本サイトの編集者はヒロシマ・ヒバクシャです。
                                 https://en.softonic.com/download/mozilla-firefox/windows/post-download
        https://www.google.com.ph/?gfe_rd=cr&dcr=0&ei=wcRcWoeWKpHE8QWrt7PwBw                    
 Image result for 広島電鉄本社ビルImage result for 広島電鉄社章Image result for 戦時中の広島電鉄本社車庫Image result for 広電本社ビル被爆時写真「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果「広島電鉄本社ビル」の画像検索結果Related imageImage result for 広島電鉄本社ビル
(画像説明(左から):左端は現在の電鉄本社ビル、2は同社社章、3、は当時の電車車庫、4は紙屋町交差点の電車、5はヨシダが廊下づたいにその右の2階建て所属事務所(電気課)に向かう途中に被爆して倒壊した建物。這い出たのがその最上段で顔面深い裂傷で血まみれ状態。5、6、7は現在の本社玄関前掲示板にある画像で、最右端の2階建てビルの一角が所属の電気課事務所でして、当時の課長さんは戦後に独立して会社社長になられました。ついでのことに電鉄の現在の「社章」は当時の塗装工さんが優勝して採用されたもの。ヨシダの上司は佳作の賞金をポ~んと僕らのクラスに下さいました。なお、「吉田祐起少年時代の被爆関連画像&体験記をクリックすると上掲の拡大写真と説明文がご覧いただけます。
                        Since 10th March, 2001
                                                   2020年10月22日(木)English
「喜寿過ぎ爺さん・ヨシダの独りごとサイト」って感じの気楽な内容に転じます。ヨシダがトライするボケ防止のための新型サイトって感じで受けとめてくだされば幸いです。念願の自分史編集への突破口にもなるとも自負します。題して「ヨシダ自分史:人生いろいろ いきいき ハツラツ わが人生は五毛作!総仕上げって按配にです。なお、下段7枚の写真左4枚は在日中、右3枚はフィリピンに移住してからのもの。その下3枚は居住するラグーナ・ベルエア・ヴィレジ(住宅団地)関連の写真です。・・・と、こんな調子のわが輩のウェブサイトは遊び心からです。
  「吉田祐起」の画像検索結果「吉田祐起」の画像検索結果「吉田祐起」の画像検索結果「吉田祐起」の画像検索結果 「吉田祐起」の画像検索結果
                  Image result for Laguna BelAir1Image result for Laguna BelAir 1 main streetImage result for Laguna BelAir 1 main streetRelated image
       April 21:"900–The Laguna Copperplate Inscription (the earliest known written document found in what is now the Philippines)"
 以下に列記するのは過去の本ウェブサイトのレイアウトで掲載した主要項目です・・・と仰々しく表現していた「吉田祐起執筆実績関連コラム」でしたが、本サイトにそれらをズラッと仰々しく掲載することは慎ましく避けて、リンクをクリックしてご覧いただける形に慎ましく(?)変更しました(苦笑)★執筆実績関連コラムがそれですが、満88歳の米寿を過ぎた編集者ヨシダの反省を含めたウェブサイト部分修正です。と、思い付いたようにコラム編集に転じたのは「吉田祐起少年時代の被爆関連画像&体験記(執筆中)」の執筆です。ヨシダが屡々ゲットするそれは「発想の動機」です。そのほか、1945年8月6日の広島市原子爆弾被爆関連写真集(特集)」、「1945年8月6日の広島市原子爆弾被爆関連写真集(特集)"Philippinos are rich in the heart even in poverty" 等々のリンクを本欄に常設して簡素化を推進します。本コラム末尾のお詫び:日本語版サイトでありながら、英語がやたらと出てきますが、これは英語版が本家みたいな形で編集したためのやむなき結果です。日本語版でその翻訳をする時間がないことをお詫びします。(2019年9月30日7:32記)  960px