(Back to TOP)
                               インタネット情報&ヨシダブログ                      
   このコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものでして、取材源は40前後に及ぶ新聞・経済誌・受信メルマガ等々でしたが、最近に至り、経済誌が主流になっています▼多くの記事を編 集しつつ、「ヨシダブログ」と称してヨシダが感じることを誰憚らず自由闊達に記述(ブログ)することにしているものでして、その編集の在り方は独特のものと自負しています▼なお、開設以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグー グル検索で取得して添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。▼過去のものはすべて、「インタネット情報&ヨシダブログ」に収録しています。ご覧のように、本日現在でNo.6650件に到達しました!ヨシダブログだけでも単行本に換算した10冊以上になるほどのボリュームです。と、他愛もないことでガッツしている85歳編集長です▼おって、取材源記事においては、当該写真が「当日の当該記事」こ限ってのものもあり、編集掲載後日にクリックすると消滅する場合がありますのでご諒承ください。一旦、グーグル掲載されたものは「公開されたもの」となるためか、消滅しませんので、可能な限りにそのステップを踏んだ写真を青文字編集コラムに入れています▼添付写真資料の中に混じって「文字画像」を最近使用しています「きょうのできごと」編集で生じたニーズですが、本コラムでも利用します。もっとも、その殆どは日本語ではなく」英語です。日本語では全く出てきません。グーグル社がアメリカ生まれだけに、日英語版の格差といったところと理解しています。

                       2017年1月1日記        
                        編集者:吉田祐起   
 
               No.6701-6900」(2017.1.31.-2017.   )
            

反移民政策により内外からの批判を浴びるトランプ新大統領だが、その波紋は一族のビジネスにも影響を及ぼしている。米大手百貨店ノードストロームが2月に入り突然「イバンカ・トランプ・コレクション」の扱いを取りやめた。これに対しトランプ大統領はツイッターで「娘のイバンカは極めて不公平な扱いを受けている。ひどい!」と応酬。ドロ沼の戦いの様相を呈してきた。

イバンカブランド窮地 大統領一族は副業を続けるか

土方細秩子 / フリーライター

反移民政策により内外からの批判を浴びるトランプ新大統領だが、その波紋は一族のビジネスにも影響を及ぼしている。米大手百貨店ノードストロームが2月に入り突然「イバンカ・トランプ・コレクション」の扱いを取りやめた。これに対しトランプ大統領はツイッターで「娘のイバンカは極めて不公平な扱いを受けている。ひどい!」と応酬。ドロ沼の戦いの様相を呈してきた。

                     3月7日、英上院は欧州連合(EU)離脱を通知する権限をメイ首相に与える法案に追加条件を加える修正案を賛成366、反対268で可決した。3日撮影(2017年 ロイター/Russell Cheyne)
                      Photo by Ryosuke Shimizu

[ロンドン 7日 ロイター] - 英上院は7日、欧州連合(EU)離脱を通知する権限をメイ首相に与える法案に追加条件を加える修正案を賛成366、反対268で可決した。メイ首相は交渉を進める上で政府の手足を縛らないよう求めていたが、要請は無視された格好。

修正案では、離脱協議の最終合意案を拒否する一段の権限を議会に認める。合意案を欧州議会で審議する前に英議会が承認することを求めたほか、協議が決裂した場合には、合意なく交渉を離脱することを英議会が承認する必要がある。

デービス離脱担当相は、政府は法案が下院に提出された際に修正を覆す構えだと述べた

英政府はすでに離脱交渉の最終合意案を議会採決にかける方針を示しているが、交渉におけるメイ首相の能力を制限すれば、EU側は英議会が反対して離脱計画が頓挫することを期待し、悪い条件を提示すると懸念している。

メイ首相はこれまで、悪い条件をのむよりは合意なしの方が望ましいとの考えを示しているが、上院の案が法制化されれば、議会の承認なしではできなくなる。
傍線引用:吉田祐起

ヨシダブログ:EUの「会則」はン千人(?)規模の事務局のプロ集団高級官僚が英知を絞って作成したという「数1千ページ」に及ぶという膨大なもの。並みのことでその膨大な規則を潜り抜けて脱会することはできないように仕組んだものとも思えるもの。と、皮肉なブログするのは当初から否定的な考えを抱いたヨシダの弁▼どうやら、ひと波乱やふた波乱が起きそうな感じです。少なくとも国民の欲求不満は何らかの形で「蓄積」されるでしょう。その延長線上に・・・と、ま、不吉な想像はしますまい・・・▼添付資料の選択肢は編集者の特権(?)って気分で編集しました。お許しのほど・・・。深刻な時でもユーモア・センスを忘れる勿れ、です。(写真11枚添付ファイル)(57.71KB)
  「英上院、EU離脱交渉の修正法案可決 メイ首相に打撃 」の画像検索結果   関連画像「smile word」の画像検索結果「?」の画像検索結果          「メイ首相に打撃」の画像検索結果
   「EU rule law」の画像検索結果「laugh」の画像検索結果  「how many pages?」の画像検索結果「EU rule」の画像検索結果「EU rule」の画像検索結果    「EU rule」の画像検索結果

                                           (Back to TOP)