a-bombsurvivor.com
YUUKI YOSHIDA;A-bomb Survivor Testimony Speaker-Writer & Healthy-Sound Life Adviser

Top  Greeting  Profile(J)  Profile(E)  a-bombsurvivor testimony  Philippines information  Hitorigoto  Exclusive news  Health advisor  Writing records  Lecture records  Journals writing records  SAM   Q&A  Mail magazine  Toppage records  Scrolling-message records  English version  English toppage history  Greetings records

SAM:Society for Advancement of Management

The Society for Advancement of Management (SAM) has its head office in the USA with Japan chapter in Tokyo. I used to be the president of its Hiroshima Branch for some ten years. Because of my move to the Philippines, I was obliged to resign the presidency and its membership, which brought the closing of the Hiroshima Branch to my regret.


The happiest thing about my experience during my registration as its member is that I was given an international award “Material Handling Award” in 2005 at its International Business Conference held in Las Vegas. The most memorial thing about my attendance to the conference was that I, as an award winner, made a nine minutes speech in English at the banquette in front of some 340 persons. One third of them were university professors and graduates and top management persons in the other third each. It was exciting for me that as soon as I finished my speech, what we call “standing ovation with whistling” occurred, and that continued even I returned to my table on the stage to sit.

 SAM日本チャプター広島支部は都合により、2008年12月末をもって休会しました。なお、本サイトは今までの実績として当分の間、このまま掲載します。おって、同チャプターは、東京・名古屋・大阪の3支部がございますので、下記のウェブサイトでご覧ください。
 機関誌
「SAM NEWS Winter, 2008」に私のエッセイと「広島支部だより」を並べて掲載していますので、クリックしてみてくだされば幸いです。
 SAM日本チャプター理事会が2009年1月20日に東京有楽町の「日本外国人特派員会館」で開催されました。その時の記念写真を下記に掲載して記念とします。


 ところで、このSAM組織の会場である東京有楽町の「日本外国人特派員会館」ですが、とてつもない夢を抱いています。ほかでもありません、英語による「原爆語り部役」を米国で行う大きな夢を抱いています。そのために、既に17ページ、45,800字に及ぶ英文の論文を完成し、米国のマスメディア向けに発信中です。万一、取り上げられたら、大きな波紋を呈すると確信しています。その日が到来したら、外国人特派員との記者会見の実現も夢の一つです。外国人特派員記者会見の場として、この私がステージに上がることを夢見ている、と言ったらデッカ過ぎるでしょうか!?

           
 

 SAM:Society for Advancement of Managementは、マネジメントに関する国際的な由緒ある研究団体で、“マネジメントのロータリークラブ”と言われています。その発祥は、世界の“科学的管理法の父”といわれるフレデリック・W・テーラーの「創造的原理」を信奉する後継者の手でつくられた“TAYLOR協会”(彼の死後1年の1916年設立)です。その20年後の1936年に同質異体の「産業技術協会」を合併して出来たのが、現在の“SAM(Society for Advancement of Management)です。 


 現在、欧米などをはじめ、南アフリカ、カナダ、サウジアラビア、香港や台湾などに支部があり、マネジメント各階層のキーメンバーは数千人を数えます。国際機関誌としては、「SAM Advanced Management Journal」があり、その購読会員を入れると、5千人のメンバーがいます。世界的に有名なピーター・ドラッカー教授(故人)はそのお一人で、日本チャプター名古屋支部では、かの豊田章一郎・トヨタ自動車名誉会長が会員の籍にあります。
 

 同国際本部は、毎年、国際大会(International Business Conference)を開催します。かくいう私は、2005年のそれで、「国際流通賞(Material Handling Award)」を受賞しました。そのために、同国際大会では、340名余の参加者(大学教授:大学院生・経営者)を前にした晩餐会で、受賞者として、9分間の英語スピーチをする機会を与えられました。終わった途端に、全員総立ち、口笛ヒューヒューのスタンディング・オヴェーションを受けました。生涯の想い出になりました。


 ところで、SAMの国際本部は米国テキサス州の大学内にあり、日本チャプター本部は産能大学(東
京都)の広報室にあります。日本チャプター会長は小林 薫・産業能率大学名誉教授、同名誉会長に
は立石一雄・オムロン名誉会長です。当広島支部事務局は、産業能率大学中国事業センター内に置
いています。ちなみに、 詳細は下記のURLでご覧くだされば幸いです。
SAM国際本部:
http://www.samnational.org.  SAM日本チャプター:http://www.samj.jp/
 なお、SAM日本チャプター「入会のご案内1・2」にも詳細が記載されています。裏表紙には1963年のSAM創立50周年に当時の米大統領ジョン・F・ケネディーが寄せたお祝いのメッセージが掲載されています。

                           2009年1月14日

                  健康生きがいづくりアドバイザー・被爆証言者
                            吉田祐起
                   (旧・株式会社ロジタント代表取締役)
                  (SAM日本チャプター広島支部長・事務局代行)


                  SAM日本チャプター広島支部定例会
 SAM(Society for Advancement of Management)日本チャプター広島支部定例会は、下記により開催しております。「ビジター制」もありますので、ご自由に参加されることを歓迎します。なお、その場合、必ず下記の事務局にご連絡くださいますよう、お願いします。

               開催日時:毎月第3水曜日 13:30〜15:30
               場   所:産業能率大学中国事業センター 会議室
             〒732-0827広島市南区稲荷町2-16 (稲荷橋広島駅側)
               会   費:ビジターの場合 一人1,500円
                 連絡先事務局:
chugoku@hj.sanno.ac.jp


 なお、定例会のお問い合わせは、支部長(事務局代行)を務める当方yoshida.yuuki@a-bombsurvivor.com に直接メールくださればお知らせします。定例会の具体的な内容は、下記の「SAM広島支部定例会案内状」をご参考下さい。 

★タイトルをクリックすることにより内容をご覧頂けます。
なお、ご覧頂くにはAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerは、Adobe社のホームページより無料でダウンロードできます。

Acrobat Readerをお持ちでない方は、こちらからダウンロードできます。


               SAM広島支部定例会案内状
 
本サイトでは2001年2月定例会から現在に至るまでのものを掲載してきましたが、本ウェブサイトの
「ディスク容量」の限界(最高200MB)にほぼ達しつつあることから、心ならずも2008年度分のみを残して、他はすべて削除することにしました。良き思い出の一つとして、はたまた「自分史」の一端としても遺し
たい心境ですが、本サイトにおける今後の執筆活動を考えると、やむなきことと決断しました。

SAM広島支部2008年11月定例会案内状
SAM広島支部2008年10月定例会案内状
SAM広島支部2008年9月定例会案内状
SAM広島支部2008年8月定例会案内状
SAM広島支部2008年7月定例会案内状
SAM広島支部2008年6月定例会案内状
SAM広島支部2008年5月度定例会案内状
SAM広島支部2008年4月度定例会案内状
SAM広島支部2008年3月度定例会案内状
SAM広島支部2008年2月度定例会案内状
SAM広島支部2008年1月度定例会案内状

Back to the Top

yoshida.yuuki@a-bombsurvivor.com

Top  Greeting  Profile(J)  Profile(E)  a-bombsurvivor testimony  Philippines information  Hitorigoto  Exclusive news  Health advisor  Writing records  Lecture records  Journals writing records  SAM   Q&A  Mail magazine  Toppage records  Scrolling-message records  English version  English toppage history  Greetings records

Copyright 2004-2010 Yuuki Yoshida All Rights Reserved