(Back to TOP)
                               インタネット情報&ヨシダブログ                      
   このコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものでして、取材源は40前後に及ぶ新聞・経済誌・受信メルマガ等々でしたが、最近に至り、経済誌が主流になっています▼多くの記事を編 集しつつ、「ヨシダブログ」と称してヨシダが感じることを誰憚らず自由闊達に記述(ブログ)することにしているものでして、その編集の在り方は独特のものと自負しています▼なお、開設以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグー グル検索で取得して添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。▼過去のものはすべて、「インタネット情報&ヨシダブログ」に収録しています。ご覧のように、本日現在でNo.6650件に到達しました!ヨシダブログだけでも単行本に換算した10冊以上になるほどのボリュームです。と、他愛もないことでガッツしている85歳編集長です▼おって、取材源記事においては、当該写真が「当日の当該記事」こ限ってのものもあり、編集掲載後日にクリックすると消滅する場合がありますのでご諒承ください。一旦、グーグル掲載されたものは「公開されたもの」となるためか、消滅しませんので、可能な限りにそのステップを踏んだ写真を青文字編集コラムに入れています▼添付写真資料の中に混じって「文字画像」を最近使用しています「きょうのできごと」編集で生じたニーズですが、本コラムでも利用します。もっとも、その殆どは日本語ではなく」英語です。日本語では全く出てきません。グーグル社がアメリカ生まれだけに、日英語版の格差といったところと理解しています。

                       2017年1月1日記        
                        編集者:吉田祐起   
 
               No.6701-6900」(2017.1.31.-2017.   )
            

反移民政策により内外からの批判を浴びるトランプ新大統領だが、その波紋は一族のビジネスにも影響を及ぼしている。米大手百貨店ノードストロームが2月に入り突然「イバンカ・トランプ・コレクション」の扱いを取りやめた。これに対しトランプ大統領はツイッターで「娘のイバンカは極めて不公平な扱いを受けている。ひどい!」と応酬。ドロ沼の戦いの様相を呈してきた。

イバンカブランド窮地 大統領一族は副業を続けるか

土方細秩子 / フリーライター

反移民政策により内外からの批判を浴びるトランプ新大統領だが、その波紋は一族のビジネスにも影響を及ぼしている。米大手百貨店ノードストロームが2月に入り突然「イバンカ・トランプ・コレクション」の扱いを取りやめた。これに対しトランプ大統領はツイッターで「娘のイバンカは極めて不公平な扱いを受けている。ひどい!」と応酬。ドロ沼の戦いの様相を呈してきた。

   
日本派遣前の最終オリエンテーションを受ける研修生=8日午前11時ごろ、首都圏マニラ市のマグサイサイ・センター・フォー・ホスピタリティ・アンド・クリナリー・アーツで加藤昌平撮影

 日本の改正国家戦略特区法で認められた外国人家事代行サービス受け入れ事業に従事する、家事支援人材の第1陣が9日午前、日本に向けて出発する。人材派遣大手パソナが受け入れる25人で、日本で2週間の座学研修や、実務研修を経て、4月ごろから神奈川県で業務を開始する。

 「あなたたちはプロの家政婦です。誇りを持ってください」

 8日、フィリピンでの研修を請け負ったマグサイサイ・グローバル・サービス社が運営する首都圏マニラ市の研修施設で、ジェイ・フェルナンド同社副社長があいさつすると、日本に派遣される25人の研修生たちは真剣な表情をつくった。この日、行われた最後のオリエンテーションでは、業務で心掛けることや日本でのマナー、基本的な業務規定などについて講義が行われた。講師は「プロフェッショナル」「パイオニア」といった言葉を意識的に使い、研修生たちを奮い立たせた。

 外国人家事代行サービス受け入れ事業は、安倍政権が力を入れる「女性の活躍促進」を目的に、2015年の改正特区法で認められた。これを受け、神奈川県、東京都、大阪市が国際戦略特別区として受け入れを解禁。3地域で計6社が受け入れ先として認定された。

 他社が受け入れる人材も、手続きが終わり次第、順次日本へ出発する。

 パソナやマグサイサイ社によると、比での研修は2カ月半。受け入れ自治体が定めた条件を満たすため、日本語と実技の研修を計400時間実施した。実技研修では、畳敷きの部屋など日本の一般家庭を模した研修室をつくり、洗濯機や冷蔵庫、食器、洗剤といった日用品もすべて日本製の製品を用意。日本での生活をほぼ完璧に再現した。

 パソナは、マグサイサイ社が候補者200人からあらかじめ選んだ50人に対して比で最終面接を実施。実務経験や語学力、コミュニケーション能力を重視して28人まで絞った。うち3人は辞退したが、残りの研修生はすべて、最終的に日本へ派遣されることとなった。最終面接に同席したパソナの澤藤真紀子ハウスキーピングユニット・マネージャーは「みなさん素直で陽気、プロフェッショナルな方たちばかり」と期待を寄せた。日本の顧客からは好意的な反応を得ているという。

 第1陣で渡航するロザリー・アミラさん(33)=ビサヤ地方ボホール州シエラブリオネス町=は「仕事に専念し、ベストを尽くします」と意気込みを語った。(加藤昌平)(傍線引用:吉田祐起)

ヨシダブログ:フィリピンという国を終の棲家として現在に至るヨシダの心情は横に置いといて・・・のこと。「取り合えず関連画像を選択して掲載します。ブログは後回し!って気分。少しでも早くにフィリピン女性の魅力を知っていただきたい一心からです・・・」とは、本記事の持つ深い意義を評価して予定する添付画像を編集したのを機に「仮掲載(編集中)」としたものです▼ダイアリーにもブログしていますが、英語の大好きなヨシダだったら、英語が彼女らの第二国語であるだけに、介護しながら会話を楽しんでもらえるんだぞ~!ってもの▼家族も絶好の英会話機会とうけとめ、「ちょっと、私(僕)を相手にして話して・・・。後は当方た年寄りの面倒を看ますから・・・」といった場面も想像されるでしょう(笑)▼日本人女性と比べて云々は同胞女性に失礼ですが、お愛嬌や仕草や表情等々はカノジョらが上手ですよ!フィリピンの国民性のひとは「ホスピタリティー(親切心)」であるからです。無表情な大和撫子より、ニコッと笑ってハギングする国民性のほうがイイでっせ・・・とはヨシダの皮肉です(シツレイ!)▼・・・と、まだまだブログしたいのが編集者の心境。でも、イイ加減にしときます。鼻の下が長~いぞ~、というお叱りを意識するからです(笑)。写真33枚添付ファイル)(56.74KB)
 「外国人家事代行  第1陣の25人が9日、日本へ向けて出発。4月にも神奈川県で業務開始」の画像検索結果      「外国人家事代行  」の画像検索結果   「外国人家事代行」の画像検索結果   「外国人家事代行」の画像検索結果
     「外国人家事代行」の画像検索結果               関連画像「外国人家事代行」の画像検索結果
 「外国人家事代行」の画像検索結果「外国人家事代行  」の画像検索結果「外国人家事代行」の画像検索結果
  「外国人家事代行」の画像検索結果関連画像「外国人家事代行」の画像検索結果             「外国人家事代行  」の画像検索結果
         関連画像    関連画像「外国人家事代行  」の画像検索結果  「外国人家事代行  」の画像検索結果
               「外国人家事代行  」の画像検索結果      関連画像 「外国人家事代行  」の画像検索結果
   「外国人家事代行  」の画像検索結果 「外国人家事代行  」の画像検索結果「外国人家事代行  」の画像検索結果     関連画像
    「外国人家事代行」の画像検索結果     「外国人家事代行」の画像検索結果       関連画像
  「外国人家事代行」の画像検索結果「外国人家事代行  」の画像検索結果「外国人家事代行  」の画像検索結果     「外国人家事代行  」の画像検索結果         「外国人家事代行  」の画像検索結果

    
                                           (Back to TOP)