吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果   「yuuki yoshida」の画像検索結果 http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
      吉田祐起(Yuuki Yoshida) :満84歳2か月 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 


 この国フィリピンを終の棲家と定めて住み着いたのは2009年2月1日でした。

 数年間の自立単身生活を経て、ある縁を得て、現在ではフィリピン家族と共同生活を送っています。題して「相互扶助精神に基づ く運命共同体生活」がそれです。ヨシダの終生面倒見をかれらにしてもらうかわりに、皆さんには貧困から脱却してもらってお互いに幸せになりましょうという相互扶助の共同生活です。 

 ・・・ と、こんな生活設計を描いて現在に至るヨシダですが、ヨシダの義務は長生きすることにあると自覚しています。そのためには満40歳からある動機を得て始め て現在に至る自己流のストレッチング体操に一層の磨きをかけるなど、加えて長年に及ぶステッキ使用で肩にかかった重荷による肩こり解消に集中努力をして通 算8年。お陰で99.9%の達成振りです。でも、ちょっと真似のできない自助努力と自負します。

 肝心のボケ防止のための独特の手法を編み出したのが2012年3月のこと。題して「インタネット情報&ヨシダブログ」がそれです。詳細はクリックしてご覧くださいませんか?「こんなことをしているなんて、カッコいいボケ防止!」と自我自賛しています(笑)。

              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手製のささやかなウェブサイトですが、ご覧ください。なお、ご意見やお気づきの点は遠慮なく下記にご一報くだされば嬉しい限りです。
yoshida@a-bombsurvivor.com                                                                  English               
            2015年12月30日(水)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
   

   ヒロシマ・ヒバクシャのヨシダが発信する「オバマ米大統領の被爆市訪問」のこと
  フィリピンに来て間もない頃は2009年11月10日のこと。シンガポールで開催の APEC会議出席の前に東京に立ち寄られたオバマ大統領がNHK WORLDの記者の質問(今回の日本立ち寄りを機に、被爆市訪問の意図がありますか?) 対して答えられた言葉が鮮明です。"The schedules are too tight this time. However, I would like to have an honor of visiting some day during my Presidency."(今回はスケジュールが一杯でできないが、任期中の何時か訪問の栄に浴したい・・・)。その出来事を踏まえて即座に書いたのが、拙著オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします!」 (2009年11月10日記)です。クリックしてご覧ください。ヨシダはその後、その適切な訪問時期は、区切りイイ年次の「2010年ー65周年」として 公開書簡まで発表したものでした。しかし、それが実現しなかったことは、現在にして思うに、「2015年ー70周年」こそがベストな年次と提唱するに至り ました。
 ところが、8月に入ってもその気配は皆無。「2015年-70周年」に拘っていたヨシダは絶望と思いつめていたものの、考えてみれば 同大統領の任期は 2017年1月20日東部時間正午まで。とすれば、区切りは良いとは言えない「2016年ー71周年」になるのが精一杯。まいっか・・・と勝手に思ってい るところです。大統領任期中の「レガシー(遺産)づくり」としても、男の約束においても実現されるのがご本人のためだとさえ思うのがヨシダです。

 おって、ヒバクシャとして被害意識を強くする中で、オバマ米大統領が2011年の9.11の8周年記念式典(ペンタゴン)て遺族たちを前にスピーチした言葉の一節を下記に掲載します。「被害意識」が先行するヒバクシャのわれわれが共有すべき貴重な言葉と受けとめます。なお、この崇高なる大統領の言葉は"Ceremonies Mark 8th Anniversary of September 11 Terrorist Attacks"の中ほどに小さく載っていたもので、目立たないものです。中見出し付きもしくは、太文字表示されるべき価値あるものと考えます。
"Let us renew the true spirit of that day. Not the human capacity for evil but the human capacity for good - not the desire to destroy but the impulse to save and to serve and to build," あの日の真実の心を新たにしましょう。 悪に対する人類の能力としてでなく、善に対する人類の能力としてです。-破壊することへの欲望でなく、守り、奉仕し、建設するための推進力としてです。(オバマ米国大統領・翻訳;吉田祐起) 
            「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果         「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果
   (注:このトップコメントは2016年8月6日まで掲載します。しぶといでしょう、ヨシダは・・・笑)

                
                グーグルから拾った12月30日の「できごと」 
                          December 30 Events(英語版) 
                           「きょうのできごと」記録集
(To the English language visitors: Sorry, this column is for the Japanese edition. However, you could see so many English written Events in red characters among the Japanese lines, which are the ones never shown in Japanese edition. This means that Japanese edition is not as world-wide as the original English Google edition.) 
  こ のコラム編集なかんずく、当該写真の選択はご覧くださる方々のご関心をヴィジュアルな面で提供することを目的としています。ところが、写真を多く添付する と「1ページ当たりの編集許容量」が「1MB=1000KB」という制約から枚数を制限せざるを得ないものがあり、編集者の立場でこれは、と思うできごと に限った当該写真の添付ということにしています。★なおまた、「グーグルのできごと」は英語版が本流でして、日本語版はその翻訳的な一面が 否 定できません。日本語版から入ると「できごとの」の主人公すら掴めない場合さえあることを最近痛感することが少なくありません。「主語抜き」という日本語 特有の落とし穴です。ヨシダの手法は、その「できごと」の主人公もしくは主体をヨシダ流に英語でインプットしてキャッチするケースが少なくありません。そ んなことから、案外と多くの時間を 費やしているのがこの編集作業です。もっとも、その過程で学び体験を得るのは他ならぬ、編集者のヨシダではあるのですが・・・★なお、英語版の掲載は本家 米国が主体性であるにかんがみ、世界的視野からの「できごと」を知る意味で日本語版との重複は無論、除外してそのまま掲載しております。同英語版のリンク をクリックすると
日本語版には見られない内容豊かなコンテンツが目に付きます。
7
「1896年 - ホセ・リサール処刑場」の画像検索結果「1896年 - フィリピンの独立運動家・ホセ・リサールが処刑さ」の画像検索結果「1896年 - フィリピンの独立運動家・ホセ・リサールが処刑さ」の画像検索結果「1896年 - フィリピンの独立運動家・ホセ・リサールが処刑さ」の画像検索結果「1896年 - フィリピンの独立運動家・ホセ・リサールが処刑さ」の画像検索結果 「1896年 - フィリピンの独立運動家・ホセ・リサールが処刑さ」の画像検索結果  「1896年 - フィリピンの独立運動家・ホセ・リサールが処刑さ」の画像検索結果
 「1896年 - フィリピンの独立運動家・ホセ・リサールが処刑さ」の画像検索結果  「1896年 - ホセ・リサール処刑場」の画像検索結果   「1896年 - ホセ・リサール処刑場」の画像検索結果      「1896年 - ホセ・リサール処刑場」の画像検索結果 「1896年 - ホセ・リサール処刑場」の画像検索結果 「1896年 - ホセ・リサール処刑場」の画像検索結果
   「1896年 - ホセ・リサール処刑場」の画像検索結果  関連画像「1896年 - ホセ・リサール処刑場」の画像検索結果「1896年 - ホセ・リサール処刑場」の画像検索結果    関連画像 「1896年 - ホセ・リサール処刑場」の画像検索結果 「1896年 - ホセ・リサール処刑場」の画像検索結果
22「1965, marucos became philippines president」の画像検索結果「1965, marucos became philippines president」の画像検索結果「1965, marucos became philippines president」の画像検索結果「1965, marucos became philippines president」の画像検索結果関連画像「1965, marucos became philippines president」の画像検索結果「1965, marucos became philippines president」の画像検索結果「1965, marucos became philippines president」の画像検索結果 「1965, marucos became philippines president」の画像検索結果
31「2006年 - サッダーム・フセイン元イラク共和国大統領の死刑執行」の画像検索結果   「2006, sadam fsein hanged」の画像検索結果    「2006年 - サッダーム・フセイン元イラク共和国大統領の死刑執行」の画像検索結果 「2006, sadam fsein hanged」の画像検索結果「2006, sadam fsein hanged」の画像検索結果「2006, sadam fsein hanged」の画像検索結果「2006, sadam fsein hanged」の画像検索結果
                                               34 「東條英機」の画像検索結果「大川博」の画像検索結果「開高健」の画像検索結果「タイガー・ウッズ」の画像検索結果「Alessandra Mussolini」の画像検索結果
1066Grana da massacre: A Muslim mob storms the royal palace in Granada, crucifies Jewish vizier Joseph ibn Naghrela and massacres most of the Jewish population of the city.
(1)1370年 - グレゴリウス11世ローマ教皇に即位。
1419Hundred Years' War: Battle of La Rochelle.
(2)1460年 - 薔薇戦争: ウェイクフィールドの戦い
1702Queen Anne's War: James Moore, Governor of the Province of Carolina, abandons the Siege of St. Augustine.
1813War of 1812: British soldiers burn Buffalo, New York.
1816 – The Treaty of St. Louis (1816) between the United States and the united Ottawa, Ojibwa, and Potawatomi Indian tribes is proclaimed.
1825 – The Treaty of St. Louis between the United States and the Shawnee Nation is proclaimed.
(3)1853年 - アメリカ合衆国が現在のアリゾナ州南部およびニューメキシコ州にあたる地域をメキシコから購入することで両国が合意。(ガズデン購入
(4)1877年 - ヨハネス・ブラームスの『交響曲第2番』が初演。
(5)1884年 - アントン・ブルックナーの『交響曲第7番』が初演。
(6)1889年 - 日本で決闘罪ニ関スル件公布。
(7)1896年 - フィリピンの独立運動家・ホセ・リサールが処刑される。
・1896 – Canadian ice hockey player Ernie McLea scores the first hat-trick in Stanley Cup play, and the Cup-winning goal as the Montreal Victorias defeat the Winnipeg Victorias 6–5.
1897 – The British Colony of Natal annexes Zululand.
(8)1901年 - 相馬愛蔵黒光夫妻がパン屋・中村屋を創業。
(9)1903年 - シカゴイロコイ劇場火災英語版。避難時の混乱により死者602人・負傷者250人の大惨事となる。
(10)1905年 - フランツ・レハールオペレッタメリー・ウィドウ』が初演。
1905 – Former Idaho Governor Frank Steunenberg is assassinated at the front gate of his home in Caldwell.
(11)1906年 - 全インド・ムスリム連盟結成。
1916 – The last coronation in Hungary is performed for King Charles IV and Queen Zita.
1919Lincoln's Inn in London, England, UK admits its first female bar student.
(12)1921年 - セルゲイ・プロコフィエフの歌劇『三つのオレンジへの恋』が初演。
(13)1922年 - 世界初の社会主義国家ソビエト社会主義共和国連邦が建国。
(14)1924年 - エドウィン・ハッブルが系外銀河の発見を論文で発表。
(15)1927年 - 東京地下鉄道浅草駅 - 上野駅間(現在の東京メトロ銀座線)が開業。日本初の地下鉄
1936 – The United Auto Workers union stages its first sitdown strike.
1943Subhas Chandra Bose raises the flag of Indian independence at Port Blair.
1944 – King George II of Greece declares a regency, leaving the throne vacant.
(16)1944年 - 日本海軍の潜水艦「伊号第四〇〇潜水艦」が竣工。
(17)1946年 - 文部省(現・文部科学省)が「6・3・3・4制」の教育制度採用を発表。
(18)1947年 - ルーマニアで、王制を廃止し人民共和国を宣言。
(19)1948年 - 熊本県人吉市で祈祷師夫婦が殺害される。(免田事件
(20)1948年 - コール・ポーターミュージカルキス・ミー・ケイト』が初演。
(21)1949年 - インド中華人民共和国承認
1958 – The Guatemalan Air Force sinks several Mexican fishing boats alleged to have breached maritime borders, killing three and sparking international tension.
(22)1965年 - フェルディナンド・マルコスフィリピン大統領に就任。
1972Vietnam War: The United States halts heavy bombing of North Vietnam.
(23)1973年 - 京成電鉄の「スカイライナー」が京成上野駅 - 京成成田駅で暫定運行を開始。
(24)1977年 - 連続殺人で逮捕され第2審の準備中のテッド・バンディが収監中の刑務所から逃亡。
(25)1978年 - 近畿日本鉄道30000系ビスタカーがデビュー。
1981 – In the 39th game of his third NHL season, Wayne Gretzky scores five goals, giving him 50 on the year and setting a new NHL record previously held by Maurice Richard and Mike Bossy, who earlier had each scored 50 goals in 50 games.
(26)1985年 - 東京都大田区コンビニ強盗。犯人を追跡した大学生が刺殺される。
(27)1988年 - 神戸市の太陽神戸銀行須磨支店前に停車していた現金輸送車が乗り逃げされ、3億2250万円が持ち去られる。
(28)1988年 - 長谷川峻法務大臣リクルート事件に関連して、リクルートからの政治献金発覚をうけて辞任。わずか4日で辞任という戦後最短の閣僚となる。
(29)1993年 - イスラエルバチカン国交樹立の合意書に調印。
1996 – In the Indian state of Assam, a passenger train is bombed by Bodo separatists, killing 26.
・1996 – Proposed budget cuts by
Benjamin Netanyahu spark protests from 250,000 workers who shut down services across Israel.
1997 – In the worst incident in Algeria's insurgency, the Wilaya of Relizane massacres, 400 people from four villages are killed.
1999 – Former Beatle George Harrison is attacked by Michael Abram in his Friar Park home
2000Rizal Day bombings: A series of bombs explode in various places in Metro Manila, Philippines within a period of a few hours, killing 22 and injuring about a hundred.
(30)2000年 - 世田谷一家殺害事件発生。
2004 – A fire in the República Cromagnon nightclub in Buenos Aires, Argentina kills 194.
2005Tropical Storm Zeta forms in the open Atlantic Ocean, tying the record for the latest tropical cyclone ever to form in the North Atlantic basin.
2006Madrid–Barajas Airport is bombed.
・2006 – The Indonesian passenger ferry
MV Senopati Nusantara sinks in a storm, resulting in at least 400 deaths.
(31)2006年 - サッダーム・フセインイラク共和国大統領死刑執行。
2009 – A segment of the Lanzhou–Zhengzhou–Changsha pipeline ruptures in Shaanxi, China, and approximately 150,000 l (40,000 US gal) of diesel oil flows down the Wei River before finally reaching the Yellow River.
・2009 – A suicide bomber
kills nine people at Forward Operating Base Chapman, a key facility of the Central Intelligence Agency in Afghanistan.
(32)2011年 - サモアトケラウが標準時をUTC-11からUTC+13(夏時間はUTC-10 から UTC+14)に変更。2011年12月29日の翌日が同31日となる。
2013 – More than 100 people are killed when anti-government forces attack key buildings in Kinshasa, Democratic Republic of the Congo.
(33)ヨシダが選んだ著名人の誕生日;東條英機(1884)、大川博(1896)、開高健 (1930)、タイガー・ウッズ (1975)、アレッサンドラ・ムッソリーニ (1962)。

                      インタネット情報&ヨシダブログ
              (2015年3月20日付でコラム名称を変更しました)

 上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。
   このコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を編 集しつつ、ヨシダブログ書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグー グルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、 掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。 
只今、 
5975編です。
 

2015年12月30日(水)掲載分
昨日12月29日最終のトップページ
編集者のダイアリー・コナー

 本日「12月30日のできごと」でヨシダが関心を強くするのは「(7)1896年 - フィリピンの独立運動家・ホセ・リサールが処刑される」、「(22)1965年 - フェルディナンド・マルコスフィリピン大統領に 就任」と、いずれもフィリピンでの出来事です。ホセ・リサールが処刑された公園を歩いて当時を偲びました。後者のマルコス大統領の場合は民衆に追われてア メリカに亡命する時に、民衆が大統領官邸に押しかけたテレビ画面が鮮明な記憶です。当時のフィリピン(人)に対するイメージや想い等々は今日のそれとは全 く比較にならないものでした。あの次点で、まさか、ヨシダがその(この)国の住民市民になろうとは・・・デス。
 ホントに「ため息が出るほど・・・」って気分で、今朝一番の記事を追いつつ楽しみました!「No.5971:ため息が出るほどみずみずしい。描いたばかりのような色が迫ってくる。着物の細か…日本経済新聞「春秋」2015.12.30.)」がそれです。お楽しみください。(10:35)
 「No.5972東南アジアに旅行すると元気が出るという人が多い。街に子どもが多く笑顔が…毎日新聞「余禄」2015.12.30.)」を編集しながらトライしたことに、「日本人子達の笑顔」でグーグルしても、イイのが出てきません。その分、平素の生活でみられないのがニッポン人の明るさではないかな、と不安を否定できません。(12:20)
  ひと昔前のこと。年末ともなればン百枚の賀状の表書きを下手ながらも毛書で書いたもの。手書き文化と活字文化の差異とは時代の差異でしかないでしょうが、 能率(速さと紙面の有効活用)や読み易さの彼我双方にとっては活字に軍パイが上がることは歴然たる事実です。ワザと草書で自慢の毛筆ですが、読む側からす れば文句なしに活字に軍パイです。和服が日常生活の衣装文化でなくなっているのが現代です。伝来の文化への過度の拘りは近代化や国際化にブレーキにさえな る時代です。日本人の英語下手は(も)殊更にシャイぶる国民性が原因に案外と気付いていませんよね。「No.5973:年の瀬。この時期は毎年、年賀状書きが難航する。パソコンに慣れてしまい、…茨城新聞「いばらき春秋」2015.12.30.菊)」を編集し終えてのヨシダブログです。(13:55)
 記事編集で一番体感することは、ブロガーのヨシダが実際に訪れた場所や接点を得たご人物との係わり合いです。写真を観ただけで、その当時のことが走馬灯のように蘇ります。「No.5974石本正さんの魂山陰中央新報「明窓」2015.12.30.)」は(も)そのひとつ。ふと、想うに、足の不自由なヨシダですが、結構、あっちこっち訪れたものだ・・・と。(14:50)
 「No.5975:円高論は誤り、来年は1ドル135円に向かう 2016年は、さらに円安が進む東洋経済ONLINE2015.12.30.池田 雄之輔 :野村証券 チーフ為替ストラテジスト)」を編集しながら想うこと。ど素人の分際で「円高or円安論議はするなかれ」と。ハイ、これにて、今年の円相場インタネット情報はオワリとします。(16:10)
 



No.5975
円高論は誤り、来年は1ドル135円に向かう 2016年は、さらに円安が進む
東洋経済ONLINE2015.12.30.池田 雄之輔 :野村証券 チーフ為替ストラテジスト 

ヨシダブログ:「中見出し」は、■FOMC メンバーの年4回という想定を重視すべき、■実需の円売り縮小も、投資による円売りは優勢、■現地生産進み、自動調節機能が働きにくくなった・・・と続き ます▼ドル対円の推移に関する両論が混在するなかで、プロの人でも両論があるのが現実。ど素人はへ~・・・ってな気分で眺めるしか手がない感じです (笑)。写真8枚添付ファイル
  池田 雄之輔「 池田 雄之輔」の画像検索結果
      「 池田 雄之輔」の画像検索結果       関連画像「 池田 雄之輔」の画像検索結果「 池田 雄之輔」の画像検索結果
No.5974

石本正さんの魂
山陰中央新報「明窓」2015.12.30.守

ヨシダブログ:山陰の「石正美術館」と 言えば想い出があります。ひとつは、ヨシダがSAM(米国本部の経営者団体<The Society for Advancement of Management>)の会広島支部長を務めていた時代に、月例会の講師に同館の男性学芸員(お名前は忘れました)を招いたことと、それが縁で、 同美術館を二度ほど訪れて鑑賞し、その一度は館長日本画家の石本正さんと親しく懇談機会を得たことがあります。ハイ、2度とも、当時同棲していた女性を 伴って、でした(笑)▼石本さんが95歳でご他界と知り哀悼のまことを捧げます。「不整脈による心停止」と知りました。合掌写真11枚添付ファイル
 「石正美術館」の画像検索結果 「石正美術館追悼特別展」の画像検索結果 「石正美術館」の画像検索結果  「石正美術館」の画像検索結果    「石正美術館」の画像検索結果「石正美術館油絵「田ノ浦海岸」」の画像検索結果
 「石正美術館」の画像検索結果「石正美術館」の画像検索結果「石正美術館油絵「田ノ浦海岸」」の画像検索結果「石正美術館追悼特別展」の画像検索結果「石正美術館油絵「田ノ浦海岸」」の画像検索結果
No.5973

年の瀬。この時期は毎年、年賀状書きが難航する。パソコンに慣れてしまい、…
茨城新聞「いばらき春秋」2015.12.30.菊(本リンクは本日限りです)

ヨシダブログ:手 書きとパソコン入力の違い・・・というのは郷愁ですよね。子供の時にお袋から聞いたことに、アメリカ人は早くにしてタイプライターを使い始めたから手書き は下手くそ、と。「得るものがあれば、失うものもある」は何時の世でも、なんで言える言葉▼手前ミソ的なブログで恐縮ですが、終戦後まもなくにしてヨシダ が興味を抱いて始めたのが英文タイプライターの通信教育。当時のこと、無論、ホンモノのタイプライターだなんて高嶺の花。紙製のキーボードだけでした。そ れでも全部の指を駆使する手法をマスターして現在に至ります。限られた指だけを使って早くキーを打つ人でも向こうに回します▼ワープロが出現した時には、 いち早く導入。同時進行でパソコンも購入してホコリを被らせたもの。ワープ故障と同時にパソコンにシフトしたものです▼と、自慢話になって恐縮ですが、日 本人固有の「手書き文化」にあまり拘るのはどうかと思いますね。過大評価するセクトは近代機器を使わない、使えないセクトの強がりに過ぎないと言われても 仕方ないでしょう▼・・・と、誰よりお早くに手を付けたワープロやパソコンですが、毛筆書きも経験豊富です。基礎的なものでなく、我流もイイってところ。 毎年4、5百通の賀状の表書きを毛筆で書いたもの。ふとした縁ではじめた「写経」がベースでした。恥を忍んでのことに、ある週刊誌の表紙に使われたのが 「ヨシダの毛書写真」:「財を遺すは下 事業を遺すは中 人を遺すは上 されど財なくんば事業保ち難く 事業なくんば人育ち難し」。リンクをクリックすると関連記事が出てきます。本コラムでは、お愛嬌に下手くそな拙筆が活用された週刊誌の表紙画面をどうぞご鑑賞(?)ください。大きな画面にすれば下手な書が目立つのでこの程度の大きさでご勘弁を。写真2枚添付ファイル
                 
http://www.a-bombsurvivor.com/contents/writing/writing_No.1/writing_No.1-11.jpg「写経」の画像検索結果

No.5972

東南アジアに旅行すると元気が出るという人が多い。街に子どもが多く笑顔が…
毎日新聞「余禄」2015.12.30.
ヨシダブログ:フィ リピン人家族との同居生活で感じることのひとつは、本記事が示すごとく、「活気がある」ということです。引退生活者の例をとるとこうです・・・。し~んと 静まり返った施設での生活。訪問客がない以上、周囲は全てお年寄り。赤ちゃんや子供たちのキャッキャ!!!という声はありません▼単身生活に甘んじていた 時代のこと。電話局で女性職員との会話。「一人ぼっちの生活なんて、考えられません!」と。「子供たちの騒ぎの中の生活でこそ活気があるというものよ!」 でした。現在にしてそれを実感するヨシダです(笑)▼そのフィリピンの人たちも、日本人の後追いがボツボツ始まりつつあることを感じます。「多産から少子 家族」へのシフトが観られることです。もっとも中流以上の夫婦間のこと。変な現象ですが、貧しい夫婦家族では多産傾向。その理由は・・・とご想像に任せま す(笑)▼それにしてもニッポン人のヨシダが痛感することに、「日本人固有のシャイさや仕草」が明るさにブレーキがかかっているのでは、という点です。英 語下手がその最たる結果でもありますが、もっと、国際感覚を高めることを海外からみて感じる、と言ったらヨシダの思い過ごしでしょうか・・・?特にマイク を向けられて話すときのニッポン人はアフリカの人たちとも比べて、なんとなく見劣りする・・・というのが海外から観たニッポン人の率直な感想です▼もうひ とつのエピソード。あ る著名な方が書いておられました。「私の知る限り、東南アジアで最も西欧的で、明るく洗礼されているのはフィリピン人だ」と。植民地化の長かったそれはこ の 国の人たちがスペインやアメリカから学び取った成果でもあるでしょう。後者からはチャッカリと英語を第二国語に取り入れたのはその成果。逆に侵略されたこ ともないが、それだけに、異民族の受け入れにも消極的なニッポンの将来は・・・? と、不安は否定できません。(写真4枚添付ファイル
  「フィリピンの子達の表情」の画像検索結果  「フィリピンの子達の明るい表情」の画像検索結果「フィリピンの子達の明るい表情」の画像検索結果「フィリピンの子達の明るい表情」の画像検索結果
No.5971
ため息が出るほどみずみずしい。描いたばかりのような色が迫ってくる。着物の細か…
日本経済新聞「春秋」2015.12.30.
ヨシダブログ:もっ ともっと沢山の肉筆浮世絵写真を!特にナイショの願望はキワドイ浮世絵!ヨシダの知性と教養(?)が一枚だけを選択しました(笑)。この程度の浮世絵掲載 は本コラムでも許されるでしょう・・・▼この種の記事も文字だけを追って読めば、ハイ、それまで。でも、こんな風に「編集」すると、ひと味もふた味 も・・・と は、ヨシダの勝手な自我自賛。でも、立ちどまって費やした時間は1時間以上!それだけに価値ある日本経済新聞「春秋」さんと評します。写真9枚添付ファイル   
   「奥村政信「やつし琴高(きんこう)仙人図」」の画像検索結果    「「肉筆浮世絵―美の競艶」展」の画像検索結果   「奥村政信」の画像検索結果   関連画像
     「民俗学者の折口信夫」の画像検索結果「民俗学者の折口信夫」の画像検索結果「民俗学者の折口信夫」の画像検索結果  「漫画タイガーマスクの主人公名」の画像検索結果  「漫画タイガーマスクの主人公名」の画像検索結果
 昨日29日の記事5編を下記に掲載していましたが、本日30日の第一記事掲載(10:30)をもって消却しました。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。             

                「末尾の特別情報お知らせコーナー」
 このコラムは日々の執筆生活の中で、これはと思いついたことをタイトルを付して書き留めたものです。ウェブサイトトップ面の末尾の箇所に掲載するものでして、時おり変更しています。数多いヨシダブログですが、まとまった所信の一端といった感じで位置づけています。

    毎月の28日はヨシダにとって意義深くしているもの その理由(わけ)は!?
                 (本コラムは月末まで継続掲載します。)
 プライベートなことでかつ、単純で大人気ない(?)とも思えるようなことをヨシダは執拗に意識して現在に至ります。ほかでもありません、「28日」という日は吉田祐起の誕生日のそれに当たることから、この日を中心にわが人生の歩みが刻まれている、という自覚や認識です。
 つまり、年に12回の誕生日を意識して「満83歳○ヶ月」とウェブサイトにも掲載し、自身もそれを意識して送っているのです。あと、何日で28日・・・といった具合にです。これって、ちょっと、ユニークはモノの考え方だと自負します。
  時が経つことで、洋の東西を問わず、意味深長なのが「光陰矢の如し」という言葉。英語でも"Time flies like an arrow" と人々は口にします。矢の如く時が去った、と感じることは、その分、人生を短く送っていることを意味するのであって、まさか、時が早く去って歳をとったか ら ヨカッタとは誰も思わないハズです。
 強いてそれをポジティヴに解釈すれば、苦しい時もあったけど、あっと言う間に過ぎ去った、苦しいこと を 克服 してきた、開放された、といったくらいの解釈も成り立つでしょうが、それとて、味わうべき喜怒哀楽の人生がその分、短く去ったことを意味する結果でしかな い、というのがヨシダです。
 折角この世に生を受け、与えられた人生ならば、その喜びを文字通り、日々味わいつつ、感謝しつつ過ごす(消化する)という考え方のほうが、その逆の苦しい人生、早くに過ぎ去って欲しいもの・・・よりもずっと、ハッピーだと思うのです。
  さらに、こんなことも頭に描かれると思います・・・。例えば、何かを達成するとか、成し遂げるものを持っているとします。ヨシダ流の処し方は、優先順位の 見 極めです。沢山ある仕事の優先順位を頭にしっかりと入れて処す方法。ストレスもなくなります。計画的にというのは誰でも言いますが、その処し方の基本はな んと言ってもターゲットとする日の設定でして、ヨシダの場合は毎月の28日がそれになっているという感じです。
 その日(28日)が来たら、ウン、オレはあれもやった、これもやり遂げた、出来なかったことは次の月の28日をひと区切りに・・・といった按配です。これって単純なモーチベーションに過ぎませんが、案外と効果的です。
  結果的には、折角与えられた人生期間を感謝の念をもって着々と消化して事を成し遂げる、といった図式です。同じ1年サイクルで巡ってくる自身の誕生の 「日」をハッピー・バース・デイ!と心の中で呟きながら日々の経過を味わいつつ・・・といったシナリオです。こうした考え方がヨシダが永年、心に入れてい るキーワードに繋がるのです。「生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ」がそれです。
 ところで、これも他愛もないことですが、10月 28日はかのマイクロソフトのビル・ゲイツさんの誕生日(1955年)を早くに認識してきたものです。人間のスケールからすれば、ドダイ比較対象する何も のもないのですが、誕生日だけは同じ!と言える(思える)のがイイ味ってところです(笑)。ヨシダはビル・ゲイツさんと同じ誕生日って思うだけでも、思わ ないよりずっとマシって按配です。
 ふと、この記事を書きながら好奇心旺盛なヨシダは即座にヨシダの認識するその他の著名人を平素世話になるグーグルさんから拾い出しました。多くある人物の中からヨシダの好みに従って人物名と写真を列記して誕生日の味わい方を増幅さす次第です。

 おっ て、お気づきと思いますが、「きょうのできごと」コラムの最終下段に「ヨシダが選らんだその日が誕生日の著名人」の写真を列記しています。編集者の想いは 「へ~、あの方とこの方が同じ誕生日・・・」というのもイイもんです。そんな想いで編集するのもロマンチックです。「ヨシダ流の若返り法」でもあるでしょ う(笑)。
 1.徳川 慶喜(1837:江戸幕府第15代将軍)、2.横河民輔(1864:横河電機創業者)、3.ジェイコブ・D・コックス(南北戦争北軍将軍・共和党・第28代オハイオ州知事・第10代アメリカ合衆国内務長官)、4.エルザ・ランチェスター(1902:イギリスの女優)、5.東富士欽壹(1973:大相撲第40代横綱)、6.浜田 晃(1941:俳優)、7.小池真理子(1952:女優)、8. ビル・ゲイツ(1955:マイクロソフト創立者)、9.吉田都(1955:バレリーナ)、10.吉田里琴(1999年:女優)・・・と。ハイ、末尾11は吉田祐起(1931:本サイト編集長)で~す!
 ヨシダって好奇心旺盛 でしょう。こんなことに時間を使うから超多忙人間(?)。日々をかみ締めながら生きるから「光陰矢の如し」は無縁たる所以です(笑)。

 Cox, Jacob D. M.C. Ohio (Secty of Interior in Grant Adm.).jpgエルザ・ランチェスターElsa LanchesterAzumafuji 1950 Scan10025-2.JPG  http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg

                      ミス・フィリピンが2015年ミス・ユニヴァースに!!!
   Miss Philippines crowned Miss Universe after live TV mixup  
    PhotosMiss Philippines Pia Alonzo Wurtzbach is crowned Miss Universe 2015 on stage during the 2015 MISS UNIVERSE show at Planet Hollywood Resort & Casino, in Las Vegas, California, on December 20, 2015. Miss Philippines was named Miss Universe, but in a drama-filled turn worthy of a telenovela. The pageant's host comedian Steve Harvey, also a talk show host, misread the card which he said had Miss Colombia Ariadna Gutierrez as the winner. AFP PHOTO / VALERIE MACONMiss Universe Pia Alonzo-Wurtzbach
Miss Philippines Pia Alonzo Wurtzbach is crowned Miss Universe 2015 on stage during the 2015 MISS UNIVERSE show at Planet Hollywood Resort & Casino, in Las Vegas, California, on December 20, 2015. Miss Philippines was named Miss Universe, but in a drama-filled turn worthy of a telenovela. The pageant’s host comedian Steve Harvey, also a talk show host, misread the card which he said had Miss Colombia Ariadna Gutierrez as the winner. AFP PHOTO / VALERIE MACON
  特記しま~す!今回のフィリピン女性の2015 年ミス・ユニヴァース栄冠を勝ち取ったのはトップ・テンの最終最重要面接審査の段階では、「知性と教養を持って勝負る」と決意していたことです。経営者顔負けの「栄冠を勝ち取る想像を絶する如き努力とそれが裏づけした彼女の自信」が背後にあったということです英語版ですが、クリックしてご覧になりませんか?題して:
      「Miss Universe’s lesson on life: Follow the road to a dream」です。

                          2015年12月30日(水)
                           ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
                                             吉田祐起
                             (満84歳2ヶ月)  
                 (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)                                                                 yoshida@a-bombsurvivor.com
                          URL(eng): http://www.a-bombsurvivor.com
              URL(jpn): http://www.a-bombsurvivor.com/index_japanese.html