吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果   「yuuki yoshida」の画像検索結果 http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
      吉田祐起(Yuuki Yoshida) :満84歳0か月 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 

 上掲の自己紹介リンクは2012年6月付のもの。爾来、3年半近くが経過しましたが、そこからが本番って感じの生活ぶりで過ごしています。
  ある縁を得て、フィリピン家族(総勢半ダース余)と共同生活を送っています。英語の契約書も交わして弁護人介在の約束事です。題して「相互信頼精神に基づ く運命共同体生活」がそれです。ヨシダの終生面倒見がかれらの約束事。一方のヨシダの約束事は、かれらを貧困から脱却さすことにあります。ヨシダの年金等 をかれらに管理委託してのことですが、事実上は、そっくり任せっきりということです。相互信頼の最たるものと自負します。でも、こんな芸当はだれかれでき るシロモノではないでしょうよ(笑)。 
 僭越ですが貧困からは完全に脱却させています。自家用車も月賦完済。次は土地。その次は持ち家・・・といった意気込みで頑張っているところです。
 ・・・ と、こんな生活設計を描いて現在に至るヨシダですが、ヨシダの義務は長生きすることにあると自覚しています。そのためには満40歳から動機を得て始めて現 在に至る自己流のストレッチング体操に一層の磨きをかけるなど、加えて長年に及ぶステッキ使用で肩にかかった重荷による肩こり解消に集中努力をして通算7 年。お陰で99.9%の達成振りです。でも、ちょっと真似のできない自助努力と自負します。
 肝心のボケ防止のための独特の手法を編み出したのが2012年3月!題して「インタネット情報&ヨシダブログ」がそれです。詳細はクリックしてご覧ください。「こんなことをしているなんて、カッコいいボケ防止!」と賞賛されると確信しますよ(笑)。(2015.11.13.記)

              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手製のささやかなウェブサイトですが、ご覧ください。なお、ご意見やお気づきの点は遠慮なく下記にご一報くだされば嬉しい限りです。
yoshida@a-bombsurvivor.com                                                                  English               
            2015年11月17日(火)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
27.
28.   
   

   ヒロシマ・ヒバクシャのヨシダが発信する「オバマ米大統領の被爆市訪問」のこと
  フィリピンに来て間もない頃は2009年11月10日のこと。シンガポールで開催の APEC会議出席の前に東京に立ち寄られたオバマ大統領がNHK WORLDの記者の質問(今回の日本立ち寄りを機に、被爆市訪問の意図がありますか?) 対して答えられた言葉が鮮明です。"The schedules are too tight this time. However, I would like to have an honor of visiting some day during my Presidency."(今回はスケジュールが一杯でできないが、任期中の何時か訪問の栄に浴したい・・・)。その出来事を踏まえて即座に書いたのが、拙著オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします!」 (2009年11月10日記)です。クリックしてご覧ください。ヨシダはその後、その適切な訪問時期は、区切りイイ年次の「2010年ー65周年」として 公開書簡まで発表したものでした。しかし、それが実現しなかったことは、現在にして思うに、「2015年ー70周年」こそがベストな年次と提唱するに至り ました。
 ところが、8月に入ってもその気配は皆無。「2015年-70周年」に拘っていたヨシダは絶望と思いつめていたものの、考えてみれば 同大統領の任期は 2017年1月20日東部時間正午まで。とすれば、区切りは良いとは言えない「2016年ー71周年」になるのが精一杯。まいっか・・・と勝手に思ってい るところです。大統領任期中の「レガシー(遺産)づくり」としても、男の約束においても実現されるのがご本人のためだとさえ思うのがヨシダです。

 おって、ヒバクシャとして被害意識を強くする中で、オバマ米大統領が2011年の9.11の8周年記念式典(ペンタゴン)て遺族たちを前にスピーチした言葉の一節を下記に掲載します。「被害意識」が先行するヒバクシャのわれわれが共有すべき貴重な言葉と受けとめます。なお、この崇高なる大統領の言葉は"Ceremonies Mark 8th Anniversary of September 11 Terrorist Attacks"の中ほどに小さく載っていたもので、目立たないものです。中見出し付きもしくは、太文字表示されるべき価値あるものと考えます。
"Let us renew the true spirit of that day. Not the human capacity for evil but the human capacity for good - not the desire to destroy but the impulse to save and to serve and to build," あの日の真実の心を新たにしましょう。 悪に対する人類の能力としてでなく、善に対する人類の能力としてです。-破壊することへの欲望でなく、守り、奉仕し、建設するための推進力としてです。(オバマ米国大統領・翻訳;吉田祐起) 
            「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果         「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果
   (注:このトップコメントは2016年8月6日まで掲載します。しぶといでしょう、ヨシダは・・・笑)

                
                グーグルから拾った11月17日の「できごと」 
                          November 17, Events(英語版) 
                               「きょうのできごと」記録集
(To the English language visitors: Sorry, this column is for the Japanese edition. However, you could see so many English written Events in red characters among the Japanese lines, which are the ones never shown in Japanese edition. This means that Japanese edition is not as world-wide as the original English Google edition.) 
  こ のコラム編集なかんずく、当該写真の選択はご覧くださる方々のご関心をヴィジュアルな面で提供することを目的としています。ところが、写真を多く添付する と「1ページ当たりの編集許容量」が「1MB=1000KB」という制約から枚数を制限せざるを得ないものがあり、編集者の立場でこれは、と思うできごと に限った当該写真の添付ということにしています。★なおまた、「グーグルのできごと」は英語版が本流でして、日本語版はその翻訳的な一面が 否 定できません。日本語版から入ると「できごとの」の主人公すら掴めない場合さえあることを最近痛感することが少なくありません。「主語抜き」という日本語 特有の落とし穴です。ヨシダの手法は、その「できごと」の主人公もしくは主体をヨシダ流に英語でインプットしてキャッチするケースが少なくありません。そ んなことから、案外と多くの時間を 費やしているのがこの編集作業です。もっとも、その過程で学び体験を得るのは他ならぬ、編集者のヨシダではあるのですが・・・。なお、英語版の掲載は本家 米国が主体性であるにかんがみ、世界的視野からの「できごと」を知る意味で日本語版との重複は無論、除外してそのまま掲載しております。同英語版のリンク をクリックすると日本語版には見られない内容豊かなコンテンツが目に付きます。

3「Mary I of England」の画像検索結果 「Elizabeth I」の画像検索結果「Elizabeth I BAMF」の画像検索結果「Anne Boleyn」の画像検索結果「anne boleyn ghost」の画像検索結果  「anne boleyn ghost」の画像検索結果 「anne boleyn ghost」の画像検索結果 「anne boleyn ghost」の画像検索結果  「what is meant by BAMF?」の画像検索結果 関連画像
     関連画像     「what is meant by BAMF?」の画像検索結果     「Elizabeth I」の画像検索結果 10   関連画像「1869, suez canal opened」の画像検索結果「1869, suez canal opened」の画像検索結果 「1869, suez canal opened」の画像検索結果
      「1869, suez canal opened」の画像検索結果  「1869, suez canal opened」の画像検索結果 
「1869, suez canal opened」の画像検索結果  「1869, suez canal opened」の画像検索結果  「1869, suez canal opened」の画像検索結果「1869, suez canal opened」の画像検索結果
           「1990年 - 雲仙普賢岳山頂部で水蒸気爆発、198年ぶりに噴火。」の画像検索結果     「1990年 - 雲仙普賢岳山頂部で水蒸気爆発、198年ぶりに噴火。」の画像検索結果    「1990年 - 雲仙普賢岳山頂部で水蒸気爆発、198年ぶりに噴火。」の画像検索結果「1990年 - 雲仙普賢岳山頂部で水蒸気爆発、198年ぶりに噴火。」の画像検索結果「1990年 - 雲仙普賢岳山頂部で水蒸気爆発、198年ぶりに噴火。」の画像検索結果
474 – Emperor Leo II dies after a reign of ten months. He is succeeded by his father Zeno, who becomes sole ruler of the Byzantine Empire.
794 – Japanese Emperor Kanmu changes his residence from Nara to Kyoto.
(1)1183年寿永2年閏10月1日) - 治承・寿永の乱: 水島の戦い
(2)1292年 - ジョン・ベイリャルスコットランド国王として即位。
1405Sharif ul-Hāshim establishes the Sultanate of Sulu.
1511Henry VIII of England concluded the Treaty of Westminster, a pledge of mutual aid against the French, with Ferdinand II of Aragon.
(3)1558年 - イングランド女王メアリー1世が死去し、妹のエリザベス1世が即位。エリザベス朝が始まる。
1603 – English explorer, writer and courtier Sir Walter Raleigh goes on trial for treason.
(4)1659年 - ピレネー条約締結。スペインフランス国境ピレネー山脈に画定。
1777Articles of Confederation (United States) are submitted to the states for ratification.
(5)1796年 - ナポレオン戦争イタリア戦役: アルコレの戦い。フランス軍がイタリアでオーストリアを破る。
(6)1800年 - アメリカ合衆国ワシントンD.C.では初の連邦議会が開会。
1810 – Sweden declares war on its ally the United Kingdom to begin the Anglo-Swedish War, although no fighting ever takes place.
1811José Miguel Carrera, Chilean founding father, is sworn in as President of the executive Junta of the government of Chile.
1820 – Captain Nathaniel Palmer becomes the first American to see Antarctica. (The Palmer Peninsula is later named after him.)
1831Ecuador and Venezuela are separated from Gran Colombia.
1839Oberto, Giuseppe Verdi's first opera, opens at the Teatro alla Scala in Milan, Italy.
(7)1845年 - ヴィクトル・ユーゴーが『レ・ミゼール』(のちの『レ・ミゼラブル』)の執筆を始める。
(8)1855年 - デイヴィッド・リヴィングストンがヨーロッパ人で初めてモシ・オ・トゥニャ滝に到達し、ヴィクトリア滝と命名。
1856American Old West: On the Sonoita River in present-day southern Arizona, the United States Army establishes Fort Buchanan in order to help control new land acquired in the Gadsden Purchase.
(9)1858年 - 修正ユリウス日の起点となる日。
1863American Civil War: Siege of Knoxville begins – Confederate forces led by General James Longstreet place Knoxville, Tennessee, under siege.
(10)1869年 - スエズ運河が開通。
(11)1871年 - 全米ライフル協会設立。
(12)1876年ユリウス暦11月5日) - ピョートル・チャイコフスキーの『スラヴ行進曲』がモスクワで初演。
(13)1878年 - イタリア国王ウンベルト1世暗殺未遂事件。
1885Serbo-Bulgarian War: The decisive Battle of Slivnitsa begins.
1896 – The Western Pennsylvania Hockey League, which later became the first ice hockey league to openly trade and hire players, began play at Pittsburgh's Schenley Park Casino.
(14)1903年 - ロシア社会民主労働党ボリシェヴィキメンシェヴィキに分裂。
(15)1905年 - 第二次日韓協約に調印。
1911Omega Psi Phi Fraternity Incorporated, which is the first black Greek-lettered organization founded at an American historically black college or university, was founded on the campus of Howard University in Washington, D.C.
(16)1922年 - 前オスマン帝国皇帝メフメト6世がイタリアへ亡命。
(17)1933年 - アメリカ合衆国ソビエト連邦承認
(18)1937年 - チェコスロバキアに侵攻していたドイツ軍が学生のデモ行進を鎮圧し、教授2人と学生9人を殺害。(国際学生の日英語版
1939 – Nine Czech students are executed as a response to anti-Nazi demonstrations prompted by the death of Jan Opletal. In addition, all Czech universities are shut down and over 1200 Czech students sent to concentration camps. Since this event, International Students' Day is celebrated in many countries, especially in the Czech Republic.
1947 – The Screen Actors Guild implements an anti-Communist loyalty oath.
・1947 – American scientists
John Bardeen and Walter Houser Brattain observe the basic principles of the transistor, a key element for the electronics revolution of the 20th century.
(19)1950年 - テンジン・ギャツォが第14代ダライ・ラマに即位。
1953 – The remaining human inhabitants of the Blasket Islands, Kerry, Ireland, are evacuated to the mainland.
1957 – Vickers Viscount G-AOHP of British European Airways crashes at Ballerup after the failure of three engines on approach to Copenhagen Airport. The cause is a malfunction of the anti-icing system on the aircraft.
(20)1961年 - ニューギニアイリアンジャヤの部族を研究していた民族学者マイケル・ロックフェラーネルソン・ロックフェラーの息子)が行方不明となる。
1962President John F. Kennedy dedicates Washington Dulles International Airport, serving the Washington, D.C., region.
(21)1964年 - 公明党が結党大会。
(22)1965年 - プロ野球第1回ドラフト会議が開かれる。
1967Vietnam War: Acting on optimistic reports that he had been given on November 13, U.S. President Lyndon B. Johnson tells the nation that, while much remained to be done, "We are inflicting greater losses than we're taking...We are making progress."
1968Alexandros Panagoulis is condemned to death for attempting to assassinate Greek dictator Georgios Papadopoulos.
・1968 – British European Airways introduces the
BAC One-Eleven into commercial service.
・1968 – Viewers of the
Raiders–Jets football game in the eastern United States are denied the opportunity to watch its exciting finish when NBC broadcasts Heidi instead, prompting changes to sports broadcasting in the U.S.
(23)1969年 - 冷戦: アメリカ合衆国ソビエト連邦の代表団ヘルシンキで会合。第一次戦略兵器制限交渉 (SALT I) が始まる。
(24)1970年 - ソ連の無人月探査機ルナ17号」が月面に着陸。世界初の月面車による探査を開始する。
(25)1970年 - ダグラス・エンゲルバートマウスの特許を取得。
1970Vietnam War: Lieutenant William Calley goes on trial for the My Lai Massacre.
(26)1971年 - 衆議院沖縄返還協定特別委員会で自民党が沖縄返還協定を強行採決。
1973Watergate scandal: In Orlando, Florida, U.S. President Richard Nixon tells 400 Associated Press managing editors "I am not a crook."
・1973 – The
Athens Polytechnic uprising against the military regime ends in a bloodshed in the Greek capital.
(27)1974年 - 別府3億円保険金殺人事件
1979Brisbane Suburban Railway Electrification. The first stage from Ferny Grove to Darra is commissioned.
1982Duk Koo Kim dies from injuries sustained during a 14-round match against Ray Mancini in Las Vegas, prompting reforms in the sport of boxing.
1983 – The Zapatista Army of National Liberation is founded in Mexico.
(28)1986年 - フランスの自動車メーカー・ルノー公団総裁のジョルジュ・バスが暗殺される。
1988 – The National Revival Day - in Baku, Azerbaijan SSR, a demonstration starts against the Soviets, the perceived ignorance of the inflaming tension around Nagorno-Karabakh. The demonstration forcibly dispersed 17 days later would become the largest of its kind held in the USSR
(29)1989年 - チェコスロバキアプラハ共産党に抗議する学生デモが鎮圧される(12月29日まで)。ビロード革命の始まり。
(30)1990年 - 長崎県雲仙普賢岳の山頂部で水蒸気爆発が起こり、198年ぶりに噴火
1993United States House of Representatives passes resolution to establish the North American Free Trade Agreement after greater authority in trade negotiations was granted to President George Bush in 1991.
・1993 – In Nigeria, General
Sani Abacha ousts the government of Ernest Shonekan in a military coup.
(31)1997年 - ルクソール事件エジプトルクソールハトシュプスト葬祭殿の前でイスラム過激派7人が外国人観光客ら61人を殺害。
(32)1997年 - 北海道拓殖銀行が経営破綻。戦後初の都市銀行破綻。
(33)2000年 - 来日中のペルー大統領アルベルト・フジモリが大統領辞任の意をペルー政府に伝え、日本に亡命。
2000 – A catastrophic landslide in Log pod Mangartom, Slovenia, kills seven, and causes millions of SIT of damage. It is one of the worst catastrophes in Slovenia in the past 100 years.
(34)2001年 - アップル社が携帯音楽プレイヤーiPodを発売。
(35)2004年 - 奈良小1女児殺害事件発生。
(36)2005年 - 構造計算書偽造問題: 国土交通省が千葉県の建築事務所がマンションホテル構造計算書を偽造していたと公表。
2012 – At least 50 schoolchildren are killed in an accident at a railway crossing near Manfalut, Egypt.
・2013 – A rare late-season
tornado outbreak strikes the Midwest. Illinois and Indiana are most affected with tornado reports as far north as lower Michigan. In all around six dozen tornadoes touch down in approximately an 11-hour time period, including seven EF3 and two EF4 tornadoes.
(37)2013年 - ロシアのカザン空港でタタールスタン航空363便墜落事故が発生し50人が死亡。

                          インタネット情報&ヨシダブログ
              (2015年3月20日付でコラム名称を変更しました)
(上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。)

   こ のコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を編集しつつ、ヨシダコメントを書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグーグルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。 

只今、 5859件です。 
2015年11月17日(火)掲載分

昨日11月16日最終のトップページ
編集者のひと言ダイアリー・コナー

  本日「11月17日のできごと」 でヨシダが特にマークするのは「(3)1558年 - イングランド女王メアリー1世が死去し、妹のエリザベス1世が即位。エリザベス朝が始まる。」、「(10)1869年 - スエズ運河が開通。」、「(30)1990年 - 長崎県雲仙普賢岳の山頂部で水蒸気爆発が起こり、198年ぶりに噴火。」 ★(3)のエリザベス朝と言えば、現在の英女王はエリザベス2世。454年も前のエリザベス女王と現在の同女王との関係に関心を強めます。グーグルで調べ るに、 「一応、イギリス歴代王朝の王は、何らかの血の繋がりはあります。エリザベス一世は生涯独身で子供が居なかったので、現在の女王のエリザベス二世は直接の 血縁関係は無いですが、遠いご先祖様の親戚です。ちなみに現在の女王がエリザベス二世と名乗る理由は、エリザベス一世が亡くなってからエリザベスという名 の女性が初めて即位したので、二世なんです。間に誰かしらいたら、エリザベス三世・エリザベス四世…となっていたでしょう・・・」と★当該写真に現代風に 文字に書かれたものがあります。好奇心旺盛なヨシダの仕業ですが、エリザベス1世の人物像をこき下ろすような文字の羅列と判断します。ちなみにフィリピン に来てからテ レビで観たのが米画「エリザベス」でした。酷いことをする女王だなあ、と思ったもの。その女王の命令ひとつで打ち首になるのが女王の妹みたいな存在の人 物。その理由は後述するとして、随分と残酷なことを平気でする女王さんだったんだなあ、と。一方、このできごとの編集の延長線上に避けて通れなかったのが ほかならぬ、文字に書かれ た女王に対する痛烈な批判語でした。英語のままにその一部を列記します。「BAMF」 はスラングで、bad ass motherfucker といった感じのコテンパ~の悪口です★一方、エリザベス1世が処刑したのが同じ女王の席のライバル的存在だったのがメアリー・ スチュアートという際立った人物ですが、取り巻き層の陰謀的なこともあってか、議会が「イングランド女王暗殺計画した罪」 で死刑の宣告をするのです。その経緯は「悲劇の女王メアリー・スチュアート」 をクリックしてご覧ください。長文の価値ある内容です。そんな複雑な出来事を 学んだ上で観ていたら、くだんの映画も一層興味があっただろうに、とは現在のヨシダのホンネ。それにしても、前出の英語のヒッタくそ的な英語表現がこの問 題の検索で出てくるとは?・・・とはヨシダのホンネです★おって、(10)のスエズ運河は建設初期の模様に格別の関心を強めるヨシダの選択肢。(30)の ブログは長くなったので止めときます・・・。(日付変更を早めにしています。)
 ただ今、お昼過ぎの12:10.ひと通り全てのサイトをチェックしましたが、これっという記事にヒットしませんでした。ふと、ヨシダが尊敬してやまない「山久瀬洋二先生のメルマガ」が目にとまりました。題して「フランスの連続テロ事件を受けて」。異文化ビジネスコンサルタントとして世界をかけ回っておられる異色の経営コンサルタンでして、英語記事などの内面を鋭く分析される方。同氏のウェブサイト「Yoji Yamakuse グローバル企業を支える異文化経営コンサルタント」をご覧ください。時事英語力プラス経営の鋭い教科書です。・・・と、別のメールに(も)関心を抱きます。題して「パリ多発テロ、もう一つの見方~黒幕はロシア、イスラエル、サウジか?=子貢」(MONEY VOICE)。う~ん、どちらを先に?・・・と腕を組むヨシダ。さて、あなたはどちらを先に?(12:25)
 「No.5858パリ多発テロ、もう1つの見方~黒幕はロシア、イスラエル、サウジか?=子貢MONEY VOICE 2015.11.17.)」に次いでの編集は「No.5859:フランスの連続テロ事件を受けて川久瀬洋二メルマガ2015.11.17.)」です。難民に紛れ込んでいるテロ集団。なんとも不気味な情勢です。(16:05)

No.5859
フランスの連続テロ事件を受けて
川久瀬洋二メルマガ2015.11.17.
ヨシダブログ:フランスの議員へのCNNの取材によると、爆弾テロの容疑者はギリシャで難民を装い、シリアの臨時のパスポートを発行されていた」(Bomber posed as refuse in Greece and was issued emergency Syrian passport, French senator tells CNN)という英語報道から解きほぐす内容です。さりげない英語表現の背後に潜むものを教えられます。写真14枚添付ファイル 
 「山久瀬 洋二著書」の画像検索結果「山久瀬 洋二著書」の画像検索結果「山久瀬 洋二著書」の画像検索結果「山久瀬 洋二著書」の画像検索結果「山久瀬 洋二著書」の画像検索結果「山久瀬 洋二著書」の画像検索結果「山久瀬 洋二著書」の画像検索結果「山久瀬 洋二著書」の画像検索結果「山久瀬 洋二著書」の画像検索結果「山久瀬 洋二著書」の画像検索結果「山久瀬 洋二著書」の画像検索結果「山久瀬 洋二著書」の画像検索結果「山久瀬 洋二著書」の画像検索結果「山久瀬 洋二著書」の画像検索結果
No.5858
パリ多発テロ、もう1つの見方~黒幕はロシア、イスラエル、サウジか?=子貢
MONEY VOICE 2015.11.17. 
ヨシダブログ:重要箇所は太字で分かり易く書かれたものですが、正直言って、諸々の基礎知識なくしては真に理解し難い内容です。複雑奇怪そのものの国際関係やそれを巡る争いの根源といった感じ▼この記事のメルマガが入ったのと同時に受信したのが、「パリ同時多発テロの黒幕は『反米反オバマ機軸』の3国なのか」 があります。何やら通じ合うものがあり、不気味この上もありません▼「中見出し等」は、パリ同時多発テロの黒幕は「反米反オバマ枢軸」の3国なのか、■テ ロを仕掛ける動機を持つロシア、イスラエル、サウジ、■フランス・パリが標的となった理由、■ユダヤ教徒と日本人が襲撃されなかったことの意味、■テロは EU・ユーロ圏解体の序章か?ECBの追加緩和に影響も、■五輪問題に絡んでブラジルが標的になる恐れ、■世界株式市場への影響は未知数・・・と続きま す。写真4枚添付ファイル 
    「パリ多発テロ」の画像検索結果  「パリ多発テロ」の画像検索結果「パリ多発テロ」の画像検索結果
 昨日16日の記事2編を下記に掲載していましたが、本日17日の第一記事掲載(15:30)をもって消却しました。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。

               「末尾の特別情報お知らせコーナー」
  従来の縦長トップサイト情報を「コンテンツ・コーナー」に集約したことから、このトップ面を利用して編集者・ヨシダの「特別情報のお知らせコーナー」(仮 称)を思いつきました。数日間置いて、新しいことを思いつくまでは本欄に掲載するとして、適当な時期をみて、このコラム専用の「コンテンツ」欄に移して次 に備える・・・という趣向です。

 「ヨシダのひとりごと」といった感じ。その分、訪問者の方々にヨシダの近況をお知らせするという発想。もっと も、本サイトの主流である「ンタネット情報&ヨシダブログ」は毎日複数規模で掲載していることから、それ自体が格好の「近況報告」足り得るのでは ありますが・・・。ホンネは、折角書いたものなら、何処かにしまっておきたいというのが狙いともかくも記録として残す価値はあるでしょう。
 「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど・・・」といった 感じで書きなぐるっている始末。思ったことをアトランダムに書き残すのも一興と思ってのことだし、ボケ防止のヨシダの道楽って感じとしてものでSすので、ご 容赦ください。)    


             フィリピン人の「自己防衛精神」はバツグン!             
  フィリピンに来て真っ先に目に飛び込んできたことで、日本では全く想像することさえできない光景!ご覧のような「過積載(?)バイク」デス!当初はこんな 姿を見たら「オー・マイ・ゴッド!」ってな調子でしたが、見慣れるに従って違和感は失せました。逆に微笑ましさでニンマリって按配です。
 朝夕はこの「ベルエア・ヴィレッジ」(表と裏にガードマン付きの開閉バール出入り口がある住宅団地)の玄関先に車いすで出て、前のメイン通り(4車線)で クルマや人の往き来の「ウォッチング」を楽しみます。とりわけ、ショートパンツでスラッと伸びた美脚と魅力的なデッカイおヒップで颯爽と歩くフィリピナの姿等々を鑑賞するのはヨシダの趣味。そういった野外の雰囲気の中で思わず微笑みが出るほどの光景が下部に添付したようは「バイク相乗り光景」です。
 家中の者たちに尋ねてみることに、「幼児たちが落っこちて怪我したというのを見た り聞いたりしたことがあるかい?」と。異口同音に、NO!!!!と、明快な返事しかかえってきません。ホントか?と問い質すしまつ。
 幼児たちの乗る様をみるに、かれらの自己防衛精神はあっぱれのひと言に尽きます。バイクの何処かや運転するパパの胴回りをシカと捕まえているのです。「シッカリ持ちなさいよ」などの声すら聞きません。親子ともに「自己防衛精神&自己責任責任」は確か、とみます。
 「規制」の厳しい国(民)とそうでない国の「自己防衛意識」は大きな格差が生じるのは世の常。規則の有無をせいにして自己防衛精神を疎かにするのとはドエライ差異を痛感します。もっとも、家
長のアーネルが言うには、あるにはあるけど、警官と罰金を交渉をするとか。彼はバ ランガイ事務所の行政管理官であることからそういった実態は心得ています。でもジープ二ーのステップやトラックの荷台に乗っている者までは追求しないとかです。この微笑ましい(?)光景をお楽しみくだい。
                                     
                            

                                おわりにもう一つのフィリピン情報!
                  Another big news about Philippines Beauty!!
 
            関連画像「trixie Maristela of Philippines」の画像検索結果「trixie Maristela of Philippines」の画像検索結果「trixie Maristela of Philippines」の画像検索結果「trixie Maristela of Philippines」の画像検索結果

Trixie Maristela of Philippines waves after being crowned Miss international Queen 2015 beauty contest in Pattaya, Thailand on Friday. Miss international Queen is the world’s largest beauty pageant for transgender(性転換) women. AFP Photo(The Manila Times, Sunday Nov. 8, 2015)
ヨシダのウェブサイトをご訪問くださってありがとうございました。またの機会までご機嫌よろしゅう!と言っても、毎日相当量のヨシダコメントを書きまくっています。「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど」が決まり文句です。) 

                       2015年11月17日(火)

                           ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
                    
                        
吉田祐起
                  
       (満84歳0ヶ月) 
                 (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)
                                yoshida@a-bombsurvivor.co