吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果   「yuuki yoshida」の画像検索結果 http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
      吉田祐起(Yuuki Yoshida) :満84歳0か月 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 

 上掲の自己紹介リンクは2012年6月付のもの。爾来、3年半近くが経過しましたが、そこからが本番って感じの生活ぶりで過ごしています。
  ある縁を得て、フィリピン家族(総勢半ダース余)と共同生活を送っています。英語の契約書も交わして弁護人介在の約束事です。題して「相互信頼精神に基づ く運命共同体生活」がそれです。ヨシダの終生面倒見がかれらの約束事。一方のヨシダの約束事は、かれらを貧困から脱却さすことにあります。ヨシダの年金等 をかれらに管理委託してのことですが、事実上は、そっくり任せっきりということです。相互信頼の最たるものと自負します。でも、こんな芸当はだれかれでき るシロモノではないでしょうよ(笑)。 
 僭越ですが貧困からは完全に脱却させています。自家用車も月賦完済。次は土地。その次は持ち家・・・といった意気込みで頑張っているところです。
 ・・・ と、こんな生活設計を描いて現在に至るヨシダですが、ヨシダの義務は長生きすることにあると自覚しています。そのためには満40歳から動機を得て始めて現 在に至る自己流のストレッチング体操に一層の磨きをかけるなど、加えて長年に及ぶステッキ使用で肩にかかった重荷による肩こり解消に集中努力をして通算7 年。お陰で99.9%の達成振りです。でも、ちょっと真似のできない自助努力と自負します。
 肝心のボケ防止のための独特の手法を編み出したのが2012年3月!題して「インタネット情報&ヨシダブログ」がそれです。詳細はクリックしてご覧ください。「こんなことをしているなんて、カッコいいボケ防止!」と賞賛されると確信しますよ(笑)。(2015.11.13.記)

              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手製のささやかなウェブサイトですが、ご覧ください。なお、ご意見やお気づきの点は遠慮なく下記にご一報くだされば嬉しい限りです。
yoshida@a-bombsurvivor.com                                                                  English               
            2015年11月14日(土)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
27.
28.   
   

   ヒロシマ・ヒバクシャのヨシダが発信する「オバマ米大統領の被爆市訪問」のこと
  フィリピンに来て間もない頃は2009年11月10日のこと。シンガポールで開催の APEC会議出席の前に東京に立ち寄られたオバマ大統領がNHK WORLDの記者の質問(今回の日本立ち寄りを機に、被爆市訪問の意図がありますか?) 対して答えられた言葉が鮮明です。"The schedules are too tight this time. However, I would like to have an honor of visiting some day during my Presidency."(今回はスケジュールが一杯でできないが、任期中の何時か訪問の栄に浴したい・・・)。その出来事を踏まえて即座に書いたのが、拙著オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします!」 (2009年11月10日記)です。クリックしてご覧ください。ヨシダはその後、その適切な訪問時期は、区切りイイ年次の「2010年ー65周年」として 公開書簡まで発表したものでした。しかし、それが実現しなかったことは、現在にして思うに、「2015年ー70周年」こそがベストな年次と提唱するに至り ました。
 ところが、8月に入ってもその気配は皆無。「2015年-70周年」に拘っていたヨシダは絶望と思いつめていたものの、考えてみれば 同大統領の任期は 2017年1月20日東部時間正午まで。とすれば、区切りは良いとは言えない「2016年ー71周年」になるのが精一杯。まいっか・・・と勝手に思ってい るところです。大統領任期中の「レガシー(遺産)づくり」としても、男の約束においても実現されるのがご本人のためだとさえ思うのがヨシダです。

 おって、ヒバクシャとして被害意識を強くする中で、オバマ米大統領が2011年の9.11の8周年記念式典(ペンタゴン)て遺族たちを前にスピーチした言葉の一節を下記に掲載します。「被害意識」が先行するヒバクシャのわれわれが共有すべき貴重な言葉と受けとめます。なお、この崇高なる大統領の言葉は"Ceremonies Mark 8th Anniversary of September 11 Terrorist Attacks"の中ほどに小さく載っていたもので、目立たないものです。中見出し付きもしくは、太文字表示されるべき価値あるものと考えます。
"Let us renew the true spirit of that day. Not the human capacity for evil but the human capacity for good - not the desire to destroy but the impulse to save and to serve and to build," あの日の真実の心を新たにしましょう。 悪に対する人類の能力としてでなく、善に対する人類の能力としてです。-破壊することへの欲望でなく、守り、奉仕し、建設するための推進力としてです。(オバマ米国大統領・翻訳;吉田祐起) 
            「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果         「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果
   (注:このトップコメントは2016年8月6日まで掲載します。しぶといでしょう、ヨシダは・・・笑)

                
                グーグルから拾った11月14日の「できごと」 
                          November 14, Events(英語版) 
                               「きょうのできごと」記録集
(To the English language visitors: Sorry, this column is for the Japanese edition. However, you could see so many English written Events in red characters among the Japanese lines, which are the ones never shown in Japanese edition. This means that Japanese edition is not as world-wide as the original English Google edition.) 
  こ のコラム編集なかんずく、当該写真の選択はご覧くださる方々のご関心をヴィジュアルな面で提供することを目的としています。ところが、写真を多く添付する と「1ページ当たりの編集許容量」が「1MB=1000KB」という制約から枚数を制限せざるを得ないものがあり、編集者の立場でこれは、と思うできごと に限った当該写真の添付ということにしています。★なおまた、「グーグルのできごと」は英語版が本流でして、日本語版はその翻訳的な一面が 否 定できません。日本語版から入ると「できごとの」の主人公すら掴めない場合さえあることを最近痛感することが少なくありません。「主語抜き」という日本語 特有の落とし穴です。ヨシダの手法は、その「できごと」の主人公もしくは主体をヨシダ流に英語でインプットしてキャッチするケースが少なくありません。そ んなことから、案外と多くの時間を 費やしているのがこの編集作業です。もっとも、その過程で学び体験を得るのは他ならぬ、編集者のヨシダではあるのですが・・・。なお、英語版の掲載は本家 米国が主体性であるにかんがみ、世界的視野からの「できごと」を知る意味で日本語版との重複は無論、除外してそのまま掲載しております。同英語版のリンク をクリックすると日本語版には見られない内容豊かなコンテンツが目に付きます。

    10「1910, Eugene Ely」の画像検索結果「1910, Eugene Ely」の画像検索結果「1910年 - ユージン・バートン・イーリーが史上初の艦上からの飛行機の離陸」の画像検索結果「1910, Eugene Ely」の画像検索結果「1910, Eugene Ely」の画像検索結果「1910, Eugene Ely」の画像検索結果「1910, Eugene Ely」の画像検索結果「1910, Eugene Ely」の画像検索結果
19「Apalachin Meeting」の画像検索結果「Apalachin Meeting」の画像検索結果「Apalachin Meeting」の画像検索結果「Apalachin Meeting」の画像検索結果 「Apalachin Meeting」の画像検索結果 関連画像  関連画像 関連画像
 「Apalachin Meeting」の画像検索結果「Apalachin Meeting」の画像検索結果「Apalachin Meeting」の画像検索結果「Apalachin Meeting」の画像検索結果「Apalachin Meeting, newspaper」の画像検索結果37 「90377 Sedna」の画像検索結果 「90377 Sedna」の画像検索結果
                      「Michael E. Brown」の画像検索結果 「Michael E. Brown」の画像検索結果「Chad Trujillo」の画像検索結果 「Chad Trujillo」の画像検索結果  「David L. Rabinowitz」の画像検索結果 「David L. Rabinowitz」の画像検索結果
(1)1690年元禄3年10月14日) - 水戸藩徳川光圀が隠居。
1770James Bruce discovers what he believes to be the source of the Nile.
(2)1860年 - ロシア帝国北京条約に調印。
1862American Civil War: President Abraham Lincoln approves General Ambrose Burnside's plan to capture the Confederate capital at Richmond, Virginia, leading to the Battle of Fredericksburg.
(3)1868年明治元年10月1日) - 戊辰戦争: 弘道館戦争
(4)1875年 - 明六雑誌が停刊。
(5)1888年 - パリにパスツール研究所が設立。
(6)1889年 - ネリー・ブライ八十日間世界一周の旅に出発。72日6時間11分14秒で達成。
(7)1897年 - ドイツ軍が山東半島南西岸の膠州湾を占領(膠州湾租借地)。
(8)1901年 - カール・ラントシュタイナーABO式血液型を発表。なお、この時点では血液型がA型、B型、C型(後にO型に改称)の3つであるとされた。
(9)1907年 - 日本統治下の台湾北埔事件おこる。
(10)1910年 - ユージン・バートン・イーリーが史上初の艦上からの飛行機の離陸に成功。
(11)1918年 - チェコスロバキアの革命国民議会で共和国宣言。
(12)1918年 - 武者小路実篤宮崎県木城町に「新しき村」を建設。
1921 – Foundation of the Communist Party of Spain.
(13)1922年 - BBCラジオ放送を開始。
(14)1930年 - 濱口雄幸首相が東京駅で右翼青年佐郷屋留雄に狙撃され重傷。
1932Al Shorta SC, one of Iraq's biggest football clubs, are founded as Montakhab Al Shorta.
(15)1940年 - コヴェントリー空襲英語版ドイツ空軍イギリスコヴェントリーを空襲する。
1941 – World War II: The aircraft carrier HMS Ark Royal sinks due to torpedo damage from the German submarine U-81 sustained on November 13.
・1941 – World War II: In
Slonim, German forces engaged in Operation Barbarossa murder 9,000 Jews in a single day.
(16)1951年 - 天野貞祐文相が、教育勅語に代わる国民道徳の基本として国民実践要領大綱を発表。言論界や教育界から猛反発を受け27日に撤回。
(17)1952年 - ニュー・ミュージカル・エクスプレス誌がイギリス初のシングルチャートを掲載。
(18)1955年 - 石川県北陸鉄道松金線がこの日の運転をもって廃止。
(19)1957年 - ニューヨーク州アパラチンにマフィア幹部が集結してアパラチン会議が行われる。
(20)1961年 - 通産省が、岡山県水島と山口県徳山石油化学コンビナート第1号の設立を認可。
(21)1965年 - ベトナム戦争: イア・ドラン渓谷の戦いが始まる。
(22)1965年 - 鹿児島県鹿児島交通知覧線が廃止。
1967 – The Congress of Colombia, in commemoration of the 150 years of the death of Policarpa Salavarrieta, declares this day as "Day of the Colombian Woman".
・1967 – American physicist
Theodore Maiman is given a patent for his ruby laser systems, the world's first laser.
(23)1968年 - 皇居新宮殿が落成。
(24)1969年 - アメリカの2機目の有人月宇宙船「アポロ12号」が打ち上げ。
(25)1970年 - ソビエト連邦国際民間航空機関 (ICAO) に加盟。ロシア語がICAOの第4の公用語になる。
(26)1970年 - 東京都渋谷で日本初のウーマン・リブの大会が開かれる。
1970Soviet Union enters ICAO, making Russian the fourth official language of organization.
・1970 –
Southern Airways Flight 932 crashes in the mountains near Huntington, West Virginia, killing 75, including members of the Marshall University football team.
1971 – Enthronment of Pope Shenouda III as Pope of Alexandria.
(27)1971年 - アメリカの火星探査機マリナー9号」が火星周回軌道に到達。初の地球以外の惑星を回る人工衛星となる。
(28)1971年 - 中核派が渋谷で暴動を起こし、警官1人が死亡。(渋谷暴動事件
(29)1971年 - 青函トンネル北海道側の本坑の起工式。
(30)1973年 - 関門海峡をまたぐ関門橋が開通。
1973 – In the United Kingdom, Princess Anne marries Captain Mark Phillips, in Westminster Abbey.
1975 – Spain abandons Western Sahara.
1979Iran hostage crisis: US President Jimmy Carter issues Executive order 12170, freezing all Iranian assets in the United States in response to the hostage crisis.
1982Lech Wałęsa, the leader of Poland's outlawed Solidarity movement, is released after eleven months of internment near the Soviet border.
(31)1983年 - 日本の3代目の南極観測船しらせ」が就役。
1984Zamboanga City mayor Cesar Climaco, a prominent critic of the government of Philippine President Ferdinand Marcos, is assassinated in his home city.
(32)1985年 - 東京地方労働委員会日本プロ野球選手会労働組合に認定[要出典]
(33)1989年 - 前年7月の潜水艦なだしお衝突事故で、なだしおの艦長が衝突時の航海日誌の改竄をしていたことが判明。
(34)1990年 - ドイツポーランド両国、がオーデル・ナイセ線が両国の国境であることを確認するドイツ・ポーランド国境条約に調印。
(35)1991年 - カンボジアノロドム・シハヌーク元国王が13年間の亡命を終え首都プノンペンに戻る。
1991 – American and British authorities announce indictments against two Libyan intelligence officials in connection with the downing of the Pan Am Flight 103.
・1991 – In
Royal Oak, Michigan, a fired United States Postal Service employee goes on a shooting rampage, killing four and wounding five before committing suicide.
(36)1994年 - イギリスフランス海峡下のユーロトンネルユーロスターが営業運転を開始。
1995 – A budget standoff between Democrats and Republicans in the U.S. Congress forces the federal government to temporarily close national parks and museums and to run most government offices with skeleton staffs.
2001War in Afghanistan: Afghan Northern Alliance fighters take over the capital Kabul.
(37)2003年 - 小惑星セドナが発見される。(2003 – Astronomers Michael E. Brown, Chad Trujillo, and David L. Rabinowitz discover 90377 Sedna, a Trans-Neptunian object.)(日本語版vs英語版の差異にご注目ください:ヨシダ)
(38)2006年 - 新潟県神林村男子中学生自殺事件が発生。
(39)2007年 - 浦和レッズアジアチャンピオンズリーグで日本勢初優勝。
2008 – The first G-20 economic summit opens in Washington, D.C.
(40)2009年 - 釜山射撃場火災。15人が死亡。
2010 – Germany's Sebastian Vettel of Red Bull Racing wins Formula One's Drivers Championship to become the sport's youngest champion.
2012Israel launches a major military operation in the Gaza Strip, as hostilities with Hamas escalate.

                          インタネット情報&ヨシダブログ
              (2015年3月20日付でコラム名称を変更しました)
(上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。)

   こ のコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を編集しつつ、ヨシダコメントを書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグーグルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。 

只今、 5852件です。 
2015年11月14日(土)掲載分

昨日11月13日最終のトップページ
編集者のひと言ダイアリー・コナー

  本日「11月14日のできごと」 でヨシダが特にマークするのは「(10)1910年 - ユージン・バートン・イーリーが史上初の艦上からの飛行機の離陸に成功。」、「(19)1957年 - ニューヨーク州アパラチンにマフィア幹部が集結してアパラチン会議が行われる。」、「(37)2003年 - 小惑星セドナが発見される。2003 – Astronomers Michael E. Brown, Chad Trujillo, and David L. Rabinowitz discover 90377 Sedna, a Trans-Neptunian object.)」の3件と言えるでしょう★(10)は現代の航空母艦&艦載機の初代版とも言える出来事。既存の軍艦から離艦するという離れ業は冒険的です。冒険家につき物は事故リスク。主人公の「ユージン・バートン・イーリー」 さんは後年、墜落事故死を遂げています。本編では無論記載されていませんが、当該写真末尾に墜落した彼の飛行機写真を添えました。これって、編集者の隠れ た苦労と成果です★(19)は米画でよく観たアメリカのギャング映画の主人公たちのホンモノのできごと光景写真。リアル感バツグンです★(37)は、グー グル本家英語版と日本語版の大きな差異の例。日本語版の「○○が発見された」と英語版の「○○が誰々によって発見された」の差異。編集する立場にあって、 大事なポイントは「誰が?」でしたので、英語版からそれを「発見」したよい例です。日本語の「主語抜き」を自慢するムキもありますが、理解する側からは大 きな疑問です。・・・と、余計な講釈をしてゴメンなさい・・・・。(11月13日夜)
 「No.5850:いかめしいのに、どこかひょうきんな風神雷神や、野分や雨でたおやかに曲がった…日本経済新聞「春秋」2015.11.14.)」を編集しながら本阿弥光悦美術とその背景にあり徳川歴史の1ページを遅ればせながら学びました。嬉しかったデス!(9:35)
 海外生活者のホンネ!円高大歓迎!「No.5851始まる「円高」のターン~経常黒字拡大&利上げ織り込み、当局意向も後押し 週刊 金融経済マグジャーナル2015.11.14.マンさんの経済あらかると)」の予言が実現しますように・・・!(11:00)
 海外居住者の立場ゆえに気になるのが円相場。先刻は「円高情報」で多少ニンマリ。次の瞬間にまたまた元戻り。「コラム:「「師走の円安」アノマリー再現か=鈴木健吾氏 」がそれですが、編集はしません。一喜一憂するなかれ、と自身に言い聞かせています。(笑)★さきほど、上掲のリンクを貼った瞬間に、どうしたことか、此 処から以下の画面が消滅!でも、慌てずに、5,6分間で修復しました。コピー取りを怠らないのがその結果です。なにせ、ウェブサイト編集作業は微妙で す・・・。キーボードn叩き方が激し過ぎるのかな?と自問自答する始末です。(12:55)




No.5852
そろそろ色付いたかと香川県は五色台、白峯(しろみね)寺(じ)を訪ねた。坂出市…
徳島新聞「鳴潮」2015.11.14.
ヨシダブログ:四 国は1992年に徳島で全日本トラック協会総会出席を機に、クルマで一周した経験者。幾つかの霊場にも立ち寄りました。独りで?という声がありそうなので ブログしますと、ハイ、同棲中の女性と一緒でした(笑)▼クリスチャンの洗礼を受けた身ですが、仏教関連史跡はニッポン人として拝観しものでした。本記事 に登場する人物 等々の関連写真を検索しながら歴史学習と観光をしました。結構楽しみました。グーグルさんのお陰です。なにせ、グーグルさんとのお付き合いは並外れた頻度 や濃度ですから・・・。写真14枚添付ファイル
 「西行法師」の画像検索結果「西行法師」の画像検索結果 「白峯寺」の画像検索結果    「白峯寺「護摩堂」」の画像検索結果 「白峯寺」の画像検索結果「白峯寺」の画像検索結果   関連画像
 「白峯寺「崇徳上皇の廟所・頓証寺殿」」の画像検索結果   関連画像「上田秋成の「雨月物語」」の画像検索結果  「上田秋成の「雨月物語」」の画像検索結果「82番・根香寺」の画像検索結果「阿弥陀前の紅葉」の画像検索結果「「菜根譚」の画像検索結果
No.5851
始まる「円高」のターン~経常黒字拡大&利上げ織り込み、当局意向も後押し
週刊 金融経済マグジャーナル2015.11.14.マンさんの経済あらかると
ヨシダブログ:「円 高転換」3つの根拠。ドル/円はそろそろ要注意水準に・・・に始まり、■円高の根拠(1)経常黒字の拡大、■円高の根拠(2)日米政策当局の意向、■円高 の根拠(3)米利上げは相当程度まで織り込み済み、■まとめ:ドル/円は要注意水準・・・と続きます▼この少々大胆な憶測が当たることをフィリピンで念願 しています。なにせ、海外居住者にとっては円高大歓迎ですので・・・。失礼しました、身勝手なブログで・・・。
No.5850
いかめしいのに、どこかひょうきんな風神雷神や、野分や雨でたおやかに曲がった…
日本経済新聞「春秋」2015.11.14.

ヨシダブログ:久々に日経春秋さんの記事で、初めから終わりまで芸術文化の味わいを得た気分です。時局と結び付けるのが各紙のコラムですが、初めから終わりまで芸術に浸ることのできる記事で楽しみました。当該写真の検索を楽しみました。「ひょ うきんな風神雷神」は一度だけ京都で拝観したのを記憶します。でも、当時のヨシダの美術鑑賞力は今と比べたら幼稚なものだった、と想起しします。もっと も、現在のそれって大したことではありませんが、本コラム編集を始めて「大器晩成型(?)」ぶりを味わっています(笑)▼蛇足ですが文中に出てくる「板倉 勝重・重宗親子」のこと。勝重の画像はキャッチしましたが、重宗のものがありません。検索中にヒットした言葉に徳川幕府歴史の1ページを垣間見ます。曰 く、「(板倉親子)徳川体制創立の一翼を担う」と。・・・そんなこと常識ジョウシキ!って声を意識します。でも、これってヨシダのホンネの弁。本コラム編 集の副産物足 り得ることで至極ご満悦です。写真18枚添付ファイル
    「徳川家康」の画像検索結果   「本阿弥光悦」の画像検索結果  「光悦寺」の画像検索結果  「光悦寺」の画像検索結果 「光悦寺」の画像検索結果 「光悦の墓」の画像検索結果
 「板倉勝重」の画像検索結果「板倉勝重・重宗」の画像検索結果「板倉勝重・重宗」の画像検索結果「板倉勝重・重宗」の画像検索結果「板倉勝重」の画像検索結果「「琳派 京を彩る」」の画像検索結果「「琳派 京を彩る」の画像検索結果
      「「琳派 京を彩る」の画像検索結果     「「琳派 京を彩る」の画像検索結果      「「琳派 京を彩る」の画像検索結果   「「琳派 京を彩る」の画像検索結果     「「琳派 京を彩る」の画像検索結果

 昨日13日の記事3編を下記に掲載していましたが、本日14日の第一記事掲載(9:30)をもって消却しました。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。

               「末尾の特別情報お知らせコーナー」
  従来の縦長トップサイト情報を「コンテンツ・コーナー」に集約したことから、このトップ面を利用して編集者・ヨシダの「特別情報のお知らせコーナー」(仮 称)を思いつきました。数日間置いて、新しいことを思いつくまでは本欄に掲載するとして、適当な時期をみて、このコラム専用の「コンテンツ」欄に移して次 に備える・・・という趣向です。

 「ヨシダのひとりごと」といった感じ。その分、訪問者の方々にヨシダの近況をお知らせするという発想。もっと も、本サイトの主流である「ンタネット情報&ヨシダブログ」は毎日複数規模で掲載していることから、それ自体が格好の「近況報告」足り得るのでは ありますが・・・。ホンネは、折角書いたものなら、何処かにしまっておきたいというのが狙いともかくも記録として残す価値はあるでしょう。
 「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど・・・」といった 感じで書きなぐるっている始末。思ったことをアトランダムに書き残すのも一興と思ってのことだし、ボケ防止のヨシダの道楽って感じとしてものでSすので、ご 容赦ください。)    


             フィリピン人の「自己防衛精神」はバツグン!             
  フィリピンに来て真っ先に目に飛び込んできたことで、日本では全く想像することさえできない光景!ご覧のような「過積載(?)バイク」デス!当初はこんな 姿を見たら「オー・マイ・ゴッド!」ってな調子でしたが、見慣れるに従って違和感は失せました。逆に微笑ましさでニンマリって按配です。
 朝夕はこの「ベルエア・ヴィレッジ」(表と裏にガードマン付きの開閉バール出入り口がある住宅団地)の玄関先に車いすで出て、前のメイン通り(4車線)で クルマや人の往き来の「ウォッチング」を楽しみます。とりわけ、ショートパンツでスラッと伸びた美脚と魅力的なデッカイおヒップで颯爽と歩くフィリピナの姿等々を鑑賞するのはヨシダの趣味。そういった野外の雰囲気の中で思わず微笑みが出るほどの光景が下部に添付したようは「バイク相乗り光景」です。
 家中の者たちに尋ねてみることに、「幼児たちが落っこちて怪我したというのを見た り聞いたりしたことがあるかい?」と。異口同音に、NO!!!!と、明快な返事しかかえってきません。ホントか?と問い質すしまつ。
 幼児たちの乗る様をみるに、かれらの自己防衛精神はあっぱれのひと言に尽きます。バイクの何処かや運転するパパの胴回りをシカと捕まえているのです。「シッカリ持ちなさいよ」などの声すら聞きません。親子ともに「自己防衛精神&自己責任責任」は確か、とみます。
 「規制」の厳しい国(民)とそうでない国の「自己防衛意識」は大きな格差が生じるのは世の常。規則の有無をせいにして自己防衛精神を疎かにするのとはドエライ差異を痛感します。もっとも、家
長のアーネルが言うには、あるにはあるけど、警官と罰金を交渉をするとか。彼はバ ランガイ事務所の行政管理官であることからそういった実態は心得ています。でもジープ二ーのステップやトラックの荷台に乗っている者までは追求しないとかです。この微笑ましい(?)光景をお楽しみくだい。
                                     
                            

                                おわりにもう一つのフィリピン情報!
                  Another big news about Philippines Beauty!!
 
            関連画像「trixie Maristela of Philippines」の画像検索結果「trixie Maristela of Philippines」の画像検索結果「trixie Maristela of Philippines」の画像検索結果「trixie Maristela of Philippines」の画像検索結果

Trixie Maristela of Philippines waves after being crowned Miss international Queen 2015 beauty contest in Pattaya, Thailand on Friday. Miss international Queen is the world’s largest beauty pageant for transgender(性転換) women. AFP Photo(The Manila Times, Sunday Nov. 8, 2015)
ヨシダのウェブサイトをご訪問くださってありがとうございました。またの機会までご機嫌よろしゅう!と言っても、毎日相当量のヨシダコメントを書きまくっています。「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど」が決まり文句です。) 


                       2015年11月14日(土)

                           ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
                    
                        
吉田祐起
                  
       (満84歳0ヶ月) 
                 (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)
                                yoshida@a-bombsurvivor.co