吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果   「yuuki yoshida」の画像検索結果 http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
      吉田祐起(Yuuki Yoshida) :満84歳1か月 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 


 この国フィリピンを終の棲家と定めて住み着いたのは2009年2月1日でした。

 数年間の自立単身生活を経て、ある縁を得て、現在ではフィリピン家族と共同生活を送っています。題して「相互扶助精神に基づ く運命共同体生活」がそれです。ヨシダの終生面倒見をかれらにしてもらうかわりに、皆さんには貧困から脱却してもらってお互いに幸せになりましょうという相互扶助の共同生活です。 

 ・・・ と、こんな生活設計を描いて現在に至るヨシダですが、ヨシダの義務は長生きすることにあると自覚しています。そのためには満40歳からある動機を得て始め て現在に至る自己流のストレッチング体操に一層の磨きをかけるなど、加えて長年に及ぶステッキ使用で肩にかかった重荷による肩こり解消に集中努力をして通 算8年。お陰で99.9%の達成振りです。でも、ちょっと真似のできない自助努力と自負します。

 肝心のボケ防止のための独特の手法を編み出したのが2012年3月のこと。題して「インタネット情報&ヨシダブログ」がそれです。詳細はクリックしてご覧くださいませんか?「こんなことをしているなんて、カッコいいボケ防止!」と自我自賛しています(笑)。

              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手製のささやかなウェブサイトですが、ご覧ください。なお、ご意見やお気づきの点は遠慮なく下記にご一報くだされば嬉しい限りです。
yoshida@a-bombsurvivor.com                                                                  English               
            2015年11月29日(日)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
   

   ヒロシマ・ヒバクシャのヨシダが発信する「オバマ米大統領の被爆市訪問」のこと
  フィリピンに来て間もない頃は2009年11月10日のこと。シンガポールで開催の APEC会議出席の前に東京に立ち寄られたオバマ大統領がNHK WORLDの記者の質問(今回の日本立ち寄りを機に、被爆市訪問の意図がありますか?) 対して答えられた言葉が鮮明です。"The schedules are too tight this time. However, I would like to have an honor of visiting some day during my Presidency."(今回はスケジュールが一杯でできないが、任期中の何時か訪問の栄に浴したい・・・)。その出来事を踏まえて即座に書いたのが、拙著オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします!」 (2009年11月10日記)です。クリックしてご覧ください。ヨシダはその後、その適切な訪問時期は、区切りイイ年次の「2010年ー65周年」として 公開書簡まで発表したものでした。しかし、それが実現しなかったことは、現在にして思うに、「2015年ー70周年」こそがベストな年次と提唱するに至り ました。
 ところが、8月に入ってもその気配は皆無。「2015年-70周年」に拘っていたヨシダは絶望と思いつめていたものの、考えてみれば 同大統領の任期は 2017年1月20日東部時間正午まで。とすれば、区切りは良いとは言えない「2016年ー71周年」になるのが精一杯。まいっか・・・と勝手に思ってい るところです。大統領任期中の「レガシー(遺産)づくり」としても、男の約束においても実現されるのがご本人のためだとさえ思うのがヨシダです。

 おって、ヒバクシャとして被害意識を強くする中で、オバマ米大統領が2011年の9.11の8周年記念式典(ペンタゴン)て遺族たちを前にスピーチした言葉の一節を下記に掲載します。「被害意識」が先行するヒバクシャのわれわれが共有すべき貴重な言葉と受けとめます。なお、この崇高なる大統領の言葉は"Ceremonies Mark 8th Anniversary of September 11 Terrorist Attacks"の中ほどに小さく載っていたもので、目立たないものです。中見出し付きもしくは、太文字表示されるべき価値あるものと考えます。
"Let us renew the true spirit of that day. Not the human capacity for evil but the human capacity for good - not the desire to destroy but the impulse to save and to serve and to build," あの日の真実の心を新たにしましょう。 悪に対する人類の能力としてでなく、善に対する人類の能力としてです。-破壊することへの欲望でなく、守り、奉仕し、建設するための推進力としてです。(オバマ米国大統領・翻訳;吉田祐起) 
            「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果         「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果
   (注:このトップコメントは2016年8月6日まで掲載します。しぶといでしょう、ヨシダは・・・笑)

                
                グーグルから拾った11月29日の「できごと」 
                          November 29 Events(英語版) 
                               「きょうのできごと」記録集
(To the English language visitors: Sorry, this column is for the Japanese edition. However, you could see so many English written Events in red characters among the Japanese lines, which are the ones never shown in Japanese edition. This means that Japanese edition is not as world-wide as the original English Google edition.) 
  こ のコラム編集なかんずく、当該写真の選択はご覧くださる方々のご関心をヴィジュアルな面で提供することを目的としています。ところが、写真を多く添付する と「1ページ当たりの編集許容量」が「1MB=1000KB」という制約から枚数を制限せざるを得ないものがあり、編集者の立場でこれは、と思うできごと に限った当該写真の添付ということにしています。★なおまた、「グーグルのできごと」は英語版が本流でして、日本語版はその翻訳的な一面が 否 定できません。日本語版から入ると「できごとの」の主人公すら掴めない場合さえあることを最近痛感することが少なくありません。「主語抜き」という日本語 特有の落とし穴です。ヨシダの手法は、その「できごと」の主人公もしくは主体をヨシダ流に英語でインプットしてキャッチするケースが少なくありません。そ んなことから、案外と多くの時間を 費やしているのがこの編集作業です。もっとも、その過程で学び体験を得るのは他ならぬ、編集者のヨシダではあるのですが・・・。なお、英語版の掲載は本家 米国が主体性であるにかんがみ、世界的視野からの「できごと」を知る意味で日本語版との重複は無論、除外してそのまま掲載しております。同英語版のリンク をクリックすると日本語版には見られない内容豊かなコンテンツが目に付きます。

7 「同志社英学校」の画像検索結果   「同志社英学校」の画像検索結果関連画像 「1875年 - 京都市に同志社英学校が開学」の画像検索結果 「新島八重墓」の画像検索結果「1875年 - 京都市に同志社英学校が開学」の画像検索結果
   「1875年 - 京都市に同志社英学校が開学」の画像検索結果 「1875年 - 京都市に同志社英学校が開学」の画像検索結果   「1875年 - 京都市に同志社英学校が開学」の画像検索結果   「1875年 - 京都市に同志社英学校が開学」の画像検索結果 「新島夫婦墓」の画像検索結果  「新島八重墓」の画像検索結果
 「同志社大学」の画像検索結果「同志社大学」の画像検索結果「同志社大学」の画像検索結果「同志社大学」の画像検索結果  「同志社大学校章」の画像検索結果
   18「United Nations Partition Plan for Palestine, 1840 at the assembly」の画像検索結果「united nations resolution no.181 document」の画像検索結果「United Nations Partition Plan for Palestine, 1840」の画像検索結果「United Nations Partition Plan for Palestine, 1840」の画像検索結果「United Nations Partition Plan for Palestine, 1840」の画像検索結果   関連画像
       26「大韓航空機爆破事件」の画像検索結果「大韓航空機爆破事件」の画像検索結果関連画像「大韓航空機爆破事件」の画像検索結果「大韓航空機爆破事件」の画像検索結果「大韓航空機爆破事件新聞記事」の画像検索結果
    30  「井伊直弼」の画像検索結果「井伊直弼」の画像検索結果  「井伊直弼」の画像検索結果  「田中絹代幼少期」の画像検索結果 「田中絹代幼少期」の画像検索結果「田中絹代幼少」の画像検索結果 「勝新太郎」の画像検索結果 関連画像「勝新太郎」の画像検索結果
(1)紀元前2333年 - 檀君古朝鮮を建国。
561 – King Chlothar I dies at Compiègne. The Merovingian dynasty is continued by his four sons — Charibert I, Guntram, Sigebert I and Chilperic I — who divide the Frankish Kingdom.
800Charlemagne arrives at Rome to investigate the alleged crimes of Pope Leo III.
903 – The Abbasid army under Muhammad ibn Sulayman al-Katib deals a crushing defeat on the Qarmatians at the Battle of Hama.
(2)1394年 - 李氏朝鮮初代国王李成桂開城から現在のソウルに遷都。
1549 – The papal conclave of 1549–50 begins.
1612 – The Battle of Swally takes place, which loosens the Portuguese Empire's hold on India.
1729Natchez Indians massacre 138 Frenchmen, 35 French women, and 56 children at Fort Rosalie, near the site of modern-day Natchez, Mississippi.
1776American Revolutionary War: The Battle of Fort Cumberland, Nova Scotia, comes to an end with the arrival of British reinforcements.
1777San Jose, California, is founded as Pueblo de San José de Guadalupe by José Joaquín Moraga. It is the first civilian settlement, or pueblo, in Alta California.
1781 – The crew of the British slave ship Zong murders 133 Africans by dumping them into the sea to claim insurance.
1783 – A 5.3 magnitude earthquake strikes New Jersey.
1807Transfer of the Portuguese Court to Brazil: John VI of Portugal flees Lisbon from advancing Napoleonic forces during the Peninsular War, transferring the Portuguese court to Brazil.
(3)1830年 - ロシア帝国支配下のポーランドワルシャワ十一月蜂起が起こる。
1847 – The Sonderbund is defeated by the joint forces of other Swiss cantons under General Guillaume-Henri Dufour.
・1847 –
Whitman massacre: Missionaries Dr. Marcus Whitman, his wife Narcissa, and 15 others are killed by Cayuse and Umatilla Indians, causing the Cayuse War.
(4)1850年 - プロイセン王国オーストリア帝国ロシア帝国オルミュッツ協定を締結。プロイセンによるドイツ統一が頓挫。
(5)1864年 - インディアン戦争コロラド戦争: サンドクリークの虐殺

・1864 – American Civil War: Battle of Spring Hill – A Confederate advance into Tennessee misses an opportunity to crush the Union Army. General John Bell Hood is angered, which leads to the Battle of Franklin.
(6)1872年 - インディアン戦争・モードック戦争: ロスト川の戦い
(7)1875年 - 京都市同志社英学校同志社大学の前身)が開学。
(8)1877年 - トーマス・エジソンが自身が発明した蓄音機を初めて公開。
1885 – End of Third Anglo-Burmese War, and end of Burmese monarchy.
(9)1890年 - 大日本帝国憲法施行。同日、第1回帝国議会が開会(翌1891年3月7日まで)。
(10)1893年 - 武漢に自強学堂(後の武漢大学)が設立される。
1893 – The Ziqiang Institute, today known as Wuhan University, is founded by Zhang Zhidong, governor of Hubei and Hunan Provinces in late Qing dynasty China, after his memorial to the throne is approved by the Qing Government.
1899FC Barcelona Association football club is founded.
1902 – The Pittsburgh Stars defeated the Philadelphia Athletics, 11–0, at the Pittsburgh Coliseum, to win the first championship associated with an American national professional football league.
(11)1913年 - 国際フェンシング連盟設立。
(12)1924年 - 東京音楽学校ベートーヴェン交響曲第9番が日本人によって初めて上演。
(13)1929年 - リチャード・バードらが史上初めて南極点上空を飛行。
(14)1934年 - 日本初のアメリカンフットボール試合を東京・明治神宮外苑競技場で開催。
(15)1943年 - ユーゴスラビア社会主義連邦共和国が建国を宣言。
(16)1943年 - ブーゲンビル島の戦い: ナボイの戦いで日本軍が勝利。
(17)1944年 - ソ連軍 によるアルバニアの全土解放が行なわれ、アルバニアがイタリア軍からの独立を宣言。同日、アルバニア共産党を中心とする社会主義臨時政府が設立。
1944 – The first surgery (on a human) to correct blue baby syndrome is performed by Alfred Blalock and Vivien Thomas.
1945 – The Federal People's Republic of Yugoslavia is declared.
1946 – The All Indonesia Centre of Labour Organizations (SOBSI) is founded in Jakarta.
1947Partition Plan: The United Nations General Assembly approves a plan for the partition of Palestine.
(18)1947年 - 国連総会パレスチナ分割決議案(国連決議181号)可決。
(19)1947年 - 第一次インドシナ戦争: ミーチャック村虐殺
1950Korean War: North Korean and Chinese troops force United Nations forces to retreat from North Korea.
1952 – Korean War: U.S. President-elect Dwight D. Eisenhower fulfills a campaign promise by traveling to Korea to find out what can be done to end the conflict.
1961Project Mercury: Mercury-Atlas 5 Mission – Enos, a chimpanzee, is launched into space. The spacecraft orbits the Earth twice and splashes down off the coast of Puerto Rico.
1963 – U.S. President Lyndon B. Johnson establishes the Warren Commission to investigate the assassination of President John F. Kennedy.
(20)1963年 - トランスカナダ航空831便墜落事故
1965 – The Canadian Space Agency launches the satellite Alouette 2.
1967Vietnam War: U.S. Secretary of Defense Robert McNamara announces his resignation.
(21)1972年 - アタリビデオゲームポン』をリリース。
(22)1973年 - 大洋デパート火災。死者104人、負傷者108人。デパート火災最大の惨事に。
1975Graham Hill and Tony Brise, along with four other members of the Embassy Hill F1 team, were killed when their plane crashed at Arkley golf course, England, in thick fog.
(23)1976年 - 荒井由実松任谷正隆横浜山手教会で結婚。
(24)1980年 - 川崎市金属バット両親殺害事件発生。
(25)1985年 - 過激派による国電同時多発ゲリラ事件首都圏大阪を初め各地で線路のケーブルが切断されダイヤが混乱。600万人に影響が出る。
1986 – The Surinamese military attacks the village of Moiwana during the Suriname Guerrilla War, killing at least 39 civilians, mostly women and children.
(26)1987年 - 大韓航空機爆破事件
(27)1990年 - 湾岸戦争: 国連安保理安保理決議678(対イラク武力行使容認決議)を採択。
(28)1991年 - 営団地下鉄(現在の東京メトロ南北線駒込駅 - 赤羽岩淵駅間が開業。
(29)2003年 - イラク日本人外交官射殺事件おこる。
2007 – The Armed Forces of the Philippines lay siege to the Peninsula Manila after soldiers led by Senator Antonio Trillanes stage a mutiny.
・2007 – A
7.4 magnitude earthquake occurs off the northern coast of Martinique. This affects the Eastern Caribbean as far north as Puerto Rico and as far south as Trinidad.
2009Maurice Clemmons shoots and kills four police officers inside a coffee shop in Lakewood, Washington.
2013LAM Mozambique Airlines Flight 470 crashes in Namibia, killing 33 people.
2014Taiwan local elections, the Democratic Progressive Party won a landslide victory.
(30)ヨシダが選んだ著名人の誕生日;井伊直弼(1895)、田中絹代(1909)、勝慎太郎(1931)

                       インタネット情報&ヨシダブログ
              (2015年3月20日付でコラム名称を変更しました)
(上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。)

   こ のコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を編集しつつ、ヨシダコメントを書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグーグルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、 掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。 

只今、 5891件です。 
2015年11月29日(日)掲載分

昨日11月28日最終のトップページ
編集者のひと言ダイアリー・コナー

  本日「11月29日のできごと」でヨシダが特に関心を抱くのは、「(7)1875年 - 京都市同志社英学校同志社大学の前身)が開学。」と「(18)1947年 - 国連総会パレスチナ分割決議案(国連決議181号)可決」です。特に後者の「(18)1947年 - 国連総会パレスチナ分割決議案(国 連決議181号)可決」で痛感することは現在の同地区における紛争が絶え間ない事実。西欧先進諸国が石油資源等の目当てで植民地化したものを更に話し合い で新しい国境を作って分割するなど、実に勝手のイイことをしてきているのが現実。紛争の絶え間のない火薬庫的な地区たる所以だとは、世界史に疎いヨシダの ど素人考えです。
 「No.5891:日系人全国大会 「心は天皇、皇后両陛下に近く」と、来年1月、マニラ市で9年ぶりに開催へ日刊マニラ新聞2015.11.29.酒井善彦)」を編集しながら胸が熱くなりました。同ブログにリンクしている20世紀初頭、フィリピンは日本人の出稼ぎ先だった。5千人が比に渡り、建設・農園労働者としてバギオ市やダバオ市で根を張っていった・・・をクリックしてご覧下いませんか?(12:30)


No.5891
日系人全国大会 「心は天皇、皇后両陛下に近く」と、来年1月、マニラ市で9年ぶりに開催へ
日刊マニラ新聞2015.11.29.酒井善彦
ヨシダブログ:ヨシダがフィ リピンを「終の棲家」と定めて移住したのは2009年2月1日でした。第二次大戦時の激戦地だったこの国で死亡した彼我の別ない多くの慰霊を弔うことを 願ってのことでした。大好きな英語を活用するには英語を第二国語とするフィリピンがベストだとも位置づけ、かつまた、カトリックとメソディストの違いは あってもキリスト教国であり、足の不自由な身を意識して、常夏の国も魅力のひとつと位置づけてのことでした▼この国に来て間もなくのこと、本紙「日刊まに ら新聞」のウェブサイトで目に留まったのが、20世紀初頭、フィリピンは日本人の出稼ぎ先だった。5千人が比に渡り、建設・農園労働者としてバギオ市やダバオ市で根を張っていった・・・で した。全文をコピーしてご覧のようなものに仕上げて現在に至ります。その歴史的なくねくねした道路をヨシダは一度だけクルマで案内してもらったことがあり ますが、残念ながら当時のヨシダはその歴史的背景を全く知りませんでした▼本記事を読みながら胸が熱くなることを禁じ得ませんでした。前述したこの国に骨 を埋める決意で住み着いているヨシダにとって、その感をより一層強める心境を招来する記事です▼なお、比日系人会連合会のイネス・マリャリ会長さんの写真をグーグルする中で「フィリピン残留日本人代表団 プロフィール」にヒットしましたのでリンクしました。(写真13枚添付ファイル
 「比日系人会連合会(イネス・マリャリ会長)」の画像検索結果「イネス・マリャリ」の画像検索結果「イネス・マリャリ」の画像検索結果「イネス・マリャリ」の画像検索結果   「昭和天皇のフィリピン訪問1962年」の画像検索結果
   「昭和天皇のフィリピン訪問1962年」の画像検索結果       「昭和天皇のフィリピン訪問1962年」の画像検索結果   「昭和天皇のフィリピン訪問1962年」の画像検索結果  「昭和天皇のフィリピン訪問1962年」の画像検索結果  
           「昭和天皇のフィリピン訪問1962年」の画像検索結果   「昭和天皇のフィリピン訪問1962年」の画像検索結果「イネス・マリャリ会長」の画像検索結果「酒井善彦:日刊まにら新聞」の画像検索結果  
 昨日28日の記事3編を下記に掲載していましたが、本日29日の第一記事掲載(12:25)をもって消却しました。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。
 
  
            「末尾の特別情報お知らせコーナー」

  従来の縦長トップサイト情報を「コンテンツ・コーナー」に集約したことから、このトップ面を利用して編集者・ヨシダの「特別情報のお知らせコーナー」(仮 称)を思いつきました。数日間置いて、新しいことを思いつくまでは本欄に掲載するとして、適当な時期をみて、このコラム専用の「コンテンツ」欄に移して次 に備える・・・という趣向です。
 「ヨシダのひとりごと」といった感じ。その分、訪問者の方々にヨシダの近況をお知らせするという発想。もっとも、本サイトの主流である「ンタネット情報&ヨシダブログ」は毎日複数規模で掲載していることから、それ自体が格好の「近況報告」足り得るのではありますが・・・。ホンネは、折角書いたものなら、何処かにしまっておきたいと
いうのが狙いともかくも記録として残す価値はあるでしょう。
 「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど・・・」といった 感じで書きなぐるっている始末。思ったことをアトランダムに書き残すのも一興と思ってのことだし、ボケ防止のヨシダの道楽って感じとしてものでSすので、ご容赦ください。)    


     毎月の28日はヨシダにとって意義深くしているもの その理由(わけ)は!?
                (本欄は月末まで掲載します。)
 プライベートなことでかつ、単純で大人気ない(?)とも思えるようなことをヨシダは執拗に意識して現在に至ります。ほかでもありません、「28日」という日は吉田祐起の誕生日のそれに当たることから、この日を中心にわが人生の歩みが刻まれている、という自覚や認識です。
 つまり、年に12回の誕生日を意識して「満83歳○ヶ月」とウェブサイトにも掲載し、自身もそれを意識して送っているのです。あと、何日で28日・・・といった具合にです。これって、ちょっと、ユニークはモノの考え方だと自負します。
  時が経つことで、洋の東西を問わず、意味深長なのが「光陰矢の如し」という言葉。英語でも"Time flies like an arrow" と人々は口にします。矢の如く時が去った、と感じることは、その分、人生を短く送っていることを意味するのであって、まさか、時が早く去って歳をとったか ら ヨカッタとは誰も思わないハズです。
 強いてそれをポジティヴに解釈すれば、苦しい時もあったけど、あっと言う間に過ぎ去った、苦しいこと を 克服 してきた、開放された、といったくらいの解釈も成り立つでしょうが、それとて、味わうべき喜怒哀楽の人生がその分、短く去ったことを意味する結果でしかな い、というのがヨシダです。
 折角この世に生を受け、与えられた人生ならば、その喜びを文字通り、日々味わいつつ、感謝しつつ過ごす(消化する)という考え方のほうが、その逆の苦しい人生、早くに過ぎ去って欲しいもの・・・よりもずっと、ハッピーだと思うのです。
  さらに、こんなことも頭に描かれると思います・・・。例えば、何かを達成するとか、成し遂げるものを持っているとします。ヨシダ流の処し方は、優先順位の 見 極めです。沢山ある仕事の優先順位を頭にしっかりと入れて処す方法。ストレスもなくなります。計画的にというのは誰でも言いますが、その処し方の基本はな んと言ってもターゲットとする日の設定でして、ヨシダの場合は毎月の28日がそれになっているという感じです。
 その日(28日)が来たら、ウン、オレはあれもやった、これもやり遂げた、出来なかったことは次の月の28日をひと区切りに・・・といった按配です。これって単純なモーチベーションに過ぎませんが、案外と効果的です。
  結果的には、折角与えられた人生期間を感謝の念をもって着々と消化して事を成し遂げる、といった図式です。同じ1年サイクルで巡ってくる自身の誕生の 「日」をハッピー・バース・デイ!と心の中で呟きながら日々の経過を味わいつつ・・・といったシナリオです。こうした考え方がヨシダが永年、心に入れてい るキーワードに繋がるのです。「生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ」がそれです。
 ところで、これも他愛もないことですが、10月 28日はかのマイクロソフトのビル・ゲイツさんの誕生日(1955年)を早くに認識してきたものです。人間のスケールからすれば、ドダイ比較対象する何も のもないのですが、誕生日だけは同じ!と言える(思える)のがイイ味ってところです(笑)。ヨシダはビル・ゲイツさんと同じ誕生日って思うだけでも、思わ ないよりずっとマシって按配です。
 ふと、この記事を書きながら好奇心旺盛なヨシダは即座にヨシダの認識するその他の著名人を平素世話になるグーグルさんから拾い出しました。多くある人物の中からヨシダの好みに従って人物名と写真を列記して誕生日の味わい方を増幅さす次第です。
 1.徳川 慶喜(1837:江戸幕府第15代将軍)、2.横河民輔(1864:横河電機創業者)、3.ジェイコブ・D・コックス(南北戦争北軍将軍・共和党・第28代オハイオ州知事・第10代アメリカ合衆国内務長官)、4.エルザ・ランチェスター(1902:イギリスの女優)、5.東富士欽壹(1973:大相撲第40代横綱)、6.浜田 晃(1941:俳優)、7.小池真理子(1952:女優)、8. ビル・ゲイツ(1955:マイクロソフト創立者)、9.吉田都(1955:バレリーナ)、10.吉田里琴(1999年:女優)・・・と。ハイ、末尾11は吉田祐起(1931:本サイト編集長)で~す!
 ヨシダって好奇心旺盛 でしょう。こんなことに時間を使うから超多忙人間(?)。日々をかみ締めながら生きるから「光陰矢の如し」は無縁たる所以です(笑)。

  Cox, Jacob D. M.C. Ohio (Secty of Interior in Grant Adm.).jpgエルザ・ランチェスターElsa LanchesterAzumafuji 1950 Scan10025-2.JPG   http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
ヨシダのウェブサイトをご訪問くださってありがとうございました。またの機会までご機嫌よろしゅう!と言っても、毎日相当量のヨシダコメントを書きまくっています。「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど」が決まり文句です。) 

                      
2015年11月29日(日)
                           ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
               
                               吉田祐起
            
             (満84歳1ヶ月)  

                 (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)
                                yoshida@a-bombsurvivor.co