吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果   「yuuki yoshida」の画像検索結果 http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
(写真左・中は2011年3月は東日本大震災直前のもの、右はパスポート更新で2014年9月10日に撮影したものです。数年前より現在のほうが若く見える、とは周辺の人たちの弁です。直近のものは「ステテコ&半そで」姿なので遠慮します。)                                  
      吉田祐起(Yuuki Yoshida) :満84歳0か月 
 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 
  生後10ヶ月でポリオに罹り、広島原爆で九死に一生を得るも、被爆翌年に義兄が経営する製材所の助っ人で作業中に労災事故死した父に代って一家を支えるべ く 技術屋人生を選択し、定時制高校に通いながら日夜励みました。得意の英語を駆使して米国から新技術を導入したり発明品の商品化等々で14年間の華々しい青 春時代を謳歌。公費で米国業界視察留学という話が飛び出したものの、妻(当時)の養父の急死で已むなくその小規模運送会社経営を継承。
 まがり なりにも32年間で「7社グループ総合物流商社体制」を確立。自称・人生第二毛作を演じました。運輸大臣表彰(現・国土交通省)受賞をひと区切り に、同族企業でありがちのお家騒動を体験。離婚を契機にマヴァリック(一匹狼)のコンサルタント会社を設立して16年間、離日直前まで楽しく活動しまし た。執筆活動 の原点でもありました。自称・人生第三毛作を演じました。
 期するものを得て、此処フィリピンの地を終の棲家と定めて 2009年2月に移住。これからが最終章のわが人生第四毛作と位置づけています。自称「相互扶助精神に基づく運命共同体生活」で心置きなくフィリピン人2 家族と共同生活をもって人生最終章(四毛作)を演 じつつあるところです。かれらを「貧困から脱却」させつつ、ヨシダの終生面倒見を期待するという仕組みです。でも、ちょっと真似の出来ない生き方と自負し ます。

              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手製のささやかなウェブサイトですが、ご覧ください。なお、ご意見やお気づきの点は遠慮なく下記にご一報くだされば嬉しい限りです。
yoshida@a-bombsurvivor.com

                                     English               
     
            2015年11月2日(月)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
   
   

   ヒロシマ・ヒバクシャのヨシダが発信する「オバマ米大統領の被爆市訪問」のこと
  フィリピンに来て間もない頃は2009年11月10日のこと。シンガポールで開催の APEC会議出席の前に東京に立ち寄られたオバマ大統領がNHK WORLDの記者の質問(今回の日本立ち寄りを機に、被爆市訪問の意図がありますか?) 対して答えられた言葉が鮮明です。"The schedules are too tight this time. However, I would like to have an honor of visiting some day during my Presidency."(今回はスケジュールが一杯でできないが、任期中の何時か訪問の栄に浴したい・・・)。その出来事を踏まえて即座に書いたのが、拙著オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします!」 (2009年11月10日記)です。クリックしてご覧ください。ヨシダはその後、その適切な訪問時期は、区切りイイ年次の「2010年ー65周年」として 公開書簡まで発表したものでした。しかし、それが実現しなかったことは、現在にして思うに、「2015年ー70周年」こそがベストな年次と提唱するに至り ました。
 ところが、8月に入ってもその気配は皆無。「2015年-70周年」に拘っていたヨシダは絶望と思いつめていたものの、考えてみれば 同大統領の任期は 2017年1月20日東部時間正午まで。とすれば、区切りは良いとは言えない「2016年ー71周年」になるのが精一杯。まいっか・・・と勝手に思ってい るところです。大統領任期中の「レガシー(遺産)づくり」としても、男の約束においても実現されるのがご本人のためだとさえ思うのがヨシダです。

 おって、ヒバクシャとして被害意識を強くする中で、オバマ米大統領が2011年の9.11の8周年記念式典(ペンタゴン)て遺族たちを前にスピーチした言葉の一節を下記に掲載します。「被害意識」が先行するヒバクシャのわれわれが共有すべき貴重な言葉と受けとめます。なお、この崇高なる大統領の言葉は"Ceremonies Mark 8th Anniversary of September 11 Terrorist Attacks"の中ほどに小さく載っていたもので、目立たないものです。中見出し付きもしくは、太文字表示されるべき価値あるものと考えます。
"Let us renew the true spirit of that day. Not the human capacity for evil but the human capacity for good - not the desire to destroy but the impulse to save and to serve and to build," あの日の真実の心を新たにしましょう。 悪に対する人類の能力としてでなく、善に対する人類の能力としてです。-破壊することへの欲望でなく、守り、奉仕し、建設するための推進力としてです。(オバマ米国大統領・翻訳;吉田祐起) 
                     「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果          「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果 「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果
   (注:このトップコメントは2016年8月6日まで掲載します。しぶといでしょう、ヨシダは・・・笑)

                
                グーグルから拾った11月2日の「できごと」 
                          November 2, Events(英語版) 
                              「きょうのできごと」記録集
  こ のコラム編集なかんずく、当該写真の選択や入手の仕方等々はご覧くださる方々のご関心をヴィジュアルな面で提供することを目的としています。つまり、写真 や画像から入って、「できごと」の中身にご関心を期待するためです。もともと「グーグルのできごと」は英語版が本流でして、日本語版はその翻訳的な一面が 否 定できません。日本語版から入ると「できごとの」の主人公すら掴めない場合さえあることを最近痛感することが少なくありません。「主語抜き」という日本語 特有の落とし穴です。ヨシダの手法は、その「できごと」の主人公もしくは主体をヨシダ流の英語でインプットして当該情報にヒットすることが少なくありませ ん。そういった体験から、全体像が理解しにくい場合は、英語版を横目に検索することにしたり、当該できごとが英語版に無い場合は、ヨシダ流で関係語や名称 を英語訳して英語版グーグルにインプット検索の結果、思わぬ適切な記事や画像にヒットするケースは少なくありません。そんなことから、案外と多くの時間を 費やしているのがこの画像等の選択肢であり、その編集です。もっとも、その過程で学び機会の習得者は他ならぬ、編集者のヨシダではあるのですが・・・
2Louis-Marie de Larévellière-Lépaux Directeur.jpg「総裁政府1795」の画像検索結果3    「1870年 - 岩崎弥太郎が土佐開成社を開設」の画像検索結果  「1870年 - 岩崎弥太郎が土佐開成社を開設」の画像検索結果 4   関連画像「1874年 - 読売新聞創刊」の画像検索結果「1874年 - 読売新聞創刊」の画像検索結果5「ノースダコタ州とサウスダコタ州」の画像検索結果6「石井・ランシング協定 原文」の画像検索結果 「Lansing-Ishii Agreement document, 1917」の画像検索結果「Lansing-Ishii Agreement document, 1917」の画像検索結果   「Lansing-Ishii Agreement document, 1917」の画像検索結果
  7
「Balfour Declaration」の画像検索結果 「Walter Rothschild, 2nd Baron Rothschild」の画像検索結果9「1930年 - エチオピア皇帝ハイレ・セラシエ1世が戴冠」の画像検索結果       「1930年 - エチオピア皇帝ハイレ・セラシエ1世が戴冠」の画像検索結果10「ムッソリーニ」の画像検索結果「axis powers」の画像検索結果「axis powers」の画像検索結果15「Howard Hughes」の画像検索結果  「Howard Hughes」の画像検索結果「Howard Hughes」の画像検索結果関連画像「Howard Hughes,  Spruce Goose or H-4 The Hercules」の画像検索結果
    1
8        
  「1950s quiz show scandals」の画像検索結果       「1959, quiz show scandal, charles van done with "21"」の画像検索結果            「1959, quiz show scandal, charles van done with "21"」の画像検索結果       「1959, quiz show scandal, charles van done with "21"」の画像検索結果19「1961年 - 柏戸と大鵬がそろって横綱に昇進。」の画像検索結果「1961年 - 柏戸と大鵬がそろって横綱に昇進。」の画像検索結果21「池之坊満月城火災」の画像検索結果「池之坊満月城火災」の画像検索結果「池之坊満月城火災」の画像検索結果「池之坊満月城火災」の画像検索結果「池之坊満月城火災」の画像検索結果
  22
  「金大中事件決着」の画像検索結果 「田中角栄首相」の画像検索結果  「金鍾泌首相」の画像検索結果25    「1979年怪盗ジャック・メスリーヌ」の画像検索結果  「Jacques René Mesrine shot to death」の画像検索結果  関連画像29  「Robert Tappan Morris」の画像検索結果      「Robert Tappan Morris」の画像検索結果     「Robert Tappan Morris, Morris worm」の画像検索結果30「シブがき隊解散真相」の画像検索結果「シブがき隊解散真相」の画像検索結果
                                                            32 「東北楽天ゴールデンイーグルス」の画像検索結果「東北楽天ゴールデンイーグルス」の画像検索結果
619 – A qaghan of the Western Turkic Khaganate is assassinated in a Chinese palace by Eastern Turkic rivals after the approval of Tang emperor Gaozu.
(1)676年 - ドヌスローマ教皇に即位。
1410 – The Peace of Bicêtre suspends hostilities in the Armagnac–Burgundian Civil War.
1675Plymouth Colony governor Josiah Winslow leads a colonial militia against the Narragansett during King Philip's War.
(2)1795年 - フランス革命: 総裁政府が発足。
1868Time zone: New Zealand officially adopts a standard time to be observed nationally.
(3)1870年明治3年10月9日) - 岩崎弥太郎が土佐開成社を開設。(三菱財閥の起源)
(4)1874年 - 読売新聞創刊。
1882Oulu, Finland is devastated by the Great Oulu Fire of 1882.
(5)1889年 - ダコタ準州が州に昇格し、ノースダコタ州サウスダコタ州としてアメリカ合衆国39番目と40番目の州となる。
1890 – Formal and official founding of the Uddevalla Suffrage Association.
1895 – The first gasoline-powered race in the United States; first prize is $2,000.
1898Cheerleading is started at the University of Minnesota with Johnny Campbell leading the crowd in cheering on the football team.
1899 – The Boers begin their 118-day siege of British-held Ladysmith during the Second Boer War.
1909Lambda Chi Alpha fraternity is founded at Boston University.
1914 – World War I: The Russian Empire declares war on the Ottoman Empire and the Dardanelles are subsequently closed.
・1917 – The
Military Revolutionary Committee of the Petrograd Soviet, in charge of preparation and carrying out the Russian Revolution, holds its first meeting.
(6)1917年 - 石井・ランシング協定成立。
(7)1917年 - イギリスのバルフォア外相が「ユダヤ人シオニスト諸組織に対する好意の宣言」(バルフォア宣言)を発表。パレスチナ内にユダヤ人の民族的郷土の建設を援助すると約束。
(8)1920年 - 世界初の民間ラジオ局「KDKA英語版」が、アメリカ合衆国ペンシルベニア州ピッツバーグで現地時間午後6時に開局。
・1920 – Adam Martin Wyant became the first former professional American football player to be elected to the United States Congress.
(9)1930年 - エチオピア皇帝ハイレ・セラシエ1世戴冠
(10)1936年 - ベニート・ムッソリーニが「ベルリン・ローマ枢軸」という言葉を始めて使う。
(11)1936年 - カナダ放送協会設立。
・1936 – The British Broadcasting Corporation initiates the BBC Television Service, the world's first regular, "high-definition" (then defined as at least 200 lines) service. Renamed BBC1 in 1964, the channel still runs to this day.
(12)1938年 - 第一次ウィーン裁定の結果、チェコスロバキアが南部スロバキアおよびカルパト・ウクライナ地域をハンガリーに割譲する事が決定。
(13)1940年 - 日本で国民服令が公布。
1940World War II: First day of Battle of Elaia–Kalamas between the Greeks and the Italians.
(14)1945年 - 日本社会党結成。
(15)1947年 - 飛行艇H-4が初飛行。(1947 – In California, designer Howard Hughes performs the maiden (and only) flight of the Spruce Goose or H-4 The Hercules; the largest fixed-wing aircraft ever built.)(日英語両版の比較のため挿入しました)
(16)1948年 - 1948年アメリカ合衆国大統領選挙の結果、現職のハリー・S・トルーマン候補が再選。
(17)1949年 - オランダインドネシアがハーグ協定に調印。1949年末までにオランダからインドネシアへ主権を無条件譲渡することが決定。
1951Korean War: A small platoon of 28 Canadian soldiers defend a vital area against an entire battalion of 800 Chinese troops in the Battle of the Song-gok Spur. The engagement lasts into the early hours of November 3.
1953 – The Constituent Assembly of Pakistan names the country The Islamic Republic of Pakistan.
1957 – The Levelland UFO Case in Levelland, Texas, generates national publicity.
・1959 – The first section of the
M1 motorway, the first inter-urban motorway in the United Kingdom, is opened between the present junctions 5 and 18, along with the M10 motorway and M45 motorway.
(18)1959年 - クイズショー・スキャンダル英語版: チャールズ・ヴァン・ドーン米議会下院立法管理小委員会において、クイズショー『トウェンティーワン英語版』でのやらせを認め、テレビ初期の信用を失墜させる。
1960Penguin Books is found not guilty of obscenity in the trial R v Penguin Books Ltd., the Lady Chatterley's Lover case.
(19)1961年 - 柏戸大鵬がそろって横綱に昇進。
1963South Vietnamese President Ngô Đình Diệm is assassinated following a military coup.
(20)1964年 - サウード王の譲位によりファイサルサウジアラビア王に即位。(1964 – King Saud of Saudi Arabia is deposed by a family coup, and replaced by his half-brother Faisal.
1965Norman Morrison, a 31-year-old Quaker, sets himself on fire in front of the river entrance to the Pentagon to protest the use of napalm in the Vietnam war.
1966 – The Cuban Adjustment Act comes into force, allowing 123,000 Cubans the opportunity to apply for permanent residence in the United States.
1967Vietnam War: US President Lyndon B. Johnson and "The Wise Men" conclude that the American people should be given more optimistic reports on the progress of the war.
(21)1968年 - 有馬温泉の旅館・池之坊満月城で火災。30人が死亡。
(22)1973年 - 金大中事件: 日本の田中角栄首相と韓国の金鍾泌首相の会談により両国間で政治決着。
1973 – The Communist Party of India (Marxist) and the Communist Party of India form a 'United Front' in the state of Tripura.
1974 – 78 die when the Time Go-Go Club in Seoul, South Korea burns down. Six of the victims jumped to their deaths from the seventh floor after a club official barred the doors after the fire started.
(23)1976年 - 1976年アメリカ合衆国大統領選挙の結果、民主党ジミー・カーター候補が当選。
(24)1976年 - 超音速旅客機コンコルドの製造中止が決定。
(25)1979年 - フランス警察がパリの路上で怪盗ジャック・メスリーヌを射殺。
1977South Ockendon Windmill, a smock mill at South Ockendon, Essex, England collapsed.
1982Channel 4 is launched in the United Kingdom.
(26)1982年 - 山万ユーカリが丘線ユーカリが丘駅 - (女子大駅) - 中学校駅間が開業。
1983 – U.S. President Ronald Reagan signs a bill creating Martin Luther King, Jr. Day.
1984Capital punishment: Velma Barfield becomes the first woman executed in the United States since 1962.
(27)1985年 - 日本シリーズ阪神タイガース西武ライオンズを破り、38年ぶり、2リーグ化後初の日本一に。
(28)1986年 - メジロラモーヌエリザベス女王杯(当時は4歳〈現3歳〉牝馬限定競走)に勝ち、日本競馬史上初の牝馬三冠を達成。
(29)1988年 - ロバート・T・モリスが世界初のインターネットワームとされるMorris wormを放つ。
(30)1988年 - シブがき隊が解散。
1990British Satellite Broadcasting and Sky Television plc merge to form BSkyB as a result of massive losses.
2000 – The first resident crew to the ISS docked with their Soyuz TM-31 spacecraft.
(31)2003年 - 日本で勲等の等級が廃止。
(32)2004年 - 東北地方初のプロ野球球団となる東北楽天ゴールデンイーグルスの参入が承認される。
(33)2004年 - 2004年アメリカ合衆国大統領選挙の投票の結果、現職のジョージ・W・ブッシュ候補が再選。
2007 – 50,000–100,000 people demonstrate against the Georgian government in Tbilisi.
2014A suicide attack killed 60 at Wagah. (304.26KB)

                  インタネット情報&ヨシダブログ
              (2015年3月20日付でコラム名称を変更しました)
(上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。)

   こ のコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を編集しつつ、ヨシダコメントを書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグーグルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。 

只今、 5824件です。 
2015年11月2日(月)掲載分
昨日11月1日最終のトップページ
編集者のひと言ダイアリー・コナー

 本日「11月2日のできごと」 でヨシダが特にマークするのは「(15)1947年 - 飛行艇H-4が初飛行」です。ほかでもありません、「きょうのできごと(Events)」の日英語版に見られる微妙なニュアンスの差異があります。この日本語版では主語が「飛行艇H-4」そのものでして、同艇の写真が主人公の全てです★ところが、英語版では(1947 – In California, designer Howard Hughes performs the maiden (and only) flight of the Spruce Goose or H-4 The Hercules; the largest fixed-wing aircraft ever built.) とあり、主語はその初飛行を操縦したパイロットのハーワード・ヒューズ氏でして、「飛行艇H-4」はかつて建造された最大の飛行艇だ、といった文体の違い です★世界的な高峰征服記事でもみられることですが、日本語版は当該山名が主語で、「○○山が初登頂された」式。英語版は征服した人物が主語、すなわち、 「○○が征服した」という文体の差が見られます★このため、編集者のヨシダは当該写真の選択で、しばしば英語版からの情報検索を余儀なくします。 (00:10)
 二日間ほど断絶していてOutlook Expressが新しいパスワード設定で回復しました。「アウトルック・エキスプレス」はXPのみ使用可というシロモノだけに長年親しんだOutlook Expressを捨て難いのです。エッ?まだXP使ってるの!?といった声を意識します。あれだけ前宣伝でXPのオワリを宣言してきたマイクロソフトです が、母国ニッポンでもまだまだ沢山「生存」していると思います。「XPジ・エンド」の声が沸きあがった頃に、此処フィリピン地元のコンピューター技師が 「ネヴァー!使えます!」と。それを信じて現在に至るヨシダですが、大騒ぎした割には現在は平常って感じですね★ところで、お気づきでしょうか?本トップ 最下段の「フィリピン人の自己防衛精神はバツグン!」の添付写真!ユーモラスでさえありますよね。現在のヨシダは微笑ましさを痛感します。フィリピン人の 逞しさにすら結び付けるヨシダです。(9:30)
 先ほど入れ替わりに東京の友人からメールが舞い込んできて曰く、「ヨシダさん! な んと柔軟な身体なんですね~、そのお歳で・・・参ったです!」と(笑)。くだんの写真を再度添付してご参考に供します。昨日の本コラムで取り上げた関連写 真です。「俺だって、ワタシだってできるさ、できるわよ・・・」というご仁はメールをくださいませんか?共通しあえる健康管理のブログ交換をしてみたいで す。 (9:50)
                    
 「No.5823「寿命100歳」時代の生き方(No.924)国際派日本人養成講座2015.11.2.(10.31付・文責:伊勢雅臣))」 を編集しながら痛感することは、母国ニッポンの将来像。若い夫婦は子供を多くは生まない生みたくないが本音。二人生んでプラスマイナス・ゼロつまり、横滑 りの人口趨勢。そこで長寿が及ぼすものは人口減少と老齢化のダブルパンチ。それでも難民・移民は一切お断り!ですが、その先はどうなるのでしょうか?★此 処フィリピンで生活して実感することは子供たちの勢い感。キャ~!という声に耳慣れて、心地よい生活リズム感を体感します★養老院施設等での生活はシ~ン とした雰囲気。どちらがイイですか?と問われれば、文句なしに現在の生活環境であることに異存はありません。(11:25)                
 「No.5824:無駄と知りながら、秋の健康診断を控えにわか断酒に挑んだ。結局「我慢は体に…神戸新聞「正平調」2015.11.2.)」を編集しながら苦笑いを禁じ得ません。本記事筆者はプロのライター。ヨシダはノン・プロ。大きな差異は「書く事で飯を食う立場の人物」vs「ボケ防止のために書いているブロガー」との差異にほかありません。(12:40)


No.5824
無駄と知りながら、秋の健康診断を控えにわか断酒に挑んだ。結局「我慢は体に…
神戸新聞「正平調」2015.11.2.

ヨシダブログ:数年前から飲酒欲がまったくなくなり、一層の快適な食生活から日夜のパソコン作業をエンジョイするヨシダ。正直言って、本記事を読みながら苦笑いを禁じ得ません。筆者殿にはご無礼を承知の上のブログになることを謝しながら、です▼若山牧水は「1885年8月24日 - 1928年9月17日享年48歳」、永田和宏さんは「1947年5月12日生まれの68歳」、吉田類さんは「1949年6月1日生まれの66歳」、 お酒が創作活動のエネルギーとみますが、それだけに、お酒との縁が一層深まるものとみます▼ふと、わが身を振り返って想うこと。一体全体、何が何のエネル ギーが現在のヨシダを支えているんだろう・・・?と自問自答するのが本記事を読んで編集するヨシダの関心事です。で、その結論は、キーボードを叩いて自己 の想いを文章に託そうとしているのか・・・?ノー、ノー、格好のボケ防止になっているからさ・・・と自身に言い聞かせてご満悦です。写真10枚添付ファイル     
    「歌人の永田和宏さん が評している(「近代秀歌」)」の画像検索結果 「歌人の永田和宏さん が評している(「近代秀歌」)」の画像検索結果     「歌人の永田和宏さん が評している(「近代秀歌」)」の画像検索結果     「“酒場詩人”吉田類」の画像検索結果 「“酒場詩人”吉田類」の画像検索結果「若山牧水」の画像検索結果「若山牧水「枯野の旅」」の画像検索結果「「枯野の旅」」の画像検索結果「「枯野の旅」」の画像検索結果「若山牧水「枯野の旅」」の画像検索結果 
No.5823

「寿命100歳」時代の生き方(No.924)
国際派日本人養成講座2015.11.2.(10.31付・文責:伊勢雅臣)

ヨシダブログ:「中見出し」は、■1.「2045年に平均寿命は100歳に到達しているだろう」、■2.「働いてない人は目が死んでいる」、■3.まずは朝の掃除から、■4.「そんな今の自分が、一番好きです」、■5.70歳で介護施設に就職、■6.「今日も一日お疲れ様」、■7.「定年後に働くと、いいことずくめ」、■8. 体が動くうちは働いて世の中のお役に立つことが幸せ、・・・と続きます▼過去の日本人の寿命実績をみて、その延長線上を想像するだけでも、本記事内容の信 憑性に頷ける想いです。でも、本記事が示すのがその処方箋▼・・・とは言いながらのことですが、世界人口は暴発中。その一方で日本人みたいな長寿民族が存 在することの意義は?・・・となるでしょうが、それは日本だけの問題。日本は人口減少が顕著だけに、長寿は僅かながらでもその人口減少に「歯止め役」には なるという点。とすれば、これは日本民族に残された人口減少防止に対する唯一の(?)手段でもあると言えるでしょう。皮肉ではありますが・・・▼ひるがっ て、ヨシダが抱える寿命問題はベストを尽くして可能な限り長生きすることに「責任」を痛感します。同居するフィリピン人たちを貧困から脱却さす義務とその 継続責任を背負っているからです▼なお、本記事にある日本人女性の平均寿命の伸び率である「大 正14(1925)年:43.20歳、昭和40(1965)年:72.92歳、平成14(2014)年:86.83歳」をみるにつけて実感することは、単 純計算的にみても、絵に描いたモチでは決してあり得ないということです▼それだけに、引退後人生を自他共により価値あるもにするためにも大事なことを意識 的に実現自助努力することだと痛感します。「これでヨシ!(Es ist gut!)」の生き方を目指して・・・です▼おって、本記事主人公たるご人物:「上田健一社長さんの会社「株式会社高齢社」にリンクを貼って、ご参考に供します。「名は体を表す」です。おって、本記事筆者:伊勢雅臣氏のプロフィールもリンクしました。確実なお写真にヒットしないのが残念です。写真5枚添付ファイル     
               [写真][写真][写真][写真]株式会社高齢社マップ
 昨日1日の記事1編を下記に掲載していましたが、本日2日の第一記事掲載(10:50)をもって消却しました。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。

             
               「末尾の特別情報お知らせコーナー」

  従来の縦長トップサイト情報を「コンテンツ・コーナー」に集約したことから、このトップ面を利用して編集者・ヨシダの「特別情報のお知らせコーナー」(仮 称)を思いつきました。数日間置いて、新しいことを思いつくまでは本欄に掲載するとして、適当な時期をみて、このコラム専用の「コンテンツ」欄に移して次 に備える・・・という趣向です。

 「ヨシダのひとりごと」といった感じ。その分、訪問者の方々にヨシダの近況をお知らせするという発想。もっと も、本サイトの主流である「ンタネット情報&ヨシダブログ」は毎日複数規模で掲載していることから、それ自体が格好の「近況報告」足り得るのでは ありますが・・・。ホンネは、折角書いたものなら、何処かにしまっておきたいというのが狙いともかくも記録として残す価値はあるでしょう。
 「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど・・・」といった 感じで書きなぐるっている始末。思ったことをアトランダムに書き残すのも一興と思ってのことだし、ボケ防止のヨシダの道楽って感じとしてものでSすので、ご 容赦ください。)    


             フィリピン人の「自己防衛精神」はバツグン!             
  フィリピンに来て真っ先に目に飛び込んできたことで、日本では全く想像することさえできない光景!ご覧のような「過積載(?)バイク」デス!当初はこんな 姿を見たら「オー・マイ・ゴッド!」ってな調子でしたが、見慣れるに従って違和感は失せました。逆に微笑ましさでニンマリって按配です。
 朝夕はこの「ベルエア・ヴィレッジ」(表と裏にガードマン付きの開閉バール出入り口がある住宅団地)の玄関先に車いすで出て、前のメイン通り(4車線)で クルマや人の往き来の「ウォッチング」を楽しみます。とりわけ、ショートパンツでスラッと伸びた美脚と魅力的なデッカイおヒップで颯爽と歩くフィリピナの姿等々を鑑賞するのはヨシダの趣味。そういった野外の雰囲気の中で思わず微笑みが出るほどの光景が下部に添付したようは「バイク相乗り光景」です。
 家中の者たちに尋ねてみることに、「幼児たちが落っこちて怪我したというのを見た り聞いたりしたことがあるかい?」と。異口同音に、NO!!!!と、明快な返事しかかえってきません。ホントか?と問い質すしまつ。
 幼児たちの乗る様をみるに、かれらの自己防衛精神はあっぱれのひと言に尽きます。バイクの何処かや運転するパパの胴回りをシカと捕まえているのです。「シッカリ持ちなさいよ」などの声すら聞きません。親子ともに「自己防衛精神&自己責任責任」は確か、とみます。
 「規制」の厳しい国(民)とそうでない国の「自己防衛意識」は大きな格差が生じるのは世の常。規則の有無をせいにして自己防衛精神を疎かにするのとはドエライ差異を痛感します。もっとも、家長のアーネルが言うには、あるにはあるけど、警官と罰金を交渉をするとか。彼はバ ランガイ事務所の行政管理官であることからそういった実態は心得ています。でもジープ二ーのステップやトラックの荷台に乗っている者までは追求しないとかです。この微笑ましい(?)光景をお楽しみくだい。

                                  
                                             

ヨシダのウェブサイトをご訪問くださってありがとうございました。またの機会までご機嫌よろしゅう!と言っても、毎日相当量のヨシダコメントを書きまくっています。「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど」が決まり文句です。)  (546.77KB)                          

                       2015年11月2日(月)

                           ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
                    
                            
吉田祐起
                  
       (満84歳0ヶ月) 
                 (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)
                                yoshida@a-bombsurvivor.com