特ダネ情報(Tokudane or Exclusive news

この「特ダネ情報」サイトが編集上のエラーで消滅したことから、この際ですので、本サイト巻頭文をリニューアルしました。なお、下記に列記している今までに書いた「特ダネ情報」が2010年11月11日現在で48件あるのですが、時間を掛けてそのリストを再現しました

2001年3月6日に開設した手づくりのホームページですが、2009年2月に此処フィリピンに居を移して以来、その内容は従来のものと比べて様変わりしています。原爆生存者としての証言活動を執筆分野で始めたことから、その直前の15年間に及んだ株式会社ロジタント代表取締役(総合物流・経営コンサルタント)としてのトラック運送業界を中心にした執筆内容と異質のものになっています

本ウェブサイトのコンテンツを示す上掲のボタンは数にして20件も備えています。その一部は離日直前までトラック運送業界紙()に寄稿した大量の執筆実績をスキャナーや原稿の形で収録しています。単行本に換算したらかれこれ10冊にも相当するボリュームです。私の人生のひとコマの記録でもあります

なお、ボタン列をすべて英語表示していますが、トップページを筆頭に、日英語版を作成していることから、ボタン名を英語表示しています。見分けにご迷惑をおかけしていると思いますが、これは一旦、ボタン名を決めてリンク貼りなどをしたら、変更することが事実上無理になることから、やむなくこのような形になりましたのでご諒承ください

前述した業界紙(誌)への寄稿機会を手放した現在の私は、原爆生存者としていろいろと感じていることや、此処フィリピンという国やその人たちのことで気付くこと等々が執筆の主流になっており、手づくりのこのホームページに収録しています。内容や分野によって仕分けした形で執筆しています。具体的には時折りリニューアルするトップページを筆頭に、毎週月曜日に発行する「週刊メッセー(日英語」、「独り言」、「特ダネ情報」、「フィリピン情報」と「フィリピン発メルマガ」等々です

なお、海外生活する身ですので、可能な限り英語版サイトを作成しています。週刊メッセージは日英語版が原則です。未熟な英語力ですが、そのことを恥じて書かねばゼロ。情報発信の価値を最優先した結果の英語サイトづくりですので、ご寛容のほどお願いします  

I noticed this day of August 2, that this column, Exclusive Information, better known as "Tokudane" in Japanese, has been lost in the process of the editing. I found no way to get them back except I found a list of the articles from No.1 to No.28 in one of the top page record in the past. It was the one on July 27, 2009 that has on its top page the list of the articles from the beginning up until July 28, 2009, so that I could copy them and pasted below first. The latest one is the No.42, so that the rest of 15-article must me listed up from this day forwards. I really made a big mistake!!

Oh, I remember that we have "English Version" in which the list of the Tokudane articles written in English are posted. For the English language readers, please click it. 

Not all the Tokudane articles have English versions as I just can not catch up with all of them in the translation. The Weekly Message on every Monday is the only column that is written both in English and Japanese. The Hitorigoto follows the next with the English translation made every once in a while.

***********************************************************************************
2010年11月11日
                                                                 
            
吉田祐起(YUUKI YOSHIDA)
  (原爆生存証言者・健康生きがいづくりアドバイザー)

 E-mail :
yoshida.yuuki@a-bombsurvivor.com

Back to the Top
**********************************************************************************

 

No.77 本稿以降は別コラムでHTMLによる掲載します。

No.76
  小沢さん無罪!10年前に書いた私の小沢人物像小著  (4/26)
No.75
「ヒロシマの折りづる97トン 再利用法を募集へ」を読んで (4/26)
No.74
あるウェブサイトで偶然発見した1世紀を生き抜いた実母の写真とオドロキ (4/9)
No.73
年金受給者にとって知っていて損でないイイお話(制度)をお伝えします!!!  (3/27) 
No.72
  肩こり解消の自助努力ノウハウをご伝授します (3/23)
No.71
  ”石原慎太郎 地球は滅びるだろう” 一考 (3/16)
No.70
  80歳独身自律生活男性が得たアンベリーヴァブルなロマンス フィリピン妻の紹介 (2/14)
No.69
  知らねば損する! パソコンの「文字エンコーディング」機能 (1/11) 
No.68
  広島県知事がオバマ米大統領の被爆市訪問要請 「原爆投下に対する謝罪は求めない」 (12/9)
No.67
  学生は衰退する日本より海外で就職できる実力を磨け (10/12)
No.66
  フェースブックやツイターは自己妄想者を生んでいる (8/1)
No.65
  インタネット記事から拾った「なでしこジャパンを称える言葉」 (7/21) 
No.64
  菅首相の「浜岡原発停止要請」は唐突ではない! (5/18)
No.63 
 
遂に出た!浜岡原発元設計士「耐震強度データに偽装があった」と告発 
 (5/14) 
No.62
  だから東大教授はTVで「安全」を強調するのか!?  醜い学界と業界の癒着 (4/16) 
No.61
福島原発事故の医学的科学的真実緊急提言・全然問題ありません!(稲 恭宏博士)を観て (4/14) 
No.60
恐るべし! 知られざる原発の危険性 その実態を知る! (4/5) 

No.59
続・「復興の財源 西独が参考に」 復興財源確保案はニッポン人の「踏み絵」   (3/31) 
No.58
  「復興の財源 西独が参考に」 ドイツ史研究家・永井晴彦さんに共感!   (3/30) 

No.57
  オバマ米大統領のスピーチの癖が直った! (3/29) 

56
  悲惨な東日本大地震 その時の私は・・・ (3/11) 
55
海外旅行は男を下げる」の図 藤野氏メルマガに共感!?  (3/7) 
54
  驚くべし!ドイツの道路煉瓦舗装工事技術の実体! (2/10) 
53
  ご存知ですか? 「あおげば尊し」原曲は19世紀米国で作曲された「卒業の歌」   (1/27)
52
  日本語は言語性で脳の片側が主 英語は脳の左右をつなぐ脳梁を活性化 とすれば (1/27)
51
  日本の外交下手?官尊民卑?独り善がり? 日本の「国際経済協力」の裏話   (1/26)
50
週刊メッセージ№129で紹介した異色の人物から届いたメール まずはご覧のほど! (1/25)
49
中国の存在が不気味な昨今 私の友人が寄せてくれた「中国観」  (1/9)
48
現地フィリピンで購入のパソコンへの日本語諸機能入力の苦労話 ご存知ですか、こんなこと 11/11) 
47
オバマ大統領の被爆地訪問&ノーベル賞サミット出席ならず APEC会議便乗期待の愚   (11/10)  

46
 
原爆投下機Enola Gayパイロット(故人)遺族との接触不成功に終わる  (11/10)  
45.
米大統領の広島訪問、県・市が要請 ノーベル賞サミット 果たしてその結果は!? (9/28)              
44.
 米大統領被爆地訪問支持表明 原爆投下機遺族エリック・ビーザー氏へのアプローチ  (9/28) 
43.
 
オバマ米大統領被爆市訪問は当面期待されず それでヨシ!

42.
メキシコ湾 石油採掘リッグ事故による原油流出で想い出すこと 世界最大リッグ「オーシャン・レインジャー号」(沈没)との昔話 
(6/4) 
41.
年間1万4千人が入浴中に死亡(日本) 世界でトップ! ああ、ヨカッタ生活パターン変革で! (2/20)
40.

オバマ米大統領 秋葉広島市長被爆市訪問要請に「I would like to come」

   「来る時には皆の祝福を受けられる環境を整えたい」と秋葉市長???
     (1/22)

39.
被爆者小学校同窓生の著書に共感!"被害者意識からではなく、加害者にもなり得る視点"  (1/14)
38.
第2の単行本出版を目指します。題して「A-bopmb and Me」   (1/14)
37.

オバマ米大統領が任期中に被爆地訪問ご発言!  ガッツ感で一層の花道づくり提言をします! 
(10/10)

36.
 「卒啄(そったく)の機」の機縁     
 (10/7)
35.
鳩山由紀夫・新総理大臣の英語を聴いて   (9/25)
34
 「八ッ場ダム建設中止」 その地で講演体験の想い出話  (9/24)
33.
オバマ米大統領の言葉(9.11.8周年)に ヒバクシャの立場で感動! (9/13)
32.

フィリピンで迎える「9.11から8年」 あの時私は・・・
 (9/11)
31
広島大学履修生時代に出逢ったスリランカ留学生とメールで再会  (9/7)
30.
1900キロを行脚してホームレスの子供たちに訴える米国人少年から学ぶもの  (8/20) 
29
(公開書簡) 拝啓 オバマ米大統領さま 互いに許し合いませんか でも忘れないように!
  
(8/16)
 「特ダネ情報」
(2008年4月9日~2009年7月28日)
28.
科学者が心配する 機械が人間を出し抜くかもしれない
27.
 
「複数全国紙「コラム」に紹介された世界的装飾デザイナー三宅一生さん(原爆生存者) ニューヨーク・タイムズ紙へ寄稿」
26.
フィリピンに移住して満5カ月が過ぎました 奇妙なことに、日本人と観られたことがないのです!?」 
25.
「フィリピンへ移住して2ヵ月 「特ダネ情報」は山ほどある中で、その多くは「フィリピン情報」へシフトします。」

24.
「人生第四毛作への助走を開始しました!」

23.
「私の甥・山下一史が「第九ひろしま 2008」(広島交響楽団・1400人コーラス)で指揮しました。
    連続3年(回)のタクトです。」

22.
「お陰さまで喜寿を迎えました。感謝です」

21.
「株式会社ロジタント設立満15周年記念日を迎えました」

20.
「『9.11.米国同時多発テロ』7周年を迎えて 5つのエピソード」

19.
「ひろぎん トウモロコシコンサート 福山・広島公演を観てください 甥の山下一史が広島交響楽団を指揮します!」

18.
「生まれて初めて雅楽器“笙”の演奏を間近に聴いて感動しました!!」

17.
「広島大学履修生生活に ひとまずピリオッド  でも、英語学習は永遠にの願望!」

16.
「平和と軍縮シンポジウム~被爆地広島から『核のない社会』への提言~」を聴講

15.
「甥・山下一史・管弦楽団指揮者の指揮ぶりを鑑賞して感じたこと」

14.
「巨匠ヘルベルト・フォン・カラヤン最期の愛弟子山下一史(私の甥・仙台フィルハーモニー管弦楽団
    常任指揮者)が呉市、福山市、広島市などで公演します。ご贔屓のほど」

13.
「正味4時間超のレクチャーをやってのけました! 爽やかな気持ちです!」

12.
「東京クライアント出向機会を効率良く活かして、ビジネスチャンスに結びつけています!」

11.
広島大学履修生としての英語学習前期を終了しました 後期もチャレンジします!

10.
「ゲティスバーグにおけるリンカーンの演説」の講演を聴いて帰りました!

9.
東京大学名誉教授 本間 長世先生の講演「ゲティスバーグにおけるリンカーンの演説」

8.
ちょっとした機会で国際親善 広島大学生同士の縁 楽しいな!

7.
広島大学履修生体験のエピソード 動物実験討論で「感謝の心」をテイゲン!

6.
“最高の人生の見つけ方”(The Bucket List)の後日話

5.
“最高の人生の見つけ方”を見付けました!

4.
本場英国の劇団ITCL(The International Theatre Company London)によるシェイクスピア作「ハムレット」を
  鑑賞 その直前の特別講義も受講しました。

3.
「平和構築のためのダイアローグ(Dialogue for Peace)」に出席しました
2.
「広島大学履修生「専攻科目」を「Intermidiate Conversation(Debating)にシフ
 
1.
広島大学履修生として第一歩! (2008/4/9)


                                                 (Copyright Yuuki Yoshida All Rights Reserved)