吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果   「yuuki yoshida」の画像検索結果 http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
      吉田祐起(Yuuki Yoshida) :満84歳0か月 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 

 上掲の自己紹介リンクは2012年6月付のもの。爾来、3年半近くが経過しましたが、そこからが本番って感じの生活ぶりで過ごしています。
  ある縁を得て、フィリピン家族(総勢半ダース余)と共同生活を送っています。英語の契約書も交わして弁護人介在の約束事です。題して「相互信頼精神に基づ く運命共同体生活」がそれです。ヨシダの終生面倒見がかれらの約束事。一方のヨシダの約束事は、かれらを貧困から脱却さすことにあります。ヨシダの年金等 をかれらに管理委託してのことですが、事実上は、そっくり任せっきりということです。相互信頼の最たるものと自負します。でも、こんな芸当はだれかれでき るシロモノではないでしょうよ(笑)。 
 僭越ですが貧困からは完全に脱却させています。自家用車も月賦完済。次は土地。その次は持ち家・・・といった意気込みで頑張っているところです。
 ・・・ と、こんな生活設計を描いて現在に至るヨシダですが、ヨシダの義務は長生きすることにあると自覚しています。そのためには満40歳から動機を得て始めて現 在に至る自己流のストレッチング体操に一層の磨きをかけるなど、加えて長年に及ぶステッキ使用で肩にかかった重荷による肩こり解消に集中努力をして通算7 年。お陰で99.9%の達成振りです。でも、ちょっと真似のできない自助努力と自負します。
 肝心のボケ防止のための独特の手法を編み出したのが2012年3月!題して「インタネット情報&ヨシダブログ」がそれです。詳細はクリックしてご覧ください。「こんなことをしているなんて、カッコいいボケ防止!」と賞賛されると確信しますよ(笑)。(2015.11.13.記)

              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手製のささやかなウェブサイトですが、ご覧ください。なお、ご意見やお気づきの点は遠慮なく下記にご一報くだされば嬉しい限りです。
yoshida@a-bombsurvivor.com                                                                  English               
            2015年11月26日(木)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
27.
28.   
   

   ヒロシマ・ヒバクシャのヨシダが発信する「オバマ米大統領の被爆市訪問」のこと
  フィリピンに来て間もない頃は2009年11月10日のこと。シンガポールで開催の APEC会議出席の前に東京に立ち寄られたオバマ大統領がNHK WORLDの記者の質問(今回の日本立ち寄りを機に、被爆市訪問の意図がありますか?) 対して答えられた言葉が鮮明です。"The schedules are too tight this time. However, I would like to have an honor of visiting some day during my Presidency."(今回はスケジュールが一杯でできないが、任期中の何時か訪問の栄に浴したい・・・)。その出来事を踏まえて即座に書いたのが、拙著オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします!」 (2009年11月10日記)です。クリックしてご覧ください。ヨシダはその後、その適切な訪問時期は、区切りイイ年次の「2010年ー65周年」として 公開書簡まで発表したものでした。しかし、それが実現しなかったことは、現在にして思うに、「2015年ー70周年」こそがベストな年次と提唱するに至り ました。
 ところが、8月に入ってもその気配は皆無。「2015年-70周年」に拘っていたヨシダは絶望と思いつめていたものの、考えてみれば 同大統領の任期は 2017年1月20日東部時間正午まで。とすれば、区切りは良いとは言えない「2016年ー71周年」になるのが精一杯。まいっか・・・と勝手に思ってい るところです。大統領任期中の「レガシー(遺産)づくり」としても、男の約束においても実現されるのがご本人のためだとさえ思うのがヨシダです。

 おって、ヒバクシャとして被害意識を強くする中で、オバマ米大統領が2011年の9.11の8周年記念式典(ペンタゴン)て遺族たちを前にスピーチした言葉の一節を下記に掲載します。「被害意識」が先行するヒバクシャのわれわれが共有すべき貴重な言葉と受けとめます。なお、この崇高なる大統領の言葉は"Ceremonies Mark 8th Anniversary of September 11 Terrorist Attacks"の中ほどに小さく載っていたもので、目立たないものです。中見出し付きもしくは、太文字表示されるべき価値あるものと考えます。
"Let us renew the true spirit of that day. Not the human capacity for evil but the human capacity for good - not the desire to destroy but the impulse to save and to serve and to build," あの日の真実の心を新たにしましょう。 悪に対する人類の能力としてでなく、善に対する人類の能力としてです。-破壊することへの欲望でなく、守り、奉仕し、建設するための推進力としてです。(オバマ米国大統領・翻訳;吉田祐起) 
            「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果         「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果
   (注:このトップコメントは2016年8月6日まで掲載します。しぶといでしょう、ヨシダは・・・笑)

                
                グーグルから拾った11月26日の「できごと」 
                          November 26 Events(英語版) 
                               「きょうのできごと」記録集
(To the English language visitors: Sorry, this column is for the Japanese edition. However, you could see so many English written Events in red characters among the Japanese lines, which are the ones never shown in Japanese edition. This means that Japanese edition is not as world-wide as the original English Google edition.) 
  こ のコラム編集なかんずく、当該写真の選択はご覧くださる方々のご関心をヴィジュアルな面で提供することを目的としています。ところが、写真を多く添付する と「1ページ当たりの編集許容量」が「1MB=1000KB」という制約から枚数を制限せざるを得ないものがあり、編集者の立場でこれは、と思うできごと に限った当該写真の添付ということにしています。★なおまた、「グーグルのできごと」は英語版が本流でして、日本語版はその翻訳的な一面が 否 定できません。日本語版から入ると「できごとの」の主人公すら掴めない場合さえあることを最近痛感することが少なくありません。「主語抜き」という日本語 特有の落とし穴です。ヨシダの手法は、その「できごと」の主人公もしくは主体をヨシダ流に英語でインプットしてキャッチするケースが少なくありません。そ んなことから、案外と多くの時間を 費やしているのがこの編集作業です。もっとも、その過程で学び体験を得るのは他ならぬ、編集者のヨシダではあるのですが・・・。なお、英語版の掲載は本家 米国が主体性であるにかんがみ、世界的視野からの「できごと」を知る意味で日本語版との重複は無論、除外してそのまま掲載しております。同英語版のリンク をクリックすると日本語版には見られない内容豊かなコンテンツが目に付きます。

11「Cordell Hull」の画像検索結果     「Cordell Hull, 1941」の画像検索結果「Cordell Hull, 1941」の画像検索結果「nomura and kurusu, 1941」の画像検索結果関連画像「nomura and kurusu, 1941」の画像検索結果「nomura and kurusu, 1941」の画像検索結果「nomura and kurusu, 1941」の画像検索結果
  「nomura and kurusu, 1941」の画像検索結果「nomura and kurusu, 1941」の画像検索結果  「hull note text」の画像検索結果「hull note text」の画像検索結果「hull note text」の画像検索結果「hull note text」の画像検索結果「hurry white wrote hull note」の画像検索結果 「harry white」の画像検索結果
 「真珠湾攻撃 新聞」の画像検索結果「japan at pearl harbor」の画像検索結果「japan at pearl harbor」の画像検索結果 「japan at pearl harbor」の画像検索結果 「japan at pearl harbor」の画像検索結果  「japan at pearl harbor」の画像検索結果
  「us-japan into war」の画像検索結果  「us-japan into war」の画像検索結果 「japan at pearl harbor」の画像検索結果   「真珠湾攻撃 新聞」の画像検索結果  「us-japan into war」の画像検索結果
 29「zbrodnia katyńska」の画像検索結果Katyn.png「zbrodnia katyńska」の画像検索結果  「zbrodnia katyńska」の画像検索結果    「zbrodnia katyńska」の画像検索結果   「zbrodnia katyńska」の画像検索結果 
   「zbrodnia katyńska」の画像検索結果 「zbrodnia katyńska」の画像検索結果「zbrodnia katyńska」の画像検索結果「zbrodnia katyńska」の画像検索結果 「zbrodnia katyńska」の画像検索結果   「zbrodnia katyńska」の画像検索結果
(1)紀元前43年 - 古代ローマガイウス・ユリウス・カエサル・オクタウィアヌスマルクス・アントニウスマルクス・アエミリウス・レピドゥスによる第二回三頭政治が始まる。
783 – The Asturian queen Adosinda is put up in a monastery to prevent her kin from retaking the throne from Mauregatus.
1161Battle of Caishi: A Song dynasty fleet fights a naval engagement with Jin dynasty ships on the Yangtze river during the Jin–Song Wars.
1476Vlad the Impaler (Dracula) defeats Basarab Laiota with the help of Stephen the Great and Stephen V Báthory and becomes the ruler of Wallachia for the third time.
(2)1778年 - ジェームズ・クック船長がヨーロッパ人として初めてマウイ島を訪れる。
1784 – The Catholic Apostolic Prefecture of the United States established.
1789 – A national Thanksgiving Day is observed in the United States as proclaimed by President George Washington at the request of Congress.
(3)1805年 - ポントカサステ水路橋が開通。
1825 – At Union College in Schenectady, New York, a group of college students form the Kappa Alpha Society, the first college social fraternity.
(4)1842年 - パリのノートルダム大学が開学。
1863 – United States President Abraham Lincoln proclaims November 26 as a national Thanksgiving Day, to be celebrated annually on the final Thursday of November. (Since 1941, it has been on the fourth Thursday.)
1865Battle of Papudo: A Spanish navy schooner is defeated by a Chilean corvette north of Valparaíso, Chile.
(5)1868年明治元年10月13日) - 明治天皇江戸城に入る。名称を東京城と改めて皇居とする。
(6)1906年 - 南満洲鉄道(満鉄)設立。
(7)1917年 - 北米のプロアイスホッケーリーグNHLが発足。
1918 – The Montenegran Podgorica Assembly votes for a "union of the people", declaring assimilation into the Kingdom of Serbia.
1922Howard Carter and Lord Carnarvon become the first people to enter the tomb of Pharaoh Tutankhamun in over 3000 years.
・1922 –
The Toll of the Sea debuts as the first general release film to use two-tone Technicolor. (The Gulf Between was the first film to do so, but it was not widely distributed.)
(8)1924年 - モンゴル人民共和国が発足。
(9)1930年 - 北伊豆地震が発生。死者・行方不明者272名。
(10)1935年 - 日本ペンクラブが発足。初代会長は島崎藤村
1939Shelling of Mainila: The Soviet Army orchestrates an incident which is used to justify the start of the Winter War with Finland four days later.
(11)1941年 - 第二次世界大戦: アメリカのハル国務長官がハル・ノートを提示。
(12)1941年 - 第二次世界大戦: ユーゴスラビア・パルチザンの指導者らがユーゴスラビア人民解放反ファシスト会議の初の会合を開く。
(13)1942年 - 映画『カサブランカ』がニューヨークで世界初公開。
1942World War II: Yugoslav Partisans convene the first meeting of the Anti-Fascist Council of National Liberation of Yugoslavia at Bihać in northwestern Bosnia.
1943 – World War II: HMT Rohna is sunk by the Luftwaffe in an air attack in the Mediterranean north of Béjaïa, Algeria.
1944 – World War II: A German V-2 rocket hits a Woolworth's shop in London, United Kingdom, killing 168 people.
・1944 – World War II:
Germany begins V-1 and V-2 attacks on Antwerp, Belgium.
(14)1948年 - ポラロイド社が世界初のインスタントカメラポラロイド・ランド・カメラ」を発売。
(15)1949年 - プロ野球再編問題: 日本野球連盟が分裂解散し太平洋野球連盟(パシフィック・リーグ)が結成される。12月15日にセントラル野球連盟(セントラル・リーグ)が結成され2リーグ制に。
(16)1949年 - 西鉄クリッパーズ(現在の埼玉西武ライオンズ)設立。
1949 – The Constituent Assembly of India adopts the constitution presented by Dr. B. R. Ambedkar.
1950Korean War: Troops from the People's Republic of China launch a massive counterattack in North Korea against South Korean and United Nations forces (Battle of the Ch'ongch'on River and Battle of Chosin Reservoir), ending any hopes of a quick end to the conflict.
(17)1965年 - フランス初の人工衛星「アステリックス」が打上げ。
1968Vietnam War: United States Air Force helicopter pilot James P. Fleming rescues an Army Special Forces unit pinned down by Viet Cong fire. He is later awarded the Medal of Honor.
1970 – In Basse-Terre, Guadeloupe, 1.5 inches (38.1 mm) of rain fall in a minute, the heaviest rainfall ever recorded.
(18)1975年 - スト権スト日本国有鉄道全線がこの日から8日間運休。
1977 – An unidentified hijacker named Vrillon, claiming to be the representative of the "Ashtar Galactic Command", takes over Britain's Southern Television for six minutes, starting at 5:12 pm.
1983Brink's-Mat robbery: In London, 6,800 gold bars worth nearly £26 million are stolen from the Brink's-Mat vault at Heathrow Airport.
1986Iran–Contra affair: U.S. President Ronald Reagan announces the members of what will become known as the Tower Commission.
(19)1989年 - 大相撲11月場所で小錦幕内初優勝。外国人力士の優勝は高見山以来17年ぶり2人目。
1990 – The Delta II rocket makes its maiden flight.
1991National Assembly of Azerbaijan abolishes the autonomous status of Nagorno-Karabakh Autonomous Oblast of Azerbaijan and renames several cities back to their original names.
(20)1996年 - 大分自動車道が全線開通。
(21)1997年 - 徳陽シティ銀行が破綻。
(22)1998年 - トニー・ブレアイギリスの首相としては初めてアイルランド議会にて演説。
2000George W. Bush is certified the winner of Florida's electoral votes by Katherine Harris, going on to win the United States presidential election, despite losing in the national popular vote.
(23)2003年 - ブリストル超音速輸送機コンコルドの最後のフライトが行われる。
2004Ruzhou School massacre: A man stabs and kills eight people and seriously wounds another four in a school dormitory in Ruzhou, China.
・2004 – The last
Poʻouli (Black-faced honeycreeper) dies of avian malaria in the Maui Bird Conservation Center in Olinda, Hawaii, before it could breed, making the species in all probability extinct.
(24)2005年 - 日本の小惑星探査機「はやぶさ」が小惑星イトカワに着地し、岩石の採取を行う。
(25)2005年 - Jリーグ東京ヴェルディ1969が前身の読売サッカークラブ時代を含め、クラブの歴史で初めてのJ2降格。
(26)2008年 - ムンバイ同時多発テロが発生。
(27)2008年 - 阪急西宮ガーデンズが開業。
(28)2008年 - 大相撲関脇の安馬公平が大関に昇進。同時に四股名日馬富士公平(はるまふじ こうへい)に改める。
(29)2010年 - カティンの森事件に関して、ロシア下院スターリンら指導者が指令を下して起こしたとする声明を決議[1]
2011NATO attack in Pakistan: NATO forces in Afghanistan attack a Pakistani checkpost in a friendly fire incident, killing 24 soldiers and wounding 13 others.
・2011 – The
Mars Science Laboratory launches to Mars with the Curiosity Rover.
2012Aam Aadmi Party Indian political party formally started.

                     インタネット情報&ヨシダブログ
              (2015年3月20日付でコラム名称を変更しました)
(上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。)

   こ のコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を編集しつつ、ヨシダコメントを書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグーグルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。 

只今、 5886件です。 
2015年11月26日(木)掲載分

昨日11月25日最終のトップページ
編集者のひと言ダイアリー・コナー

  本日「11月26日のできごと」 でヨシダが特にマークしたいのは、「(11)1941年 - 第二次世界大戦: アメリカのハル国務長官がハル・ノートを提示」、「(29)2010年 - カティンの森事件に関して、ロシア下院スターリンら指導者が指令を下して起こしたとする声明を決議」の2件です★前者は映画にもなったハル・ノートの秘話ですが、日本の真珠湾攻撃を奇襲とするか、予告宣言とするかの微妙な歴史事実を秘めるのが「ハル・ノート」を巡る当時の日本代表(来栖・野村)のとった行動やその後の歴史記録等々です。そのボリュームは同じ英語版「Hull Note」 の10数倍に及びます。その分、日本側のこの問題に対する複雑さが垣間見られます。その日本側の受けとめ方の実態を次の言葉で垣間見ます。「・・・12月 6日、ルーズベルト大統領から昭和天皇に親電が発せられた。 親電の趣旨は、もし日本軍が仏印から撤兵してもアメリカは同地に侵入する意図はない、周辺政府にも同様の保障を求める用意がある、南太平洋地域における平 和のため仏印から撤兵してほしいというものであった。ハル国務長官の原案では「日中の90日停戦、太平洋関係諸国の軍隊の移動禁止、在仏印日本軍の縮小、 日中両国の和平交渉の開始」など既に放棄された暫定協定案の再現のような内容であったが、ルーズベルトはこれを採用しなかった。親電を送ることについての ルーズベルトの真意は明らかではないが、ハルは「それを送ることは記録を作る目的以外にはその効果は疑わしい」と否定的だった。親電は中央電信局で10時間以上留め置かれ、最終的に昭和天皇のもとに届いたのは12月8日の午前3時(ハワイ時間では午前7時半で真珠湾攻撃予定 時刻の30分前)で あった。昭和天皇は戦後、「この親電は非常に事務的なもので、首相か外相に宛てた様な内容であつたから、黙殺出来たのは、不幸中の 幸であつたと思ふ」と回想している。親電について東郷は「此危局を救い得るものとは認め難い」とし、東条も「そういうものは何にも役立たぬではないか」と 言ったとされるなお、2013年3月に公開された外交文書によれば、連合国軍総司令部(GHQ)は戦後、外務省に対して、伝達が遅れずに「電報が天皇陛下に渡されたならば戦争は避けることができたに違いない」との見解を示していたことが明らかになっている(ウィキペディア)★後者の「 カティンの森事件」に関しては掲載を躊躇しましたが、これが人間の、戦争の現実だという認識を表現するために選択しました。「きょうのできごと」編集で何時もぶち当たる「人間の、戦争の性」そのものです。
 「No.5885移民が支える経済発展と無差別テロ  (鈴木幸一氏の経営者ブログ)日本経済新聞2015.11.26.(24日付)鈴木幸一・IIJ会長)」の筆者と併せて「5人の読者ブログ」も鋭い切り口ですよ。まずはクリックしてご覧ください。(10:15)
 「No.5886:幸福とは、何だろう。『広辞苑』は<心が満ち足りていること>と定義し、寺山修司…東京新聞「筆洗」2015.11.26.)」を編集しながら感じることは、「ああ!ヨカッタ!このコラム編集を思い立って・・・!」です。動機は当事者の心の備えをみて訪れるもの・・・とは、文学には程遠い人生だったヨシダの現在の心境です。柄にもなく、と苦笑いです(笑)。(11:20)



No.5886
幸福とは、何だろう。『広辞苑』は<心が満ち足りていること>と定義し、寺山修司…
東京新聞「筆洗」2015.11.26.

ヨシダブログ「他人を励ますことはできても、自分を励ますこと難しい。だから・・・というべきか しかし・・・というべきか 自分がまだ開く花だと思える間はそう思うがいい すこしの気恥ずかしさに耐え すこしの無理をしてでも 淡い賑やかさのなかでに 自分を遊ばせておくがいい」と いう吉野弘さんの言葉に妙に惹かれます。なんだか、84歳のヨシダ爺ちゃんが到達(?)したかのような達観した晩年人生観のような気がしないでもありませ ん。ハイ、むろんのことながら、本コラム編集ブログを思い立って以来のことです▼ヨシダの場合は、その延長線上に、24時間ヨシダの心に居座るもの。それ は感謝、かんしゃ、カンシャの心のほかありません。ちょっとした仕草のなかに感謝の祈りを体感する現在のヨシダであることを限りなく喜んでいます。ヨシダ の口癖「自利から他利」の精神を招来したそれは自然の成り行きとも受けとめます。(写真13枚添付ファイル)  
 「寺山修司『ポケットに名言を』」の画像検索結果 「寺山修司『ポケットに名言を』」の画像検索結果「寺山修司『ポケットに名言を』」の画像検索結果「寺山修司『ポケットに名言を』」の画像検索結果  「寺山修司『ポケットに名言を』」の画像検索結果「ルナアル の言葉<幸福とは幸福を探すことである>」の画像検索結果「ルナアル の言葉<幸福とは幸福を探すことである>」の画像検索結果「ルナアル の言葉<幸福とは幸福を探すことである>」の画像検索結果
       「京都大の佐藤弥」の画像検索結果「京都大の佐藤弥著書」の画像検索結果「吉野弘『贈るうた』」の画像検索結果 「吉野弘『贈るうた』」の画像検索結果「<壇飾りの雛人形を背に/晴着姿の幼 い姉妹が並んで坐っている写真」の画像検索結果
No.5885

移民が支える経済発展と無差別テロ  (鈴木幸一氏の経営者ブログ)
日本経済新聞2015.11.26.(24日付)鈴木幸一
・IIJ会長
ヨシダブログ極めて薀蓄ある鈴木御大のブログです!ヨシダが強い関心をもって読んだ箇所で曰く、「・・・ 日本企業の海外部門で働く志望を持つ学生のリ クルートの催しがあって、千人単位の学生が集まっていた。日本人学生の割合は、50%を下回っているという。ニューヨークで会った大手金融機関の方は、 「今年、留学志望者を募ったら、一人の応募もなくて愕然(がくぜん)とした。」と、嘆いていた。名だたるビジネススクールに会社の費用で行けるというのに・・・」と、が それです▼日本人の留学希望者激減をヨシダが皮肉る側面はこうです。「少子社会にあって、両親の財産は遅かれ早かれボク(ワタシ)の物。なにも留学までし て苦労しなくても、そこそこの生活ができる身分だもん・・・」です▼少子・高齢・人口減少社会の母国ニッポンの将来に不安を感じます。此処でもヨシダの皮 肉ブログをまたまた!「ワンス・アポン・ア・タイム、ニッポン人という優秀な民族が居ったげな・・・」がそれ、この表現の裏には、「もう居ない」であるこ とを現代の若者たちは理解するでしょうか?▼本記事末尾にある5人の方々のブログをみるに、極めて鋭い見解です。この鈴木幸一御大のブログと同様に一読す る価値ありと痛感するヨシダです▼なお、「中見出し」は、■安全な国、■変貌したチェルシー、■留学志望者はゼロ、■よみがえるヒトラー前夜・・・と続きます。写真7枚添付ファイル)  
 「鈴 木幸一」の画像検索結果 「日本インターネット書紀」の画像検索結果「日本インターネット書紀」の画像検索結果  「鈴 木幸一著書」の画像検索結果「鈴 木幸一著書」の画像検索結果「鈴 木幸一著書」の画像検索結果「鈴 木幸一」の画像検索結果
 昨日25日の記事3編を下記に掲載していましたが、本日26日の第一記事掲載(10:10)をもって消却しました。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。

             「末尾の特別情報お知らせコーナー」
  従来の縦長トップサイト情報を「コンテンツ・コーナー」に集約したことから、このトップ面を利用して編集者・ヨシダの「特別情報のお知らせコーナー」(仮 称)を思いつきました。数日間置いて、新しいことを思いつくまでは本欄に掲載するとして、適当な時期をみて、このコラム専用の「コンテンツ」欄に移して次 に備える・・・という趣向です。

 「ヨシダのひとりごと」といった感じ。その分、訪問者の方々にヨシダの近況をお知らせするという発想。もっと も、本サイトの主流である「ンタネット情報&ヨシダブログ」は毎日複数規模で掲載していることから、それ自体が格好の「近況報告」足り得るのでは ありますが・・・。ホンネは、折角書いたものなら、何処かにしまっておきたいというのが狙いともかくも記録として残す価値はあるでしょう。
 「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど・・・」といった 感じで書きなぐるっている始末。思ったことをアトランダムに書き残すのも一興と思ってのことだし、ボケ防止のヨシダの道楽って感じとしてものでSすので、ご 容赦ください。)    


        ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
  大人気ないことで恐縮ですが、ヨシダが密かに抱く自慢のひとつを末尾に掲載します。それはよく知られている英語の詩文などを丸暗記して朗誦できることです。"Lord's Prayer "(主の祈り), "The Lion's Code of Ethics"(ライオンズクラブ道徳綱領), "Lincoln's Gettysburg's Address" (リンカーン大統領のゲティスバーグ演説), "Youth "(青春の詩), "My Way "(マイ・ウエイ)がそれです。もとはクルマを運転中でも気が向けば大きな声でやったもの。現在では、車いすで庭に出て呟くように、といった按配。大きく口を明けてやると、通りかかりの人に独り言をブツブツやっていると失笑されかねませんから・・・(笑)。
 そこに至るプロセスからお伝えさせてください。健 康管理の名をもっ て習慣とした自己流ストレッチング体操のあとの朝風呂のバスタブ内でのこと。汗を流すまでの時間を有効活用するために思いついたのがその動機。もっとも、 フィリピンに来てからはバスタブで熱い湯に浸かることはなくなりましたので、日課とまではいかなくなりましたが、それでも思い出したようにやりますが、見事に(?)暗誦しています。正味8分間の英語朗誦です。順を追って説明させてください。


"Lord's Prayer "(主の祈り)
  高校生時代に広島県下高校英語弁論大会で優勝したのが縁で親しくして感化を受けたのがアメリカ人女性宣教師のアンダーソンさんという人物。二十歳になって 洗礼を受けました。英語のバイブル・クラスで通訳も演じたものでしたが、当時から「主の祈り」に馴染んだお陰で暗誦英語のナンバーワンになりました。
  「主の祈り」に蛇足のエピソードを追記します。くだんのアンダーソン女史が弁論大会で紹介してくれたのが教え子の村上芳野さんという人物。当時の広島大学 天文学教授の娘さん。後年、ヨシダが結婚(残念、別の女性!しかも、離婚!)した折に仲人役になっていただいた人物。後年、出版社が募集した懸賞論文に応 募して「佳作」になった拙著が掲載された分厚い書籍「初恋、初カレ、初カノジョ」(文芸社刊・全366頁)に掲載されました。題して、
人生の恩人 プラトニックラヴした永遠のカノジョ」がそれです。「主の祈り」のコラムに、こんな私的なものを掲載するにはそれなりの純粋な青年時代の想い出があることをもって追記するものです。
  
http://www.a-bombsurvivor.com/contents/writing/writing_No.1/writing_No.1-21.jpg

"Lincoln's Gettysburg's Address" (リンカーン大統領のゲティスバーグ演説)
 ご 存知のように、「人民の、人民による、人民のための・・・」で日本人にも馴染み深いものであることに関心を持ちました。これには、深い想い出があります。 1993年に一ヶ月間の単身米国取材旅行をした折のこと。かのリンカーン記念館でのエピソードがあります。下記にそれを想起する写真の幾つかを添付しつつ 記します。同記念館のホールはリンカーン像の前でのこと。壁面にくだんのスピーチがあるのを観て感無量。偶然にヨシダの横に立っていた背の高いアメリカ人 に語りかけ、このスピーチは暗誦しているんです、と。ぜひとも聴かせて!ということから、調子にのって始めましたが、途中で止めようとしたら、Go on, please! に促されて最後まで。彼曰く「ひと昔前は小学校生徒たちも暗誦させられたのですが、現代っ子は・・・」と、肩をすくめました。
 
ある年次の「9.11記念式典」でこの演説を朗誦するあるアメリカ人政治家の姿が目にとまりました。「オレも負けないぞ~!」と感じたものでした。アメリカではアメリカ人の前では、 ちょっと自慢できるこれは「ヨシダの特芸」(?)と自負します。 
 「1863, lincoln address at gettysburg」の画像検索結果「1863, lincoln address at gettysburg」の画像検索結果    「1863, lincoln address at gettysburg」の画像検索結果「Lincoln Memorial」の画像検索結果     「Lincoln Memorial」の画像検索結果「Lincoln Memorial」の画像検索結果
 ちなみに、このゲティスバーグ演説に関する書籍があります。在日中に吹田市にクライアントがありましたが、その副社長さん(社長夫人)がこのことを知られて関連著書を贈呈してくだされ、フィリピンに持ち寄った数少ない書籍のひとつです。題して「
リンカーンの3分間」(共同通信社刊・376頁」 (原本名:LINCOLN AT GETTYSBURG THE WORDS THAT REMADE AMERICA by GARRY WILLS 北沢栄訳)

"The Lion's Code of Ethics"(ライオンズクラブ道徳綱領)
  ヨシダが広島県下「336-地区」のキャビネット・情報委員長を務めた時代のこと。ライオンズクラブ国際協会会長ウルマンさんの公式訪問を前のこと。同米 人会長が殊のほかそれを愛しておられたことを知り、それを暗誦できるようにしてお目にかけよう、という単純な発想でした。後日のこと、広島市長への公式訪 問時にご一緒した折の話でそれを伝えたらビックリして言われました。「そりゃ、驚きだ。暗誦できるライオン(同士)は今までにない・・・」と。余談です が、国際会長表彰を後日受賞したのですが、その背景にはキャビネット情報委員長兼「地区誌編集長」(年4回、各40ページ)」の立場にあって、任期中の取 材を兼ねた各会合出席回数は実に任期1年間で100回を記録、後にも先にもない委員長の名を成したものです。
                
                 
"Youth "(青春の詩)
 
この詩は日 本の経営者にも愛さ れるもの。かのマッカーサー元帥がフィリピン駐在中に日本軍が入り込んだ同元帥のオフィスの壁にかかっていたとか。ヨシダ個人としての人生観に通じること から選択しました。同詩の最後の一節に「・・・80歳にして若く死す」というくだり。You may die young at eighty.に付け加えることにしているのが、In Yoshida's own words, at a hundred! と。「ヨシダ流に、百歳にして若く死す」と付け加えて自分のモノにしています。

  「samuel ullman youth poem」の画像検索結果
  本詩に関する書籍があります。「『青春』という名の詩 幻の詩人サムエル・ルマン」(宇野収・佐山宗久共著・産業能率大学出版部刊・145頁)がそれ。著 者はこの執筆のために米国に長期間滞在して取材されました。日本新聞が大きく報道した経緯もありました。ところで、この詩を愛唱したマッカーサー元帥と言 えば、フィリピンには身近な軍人人物です。マニラタイムズ紙でヒットした記事「Behind every great man  The women in  the life of General Douglas MacArthur」をリンクします

"My Way "(マイ・ウエイ)
  これは日本人にも馴染み深い歌です。8分間の朗誦を終えるに相応しい最後のもの。末尾のセリフ「...This is my way....(これが私の生き様です)に自身の生き方をオーバーラップする(できる)からです。だれがどう言おうと、批評しようとも、オレは俺の生き方 を選択して悔いは全く無い、と確信するのがフランク・シナトラの本音のホンネ。
ヨシダはそれを「わがヨシダのマイ・ウエイ」として歌い、かつ朗誦してきています。とりわけ、末尾のYes, this my wayの瞬間に想うこと。それは、「イエス!此処フィリピンに骨を埋めるのはオレの人生選択肢だ、との想いを込めて、です。
 日本で始めての女性衆議院議長を務めた社会党の故・土井たか子さんも大好きで、張りのある声で歌われたのが、この締めくくりの「マイ・ウエイ」
。 土井さんの「マイウエイ」を歌う姿を追いながら、やっと見つけた小さな同女史の歌う白黒写真。ステージに立って片手マイクの姿が最適と判断して特別に添付 しました。なお、もう一枚の同女史の写真は史上初の衆議院議長を務められた時の「胸を張って毅然としての発言姿!」。議長席から発言者を指名する時の姿。 従来の「○○君!」でなく、「○○さ~ん!」
の姿。
 蛇足の弁で恐縮ですが、ヨシダの「君呼ばわり」に対する日本 語 評論があります。「敬語・へりくだり語・蔑視語・優越語Etc.」の使い分けは日本語の持つ悪癖と断じて憚りません。議長ポストの優越感や権威を意識した かのような「君呼ばわり」。その背後に見え隠れするのがその日本語の複雑な使い分け。「君呼ばわり」は「対等・ 若干の議長ポストを意識した優越語」。そう言えば、「君呼ばわり」は相手が年齢的に地位的に「目下」の場合が普通であるからです。この辺りへの「配慮」で 「○○さん」呼ばわりしたのは土井さんのお人柄・・・と強く評価するのが社会党でもないヨシダの気持ちです。今は天上で朗々とこの「マイウエイ」を歌って おられることと想像しています。
    
ヨシダのウェブサイトをご訪問くださってありがとうございました。またの機会までご機嫌よろしゅう!と言っても、毎日相当量のヨシダコメントを書きまくっています。「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど」が決まり文句です。) 

                      
2015年11月26日(木)
                           ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
                    
                       
 吉田祐起
                  
       (満84歳0ヶ月) 

                 (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)
                                yoshida@a-bombsurvivor.co