(Back to TOP)
               
http://www.a-bombsurvivor.com/mrs.adams.works.html    

                  www.a-bombsurvivor.com/mrs.adams.works.jpn.html
 グーグル検索習慣が招来したヨシダ二十歳(はたち)時代の想い出話とその関係画像
              ポリオアメリカ人女性芸術家との出会い
                           (執筆中)
グーグルで「きょうのできごと」編集の当該添付画像を検索するのが常のヨシダが、ふと思い付いたことがあります。二十歳前後当時のこと。当時のヨシダの生活力の原点であった職人自営業なかんずく、米国からの新技術導入を期して西海岸はオレゴンやワシントン州の同業者なかんずく、関連メーカーの社長らとの文通交流を盛んにしていた時代でした。
 広島市の地元新聞中国新聞が大きな写真付きの記事を出したのに出会いました。ポリオに罹り、鉄の肺の中で治療を続けるアメリカ人女性が主人公。アン・アダムズ夫人(Ann Adams)のこと。写真では鉄の肺の中にあって、頭だけが鉄の肺の頭に出ていて、その頭上にセットされたのが「電気タイプライター」。当時市場に出たのが従来の旧式のものでなく、現在のパソコンみたいに軽くキーボードを押せば自動的に力の強弱に関係なく印字するもの。今、想起するに、記事の主人公はなにやら、その新商品の電気タイプライターみたいな感じでした。
 共感を覚えたヨシダは、中国新聞社を通して彼女の住所等をゲットして文通を始めたのです。ノースキャロライナ州グリーンズボロ市在住。実は、お恥ずかしいながら、今にして彼女は名の知れた人物だったのです。「Polio Artist(ポリオの芸術家)」として知られた人物だったのです。前述したグーグル検索体験を活用したそれはヨシダがトライした彼女の人生歴検索だったのです。
 不自由なポリオの身にあって、単なる趣味みたいな絵画創作くらいに受けとめていたのですが、職業芸術家の規模であったことを全く知らなかったのです。ひと昔前のことだけに、彼女の手紙や写真等々は失ってしまったのですが、たった一つのモノが現在にしてこの国フィリピンはわが部屋の片隅にそ~っと「現存」しているのです。それはジュラルミン製のステッキです! 二十歳の誕生日に、といって彼女がネクタイと一緒に贈ってくれたのがそれ。当時のヨシダは酷いビッコを引きながら歩いていたものの、体重が軽かったこともあり、ステッキを持つことに違和感や恥ずかしさ等々もあって、使うことをしなかったのです、その誕生日プレゼントを機に常用することにしたのです!
 そのステッキで特記すべきことは、「鉄工所に持ち込み、適当な長さに切断し、併せて英語文字を刻ましたのです、曰く、「Presented by Mrs. Ann Adams(アン・アダムズ夫人寄贈)」と。爾来、半世紀以上もヨシダの手から離れられない貴重な必需品になりました。自身で洗車する時などはジュラルミン製だけに、処構わず地べたに遠慮なく置くなど、何時となく、文字が減り薄らいできたものです。今は、わずかに「1953」という数字がかろうじて読める程度・・・。
 くだんの文通は年と共に薄らいだのですが、彼女が贈ってくれた写真のひとつに、長男のケニーというのがお母さんのベッドの横に立って写った写真がありました。肝心の彼女は罹病する直前までは旦那さんの営業活動に伴って全米をよく旅行したものだったそうですが、罹病を機に離婚したとかでした。彼女からの申し出だったとか、と記憶します。
 さて、ちょっと長文になりますが、ヨシダ青春時代の想い出エピソードとしてブログし続けます・・・。1993年の「一ヶ月間米国業界視察取材旅行」をした時に遡ります。当時、既に周知していた彼女の居所がノース・キャロライナのグリーンスボロ市からフロリダ州ジャクソンヴィルであることは広島市在住のアメリカ人女性宣教師らの調査で知らされてはいたのですが、文通は途絶えたままでした。
 おりしも、前述の一ヶ月間渡米の拠点としたのが、ヴァージニアの(American Trucking Association, Inc.)でして、首都ワシントンDCとはポトマック川を挟んだ位置。約1週間、同所を拠点としたものです。それには、深い訳があるのです。人生第二毛作はトラック運送事業経営者時代。なかんずく、トラック協会活動は広島県トラック協会理事・同広島市支部副支部長・全日本トラック協会秩序確立専門委員等の要職にあったことから、後者・通称「全ト協」の専門委員という立場で得たある国際的シンポジュウムへの参加がありました。全米トラック協会と米国運輸省専門家数名のパネリストとしての参加者があったことから、ヨシダが接触して話したいこと等々があったからでした。
 当時のヨシダはトラックのボディーの錆止め事業で「Zeibart International Rust Proving Business」との契約があったために、そのことを恰好の話題としてアメリカ人諸氏へのアプローチを考えたのでした。じじつ、パーティーの席上でかれらと懇談してそのことに言及したら、一斉に「Oh! Zeibart!」と目を丸くして応じてくれたものでした。そのことが、後年の米国視察旅行で大いに役立ったのです。前出の同協会を拠点としての活動に、といった按配でした。実に多岐に渡って支援してくれたのが環境問題専門家として要職にあったシェイファーさんという人物でした。
 おりしも、一週間に亘って開催された全米トラック協会恒例の年次大会への招待出席だったのです。


          An episode about Yoshida and Mrs. Ann Adams, polio artist
      (Now, under editing with deep dear memories going back to 1953)
            (The following article is a primitive stage of this article editing.)     The story about Mrs. Ann Adams, polio artist, and me dates back some 64 years ago when I was running an independent craftsman shop with a special skill in the sawmill band-saw filing technique, which, if I were to explain, would require a lot space... 
     It happened that the leading local newspaper in Hiroshima published a big article with a picture of her in the locking-bed tying to use an electric typewriter with a stick in her mouth installed above her head on the iron-lung. The title of the article was something like "the modern electric typewriter helps polio victim can use it even in an iron lung! In another word, the article seemed to be focusing the electric typewriter which make the patient use it with a light touch to the keyboards. 
As a polio victim myself, I sent a letter to encourage her through the newspaper company, which was the beginning of years correspondence.

     It was in 1953, she sent me some presents for my 20th birthday. A tie and a walking cane made of duralumin, which turned to be the beginning of my using a cane. I was somewhat shy of using a cane at that time, but it made me decide to depend on it in my walking activities. The cane served me ever since then, bringing it to the Philippines, now in sleep in a corner of my room. I remember the words I had it curved was "Presented by Mrs, Ann Adams, 1953", though the letters are almost disappearing.

     In 1993, when I made "One-month-investigation-trip for American trucking industry", I tried to see her. However, I was told that she had died in 1992, a year before that trip.

     Her son, Kenny, I remember with one of the photos she sent me, standing with her locking bed was a little boy, now running a clinic as seen in a line of photos in the second line. I vividly remember that when I told him in the phone, "I regret I have no time to visit your Mammy's grave this time...", he politely responded, "...I deeply appreciate your...".

     By the way, as my web visitors see, my web site editing works are made by checking the Google for the photos to-be-attached. I happened to try to put in "Mrs. Ann Adams", being surprised hitting hers drawing a picture with a stick in her mouth!, following so many her works! My intention is to edit this for a special column in my web sites,both English and Japanese editions with my dear memories of her....       
      「Mrs. Ann Adams, polio artist」の画像検索結果 「Mrs. Ann Adams, polio artist」の画像検索結果「Mrs. Ann Adams, polio artist」の画像検索結果
    「iron lung」の画像検索結果「electric typewriter」の画像検索結果
「son word」の画像検索結果「dr. kenneth adams」の画像検索結果「dr. kenneth adams book」の画像検索結果「dr. kenneth adams」の画像検索結果「dr. kenneth adams clinic」の画像検索結果
   Related imageRelated imageImage result for Mrs. Ann Adams, polio artist
  Please click: "Mrs Ann Adams, polio artist" & "Ann Adams" for more information!!

                                                    (Back to TOP)