(Back to TOP)
                               インタネット情報&ヨシダブログ                      
   このコラムは去る2012年3月9日にある動機を得て開設したものでして、取材源は40前後に及ぶ新聞・経済誌・受信メルマガ等々でしたが、最近に至り、経済誌が主流になっています▼多くの記事を編 集しつつ、「ヨシダブログ」と称してヨシダが感じることを誰憚らず自由闊達に記述(ブログ)することにしているものでして、その編集の在り方は独特のものと自負しています▼なお、開設以来、その編集のあり方を巡って試行錯誤するなかで、記事に登場する人物や当該写真資料などをグー グル検索で取得して添付するなどしています。編集執筆者ヨシダに とって、記事を巡る歴史や文化芸術の学びの場にもなり、嬉しく感じています。▼過去のものはすべて、「インタネット情報&ヨシダブログ」に収録しています。ご覧のように、本日現在でNo.6650件に到達しました!ヨシダブログだけでも単行本に換算した10冊以上になるほどのボリュームです。と、他愛もないことでガッツしている85歳編集長です▼おって、取材源記事においては、当該写真が「当日の当該記事」こ限ってのものもあり、編集掲載後日にクリックすると消滅する場合がありますのでご諒承ください。一旦、グーグル掲載されたものは「公開されたもの」となるためか、消滅しませんので、可能な限りにそのステップを踏んだ写真を青文字編集コラムに入れています▼添付写真資料の中に混じって「文字画像」を最近使用しています「きょうのできごと」編集で生じたニーズですが、本コラムでも利用します。もっとも、その殆どは日本語ではなく」英語です。日本語では全く出てきません。グーグル社がアメリカ生まれだけに、日英語版の格差といったところと理解しています。

                       2017年1月1日記        
                        編集者:吉田祐起   

         No.6701-6900」(2017.1.31.-2017.   )
            

反移民政策により内外からの批判を浴びるトランプ新大統領だが、その波紋は一族のビジネスにも影響を及ぼしている。米大手百貨店ノードストロームが2月に入り突然「イバンカ・トランプ・コレクション」の扱いを取りやめた。これに対しトランプ大統領はツイッターで「娘のイバンカは極めて不公平な扱いを受けている。ひどい!」と応酬。ドロ沼の戦いの様相を呈してきた。

イバンカブランド窮地 大統領一族は副業を続けるか

土方細秩子 / フリーライター

反移民政策により内外からの批判を浴びるトランプ新大統領だが、その波紋は一族のビジネスにも影響を及ぼしている。米大手百貨店ノードストロームが2月に入り突然「イバンカ・トランプ・コレクション」の扱いを取りやめた。これに対しトランプ大統領はツイッターで「娘のイバンカは極めて不公平な扱いを受けている。ひどい!」と応酬。ドロ沼の戦いの様相を呈してきた。

No.6732
「人生100年時代」への対応の遅れは大問題だ 長寿国の日本こそ「マルチステージ」化が必要
東洋経済ONLINE2017.2.17.末廣 徹 :みずほ証券 シニアマーケットエコノミスト

    
       シニア世代を中心とする人材派遣会社も増えている(撮影:梅谷秀司)

                    末廣 徹
  末廣 徹(すえひろ とおる) Toru Suehiro  みずほ証券 シニアマーケットエコノミスト
2009年みずほ証券入社。2015年より現職。マクロ経済指標の計量分析や市場分析(債券ディーラーも経験)、将来予測に関する定量分析に強みを持つ。2007年立教大学理学部物理学科卒。2009年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻修了。2014年一橋大学大学院国際企業戦略研究科金融戦略・経営財務コース修了。法政大学大学院経済学研究科博士後期課程在学中。

ロンドン・ビジネススクール教授のリンダ・グラットンとアンドリュー・スコットの『Life Shift 100年時代の人生戦略』は「100年時代」(=長寿化)の生き方や考え方を議論しており、日本経済に対するインプリケーションも多い。

「2007年にアメリカやカナダ、イタリア、フランスで生まれた子どもの50%は、少なくとも104歳まで生きる見通しだ。日本の子どもにいたっては、なんと107歳まで生きる確率が50%ある」とのことで、すでに「100年時代」に突入しているという。原著のタイトルは『The 100-Year Life: Living and Working in an Age of Longevity』であり、簡単に言えば「長寿時代の生き方」「長生きリスクとの接し方」を示したものだ。

■人生を「3ステージ」から「マルチステージ」に

                  
                     この連載の過去記事はこちら

同著によると、「100年時代」では現在多くの人が想定する「教育→仕事→引退」という固定された「3ステージ」の人生設計を「マルチステージ」に変える必要があるという。

「マルチステージ」の人生では、人々は多くのステージへの移行(仕事から教育への再移行や、就業状態の変化など)を経験するようになり、それに対応した柔軟性などの無形スキルが重要になってくるという。

なお、国連の推計によると2010~2015年の世界の平均寿命は女性が72.7歳、男性が68.3歳である。5年前と比べて、それぞれ1.7歳、1.6歳延びている。日本の場合は女性が86.5歳、男性が80.0歳で、5年前と比べてそれぞれ0.5歳、0.9歳延びた。「Life Shift」が指摘するように、平均寿命は延び続けている。

同著では、架空の3人の人生が例示され、「100年時代」における「3ステージ」の問題点と、「マルチステージ」化に向けた意識改革の必要性を議論している。

「お金の問題がすべてではない」と強調しているが、著者の1人は経済学者であり、人生における資金計画にも多くのページが割かれている。

3人の登場人物は世代が異なるものの、典型的な「3ステージ」の人生を望んでおり、「老後の生活資金は最終所得の50%」「長期の投資利益率は年平均3%」「所得の上昇ペースは年平均4%」「65歳で引退希望」などの想定で人生を送ることになる。このような仮定を置くと、平均寿命が人生における資金計画を大きく左右することになる。

■無形資産を含めた4つの資産が必要に

1945年生まれのジャックの引退後の人生は約8年(平均余命から逆算)。勤労期間に毎年の所得の4.3%を貯蓄すれば、引退後も希望する生活水準を維持できる。他方、1971年生まれのジミーの平均寿命を考慮した引退後の人生は約20年、毎年の所得の17.2%を貯蓄し続けなければいけないことになる。同様に、1998年生まれのジェーンは引退後の人生が35年と予想され、毎年の所得の25.0%を貯蓄する必要があるという。ジミーとジェーンに求められる貯蓄率はあまりに高い。

                      
                  ******************************************************
       「linda scott & andrew scott」の画像検索結果「Lynda Gratton」の画像検索結果
                  リンダ・グラットン(Lynda Gratton)ロンドン・ビジネススクール教授
人材論、組織論の世界的権威。2011年には、経営学界のアカデミー賞とも称される。Thinkers50ランキングのトップ12に選ばれている。フィナシャルタイムズ紙では「今後10年で未来に最もインパクトを与える。ビジネス理論家」と賞され、英エコノミスト誌が選ぶ「仕事の未来を予測する識者トップ200人」のひとり。組織のイノベーションを促進するホットスポッツムーブメントの創始者であり、仕事の未来を考えるグローバル企業のコミュニティ、「働き方の未来コンソーシアム」を率いる。シンガポール政府のヒューマンキャピタル・アドバイザリーボードメンバー。日本で2013年ビジネス書大賞を受賞した『ワーク・シフト』をはじめ、『Hot Spots』『Glow』など一連の著作は20カ国語以上に翻訳されている。最新刊は『未来企業』で、日本では2014年8月に出版された。リンダさんのホームページ(英語)はこちら。 (本書著者写真・プロフィール・本書原書画像等はヨシダ引用です。)
                      *****************************************************             

結果的にジミーとジェーンは「3ステージ」の人生を想定したままでは資金計画が破綻する可能性が高い。

したがって、①貯蓄などの「有形資産」だけではなく、②知識や職業上の人脈などの「生産性資産」、③健康などの「活力資産」、④多様な人的ネットワークや自分についての知識などの「変身資産」をバランスよく蓄えることで、人生におけるステージを増やすこと(マルチステージ化)が重要だという。これらの資産を蓄積する結果、引退年齢が遅くなり、生涯の資金計画にも余裕が生じる。

急ピッチで平均寿命を延ばしてきた日本人だが、「マルチステージ」へのシフトは限定的だ。

日本の「平均引退年齢」は男性が67歳前後でほぼ横ばい、女性も64歳前後でほぼ横ばいである。「望ましい引退年齢」(60歳以上に対する調査)も男性は67歳前後でほぼ横ばい。女性は85年の60歳から10年の64歳まで4歳延びたが、60歳の平均寿命は同期間に5.0歳延びており、「望ましい引退年齢」が十分引き上がっているとはいえない。

      

■現状のままでは高齢者の消費はジリ貧

平均引退年齢の変化からは「マルチステージ」化が十分に進んでいないと考えられる。もっとも日本の場合は、引退年齢を引き上げるだけでなく、現状では低い女性の就業率(高齢者層は特に低い)を引き上げるという課題がある。今回は平均引退年齢に焦点を絞ったが、「マルチステージ」化が進めば、高齢者の就業率も上昇するだろう。

日本人が「3ステージ」の人生設計を行う状態から抜け出せていないとすれば、引退期に資金計画の破綻する可能性が高いという結論になる。その結果、高齢者の生活保護の受給者数は著しく増加し、財政への負担も懸念される。

セーフティネットの利用までは行かなくても、高齢者を中心に『Life Shift』が指摘するような「長生きリスク」を感じている人が増えている可能性は高い。そして、これが高齢者の消費を抑制している可能性があるだろう。「望ましい引退年齢」が上がり、人生の資金計画が安定しないかぎりは消費を抑制せざるをえない。

日本老年学会と日本老年医学会は1月5日、現在は「65歳以上」とされる高齢者の定義を「75歳以上」に引き上げるべきだという提言をまとめた。健康な高齢者が増えたことで、健康寿命も延びているという。「マルチステージ」化を進める必要性は増している。

むろん、労働市場の流動性が高くない日本の場合は特に「マルチステージ」化を進めることが難しい。「マルチステージ」に対応した労働者と「社畜」は正反対の存在だ。新卒で入った会社にしがみついていれば年功序列で十分な賃金が得られた時代のイメージを変えることに苦労している現状に鑑みると、当面の高齢者消費は節約志向の「ジリ貧」が続くといわざるをえない。

■注意!平均寿命とは「0歳の平均余命」

今回議論した平均寿命(=0歳の平均余命)の概念は意外に分かりにくい。日本の女性の平均寿命(2015年時点)は87.1歳だが、これはあくまでも2015年時点で0歳の女性の平均寿命であり、たとえば75歳の女性の平均寿命は異なる。2015年時点で75歳の女性の平均余命は15.9歳であり、(すでに75歳になった女性の)平均寿命は90.9歳(75+15.9)である。すでに75歳まで生きた人の余命を計算すれば、平均値は高くなりやすいため、一般的な(0歳の)平均寿命より大きな数字になる。

2005~2015年の10年間で日本の女性の平均寿命は1.6歳延びた(85.5歳→87.1歳)。しかし、2005年時点で65歳だった女性の平均余命は23.2歳だったので平均寿命は88.2歳(65+23.2)となるが、2015年時点で75歳の女性の平均余命は15.9歳なので平均寿命は90.9歳(75+15.9)となる。したがって、2005年時点で65歳だった女性が感じる寿命の変化はプラス2.7歳(90.9-88.2)となり、一般的に参照される(0歳の)平均寿命の変化であるプラス1.6歳を上回る。なお、同様の計算を男性に行うと、10年間でプラス3.9歳(87.0-83.1)となる。

つまり、生きていけば生きていくほど、自分は思ったよりも長生きしそうだという感覚を持ちやすい。医療の進歩などによって全体の平均寿命が延びるだけでなく、このような数字のマジックによっても「長生きリスク」を感じやすいことには留意が必要だ。 (傍線引用:吉田祐起)

ヨシダブログ: ヨシダが離婚して人生三毛作演出に入って間もない頃は1992年60歳を過ぎた頃のこと。ある動機を得て始めたことに大好きな英語をネイティヴ並みの抑揚や発音で朗誦し始めて現在に至る5編の英語詩文等の一つが「YOUTH(青春)」。その末尾の言葉は「You may die young at eighty(80歳にして若く死す)」ってフレーズ。それを"In Yoshida's own word, at a hundred! and more!として、現在は厚かましくも120歳にシフトしています(大笑)。ある根拠あってのヨシダオリジナルとするものですが、本記事に接してその想いを強くします▼「中見出し」は、■人生を「3ステージ」から「マルチステージ」に、■無形資産を含めた4つの資産が必要に(①貯蓄などの「有形資産」だけではなく、②知識や職業上の人脈などの「生産性資産」、③健康などの「活力資産」、④多様な人的ネットワークや自分についての知識などの「変身資産」をバランスよく蓄えること)、■現状のままでは高齢者の消費はジリ貧、■注意!平均寿命とは「0歳の平均余命」・・・と続きます▼長文の記事ですが、「THE 100-YEAR LIFE」の著者ジミー&ジェーンは、「「3ステージ」の人生を想定したままでは資金計画が破綻する可能性が高い。したがって、①貯蓄などの「有形資産」だけではなく、②知識や職業上の人脈などの「生産性資産」、③健康などの「活力資産」、④多様な人的ネットワークや自分についての知識などの「変身資産」をバランスよく蓄えることで、人生におけるステージを増やすこと(マルチステージ化)が重要だ」と強調している点です▼大いに学ぶ機会を得て85歳ロロ(フィリピン語の爺ちゃん)はウレシイ限りです!何よりも財政的に云々は皆無であることがウレシイ限りです。エッ!?そのワケは!?という声を意識します。下物価でかつ(ヨシダの場合は)、生活制度そのものがその原点です▼称して「相互扶助精神に基づく運命共同体生活」がそれ。ヨシダ・オリジナルの生き方でして、具体的には、「同居するフィリピン人家族を貧困から救うことをもって終生介護に委ねる生活」って図式です。貧困からはとっくに脱却さし、近い将来は「持ち家土地」の取得です▼永年にわたって体験してきたわが人生から自然に得た「自利から利他」の精神・人生哲学がその背景です。 写真9枚添付ファイル
 「末廣 徹」の画像検索結果「LIFE SHIFT」の画像検索結果
 「linda scott & andrew scott」の画像検索結果「Lynda Gratton」の画像検索結果「LIFE SHIFT」の画像検索結果「リンダ・グラットン LIFE SHIFT」の画像検索結果
                                  (Back to TOP)