(This site is edited by Encode "Unicode(UTF-8)" & "Japanese" checked)
                        インタネット情報&ヨシダブログ                      
(お願い:朱文字表示の取材元各紙(誌)の中にはリンクが後日変化しますので、当方サイドで再編集した「青太文字版」をクリックしてご覧ください。なお、過去のものは全て「リンクリスト」に保存掲載しています。)                          
                                   (Back to TOP)


No.6439
たくましい花 小池百合子
DIAMOND Online2016.7.18.佐高 信 [評論家]

 「今日はどうぞいじめないでくださいね」

 『サンサーラ』という雑誌の1993年3月号で対談した時、国会議員になってまもない小池はこう言った。しおらしくして見せるのである。彼女にとって、そうしたしぐさはお手のもの。もちろん、演技は自然で、テクニックであるというような風情は微塵も見せない。

                                                      
                                                       佐高 信 [評論家]
さたか・まこと 1945年山形県酒田市生まれ。評論家、『週刊金曜日』編集委員。高校教師、経済雑誌の編集者を経て評論家に。「社畜」という言葉で日本の企業社会の病理 を露わにし、会社・経営者批評で一つの分野を築く。経済評論にとどまらず、憲法、教育など現代日本のについて辛口の評論活動を続ける。著書に『保守の知 恵』(岸井成格さんとの共著、毎日新聞社)、『飲水思源 メディアの仕掛人、徳間康快』(金曜日)など。
佐高 信の「一人一話」
歴史は人によってつくられる。ときに説明しがたい人間模様、ふとした人の心の機微が歴史を変える。経済、政治、法律、教育、文化と幅広い分野にわたって、評論活動を続けてきた佐高 信氏が、その交遊録から、歴史を彩った人々の知られざる一面に光をあてる。

細川護煕と出会い日本新党から出馬

 小池は最初、細川護煕がつくった日本新党から出馬したが、彼女を政治の世界に引き寄せたのは『朝日新聞』のアフリカ記者として鳴らし、『朝日 ジャーナル』の編集長もした伊藤正孝だった。小池はカイロ大学を出ている。そんな縁で伊藤と知り合ったが、伊藤は『朝日』の鹿児島支局で細川と一緒だっ た。伊藤の方が先輩である。

 「細川と会ってくれないか」

 トルコ風呂改称運動やエチオピア旅行、それに日本アラブ協会の再生などで、ずいぶんと世話になった伊藤に頼まれ、細川と会った小池は、そのまま、参議院議員への道を走り出すことになる。

 考えあぐねて、ついに決意したことを夜更けの電話で伝えると、伊藤は、「ホッホー、そうか。やってくれるかあ。アッハーハーッ」と笑ったという。

 その伊藤に小池は「製造物責任はとってくれますね」と念を押し、それから、迷った時には何度も夜中に電話をしてアドバイスを求めた。

 伊藤は1995年に58歳で亡くなった。

 多分、伊藤は細川と小池の“蜜月時代”しか知らずに逝ったはずである。亀裂後に相談したら、伊藤は何と言っただろうか。

 「損失補填を受けた局に取材に行きました」

 私は小池がテレビ東京の「ワールド・ビジネス・サテライト」のキャスターをしていた時、何度か会った。なかなかにスルドイことを言う。

 証券スキャンダル発覚の渦中に、一晩でテレビ朝日、テレビ東京、そしてTBSをまわる羽目になったことがあった。彼女の番組を中座してTBSに行った。

 あとでVTRを見たら、彼女は、「サタカさんは損失補填を受けた局に取材に行きました」などと言っていた。

『サンサーラ』の対談をした後に、彼女は衆議院に移ることになったわけだが、その選挙戦が始まろうとする時に、彼女の秘書から電話が来た。

 「応援してもらえないか」というのである。のちに紹介する私の日本新党批判はまったく彼女に通じなかったらしい。

 私はムッとしながら、同じ選挙区からは誰が立つのか尋ねてしまった。その時点では知らなかったからである。

 「土井たか子さん」

 「それじゃダメだ」

 その前に、日本新党の彼女を応援できるか、と断ればいいのに、いつのまにか同じ選挙区からはと聞いてしまう自分の甘さに、電話を切った後で歯がみ した。しかし、彼女はもちろん、秘書もなかなかにしたたかで、そこまで引っ張られてしまうのである。多分、彼女は私が隠れもなき土井シンパであることを 知っていて頼んできたに違いない。

 私は対談で「新しい政治家募集」という日本新党の広告を問題にした。

 「闇献金を受け取らない人、堂々と嘘をつけない人、暴力団と関わりのない人、政治は力・力は数と思わない人……」など8つほどのスローガンが掲げ られているが、半分に「ない」がついていて、ないないづくしではないか。そう尋ねると小池は苦笑いしながら、「そうですか?私たちは既成政治の否定から始 まったので、どうしても『ない』になっちゃうんですよ……」と答えた。

 「小池さん、こういうの好み?」と追及すると、彼女はとまどいつつ、「うーん。でも『政策がない』とか『やる気がない』というようなことは書いて いないでしょう……」と受けたので、「いや、そこまでは言ってないよ、俺は。でも、そういうのは問わず語りと言うんだよね」と決めつけると、彼女は、「だ から、『ない』の種類が違うんですよ……」と逃げた。

逃げ巧者・小池は都知事選で一番になれるか

 あれから二十余年。小池の逃げ方はもっと巧みになっただろう。

 当時、小池は国会議員になって楽しいと言った。時代の変わり目、その変化を肌で感じるからだという。

 「とにかくエキサイティングでクリエイティブですよ。もっとも収入が激減してヒーヒー言ってますけど」と笑った。

 「そんなに激減した。今は清貧なんだ」と受けると、彼女はこう告白したのである。

 「イエス。でも私は『政治改革モルモット』なんです。月々どれくらいかかるのか、みんなに知ってもらおうと思っているんです。何をして、どういう ことにお金がかかって、またどういうことをもっとしたいのかを発信したい。今は政治家の自業自得というか、ギュウギュウギュウギュウしめつけばっかりで しょ?やっぱりお金がかかるところはかかります。電話代だって人を雇ったって、お金がかかるんだもの」

 そんな彼女に、「どう、日本新党でいけそう?」と尋ねたら、「ええ、おもしろいと思います」と答えていたのだが、彼女はまもなく、細川と別れて、小沢一郎の側近となる。

 そして、山口敏夫の息子の結婚式で、小沢と一緒に「瀬戸の花嫁」をデュエットしたのである。

 ♪若いと誰もが、心配するけれど

 忘れられた政治家の山口も今回、都知事に立候補するのだから、縁は異なものと言うべきだろう。

 細川、小沢、そして小泉純一郎と名だたる男たちの小池はブレーンとなった。側近の女と書くと別の意味になるが、その処世術には舌を巻く。もちろ ん、政党も渡り歩いた彼女に私は、「私はいま、どこの党かと秘書に聞き」という川柳を引いて皮肉ったこともある。しかし、ひとつの能力というか、才能では あるだろう。

 2010年春、小池は自民党の広報本部長のまま、参院選対本部の本部長代理になった。野党だった自民党の総裁は谷垣禎一。

 小池は自民党らしくないもの、自民党の匂いのしないものがいいとして、キャッチコピーを「いちばん」にした。

 今度、彼女は都知事選で一番になれるだろうか?傍線引用:吉田祐起

ヨシダブログ来 比以来、お恥ずかしいながら、国勢選挙は棄権を余儀なくする身。ゆえに、本記事へのブログをする資格もないことを自覚してのこと。フェミニストを自負する (?)ヨシダは小池さんに声援を送ります!なにせ、母国ニッポンは男尊女卑が伝統できただけに、女性の社会進出は先進国の名に劣ります▼本記事ブログの添 付資料は編集者の勝手気ままの選択かつ、順不同ですので、誤解のありませんように・・・。本記事筆者の佐高信先生はヨシダがファンとするご人物。添付写真が多いので、同先生のそれは遠慮しました。ハイ、記事内ではチャンと掲載しています。折をみて、著書関連も含める「著者プロフィール」を作成するつもりです。写真23枚添付ファイル
 関連画像「都知事選 候補者 2016」の画像検索結果「都知事選 候補者 2016」の画像検索結果関連画像
  「都知事選 候補者 2016」の画像検索結果「都知事選 候補者 2016」の画像検索結果「都知事選 候補者 2016」の画像検索結果関連画像
  「都知事選 候補者 2016」の画像検索結果「都知事選 候補者 2016」の画像検索結果
 「都知事選 候補者 2016」の画像検索結果「都知事選 候補者 2016」の画像検索結果
            「都知事選 候補者 2016」の画像検索結果「magazine, The Samsara,」の画像検索結果「苛めないでね!」の画像検索結果  
     「Theresa Mary May "brexit is brexit"」の画像検索結果 「世界の著名な女性政治家」の画像検索結果「世界の著名な女性政治家」の画像検索結果「世界の著名な女性政治家」の画像検索結果 「世界の著名な女性政治家」の画像検索結果  「世界の著名な女性政治家」の画像検索結果「世界の著名な女性政治家」の画像検索結果「世界の著名な女性政治家」の画像検索結果 Etc.....
                          (Back to TOP)