吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果   「yuuki yoshida」の画像検索結果 http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
      吉田祐起(Yuuki Yoshida) :満84歳1か月 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 


 この国フィリピンを終の棲家と定めて住み着いたのは2009年2月1日でした。

 数年間の自立単身生活を経て、ある縁を得て、現在ではフィリピン家族と共同生活を送っています。題して「相互扶助精神に基づ く運命共同体生活」がそれです。ヨシダの終生面倒見をかれらにしてもらうかわりに、皆さんには貧困から脱却してもらってお互いに幸せになりましょうという相互扶助の共同生活です。 

 ・・・ と、こんな生活設計を描いて現在に至るヨシダですが、ヨシダの義務は長生きすることにあると自覚しています。そのためには満40歳からある動機を得て始め て現在に至る自己流のストレッチング体操に一層の磨きをかけるなど、加えて長年に及ぶステッキ使用で肩にかかった重荷による肩こり解消に集中努力をして通 算8年。お陰で99.9%の達成振りです。でも、ちょっと真似のできない自助努力と自負します。

 肝心のボケ防止のための独特の手法を編み出したのが2012年3月のこと。題して「インタネット情報&ヨシダブログ」がそれです。詳細はクリックしてご覧くださいませんか?「こんなことをしているなんて、カッコいいボケ防止!」と自我自賛しています(笑)。

              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手製のささやかなウェブサイトですが、ご覧ください。なお、ご意見やお気づきの点は遠慮なく下記にご一報くだされば嬉しい限りです。
yoshida@a-bombsurvivor.com                                                                  English               
            2015年12月3日(木)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
   

   ヒロシマ・ヒバクシャのヨシダが発信する「オバマ米大統領の被爆市訪問」のこと
  フィリピンに来て間もない頃は2009年11月10日のこと。シンガポールで開催の APEC会議出席の前に東京に立ち寄られたオバマ大統領がNHK WORLDの記者の質問(今回の日本立ち寄りを機に、被爆市訪問の意図がありますか?) 対して答えられた言葉が鮮明です。"The schedules are too tight this time. However, I would like to have an honor of visiting some day during my Presidency."(今回はスケジュールが一杯でできないが、任期中の何時か訪問の栄に浴したい・・・)。その出来事を踏まえて即座に書いたのが、拙著オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします!」 (2009年11月10日記)です。クリックしてご覧ください。ヨシダはその後、その適切な訪問時期は、区切りイイ年次の「2010年ー65周年」として 公開書簡まで発表したものでした。しかし、それが実現しなかったことは、現在にして思うに、「2015年ー70周年」こそがベストな年次と提唱するに至り ました。
 ところが、8月に入ってもその気配は皆無。「2015年-70周年」に拘っていたヨシダは絶望と思いつめていたものの、考えてみれば 同大統領の任期は 2017年1月20日東部時間正午まで。とすれば、区切りは良いとは言えない「2016年ー71周年」になるのが精一杯。まいっか・・・と勝手に思ってい るところです。大統領任期中の「レガシー(遺産)づくり」としても、男の約束においても実現されるのがご本人のためだとさえ思うのがヨシダです。

 おって、ヒバクシャとして被害意識を強くする中で、オバマ米大統領が2011年の9.11の8周年記念式典(ペンタゴン)て遺族たちを前にスピーチした言葉の一節を下記に掲載します。「被害意識」が先行するヒバクシャのわれわれが共有すべき貴重な言葉と受けとめます。なお、この崇高なる大統領の言葉は"Ceremonies Mark 8th Anniversary of September 11 Terrorist Attacks"の中ほどに小さく載っていたもので、目立たないものです。中見出し付きもしくは、太文字表示されるべき価値あるものと考えます。
"Let us renew the true spirit of that day. Not the human capacity for evil but the human capacity for good - not the desire to destroy but the impulse to save and to serve and to build," あの日の真実の心を新たにしましょう。 悪に対する人類の能力としてでなく、善に対する人類の能力としてです。-破壊することへの欲望でなく、守り、奉仕し、建設するための推進力としてです。(オバマ米国大統領・翻訳;吉田祐起) 
            「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果         「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果
   (注:このトップコメントは2016年8月6日まで掲載します。しぶといでしょう、ヨシダは・・・笑)

                
                グーグルから拾った12月3日の「できごと」 
                          December 3 Events(英語版) 
                               「きょうのできごと」記録集
(To the English language visitors: Sorry, this column is for the Japanese edition. However, you could see so many English written Events in red characters among the Japanese lines, which are the ones never shown in Japanese edition. This means that Japanese edition is not as world-wide as the original English Google edition.) 
  こ のコラム編集なかんずく、当該写真の選択はご覧くださる方々のご関心をヴィジュアルな面で提供することを目的としています。ところが、写真を多く添付する と「1ページ当たりの編集許容量」が「1MB=1000KB」という制約から枚数を制限せざるを得ないものがあり、編集者の立場でこれは、と思うできごと に限った当該写真の添付ということにしています。★なおまた、「グーグルのできごと」は英語版が本流でして、日本語版はその翻訳的な一面が 否 定できません。日本語版から入ると「できごとの」の主人公すら掴めない場合さえあることを最近痛感することが少なくありません。「主語抜き」という日本語 特有の落とし穴です。ヨシダの手法は、その「できごと」の主人公もしくは主体をヨシダ流に英語でインプットしてキャッチするケースが少なくありません。そ んなことから、案外と多くの時間を 費やしているのがこの編集作業です。もっとも、その過程で学び体験を得るのは他ならぬ、編集者のヨシダではあるのですが・・・。なお、英語版の掲載は本家 米国が主体性であるにかんがみ、世界的視野からの「できごと」を知る意味で日本語版との重複は無論、除外してそのまま掲載しております。同英語版のリンク をクリックすると日本語版には見られない内容豊かなコンテンツが目に付きます。

  11 「NHK」の画像検索結果 「NHKラジオで日本初のクイズ番組『話の泉』」の画像検索結果「NHKラジオで日本初のクイズ番組『話の泉』」の画像検索結果「NHKラジオで日本初のクイズ番組『話の泉』」の画像検索結果     「NHKラジオで日本初のクイズ番組『話の泉』」の画像検索結果「NHKラジオで日本初のクイズ番組『話の泉』」の画像検索結果 
12
「tennessee williams a streetcar named desire」の画像検索結果  「tennessee williams a streetcar named desire」の画像検索結果   「tennessee williams a streetcar named desire」の画像検索結果    「tennessee williams a streetcar named desire」の画像検索結果   関連画像「tennessee williams a streetcar named desire」の画像検索結果
  「tennessee williams a streetcar named desire」の画像検索結果 関連画像「tennessee williams a streetcar named desire」の画像検索結果        「a streetcar named desire movie」の画像検索結果           「a streetcar named desire movie」の画像検索結果     「a streetcar named desire movie」の画像検索結果「a streetcar named desire movie」の画像検索結果
22     「malta summit december 1989」の画像検索結果      「malta summit december 1989」の画像検索結果     「malta summit december 1989」の画像検索結果「malta summit december 1989」の画像検索結果         「malta summit december 1989」の画像検索結果
   「malta」の画像検索結果「malta」の画像検索結果30「平成23年台風第12号」の画像検索結果「平成23年台風第12号」の画像検索結果「平成23年台風第12号」の画像検索結果
            33 「永井荷風」の画像検索結果 「Anna Freud」の画像検索結果 「池田勇人」の画像検索結果 「金大中」の画像検索結果 「Howard Andrew "Andy" Williams」の画像検索結果 「篠山紀信」の画像検索結果
915Pope John X crowned Berengar I of Italy as Holy Roman Emperor.
1799War of the Second Coalition: Battle of WieslochAustrian Lieutenant Field Marshal Anton Sztáray defeats the French at Wiesloch.
(1)1800年 - ナポレオン戦争第二次対仏大同盟: ホーエンリンデンの戦い英語版。フランス軍がオーストリア軍を破る。
(2)1805年文化2年10月13日) - 華岡青洲が世界初の麻酔を使った手術に成功。
(3)1818年 - イリノイ準州が州に昇格し、アメリカ合衆国21番目の州・イリノイ州となる。
(4)1828年 - 1828年アメリカ合衆国大統領選挙の結果、アンドリュー・ジャクソンが大統領に選出。
1834 – The Zollverein (German Customs Union) begins the first regular census in Germany.
1854Battle of the Eureka Stockade: More than 20 gold miners at Ballarat, Victoria, are killed by state troopers in an uprising over mining licences.
(5)1888年 - 愛媛県から香川県が分割。現在の日本の全ての都道府県の領域が確定する。
1898 – The Duquesne Country and Athletic Club defeated an all-star collection of early football players 16-0, in what is considered to be the very first all-star game for professional American football.
1901 – In a State of the Union message, U.S. President Theodore Roosevelt asks Congress to curb the power of trusts "within reasonable limits".
(6)1904年 - チャールズ・パーライン木星第6衛星ヒマリアを発見。
(7)1906年 - イタリアサッカークラブ・トリノFCが発足。
(8)1910年 - ジョルジュ・クロードネオン管を初めて公開。
1912Bulgaria, Greece, Montenegro, and Serbia (the Balkan League) sign an armistice with the Ottoman Empire, temporarily halting the First Balkan War. (The armistice will expire on February 3, 1913, and hostilities will resume.)
1919 – After nearly 20 years of planning and construction, including two collapses causing 89 deaths, the Quebec Bridge opens to traffic.
1925World War I aftermath: The final Locarno Treaty is signed in London, establishing post-war territorial settlements.
(9)1926年 - 推理作家アガサ・クリスティが自宅を出たきり失踪。11日後に発見される。
(10)1926年 - 改造社が1冊1円の『現代日本文学全集』の刊行を開始。他社が追従し円本ブームとなる。
1927Putting Pants on Philip, the first Laurel and Hardy film, is released.
1944Greek Civil War: Fighting breaks out in Athens between the ELAS and government forces supported by the British Army.
(11)1946年 - NHKラジオで日本初のクイズ番組話の泉』の放送が開始される。
(12)1947年 - テネシー・ウィリアムズの戯曲『欲望という名の電車』がニューヨークブロードウェイで初演。
(13)1959年 - 現在のシンガポールの国旗が制定。
(14)1959年 - 東京で日本初の個人タクシーの営業認可。
1960 – The musical Camelot debuts at the Majestic Theatre on Broadway. It will become associated with the Kennedy administration.
1964Free Speech Movement: Police arrest over 800 students at the University of California, Berkeley, following their takeover and sit-in at the administration building in protest of the UC Regents' decision to forbid protests on UC property.
(15)1966年 - マカオ一二・三事件がおこる。
(16)1967年 - クリスチャン・バーナードの執刀によって世界初の心臓移植南アフリカケープタウンで行われる。世界初のレシピエントは移植18日後に死亡。
(17)1967年 - 福岡国際マラソンデレク・クレイトンが史上初の2時間10分を切る2時間9分36秒を記録。
(18)1971年 - 第三次印パ戦争勃発。
(19)1973年 - アメリカの惑星探査機「パイオニア10号」が初めて木星の接近画像を送る。
1976 – An assassination attempt is made on Bob Marley. He is shot twice, and plays a concert two days later.
1979 – In Cincinnati, 11 fans are suffocated in a crush for seats on the concourse outside Riverfront Coliseum before a Who concert.
・1979 – Ayatollah
Ruhollah Khomeini becomes the first Supreme Leader of Iran.
(20)1979年 - 電電公社東京23区内で自動車電話のサービスを開始。
1982 – A soil sample is taken from Times Beach, Missouri, that will be found to contain 300 times the safe level of dioxin.
1984Bhopal disaster: A methyl isocyanate leak from a Union Carbide pesticide plant in Bhopal, India, kills more than 3,800 people outright and injures 150,000–600,000 others (some 6,000 of whom would later die from their injuries) in one of the worst industrial disasters in history.
(21)1985年 - NTTフリーダイヤルのサービスを開始。
(22)1989年 - ジョージ・H・W・ブッシュ米国大統領ミハイル・ゴルバチョフソ連最高会議幹部会議長ソ連共産党書記長マルタ島で会談し、冷戦の終結を宣言。(マルタ会談
1990 – The 1990 Wayne County Airport runway collision kills seven passengers and one crew member.
1992 – The Greek oil tanker Aegean Sea, carrying 80,000 tonnes of crude oil, runs aground in a storm while approaching A Coruña, Spain, and spills much of its cargo.
・1992 – A test engineer for
Sema Group uses a personal computer to send the world's first text message via the Vodafone network to the phone of a colleague.
(23)1994年 - 智頭急行智頭線が開業。
(24)1994年 - ソニー・コンピュータエンタテインメントが家庭用ゲーム機PlayStationを日本国内で発売。
(25)1997年 - 対人地雷禁止条約(オタワ条約)に調印。
(26)1999年 - アメリカの火星探査機マーズ・ポーラー・ランダー」が火星に到着するが、同日の大気圏突入の直前の通信を最後に通信途絶。
・1999 – Six firefighters are killed in the Worcester Cold Storage and Warehouse fire in Worcester, Massachusetts.
2005XCOR Aerospace makes the first manned rocket aircraft delivery of U.S. Mail in Kern County, California.
(27)2005年 - Jリーグ、J1・ガンバ大阪が創立初の年間優勝。(2005年J1最終節
2007 – Winter storms cause the Chehalis River to flood many cities in Lewis County, Washington, and close a 20-mile portion of Interstate 5 for several days. At least eight deaths and billions of dollars in damages are blamed on the floods.
2009 – A suicide bombing at a hotel in Mogadishu, Somalia, kills 25 people, including three ministers of the Transitional Federal Government.
(28)2009年 - メドヴェージェフロシア大統領ローマ教皇ベネディクト16世が会談し、ロシアバチカン外交関係を樹立することで合意。
(29)2010年 - 中国高速鉄道CRH380A(日本の新幹線E2系1000番台)をベースとしたCRH2Cの発展形とされる)が試験走行で最高時速486.1km/hを記録
(30)2011年 - 平成23年台風第12号に伴う豪雨の被害により和歌山県内の一部の区間で不通となっていた、JR紀勢本線が約3カ月ぶりに全線で運転を再開。
(31)2011年 - Jリーグ、J1・柏レイソルが創立初の年間優勝。(2011年J1最終節
2012 – At least 475 people are killed after Typhoon Bopha makes landfall in the Philippines.
・2012 – In Northern Ireland, 15 police officers are injured during
rioting at Belfast City Hall following a vote to change Belfast City Council's policy on flying the union flag.
(32)2014年 - 宇宙航空研究開発機構が小惑星探査機「はやぶさ2」を打ち上げ。
(33)ヨシダが選んだ著名人の誕生日;永井荷風(1879)、 アンナ・フロイト(1895)、 池田勇人(1899)、金大中(1925)、アンディ・ウィリアムス(1927)、 篠山紀信(1940)

                           インタネット情報&ヨシダブログ
              (2015年3月20日付でコラム名称を変更しました)
(上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。)

   こ のコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を編集しつつ、ヨシダコメントを書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグーグルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、 掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。 

只今、 5902編です。 
本コラム編集部数が5900編を突破しました!次回の6000編は遠くありません!「ひと区切りの良さを大事にする」、これはヨシダの特徴です。
2015年12月3日(水)掲載分
昨日12月2日最終のトップページ
編集者のダイアリー・コナー

 本日「12月3日のできごと」でヨシダが特に印象強くするのは「(11)1946年 - NHKラジオで日本初のクイズ番組話の泉』の放送が開始される」です。米国のバラエティ番組「information please(インフォメーション・プリーズ)」をヒントに生まれたものでした。当時は何もかもアメリカに右に倣えってな調子でした(笑)。光景があまりにも似ているので、下記にそのアメリカの番組写真を添付します★ところで、「(12)1947年 - テネシー・ウィリアムズの戯曲『欲望という名の電車』がニューヨークブロードウェイで初演」では、後年にヴィヴィアン・リーが演じた白黒映画版は(も)よかったですよね・・・。(2日22:00)
 「information please」の画像検索結果「information please」の画像検索結果  「information please」の画像検索結果     「information please」の画像検索結果        「information please」の画像検索結果           「information please」の画像検索結果
  皮肉屋ブロガーのヨシダが痛感した記事にヒットして、殊のほか痛感したことを歯に衣着せぬ形でブログしました!ご批判は甘んじて受けとめます。でも、民主 主義そのもの母国vs西欧諸国なかんずく、本記事主人公のイギリスの国会風景を眼にして痛感することは、ヨシダの想いにはいささかも狂いはない、と確信せ ざるを得ないのが正直、悲しい限りです・・・。その記事は、「No.5902英議会、イスラム国掃討へシリア空爆を承認 米大統領が歓迎REUTERSロイター2015.12.3.)」です。お忙しい方は添付写真だけでもご覧になって、「日・英格差」を認めざるを得ないですよ!日英間の民主主義議会運営格差を垣間見て、マイッタ!のひと言です・・・。(10:40)
  きょうはあまり気に入ったインタネット情報にヒットしません。多くの新聞コラムは有名人の訃報情報が格好のネタになることが否定できません。数日経っても ボツボツといった感じがするほどのネタ足り得るのでしょうが、当方としては内容が容易に想像できることから、一旦取り上げたら、その後は「素通り」をしま す★と、そんなことから、本日は「12月5日のできごと」 編集に精出しました。二日分の貯金をした気分です。何ごとも、追われるより追う方がイイものです。先手必勝です。と言っても仕事上のこと。恋愛は追われる ほうが追うよりもイイ?って声がありそうですが(笑)★さて、本日はこの辺りで日付変更編集にはいりますか・・・。おっと、その「日付変更編集」ですが、 従来は当日のサイトをそのままストレートに編集したものですが、現在ではあらかじめ数日分の編集をして備えることにしています。特に「きょうのできごと」 は当該日のトップサイト原稿にそのままインプットして編集したほうがイイ感じです。完成を見届けて、ワン・ツー・スリ-で「urlの数文字変更」でOKっ て按配です。イイもんですよね、常に進歩って感じ。マンネリ化よりイイもんです。(18:30)
 ・・・と、本日の取材記事は1編と思っていたら、舞い込んできたメルマガに目がとまり、ご覧のような記事編集になりました。「・・・一党独裁の中国は何時か崩壊する、EUもしかり・・・」と、公の場(出席者数百名の会合)で発言して大恥をかいて現在に至るヨシダにとっては、これを機に大言は慎みます。・・・そうこうしていたら、目に留まった記事で、「イギリスはEUに留まるか離れるかの国民投票を考えている」とかですね。おっと、肝心の中国経済が云々の記事は、「No.5903老いた中国経済が、世界を揺るがす衝撃のシナリオMAG2 NEWS2015.12.3.(11.25日付)高城未来研究所 高城剛)」です。おやすみなさいませ。(21:00)


No.5903
老いた中国経済が、世界を揺るがす衝撃のシナリオ

MAG2 NEWS2015.12.3.(11.25日付)高城未来研究所 高城剛
ヨシダブログ:大事なところは太文字で、「中見出し」は、■ 今や「中国はもうダメだ派」が多数、■中国の来るべき経済危機が、世界に影響を与える構造・・・と続きます▼末尾の言葉に注目しましょう!曰く、「・・・ というわけで、「中国で現在起こっている問題は、長期になる」と思った方がいい。中国に期待していた欧州の国々も、ようやく気づきはじめました。いまのうちから、対策を検討することをお勧めします」と▼筆者のプライベートなことはよく知られたこと。ハイ、沢尻エリカとの離婚劇。スキャンダル&お騒がせ女優として有名な彼女だそうですが、本記事著者・高城剛氏との離婚の真相云々はヨシダのまったく知らないことで、あしからず・・・。添付写真の末尾に「おふたりの写真」をご参考までに(?)添えました▼おって、本記事のヨシダブログは個性豊かな筆者・高城剛さんとその著書に焦点を向けました。沢山の個性豊かな著書が同氏の個性を現しているものとして主に添え、肝心の習近平国家主席の写真は添え物的になりました。(写真22枚添付ファイル
                 16118022179_416c2e0212_o
 「高城剛」の画像検索結果    「高城剛著書」の画像検索結果   「高城剛著書」の画像検索結果  「高城剛著書」の画像検索結果  「高城剛著書」の画像検索結果 「高城剛著書」の画像検索結果「高城剛著書」の画像検索結果「高城剛著書」の画像検索結果
 「高城剛著書」の画像検索結果「高城剛著書「『ヤバいぜっ! デジタル日本』」」の画像検索結果「高城剛著書」の画像検索結果「高城剛著書」の画像検索結果「高城剛著書」の画像検索結果「高城剛著書」の画像検索結果「高城剛著書」の画像検索結果「高城剛著書」の画像検索結果
         「高城剛著書」の画像検索結果「高城剛著書」の画像検索結果「高城剛著書」の画像検索結果「高城剛著書「『ヤバいぜっ! デジタル日本』」」の画像検索結果「高城剛 沢尻エリカ」の画像検索結果
No.5902

英議会、イスラム国掃討へシリア空爆を承認 米大統領が歓迎
REUTERSロイター2015.12.3.
ヨシダブログ:シ リアなかんずく、イスラム国に対する西欧諸国とりわけ、EU加盟諸国にとって、極めて複雑な問題ですので、ヨシダが如き者の発言の場とはおおよそ考えられ ないものを自覚しますが、昨夜テレビは英国本場の国営テレビ・BBCと米CNNで 釘付けになった理由や感想をブログするに留めます▼まずはそれに先立って、グーグルで英議会における活発な議論光景を再現するべく、アトランダムですが拾 いました▼正直なヨシダブログですが、母国ニッポンで見慣れた国会審議風景とは全く「異質」の光景であり、その中身の「格差」デス!これがホンモノの民主 主義だ!・・・と絶句します▼対する日本のそれは国民性を反映してか、まるで議論を美徳としない風情。形式的かつ、事なかれ主義的な光景とは異質そのもの です。羨ましくも感じます。日本の場合は、質問するほうも、答弁するほうも、用意した原稿の棒読み的風情、しかも、与党にあっては官僚の用意したもの。重 要な国際会議等の後の記者関係では、質問する側もあらかじめ指定された者を司会者が「指名」するケースもあるニッポン式とはドエライ差異・格差・異質です らあります▼母国の同胞よ、目をもっと、世界に向けよ!と声を大にして言いたいデス!▼ところが、近年の若者たちは、留学や海外勤務をしたがらない、とい う嘆かわしい実態。少子社会で「親の財産はいずれはボク・ワタシのもの。なにも、海外まで行って苦労しなくても・・・」といった「打算」も垣間見られる嘆 かわしい母国ニッポンを憂います▼ヨシダの皮肉な口癖を此処でも・・・。「ワンス・アポン・ア・タイム、ニッポン民族という優秀な民族が居ったゲ ナ・・・」にだけはならぬよう、お願いしまっせ!歯に衣着せぬブログをご寛容のほど・・・。写真17枚添付ファイル
   「camelon at lower house for bombing syria」の画像検索結果 「camelon at lower house for bombing syria」の画像検索結果           「camelon at lower house for bombing syria」の画像検索結果 「camelon at lower house for bombing syria」の画像検索結果 
 「camelon at lower house for bombing syria」の画像検索結果     「camelon at lower house for bombing syria」の画像検索結果 「camelon at lower house for bombing syria」の画像検索結果          「camelon at lower house for bombing syria」の画像検索結果
    「camelon at lower house for bombing syria」の画像検索結果        「camelon at lower house for bombing syria」の画像検索結果       「camelon at lower house for bombing syria」の画像検索結果               「camelon at lower house for bombing syria」の画像検索結果   
 「camelon at lower house for bombing syria」の画像検索結果        「camelon at lower house for bombing syria」の画像検索結果     「camelon at lower house for bombing syria」の画像検索結果  「camelon at lower house for bombing syria」の画像検索結果
 昨日2日の記事5編を下記に掲載していましたが、本日3日の第一記事掲載(10:20)をもって消却しました。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。

                「末尾の特別情報お知らせコーナー」
 このコラムは日々の執筆生活の中で、これはと思いついたことをタイトルを付して書き留めたものです。ウェブサイトトップ面の末尾の箇所に掲載するものでして、時おり変更しています。数多いヨシダブログですが、まとまった所信の一端といった感じで位置づけています。

           
  「余生」から「与生」へ、さらに「世生」への人生を           
 80歳を過ぎたわが身だけに、こんな偉そうな(?)テーマの考えを披瀝するのは、それなりに、相応しい(?)かつ、資格(?)を持っていると自負してもイイでしょう(笑)。
  人生60年時代のこと。50歳そこそこで定年を迎えていた当時では、残りの10年を、永年の夢であった、「定年後は夫婦で世界一周旅行を!」を実現して、 ハイ、サヨナラ・・・ってな生き方が理想的な(?)「余生」の過ごし方であったでしょう。自分中心の残りの人生を過ごすのを「余生を過ごす、生き る・・・」です。
 ところが、人生80年時代ともなれば、そうはいきません。定年が60歳から65歳、さらに70歳になっても、人生80年では残 りの人生は10年から20年とかなりのスパンです。昔の人生60年時代における「現役人生」のなんと、三分の一にも及ぶ長さの「余生」です。20 年間も「余生を楽しむ」という雰囲気や気持ちには到底なれません。趣味や遊びもホン目の仕事を持っているからその余暇を利用して・・・というのが趣味たる 所以。それが本業みたいに、それしかすることがない・・・となると厄介です。さて次は何をしたらイイのだろうか?・・・と、自問自答するケースもあるで しょう。
 手前ミソで恐縮ですが、かくいうヨシダは満60歳を過ぎて、お家の都合(家内側から発したお家騒動)で離婚を余儀なくしました が、定年で年金生活に甘んじられる・・・といった心境には程遠いものがありました。その一方で、正直な話、見ておれ!ってな反骨精神は旺盛でした。定年年 齢だから「ヨシダさんは余生を過ごす身だ」とは見られないというのが当事者のホンネ。意地でも何かをしてみせるってな根性もありました。 
  そこで、「人生第三毛作」の始まり!とばかりに設立したマヴァリック(一匹狼)の経営コンサルタント会社(資本金1千万円也)がありました。これからがオ レ様の人生の本番だ、とばかりの勢いこみって感じでした。経営コンサルタントはクライアントの経営者のお手伝い。直接の経営コンサルでなくとも、間接的な 分野の出番はいくらでもあるって感じ。ヨシダの場合は職業運転手の教育のお手伝いを主流としたものです。その最たるものが拙著「トラックドライバー帝王学のすすめ」の出版でした。
  コンサルタント仕事の一環に捉えたのが、厚生労働省所管の資格制度で「健康・生きがいづくりアドバイザ-」というのがありました。早くにその資格を取得し たのですが、概して感じたことは、応募者の殆どが大手企業の管理職経験者の退職者とみました。現役時代には「○○部長・課長」と呼ばれて威張れる立場 (?)にあったセクト人たちが圧倒的でした。定年後でもセンセイと呼ばれたい、といった自己顕示欲でもそれはあるでしょう。
 そのような 現役時代を卒業した方々は概して定年後でも何かリーダシップを発揮して何かをしたいという願望は大きなものがあります。そこで目につけたのがうな定年後に 何か「公的資格」を取得して何かをすれば自身の達成感に繋がるし・・・といったところ。概してそういった動機がこの資格取得に駆り立てたと分析します。 ま、イイ意味での目立ちたりが屋でもあるでしょう。
 ともあれ、ここにきて言えることは、折角の与えられた生命であり人生。とすれば、死ぬまで何かをして過ごす、過ごしたい・・・と願うのは正常人の願望です。
 若い頃からのヨシダの人生観でしたが、長い人生を「区切り意識」をしながら生きることを常としていました。もっとも、その背景には、「運命に翻弄され る」と言ったらヘンかもしれませんが、自分自身の計画や意図とは別の次元でわが身に迫る変化に対する解釈と対応です。
  その最たるものが、「人生第一、第二、第三、第四毛作」と位置づけることを意識しています。ことほど左様に、紆余曲折の多い、変動の激しい人生を歩み歩ん できている・・・というのが、ヨシダの偽らない心境です。しかし、こうした人生論はあくまで主観的なものでして、それとは別に人生のあり方に関する考え方 を自覚します。
 すなわちそれは、自分自身のための人生という狭隘な 人生観から脱皮して、ここは一番、世のため、人のために役立つ生涯を・・・という欲張り人生観、「死生観」でもあります。そうした願望がヨシダオリジナル のキーワードを構築しました。称して、「同じ人生なら、余生を卒業して、世のため人のためになる人生を」⇒「余生から与生、さらには世生を!」と、相成っ た次第です。
 アイディアマンのヨシダが自信をもって言えること。それはその最終章である「与生・世生」の生き方選択肢足り得るのが現在 の「自称:相互信頼精神に基づく運命共同体生活」がそれ。共同生活するフィリピン人2家族(1ダース)をして「貧困から脱却」さしつつ、ヨシダの終の棲家 フィリピン生活を全うすること・・・に尽きます。
 ふと、好奇心旺盛なヨシダ。グーグルで<「余生」から「与生」へ、さらに「世生」への人生を」>をクリックして検索したらビックリ仰天!トップに踊り出たのがヨシダ著「日本人は世界一長寿民族 高齢社会の「生き方文化」を世界へ発信しよう」ではありませんか!? 2009年10月5日著で英語版もクリックすると出てきます。これには当のご本人もビックリ仰天!16年も前のこと。こうしてジャンジャン(?)書くネタをもつヨシダの側面を自身が垣間見る瞬間でもありました。ニ ンマリすることは、自編集のこの素人ウェブサイト編集ではあるものの、「中身」ではゼッタイに負けんぞ~!と自負するヨシダ編集長(!?)。末尾のこの コラムのこのネタは格好の長期間(or常設)のモノにしてもオカシクないぞ~!ってな心境です(笑)。前述したように、本コラムだけで一冊の本足り得る ぞ~!といった心境にご満悦です。
 なお、蛇足の弁になるですが、この思想の延長線上に位置すると自負するのが「自利から他利」の精神です。抜け目なく、それを別項として編集して、この位置の掲載コラムの一つとしています。  
 末尾にお愛嬌の写真をお楽しみくださいませんか?題して「フィリピンの人たちは『自己防衛精神』はバツグン!」です。当初のヨシダの反応は「オー!マイ・ゴッド!」でしたが、今ではこの国の人たちの逞しさと受けとめ、ユーモラスに感じます。
                                    
                            

ヨシダのウェブサイトをご訪問くださってありがとうございました。またの機会までご機嫌よろしゅう!と言っても、毎日相当量のヨシダコメントを書きまくっています。「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど」が決まり文句です。) 


                      
2015年12月3日(木)
                           ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
                    
                       
 吉田祐起
            
             (満84歳1ヶ月)  

                 (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)
                                yoshida@a-bombsurvivor.co