吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果   「yuuki yoshida」の画像検索結果 http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
      吉田祐起のプロフィール :満84歳0か月 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 

 上掲の自己紹介リンクは2012年6月付のもの。爾来、3年半近くが経過しましたが、そこからが本番って感じの生活ぶりで過ごしています。
  ある縁を得て、フィリピン家族(総勢半ダース余)と共同生活を送っています。英語の契約書も交わして弁護人介在の約束事です。題して「相互信頼精神に基づ く運命共同体生活」がそれです。ヨシダの終生面倒見がかれらの約束事。一方のヨシダの約束事は、かれらを貧困から脱却さすことにあります。ヨシダの年金等 をかれらに管理委託してのことですが、事実上は、そっくり任せっきりということです。相互信頼の最たるものと自負します。でも、こんな芸当はだれかれでき るシロモノではないでしょうよ(笑)。 
 僭越ですが貧困からは完全に脱却させています。自家用車も月賦完済。次は土地。その次は持ち家・・・といった意気込みで頑張っているところです。
 ・・・ と、こんな生活設計を描いて現在に至るヨシダですが、ヨシダの義務は長生きすることにあると自覚しています。そのためには満40歳から動機を得て始めて現 在に至る自己流のストレッチング体操に一層の磨きをかけるなど、加えて長年に及ぶステッキ使用で肩にかかった重荷による肩こり解消に集中努力をして通算7 年。お陰で99.9%の達成振りです。でも、ちょっと真似のできない自助努力と自負します。
 肝心のボケ防止のための独特の手法を編み出したのが2012年3月!題して「インタネット情報&ヨシダブログ」がそれです。詳細はクリックしてご覧ください。「こんなことをしているなんて、カッコいいボケ防止!」と賞賛されると確信します。(2015.11.13.記)

              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手製のささやかなウェブサイトですが、ご覧ください。なお、ご意見やお気づきの点は遠慮なく下記にご一報くだされば嬉しい限りです。
yoshida@a-bombsurvivor.com                                                                  English               
            2015年11月15日(日)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
27.
28.   
   

   ヒロシマ・ヒバクシャのヨシダが発信する「オバマ米大統領の被爆市訪問」のこと
  フィリピンに来て間もない頃は2009年11月10日のこと。シンガポールで開催の APEC会議出席の前に東京に立ち寄られたオバマ大統領がNHK WORLDの記者の質問(今回の日本立ち寄りを機に、被爆市訪問の意図がありますか?) 対して答えられた言葉が鮮明です。"The schedules are too tight this time. However, I would like to have an honor of visiting some day during my Presidency."(今回はスケジュールが一杯でできないが、任期中の何時か訪問の栄に浴したい・・・)。その出来事を踏まえて即座に書いたのが、拙著オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします!」 (2009年11月10日記)です。クリックしてご覧ください。ヨシダはその後、その適切な訪問時期は、区切りイイ年次の「2010年ー65周年」として 公開書簡まで発表したものでした。しかし、それが実現しなかったことは、現在にして思うに、「2015年ー70周年」こそがベストな年次と提唱するに至り ました。
 ところが、8月に入ってもその気配は皆無。「2015年-70周年」に拘っていたヨシダは絶望と思いつめていたものの、考えてみれば 同大統領の任期は 2017年1月20日東部時間正午まで。とすれば、区切りは良いとは言えない「2016年ー71周年」になるのが精一杯。まいっか・・・と勝手に思ってい るところです。大統領任期中の「レガシー(遺産)づくり」としても、男の約束においても実現されるのがご本人のためだとさえ思うのがヨシダです。

 おって、ヒバクシャとして被害意識を強くする中で、オバマ米大統領が2011年の9.11の8周年記念式典(ペンタゴン)て遺族たちを前にスピーチした言葉の一節を下記に掲載します。「被害意識」が先行するヒバクシャのわれわれが共有すべき貴重な言葉と受けとめます。なお、この崇高なる大統領の言葉は"Ceremonies Mark 8th Anniversary of September 11 Terrorist Attacks"の中ほどに小さく載っていたもので、目立たないものです。中見出し付きもしくは、太文字表示されるべき価値あるものと考えます。
"Let us renew the true spirit of that day. Not the human capacity for evil but the human capacity for good - not the desire to destroy but the impulse to save and to serve and to build," あの日の真実の心を新たにしましょう。 悪に対する人類の能力としてでなく、善に対する人類の能力としてです。-破壊することへの欲望でなく、守り、奉仕し、建設するための推進力としてです。(オバマ米国大統領・翻訳;吉田祐起) 
            「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果         「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果
   (注:このトップコメントは2016年8月6日まで掲載します。しぶといでしょう、ヨシダは・・・笑)

                
                グーグルから拾った11月15日の「できごと」 
                          November 15, Events(英語版) 
                               「きょうのできごと」記録集
(To the English language visitors: Sorry, this column is for the Japanese edition. However, you could see so many English written Events in red characters among the Japanese lines, which are the ones never shown in Japanese edition. This means that Japanese edition is not as world-wide as the original English Google edition.) 
  こ のコラム編集なかんずく、当該写真の選択はご覧くださる方々のご関心をヴィジュアルな面で提供することを目的としています。ところが、写真を多く添付する と「1ページ当たりの編集許容量」が「1MB=1000KB」という制約から枚数を制限せざるを得ないものがあり、編集者の立場でこれは、と思うできごと に限った当該写真の添付ということにしています。★なおまた、「グーグルのできごと」は英語版が本流でして、日本語版はその翻訳的な一面が 否 定できません。日本語版から入ると「できごとの」の主人公すら掴めない場合さえあることを最近痛感することが少なくありません。「主語抜き」という日本語 特有の落とし穴です。ヨシダの手法は、その「できごと」の主人公もしくは主体をヨシダ流に英語でインプットしてキャッチするケースが少なくありません。そ んなことから、案外と多くの時間を 費やしているのがこの編集作業です。もっとも、その過程で学び体験を得るのは他ならぬ、編集者のヨシダではあるのですが・・・。なお、英語版の掲載は本家 米国が主体性であるにかんがみ、世界的視野からの「できごと」を知る意味で日本語版との重複は無論、除外してそのまま掲載しております。同英語版のリンク をクリックすると日本語版には見られない内容豊かなコンテンツが目に付きます。

  12 「Manuel Luis Quezon y Molina, money bill」の画像検索結果 「1935, manuel kason became the president of phillippines」の画像検索結果関連画像 「Manuel Luis Quezon y Molina, money bill」の画像検索結果 「Manuel Luis Quezon y Molina, money bill」の画像検索結果Emilio Aguinaldo (ca. 1898).jpg「1935, manuel kason became the president of phillippines」の画像検索結果「1935, manuel kason became the president of phillippines」の画像検索結果
21「1955年 - 自由党と日本民主党が合併し、自由民主党が誕生。(保守合同」の画像検索結果「大野伴睦」の画像検索結果「三木武吉」の画像検索結果「岸信介」の画像検索結果「石井光次郎」の画像検索結果「1955年 保守合同」の画像検索結果「1955年 - 自由党と日本民主党が合併し、自由民主党が誕生。(保守合同」の画像検索結果 「保守合同」の画像検索結果
  38 
「三井物産マニラ支店長誘拐事件」の画像検索結果  「三井物産マニラ支店長誘拐事件」の画像検索結果 「三井物産マニラ支店長誘拐事件新聞記事」の画像検索結果「三井物産マニラ支店長誘拐事件新聞記事」の画像検索結果「三井物産マニラ支店長誘拐事件新聞記事」の画像検索結果「三井物産マニラ支店長誘拐事件新聞記事」の画像検索結果「三井物産マニラ支店長誘拐事件」の画像検索結果「三井物産マニラ支店長誘拐事件」の画像検索結果
   41              「2004年 - 人口5人のワイ公国が建国」の画像検索結果     「2004年 - 人口5人のワイ公国が建国」の画像検索結果「2004年 - 人口5人のワイ公国が建国」の画像検索結果  「2004年 - 人口5人のワイ公国が建国」の画像検索結果   「2004年 - 人口5人のワイ公国が建国」の画像検索結果444「2007, Cyclone Sidr」の画像検索結果「2007, Cyclone Sidr」の画像検索結果
565Justin II succeeds his uncle Justinian I as emperor of the Byzantine Empire.
655Battle of the Winwaed: Penda of Mercia is defeated by Oswiu of Northumbria.
(1)764年天平宝字8年10月14日)- 淳仁天皇(淡路廃帝)が淡路島に流される。
1315Battle of Morgarten: The Schweizer Eidgenossenschaft ambushes the army of Leopold I.
1532 – Commanded by Francisco Pizarro, Spanish conquistadors under Hernando de Soto meet Inca Empire leader Atahualpa for the first time outside Cajamarca, arranging a meeting on the city plaza the following day.
(2)1533年 - フランシスコ・ピサロの一行がインカ帝国の首都クスコに入城。
(3)1605年ユリウス暦11月5日) - 火薬陰謀事件ガイ・フォークスらがイギリス国王ジェームズ1世らの爆殺を企てるも失敗。
1705Battle of Zsibó: Austrian-Danish victory over the Kurucs (Hungarians).
(4)1777年 - 大陸会議において13植民地連合規約を採択。
1791 – The first U.S. Catholic college, Georgetown University, opens its doors.
1806Pike expedition: Lieutenant Zebulon Pike sees a distant mountain peak while near the Colorado foothills of the Rocky Mountains. (It is later named Pikes Peak.)
1859 – The first modern revival of the Olympic Games takes place in Athens, Greece.
(5)1864年 - 南北戦争: 北軍のウィリアム・シャーマン将軍が海への進軍を開始。
(6)1889年 - ブラジルデオドロ・ダ・フォンセカらによる軍事クーデター。ブラジル皇帝ペドロ2世を廃位させ共和制を宣言。
(7)1903年 - 『萬朝報』を退社した幸徳秋水らが設立した平民社が『平民新聞』を発刊。
(8)1911年 - 東京市が芝と浅草に職業紹介所を開設。日本初の公共職業紹介所
1914Harry Turner becomes the first player to die from game-related injuries in the "Ohio League", the direct predecessor to the National Football League.
・1920 – The
Free City of Danzig is established.
(9)1920年 - ジュネーヴ国際連盟の第1回総会が開催。
1922 – Over 1,000 are massacred during a general strike in Guayaquil, Ecuador.
(10)1923年 - ドイツハイパーインフレからの経済立て直しのため、臨時通貨レンテンマルクを発行。
(11)1926年 - アメリカのラジオ放送ネットワークNBCが全米24局で運営開始。
1928 – The RNLI lifeboat Mary Stanford capsized in Rye Harbour with the loss of the entire 17 man crew.
(12)1935年 - マニュエル・ケソンフィリピン自治領の初代大統領に就任。
(13)1936年 - 広島県三原市が市制施行。
1939 – In Washington, D.C., US President Franklin D. Roosevelt lays the cornerstone of the Jefferson Memorial.
・1942 – World War II: The
Battle of Guadalcanal ends in a decisive Allied victory.
(14)1942年 - 関門鉄道トンネルが旅客営業開始。大規模ダイヤ改正をそれに伴い実施。
(15)1942年 - 第三次ソロモン海戦第二夜戦で、アメリカ戦艦ワシントン (BB-56)の砲撃を受け日本海軍の霧島 (戦艦)が沈没。
1943The Holocaust: German SS leader Heinrich Himmler orders that Gypsies are to be put "on the same level as Jews and placed in concentration camps". (See Porajmos.)
(16)1945年 - ベネズエラ国際連合に加盟。
(17)1945年 - 台北帝国大学中華民国に接収され、台湾大学となる。
(18)1948年 - イギリス連邦史上最長の3期22年にわたりカナダ首相を務めたウィリアム・ライアン・マッケンジー・キングに代わり、ルイ・サンローラン英語版が就任。
1949Nathuram Godse and Narayan Apte are executed for assassinating Mahatma Gandhi.
1951 – Greek resistance leader Nikos Beloyannis, along with 11 resistance members, is sentenced to death by the court-martial.
(19)1954年 - 山形県長井市が市制施行。
(20)1954年 - 9月1日に市制施行した千葉県東葛市が柏市に改称。
(21)1955年 - 自由党日本民主党が合併し、自由民主党が誕生。(保守合同
1955 – The first part of Saint Petersburg Metro is opened.
1959 – The murders of the Clutter Family in Holcomb, Kansas, which inspired Truman Capote's non-fiction book In Cold Blood.
(22)1959年 - ドイツ社会民主党ゴーデスベルク綱領を採択。
(23)1964年 - シンザン菊花賞で勝利し、セントライト以来23年ぶり、日本競馬史上2頭目の三冠馬となる。
1966Project Gemini: Gemini 12 completes the program's final mission, when it splashes down safely in the Atlantic Ocean.
・1966 – A
Boeing 727 carrying Pan Am Flight 708 crashes near Berlin, Germany, killing all three people on board.
1967 – The only fatality of the North American X-15 program occurs during the 191st flight when Air Force test pilot Michael J. Adams loses control of his aircraft which is destroyed mid-air over the Mojave Desert.
(24)1968年 - 都営地下鉄1号線(浅草線)が全線開通。
(25)1969年 - バレンツ海でソ連とアメリカの原子力潜水艦、「K-19」と「ガトー」が衝突。
・1969 – Vietnam War: In Washington, D.C., 250,000-500,000 protesters staged a peaceful demonstration against the war, including a symbolic "March Against Death".
(26)1971年 - インテルが世界初のマイクロプロセッサ4004の発売を開始。
(27)1975年 - 第1回先進国首脳会議(サミット)がフランスランブイエで開催。11月17日まで。
1976René Lévesque and the Parti Québécois take power to become the first Quebec government of the 20th century clearly in favor of independence.
(28)1977年 - 新潟市で横田めぐみが下校途中に北朝鮮の工作員に拉致される。
(29)1977年 - 大阪万博跡地に国立民族学博物館が開館。
1978 – A chartered Douglas DC-8 crashes near Colombo, Sri Lanka, killing 183.
1979 – A package from Unabomber Ted Kaczynski begins smoking in the cargo hold of a flight from Chicago to Washington, D.C., forcing the plane to make an emergency landing.
(30)1982年 - 上越新幹線大宮駅 - 新潟駅間が開通。大規模ダイヤ改正を同時実施。
(31)1983年 - キプロス紛争: 北キプロス・トルコ共和国が独立を宣言。
(32)1983年 - 北朝鮮が日本の冷凍貨物船を南浦港で拿捕し、船長ら乗組員を抑留。(第十八富士山丸事件
1985 – A research assistant is injured when a package from the Unabomber addressed to a University of Michigan professor explodes.
・1985 – The
Anglo-Irish Agreement is signed at Hillsborough Castle by British Prime Minister Margaret Thatcher and Irish Taoiseach Garret FitzGerald.
(33)1986年 - 三井物産マニラ支店長が誘拐される。(三井物産マニラ支店長誘拐事件
(34)1986年 - 日米繊維交渉が決着。
(35)1986年 - 伊豆大島三原山が12年ぶりに噴火。
1987Continental Airlines Flight 1713, a Douglas DC-9-14 jetliner, crashes in a snowstorm at Denver's Stapleton International Airport, killing 28 occupants, while 54 survive the crash.
・1987 – In
Brașov, Romania, workers rebel against the communist regime of Nicolae Ceaușescu.
・1988 – The first
Fairtrade label, Max Havelaar, is launched in the Netherlands.
(36)1988年 - パレスチナ問題: パレスチナ民族評議会で独立国家パレスチナ国の樹立を宣言。
(37)1988年 - 「ソ連版スペースシャトル」と呼ばれるソ連の宇宙船「ブラン」が最初で最後の打ち上げ。
1990Space Shuttle program: Space Shuttle Atlantis launches with flight STS-38.
・1990 – The Communist
People's Republic of Bulgaria is disestablished and a new republican government is instituted.
(38)1999年 - H-IIロケット8号機により運輸多目的衛星MTSAT-1を打ち上げ。ロケットの制御不能により海上で爆破。
(39)2000年 - 交通バリアフリー法施行。
2000 – A chartered Antonov An-24 crashes after takeoff from Luanda, Angola, killing more than 40 people.
・2000 –
Jharkhand state comes into existence in India.
(40)2001年 - マイクロソフト北米Xboxを発売。
2002Hu Jintao becomes General Secretary of the Communist Party of China and a new nine-member Politburo Standing Committee is inaugurated.
2003 – The first day of the 2003 Istanbul bombings, in which two car bombs, targeting two synagogues, explode, killing 25 people and wounding about 300. Additional bombings follow on November 20.
(41)2004年 - 人口5人のワイ公国建国
(42)2005年 - 紀宮清子内親王と東京都職員黒田慶樹が結婚。
(43)2006年 - 千島列島沖地震が発生。M7.9。
2006Al Jazeera English launches worldwide.
(44)2007年 - サイクロン・シドルバングラデシュ西部に上陸。約5000人が死亡。
(45)2010年 - 大相撲九州場所2日目、白鵬稀勢の里に敗れ連勝が63で止まる。
2012Xi Jinping becomes General Secretary of the Communist Party of China and a new seven-member Politburo Standing Committee is inaugurated.
・2012 – Four people are killed and 16 others are injured in the
Midland train crash after a Union Pacific train struck a parade float in Midland, Texas.
(46)2013年 - PlayStation 4日本に先駆けてアメリカ合衆国で発売される。


                          インタネット情報&ヨシダブログ
              (2015年3月20日付でコラム名称を変更しました)
(上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。)

   こ のコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を編集しつつ、ヨシダコメントを書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグーグルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。 

只今、 5855件です。 
2015年11月15日(日)掲載分

昨日11月14日最終のトップページ
編集者のひと言ダイアリー・コナー

  本日「11月15日のできごと」 でヨシダが特にマークするのは「(12)1935年 - マニュエル・ケソンフィリピン自治領の初代大統領に就任、「(21)1955年 - 自由党日本民主党が合併し、自由民主党が誕生。(保守合同」、「(33)1986年 - 三井物産マニラ支店長が誘拐される。(三井物産マニラ支店長誘拐事件」 の3編、なかんずく、(12)と(33)はフィリピンの出来事に関連します。前者はヨシダが4歳のとき。後者は男盛りの真っ最中のできごと。まさか、その フィリピンを終の棲家とするとは・・・。♪人生~って、不思議なものでえすね~♪★フィリピンのできごと2編はさておきのこと。自由党と日本民主党の保守 合同。でも、くっついたり離れたりは人間歴史の繰り返し。(11月14日夜)
 本日は日曜日。と言ってもヨシダの日々は戦時中の「月月火水木金 金」ってな調子(笑)。でも、毎度のことながら想うことは、「することがあるって、イイことだ!」です。可笑しなもので、トイレに行っていても頭の中はぐ るぐる回っています。「あれはこんなに処理して、次は・・・」ってな調子。頭は使いすぎて些かも悪いことはない」と。「人生第四毛作をフィリピンで!」 と、構えた気分でフィリピンに移住したヨシダ。それが在比7年を前の心境はガラッと変わって「ボケ防止努力人生」(?)ってな格好にニンマリって気分で す。なにせ、フィリピン人家族との共同生活「条件」を考えると、生半可な格好をつけるよりも、とにかく、少しでも長生き努力。ボク防止は最たる課題と受け とめています。★と、少しでも長生きを!という意図に後ろめたさはありません。同居するフィリピン人家族をより幸せにする契約条項があるからです。自身の ためでなく、他人のため、というのが実は格好の大義名分。それに向かって自助努力するのですから、天はヨシダを見捨て給うことはない、というヘンな確信で す。とまあ、こんな駄洒落をめいたブログをするのもできるのも、このウェブサイトのお陰です。もしなかったら・・・?
「・・・さて、今日は何をして過ごそうかな・・・」は無縁であることを感謝する始末です。(00:10)  
  「地政学」と言えば強烈な印象を抱くヨシダ。戦後のマッカーサー占領軍総司令官が日本人の「地政学禁止」を申し渡したこと。戦争は地政学が招来する学問だ からです。でも、現代は大手を振ってまかり通っています。国際政治の上でも不可欠な学問。沖縄の基地問題も所詮は、この地政学が招来する問題です▼その地 政学の最大の舞台が中東諸国なかんずく、シリアがその主役(?)といった感じ。厄介な存在です。「No.5853中東の地政学を変えるロシア介入日本経済新聞2015.11.15.本社コラムニスト 脇祐三)」にその辺りの根深いものを痛感します。(16:05)
 「No.5855異次元緩和は失敗だった。クルーグマンの『Rethinking Japan』を読む=吉田繁治MONEY VOICE 2015.11.15. 吉田繁治)」は長文記事。後日にじっくりと読む価値のあるものとして編集しました。この辺りで本日の締め切りにして日付変更編集に入ります。(20:05)


No.5855
異次元緩和は失敗だった。クルーグマンの『Rethinking Japan』を読む=吉田繁治
MONEY VOICE 2015.11.15. 吉田繁治

ヨシダブログ:ノーベル経済学賞〔2008年〕 ジョン・ ベーツ・クラーク賞〔1991年〕」受賞のポール クルーグマン(Paul Robin Krugman)教授の論文の原文を交えた形で分析するのは吉田繁治氏。極めて長文の記事です。微妙な英語表現の背後に潜む考えに触れることができます。 下手なブログは遠慮して早くに掲載します。後刻にじっくりと熟読して理解します▼「中見出し等」は、■リフレ派の理論的支柱、クルーグマンの心変わり、 1. 日本経済における需要は、弱くなっている、2. 日本経済は、何から脱却せねばならないのか?、3. GDP成長率が潜在成長力に近い日本で、なぜインフレ率の低さが問題になるのか?、4. 日本政府のGDPに対する債務比率、5. 流動性の罠からの脱出。リフレ策の目的は実質金利をマイナスにすること、6. インフレの実現のためには何をするべきか?、7. 日本の潜在成長力の低さの原因は、人口問題だった、8. 急激な財政拡張策は、日本の政策にはならないだろう、9. 日本に必要なインフレ率は、2%よりはるかに高い(4~6%)、まとめ・・・と続きます▼「まとめ」の弁は、「結局、グルーグマンは、・量的緩和は失敗 だった ・自分が日本経済の自然成長率は高いと間違えたための失敗だった、と言っています。」とあります。アベノミクスに対するネギャィヴな意見と受けと めますが果たして・・・?(写真6枚添付ファイル 
           「books by Paul Robin Krugman」の画像検索結果 関連画像 「吉田繁治」の画像検索結果 「吉田繁治」の画像検索結果「吉田繁治」の画像検索結果ザ・プリンシプル サム・ウォルトンが実践した経営の成功原則100
No.5854

パリ同時攻撃は「難民受け入れ」が一因だった 実行犯にギリシャ経由で入国した「難民」も
東洋経済ONLINE2015.11.15.
ヨシダブログ:最 近のテロはすべてシリア内の戦争に関連」という言葉に釘付けになります。難民もシリアが中心。テロ集団が難民に紛れ込む姿を想像したらゾッとします。厄介 な問題をはらむシリア。そのリーダー・アサド大統領の責任は重大です。厄介なのはそれを取り巻く諸国も打算が否定できないという複雑怪奇な国際関 係・・・。まさか世界大戦に発展することはないでしょうが・・・▼「中見出し」は、■コンサートで少なくとも89人を殺害、■ベルギーでは3人が逮捕、■最近のテロはすべてシリア内の戦争に関連、■非常事態を宣言、■至近距離での射撃・・・と続きます。(写真5枚添付ファイル 
 「フランス大統領のフランソワ・オランド」の画像検索結果「バタクラン音楽ホール」の画像検索結果「ロックバンドU2」の画像検索結果 「バタクラン音楽ホール」の画像検索結果「バタクラン音楽ホール」の画像検索結果
No.5853
中東の地政学を変えるロシア介入  
日本経済新聞2015.11.15.本社コラムニスト 脇祐三

ヨシダブログ:中 東問題なかんずく、シリアの云々はヨシダは門外漢。ただひとつだけ想起するものがあります。アサド現大統領の父君前大統領が死去された時の息子の現大統領 の姿勢や態度に不安定さを垣間見たものでした。多くの幹部を前に息子の現大統領の話ぶりをテレビで観てのこと。極めて不安定さを垣間見ました。失礼なが ら、この御曹司が父親に代わって大統領職を発揮しし得るのだろうか?という不安定さでした▼「中見出し」は、■イランとサウジの「代理戦争」に加え地政学的対立も、■内戦を放置してきた国際社会、■有志連合の足並みそろわず、■ロシアが外交協議を主導・・・と続きます。写真14枚添付ファイル
 Hafez al-Assad.jpg「ハーフィズ・アル=アサド」の画像検索結果「ハーフィズ・アル=アサドと前大統領」の画像検索結果  「ハーフィズ・アル=アサド」の画像検索結果「脇 祐三」の画像検索結果「脇 祐三著書」の画像検索結果「脇 祐三著書」の画像検索結果 
 昨日14日の記事3編を下記に掲載していましたが、本日15日の第一記事掲載(16:00)をもって消却しました。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。

               「末尾の特別情報お知らせコーナー」
  従来の縦長トップサイト情報を「コンテンツ・コーナー」に集約したことから、このトップ面を利用して編集者・ヨシダの「特別情報のお知らせコーナー」(仮 称)を思いつきました。数日間置いて、新しいことを思いつくまでは本欄に掲載するとして、適当な時期をみて、このコラム専用の「コンテンツ」欄に移して次 に備える・・・という趣向です。

 「ヨシダのひとりごと」といった感じ。その分、訪問者の方々にヨシダの近況をお知らせするという発想。もっと も、本サイトの主流である「ンタネット情報&ヨシダブログ」は毎日複数規模で掲載していることから、それ自体が格好の「近況報告」足り得るのでは ありますが・・・。ホンネは、折角書いたものなら、何処かにしまっておきたいというのが狙いともかくも記録として残す価値はあるでしょう。
 「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど・・・」といった 感じで書きなぐるっている始末。思ったことをアトランダムに書き残すのも一興と思ってのことだし、ボケ防止のヨシダの道楽って感じとしてものでSすので、ご 容赦ください。)    


             フィリピン人の「自己防衛精神」はバツグン!             
  フィリピンに来て真っ先に目に飛び込んできたことで、日本では全く想像することさえできない光景!ご覧のような「過積載(?)バイク」デス!当初はこんな 姿を見たら「オー・マイ・ゴッド!」ってな調子でしたが、見慣れるに従って違和感は失せました。逆に微笑ましさでニンマリって按配です。
 朝夕はこの「ベルエア・ヴィレッジ」(表と裏にガードマン付きの開閉バール出入り口がある住宅団地)の玄関先に車いすで出て、前のメイン通り(4車線)で クルマや人の往き来の「ウォッチング」を楽しみます。とりわけ、ショートパンツでスラッと伸びた美脚と魅力的なデッカイおヒップで颯爽と歩くフィリピナの姿等々を鑑賞するのはヨシダの趣味。そういった野外の雰囲気の中で思わず微笑みが出るほどの光景が下部に添付したようは「バイク相乗り光景」です。
 家中の者たちに尋ねてみることに、「幼児たちが落っこちて怪我したというのを見た り聞いたりしたことがあるかい?」と。異口同音に、NO!!!!と、明快な返事しかかえってきません。ホントか?と問い質すしまつ。
 幼児たちの乗る様をみるに、かれらの自己防衛精神はあっぱれのひと言に尽きます。バイクの何処かや運転するパパの胴回りをシカと捕まえているのです。「シッカリ持ちなさいよ」などの声すら聞きません。親子ともに「自己防衛精神&自己責任責任」は確か、とみます。
 「規制」の厳しい国(民)とそうでない国の「自己防衛意識」は大きな格差が生じるのは世の常。規則の有無をせいにして自己防衛精神を疎かにするのとはドエライ差異を痛感します。もっとも、家
長のアーネルが言うには、あるにはあるけど、警官と罰金を交渉をするとか。彼はバ ランガイ事務所の行政管理官であることからそういった実態は心得ています。でもジープ二ーのステップやトラックの荷台に乗っている者までは追求しないとかです。この微笑ましい(?)光景をお楽しみくだい。
                                     
                            

                                おわりにもう一つのフィリピン情報!
                  Another big news about Philippines Beauty!!
 
            関連画像「trixie Maristela of Philippines」の画像検索結果「trixie Maristela of Philippines」の画像検索結果「trixie Maristela of Philippines」の画像検索結果「trixie Maristela of Philippines」の画像検索結果

Trixie Maristela of Philippines waves after being crowned Miss international Queen 2015 beauty contest in Pattaya, Thailand on Friday. Miss international Queen is the world’s largest beauty pageant for transgender(性転換) women. AFP Photo(The Manila Times, Sunday Nov. 8, 2015)
ヨシダのウェブサイトをご訪問くださってありがとうございました。またの機会までご機嫌よろしゅう!と言っても、毎日相当量のヨシダコメントを書きまくっています。「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど」が決まり文句です。) 


                       2015年11月15日(日)

                           ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
                    
                        
吉田祐起
                  
       (満84歳0ヶ月) 
                 (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)
                                yoshida@a-bombsurvivor.com