(Back to TOP)
                               インタネット情報&ヨシダブログ                      
   このコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものでして、取材源は40前後に及ぶ新聞・経済誌・受信メルマガ等々でしたが、最近に至り、経済誌が主流になっています▼多くの記事を編 集しつつ、「ヨシダブログ」と称してヨシダが感じることを誰憚らず自由闊達に記述(ブログ)することにしているものでして、その編集の在り方は独特のものと自負しています▼なお、開設以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグー グル検索で取得して添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。▼過去のものはすべて、「インタネット情報&ヨシダブログ」に収録しています。ご覧のように、本日現在でNo.6650件に到達しました!ヨシダブログだけでも単行本に換算した10冊以上になるほどのボリュームです。と、他愛もないことでガッツしている85歳編集長です▼おって、取材源記事においては、当該写真が「当日の当該記事」こ限ってのものもあり、編集掲載後日にクリックすると消滅する場合がありますのでご諒承ください。一旦、グーグル掲載されたものは「公開されたもの」となるためか、消滅しませんので、可能な限りにそのステップを踏んだ写真を青文字編集コラムに入れています▼添付写真資料の中に混じって「文字画像」を最近使用しています「きょうのできごと」編集で生じたニーズですが、本コラムでも利用します。もっとも、その殆どは日本語ではなく」英語です。日本語では全く出てきません。グーグル社がアメリカ生まれだけに、日英語版の格差といったところと理解しています。

                       2017年1月1日記        
                        編集者:吉田祐起   
 
               No.6701-6900」(2017.1.31.-2017.   )
            

反移民政策により内外からの批判を浴びるトランプ新大統領だが、その波紋は一族のビジネスにも影響を及ぼしている。米大手百貨店ノードストロームが2月に入り突然「イバンカ・トランプ・コレクション」の扱いを取りやめた。これに対しトランプ大統領はツイッターで「娘のイバンカは極めて不公平な扱いを受けている。ひどい!」と応酬。ドロ沼の戦いの様相を呈してきた。

イバンカブランド窮地 大統領一族は副業を続けるか

土方細秩子 / フリーライター

反移民政策により内外からの批判を浴びるトランプ新大統領だが、その波紋は一族のビジネスにも影響を及ぼしている。米大手百貨店ノードストロームが2月に入り突然「イバンカ・トランプ・コレクション」の扱いを取りやめた。これに対しトランプ大統領はツイッターで「娘のイバンカは極めて不公平な扱いを受けている。ひどい!」と応酬。ドロ沼の戦いの様相を呈してきた。

No.6761
VW、初の自動運転コンセプト車を公開 ハンドル無し
日本経済新聞2017.3.7.

 【ジュネーブ=加藤貴行】独フォルクスワーゲン(VW)は6日、グループ初の自動運転車のコンセプト車「セドリック」を初公開した。あらゆる状況で自動運転ができる「レベル5」を想定した。マティアス・ミュラー社長は同日、今後数年間で自動運転分野に数十億ユーロ(数千億円)を投じ、社内外の人材を集中的に配置する考えを示した。   

                 「VW、初の自動運転コンセプト車を公開 ハンドル無し」の画像検索結果            
             VW初の自動運転コンセプト車「セドリック」=同社提供

 ジュネーブ国際自動車ショーの開幕前日の自社イベントで公開した。セドリックは「セルフ・ドライビング・カー」の略。ドライバーが不在のレベル5であるため、ハンドルやペダル、コックピットがない。電気自動車(EV)で常にネット接続するのも特徴で、ライドシェア(相乗り)での利用も見込む。

 ミュラー社長は自動運転に関し「技術の将来性と長期にわたる革命的な可能性を信じている」と指摘。投資を重点的に振り向け、社外の専門家を招いたり、グループのノウハウを共有したりする方針を示した。VWはグループの各ブランドの特性にあわせた自動運転のモデルを順次公表しながら、早期の販売をめざす。

 VW幹部は昨秋のパリ国際自動車ショーでEVのコンセプト車を発表した際、EV専用の車台や主要部品を共通化したプラットフォームが自動運転に対応できると表明。車を動かす主役がエンジンから電池に切り替わり、余ったスペースで自動運転の関連機器も収容できる利点を生かすとしていた。約半年で自動運転のコンセプト車の披露までこぎ着けた。

 VWは単なる自動車の販売にとどまらず、人の移動全般にかかわるモビリティーサービスまで収益機会を広げる方針を示している。自動運転車はその中核に位置づけられる。           傍線引用:吉田祐起

ヨシダブログ: 人間の力、極まれり!って感じです!「ハンドル無しのクルマ」って、完全自動化もイイところ。直感的に想ったことは、この調子でいったら、人類は全ての商品を完全自動化して「人力生産」は無くなる!という将来像。地球人口は暴発の一途。・・・とすると・・・??▼話を戻してのこと。ヨシダはポリオで脚が不自由なことから、左側通行では運転台の乗り降り都合で左ハンドル(外車)が安全、という「解釈」で、早くから「ガイシャ党」でした▼ブログが飛びますが、「英語版きょうのできごと」という新コラムを思い付いた根本の動機はほかならぬ、「ヨシダのガイシャ趣向」。おっと、そこに至ることは早世した親父(祐一)が若くにして開業したタクシー業。クルマ道楽で当時のシロクロ写真の親父がパイロットのヘルメットみたいなものを被って、長いノーズのオープンカーのハンドルを握っていてる写真を子供心に覚えています▼ちなみに、そのコラムは現在は120編に至るものですが、その第一発をリンクしてご参考に供します。無論、英語ですが、ヨシダの英語力欠点あら探しをするつもりでクリックしてご覧になりませんか?「No.1: A Short Story of Yoshida's Car Life in Japan(Oct.2, 2016) 」がそれです▼この際ですので、ヨシダの遊び心のお許しをいただいて、ヨシダが愛した「ガイシャ歴写真」を添付します。ヨシダの遊び心をお許しのほど・・・・▼蛇足の追ブロをひとつ。親父は広島県で最初の運転免許取得。道楽気分でタクシー業開業。歴代広島市長のお気に入りで専用車みたいなことだったことからのこと。ある市長の「ヨシダ君、タクシー業を止めて市長専用車ドライバーにならんか・・」に誘われてのこと。被爆でジエンドになるまでに、5,6人の市長に仕えたものでした。クルマの修理に関しては大坂から派遣される専門技術者が舌を巻いたとか。その血を受けた長男・祐起だけに、早くから自営業化した職人人生では3つの実用新案特許を取得したものです▼・・・と、まあ、そんな郷愁もあって、ご覧のようなコラム記事を編集した次第です。 写真20枚添付ファイル)(105.39KB)
  「The day before」の画像検索結果   「2017 juneve international motorshow」の画像検索結果「disclosed」の画像検索結果  「VW、初の自動運転コンセプト車を公開 ハンドル無し」の画像検索結果
 「2016」の画像検索結果            「2016 international motor show」の画像検索結果   「VWのミュラーCEO」の画像検索結果    「昨秋のパリ国際自動車ショー」の画像検索結果
  http://www.a-bombsurvivor.com/yoshidaphoto.jpg「love cars」の画像検索結果  「初期のトヨペット・クラウン」の画像検索結果  「初期のセドリック」の画像検索結果「初期のデボネア」の画像検索結果   
    「初期のオペル・レコード」の画像検索結果     「opel commodore green color」の画像検索結果       「opel commodore」の画像検索結果   「opel commodore」の画像検索結果
                  「ford taurus」の画像検索結果 「german car golf」の画像検索結果  「シボレー タホ」の画像検索結果   

                                           (Back to TOP)