吉田祐起(Yuki Yoshida) : 原爆証言執筆者・健康生きがいづくりアドバイザー(フィリピン共和国在住)

 「yuuki yoshida」の画像検索結果   「yuuki yoshida」の画像検索結果 http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
(写真左・中は2011年3月は東日本大震災直前のもの、右はパスポート更新で2014年9月10日に撮影したものです。数年前より現在のほうが若く見える、とは周辺の人たちの弁です。直近のものは「ステテコ&半そで」姿なので遠慮します。)                                  
      吉田祐起(Yuuki Yoshida) :満84歳0か月 
 
  
"生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ" 
  生後10ヶ月でポリオに罹り、広島原爆で九死に一生を得るも、被爆翌年に義兄が経営する製材所の助っ人で作業中に労災事故死した父に代って一家を支えるべ く 技術屋人生を選択し、定時制高校に通いながら日夜励みました。得意の英語を駆使して米国から新技術を導入したり発明品の商品化等々で14年間の華々しい青 春時代を謳歌。公費で米国業界視察留学という話が飛び出したものの、妻(当時)の養父の急死で已むなくその小規模運送会社経営を継承。
 まがり なりにも32年間で「7社グループ総合物流商社体制」を確立。自称・人生第二毛作を演じました。運輸大臣表彰(現・国土交通省)受賞をひと区切り に、同族企業でありがちのお家騒動を体験。離婚を契機にマヴァリック(一匹狼)のコンサルタント会社を設立して16年間、離日直前まで楽しく活動しまし た。執筆活動 の原点でもありました。自称・人生第三毛作を演じました。
 期するものを得て、此処フィリピンの地を終の棲家と定めて 2009年2月に移住。これからが最終章のわが人生第四毛作と位置づけています。自称「相互扶助精神に基づく運命共同体生活」で心置きなくフィリピン人2 家族と共同生活をもって人生最終章(四毛作)を演 じつつあるところです。かれらを「貧困から脱却」させつつ、ヨシダの終生面倒見を期待するという仕組みです。でも、ちょっと真似の出来ない生き方と自負し ます。

              Since 10th March, 2001
ようこそ、本サイトへのご訪問をありがとうございます!
手製のささやかなウェブサイトですが、ご覧ください。なお、ご意見やお気づきの点は遠慮なく下記にご一報くだされば嬉しい限りです。
yoshida@a-bombsurvivor.com

                                     English               
     
            2015年10月31日(土)
        
   
                          コンテンツ(順不同)
 1.拙著・執筆実績(目次)
 2.
著書・掲載書籍・懸賞論文記録等
 3.専門業界誌(紙)寄稿論文記録
 4.
一般出版物寄稿エッセイ
 5.SAM NEWS誌寄稿エッセイ
 6.ロジタント・ウェブサイト・レポート(旧株式会社ロジタント時代) 
 7.トラックドライバー帝王学のすすめ(文芸社刊)  (単行本)

 8.週間メッセージ (2008.8.28.-2012.12.24.)
 9. 独り言(No.1-No.172)  (2998.4.10.-2012.8.1.)
10. 特ダネ情報(No.1-No.82)
11. フィリピン情報(No.1-No.44) (2008.4.9-2012.8.18)
12. 私が選んだ好きで真実を突いた言葉メモ (2010.11.30-2013.10.6)
13.フィリピン共和国とその人たちを紹介する資料
14.「いきいき ハツラツ わが人生は四毛作!」(自分史)(最終章入り)
15."A-bomb and Me"(原爆と私)(ある米友人の進言で英語版執筆中)
16.原爆生存者としての各種証言論文等
17. 「公開書簡 拝啓 オバマ米国大統領 閣下
18.ヨシダが朗誦を得意とする英語詩文スピーチなど5編(正味8分間)
19.比は絶望の国?-若者の自殺傾向」を巡るエピソード 
20. Atomic bomb survivor credits desire to learn for living 'four lives'
  (ジャパン・タイムズ紙に大きく掲載されたヨシダの写真記事(日本語訳版)   
21.「貧しくとも心は豊かなこの国のひとたち その根源を探る(日英語)
22.フィリピン英字新聞「Calabarzon Breaking News
23. 「秋葉忠利広島市長ご発言に対する関連小著」(2010.2.10.) 
24. グーグルから拾った「今日のできごと」
26. ウェブサイト末尾の特別情報お知らせコーナー
   
   

   ヒロシマ・ヒバクシャのヨシダが発信する「オバマ米大統領の被爆市訪問」のこと
  フィリピンに来て間もない頃は2009年11月10日のこと。シンガポールで開催の APEC会議出席の前に東京に立ち寄られたオバマ大統領がNHK WORLDの記者の質問(今回の日本立ち寄りを機に、被爆市訪問の意図がありますか?) 対して答えられた言葉が鮮明です。"The schedules are too tight this time. However, I would like to have an honor of visiting some day during my Presidency."(今回はスケジュールが一杯でできないが、任期中の何時か訪問の栄に浴したい・・・)。その出来事を踏まえて即座に書いたのが、拙著オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします!」 (2009年11月10日記)です。クリックしてご覧ください。ヨシダはその後、その適切な訪問時期は、区切りイイ年次の「2010年ー65周年」として 公開書簡まで発表したものでした。しかし、それが実現しなかったことは、現在にして思うに、「2015年ー70周年」こそがベストな年次と提唱するに至り ました。
 ところが、8月に入ってもその気配は皆無。「2015年-70周年」に拘っていたヨシダは絶望と思いつめていたものの、考えてみれば 同大統領の任期は 2017年1月20日東部時間正午まで。とすれば、区切りは良いとは言えない「2016年ー71周年」になるのが精一杯。まいっか・・・と勝手に思ってい るところです。大統領任期中の「レガシー(遺産)づくり」としても、男の約束においても実現されるのがご本人のためだとさえ思うのがヨシダです。

 おって、ヒバクシャとして被害意識を強くする中で、オバマ米大統領が2011年の9.11の8周年記念式典(ペンタゴン)て遺族たちを前にスピーチした言葉の一節を下記に掲載します。「被害意識」が先行するヒバクシャのわれわれが共有すべき貴重な言葉と受けとめます。なお、この崇高なる大統領の言葉は"Ceremonies Mark 8th Anniversary of September 11 Terrorist Attacks"の中ほどに小さく載っていたもので、目立たないものです。中見出し付きもしくは、太文字表示されるべき価値あるものと考えます。
"Let us renew the true spirit of that day. Not the human capacity for evil but the human capacity for good - not the desire to destroy but the impulse to save and to serve and to build," あの日の真実の心を新たにしましょう。 悪に対する人類の能力としてでなく、善に対する人類の能力としてです。-破壊することへの欲望でなく、守り、奉仕し、建設するための推進力としてです。(オバマ米国大統領・翻訳;吉田祐起) 
                     「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果          「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果 「obama at 9.11 anniversary in pentagon」の画像検索結果
   (注:このトップコメントは2016年8月6日まで掲載します。しぶといでしょう、ヨシダは・・・笑)

                
                グーグルから拾った10月31日の「できごと」 
                          October 31 Events(英語版) 
                              「きょうのできごと」記録集
  こ のコラム編集なかんずく、当該写真の選択や入手の仕方等々はご覧くださる方々のご関心をヴィジュアルな面で提供することを目的としています。つまり、写真 や画像から入って、「できごと」の中身にご関心を期待するためです。もともと「グーグルのできごと」は英語版が本流でして、日本語版はその翻訳的な一面が 否 定できません。日本語版から入ると「できごとの」の主人公すら掴めない場合さえあることを最近痛感することが少なくありません。「主語抜き」という日本語 特有の落とし穴です。ヨシダの手法は、その「できごと」の主人公もしくは主体をヨシダ流の英語でインプットして当該情報にヒットすることが少なくありませ ん。そういった体験から、全体像が理解しにくい場合は、英語版を横目に検索することにしたり、当該できごとが英語版に無い場合は、ヨシダ流で関係語や名称 を英語訳して英語版グーグルにインプット検索の結果、思わぬ適切な記事や画像にヒットするケースは少なくありません。そんなことから、案外と多くの時間を 費やしているのがこの画像等の選択肢であり、その編集です。もっとも、その過程で学び機会の習得者は他ならぬ、編集者のヨシダではあるのですが・・・
1「Romulus Augustulus」の画像検索結果「Romulus Augustulus」の画像検索結果 「Romulus Augustulus」の画像検索結果2「山名豊之の殺害事件」の画像検索結果「由良島」の画像検索結果3「Martin Luther」の画像検索結果「95ヶ条の論題」の画像検索結果 「Martin Luther」の画像検索結果 「95ヶ条の論題」の画像検索結果5 「松方正義」の画像検索結果関連画像 「秩父事件」の画像検索結果 
   「秩父事件」の画像検索結果「秩父事件」の画像検索結果「秩父事件」の画像検索結果「秩父事件」の画像検索結果 8「Lincoln Highway」の画像検索結果  「Lincoln Highway」の画像検索結果    「Lincoln Highway」の画像検索結果  
  「Lincoln Highway」の画像検索結果      関連画像「Lincoln Highway 2015」の画像検索結果   「Lincoln Highway」の画像検索結果      「Lincoln Highway」の画像検索結果   「Lincoln Highway 2015」の画像検索結果9   「Battle of Beersheba (1917)」の画像検索結果   「Battle of Beersheba (1917)」の画像検索結果      「Battle of Beersheba (1917)」の画像検索結果
  「Battle of Beersheba (1917)」の画像検索結果1011121以下、編集中です。
314151617181920212223242526272829303132333434445464748495051525354555657585960
(1)475年 - 最後の西ローマ皇帝ロムルス・アウグストゥルスが即位。
683 – During the Siege of Mecca, the Kaaba catches fire and is burned down.
802 – Empress Irene is deposed and banished to Lesbos. Conspirators place Nikephoros, the minister of finance, on the Byzantine throne.
(2)1471年文明3年9月18日) - 伯耆国守護山名豊之が家中の謀叛により殺害される。
(3)1517年 - マルティン・ルターが、ローマ教会の贖宥状の販売を糾弾する「95ヶ条の論題」を教会の壁に貼り出す。
1587Leiden University Library opens its doors after its founding in 1575.
1822 – Emperor Agustín de Iturbide attempts to dissolve the Congress of the Mexican Empire.
1861American Civil War: Citing failing health, Union General Winfield Scott resigns as Commander of the United States Army.
1863 – The Maori Wars resume as British forces in New Zealand led by General Duncan Cameron begin their Invasion of the Waikato.
(4)1864年 - ネバダ準州が州に昇格してアメリカ合衆国36番目の州・ネバダ州となる。
1876 – A monster cyclone ravages India, resulting in over 200,000 deaths.
(5)1884年 - 秩父事件
(6)1892年 - アーサー・コナン・ドイルシャーロック・ホームズシリーズの最初の短編集『シャーロック・ホームズの冒険』が刊行。
(7)1898年 - 第1次大隈内閣が総辞職。
1903Purdue Wreck, a railroad train collision in Indianapolis, Indiana, killed 17 people, including 14 players of the Purdue University football team.
・1913 – The
Indianapolis Streetcar Strike and subsequent riot begins.
(8)1913年 - 初のアメリカ合衆国横断自動車道路・リンカーン・ハイウェイが開通。
(9)1914年 - 第一次世界大戦: 青島の戦いが始まる。
(10)1917年 - 第一次世界大戦: ベエルシェバの戦い英語版
1918 – World War I: Dissolution of the Austro-Hungarian Empire. 
1922Benito Mussolini is made Prime Minister of Italy.
1923 – The first of 160 consecutive days of 100° Fahrenheit at Marble Bar, Western Australia.
1924World Savings Day is announced in Milan, Italy by the Members of the Association at the 1st International Savings Bank Congress (World Society of Savings Banks).
(11)1924年 - 西表島北北東海底火山が噴火。その後大量の軽石が漂流し、日本各地の海岸に漂着。
1926 – Magician Harry Houdini dies of gangrene and peritonitis that develops after his appendix ruptures.
1938Great Depression: In an effort to restore investor confidence, the New York Stock Exchange unveils a fifteen-point program aimed to upgrade protection for the investing public.
(12)1940年 - 第二次世界大戦: バトル・オブ・ブリテンが終結。
(13)1941年 - ガットスン・ボーグラムによるラシュモア山の4つの大統領像が完成。
(14)1941年 - 第二次世界大戦: アメリカ海軍駆逐艦ルーベン・ジェームズ」がドイツのUボートの雷撃を受け沈没。115人死亡。
1941 – After 14 years of work, Mount Rushmore is completed.
1943 – World War II: An F4U Corsair accomplishes the first successful radar-guided interception by a USN or USMC aircraft.
1944Erich Göstl, a member of the Waffen-SS, is awarded the Knight's Cross of the Iron Cross, to recognise extreme battlefield bravery, after losing his face and eyes during the Battle of Normandy.
(15)1951年 - 沖縄社会大衆党結成。
1956Suez Crisis: The United Kingdom and France begin bombing Egypt to force the reopening of the Suez Canal.
(16)1961年 - ハリケーン・ハティがイギリス領ホンジュラス(現在のベリーズ)に上陸。死者275名。
(17)
1961年 - 第二次スターリン批判を受けヨシフ・スターリンの遺体がレーニン廟から撤去。
1963 – An explosion at the Indiana State Fair Coliseum (now Pepsi Coliseum) in Indianapolis kills 74 people and injures another 400 during an ice skating show. A faulty propane tank connection in a concession stand is blamed.
(18)1964年 - 国鉄関門連絡船がこの日限りで廃止。
(19)1967年 - 日本武道館吉田茂の戦後初の国葬
(20)1968年 - ベトナム戦争: リンドン・ジョンソン米大統領が翌日からの北爆停止を言明。
(21)1968年 - 文化大革命: 中国共産党第8期12中全会劉少奇中国共産党からの永久追放と全ての職務の解任が決議される。
(22)1969年 - 日本記者クラブ結成。
(23)1969年 - 北海道の定山渓鉄道、滋賀県の江若鉄道がこの日限りで廃止。
1969 – the Disappearance of Patricia Spencer and Pamela Hobley occurs.
(24)1970年 - 埼玉県和光市が市制施行。
(25)1973年 - この日限りで、日本国内の放送局は一斉免許更新(再免許)、財団法人 日本科学技術振興財団テレビ事業本部によるテレビ放送の運営を終了。翌日から東京12チャンネル(現在のテレビ東京)にテレビ放送事業の運営を引き継ぎ。また、琉球放送の英語放送が停波。
1973Mountjoy Prison helicopter escape. Three Provisional Irish Republican Army members escape from Mountjoy Prison, Dublin, Republic of Ireland aboard a hijacked helicopter that lands in the exercise yard.
(26)1976年 - 日本ビクターが世界初の家庭用VHS方式ビデオテープレコーダ「HR-3300」を発売。
(27)1977年 - 自然環境における天然痘の最後の感染事例が報告される。
(28)1979年 - ウェスタン航空2605便事故。73人が死亡。
(29)1984年 - インドのインディラ・ガンジー首相がシーク教徒の警護警官により暗殺される。
(30)1984年 - 文部省宇宙科学研究所 (ISAS) の臼田宇宙空間観測所が開設。
(31)1986年 - 日本鉄道創業の地である汐留貨物駅(旧新橋駅)がこの日限りで廃止。
(32)1986年 - 北海道の国鉄胆振線富内線がこの日限りで廃止。
(33)1988年 - エフエム埼玉(現・NACK5)開局。
(34)1989年 - 三菱地所ニューヨークロックフェラー・センターを買収。
(35)1992年 - ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世が、ガリレオ・ガリレイに対する裁判の誤りを認め、破門を解く。ガリレオの死後350年目。
(36)1994年 - アメリカン・イーグル航空4184便墜落事故。68名全員死亡。
(37)1994年 - 神奈川県平塚市湘南自動車検査登録事務所が業務開始[1]。「湘南ナンバー」が誕生。
(38)1998年 - イラク武装解除問題イラク革命指導評議会国際連合大量破壊兵器廃棄特別委員会 (UNSCOM) との協力を全面的に停止することを決定。
(39)1999年 - エジプト航空990便墜落事故。203名死亡。
1999Yachtsman Jesse Martin returns to Melbourne after 11 months of circumnavigating the world, solo, non-stop and unassisted.
2000Soyuz TM-31 launches, carrying the first resident crew to the International Space Station. The ISS has been crewed continuously since then.
(40)2000年 - シンガポール航空006便墜落事故。乗員乗客83名が死亡。
(41)2000年 - 国際宇宙ステーションの最初の滞在者を乗せたソユーズTM-31が打ち上げ。
(42)2000年 - 超党派野党、参議院に選択的夫婦別姓制度を求める民法改正案を提出。
(43)2001年 - 神奈川県湯河原町に「西村京太郎記念館」が開館。
2002 – A federal grand jury in Houston, Texas indicts former Enron chief financial officer Andrew Fastow on 78 counts of wire fraud, money laundering, conspiracy and obstruction of justice related to the collapse of his ex-employer.
(44)2003年 - マハティール・ビン・モハマドマレーシアの首相を辞任。
(45)2004年 - イラク日本人青年殺害事件: イラクの聖戦アルカーイダ組織に殺害された日本人男性の遺体が発見される。
(46)2005年 - 第3次小泉改造内閣発足。
(47)2007年 - 任天堂がこの日をもってファミリーコンピュータスーパーファミコンNINTENDO64などのハードの修理サポートを打ち切り。
(48)2011年 - 世界人口が70億人を突破。
(49)2011年 - 外国為替市場で戦後最高値の円高となる1ドル=75円31銭をつけた。
(50)2013年 - 赤川仮橋がこの日を以って廃止。
(51)2014年 - 試験飛行中のスペースシップツー一号機「VSSエンタープライズ」が墜落。1名死亡。 (230.66KB)

                  インタネット情報&ヨシダブログ
              (2015年3月20日付でコラム名称を変更しました)
(上掲リンクには直前のものを1MB以内の容量(約3日分)に限って掲載しています。なお、過去のものは「リンクリスト」をクリックするとご覧いただけます。)

   こ のコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものです。ご覧のように多くの記事を編集しつつ、ヨシダコメントを書き添えてきています。開設 以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグーグルして添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。おって、新聞によっては、「当日の当該記事」こ限ってのurlリンクがあり、掲載後日にクリックすると別記事で出ますので、ご諒承ください。「青文字編集」のほうが確実ですのでご留意ください。 

只今、 5821件です。 
2015年10月31日(土)掲載分
昨日10月30日最終のトップページ
編集者のひと言ダイアリー・コナー

 な んともお粗末千万なことですが、昨夕まで気付かなかったことに、10月は31日があることを失念していました。大慌てで「10月31日のできごと」 編集を しているところです。イイ歳してですが、錯覚ってあるもんだなあと、ヘンなところで頭をかいています。と、そんなことから、本日の「できごと」で添付写真 の選択が後追い中ですので・・・★どうしたことか今朝早くからインタネット断絶状態が現在(22:45)まで続きました。よって、本日の取材は抜きにして 翌日への日付変更等に入ります。なお、XPパソコンのOutlook Expressは依然として接続不能状態です。(22:50)
 

                  
 昨日30日の記事2編を下記に掲載していますが、本日31日の第一記事掲載( : )をもって消却します。なお、「インタネット情報&ヨシダブログ」に本編を含め、直前原則3日分を収録しています。それ以前のものは「リンクリスト」 に保存しています。なお、折角の記事関連写真であることにかんがみ、当該記事末尾の「(写真○枚添付ファイル)」をクリックすると写真を含む当該記事全体 をご覧いただける仕組みにしています。編集容量を抑えつつ、折角の写真を保全する手法としています。おって、日付変更は早めにしていますので、ご諒承くだ さい。
No.5821
『記者縦横』 平和の鐘 日米の懸け橋
中国新聞「天風録」2015.10.30.東広島総局・森岡恭子
ヨシダブログ:冒 頭に強調します。ヨシダの郷土紙中国新聞さんのコラム「天風録」がなんと、何年ぶりかで戻ってきました。同紙のインタネット画面が全国で唯一の「コピー不 能サイト」であることから、取材の対象から心ならずも外して久しいものがありました▼その関連ヨシダブログを読まれた広島市の方からの連絡で、同じ中国新 聞でも同紙主宰の「中国新聞 ヒロシマメディアセンター広島」は「天風録」 に限らずすべてコピーできますよ、と。そんな経緯を経ての、実に何年ぶりかの「天風録」さんの再登壇というところです▼記事中の「日本福音ルーテル西条教 会」の西条(東広島市)はヨシダが離日前の16年間住んだ言わば、第二の故郷。その教会にある「鐘」がなんと、ジョン・F・ケネディー当時大統領から贈ら れたものだとは!・・・と、感無量です。米海軍の駆逐艦の鐘だったことや、そこに至るエピソードは興味津々です▼戦い合った日米なかんずく、アメリカの駆 逐艦の鐘がヒバク都市ヒロシマのお隣の東ヒロシマ市に、しかも、当時の米大統領の世話で・・・ということは奇しき縁。それを大統領の娘さん・キャロライ ン・ケネディー駐日米大使が・・・と、心暖まります▼「天風録」の久々のカムバックに郷土人として嬉しく思いつつ編集しました。写真10枚添付ファイル     
 「日本福音ルーテル西条教会」の画像検索結果「日本福音ルーテル西条教会」の画像検索結果「ケネディー大統領と娘」の画像検索結果  関連画像「日本福音ルーテル西条教会の鐘」の画像検索結果「日本福音ルーテル西条教会の鐘」の画像検索結果「日本福音ルーテル西条教会の鐘」の画像検索結果「日本福音ルーテル西条教会の鐘を贈ったケネディー大統領」の画像検索結果 「日本福音ルーテル西条教会の鐘」の画像検索結果    関連画像
No.5820
老けない人は「腸の若返り」ができている!30代から進行する認知症はこう予防する
東洋経済ONLINE2015.10.30.新谷 弘実・米国アルバート・アインシュタイン医科大学外科教授
ヨシダブログ:ヨ シダの長生きは個人的な願望ではなく、共同生活するフィリピン人家族に対する義務であり努力目標です。そんなことから、健康管理にはことのほか留意し実践 しています▼長文の本記事は「傍線引用抜き」にしていますが、一箇所だけしています。曰く、「・・・肌の張りや色、つやは、腸内環境の状態をてきめんに反 映しているからです。具 体的にいうと、肌の状態がよくて実年齢よりも若く見える人は、腸も若くて健康な場合がほとんどです。逆に、肌が荒れていたり、 くすんでいたり、張りがなくて血色が悪い人は、腸の老化が進んでいることが多いのです。特に実年齢よりもかなり老けて見える人は、注意が必要です・・・」 がそれです▼手前ミソを承知の上の「体験談(自助努力)」の一つにあるのが「満60歳から始めた<頬っぺた叩き&歯茎叩き>」です。前者は美 人講師の講演が縁。後者は部下の専務が社員を前に訓示したものを即時実践して現在に至ることに端を発します。ちなみに、頬っぺた叩きは両手のひらで「パ~ ン!パ~ンと116回!」、後者は「指を揃えてコ~ン、コ~ン!と116回」と。ちなみに、その回数は60歳の60回からスタートして毎年歳を重ねる毎に 増やし、その後はヒントを得る度に回数アップ!「116回って動機は!」といった声が聞こえてきそうですね。その回答は「No.5777世界最高齢の女性が毎日食べているのは......とても意外な物だっ朝日新聞「国際」2015.10.10(8日付: | 執筆者: Ed Mazza」ですが、記事主人公の人物の年齢116歳がその叩きの回数の出所です(笑)▼ちなみに、毎年1回ずつ増やした回数は、ある時点でお袋の天寿102歳にジャンプ、次の段階はその妹(伯母)の107歳に!そして、今回の・・・デス。詳しくは上掲をリンクしてご覧ください▼「中見出し」は、■ 認知症700万人時代を乗り切るカギは「腸」、■健康で長生きの人は、腸まで元気で若々しい、■健康長寿を左右する「腸内細菌」の働き、■実年齢と腸年齢 は必ずしも一致しない、■見えない腸の老化は顔を見れば判断できる、■体と脳をサビさせる悪者「活性酸素」、■体と脳をサビから守ってくれる抗酸化酵素 「SOD」・・・と続きます。なお、本記事筆者の著書はほんの一部のみを添付しました。写真6枚添付ファイル
         「新谷弘実」の画像検索結果「病気にならない生き方」の画像検索結果「『胃腸は語る」の画像検索結果「酵素力革命」の画像検索結果「水と塩を変えると病気にならない」の画像検索結果Etc.
             
               「末尾の特別情報お知らせコーナー」

  従来の縦長トップサイト情報を「コンテンツ・コーナー」に集約したことから、このトップ面を利用して編集者・ヨシダの「特別情報のお知らせコーナー」(仮 称)を思いつきました。数日間置いて、新しいことを思いつくまでは本欄に掲載するとして、適当な時期をみて、このコラム専用の「コンテンツ」欄に移して次 に備える・・・という趣向です。

 「ヨシダのひとりごと」といった感じ。その分、訪問者の方々にヨシダの近況をお知らせするという発想。もっと も、本サイトの主流である「ンタネット情報&ヨシダブログ」は毎日複数規模で掲載していることから、それ自体が格好の「近況報告」足り得るのでは ありますが・・・。ホンネは、折角書いたものなら、何処かにしまっておきたいというのが狙いともかくも記録として残す価値はあるでしょう。
 「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど・・・」といった 感じで書きなぐるっている始末。思ったことをアトランダムに書き残すのも一興と思ってのことだし、ボケ防止のヨシダの道楽って感じとしてものでSすので、ご 容赦ください。)    


            毎月の28日はヨシダにとって意義深くしているもの その理由(わけ)は!?
               (この記事は今月末まで掲載します。)
 プライベートなことでかつ、単純で大人気ない(?)とも思えるようなことをヨシダは執拗に意識して現在に至ります。ほかでもありません、「28日」という日は吉田祐起の誕生日のそれに当たることから、この日を中心にわが人生の歩みが刻まれている、という自覚や認識です。
 つまり、年に12回の誕生日を意識して「満83歳○ヶ月」とウェブサイトにも掲載し、自身もそれを意識して送っているのです。あと、何日で28日・・・といった具合にです。これって、ちょっと、ユニークはモノの考え方だと自負します。
  時が経つことで、洋の東西を問わず、意味深長なのが「光陰矢の如し」という言葉。英語でも"Time flies like an arrow" と人々は口にします。矢の如く時が去った、と感じることは、その分、人生を短く送っていることを意味するのであって、まさか、時が早く去って歳をとったか ら ヨカッタとは誰も思わないハズです。
 強いてそれをポジティヴに解釈すれば、苦しい時もあったけど、あっと言う間に過ぎ去った、苦しいこと を 克服 してきた、開放された、といったくらいの解釈も成り立つでしょうが、それとて、味わうべき喜怒哀楽の人生がその分、短く去ったことを意味する結果でしかな い、というのがヨシダです。
 折角この世に生を受け、与えられた人生ならば、その喜びを文字通り、日々味わいつつ、感謝しつつ過ごす(消化する)という考え方のほうが、その逆の苦しい人生、早くに過ぎ去って欲しいもの・・・よりもずっと、ハッピーだと思うのです。
  さらに、こんなことも頭に描かれると思います・・・。例えば、何かを達成するとか、し遂げるものを持っているとします。ヨシダ流の処し方は、優先順位の見 極めです。沢山ある仕事の優先順位を頭にしっかりと入れて処す方法。ストレスもなくなります。計画的にというのは誰でも言いますが、その処し方の基本はな んと言ってもターゲットとする日の設定でして、ヨシダの場合は毎月の28日がそれになっているという感じです。
 その日(28日)が来たら、ウン、オレはあれもやった、これもやり遂げた、出来なかったことは次の月の28日をひと区切りに・・・といった按配です。これって単純なモーチベーションに過ぎませんが、案外と効果的です。
  結果的には、折角与えられた人生期間を感謝の念をもって着々と消化して事を成し遂げる、といった図式です。同じ1年サイクルで巡ってくる自身の誕生の 「日」をハッピー・バース・デイ!と心の中で呟きながら日々の経過を味わいつつ・・・といったシナリオです。こうした考え方がヨシダが永年、心に入れてい るキーワードに繋がるのです。「生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ」がそれです。
 ところで、これも他愛もないことですが、10月 28日はかのマイクロソフトのビル・ゲイツさんの誕生日(1955年)を早くに認識してきたものです。人間のスケールからすれば、ドダイ比較対象する何も のもないのですが、誕生日だけは同じ!と言える(思える)のがイイ味ってところです(笑)。ヨシダはビル・ゲイツさんと同じ誕生日って思うだけでも、思わ ないよりずっとマシって按配です。
 ふと、この記事を書きながら好奇心旺盛なヨシダは即座にヨシダの認識するその他の著名人を平素世話になるグーグルさんから拾い出しました。多くある人物の中からヨシダの好みに従って人物名と写真を列記して誕生日の味わい方を増幅さす次第です。

 1.徳川 慶喜(1837:江戸幕府第15代将軍)、2.横河民輔(1864:横河電機創業者)、3.ジェイコブ・D・コックス(南北戦争北軍将軍・共和党・第28代オハイオ州知事・第10代アメリカ合衆国内務長官)、4.エルザ・ランチェスター(1902:イギリスの女優)、5.東富士欽壹(1973:大相撲第40代横綱)、6.浜田 晃(1941:俳優)、7.小池真理子(1952:女優)、8. ビル・ゲイツ(1955:マイクロソフト創立者)、9.吉田都(1955:バレリーナ)、10.吉田里琴(1999年:女優)・・・と。
 ヨシダって好奇心旺盛 でしょう。こんなことに時間を使うから超多忙人間(?)。日々をかみ締めながら生きるから「光陰矢の如し」は無縁たる所以です(笑)。

   Cox, Jacob D. M.C. Ohio (Secty of Interior in Grant Adm.).jpgエルザ・ランチェスターElsa LanchesterAzumafuji 1950 Scan10025-2.JPG   http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg
ヨシダのウェブサイトをご訪問くださってありがとうございました。またの機会までご機嫌よろしゅう!と言っても、毎日相当量のヨシダコメントを書きまくっています。「乱文乱筆ならぬ、ミスプリはご容赦のほど」が決まり文句です。)  (504.77KB)                          

                       2015年10月31日(土)

                           ”生かされ 活かされつつあることを 感謝しつつ”
                    
                            
吉田祐起
                  
       (満84歳0ヶ月) 
                 (フィリピン共和国ラグ―ナ州サンタローサ市在住)
                                yoshida@a-bombsurvivor.com