吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果   「yuuki yoshida」の画像検索結果 http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
      吉田祐起(Yuuki Yoshida) :満84歳1か月 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 


 この国フィリピンを終の棲家と定めて住み着いたのは2009年2月1日でした。

 数年間の自立単身生活を経て、ある縁を得て、現在ではフィリピン家族と共同生活を送っています。題して「相互扶助精神に基づ く運命共同体生活」がそれです。ヨシダの終生面倒見をかれらにしてもらうかわりに、皆さんには貧困から脱却してもらってお互いに幸せになりましょうという相互扶助の共同生活です。 

 ・・・ と、こんな生活設計を描いて現在に至るヨシダですが、ヨシダの義務は長生きすることにあると自覚しています。そのためには満40歳からある動機を得て始め て現在に至る自己流のストレッチング体操に一層の磨きをかけるなど、加えて長年に及ぶステッキ使用で肩にかかった重荷による肩こり解消に集中努力をして通 算8年。お陰で99.9%の達成振りです。でも、ちょっと真似のできない自助努力と自負します。

 肝心のボケ防止のための独特の手法を編み出したのが2012年3月のこと。題して「インタネット情報&ヨシダブログ」がそれです。詳細はクリックしてご覧くださいませんか?「こんなことをしているなんて、カッコいいボケ防止!」と自我自賛しています(笑)。

              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手製のささやかなウェブサイトですが、ご覧ください。なお、ご意見やお気づきの点は遠慮なく下記にご一報くだされば嬉しい限りです。
yoshida@a-bombsurvivor.com                                                                  English               
            2015年12月11日(金)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
   

   ヒロシマ・ヒバクシャのヨシダが発信する「オバマ米大統領の被爆市訪問」のこと
  フィリピンに来て間もない頃は2009年11月10日のこと。シンガポールで開催の APEC会議出席の前に東京に立ち寄られたオバマ大統領がNHK WORLDの記者の質問(今回の日本立ち寄りを機に、被爆市訪問の意図がありますか?) 対して答えられた言葉が鮮明です。"The schedules are too tight this time. However, I would like to have an honor of visiting some day during my Presidency."(今回はスケジュールが一杯でできないが、任期中の何時か訪問の栄に浴したい・・・)。その出来事を踏まえて即座に書いたのが、拙著オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします!」 (2009年11月10日記)です。クリックしてご覧ください。ヨシダはその後、その適切な訪問時期は、区切りイイ年次の「2010年ー65周年」として 公開書簡まで発表したものでした。しかし、それが実現しなかったことは、現在にして思うに、「2015年ー70周年」こそがベストな年次と提唱するに至り ました。
 ところが、8月に入ってもその気配は皆無。「2015年-70周年」に拘っていたヨシダは絶望と思いつめていたものの、考えてみれば 同大統領の任期は 2017年1月20日東部時間正午まで。とすれば、区切りは良いとは言えない「2016年ー71周年」になるのが精一杯。まいっか・・・と勝手に思ってい るところです。大統領任期中の「レガシー(遺産)づくり」としても、男の約束においても実現されるのがご本人のためだとさえ思うのがヨシダです。

 おって、ヒバクシャとして被害意識を強くする中で、オバマ米大統領が2011年の9.11の8周年記念式典(ペンタゴン)て遺族たちを前にスピーチした言葉の一節を下記に掲載します。「被害意識」が先行するヒバクシャのわれわれが共有すべき貴重な言葉と受けとめます。なお、この崇高なる大統領の言葉は"Ceremonies Mark 8th Anniversary of September 11 Terrorist Attacks"の中ほどに小さく載っていたもので、目立たないものです。中見出し付きもしくは、太文字表示されるべき価値あるものと考えます。
"Let us renew the true spirit of that day. Not the human capacity for evil but the human capacity for good - not the desire to destroy but the impulse to save and to serve and to build," あの日の真実の心を新たにしましょう。 悪に対する人類の能力としてでなく、善に対する人類の能力としてです。-破壊することへの欲望でなく、守り、奉仕し、建設するための推進力としてです。(オバマ米国大統領・翻訳;吉田祐起) 
            「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果         「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果
   (注:このトップコメントは2016年8月6日まで掲載します。しぶといでしょう、ヨシダは・・・笑)

                
                グーグルから拾った12月11日の「できごと」 
                          December 11 Events(英語版) 
                           「きょうのできごと」記録集
(To the English language visitors: Sorry, this column is for the Japanese edition. However, you could see so many English written Events in red characters among the Japanese lines, which are the ones never shown in Japanese edition. This means that Japanese edition is not as world-wide as the original English Google edition.) 
  こ のコラム編集なかんずく、当該写真の選択はご覧くださる方々のご関心をヴィジュアルな面で提供することを目的としています。ところが、写真を多く添付する と「1ページ当たりの編集許容量」が「1MB=1000KB」という制約から枚数を制限せざるを得ないものがあり、編集者の立場でこれは、と思うできごと に限った当該写真の添付ということにしています。★なおまた、「グーグルのできごと」は英語版が本流でして、日本語版はその翻訳的な一面が 否 定できません。日本語版から入ると「できごとの」の主人公すら掴めない場合さえあることを最近痛感することが少なくありません。「主語抜き」という日本語 特有の落とし穴です。ヨシダの手法は、その「できごと」の主人公もしくは主体をヨシダ流に英語でインプットしてキャッチするケースが少なくありません。そ んなことから、案外と多くの時間を 費やしているのがこの編集作業です。もっとも、その過程で学び体験を得るのは他ならぬ、編集者のヨシダではあるのですが・・・。なお、英語版の掲載は本家 米国が主体性であるにかんがみ、世界的視野からの「できごと」を知る意味で日本語版との重複は無論、除外してそのまま掲載しております。同英語版のリンク をクリックすると日本語版には見られない内容豊かなコンテンツが目に付きます。

11「Statute of Westminster 1931」の画像検索結果「Statute of Westminster 1931」の画像検索結果   「Statute of Westminster 1931」の画像検索結果「Statute of Westminster 1931」の画像検索結果「Statute of Westminster 1931」の画像検索結果「Statute of Westminster 1931」の画像検索結果
 「Statute of Westminster 1931」の画像検索結果「Statute of Westminster 1931」の画像検索結果「Statute of Westminster 1931」の画像検索結果21 「三井三池争議」の画像検索結果  「三井三池争議」の画像検索結果
 「三井三池争議」の画像検索結果「三井三池争議」の画像検索結果「三井三池争議」の画像検索結果「三井三池争議」の画像検索結果「三井三池争議」の画像検索結果  「三井三池争議」の画像検索結果
28「アポロ17号」の画像検索結果「アポロ17号」の画像検索結果「アポロ17号」の画像検索結果「アポロ17号」の画像検索結果「apollo 17」の画像検索結果「apollo 17, newspaper」の画像検索結果
34「屋久島世界遺産」の画像検索結果            「白神山地 世界遺産」の画像検索結果    「法隆寺地域の仏教建造物 世界遺産」の画像検索結果    「姫路城世界遺産」の画像検索結果    
                             48「東海林太郎」の画像検索結果「佐々淳行」の画像検索結果「山本富士子」の画像検索結果「山崎拓」の画像検索結果「加賀まりこ」の画像検索結果「小渕優子」の画像検索結果
220Cao Pi forces Emperor Xian of Han to abdicate the Han dynasty throne. The Cao Wei empire is established. The Three Kingdoms period begins.
361Julian the Apostate enters Constantinople as sole Emperor of the Roman Empire.
630Muhammad leads an army of 10,000 to conquer Mecca.
(1)969年 - 東ローマ帝国ニケフォロス2世が暗殺される。
(2)1087年寛治元年11月14日) - 後三年の役が終結。
(3)1282年 - 最後のウェールズ大公ルウェリン・アプ・グリフィズが戦死。
1602 – A surprise attack by forces under the command of Charles Emmanuel I, Duke of Savoy, and his brother-in-law, Philip III of Spain, is repelled by the citizens of Geneva. (Commemorated annually by the Fête de l'Escalade.)
(4)1637年寛永14年10月25日) - 島原の乱が勃発。
1688Glorious Revolution: James II of England, while trying to flee to France, allegedly throws the Great Seal of the Realm into the River Thames.
1789 – The University of North Carolina is chartered by the North Carolina General Assembly.
1792French Revolution: King Louis XVI of France is put on trial for treason by the National Convention.
(5)1806年 - ザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト3世を王としてザクセン公国ザクセン王国となる。
1815 – The U.S. Senate creates a select committee on finance and a uniform national currency, predecessor of the United States Senate Committee on Finance.
(6)1816年 - インディアナ準州が州に昇格し、アメリカ合衆国19番目の州・インディアナ州となる。
1868Paraguayan War: Brazilian troops defeat Paraguayan at the Battle of Avay.
(7)1889年 - 九州初の鉄道が、九州鉄道の手により博多 - 千歳川(仮駅)間で開業
1905 – A workers' uprising occurs in Kiev, Ukraine (then part of the Russian Empire), and establishes the Shuliavka Republic.
1907 – The New Zealand Parliament Buildings are almost completely destroyed by fire.
(8)1913年 - 京都法政学校私立立命館大学に改称。
1917World War I: British General Edmund Allenby enters Jerusalem on foot and declares martial law.
1920Irish War of Independence: In retaliation for an IRA ambush, British forces burn and loot numerous buildings in Cork city. Many civilians also reported being beaten, shot at, robbed and verbally abused by British forces.
1925Roman Catholic papal encyclical Quas primas introduces the Feast of Christ the King.
(9)1927年 - 広州起義中国共産党広州で武装蜂起。
(10)1929年 - 南武鉄道線(現JR南武線)が全線開通。
(11)1931年 - ウェストミンスター憲章イギリス議会で採択され、イギリス連邦が正式に発足。
1934Bill Wilson, co-founder of Alcoholics Anonymous, takes his last drink and enters treatment for the last time.
(12)1936年 - イギリス国王エドワード8世が退位。
(13)1937年 - 第二次エチオピア戦争: イタリア国際連盟から脱退。
(14)1940年 - 大分県日田市が市制施行。
(15)1940年 - イギリス海軍戦艦キング・ジョージ5世が竣工。
(16)1941年 - 第二次世界大戦: ドイツ・イタリアがアメリカ合衆国宣戦布告
・1941 – World War II: Poland declares war on the Empire of Japan.
(17)1944年 - 沖縄県営鉄道輸送弾薬爆発事故
(18)1946年 - 国際連合児童基金(ユニセフ)発足。
19481948 Arab–Israeli War: The United Nations passes General Assembly Resolution 194, creating a Conciliation Commission to mediate the conflict.
(19)1957年 - 百円硬貨を発行。
(20)1958年 - オートボルタ(現ブルキナファソ)がフランス共和国内の自治共和国となる。
(21)1959年 - 三井三池鉱山で退職勧告に応じない1278人に指名解雇を通告。三井三池争議が始まる。
1960 – French forces crack down in a violent clash with protesters in French Algeria during a visit by French President Charles de Gaulle.
(22)1961年 - 大阪市営地下鉄中央線大阪港駅 - 弁天町駅間が開業。
(23)1962年 - 恵庭事件
1962Arthur Lucas, convicted of murder, is the last person to be executed in Canada.
(24)1964年 - チェ・ゲバラがキューバ主席として国連総会で演説。
(25)1967年 - 佐藤栄作首相が非核三原則を表明。
(26)1967年 - 北大阪急行電鉄設立。
1968The Rolling Stones Rock and Roll Circus, featuring the Rolling Stones, Jethro Tull, the Who, Taj Mahal, Marianne Faithfull, and the Dirty Mac with Yoko Ono, is filmed in Wembley, London.
(27)1971年 - アメリカ合衆国でリバタリアン党発足。
(28)1972年 - アメリカの有人月宇宙船「アポロ17号」が月面に着陸。
(29)1977年 - 国鉄気仙沼線が全線開通。
1978 – The Lufthansa heist is committed by a group led by Lucchese family associate Jimmy Burke. It was the largest cash robbery ever committed on American soil, at that time.
1980 – The Comprehensive Environmental Response, Compensation, and Liability Act (Superfund) is enacted by the U.S. Congress.
1981El Mozote massacre: Armed forces in El Salvador kill an estimated 900 civilians in an anti-guerrilla campaign during the Salvadoran Civil War.
(30)1981年 - モハメド・アリ引退。
(31)1986年 - 国鉄越美南線第三セクター鉄道長良川鉄道に転換。
(32)1983年 - ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世がローマのルター派教会を訪問し、新旧キリスト教の対立が終結。
(33)1990年 - ニューヨークマフィア組織「ガンビーノ一家」のボス、ジョン・ゴッティが逮捕。
1990 – Demonstrations by students and workers across Albania begin, which eventually trigger the fall of communism in Albania.
1993 – Forty-eight people are killed when a block of the Highland Towers collapses near Kuala Lumpur, Malaysia.
(34)1993年 - 屋久島白神山地法隆寺地域の仏教建造物姫路城の4か所が世界遺産に決定。
(35)1994年 - 第一次チェチェン紛争勃発。
(36)1994年 - フィリピン航空434便爆破事件南大東島沖上空のフィリピン航空434便内で爆弾が爆発、日本人男性1名が死亡。

(37)1996年 - 大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線心斎橋駅 - 京橋駅間が延伸開業。ならびに路線名を鶴見緑地線から改称。
(38)1997年 - 地球温暖化防止京都会議 (COP3) が閉幕、京都議定書が採択される。
(39)1998年 - タイ国際航空エアバスA310スラートターニー空港付近で墜落、101名が死亡。(タイ国際航空261便墜落事故)
(40)2000年 - 男女共同参画審議会、選択的夫婦別姓制度を5年以内に検討すると表明。
(41)2001年 - 中華人民共和国世界貿易機関 (WTO) に加盟。
(42)2004年 - サントリーチャンピオンシップ第2戦で浦和レッズを下し横浜Fマリノスが2年連続リーグ制覇。
(43)2005年 - クロナラ暴動
2005 – The Buncefield Oil Depot catches fire in Hemel Hempstead, England, United Kingdom.
2006 – The International Conference to Review the Global Vision of the Holocaust is opened in Tehran, Iran, by then-president Mahmoud Ahmadinejad; nations such as Israel and the United States express concern.
・2006 –
Felipe Calderón, the President of Mexico, launches a military-led offensive to put down the drug cartel violence in the state of Michoacán. This effort is often regarded as the first event in the Mexican Drug War.
(44)2006年 - テヘランホロコースト否認論者によるホロコースト・グローバルヴィジョン検討国際会議が開催。
2007Insurgency in the Maghreb: Two car bombs explode in Algiers, Algeria, one near the Supreme Constitutional Court and the other near the offices of the United Nations.
(45)2008年 - FBIが史上最大級の巨額詐欺事件でバーナード・L・マドフを逮捕。
(46)2008年 - 北京オリンピックハンマー投げ5位室伏広治が2位・3位選手のドーピングによる失格のため、繰り上げで銅メダルが決定。
(47)2010年 - 2010年ストックホルム爆破事件
2012 – At least 125 people are killed and up to 200 injured in bombings in the Alawite village of Aqrab, Syria.
2014 – The city of Detroit, Michigan emerges from the largest municipal bankruptcy in United States history.[1]
(48)ヨシダが選んだ著名人の誕生日;東海林太郎 (1898)、佐々淳行( 1930)、 山本富士子 (1931)、山崎拓(1936)、 加賀まりこ (1943)、 小渕優子 (1973)

                                    インタネット情報&ヨシダブログ
              (2015年3月20日付でコラム名称を変更しました)

(上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。
   こ のコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を編 集しつつ、ヨシダコメントを書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグーグルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、 掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。 
只今、 5924編です。 

2015年12月11日(金)掲載分
昨日12月10日最終のトップページ
編集者のダイアリー・コナー

 本日「12月11日のできごと」のなかで、ヨシダが特記してみたいことは、「(11)1931年 - ウェストミンスター憲章イギリス議会で採択され、イギリス連邦が正式に発足」、「(21)1959年 - 三井三池鉱山で退職勧告に応じない1278人に指名解雇を通告。三井三池争議が始まる。」、「(28)1972年 - アメリカの有人月宇宙船「アポロ17号」が月面に着陸。」、「(34)1993年 - 屋久島白神山地法隆寺地域の仏教建造物姫路城の4か所が世界遺産に決定。」です。(11)の「イギリス連邦」が発足したのはヨシダが生まれた年次。(21)の三井三池争議はヨシダが人生第一毛作時代の終盤時代。(28)の「アポロ17号」は史上7号目の最後の月面着陸で最後となったもの・・・と記憶します。
 「No.5923:円高説は根拠薄弱、来年ドル130円もREUTERSロイター2015.12.11.村田雅志(ブラウン・ブラザーズ・ハリマン 通貨ストラテジスト)」の記事は、一昨日の同じREUTERSロイター筆者同士の「No.5920:2016年は円高へ、ドル110円もREUTERSロイター2015.12.9.佐々木融・JPモルガン・チェース銀行 市場調査本部長)」と対照的です。両筆者の写真を「VS」で仲良く結びました。これってブロガー・ヨシダのユーモアです。もっとも、海外居住者だけに、「円高論者」に手を振りたい心境ではありますが・・・(笑)。(11:10)
 わが子の名付けに悩む親御様、集まれ!「名は体を現す」だけに大事で~す。ましてや、少子時代のひとり子、ふたり子となれば、少々の時間もお金も惜しまないでしょう。「No.5924:男子名人気ランキング、「翔」が増えているワケ 日本経済新聞2015.12.11.編集委員 小林明)」は長文の名づけ助言記事です。(12:00)
 

No.5924
男子名人気ランキング、「翔」が増えているワケ  
日本経済新聞2015.12.11.編集委員 小林明

ヨシダブログ:お子さんの名付けに関心の強いお方!集まれ~!必読の記事ですぞ~!「中見出し」は、■大翔が4年ぶりに首位に、「大翔・蓮」の2強時代、■トップ10に4つ、「翔」の付いた名前が急増、■干支が影響、「羊」へんで縁起を担いだ?、■「寅」「辰」「午」にちなんだ名前も……、■ラグビー「五郎丸」人気、「歩」も33位に急上昇、■7年連続で「はると」時代、「ゆうき」は圏外へ、■音で読みを決め→当て字で表記、「はると」で表記が45種類、■「読みは収束」「表記は多様化」……、名付けのメカニズム・・・と続きます▼「名は体を現す」(名前はその物や人の性質や実体をよく表すものだということ)だけに、わが子のネイミング(日本人流発音では<ネーミング>)のためにご参考に供します。
写真6枚添付ファイル)  
 北海道日本ハムファイターズの中田翔選手(写真左)と大谷翔平選手。有名人に「翔」の付く名前は多い=共同ラグビーワールドカップ日本代表の五郎丸歩選手。活躍が名付けにも影響?=共同「日本経済新聞編集委員 小林明」の画像検索結果「日本経済新聞編集委員 小林明」の画像検索結果
                                     
  (本記事筆者・小林明氏&同著書)
No.5923
円高説は根拠薄弱、来年ドル130円も
REUTERSロイター2015.12.11.村田雅志(ブラウン・ブラザーズ・ハリマン 通貨ストラテジスト

ヨシダブログ:同じREUTERSロイターの筆者でも意見相違は当然。海外居住者の立場で別段一喜一憂するなにものもありませんが、投資家にとっては重大関心事足り得るでしょう。一昨日の「円高論記事」は、「No.59202016年は円高へ、ドル110円もREUTERSロイター2015.12.9.佐々木融・JPモルガン・チェース銀行 市場調査本部長)」でした。考えてみるに、どんな専門家でもこと「見通し」となると差異が生じます。ま、だからオモシロいのが経済の仕組み。絵に描いたモチどおりにことが運んだら失敗者はなし、成功者のみ・・・みんながお金持ち!でメデタシ!?▼「中見出し」は、<国際収支は本当に円高シグナルを発しているのか>、<1ドル=120円を大きく割り込む円高は考えにくい>と続きます。見出しの背後の意味の取り方は読者次第ですよね。円高予想者vs円安予想者ご両者を仲良く「vs」で結んだ写真添付はヨシダのユーモアセンス!写真5枚添付ファイル  
     「村田雅志」の画像検索結果「名門外資系アナリストが実践している為替のルール」(東洋経済新報社)」の画像検索結果vs佐々木融「佐々木融・著書」の画像検索結果「佐々木融・著書「インフレで私たちの収入は本当に増えるのか?」の画像検索結果
 昨日10日の記事1編を下記に掲載していましたが、本日11日の第一記事掲載(11:00)をもって消却しました。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。
                 

                「末尾の特別情報お知らせコーナー」
 このコラムは日々の執筆生活の中で、これはと思いついたことをタイトルを付して書き留めたものです。ウェブサイトトップ面の末尾の箇所に掲載するものでして、時おり変更しています。数多いヨシダブログですが、まとまった所信の一端といった感じで位置づけています。

             「余生」から「与生」へ、さらに「世生」への人生を 
 80歳を過ぎたわが身だけに、こんな偉そうな(?)テーマの考えを披瀝するのは、それなりに、相応しい(?)かつ、資格(?)を持っていると自負してもイイでしょう(笑)。
  人生60年時代のこと。50歳そこそこで定年を迎えていた当時では、残りの10年を、永年の夢であった、「定年後は夫婦で世界一周旅行を!」を実現して、 ハイ、サヨナラ・・・ってな生き方が理想的な(?)「余生」の過ごし方であったでしょう。自分中心の残りの人生を過ごすのを「余生を過ごす、生き る・・・」です。
 ところが、人生80年時代ともなれば、そうはいきません。定年が60歳から65歳、さらに70歳になっても、人生80年では残 りの人生は10年から20年とかなりのスパンです。昔の人生60年時代における「現役人生」のなんと、三分の一にも及ぶ長さの「余生」です。20 年間も「余生を楽しむ」という雰囲気や気持ちには到底なれません。趣味や遊びもホン目の仕事を持っているからその余暇を利用して・・・というのが趣味たる 所以。それが本業みたいに、それしかすることがない・・・となると厄介です。さて次は何をしたらイイのだろうか?・・・と、自問自答するケースもあるで しょう。
 手前ミソで恐縮ですが、かくいうヨシダは満60歳を過ぎて、お家の都合(家内側から発したお家騒動)で離婚を余儀なくしました が、定年で年金生活に甘んじられる・・・といった心境には程遠いものがありました。その一方で、正直な話、見ておれ!ってな反骨精神は旺盛でした。定年年 齢だから「ヨシダさんは余生を過ごす身だ」とは見られないというのが当事者のホンネ。意地でも何かをしてみせるってな根性もありました。 
  そこで、「人生第三毛作」の始まり!とばかりに設立したマヴァリック(一匹狼)の経営コンサルタント会社(資本金1千万円也)がありました。これからがオ レ様の人生の本番だ、とばかりの勢いこみって感じでした。経営コンサルタントはクライアントの経営者のお手伝い。直接の経営コンサルでなくとも、間接的な 分野の出番はいくらでもあるって感じ。ヨシダの場合は職業運転手の教育のお手伝いを主流としたものです。その最たるものが拙著「トラックドライバー帝王学のすすめ」の出版でした。
  コンサルタント仕事の一環に捉えたのが、厚生労働省所管の資格制度で「健康・生きがいづくりアドバイザ-」というのがありました。早くにその資格を取得し たのですが、概して感じたことは、応募者の殆どが大手企業の管理職経験者の退職者とみました。現役時代には「○○部長・課長」と呼ばれて威張れる立場 (?)にあったセクト人たちが圧倒的でした。定年後でもセンセイと呼ばれたい、といった自己顕示欲でもそれはあるでしょう。
 そのような 現役時代を卒業した方々は概して定年後でも何かリーダシップを発揮して何かをしたいという願望は大きなものがあります。そこで目につけたのがうな定年後に 何か「公的資格」を取得して何かをすれば自身の達成感に繋がるし・・・といったところ。概してそういった動機がこの資格取得に駆り立てたと分析します。 ま、イイ意味での目立ちたりが屋でもあるでしょう。
 ともあれ、ここにきて言えることは、折角の与えられた生命であり人生。とすれば、死ぬまで何かをして過ごす、過ごしたい・・・と願うのは正常人の願望です。
 若い頃からのヨシダの人生観でしたが、長い人生を「区切り意識」をしながら生きることを常としていました。もっとも、その背景には、「運命に翻弄され る」と言ったらヘンかもしれませんが、自分自身の計画や意図とは別の次元でわが身に迫る変化に対する解釈と対応です。
  その最たるものが、「人生第一、第二、第三、第四毛作」と位置づけることを意識しています。ことほど左様に、紆余曲折の多い、変動の激しい人生を歩み歩ん できている・・・というのが、ヨシダの偽らない心境です。しかし、こうした人生論はあくまで主観的なものでして、それとは別に人生のあり方に関する考え方 を自覚します。
 すなわちそれは、自分自身のための人生という狭隘な 人生観から脱皮して、ここは一番、世のため、人のために役立つ生涯を・・・という欲張り人生観、「死生観」でもあります。そうした願望がヨシダオリジナル のキーワードを構築しました。称して、「同じ人生なら、余生を卒業して、世のため人のためになる人生を」⇒「余生から与生、さらには世生を!」と、相成っ た次第です。
 アイディアマンのヨシダが自信をもって言えること。それはその最終章である「与生・世生」の生き方選択肢足り得るのが現在 の「自称:相互信頼精神に基づく運命共同体生活」がそれ。共同生活するフィリピン人2家族(1ダース)をして「貧困から脱却」さしつつ、ヨシダの終の棲家 フィリピン生活を全うすること・・・に尽きます。
 ふと、好奇心旺盛なヨシダ。グーグルで<「余生」から「与生」へ、さらに「世生」への人生を」>をクリックして検索したらビックリ仰天!トップに踊り出たのがヨシダ著「日本人は世界一長寿民族 高齢社会の「生き方文化」を世界へ発信しよう」ではありませんか!? 2009年10月5日著で英語版もクリックすると出てきます。これには当のご本人もビックリ仰天!16年も前のこと。こうしてジャンジャン(?)書くネタをもつヨシダの側面を自身が垣間見る瞬間でもありました。ニ ンマリすることは、自編集のこの素人ウェブサイト編集ではあるものの、「中身」ではゼッタイに負けんぞ~!と自負するヨシダ編集長(!?)。末尾のこの コラムのこのネタは格好の長期間(or常設)のモノにしてもオカシクないぞ~!ってな心境です(笑)。前述したように、本コラムだけで一冊の本足り得る ぞ~!といった心境にご満悦です。
 なお、蛇足の弁になるですが、この思想の延長線上に位置すると自負するのが「自利から他利」の精神です。抜け目なく、それを別項として編集して、この位置の掲載コラムの一つとしています。

                        Miss Earth Philippines 2015, Angelia Ong さんです!
     Miss Earth Philippines 2015 winner Angelia Ong poses to the photographers during the send off ceremony  in a hotel in Pasay City. Ong will be compete in the Miss Earth 2015 at Marx Halle in Vienna Austria on December 5,2015 (Photo courtesy of Ali Vicoy)「Angelia Ong」の画像検索結果「Angelia Ong」の画像検索結果
                  (Manila Times & Manila Bulletin より)

 末尾にお愛嬌の写真をお楽しみくださいませんか?題して「フィリピンの人たちは『自己防衛精神』はバツグン!」です。当初のヨシダの反応は「オー!マイ・ゴッド!」でしたが、今ではこの国の人たちの逞しさと受けとめ、ユーモラスに感じます。
                                     
                              
  
ヨシダのウェブサイトをご訪問くださってありがとうございました。またの機会までご機嫌よろしゅう!と言っても、毎日相当量のヨシダコメントを書きまくっています。「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど」が決まり文句です。) 

                      
2015年12月11日(金)
                           ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
                    
                       
 吉田祐起
            
             (満84歳1ヶ月)  

                 (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)
                                yoshida@a-bombsurvivor.co