(Back to TOP)
                               インタネット情報&ヨシダブログ                      
   このコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものでして、取材源は40前後に及ぶ新聞・経済誌・受信メルマガ等々でしたが、最近に至り、経済誌が主流になっています▼多くの記事を編 集しつつ、「ヨシダブログ」と称してヨシダが感じることを誰憚らず自由闊達に記述(ブログ)することにしているものでして、その編集の在り方は独特のものと自負しています▼なお、開設以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグー グル検索で取得して添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。▼過去のものはすべて、「インタネット情報&ヨシダブログ」に収録しています。ご覧のように、本日現在でNo.6650件に到達しました!ヨシダブログだけでも単行本に換算した10冊以上になるほどのボリュームです。と、他愛もないことでガッツしている85歳編集長です▼おって、取材源記事においては、当該写真が「当日の当該記事」こ限ってのものもあり、編集掲載後日にクリックすると消滅する場合がありますのでご諒承ください。一旦、グーグル掲載されたものは「公開されたもの」となるためか、消滅しませんので、可能な限りにそのステップを踏んだ写真を青文字編集コラムに入れています▼添付写真資料の中に混じって「文字画像」を最近使用しています「きょうのできごと」編集で生じたニーズですが、本コラムでも利用します。もっとも、その殆どは日本語ではなく」英語です。日本語では全く出てきません。グーグル社がアメリカ生まれだけに、日英語版の格差といったところと理解しています。

                       2017年1月1日記        
                        編集者:吉田祐起   
 
               No.6701-6900」(2017.1.31.-2017.   )
            

反移民政策により内外からの批判を浴びるトランプ新大統領だが、その波紋は一族のビジネスにも影響を及ぼしている。米大手百貨店ノードストロームが2月に入り突然「イバンカ・トランプ・コレクション」の扱いを取りやめた。これに対しトランプ大統領はツイッターで「娘のイバンカは極めて不公平な扱いを受けている。ひどい!」と応酬。ドロ沼の戦いの様相を呈してきた。

イバンカブランド窮地 大統領一族は副業を続けるか

土方細秩子 / フリーライター

反移民政策により内外からの批判を浴びるトランプ新大統領だが、その波紋は一族のビジネスにも影響を及ぼしている。米大手百貨店ノードストロームが2月に入り突然「イバンカ・トランプ・コレクション」の扱いを取りやめた。これに対しトランプ大統領はツイッターで「娘のイバンカは極めて不公平な扱いを受けている。ひどい!」と応酬。ドロ沼の戦いの様相を呈してきた。

No.6759
「老いても進化する脳」が人生100年時代には求められる【特別対談「脳科学×アンチエイジング」】
DIAMOND Online2017.3.6.精神科医・久賀谷亮氏:抗加齢医学・専門家・白澤卓二氏対談
            
最高の休息法』著者で精神科医の久賀谷亮氏と、抗加齢医学の専門家・白澤卓二氏による対談の第2回。人間の寿命が延びていく中、私たちにはどんな新たな課題が立ち現れてくるのだろうか?(構成/前田浩弥 撮影/宇佐見利明) 

■「老後をどう生きるか」に迷う人が増えている
                    
               白澤 卓二(しらさわ・たくじ)医学博士。
千葉大学医学部卒業、同大学大学院医学研究科修了。
順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授などを経て、白澤抗加齢医学研究所所長、お茶の水健康長寿クリニック院長、米国ミシガン大学医学部神経学客員教授、日本ファンクショナルダイエット協会理事長、日本アンチエイジングフード協会理事長。専門は寿命制御遺伝子の分子遺伝学、アルツハイマー病の分子生物学など。著書に『100歳までボケない101の方法―脳とこころのアンチエイジング』(文春新書)、『腸を元気にしたいなら発酵食を食べなさい』(河出書房新社)など多数。

【久賀谷亮(以下、久賀谷)】私が精神科医として、高齢の患者さんのお話を聞いていると、寿命が伸びて人生が長くなった半面、これからどう生きていったらいいかという羅針盤を失っている人が多くいると感じます。40歳以上の人は、いずれやってくる老後に向けて、どのように生きていくのがよいのでしょうか?「心の持ち方」についてアドバイスがあったら教えてください。

【白澤卓二(以下、白澤)】「長い老後をどう生きていいのかわからない」という人が増えているのは、生物学的な問題ではなく、社会がロールモデルをつくれていないことが問題だと私は考えています。
ひとつ例を挙げると、2013年、80歳でエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎さんは、同年代の人にとって大きなロールモデルとなりました。
三浦雄一郎さんがエベレストの登頂に成功したテレビニュースを、80歳の視聴者が見て、「自分と同じ年齢の人がエベレストに成功したのか。それに比べて自分は、部屋でぬくぬくとテレビを見て時間を過ごしている。これではいけない!」と思い立ち、トレッキングをはじめたという事例はかなりあるんです。
エベレストには登れないまでも、電車で高尾山に行って、山に登り始める。これは「メンタル」の変化ひとつですよね。このような「高齢期でもこれだけできる」というロールモデルを、社会はどんどんつくるべきだと思うんです。

【久賀谷】たしかに。とても共感します。
                     
                    久賀谷 亮(くがや・あきら)
医師(日・米医師免許)/医学博士(PhD/MD)。イェール大学医学部精神神経科卒業。アメリカ神経精神医学会認定医。アメリカ精神医学会会員。日本で臨床および精神薬理の研究に取り組んだあと、イェール大学で先端脳科学研究に携わり、臨床医としてアメリカ屈指の精神医療の現場に8年間にわたり従事する。そのほか、ロングビーチ・メンタルクリニック常勤医、ハーバーUCLA非常勤医など。2010年、ロサンゼルスにて「TransHope Medical」を開業。同院長として、マインドフルネス認知療法やTMS磁気治療など、最先端の治療を取り入れた診療を展開中。臨床医として日米で25年以上のキャリアを持つ。脳科学や薬物療法の研究分野では、2年連続で「Lustman Award」(イェール大学精神医学関連の学術賞)、「NARSAD Young Investigator Grant」(神経生物学の優秀若手研究者向け賞)を受賞。主著・共著合わせて50以上の論文があるほか、学会発表も多数。趣味はトライアスロン。著書に『世界のエリートがやっている最高の休息法』(ダイヤモンド社)がある。

【白澤】私たち日本の医師にとっては、日野原重明先生が強力なロールモデルとなっています。「自分が100歳の誕生日を迎えるときにも、このように現役でありたい」と思える。これは長くなった寿命を全うするために、とても重要なメンタリティです。
現実としてこれだけ寿命が伸びてきているわけですから、今こそ国を挙げて、老後の人生設計が前向きにできるような、精神的なロールモデルをつくるべきだと思います。

【久賀谷】老いていく原因は、遺伝子レベルでの寿命や体内の臓器の衰えだけではない。自らのメンタルによって老いていく部分もある。しかしメンタルの部分は自分たちで改善することができる、と。白澤先生がおっしゃることは、とても大事なメッセージだと思います。

【白澤】それなのに、日本政府は現状、そのロールモデルをあまり示せていないんですよね。気にしているのは、高齢者医療費が何割負担になるとか、高齢者1人の年金を国民何人が負担するとか、そういう「数の問題」ばかりで、いつまでも働けることの素晴らしさや、年をとっても元気に動けることへの喜びといった「メンタルの問題」を全然打ち出していません。実際、日野原先生のように、100歳を超えてもなおメンタリティを向上させている人の存在を、政府はもっと発信していくべきだと考えています。

【久賀谷】いま、政府は「働き方改革」を打ち出して、高齢者の就労機会をつくろうと動きはじめていますが、現実はまだまだ追いついていないといったところでしょうか。

【白澤】そう感じます。選挙戦になると「介護問題にしっかり取り組みます」とか、そういうリップサービスが飛び交っていますが、「高齢者が生き生きと、いつまでも働ける社会をつくります」と宣言している政党はないんですよね。そのために、「長い老後をどう生きていいのかわからない」と迷う人が増えてきてしまっているのだと感じます。

              

■年をとるごとに進化する脳の機能とは?

【久賀谷】元気なお年寄りが増えたとはいえ、「老いる」ということ自体についてはまだまだネガティブなイメージがあります。そのために、アンチエイジングに興味を持つ人が多く、みんなが白澤先生のお話を聞きたいと考えているんだと思います。
その中で、白澤先生が「老いる」ということをポジティブにとらえるとしたら、どのようなところがありますか?

【白澤】現実問題として、記憶力は45歳くらいから落ちてきます。認知機能の検査結果を見ても、これは誰にも逆らえないことです。
しかし一方で、50歳になっても60歳になっても、仕事では現役バリバリという人がいます。このような人たちは、脳の中の「経験」を活かすプロセスが発達しているのです。専門的には「結晶性知能」といわれている部分です。
医師をはじめ、世の中には、経験を積めば積むほどパフォーマンスが上がる職業が多くあります。記憶力は衰えても、その分、積んだ経験を活かす機能が発達しているから、全体のパフォーマンスとしては年をとったほうが高くなるということが多くあります。

              

【久賀谷】「熟練の技」は脳にも宿るんですね。

【白澤】その通りです。瀬戸内寂聴さんは、94歳になった今でも、書き下ろしの小説を書いてるんですよね。これはすごいことです。曾野綾子さんも85歳ですが、バリバリの現役です。
この姿を見て、62歳の林真理子さんは「私もあと30年は書ける。今はおばさんの小説が売れる時代だ!」なんて燃えている。これが理想の姿です。

【久賀谷】なるほど。まさにロールモデルですね。

■若者はなぜ、高齢者の話を聞かなくなったのか?

【久賀谷】一般的に、若い人は、高齢の人の話を聞くことに嫌悪感を持つ人が多いように感じます。しかし白澤先生がおっしゃったように、高齢の方ならではの「熟練の技」が脳にも身についてあるのであれば、その経験や知見を、若い人はもっと積極的に聞いたほうがいいのではないかと思いはじめています。白澤先生はいかがですか?

【白澤】僕は、若い人が高齢の人の話を聞きたがらなくなった背景には、大きな「価値観の隔たり」があると考えています。単なる「ジェネレーションギャップ」ではなく、「高齢の人の話を聞くべきか否か」ということそのものについての、価値観の隔たりです。この乖離があるうちは、若い人に「高齢の人の話を聞きなさい」というのは、なかなか難しいのではないでしょうか。

              

【久賀谷】「高齢の人の話を聞くべきか否か」ということそのものについての価値観の隔たり、ですか。詳しく教えてください。

【白澤】私は、若い人と高齢の人の間に隔たりをつくったひとつの大きなきっかけは、「敗戦」にあると考えています。
敗戦をきっかけに、教育はガラッと変わり、食べ物もアメリカ由来のものが多く入りました。それまでの「縦断的な価値観」は途切れ、「横断的な価値観」が生まれたんです。

                  

【久賀谷】どういうことでしょうか?

【白澤】明治時代や大正時代、そして昭和の戦前は、たとえばある女性がお嫁に行ったときには、おばあちゃんがつくっていた味の味噌汁をつくっていたものでした。祖母、母、自分と、味が受け継がれている。これを「縦断的な価値観」と僕は読んでいます。
男の子も、お父さんの背中を見て大人になっていった時代でした。これは現在のフランスでも根づいている光景です。パン屋さんの息子はパン屋さんになり、そのまた息子もパン屋さんになる。このように価値観が引き継がれていくんですよね。
ところが、日本の戦後は、親と違う職業を選ぶケースがかなり増えました。食べ物も、親とは違う、アメリカ由来のものを食べることが増えました。おばあちゃんがつくっていた味とは違う味の味噌汁をつくる女性が増えたんです。その女性は何を食べているかというと、「同世代の友達が食べているもの」です。つまり「横断的な価値観」に、生活のいろいろな部分が支配されているわけですね。

【久賀谷】なるほど。

【白澤】「横断的な価値観」が浸透しはじめると、必然的に「違う世代への批判」が生まれてきます。次の世代に価値観を引き継げなかった結果、「親世代・祖父母世代への批判」が生まれるのです。
現代で「横断的な価値観」が継承されている家族は、とても稀です。その珍しいケースの一つが、先ほども例に挙げた、三浦雄一郎さんのご家族でしょう。
三浦雄一郎さんは、山岳スキーヤーであった父・三浦敬三さんの背中を見て育ちました。雄一郎さんが「90歳になってもエベレストに行く」と言っているのは、父の敬三さんが99歳でモンブランを滑っているからです。それが目標になっているんです。
そして雄一郎さんの次男・豪太さんも、彼から見て祖父である敬三さんのメソッドを使ってスキーの腕を磨いてきました。さらに豪太さんも、ご自身の息子を山に連れていっていますから、かれこれ4世代、山とスキーに馴染んだ価値観を育んでいます。
彼らが専門とするジャンルは非常に特殊なので、他の人からはなかなか学べないということもあるのかもしれません。お父さんやおじいちゃんから学ぶしかない。これがまさしく、フランスでパン屋さんの息子がパン屋になったというのに近い、「縦断的な価値観」を継承している例なんですよね。
日本のほかの家族は、ほとんどが「横断的な価値観」に生きています。同級生は何をやっているのか。同級生はどういう仕事をしているのか。同級生はどういうふうに結婚したのか。同級生は子どもをどの中学に入れたのか。そのような価値観を優先します。「親が出たこの大学を選ぶ」ということはほとんどなく、「仲のいい友達がここにいくから、自分もここを選ぶ」というように、横断的な価値観で判断をするんです。

【久賀谷】非常に納得がいきます。
 
              

                                       

【白澤】この世代間の価値観の断裂はやはり、敗戦が大きかったんだと考えざるを得ません。
フランスは第二次世界大戦で負けませんでした。だから、パン屋さんはいまだに、100年前のパンをつくり続けることができます。農業も保護されていて、外国の小麦は入ってきませんから、自立し続けたかたちで100年前のパンをつくり続けることができます。
「敗戦が大きかった」といっても、日本はそれ以降、戦争をせず、どこに負けた経験もないのですから、もう一度「横断的な価値観」を醸成することはできるはずです。しかし、いったん「縦断的な価値観」が途切れて「横断的な価値観」が根づくと、「横断的な価値観」で育った人が親になるわけです。すると自分の子どもには、「横断的な価値観」で生きるように伝えるしかないんですよね。

【久賀谷】「私たちの時代とあなたが生きている時代は違うから、あなたの好きにしなさい」とか、「友達がやっていることを参考にしなさい」というように親が子を育てるわけですね。

【白澤】そうです。親自身、自分の親や祖父母の生き方では生きていませんから、「おれの生き方で生きろ」とか、「うちの親父はこうだったから、お前もこうなんだ」とは言えなくなってきている。だから「縦断的な価値観」をもう一度、根づかせるのは難しいんです。若い人が高齢の人の話を聞かない背景には、このような事情があると私は考えています。

【久賀谷】ちょっと寂しい話ですよね。核家族化とも関わっている問題のように感じます。

【白澤】そうですね。3世代で同じ食卓を囲むということも、今ではなかなか珍しいのではないでしょうか。
「3世代が一緒に食事をする」というのは、日常でありながらなかなか社会的なイベントで、話の仕方やマナーなど、さまざまなことが学べます。しかしその価値観が今は崩れてしまっている。
「長い老後をどう生きていいのかわからない」という悩みも、この問題と大きく関係しているんですよね。自分の祖父母の生き方をしっかり見ていないから、生き方のモデルを失うんです。
「老後のロールモデル」と「あたらしい縦断的な価値観の復活」。この2つが、これからの日本社会のカギになりますね。
(第3回に続く。次回最終回)

              

【TVで話題沸騰!】 16万部突破ベストセラー!! 売行きNo.1のマインドフルネス入門書!             何もしなくても 「脳」はどんどん疲れていく。

『世界のエリートがやっている
 最高の休息法
― 脳科学×瞑想で集中力が高まる』

イェール大で学び、米国で18年診療してきた精神科医が明かす!
科学的に正しい「脳の休め方」とは?

なぜ世界的に有名な企業や経営者・アントレプレナーたちも、「この方法」を取り入れ始めているのか? イェール大学を舞台にしたストーリーを楽しみながら、「科学的な脳の休め方」の最前線がわかる一冊!!

[Lecture 0]先端脳科学が注目する「脳の休め方」
[Lecture 1]「疲れない心」を科学的につくるには? ― 脳科学と瞑想
[Lecture 2]「疲れやすい人」の脳の習慣 ― 「いま」から目をそらさない
[Lecture 3]「自動操縦」が脳を疲弊させる ― 集中力を高める方法
[Lecture 4]脳を洗浄する「睡眠」×「瞑想」 ― やさしさのメッタ
[Lecture 5]扁桃体は抑えつけるな! ― 疲れをため込まない不安解消法
[Lecture 6]さよなら、モンキーマインド ― こうして雑念は消える
[Lecture 7]「怒りと疲れ」の意外な関係性 ― 「緊急モード」の脳科学
[Lecture 8]レジリエンスの脳科学 ― 瞑想が「折れない心」をつくる
[Lecture 9]脳から体を治す ― 副交感神経トレーニング
[Lecture 10]脳には脳の休め方がある ― 人と組織に必要な「やさしさ」

ご購入はこちら! >>>[Amazon.co.jp] [紀伊國屋書店BookWeb] [楽天ブックス]
傍線引用:吉田祐起

ヨシダブログ:本記事の「中見出し」は、■「老後をどう生きるか」に迷う人が増えている、■年をとるごとに進化する脳の機能とは?、■若者はなぜ、高齢者の話を聞かなくなったのか?・・・ですが、かくいうヨシダは冒頭の「老後をどう生きるか」には全く迷うどころか、確たる目的と理念と意義を体感して生きていますので、著者には失礼ながら、まったく無縁の書物って感じがしないでもありません。でも、ヨシダは例外としてご参考に供する次第です▼本書の中身が本記事の末尾に記されていますが、本欄でも列記してご関心をお誘いします▼「Lecture」0:先端脳科学が注目する「脳の休め方」、:「疲れない心」を科学的につくるには? ― 脳科学と瞑想、2:「疲れやすい人」の脳の習慣 ― 「いま」から目をそらさない、3:「自動操縦」が脳を疲弊させる ― 集中力を高める方法、4:脳を洗浄する「睡眠」×「瞑想」 ― やさしさのメッタ、5:扁桃体は抑えつけるな! ― 疲れをため込まない不安解消法、6:さよなら、モンキーマインド ― こうして雑念は消える、7:「怒りと疲れ」の意外な関係性 ― 「緊急モード」の脳科学、8:レジリエンスの脳科学 ― 瞑想が「折れない心」をつくる、9:脳から体を治す ― 副交感神経トレーニング、10:脳には脳の休め方がある ― 人と組織に必要な「やさしさ」・・・と続きます▼脳科学などには全く無縁無知識のヨシダですが、自然体で身につけて実践していると感じます。と、生意気なブログですが、この年齢ともなれば人生体験は相当なモンですので・・・(笑)▼(追伸)僭越ながら追記します。通算60余年、自称人生第一、第二、第三作は初期の段階で発明体験をしたヨシダの信念は「成功は常識の積み重ねなり」で始まり、長じてからは「論理的思考力」に発展しました。こうした人生体験・哲学が現在のヨシダをして、こんな具合にキーボードを叩けることになった・・・と想起します。(写真12枚添付ファイル)(52.21KB)
  「脳科学×瞑想で集中力が高まる」の画像検索結果「脳科学×瞑想で集中力が高まる」の画像検索結果
  


                                           (Back to TOP)