during my Presidency."(今回はスケジュールが一杯でできないが、任期中の何時か訪問の栄に浴したい・・・)。その出来事を踏まえて即座に書いたのが、拙著オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします!」 (2009年11月10日記)です。クリックしてご覧ください。ヨシダはその後、その適切な訪問時期は、区切りイイ年次の「2010年ー65周年」として 公開書簡まで発表したものでした。しかし、それが実現しなかったことは、現在にして思うに、「2015年ー70周年」こそがベストな年次と提唱するに至り ました。
 ところが、8月に入ってもその気配は皆無。「2015年-70周年」に拘っていたヨシダは絶望と思いつめていたものの、考えてみれば 同大統領の任期は 2017年1月20日東部時間正午まで。とすれば、区切りは良いとは言えない「2016年ー71周年」になるのが精一杯。まいっか・・・と勝手に思ってい るところです。大統領任期中の「レガシー(遺産)づくり」としても、男の約束においても実現されるのがご本人のためだとさえ思うのがヨシダです。

 おって、ヒバクシャとして被害意識を強くする中で、オバマ米大統領が2011年の9.11の8周年記念式典(ペンタゴン)て遺族たちを前にスピーチした言葉の一節を下記に掲載します。「被害意識」が先行するヒバクシャのわれわれが共有すべき貴重な言葉と受けとめます。なお、この崇高なる大統領の言葉は"Ceremonies Mark 8th Anniversary of September 11 Terrorist Attacks"の中ほどに小さく載っていたもので、目立たないものです。中見出し付きもしくは、太文字表示されるべき価値あるものと考えます。
"Let us renew the true spirit of that day. Not the human capacity for evil but the human capacity for good - not the desire to destroy but the impulse to save and to serve and to build," あの日の真実の心を新たにしましょう。 悪に対する人類の能力としてでなく、善に対する人類の能力としてです。-破壊することへの欲望でなく、守り、奉仕し、建設するための推進力としてです。(オバマ米国大統領・翻訳;吉田祐起) 
            「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果         「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果
   (注:このトップコメントは2016年8月6日まで掲載します。しぶといでしょう、ヨシダは・・・笑)

                
                グーグルから拾った12月4日の「できごと」 
                          December 4, Events(英語版) 
                               「きょうのできごと」記録集
(To the English language visitors: Sorry, this column is for the Japanese edition. However, you could see so many English written Events in red characters among the Japanese lines, which are the ones never shown in Japanese edition. This means that Japanese edition is not as world-wide as the original English Google edition.) 
  こ のコラム編集なかんずく、当該写真の選択はご覧くださる方々のご関心をヴィジュアルな面で提供することを目的としています。ところが、写真を多く添付する と「1ページ当たりの編集許容量」が「1MB=1000KB」という制約から枚数を制限せざるを得ないものがあり、編集者の立場でこれは、と思うできごと に限った当該写真の添付ということにしています。★なおまた、「グーグルのできごと」は英語版が本流でして、日本語版はその翻訳的な一面が 否 定できません。日本語版から入ると「できごとの」の主人公すら掴めない場合さえあることを最近痛感することが少なくありません。「主語抜き」という日本語 特有の落とし穴です。ヨシダの手法は、その「できごと」の主人公もしくは主体をヨシダ流に英語でインプットしてキャッチするケースが少なくありません。そ んなことから、案外と多くの時間を 費やしているのがこの編集作業です。もっとも、その過程で学び体験を得るのは他ならぬ、編集者のヨシダではあるのですが・・・。なお、英語版の掲載は本家 米国が主体性であるにかんがみ、世界的視野からの「できごと」を知る意味で日本語版との重複は無論、除外してそのまま掲載しております。同英語版のリンク をクリックすると日本語版には見られない内容豊かなコンテンツが目に付きます。
4「1259、paris treaty between henry III ans lui 9」の画像検索結果「1259、paris treaty between henry III ans lui 9」の画像検索結果「1259 henry III ans lui 9」の画像検索結果「1259 henry III ans lui 9」の画像検索結果「Louis IX,」の画像検索結果「Louis IX,」の画像検索結果  「Louis IX,」の画像検索結果
 6「1791, first edition of Observer, sunday newspaper」の画像検索結果「1791, first edition of Observer, sunday newspaper」の画像検索結果  「1791, first edition of Observer, sunday newspaper」の画像検索結果  関連画像「the newest edition of Observer」の画像検索結果「the newest edition of Observer」の画像検索結果
7「1872,  Mary Celeste」の画像検索結果  関連画像「1872,  Mary Celeste」の画像検索結果「1872,  Mary Celeste」の画像検索結果関連画像「Clive Eric Cussler who found the missing ship」の画像検索結果
   「Clive Eric Cussler who found the missing ship」の画像検索結果 23「1982, movie "E.T." released in japan」の画像検索結果「1982, movie "E.T." released in japan」の画像検索結果    「1982, movie "E.T." released in japan」の画像検索結果   「1982, movie "E.T." released in japan」の画像検索結果     「1982, movie "E.T." released in japan」の画像検索結果  
      「1982, movie "E.T." released in japan」の画像検索結果  「1982, movie "E.T." released in japan」の画像検索結果  「1982, movie "E.T." released in japan」の画像検索結果「1982, movie "E.T." released in japan」の画像検索結果
   「1982, movie "E.T." released in japan」の画像検索結果 「1982, movie "E.T." released in japan」の画像検索結果      「the last scene of "E.T."」の画像検索結果           「the last scene of "E.T."」の画像検索結果      「the last scene of "E.T."」の画像検索結果
             37  「Mack Kurihara」の画像検索結果      「芦原英幸」の画像検索結果 「三浦浩一」の画像検索結果   
(1)771年 - フランク王カールマンが死亡。共同統治をしていたカール1世がフランク王国の単独の国王となる。
(2)794年延暦13年11月8日) - 平安京が新都となり、同時に山背国が山城国と改められる。
1110 – The Kingdom of Jerusalem captures Sidon.
(3)1185年文治元年11月11日) - 後白河法皇源頼朝源義経追討の院宣を下す。
(4)1259年 - イングランドヘンリー3世フランスルイ9世パリ条約を結ぶ。
(5)1563年 - 1545年に開会したトリエント公会議が閉会。
1619 – Thirty-eight colonists arrive at Berkeley Hundred, Virginia. The group's charter proclaims that the day "be yearly and perpetually kept holy as a day of thanksgiving to Almighty God."
1674 – Father Jacques Marquette founds a mission on the shores of Lake Michigan to minister to the Illiniwek. (The mission would later grow into the city of Chicago.)
1676Battle of Lund: A Danish army under the command of King Christian V engages the Swedish army commanded by Field Marshal Simon Grundel-Helmfelt.
1745Charles Edward Stuart's army reaches Derby, its furthest point during the Second Jacobite Rising.
1783 – At Fraunces Tavern in New York City, U.S. General George Washington bids farewell to his officers.
1786Mission Santa Barbara is dedicated (on the feast day of Saint Barbara).
(6)1791年 - 世界初の日曜版新聞オブザーバー』が創刊。
1829 – In the face of fierce local opposition, British Governor-General Lord William Bentinck issues a regulation declaring that anyone who abets suttee in Bengal is guilty of culpable homicide.
1864American Civil War: Sherman's March to the Sea – At Waynesboro, Georgia, forces under Union General Judson Kilpatrick prevent troops led by Confederate General Joseph Wheeler from interfering with Union General William T. Sherman's campaign destroying a wide swath of the South on his march to the Atlantic Ocean from Atlanta.
1867 – Former Minnesota farmer Oliver Hudson Kelley founds the Order of the Patrons of Husbandry (better known today as the Grange).
(7)1872年 - 1か月前にニューヨークを出航したメアリー・セレスト号が、ポルトガル沖で無人で漂流しているのが発見される。
1875 – Notorious New York City politician Boss Tweed escapes from prison. He will later be recaptured in Spain.
1881 – The first edition of the Los Angeles Times is published.
(8)1884年光緒10年10月17日) - 甲申政変
(9)1890年 - 北里柴三郎らがジフテリア破傷風血清療法を発表。
1893First Matabele War: A patrol of 34 British South Africa Company soldiers is ambushed and annihilated by more than 3,000 Matabele warriors on the Shangani River in Matabeleland.
1909 – In Canadian football, the First Grey Cup game is played. The University of Toronto Varsity Blues defeat the Toronto Parkdale Canoe Club, 26–6.
・1909 – The
Montreal Canadiens ice hockey club, the oldest surviving professional hockey franchise in the world, is founded as a charter member of the National Hockey Association.
(10)1909年 - 大韓帝国の政治結社一進会韓日合邦を要求する声明書を発する。
(11)1915年 - 東京株式市場が暴騰。第一次大戦景気が始まる。
1918 – U.S. President Woodrow Wilson sails for the World War I peace talks in Versailles, becoming the first US president to travel to Europe while in office.
1921 – The first Virginia Rappe manslaughter trial against Roscoe "Fatty" Arbuckle ends in a hung jury.
(12)1934年 - 大雪山国立公園阿寒国立公園中部山岳国立公園・阿蘇国立公園(現阿蘇くじゅう国立公園)が国立公園に指定。
1937 – The first issue of the children's comic The Dandy is published.
1939World War II: HMS Nelson is struck by a mine (laid by U-31) off the Scottish coast and is laid up for repairs until August 1940.
1942 – World War II: Carlson's patrol during the Guadalcanal Campaign ends.
1943 – World War II: In Yugoslavia, resistance leader Marshal Josip Broz Tito proclaims a provisional democratic Yugoslav government in-exile.
・1943 – World War II: U.S. President
Franklin D. Roosevelt closes down the Works Progress Administration, because of the high levels of wartime employment in the United States.
1945 – By a vote of 65 to 7, the United States Senate approves United States participation in the United Nations. (The UN had been established on October 24, 1945.)
1954 – The first Burger King is opened in Miami.
1956 – The Million Dollar Quartet (Elvis Presley, Jerry Lee Lewis, Carl Perkins, and Johnny Cash) get together at Sun Studio for the first and last time.
(13)1959年 - 新潟日赤センター爆破未遂事件
(14)1960年 - 都営地下鉄1号線(現在の都営地下鉄浅草線押上駅 - 浅草橋駅間が開業し、京成電鉄と相互乗入れ開始。
(15)1965年 - 1965年ニューヨーク空中衝突事故
(16)1965年 - アメリカの有人宇宙船「ジェミニ7号」が打ち上げ。
(17)1965年 - 日本科学者会議結成。
1967Vietnam War: U.S. and South Vietnamese forces engage Viet Cong troops in the Mekong Delta.
1969Black Panther Party members Fred Hampton and Mark Clark are shot and killed in their sleep during a raid by 14 Chicago police officers.
1971 – The United Nations Security Council calls an emergency session to consider the deteriorating situation between India and Pakistan.
・1971 – The
Indian Navy attacks the Pakistan Navy and Karachi.
・1971 – The
Montreux Casino in Switzerland is set ablaze by someone wielding a flare gun during a Frank Zappa concert; the incident would be noted in the Deep Purple song "Smoke on the Water".
(18)1971年 - スイス・モントルーモントルー・カジノ英語版で行われたフランク・ザッパのコンサートで、観客が撃った照明弾により火災が発生。ディープ・パープルの楽曲「スモーク・オン・ザ・ウォーター」の題材となる。
(19)1972年 - スティーブン・ステイナー誘拐事件
(20)1975年 - スリナム国連に加盟。
(21)1977年 - 中央アフリカ共和国終身大統領ジャン=ベデル・ボカサが戴冠式を行い中央アフリカ帝国皇帝ボカサ1世として即位。
・1977 – Malaysian Airline System Flight 653 is hijacked and crashes in Tanjong Kupang, Johor, killing 100.
1978 – Following the murder of Mayor George Moscone, Dianne Feinstein becomes San Francisco's first female mayor. (She will serve until January 8, 1988.)
1979 – The Hastie fire in Hull kills three schoolboys and eventually leads police to arrest Bruce George Peter Lee.
1980 – English rock group Led Zeppelin officially disbands, following the death of drummer John Bonham on September 25.
1981 – South Africa grants independence to the Ciskei "homeland" (not recognized by any government outside South Africa).
(22)1982年 - 中華人民共和国の第五期全国人民代表大会で現行の中華人民共和国憲法が採択。
(23)1982年 - 映画E.T.』が日本で公開される。
(24)1983年 - テレビユー福島 (TUF) 開局。
(25)1983年 - 京阪電気鉄道京阪本線宇治線交野線の架線電圧を直流600Vから1500Vに昇圧。
1984Sri Lankan Civil War: Sri Lankan Army soldiers kill 107–150 civilians in Mannar
・1984 – Hezbollah militants hijack a Kuwait Airlines plane, killing four passengers.
1991 – Journalist Terry A. Anderson is released after seven years in captivity as a hostage in Beirut. He is the last and longest-held American hostage in Lebanon.
(26)1986年 - 「鉄道事業法」及び「日本国有鉄道改革法」公布。
(27)1987年 - 最後の旧日本軍出身者である森繁弘統幕議長の退職を閣議諒解。
(28)1988年 - 国際宇宙ステーション (ISS) を構成する2つ目のモジュール「ユニティ」を搭載したスペースシャトルエンデバーSTS-88ミッション)が打ち上げ。
(29)1988年 - 家庭用ゲーム機としては世界初となるCD-ROM媒体を採用した『CD-ROM2』がNECホームエレクトロニクスにより発売される。
(30)1991年 - パンアメリカン航空倒産し、運航停止。
1992Somali Civil War: President George H. W. Bush orders 28,000 U.S. troops to Somalia in Northeast Africa.
1993 – A truce is concluded between the government of Angola and UNITA rebels.
(31)1994年 - WBC世界バンタム級王者薬師寺保栄と、WBC世界バンタム級暫定王者辰吉丈一郎の間で、日本人同士による初の統一王座決定戦が行われる。
1998 – The Unity Module, the second module of the International Space Station, is launched.
(32)1999年 - JR東日本奥羽本線山形駅 - 新庄駅間が標準軌化。同区間で山形新幹線が開業。
(33)2000年 - 歌舞伎町ビデオ店爆破事件
2005 – Tens of thousands of people in Hong Kong protest for democracy and call on the government to allow universal and equal suffrage.
2006Six black youths assault a white teenager in Jena, Louisiana.
(34)2009年 - 京都朝鮮学校公園占用抗議事件
(35)2010年 - 東北新幹線八戸駅 - 新青森駅が開業し、全線開通。あわせて、東北本線の一部を青い森鉄道に移管。
(36)2011年 - ロシア連邦議会下院選挙の投開票の結果、与党統一ロシアが大きく議席を減らす。(2011年ロシア下院選挙
2013Xavier Bettel becomes Luxembourg's first openly gay Prime Minister.
(37)ヨシダが選んだ著名人の誕生日;マック・クリハラ(1932)、芦原英幸(1944)、三浦浩一 (1954)、          
                      インタネット情報&ヨシダブログ
              (2015年3月20日付でコラム名称を変更しました)
(上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。)

   こ のコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を編集しつつ、ヨシダコメントを書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグーグルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。 

只今、 5895件です。 
2015年12月4日(金)掲載分

昨日12月3日最終のトップページ
編集者のひと言ダイアリー・コナー

  本日「12月4日のできごと」 でヨシダが特にマークしたいのは、「(23)1982年 - 映画E.T.』が日本で公開される」ですね~!あの時の感動を編集しながら再度味わいました。
  ブログしたい放題!の記事編集を今朝一番にしました!記事の何倍ものブログ!編集者のわがままを存分に発揮できるのも、このサイトはあまり多くの人の目に は触れていないだろうという「安心感(?)」。おかげでストレス皆無!★ちなみにヨシダの自負(?)ですが、お笑いください。本コラムのヨシダブログだけ でも単行本にしたら、ゆうに10数冊になるんだゾ~!!です。粗製乱造に過ぎませんが・・・。おっと、その記事は、「No.5904作家・星新一はショートショートの神様と呼ばれる。400字詰め原稿用紙10枚ほど…日本経済新聞「春秋」2015.12.4.)」です。(8:50)
 「No.5905:老後に夢も希望もない!現役世代に忍び寄る「下流中年」の足音(上・下合併)DIAMOND Online2015.12.4.有井太郎・フリーランスライター(上)))」 を編集しながら思いました。経済大国ニッポンの名を欲しいままにした母国ニッポンの人たちのホンネの気持ちに、なにやら寂しさ惨めさを感じないでもありま せん。でも、そんなことを言う(ブログする)ヨシダはイイ歳して単身で異国の地・フィリピンで終生を送る身。でも確実に言えることは、へんなシガラミに囚 われずにのびのびと生きれる身を喜んでいます。「得るものがあれば、失うものもある」が世の常。その反対に、「得るは、捨つるにあり」を体感しつつの異国 の地での生活です(感謝)。(13:40)
 ブログしそびれそうでした。「(37)ヨシダが選んだ著名人誕生日」のお一人が空手の芦原英幸(1944) さん。ほかでもありません、ヨシダの長男が大学時代からの芦原空手道門下生。大学を卒業して米国へ進出を前に、東京新橋の同氏経営の空手道場を当分の間、 引き受けていました。そんな縁で、何時ぞやは松山市の料亭で芦原さんの招待にあずかったりした縁です★さ、本日のデスクワークはこの辺りでオワリにしま しょうか・・・。あとは、フロアに這いつくばってテレビCMM&BBCを観(聴き)ながら、独自のストレッチング運動で気分転換します。することがいくら でもあることって、イイもんです。(19:20)





No.5905
老後に夢も希望もない!現役世代に忍び寄る「下流中年」の足音(上・下合併)
DIAMOND Online2015.12.4.有井太郎・フリーランスライター(上)
ヨシダブログ:楽 しかるべき定年後人生に、ある種の不安感が垣間見られます。年金を受給してフィリピン人家族と共同生活する身のヨシダが本記事を読んで感ずることは、豊か になったという母国ニッポンの人たちの思わぬ老後の実態に胸の痛みを感じないでもありません。 もっとも、ヨシダの場合は、実の子供や孫を持ちながら、離婚という人生体験を経たことが逆にばねになって、現在の幸せ感を得て現在に至ることは否定できま せんが・・・▼得るものがあれば、失うものもある、というのが世の常。全てを失うことを辞さず、捨てることも辞さなかったそれは欲を捨てた人間に与えられ る晩年のささやかな幸せとも言えるでしょう▼経営者時代に属していた全国組織の経営者勉強団体「倫理法人会」の教えの一つで、ヨシダが好んだ言葉がありま す。「得るは捨つるにあり」がそれでした。ヨシダ流の解釈は、欲を出して両手一杯にイイものを握っていると、目の前にそれよりイイものが転がっていても、 手中のモノ を手放すのが惜しくて、そのまま見過ごさざるを得ないということ。反対に、欲張らずに、両手をフリーにしていれば、何時でも拾って手にして喜べる・・・と いうのが、ヨシダ流のシナリオ です▼「中見出し」は、■「このままではやっていけない」 中年世代を襲う“下流化”の現実、■給料が若手よりも少ない! 今そこにある「下流中年」とい う現実、■ストレスやうつによる離職が致命傷に なんとなく下流化していく人たち、■親の介護や子どものニート化 思わぬ家庭問題で下流化することも、■ 死ぬまで働かずに生きていけるのか?現役世代が考えるべき「老後の生活イメージ」、■下流老人の増加は激しさを増すばかり もはや自分の老後は自分で守る しかない・・・と続きます▼「質問:あなたは「下流中年」になる不安を感じている?」に対する回答は、「感じている57.24%、いない29.06%、ど ちらとも言えない13.7%」と。経済大国とその国民というプライドの裏に見え隠れする、こういった不安。さて、失礼ながら、この記事に接する方々のホン ネの気持ちは・・・?(写真4枚添付ファイル
  「有井太郎」の画像検索結果「有井太郎著書」の画像検索結果    関連画像
No.5904
作家・星新一はショートショートの神様と呼ばれる。400字詰め原稿用紙10枚ほど…
日本経済新聞「春秋」2015.12.4.
ヨシダブログ:日 本人で知らない人はいないほど著名な星 新一さんの記事を取り上げてブログするのは失礼と弁えながらのこと。ここは一番、勉強一心で遅まきながら学ぶ姿勢 のヨシダです▼万人の知ることとは思いながら、ヨシダの学ぶ姿勢を臆せず発揮して同氏の略歴の初ページを学びます。「星 新一(ほし しんいち、本名:星 一、1926年(大正15年)9月6日 - 1997年(平成9年)12月30日)は、日本の小説家、SF作家。父は星薬科大学の創立者で星製薬の創業者・星一。森鴎外は母方の大伯父にあたる。本名 の親一は父・一のモットー「親切第一」の略で、弟の名前の協一は「協力第一」の略。イラストレーターのほししんいちとは特に関係がない。父の死後、短期間 星製薬の社長を務めたことがあり、日本の有名作家としては辻井喬こと堤清二(西友社長)と並んで稀有な東証一部上場企業(当時)の社長経験者である(ただ し、堤の場合は西友の経営参加や上場よりも創作活動が遙かに先行しており、星の場合は完全に経営を離れたのちに創作活動が始まっている(ウィキペディ ア)▼享年71歳だった星さん。天才的な膨大な作品を短期間に成し遂げて他界されたご人物。好奇心旺盛なヨシダが「発見した」星さんのエピソードをひとつ ▼「附属中在学中の1941年12月に対米開戦となり、これにより英語が敵性語となること、敵性語として入試科目から除外されることを見越して英語を全く 勉強せず、他の教科に力を入れて要領よく四修(飛び級、旧制中学は5年制)で旧制の官立東京高等学校(現・東京大学教養学部及び東京大学教育学部附属中等 教育学校に継承)に入学した。このため秀才と呼ばれたが、戦後になってから英語力の不足を補うため今日泊亜蘭の個人授業を受け、さんざん苦しんだという (ウィキペディア)▼経営者の端くれ人生を送ったヨシダの関心事は、「1951年(昭和26年)、父が急逝したため同大学院を中退し、会社を継ぐ。当時の 星製薬は経営が悪化しており、経営は破綻、会社を大谷米太郎に譲るまでその処理に追われたという(ウィキペディア)▼引き続いてグーグルで同氏のことを学 ぶに、曰く、「1994年(平成6年)に口腔癌と診断され、手術を受ける。入退院を繰り返した後、1996年(平成8年)4月4日に自宅で倒れて東京慈恵 会医科大学附属病院に入院。肺炎を併発して人工呼吸器の必要な状態であったが、4月20日には人工呼吸器を外すことができた。しかし4月22日の夜中、酸 素マスクが外れ、呼吸停止に陥っているところを看護師に発見された。自発呼吸は再開したものの、それ以後意識を取り戻すことはなく、1997年(平成9 年)12月30日18時23分、高輪の東京船員保険病院(現・せんぽ東京高輪病院)で間質性肺炎のために死去した。71歳没(ウィキペディア)▼グーグル にみる「作品の特徴」は・・・。おっと、知らない人はいないほどの知名度。余計なことはブログするな、とはヨシダのハンセイです。でも、関連の写真だけは 添付しながら「学ぶ」ことのお許しを・・・▼添付資料で「手書き原稿」を見ながらふと、想うこと。星さんはヨシダより5歳ほど兄貴格。ヨシダがワープロか らパソコンへとシフトしながら近代化を果たした当時に、「ヨシダさんのその年齢(当時60歳過ぎ)でワープロ&パソコンは珍しい」でした。・・・とする と、星さんの場合を想像するに、同氏55歳当時はワープロもパソコンも未知の時代だったんだ~とはヨシダのヘンなナットクです。肉筆原稿は「観るだけでも 評価」、活字原稿は「読んでこそ評価」ってところだな・・・とはヨシダの拙いジョーク・ブログです▼おっと、もう一つのヨシダ自慢をお許しください。手書 き原稿時代のこと、「原稿用紙○枚以内」という出版側の要請を受けてヨシダがやってのけた技。最後のページの最後のひとコマを「。」で締めくくったもの。 その心は、「折角与えられた自己表現の場。最大限有意義に活用(利用)する」でした。これって、手前ミソ的なブログ!お陰でストレス皆無です!▼・・・ おっと、見(読み)落としました!(追ブログ)「・・・日本で働く人の仕事の49%は人工知能(AI) やロボットで代替できるようになるらしい・・・星新一の世界に迷い込まないとも限らない。」の前者に関してはヨシダが常に強調している未来像。重大関心事は、「人間さまの働く・出る幕が減る!・・・にも関わらず、世界人口は暴発中!」という未来像にほかありませんね・・・(写真14枚添付ファイル
    「星新一」の画像検索結果 「星新一」の画像検索結果「星新一「ボッコちゃん」」の画像検索結果  「星新一「ボッコちゃん」」の画像検索結果  「星新一「ボッコちゃん」」の画像検索結果
      「星新一「ボッコちゃん」」の画像検索結果 「星新一「ボッコちゃん」」の画像検索結果「星新一「ボッコちゃん」」の画像検索結果   「星新一「ボッコちゃん」」の画像検索結果 
      「星新一」の画像検索結果  「星新一」の画像検索結果「星新一自筆」の画像検索結果「星新一」の画像検索結果「星新一」の画像検索結果
 昨日3日の記事2編を下記に掲載していましたが、本日4日の第一記事掲載(8:45)をもって消却しました。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。

             「末尾の特別情報お知らせコーナー」
 このコラムは日々の執筆生活の中で、これはと思いついたことをタイトルを付して書き留めたものです。ウェブサイトトップ面の末尾の箇所に掲載するものでして、時おり変更しています。数多いヨシダブログですが、まとまった所信の一端といった感じで位置づけています。

           
  「余生」から「与生」へ、さらに「世生」への人生を           
 80歳を過ぎたわが身だけに、こんな偉そうな(?)テーマの考えを披瀝するのは、それなりに、相応しい(?)かつ、資格(?)を持っていると自負してもイイでしょう(笑)。
  人生60年時代のこと。50歳そこそこで定年を迎えていた当時では、残りの10年を、永年の夢であった、「定年後は夫婦で世界一周旅行を!」を実現して、 ハイ、サヨナラ・・・ってな生き方が理想的な(?)「余生」の過ごし方であったでしょう。自分中心の残りの人生を過ごすのを「余生を過ごす、生き る・・・」です。
 ところが、人生80年時代ともなれば、そうはいきません。定年が60歳から65歳、さらに70歳になっても、人生80年では残 りの人生は10年から20年とかなりのスパンです。昔の人生60年時代における「現役人生」のなんと、三分の一にも及ぶ長さの「余生」です。20 年間も「余生を楽しむ」という雰囲気や気持ちには到底なれません。趣味や遊びもホン目の仕事を持っているからその余暇を利用して・・・というのが趣味たる 所以。それが本業みたいに、それしかすることがない・・・となると厄介です。さて次は何をしたらイイのだろうか?・・・と、自問自答するケースもあるで しょう。
 手前ミソで恐縮ですが、かくいうヨシダは満60歳を過ぎて、お家の都合(家内側から発したお家騒動)で離婚を余儀なくしました が、定年で年金生活に甘んじられる・・・といった心境には程遠いものがありました。その一方で、正直な話、見ておれ!ってな反骨精神は旺盛でした。定年年 齢だから「ヨシダさんは余生を過ごす身だ」とは見られないというのが当事者のホンネ。意地でも何かをしてみせるってな根性もありました。 
  そこで、「人生第三毛作」の始まり!とばかりに設立したマヴァリック(一匹狼)の経営コンサルタント会社(資本金1千万円也)がありました。これからがオ レ様の人生の本番だ、とばかりの勢いこみって感じでした。経営コンサルタントはクライアントの経営者のお手伝い。直接の経営コンサルでなくとも、間接的な 分野の出番はいくらでもあるって感じ。ヨシダの場合は職業運転手の教育のお手伝いを主流としたものです。その最たるものが拙著「トラックドライバー帝王学のすすめ」の出版でした。
  コンサルタント仕事の一環に捉えたのが、厚生労働省所管の資格制度で「健康・生きがいづくりアドバイザ-」というのがありました。早くにその資格を取得し たのですが、概して感じたことは、応募者の殆どが大手企業の管理職経験者の退職者とみました。現役時代には「○○部長・課長」と呼ばれて威張れる立場 (?)にあったセクト人たちが圧倒的でした。定年後でもセンセイと呼ばれたい、といった自己顕示欲でもそれはあるでしょう。
 そのような 現役時代を卒業した方々は概して定年後でも何かリーダシップを発揮して何かをしたいという願望は大きなものがあります。そこで目につけたのがうな定年後に 何か「公的資格」を取得して何かをすれば自身の達成感に繋がるし・・・といったところ。概してそういった動機がこの資格取得に駆り立てたと分析します。 ま、イイ意味での目立ちたりが屋でもあるでしょう。
 ともあれ、ここにきて言えることは、折角の与えられた生命であり人生。とすれば、死ぬまで何かをして過ごす、過ごしたい・・・と願うのは正常人の願望です。
 若い頃からのヨシダの人生観でしたが、長い人生を「区切り意識」をしながら生きることを常としていました。もっとも、その背景には、「運命に翻弄される」と言ったらヘンかもしれませんが、自分自身の計画や意図とは別の次元でわが身に迫る変化に対する解釈と対応です。
  その最たるものが、「人生第一、第二、第三、第四毛作」と位置づけることを意識しています。ことほど左様に、紆余曲折の多い、変動の激しい人生を歩み歩ん できている・・・というのが、ヨシダの偽らない心境です。しかし、こうした人生論はあくまで主観的なものでして、それとは別に人生のあり方に関する考え方 を自覚します。
 すなわちそれは、自分自身のための人生という狭隘な 人生観から脱皮して、ここは一番、世のため、人のために役立つ生涯を・・・という欲張り人生観、「死生観」でもあります。そうした願望がヨシダオリジナル のキーワードを構築しました。称して、「同じ人生なら、余生を卒業して、世のため人のためになる人生を」⇒「余生から与生、さらには世生を!」と、相成っ た次第です。
 アイディアマンのヨシダが自信をもって言えること。それはその最終章である「与生・世生」の生き方選択肢足り得るのが現在 の「自称:相互信頼精神に基づく運命共同体生活」がそれ。共同生活するフィリピン人2家族(1ダース)をして「貧困から脱却」さしつつ、ヨシダの終の棲家 フィリピン生活を全うすること・・・に尽きます。
 ふと、好奇心旺盛なヨシダ。グーグルで<「余生」から「与生」へ、さらに「世生」への人生を」>をクリックして検索したらビックリ仰天!トップに踊り出たのがヨシダ著「日本人は世界一長寿民族 高齢社会の「生き方文化」を世界へ発信しよう」ではありませんか!? 2009年10月5日著で英語版もクリックすると出てきます。これには当のご本人もビックリ仰天!16年も前のこと。こうしてジャンジャン(?)書くネタをもつヨシダの側面を自身が垣間見る瞬間でもありました。ニ ンマリすることは、自編集のこの素人ウェブサイト編集ではあるものの、「中身」ではゼッタイに負けんぞ~!と自負するヨシダ編集長(!?)。末尾のこの コラムのこのネタは格好の長期間(or常設)のモノにしてもオカシクないぞ~!ってな心境です(笑)。前述したように、本コラムだけで一冊の本足り得る ぞ~!といった心境にご満悦です。
 なお、蛇足の弁になるですが、この思想の延長線上に位置すると自負するのが「自利から他利」の精神です。抜け目なく、それを別項として編集して、この位置の掲載コラムの一つとしています。

 末尾にお愛嬌の写真をお楽しみくださいませんか?題して「フィリピンの人たちは『自己防衛精神』はバツグン!」です。当初のヨシダの反応は「オー!マイ・ゴッド!」でしたが、今ではこの国の人たちの逞しさと受けとめ、ユーモラスに感じます。
                                     
                              
  
ヨシダのウェブサイトをご訪問くださってありがとうございました。またの機会までご機嫌よろしゅう!と言っても、毎日相当量のヨシダコメントを書きまくっています。「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど」が決まり文句です。) 

                       2015年12月4日(金)
                           ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
                    
                       
 吉田祐起
            
             (満84歳1ヶ月)  

                 (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)
                                yoshida@a-bombsurvivor.co