吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果   「yuuki yoshida」の画像検索結果 http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
      吉田祐起のプロフィール :満84歳1か月 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 


 この国フィリピンを終の棲家と定めて住み着いたのは2009年2月1日でした。

 数年間の自立単身生活を経て、ある縁を得て、現在ではフィリピン家族と共同生活を送っています。題して「相互扶助精神に基づ く運命共同体生活」がそれです。ヨシダの終生面倒見をかれらにしてもらうかわりに、皆さんには貧困から脱却してもらってお互いに幸せになりましょうという相互扶助の共同生活です。 

 ・・・ と、こんな生活設計を描いて現在に至るヨシダですが、ヨシダの義務は長生きすることにあると自覚しています。そのためには満40歳からある動機を得て始め て現在に至る自己流のストレッチング体操に一層の磨きをかけるなど、加えて長年に及ぶステッキ使用で肩にかかった重荷による肩こり解消に集中努力をして通 算8年。お陰で99.9%の達成振りです。でも、ちょっと真似のできない自助努力と自負します。

 肝心のボケ防止のための独特の手法を編み出したのが2012年3月のこと。題して「インタネット情報&ヨシダブログ」がそれです。詳細はクリックしてご覧くださいませんか?「こんなことをしているなんて、カッコいいボケ防止!」と自我自賛しています(笑)。

              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手製のささやかなウェブサイトですが、ご覧ください。なお、ご意見やお気づきの点は遠慮なく下記にご一報くだされば嬉しい限りです。
yoshida@a-bombsurvivor.com                                                                         English               
            2015年11月28日(土)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
 

   ヒロシマ・ヒバクシャのヨシダが発信する「オバマ米大統領の被爆市訪問」のこと
  フィリピンに来て間もない頃は2009年11月10日のこと。シンガポールで開催の APEC会議出席の前に東京に立ち寄られたオバマ大統領がNHK WORLDの記者の質問(今回の日本立ち寄りを機に、被爆市訪問の意図がありますか?) 対して答えられた言葉が鮮明です。"The schedules are too tight this time. However, I would like to have an honor of visiting some day during my Presidency."(今回はスケジュールが一杯でできないが、任期中の何時か訪問の栄に浴したい・・・)。その出来事を踏まえて即座に書いたのが、拙著オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします!」 (2009年11月10日記)です。クリックしてご覧ください。ヨシダはその後、その適切な訪問時期は、区切りイイ年次の「2010年ー65周年」として 公開書簡まで発表したものでした。しかし、それが実現しなかったことは、現在にして思うに、「2015年ー70周年」こそがベストな年次と提唱するに至り ました。
 ところが、8月に入ってもその気配は皆無。「2015年-70周年」に拘っていたヨシダは絶望と思いつめていたものの、考えてみれば 同大統領の任期は 2017年1月20日東部時間正午まで。とすれば、区切りは良いとは言えない「2016年ー71周年」になるのが精一杯。まいっか・・・と勝手に思ってい るところです。大統領任期中の「レガシー(遺産)づくり」としても、男の約束においても実現されるのがご本人のためだとさえ思うのがヨシダです。

 おって、ヒバクシャとして被害意識を強くする中で、オバマ米大統領が2011年の9.11の8周年記念式典(ペンタゴン)て遺族たちを前にスピーチした言葉の一節を下記に掲載します。「被害意識」が先行するヒバクシャのわれわれが共有すべき貴重な言葉と受けとめます。なお、この崇高なる大統領の言葉は"Ceremonies Mark 8th Anniversary of September 11 Terrorist Attacks"の中ほどに小さく載っていたもので、目立たないものです。中見出し付きもしくは、太文字表示されるべき価値あるものと考えます。
"Let us renew the true spirit of that day. Not the human capacity for evil but the human capacity for good - not the desire to destroy but the impulse to save and to serve and to build," あの日の真実の心を新たにしましょう。 悪に対する人類の能力としてでなく、善に対する人類の能力としてです。-破壊することへの欲望でなく、守り、奉仕し、建設するための推進力としてです。(オバマ米国大統領・翻訳;吉田祐起) 
            「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果         「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果
   (注:このトップコメントは2016年8月6日まで掲載します。しぶといでしょう、ヨシダは・・・笑)

                
                グーグルから拾った11月28日の「できごと」 
                          November 28, Events(英語版) 
                               「きょうのできごと」記録集
(To the English language visitors: Sorry, this column is for the Japanese edition. However, you could see so many English written Events in red characters among the Japanese lines, which are the ones never shown in Japanese edition. This means that Japanese edition is not as world-wide as the original English Google edition.) 
  こ のコラム編集なかんずく、当該写真の選択はご覧くださる方々のご関心をヴィジュアルな面で提供することを目的としています。ところが、写真を多く添付する と「1ページ当たりの編集許容量」が「1MB=1000KB」という制約から枚数を制限せざるを得ないものがあり、編集者の立場でこれは、と思うできごと に限った当該写真の添付ということにしています。★なおまた、「グーグルのできごと」は英語版が本流でして、日本語版はその翻訳的な一面が 否 定できません。日本語版から入ると「できごとの」の主人公すら掴めない場合さえあることを最近痛感することが少なくありません。「主語抜き」という日本語 特有の落とし穴です。ヨシダの手法は、その「できごと」の主人公もしくは主体をヨシダ流に英語でインプットしてキャッチするケースが少なくありません。そ んなことから、案外と多くの時間を 費やしているのがこの編集作業です。もっとも、その過程で学び体験を得るのは他ならぬ、編集者のヨシダではあるのですが・・・。なお、英語版の掲載は本家 米国が主体性であるにかんがみ、世界的視野からの「できごと」を知る意味で日本語版との重複は無論、除外してそのまま掲載しております。同英語版のリンク をクリックすると日本語版には見られない内容豊かなコンテンツが目に付きます。

2「At Gresham College, twelve men」の画像検索結果「At Gresham College, twelve men」の画像検索結果「Christopher Wren」の画像検索結果「Robert Boyle」の画像検索結果「John Wilkins」の画像検索結果「Robert Moray」の画像検索結果「Gresham College」の画像検索結果「Royal Society」の画像検索結果  
  「Royal Society」の画像検索結果  「Royal Society」の画像検索結果 「Gresham College」の画像検索結果「Royal Society」の画像検索結果  「Royal Society」の画像検索結果  「Royal Society」の画像検索結果    「Royal Society」の画像検索結果 
 「Royal Society」の画像検索結果「Royal Society」の画像検索結果「royal society symbol」の画像検索結果「1860年頃の徳川家」の画像検索結果「1860年頃の徳川家」の画像検索結果
33「少女時代の宇野千代」の画像検索結果「少女時代の宇野千代」の画像検索結果 「少女時代の宇野千代」の画像検索結果「少女時代の宇野千代」の画像検索結果   「少女時代の宇野千代」の画像検索結果  「少女時代の宇野千代」の画像検索結果「宇野千代晩年」の画像検索結果  
587Treaty of Andelot: King Guntram of Burgundy recognizes Childebert II as his heir.
936Shi Jingtang is enthroned as the first emperor of the Later Jin by Emperor Taizong of Liao, following a revolt against Emperor Fei of Later Tang.
1443Skanderbeg and his forces liberate Kruja in central Albania and raise the Albanian flag.
1470Champa–Đại Việt War: Emperor Lê Thánh Tông of Đại Việt formally launches his attack against Champa.
(1)1520年 - フェルディナンド・マゼラン太平洋に到達。
1582 – In Stratford-upon-Avon, William Shakespeare and Anne Hathaway pay a £40 bond for their marriage licence.
1627 – The Polish–Lithuanian Commonwealth Navy has its greatest and last victory in the Battle of Oliwa.
(2)1660年 - 王立協会創設。(1660 – At Gresham College, twelve men, including Christopher Wren, Robert Boyle, John Wilkins, and Sir Robert Moray decide to found what is later known as the Royal Society.
1666 – At least 3,000 men of the Scottish Royal Army led by Tam Dalyell of the Binns defeat about 900 Covenanter rebels in the Battle of Rullion Green.
1785 – The Treaty of Hopewell is signed.
(3)1811年 - ベートーヴェンピアノ協奏曲第5番『皇帝』が初演。
1814The Times in London is for the first time printed by automatic, steam-powered presses built by the German inventors Friedrich Koenig and Andreas Friedrich Bauer, signaling the beginning of the availability of newspapers to a mass audience.
(4)1821年 - パナマスペインから独立し、大コロンビアに加入。
1828Greek War of Independence: The French Morea expedition to recapture Morea (now the Peloponnese) ends when the last Ottoman forces depart the peninsula.
(5)1843年 - ハワイ王国がイギリスとフランスから公式に独立国として承認される。
1862American Civil War: In the Battle of Cane Hill, Union troops under General James G. Blunt defeat General John Marmaduke's Confederates.
(6)1880年 - 北海道初の鉄道である官営幌内鉄道手宮 - 札幌間が開業。
(7)1883年 - 東京・麹町に日本初の洋式社交クラブ鹿鳴館が開館。
1885 – Bulgarian victory in the Serbo-Bulgarian War preserves the Unification of Bulgaria.
1893 – New Zealand becomes the first country in which women vote in a national election.
1895 – The first American automobile race takes place over the 54 miles from Chicago's Jackson Park to Evanston, Illinois. Frank Duryea wins in approximately 10 hours.
1899 – The Second Boer War: a British column is engaged by Boer forces at the Battle of Modder River; although the Boers withdraw, the British suffer heavy casualties.
(8)1905年 - アーサー・グリフィスらがシン・フェイン党を創設。
1907 – In Haverhill, Massachusetts, scrap-metal dealer Louis B. Mayer opens his first movie theater.
1909Sergei Rachmaninoff makes the debut performance of his Piano Concerto No. 3, considered to be one of the most technically challenging piano concertos in the standard classical repertoire.
1910 – The Liberal Party, led by Eleftherios Venizelos, wins the second Greek general election of the year.
(9)1912年 - アルバニアオスマン帝国からの独立を宣言。
1914World War I: Following a war-induced closure in July, the New York Stock Exchange re-opens for bond trading.
1917 – The Estonian Provincial Assembly declares itself the sovereign power of Estonia.
1918Bukovina votes for union with the Kingdom of Romania.
1919Lady Astor is elected as a Member of the Parliament of the United Kingdom. She is the first woman to sit in the House of Commons. (Countess Markievicz, the first to be elected, refused to sit.)
1920Irish War of Independence: Kilmichael Ambush: The Irish Republican Army ambush a convoy of British Auxiliaries and kill seventeen.
(10)1924年 - 孫文神戸大アジア主義講演を行う。
1925 – The Grand Ole Opry begins broadcasting in Nashville, Tennessee, as the WSM Barn Dance.
(11)1928年 - 高柳健次郎がブラウン管受像方式テレビの公開実験。
1942 – In Boston, Massachusetts, a fire in the Cocoanut Grove nightclub kills 492 people.
(12)1943年 - 第二次世界大戦: テヘラン会談
(13)1947年 - 私鉄経営者連盟結成。
(14)1956年 - 韓国外務部長官代理曺正煥ソウル駐韓大使ダウリング(Dowling)と米韓友好通商航海条約を締結する。
1958Chad, the Republic of the Congo, and Gabon become autonomous republics within the French Community.
(15)1959年 - アメリカでテレビドラマ『ローハイド』が放送開始。
(16)1960年 - モーリタニアフランスから独立。
(17)1964年 - アメリカの火星探査機マリナー4号」が打ち上げ。
1964Mariner program: NASA launches the Mariner 4 probe toward Mars.
・1964 –
Vietnam War: National Security Council members agree to recommend that U.S. President Lyndon B. Johnson adopt a plan for a two-stage escalation of bombing in North Vietnam.
1965 – Vietnam War: In response to U.S. President Lyndon B. Johnson's call for "more flags" in Vietnam, Philippine President-elect Ferdinand Marcos announces he will send troops to help fight in South Vietnam.
1966Michel Micombero overthrows the monarchy of Burundi and makes himself the first president.
(18)1969年 - 黒い霧事件: コミッショナー委員会が永易将之を日本プロ野球初の永久追放処分とする。
(19)1971年 - 上越新幹線東北新幹線の起工式。
1971 – Fred Quilt, a leader of the Tsilhqot'in First Nation suffers severe abdominal injuries allegedly caused by Royal Canadian Mounted Police officers; he dies two days later.
・1971 –
Wasfi al-Tal, Prime Minister of Jordan, is assassinated by the Black September unit of the Palestine Liberation Organization.
1972 – Last executions in Paris: Claude Buffet and Roger Bontems are guillotined at La Santé Prison. The chief executioner is André Obrecht. (Bontems had been found innocent of murder, but as Buffet's accomplice was condemned to death anyway)
(20)1972年 - 日本航空シェレメーチエヴォ墜落事故
(21)1975年 - 東ティモールポルトガルからの独立を宣言。
(22)1979年 - ニュージーランド航空901便エレバス山墜落事故。257名全員死亡。
1980Iran–Iraq War: Operation Morvarid: The bulk of the Iraqi Navy is destroyed by the Iranian Navy in the Persian Gulf. (Commemorated in Iran as Navy Day.)
1981Our Lady of Kibeho: Schoolchildren in Kibeho, Rwanda, experience the first of a series of Marian apparitions.
(23)1983年 - 衆議院解散田中判決解散)。
(24)1987年 - 南アフリカ航空295便墜落事故。159名全員死亡。
(25)1988年 - 国立大学女性教授通称使用を求める訴訟、東京地裁(1993年敗訴、1998年東京高裁で和解)。選択的夫婦別姓運動の先駆け。
1989Cold War: Velvet Revolution: In the face of protests, the Communist Party of Czechoslovakia announces it will give up its monopoly on political power.
(26)1990年 - ジョン・メージャーイギリスの首相に就任。
(27)1991年 - 南オセチアグルジアからの独立を宣言。
(28)1991年 - 創価学会日蓮正宗から破門される。(魂の独立記念日)
(29)1994年 - ノルウェーEU加盟が、国民投票の結果1972年に続き否決される。
(30)1997年 - 宇宙開発事業団がドッキング技術試験衛星「きく7号」、熱帯降雨観測衛星「TRMM」を打上げ。
(31)1999年 - 東名高速飲酒運転事故が発生。
2002 – Suicide bombers blow up an Israeli-owned hotel in Mombasa, Kenya; their colleagues fail in their attempt to bring down Arkia Israel Airlines Flight 582 with surface-to-air missiles.
2013 – A 5.6 earthquake in Iran kills seven people and injures 45 others.
(32)2013年 - 広島高等裁判所岡山支部で一票の格差最大4.77倍という状態で第23回参議院議員通常選挙を初めて違憲かつ無効であるとの判決を下す。
2014 – Gunmen set off three bombs at the central mosque in the northern city of Kano killing at least 120 people.
(33)ヨシダが選んだ著名人の誕生日;宇野千代(1897年11月28日-1996年6月10日享年98歳)
 

                      インタネット情報&ヨシダブログ
              (2015年3月20日付でコラム名称を変更しました)
(上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。)

   こ のコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を編集しつつ、ヨシダコメントを書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグーグルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。 

只今、 5890件です。 
2015年11月28日(土)掲載分

昨日11月27日最終のトップページ
編集者のひと言ダイアリー・コナー

  本日「11月28日のできごと」 でヨシダが特にマークしたいのは、「(2)1660年 - 王立協会創設。(1660 – At Gresham College, twelve men, including Christopher Wren, Robert Boyle, John Wilkins, and Sir Robert Moray decide to found what is later known as the Royal Society.)」 です。355年も前に設立された「王立協会」と言ってもピンときません。日本語版の表現(文章)と本家英語版のそれの大きな差があることを時おり指摘する ヨシダだけに、その点を強調するためにこのできごとを選びました。「王立協会創設」と言ってもピンときません。英語版をカッコ内に挿入していますが、訳せ ばな~るほど・・・と理解できるし、その王立協会そのものが何であるかがよく理解できます。訳せばこうです:「クリストファー・ウレン、ロバート・ボイ ル、ジョン・ウィルキンストロバートモレイ卿」を含む12人の人物によって設立決定されたグレシャム大学で後年、ロイヤル(王立)協会と称せられ た」・・・と、ドエライ差異です。添付した多くの写真は英語版に従って拾い出したものです。日本語版訳者の意図は誰がどんなプロセスを得てには無関係にズ バリといった感じです。
 ただいま、午後3時過ぎ。ウェブ編集用とOutlook Express作業ができないインタネット断絶が今朝から続き、ようやく正常に復帰しました。契約先のHosting.phと米国本部のcPanel社の 問題と考え、毎度のこと・・・と半ば諦めの心境に到達(?)しています★マスメディア情報はその間、たゆまずチェックし、ワード文書で予備編集したのが2 通ありますので、今から本格編集に入ります。(15:20)
 ところ で、毎度の大人気ないようなことで恐縮ですが、本日28日をもって「満84歳1ヶ月」になりました。1年間に12回の誕生日を意識するヨシダですが、詳細 は本ページをスクロール・ダウンしてくださるとご覧頂けます。他愛も無いことですが、そんなことを思って日々を生活するのはドエライ差異を招来する確信し ます。(15:25)
 「No.5889:米国で第2次大戦中、日系人が強制収用されたことの不当性を訴え続けた・・・紀伊民報「水鉄砲」2015.11.28.翠(27日付))」、「No.5890原節子さん追悼 気高きが罪読売新聞2015.11.28.作家 昭和倶楽部主幹 藤田 武司)」の 2編を一気に編集しました。2時間ほどの作業でしたが、ひと息も入れずのぶっ続けデスクワーク!でも、少しも疲労感がありません。有難いことだ、と自身に 言い聞かせています★先ほどこの作業をする前に教会牧師の来訪を受け、ある書類に署名しました。「永住権取得手続き」のためのものです。アーネルが推進し てくれているものです。それがどんなものかは、内緒のナイショ(笑)。何時か公表します。(17:30)
 




No.5890
原節子さん追悼 気高きが罪
読売新聞2015.11.28.作家 昭和倶楽部主幹 藤田 武司
ヨシダブログ:原節子さん訃報記事でいち早く目にとまって本コラムに編集したのが「No.5887:「東京物語」の旅館女将、秘話語る…原さん「廊下を歩くとき、必ず浴衣の袖で顔を隠す」産経ニュース2015.11.27.(26日付))」でした。焦点は「東京物語」の広島県尾道市での撮影時に宿泊された旅館・竹村家女将の「想い出話」が中心で、その老舗旅館をヨシダが利用した ン十年前の想い出話とオーバーラップした内容のブログでした▼その後、数ある原節子さん訃報記事が出たものですが、本日、読売新聞で作家・藤田武司さんの 格調高い長文の記事にヒットしたことで、掲載することにしました。傍線引用抜きで掲載します。タイトルの「・・・気高きが罪」に深い意味を感じま す・・・。合掌写真11枚添付ファイル
 「原節子さん(昭和倶楽部提供)」の画像検索結果「原節子さん(昭和倶楽部提供)」の画像検索結果「映画館の入り口に置かれた原節子さんの写真に手を合わせるファンら」の画像検索結果「映画館の入り口に置かれた原節子さんの写真に手を合わせるファンら」の画像検索結果「映画館の入り口に置かれた原節子さんの写真に手を合わせるファンら」の画像検索結果
     「藤田武司」の画像検索結果「『汽水の街へ』(早川書房)」の画像検索結果「『泥の少女』(ごま書房)」の画像検索結果「「増毛の魚」藤田 武司著」の画像検索結果「『泣いて笑って夢に生きた 昭和時代』」の画像検索結果「『孫と一緒につくる「自分史」ブック』(三五館)」の画像検索結果
No.5889
米国で第2次大戦中、日系人が強制収容されたことの不当性を訴え続けた…
熊本日日新聞「新生面」2015.11.28.

ヨシダブログ:戦時中に日系人の強制収容不当を訴え続けた日系アメリカ人弁護士の故ミノル・ヤスイさんが「大統領自由勲章」を映画監督スティーブン・スピルバーグ氏と一緒に受賞。娘さんのLaurie Yasui さんが代わってオバマ大統領から受賞する写真2枚を添付してミノル・ヤスイさんの偉業を称えます▼添付した写真の一枚は同収容所で日系アメリカ人の子供た ちが星条旗の元で胸に手を当てて忠誠を示す場面には涙を禁じ得ません。移民族が直面する避け難い光景で、移民で成り立ってきているアメリカの苦悩が否定で きません。でも、それを切り抜けて共に生きるアメリカ人気質には脱帽です▼ふと、思うに、移民ハンタイの母国が同じような場面に直面したらどうするだろう か、どうなるだろうか・・・?と案じます。なにせ、島国で世界観の乏しい民族ですから・・・。おっと、これはヨシダ爺ちゃんのくだらない愚痴だとご放念のほど。(写真18枚添付ファイル
 「Minoru "Min" Yasui」の画像検索結果「Minoru "Min" Yasui」の画像検索結果「minoru yasui award」の画像検索結果「minoru yasui with presidential medal of freedom」の画像検索結果         「弁護士ミノル・ヤスイ氏」の画像検索結果
  「japanese-american, minoru yasui gets Presidential Medal of Freedom」の画像検索結果  「presidential medal of freedom, minoru yasui」の画像検索結果「japanese-american, minoru yasui gets Presidential Medal of Freedom」の画像検索結果 「Minoru "Min" Yasui」の画像検索結果 「Steven Allan Spielberg with presidential medal of freedom」の画像検索結果 「japanese-american, minoru yasui gets Presidential Medal of Freedom」の画像検索結果
 「japanese-american, minoru yasui gets Presidential Medal of Freedom」の画像検索結果 「japanese american Internment camps」の画像検索結果  「japanese american Internment camps」の画像検索結果 「japanese american Internment camps」の画像検索結果 「japanese american Internment camps」の画像検索結果「ロバートソン・黎子」の画像検索結果「ロバートソン・黎子「「ウーマンズ・アイ」」の画像検索結果
No.5888.
「執筆を終えるにあたって」
紀伊民報「水鉄砲」2015.11.28.翠(27日付)

ヨシダブログ:60余年間を三段階で経営者人生を貫いたヨシダが本記事を読んで直感することは、「サラリーマンvs経 営者」の人生観の差異と言ったら本記事筆者に失礼でしょうか?察するに、記者・翠さん(?)は定年退職後も応分の執筆関連の何かをなさるとは想像します が、正直言って、ちょっとばかり寂しさを垣間見ます▼末尾の言葉「まだ少し余裕のあるうちに若手に未知を譲り・・・」はサラリーマン諸氏や経営者でも言え る言葉ではあります。定年制の確立した企業では当たり前のことです。でも、経営者の場合は前者のその感情とは本質的に異なるものが否定できないと思いま す。つまり、自身が時代遅れの経営者では断じてないと確信、かつ、後継者が育てていないし、まだその必要性がない、と確信する以上、時期が到来するまで 「居座り続け」ます。もっとも、上場企業のように「サラリーマン経営者」でなく、「オーナー経営者」に限定してのことですが・・・▼・・・と、こんな調子 のブログを辞さないヨシダが強調したいことは、「経営者的思考力」を持つ者は応分の対応をして世渡りするのが通常であるからです。経営者は「環境即応業」 だと強調したのはヨシダが信奉した経営コンサルタントで多くの著書のある田辺昇一先生(タナベ経営創設者・91歳・通称:経営の神様)で した▼ちなみに、多くの同先生著書の殆どを大きな書棚にびっしりと「積読」したものでしたが、離日で別れました。強烈な印象を受けた書籍では「すべてを守 れば すべてを失う」、「窮すれば変じ 変ずれば通ず」でした。「イーグル・クラブ」という経営者団体を全国に網羅されてヨシダは同広島支部に属したもの でした▼と、同先生の回顧につれられてグーグルするに、前述のごとく、91歳にしてご健在という、実にめでたい情報を得ました。多くある「田辺昇一プロフィー」の一つをリンクします▼ 田辺昇一先生との接点を多くしたヨシダの想い出話のひとつをブログします。数百人の会合の場でのこと。昇一先生が壇上で、会場を埋める参加者を相手にした 「ジャンケン 遊び」。「先生と勝負して最後に勝ち残った者が『純金製バッジ』を取得というゲーム。2回行われたゲームでしたが、何となんと!このヨシダが2回とも勝ち 残って二つの純金バッジを手にたのです!あの時の昇一先生の「度肝を抜かれた!」といった表情は現在にして鮮明です。その先生の表情の強烈な印象ゆえに、 ヨシダは2回目取得の「ゴールド」を「次点の人」に譲りました!ユウキが男気を出してヨカッタ!! が現在に至るヨシダの心情です▼随分長いブログになりましたが、ほかでもありません、インタネット接続契約業者「CPanel: Hosting. ph」 の何かの都合でか、接続が断絶して編集ができない状態。編集画面にインプットする代わりに「ワード文書」への原稿書き・・・といった按配ゆえの長文ブログ と相成った次第です。ご寛容のほど▼もう一つのブログをお許しください。本記事筆者の末尾の弁「体力、精神力がボロボロになるまで「自我」を通すのは私の 「性」に合わない・・・」ですが、ふと、ヨシダが思うには、ヨシダの場合のこの「ブログ」は見られている読まれている、いないに関わらずの自由奔放のブロ グ。人さ まには迷惑のかからない、ホントにイイ、それなりに意義あるボケ防止ではあることよ・・・と自己満足に浸る始末です▼追伸:本記事冒頭にある「元田辺商業高校校長の加藤容子氏肉筆の・・・」の主人公・加藤容子元校長さんの写真と肉筆の額縁をグーグルで検索しましたが、いずれもヒットしないのが残念です。
 昨日27日の記事1編を下記に掲載していましたが、本日28日の第一記事掲載(15:55)をもって消却しました。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。

             「末尾の特別情報お知らせコーナー」
  従来の縦長トップサイト情報を「コンテンツ・コーナー」に集約したことから、このトップ面を利用して編集者・ヨシダの「特別情報のお知らせコーナー」(仮 称)を思いつきました。数日間置いて、新しいことを思いつくまでは本欄に掲載するとして、適当な時期をみて、このコラム専用の「コンテンツ」欄に移して次 に備える・・・という趣向です。

 「ヨシダのひとりごと」といった感じ。その分、訪問者の方々にヨシダの近況をお知らせするという発想。もっと も、本サイトの主流である「ンタネット情報&ヨシダブログ」は毎日複数規模で掲載していることから、それ自体が格好の「近況報告」足り得るのでは ありますが・・・。ホンネは、折角書いたものなら、何処かにしまっておきたいというのが狙いともかくも記録として残す価値はあるでしょう。
 「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど・・・」といった 感じで書きなぐるっている始末。思ったことをアトランダムに書き残すのも一興と思ってのことだし、ボケ防止のヨシダの道楽って感じとしてものでSすので、ご 容赦ください。)    


     毎月の28日はヨシダにとって意義深くしているもの その理由(わけ)は!?
                (この記事は月末まで掲載継続します。)
 プライベートなことでかつ、単純で大人気ない(?)とも思えるようなことをヨシダは執拗に意識して現在に至ります。ほかでもありません、「28日」という日は吉田祐起の誕生日のそれに当たることから、この日を中心にわが人生の歩みが刻まれている、という自覚や認識です。
 つまり、年に12回の誕生日を意識して「満83歳○ヶ月」とウェブサイトにも掲載し、自身もそれを意識して送っているのです。あと、何日で28日・・・といった具合にです。これって、ちょっと、ユニークはモノの考え方だと自負します。
  時が経つことで、洋の東西を問わず、意味深長なのが「光陰矢の如し」という言葉。英語でも"Time flies like an arrow" と人々は口にします。矢の如く時が去った、と感じることは、その分、人生を短く送っていることを意味するのであって、まさか、時が早く去って歳をとったか ら ヨカッタとは誰も思わないハズです。
 強いてそれをポジティヴに解釈すれば、苦しい時もあったけど、あっと言う間に過ぎ去った、苦しいこと を 克服 してきた、開放された、といったくらいの解釈も成り立つでしょうが、それとて、味わうべき喜怒哀楽の人生がその分、短く去ったことを意味する結果でしかな い、というのがヨシダです。
 折角この世に生を受け、与えられた人生ならば、その喜びを文字通り、日々味わいつつ、感謝しつつ過ごす(消化する)という考え方のほうが、その逆の苦しい人生、早くに過ぎ去って欲しいもの・・・よりもずっと、ハッピーだと思うのです。
  さらに、こんなことも頭に描かれると思います・・・。例えば、何かを達成するとか、成し遂げるものを持っているとします。ヨシダ流の処し方は、優先順位の 見 極めです。沢山ある仕事の優先順位を頭にしっかりと入れて処す方法。ストレスもなくなります。計画的にというのは誰でも言いますが、その処し方の基本はな んと言ってもターゲットとする日の設定でして、ヨシダの場合は毎月の28日がそれになっているという感じです。
 その日(28日)が来たら、ウン、オレはあれもやった、これもやり遂げた、出来なかったことは次の月の28日をひと区切りに・・・といった按配です。これって単純なモーチベーションに過ぎませんが、案外と効果的です。
  結果的には、折角与えられた人生期間を感謝の念をもって着々と消化して事を成し遂げる、といった図式です。同じ1年サイクルで巡ってくる自身の誕生の 「日」をハッピー・バース・デイ!と心の中で呟きながら日々の経過を味わいつつ・・・といったシナリオです。こうした考え方がヨシダが永年、心に入れてい るキーワードに繋がるのです。「生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ」がそれです。
 ところで、これも他愛もないことですが、10月 28日はかのマイクロソフトのビル・ゲイツさんの誕生日(1955年)を早くに認識してきたものです。人間のスケールからすれば、ドダイ比較対象する何も のもないのですが、誕生日だけは同じ!と言える(思える)のがイイ味ってところです(笑)。ヨシダはビル・ゲイツさんと同じ誕生日って思うだけでも、思わ ないよりずっとマシって按配です。
 ふと、この記事を書きながら好奇心旺盛なヨシダは即座にヨシダの認識するその他の著名人を平素世話になるグーグルさんから拾い出しました。多くある人物の中からヨシダの好みに従って人物名と写真を列記して誕生日の味わい方を増幅さす次第です。
 1.徳川 慶喜(1837:江戸幕府第15代将軍)、2.横河民輔(1864:横河電機創業者)、3.ジェイコブ・D・コックス(南北戦争北軍将軍・共和党・第28代オハイオ州知事・第10代アメリカ合衆国内務長官)、4.エルザ・ランチェスター(1902:イギリスの女優)、5.東富士欽壹(1973:大相撲第40代横綱)、6.浜田 晃(1941:俳優)、7.小池真理子(1952:女優)、8. ビル・ゲイツ(1955:マイクロソフト創立者)、9.吉田都(1955:バレリーナ)、10.吉田里琴(1999年:女優)・・・と。ハイ、末尾11は吉田祐起(1931:本サイト編集長)で~す!
 ヨシダって好奇心旺盛 でしょう。こんなことに時間を使うから超多忙人間(?)。日々をかみ締めながら生きるから「光陰矢の如し」は無縁たる所以です(笑)。

  Cox, Jacob D. M.C. Ohio (Secty of Interior in Grant Adm.).jpgエルザ・ランチェスターElsa LanchesterAzumafuji 1950 Scan10025-2.JPG   http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg 

ヨシダのウェブサイトをご訪問くださってありがとうございました。またの機会までご機嫌よろしゅう!と言っても、毎日相当量のヨシダコメントを書きまくっています。「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど」が決まり文句です。) 

                      
2015年11月28日(土)
                           ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
                    
                       
 吉田祐起
            
       (本日で満84歳1ヶ月になりました!) 

                 (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)
                                yoshida@a-bombsurvivor.co